トップページに戻ります
12

訓愉の森 
 山語録・四字熟語・一文字・人生想活・文化・道徳      

野に咲く花・山に咲く花を求めて学べば、野山に故郷を知り自然を欲する


daa01語道の森[T] ・・・・・服神院道・・・・・

    1、私事の山語録
 山語は所詮、 
    服神院のつぶやきの対話の記録でしかない


 山を愛するなら、己の山訓を持て・・・服神院
k
 *野山の詩歌は我が心の糧 
         19-8/19 言葉という生きもの宮下奈都氏語る
 *山は我が人生なり
 *我が登りし山は我が故郷なり
 *山寺の開眼名は服神院なり
 *我が好む山とは自然の存在である
 野山に出かけて自然と戯れて、話しかけていると いつの間にか、対話が生れ小生の山語となった
 *人徳者に身を案じて説教され我に山の道知る 
 *山の道は真であれば山行に誰を問わず
 *山は自然が第一なり
 *山の神が栄えるなら自然の調和と摂理を悟らせよう
 *祠は我が学びの宿なり・石仏は我が心の友なり

 *山に自然の愛があるから山に行くのである
 *野山は自然なる自分の家となり
 *健脚な人ほどゆっくり登れ
 *登山いまだ登口なり

 *山は知なり、里は和なり、則ち学ぶところに故郷あり
 *山旅での出会い触合いは心の温もりなり
  *山の道は、生かされて自ら学ぶ人生の生きる道なり
  *藪山を親しみに会得すれば智者になりて天籟聞こえるけり
  *登山は安全に徹して、青山は里にすべし

  *山に登る者は頂きを知る、頂きを知る者は山を知る
  *山を征服すれば、衣錦の栄に山人あり
  *山ありといえどもらざれば其の旨きを知らず
  *野山に親しむなら野山の空気を悟れ
  *五宝をもって山に登れば山光水明なりる

 一山に登り         
自然に憑かれば
詩歌一つ
      座右銘ひとつ
             倫理の道

               ・・・服神院



   *山の道は考える足の根本である
 *山旅は我が人生の歴史である
 *聖水は自然を温める薬なり
  *山の神髄は登山道なり
  *野山を学で歩けば自然の礼と楽を成る

  *登山は連理の道なり
  *頂きにて静かに見れば全て自然なり
  *登山は精神の健康の源なり
  *登山の道を知るは易く、登山の道を言うこと勿きは難し
  *登山に個性や想像力を持ち込んで愉しく登ってこそ人生は充実する12-12-23
  *山に登っている時は良い時、限りなく愉しい時なり 13-01-01
  *山頂は山人を麗しくさせてくれる所なり 13-01-01
  *登山はその心がけにあり 13-01-02


kb01登山は行動である 18-11-05







    2、野山の四字熟語
★野山に出かけて自然に戯れて何処からともなく口ずさむ独断の構成のもとに出来上がった四字熟語を載せていますが、所詮 服神院の呟き言です。
  また登山の糧としての表現の為に より短い言葉にして四字熟語で語りたい

 dm01登山段歩
 dm03てい徊山頂

 dm05山頂至純
 dm07山聖霊歩
 dm02山登下思
 dm04千山一歩

 dm06山家愛車
 dm08雲集真理
 

    ◆年々の四字熟語
★新しい年を迎えて一年間の一つの概念を掲げて、それを四字熟語に託して表現してみました。新年を迎え平和で豊かな生活に日々過ごせるように祈る。

 ds01年々四字熟語[01] 2021-01-01

豊かな言語をもって山に登る・・・服神院
四字熟語によって山を語る・・・服神院     
  四字熟語を持って年の人生を語る・・・服神院   

    ◆年々の一文字[一語(題)]
*毎年何気なく過ごしていては人生に活力が欠けるので、その年にテーマを自分自身に与えていこうと思い一字・一語、すなわち一文字にてその一年を語って過ごしてみたい

*私の詩歌を詠むにあたって利用する文字&お題
dra01年々の一文字[一語]T 2000〜2010
dra02年々の一文字[一語]U 2011〜2020
dra03年々の一文字[一語]V 2010〜         2021年度「歩」








    3、人生想活(訓)
この世に生かされて、育てられて、生き抜いて、自然に帰っていく・・・・・それが人生という・・・・・*序章・人生の生き方・人生の道標・人生の探求・人生の活動
eba01人生の活路・生き方[01]
     **-**-** 心 戒 十 訓 …福沢諭吉
     **-**-** 天地自然から生を受けた以上に尊いものはない
     14-03-10 [39]、自分で縮めなければ "命″は120年分ある
     **-**-** 人生の生活とは
     **-**-** 親 父 の 小 言・・・暁仙大聖寺青田暁仙和尚
     **-**-** 人間には外と内に荷物がある
     **-**-** 徳川家康人生訓ならないもの人生訓
     **-**-** 本当の自由とは?自分で自分の心を縛らないこと
     **-**-** 自分にしてはいけないこと・・・マルクとエンジェル
     **-**-** 心の目をもつ 見えない部分への問いかけを続ける
eba02人生の活路・生き方[02]
     **-**-** 好奇心を忘れない  大人の好奇心に「愛」がある 
     **-**-** 地獄極楽の分かれ道
     **-**-** 自分の容量を知っている 「お金の余裕」
     **-**-** 変われば・・・ヒンズー教の経典
     **-**-** 孤独という荷物をどうするか  
     **-**-** 人生への決意とは
     **-**-** よく眠り、よく食べ、よく動く  心の元気は、
     **-**-** 座 右 十 訓・・・作・石井喜八郎
     **-**-** 『嫌われる勇気』自己啓発の源流アドラーの教えよ
     14-10-08 和せず頑張らず生きる 時代の空気に距離、
     14-12-21 世話のやきすぎ、「共依存」の恐れあり
eba03人生の活路・生き方[03]
     17-05-** 幸せって何だろう
     **-**-** 道 程・・・高村光太郎
     **-**-** 報   徳   訓  ・・・二宮尊徳
     **-**-** つもりちがい十ケ条(四十ケ条)?
     06-09-28 人生の道標・「いい人生の生き方」
     16-01-07ほんとに何をやりたい誰に束縛なく


*生き方・真理の哲学
ebd01生き方の哲学[01]
      11-02-03 小生が語る[真理の哲学]とは?
      16-02-22 自分に制限をかけず継続忍耐だけが支え


*教養・学問・道徳
ebe01学問・教育・学習の瞬き
       10-11-10 「福沢諭吉、現代語訳、学問のすすめ」 [今を生き抜く最高の知恵を教えよう]
       16-03-19 年度はなぜ4月からなのかな?    130年前、明治政府が導入


*歴史小説・読書・
ebf01歴史への瞬き[01]
      16-**-** 歴史を語る言葉、人間ドラマ思いはせ  歴史の中の男と女、まだ見ぬ物語を紡ぐ
      17-09-02 歴史小説に「脇役」の目    なじみ深い題材立体的に
      18-05-28 津本陽さん死去    89歳、歴史小説「下天は夢か」


*読書、本・漫画・雑誌・新聞
egb00読書の瞬き[00]
 09-12-12 本棚の森、削除した・・・・
 10-02-01 新谷弘美著[病気にならない生き方]を読んで
 10-09-25 頭がいい人の習慣術より
 10-10-10批判的読書法
 10-10-10 半歩遅れの読書術、黒崎政男氏
 13-05-05 [本棚]・気持ちを一つにする大切学ぶ
 **-**-** 書き込みの効用<私の>書物になる幸福・判断基準
 **-**-** 30代からのお金と時間の自己投資学より

ebg01読書の瞬き[01]
 16-06-05、[本棚]・磯崎功典氏「自らをどう律するか学ぶ」
 16-06-28 若手ビジネスパーソンに薦める5冊
 16-07-03 [本棚]・坂東眞理子氏の「懸命に生きる姿に共感」
 16-07-11 読書の達人を訪ねる

ebg02読書の瞬き[02]
 16-09-16 本棚   諭吉の精神恩師に学ぶ、末松 誠氏
 16-10-01 古本て楽しい! 立ち止一冊  書架飾る時代の断片
 16-10-02 本棚  花と散る日に思いをはせる、古賀信行氏
 17-03-12 「漢字」とよぶのか・・・阿辻哲次氏曰く
ebg03読書の瞬き[03]
 17-**-** こんまり流×さよなら「積ん読」本や雑誌、
             書類の片づけ法 紙類の片づけは「全捨て」覚悟で臨]もう
 **-**-** 本は全て電子書籍化されていくのだろうか?
 13-04-28 本を読むと人生が深まる
 16-05-16 豆本の世界空より広く  眺めて鮮やか、触れてうっとり
 17-01-15 正月用、書籍選び・・・仲畑貴志氏曰く
 17-06-29 日本列島古本屋巡りの旅、
 17-11-26 らせん階段の書棚、ぐるり本の旅
 18-09-15 収納に余裕、量を定期見直し

ebg04読書の瞬き[04]
 19-11-09 誰かに薦めたくなる本

ebg05読書の瞬き[05]
 20-09-27 錦絵新聞のきらめき
 21-09-18 ロジカル片付け術、1畳で書斎をつくる

eh
ebh1小説を読んで[01]
 19-02-10 歴史小説「村上海賊の娘(一・二・三・四)」・・・和田竜著








    4、日本の文化・歴史

*文化(芸術・絵・短歌・俳句・詩歌・等含む)
dva01文化の森[01]
 17-03-12 日々、それぞれのかなしみ   若松英輔氏、曰く
 17-05-** 近頃の手紙の変質    石川 九楊氏、語る
 17-04-09 柿の葉によせて    三木 卓氏 語る
 17-04-27 キセルの粋、世に溜める  谷川 清三氏 語る
 18-06-16 国内最占の日本地図   室町時代作製か、広島で発見
 19-05-01 万葉集の秀歌読みとく  未来を祝福し国土眺め歌う
 19-09-08 旦那の俳句
dva02文化の森[02]
 20-01-06 新年の愉しみ「絵画10選」 渡邉晃氏語る
dva03文化の森[03]
 20-01-20 装いがまとう意、十選・綺陽装束研究所主宰八條忠基氏 語る
dva04文化の森[04]
 20-11-08 破格の絵師雪村
dva05文化の森[05]
 20-11-21 無謀な決断が道を拓いた樋口一葉の日記をたどる




*歴史(     )
dvh01T、日本人・歴史
 19-05-24 日本人の起源解明へ  縄文人の全ゲノム解読