サブページに戻ります
風邪・伝染病の過程[01]
 
18 

2010-05-20・・・「病気を防ぐカラダの辞典」より引用
●080インフルエンザはマスクでは防げない
    インフルエンザの予防はどうする?
    感染拡大防止のためにマスクをしよう

  毎年インフルエンザにはやきもきさせられますが、個人レベルでできる予防法の一つは、マスクの着用です。しかし、マスクを着用するだけで、本当に感染を防げるのでしょうか。インフルエンザウイルスの大きさは、〇・一マイクロ・メートル (一万分の一ミリ)。感染者がせきやくしゃみをした際の飛沫の大きさは、ほほ五マイクロ・メートルです。ウイルスはこんなにも小さいのです。最近では、直径三マイクロ・メートルの膣子を九五%以上通さない細かな目のフィルターを使ったマスクも登場し、飛沫の侵入を防げるとうたっていますが、マスクを装着した状態が問題になります。

  顔とマスクの間にすき間があると、そこから飛沫が侵入する恐れが否定できません。理論的にも、完全に感染を防ぐのは無理でしょう。また、ウイルスは手に付着するので、その手で口や鼻をさわって感染することもあります。マスクを着用していると、無意識のうちにそれを防げるのは利点でしょう。ですから、マスクは必ず使い捨てにすることが原則です。このようにマスクに多大な期待をしないほうが賢明ですが、感染した人が周囲の人にうつさないために、マスクをエチケットとして着用するのは意義があります。感染したら必ず使用しましょう。



●081予防にうがいをしているのは日本だけ
    インフルエンザの予防はどうする?②
    それでもこまめにうがいを心がけよう

  インフルエンザの予防には、うがいも勧められていますが、これを予防策にしているのは日本だけ。予防効果があるのでしょうか?。効果がない根拠に、「インフルエンザウイルスは気道の粘膜に付着すると約二〇分で細胞の中に取り込まれる」との説があります。これによれば、ウイルスにさらされた環境下では、かなり短い間隔でうがいをしないと意味がなくなります。これでは、帰宅時にうがいをしても、焼け石に水です。一方で、紅茶によるうがいを一口二回行って、インフルエンザの檻患率が低下したという報告もあります。

  また、京都大学のグループが、二〇〇二~〇三年にかけて三八〇人を対象に、「水でうがい」「ヨウ素でうがい」「何もしない」 の三つのグループに分け、二カ月間追跡した実験があります。それによると、「水でうがい」 のグループは、「何もしない」 グループに比べ、風邪の発症が四〇%減り、うがいの風邪予防効果が確認できたと報告しています。ただし、この実験では、インフルエンザは除外されています。ともあれ、こまめにうがいをすることで予防効果が高まるのは確かでしょう。インフルエンザの流行時は、手から口や鼻への感染に注意する必要があるので、手を洗ってから、うがいを心がけましょう。



●082暇なときほど風邪を引く
    忙しくて風邪にも気がつかないだけ?
    実は多忙な時にウイルスに感染している

  仕事で多忙で、休みもとれず、睡眠不足の毎日。そんな生活が一息つき、十分睡眠をとったら、途端に風邪を引いたり、体調がすぐれなかったりすることがあります。常識的には、休養をとると体調は回復するはずです。どうして、風邪を引いたり体調が悪くなったりするのでしょうか。これは自律神経が関係しています。自律神経は血圧や内臓の働きを自動的にコントロールしている神経で、活動時に優位になる交感神経と、休息のときに優位になる副交感神経から成っていて、両者はシーソーのような関係にあります。

  仕事に追われているときは、交感神経が優位になるので、体は防戦体勢をとり、少々疲れてもがんばり通すことができ、風邪も引きにくくなります。しかし、交感神経の緊張状態が続くと、風邪のウイルスに対抗するリンパ球の数と機能が低下していきます。休息時は、リラックスの副交感神経が優位になっています。防戦態勢が解かれるので、この時期に感染を受けやすいように思えますが、実は休息をとる前にすでに感染を受け、治癒反応としての症状が休息時に出るのです。休息をとって、体調が悪くなったら、普段体を疲弊させている証拠。これをきっかけに普段の生活を見直しましょう。



●083風邪の引き始めは、熱を下げてはいけない
    解熱鎮痛剤は、戦いに水を差す?
    発熱はウイルスと戦っているシグナル

  風邪を引いて熱が出かけると、普通、布団に入って体を温かくして寝ます。そして、ひたいに氷枕などをのせて冷やし、頭の熱を下げようとします。ここで、すぐに薬(解熱鎮痛剤)を使って熱を下げる人がいますが、これは間違っています。というのは、風邪を引いて熱が上がるのは、ウイルスや細菌の攻撃に対して体が抵抗力を発揮し、体温を上げるからです。つまり、発熱は症状ですが、治療でもあるわけです。それなのに、解熱鎮痛剤を服用してわざわざ強制的に熱を下げてしまっては、体の抵抗力がつきようがないし、こじれることもあります。

  熱は、出るだけ出れば、やがて下がってきます。健康な人なら、風邪の発熱で死ぬことはありません。ただし、幼児や高齢で体力が弱っている人の場合は別です。市販の解熱鎮痛剤をなるべく使用しないほうがいいのは同じですが、様子を見て、場合によっては早めに医療機関を受診しましょう。また、風邪の初期に抗生物質を投与することがあります。細菌に二次感染した場合や、その予防のために使用します。抗生物質には、炎症を抑える効果がありますが、風邪の原因のウイルスには効きません。



●084扇風機は一晩中使ってはいけない
    健康を考えると就寝中の冷房はほどほどに
    冷房は寝入りばなの数時間だけ使用する

  夏の暑い夜、暑いからといって一晩中、扇風機を回して眠る人がいるようです。暑さをしのぐためにはよいのでしょうが、健康のことを考えると感心できません。というのは、風に当たると汗の蒸発速度が早くなり、気化熱を体から寧っからです。当然、皮膚表面の体温は下がります。それでも起きているなら、さほど問題はありません。しかし、就寝中、何時間にもわたって、さらには一晩中、扇風機に当たっていると、絶えず体温を奪われ続けます。熱をつくり出すのは交感神経の役割ですが、睡眠中は副交感神経が優位になるので、体がどちらに優位に働いたらいいのか混乱が生じることになります。

  つまり、体が冷えているので、自律神経は自動的に交感神経優位になって、熱をつくろうとするはずです。しかし、睡眠中は基本的に副交感神経優位なので、交感神経と副交感神経の間に葛藤が生じるのです。そのため、風邪を引きやすくなるのです。暑い夏は、寝苦しいため、クーラーや扇風機を使いたくなるものですが、健康のことを考えると、一晩中使うのは避けたいもの。お休みタイマーを利用して、寝入りばなの一~二時間の使用だけ、もしくは就寝前にしっかり部屋を冷やして就寝中は使わないようにしたいものです。



●085風邪のときは、お風呂に入ってもいい?
    古くて新しい健康常識
    過去の経験から判断しよう

  風邪を引いたとき、あなたはお風呂に入りますか、それとも入らないですか?これは、古くからある健康常識の疑問の一つです。家庭の暖房が行き届いていなかったころ、寒い冬に入浴すると、その後湯冷めをします。だから、かえって風邪を悪化させてしまっていたけれども、現在は一般に暖房の環境が整っているので、大丈夫という意見があります。そして、風邪には、人の体質、免疫力が関係してきます。感染の時期にもよりますが、感染初期に寒気がするときは、風邪を起こすウイルスの増殖抑制と血流過多、それに対抗するリンパ球の活性化のため、体温調節中枢が二度の体温上昇を命じます。

  そのため、体温が三九度以下では寒気がして震え、熱生産を克進させるのです。ですから、寒気を感じているとき、入浴して体温を上げると、風邪の早期治癒の手助けになります。理論的にはそういえますが、実際は、人によっては、湯冷めして悪化することがあります。結局、理論に頼るだけでなく、自身の経験にしたがって判断すべきでしょう。たとえば、風邪を引きかけたときに入浴すると、いつも必ず風邪が悪化するなら、入らないほうが賢明だということです。






2012-02-11・・・日経より引用
●「たかが風邪」は禁物、肺炎の入り口と認識を・・・平石責久

  今年の風邪はしつこい。たんを伴うせきや、咽頭痛のほか、インフルエンザのような高熱を出すこともある。下痢や吐き気ですっかり元気がなくなってしまう。風邪は鼻腔(びこう)や咽頭から気管支や肺までに起こる急性の炎症。原因の80~90%はウイルス感染で、10~20%は他の細菌や冷気、乾燥、室内のほこりなどが要因だ。粘膜は乾燥すると抵抗力が弱まり、さらにウイルスは乾燥や低温で力を増す。風邪症候群のうち、症状の軽い普通感冒には、鼻汁鼻水、舅つまり、くしゃみ、頭痛、発熱、悪寒、せき、喉の痛み、筋肉の痛み、関節痛、たんといった症状がある。

  また、インフルエンザによるものを流行性感冒ともいい、急な発熱、頭痛、腰痛、筋肉痛、全身の倦怠(けんたい)感が初期症状で、遅れてせきやたんなど呼吸器症状が出る。風邪が気管支にまで及んだものを気管支炎、肺に炎症が達すると肺炎になる。呼吸音は荒く、高熱が何日も続き、せき、たん、呼吸困難、胸痛などの全身症状も強まる。食事も取れず、せきで体力を消耗し、抗生剤やステロイド剤を入れた点滴で治療しても高熱が続くと、危険な状態だ。

  最近、患者さんから肺炎ワクチンのことを聞かれる。2歳以上で医師が健康な状態と判断できると接種可能。免疫完成まで14日ほどかかる。一度接種すると5年ほどは肺炎にならないとされるが、肺炎には他の原因園やウイルスの可能性もあり、やはりかからないように注意は必要だ。以前は一生に1度しか接種できないとされたが、最近は副作用も少なく、2度へ3度の接種も可能になったので、医師と相談してみてほしい。外出時はマスクを着用し、衣服は厚着に。

  部屋の掃除や外気の入れ替えもしっかり行い、寝室を加湿し、空気清浄器も利用しよう。体温計で体温を知ることも大切だ。インフルエンザの予防接種を今からでもしておく。とくに持病を持っている場合は、主治医の注意や指導を大切に守ろう。たかが風邪と侮ることなく、早く治療しよう。風邪は肺炎の入り口として扱うべきだ。病院に行けない場合も、街の薬局で、薬剤師に相談し、大衆薬で、まずは早めに治療することを勧める。(東京ミッドタウンクリニック 特別外来医師)






2013-05-05・・・日経より引用
●烏インフルエンザウイルの脅威
    変異繰り返し、感染力増大

  烏インフルエンザウイルスH7N9型の人への感染が中国でじわじわと拡大し、大流行するかどうか予断できない状況が続く。人類とインフルエンザウイルスとは長い闘いの歴史がある。近年、バイオ技術の進展でウイルスの正体や感染する仕組みが次第に明らかになりつつあるが、この「したたかなウイルス」を制圧するのは難しいと専門家はみる。

  「最大の特徴は伝播(でんば)力にある」。ウイルス学の第一人者である東京大学医科学研究所の河岡義裕教授はインフルエンザウイルスをこう分析する。HINl型やH2N2型など型の違うウイルスが世界各地に伝播し、それを繰り返す。これが他のウイルスとの大きな違いだという。細菌やウイルスが原因で発症する感染症。人から人への感染が容易だと、世界的な大流行を起こす。

  これが「パンデミック」だ。インフルエンザウイルスによる20世紀最初のパンデミックが1918年のスペイン風邪で、世界で2000万~4000万人の死者が出たといわれている。その後も57年のアジア風邪、68年の香港風邪、そして2009年に発生した新型インフルエンザが大流行した。インフルエンザはこれまで、数十年の周期でパンデミックを引き起こしてきたとの説がある。確認はできていないが、古代ギリシャの時代からインフルエンザの流行に悩まされてきたと伝えられており、人類とインフルエンザは長い付き合いを続けているようだ。

  インフルエンザには大きくA型、B型、C型に分かれるが、たくさんの人に感染して被害をもたらすのはA型だ。B型やC型に比べて、遺伝子が頻繁に変異するためとみられている。A型ウイルスには細胞表面にあるたんばく質のヘマグルチニン(HA)が16種類、酵素のノイラミニダーゼ(NA)が9種顆ある。HとNの組み合わせで、H1NlからH16N9まで144種類の型がある。だれでも一度感染すれば、タイプに合わせて体内で免疫ができる。このため一般的に同じ型のウイルスに感染することは少ない。

  しかし、インフルエンザウイルスはHAやNAをつくる退伝子をこまめに変えるため、体の中にできた抗体の効果がほとんどなくなってしまう。今回のH7N9型ははじめて人での感染が確認された新たな型だが、09年の新型インフルエンザはHINl型で、スペイン風邪と同じ型だった。にもかかわらず大流行したのは、遺伝子の配列をわずかに変えて人の細胞に感染しやすくなったからだ。インフルエンザウイルスがパンデミックを引き起こすほどの感染力を持つ理由は、完全に解明されたわけではない。

  「インフルエンザウイルスについて分かっていることはほんの一部。道伝子配列が分かっても、どのような変異が起きれば、人に感染するようになるのかは未解明だ」 (河岡教授)人間がワクチンや治療薬を開発すると、それに影響を受けないような特徴を持ったウイルスが現れる。医学とウイルス変異のイタチごっこのような状況が、人類とインフルエンザとの間で繰り返されてきた。
そもそもインフルエンザウイルスはどこからやって来るのだろう。

  A型について北海道大学の幸田宏特任教授は「(毎年流行する)季節性も含めて、すべてのもとになっているのは、自然界で水鳥と湖沼との間を循環しているウイルスだ」と強調する。水鳥の体内にいる間、インフルエンザウイルスは何も悪さをしない。「人のウイルスと鳥のウイルスに同時感染したブタの体内で遺伝子の交換が発生。

  ブタに感染を繰り返すことで人に感染しやすいウイルスが生まれる」という。周期的に新型ウイルスや変異ウイルスが誕生し、人間を脅かすインフルエンザ。将来、天然痘ウイルスのように撲滅することは可能なのか。専門家は「対策は取れるが根絶することはできない」 (喜田特任教授)、「現実問題としてほぼ無理だろう」(河岡教授)と声をそろえる。ウイルスを撲滅させるとなると、世界中にいる膨大な種類、数の野生の鳥類を根絶させなければならないからだ。(高田倫志)




*ウイルス細菌と違い、単独で増殖できず
  ラテン語で「毒」を意味する言葉で、核酸とそれを取り囲むたんばく質で構成される粒子。遺伝子としてDNAをもつものと、RNA(リボ核酸)をもつものがある。細菌と違い、単独では増殖することはできない。他の生物の細胞の中に入り込んで自己複製を繰り返す。複製後もさらに他の細胞に侵入していくので、爆発的に勢力を拡大できる。古代ギリシャのヒポクラテスの記録にインフルエンザと思われる病気の記載があるが、ウイルスの存在が確認されたのは19世紀末。人のインフルエンザウイルスが発見されたのは1930年代で、本格的なウイルス研究は姶まってから100年もたっていない。






2014-08-30・・・日経より引用
●感染症、広がる仕組みは?
    細菌やウイルスが原因
    エボラ熱、治療法確立せず

 イチ子  アフリカ西部で感染症のエボラ出血熱が猛威を振るっているわ。1500人が亡くなって、まだ感染者は増えているの。   遠いアフリカの話なのに、日本でもよくニュースで取り上げられるよね。でも感染症って、どういう風に広がるのかな?

  エボラ出血熱のウイルスは1976年、アフリカのスーダンという国で発見されたの。その後、アフリカで何度か流行したんだけど、今回は5月ごろから西アフリカで大流行したの。亡くなる人が300人を超えたのは初めてで、世界保健機関(WHO)が「緊急事態」を宣言したわ。

からすけ どうしてエボラ出血熱にかかるんだろう?
イチ子 明り別別r㍉㍍ぐらいの糸みたいな細長いエボラウイルスに感染して発症するのよ。ウイルスに感染した人や動物の血液に触れると、目に見えない傷口から体の中に入り込むの。そして肝臓などで爆発的に増えて全身に広がるわ。最初は発熱や頭痛などインフルエンザに似た症状なんだけど、病気が進むと口や胃など、体中から出血するの。

からすけ 今回はどうして緊急事態にまでなったの?
イチ子 西アフリカにあるリベリアという国の首都のように、人口の多い都市部で広まったことが大きいわ。医師や看護師にさえも正しく防ぐ方法が伝わらなかったから、感染の拡大を防げなかったの。

からすけ 日本でも感染する人が出てくるの?
イチ子  エボラウイルスはインフルエンザみたいにせきや会話では感染しないの。日本にいればエボラウイルスに感染した動物や人の血に触れる機会はまずないわね。「水際対策」といって、空港で発熱や頭痛など感染している疑いがある人は、専門の病院へ行き検査してもらう体制をとっているの。だから政府は、日本で流行する可能性はほとんどないとしているわ。

からすけ エボラ出血熱みたいな病気ははかにもあるのかな。
イチ子 感染症のことね。鳥インフルエンザや重症急性呼吸器症候群(SARS・サーズ)、日本脳炎や腸管出血性大腸菌O157などがそうよ。ウイルスだけじゃなくて、カどや細菌、寄生虫も原因になるの。それからエボラ熱みたいに人から人へ伝染していくものと、動物などを通して伝染するものもあるわ。野口英世が研究した黄熱は蚊がウイルスを運ぶの。「悪魔の病気」と恐れられた天然痘も感染症よ。

からすけ 天然痘? たしか伝染病って聞いた気がする。
イチ子 そう、音は伝染病といっていたの。でも次から次に新しいウイルスが発生したり、飛行機などで移動する人が増えたりしたことで、広がり方が変わったわ。それで1998年に感染症法(キーワード)を作ったの。そして牛や豚などで流行するのは伝染病、人は感染症と使い分けることが多くなったわ。

からすけ ふーん。最近感染症ってどんなもの?
イチ子 SARSが広がったのは2002年ごろ、新型インフルエンザは09年にWHOが世界的に大流行したとしてパンデミック(キーワード)宣言したわ。でも、感染症はいつまでも猛威を振るっているわけではないの。結核は1940年代まで流行したけど、戦後BCGというワクチンを予防接種できるようになって患者は減ったわ。

からすけ 予防接種や治療法がないものもあるよね?
イチ子 残念だけど、まだワクチンや治療法がない感染症はあるわ。エボラ出血熱はその代表よ。WHOは人への使用をまだ認めていない薬でもエボラ熱の患者に使っもいい、という異例の決定をしたの。がリベリアで感染した医師がアメリカに帰国して、新しい薬を使って回復したわね。日本の会社の新型インフルエンザの薬がエボラ熱の治療に効果があるのではないかていわれていて、その会社は「要請があれば薬を送りたい」と準備をしているそうよ。

からすけ  そういえばデング熱に感染した人が見つかったらしいね。
イチ子 デング熱は蚊を媒介にする感染症で、日本国内では69年ぶりに感染が確認されたの。でも海外で感染して帰国してから発症するケースは以前から増えているわ。感染症によっては予防接種ができるから、海外に行くときはきちんと準備してから行ったほうがいいわね。




*感染症法
  それぞれの感染症を感染力の強さや危険度などで分摸し、どう対応するべきかを決めた。
*パンデミック
  感染症が世界的に大流行すること。1918年から19年にかけてのインフルエンザは2000万~
4000万人が死亡した。

*世界が使う駒込ピペット
  豊島岡女子学園中学高等学校の神谷正昌先生の話 日本の伝染病(感染症)・細菌学者の
一人に二木謙三がいます。1873年に生まれ、東京帝国大学医学部卒業後、伝染病の専門病院である東京市立駒込病院(現在の都立駒込病院)に勤務しました。ドイツに留学し、帰国後、東京大学の講師を兼任しています。伝染病研究所(現在の東京大学医科学研究所)を設立した北里柴三郎や、赤痢菌を発見した志賀潔ほどの知名度はありませんが、日本の伝染病研究に大きく貢献し、1955年には文化勲章を授与されました。二木が考案したものに駒込ピペットがあります。中央に膨らみを持つスポイトのようなもので、世界中で使用されています。駒込ピペットと名付けたのは、当時、駒込病院長に就いていたからですが、謙遜・謙譲を意味する「謙」の字が自分の名にあることから、あえて本人の名字を付けなかったと伝えられています。






2015-12-12・・・日経より引用
●微生物からなんで薬ができるの?
    生存競争のために作る物質を利用するんだ
    微生物はいろいろと役に立つ

  ノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智先生は微生物を研究して、寄生虫が原因で起こる病気を治す薬を見つけたんだよね。土の中にいる小さな生き物がなんでそんな力を持っているのかな。

  微生物の大きさはかみの毛の太さの10分の1以下しかない。顕微鏡でようやく見えるくらい小さい。よく肥えている田畑の土1gには、100億個くらいいるそうだ。海や川の水などにもいるよ。微生物には、カどの仲間、糸のように細長い形をした放線菌、バクテリア(細菌)などがいる。大村先生たちは静岡県のゴルフコースの土にすむ放線菌を調べ、菌が出す物質からアフリカの人たちを苦しめるオンコセルカ症という病気を治す薬ができた。この薬はペットの虫下しにも使われているよ。

  自然の中の微生物は動物の死がいやふん、植物の落ち葉などを分解するそうじ屋なんだ。植物は光合成で栄養を作るから「生産者」と呼ぶ。動物は植物や動物を食べて栄養をとるから「消費者」という。微生物は「分解者」に分類され、死がいやふんなどをくさらせて植物の養分になる鉄分やリンなどに変える。土の中の微生物たちにも、きさびしい生存競争がある。相手の方が増えてしまえば栄養をとれなくなって負けてしまう。そこで、一部の微生物は相手を殺す物質を作るようになった。これから作った薬が「抗生物質」だ。

  シャーレの寒天の上で2種の微生物を育てると、片方の微生物の周りに円ができる。そこにはもう片方の微生物はいない。抗生物質によって競争相手が領土に入ってくるのをじゃまして、食べ物の寒天を確保しているんだ。抗生物質を病気を治すのに最初に応用したのが英国のアレクサンダー・フレミングだ。1928年にアオカビが作ったペニシリンという抗生物質を見つけた。42年に実用化された。第2次世界大戦でけがした兵士たちの傷口が化膿してひどくなるのを防ぎ、肺炎を治すのにも大きな効果があった。これをきっかけに微生物が作る抗生物質探しが進んだ。43年に米国のセルマン・ワクスマンらがストレプトマイシンを見つけた。

  死の病といわれた結核によく効いて、この病気で死ぬ人が大きく減った。フレミングは45年、ワクスマンは52年にノーベル生理学・医学賞をもらっている。微生物が作る物質からは、血液中のコレステロールを減らす薬やがんの薬なども開発されているよ。微生物はおいしい食品を作るのにも役立つ。牛乳からヨーグルトを作る乳酸菌、みそやしょうゆを作るコウジ、小麦を発酵させてパンを作る酵母などだ。ビールやワインといったお酒を造るのにも欠かせない。

  ほかにも植物から燃料を作ったり、土や水をよごした有害物質を分解したりするのにも使われているよ。これまでに見つかった微生物は約17万種だそうだ。地球にはこの数十倍以上いるらしい。こわい病気を引きおこすものもいるけど、役に立つものも多い。大村先生は「微生物は無限の資源」と語っている。これから見つかる微生物から、すごい薬やおいしい食品が生まれるかもしれない。取材協力=仁平卓也・大阪大学教授




*抗生物質効かない菌も
  抗生物質の登場によって、結核のようにかかると治すのがむずかしい病気がかんたんに治るようになった。しかし、抗生物質をむやみに使うようになった結果、薬が効かない細菌が出てきた。抗生物質から生き延びようと変化したからなんだ。細菌などの微生物は1つが分裂して2つに増える。そのスピードが速い。たまたま抗生物質に強い細菌がいて生き残ると、すぐに増えて
しまう。抗生物質によって競争相手となる微生物が死んでいるから、増えるのはかんたんなんだ。最近は複数の薬が効かない耐性菌も見つかっていて、大きな問題になっている。






2016-04-30・・・日経より引用
●蚊が運ぶ病、知って防ごう
    身近な水たまり無くす努力を・汗は拭き取り、、虫よけ使用
  私が家族が新宅へ引っ越してきて感じたことは旧宅よりも蚊が多かったことである。いるわいるわビックリするほどいて刺されっぱなしだ。町場だから衛生的に良い所かと思っていたら空き缶・タイヤ・いろいろな物が道路・自宅の回りに散乱して蚊の発生源となっていた。こんな酷いところに引っ越してきてしまった。そんな蚊は、熱帯や亜熱帯地域を中心とする多くの国で、最も多くの費症を媒介するやっかいな生き物だ。そうした感染症が流行している国に旅行に行くときには、適切な蚊対策が必要なのはもちろん、万l、病気が日本に入ってきたとき、感染症を広げないためにも、蚊に対する正しい知識が必要だ。

  ブラジルでは、蚊が媒介するウイルス感染症のジカ熱が流行、一時騒然となった。ジカ熱は中南米や東南アジアなどで流行している。症状はそれほど深刻ではなく、感染者の8割は症状が出ないまま治るという。

*ジカ熟を媒介
  ただ、知らないうちに多くの妊婦が感染。ウイルスが原因と考えられる、脳がきちんと育たない小頭症の子供の出産例が多発した。ブラジルは今夏オリンピックの開催国で渡航者も増える。国立感染症研究所昆虫医科学部の沢辺京子部長は「日本人だけでなく、その他の国や地域から訪れる外国人も多くなる。いつウイルスが日本に持ち込まれてもおかしくない」と警鐘を鳴らす。2014年には都内の公園で、日本では約70年ぶりとなるデング熱の国内感染が確認された。媒介したのは、ヒトスジシマカというヤブ蚊の仲間だ。東南アジアなどデング熱の流行地で感染した人の血を吸い、さらに同じ蚊が別の人も吸血したことで感染を広げたと考えられている。

  感染症の予防のためには、蚊の生態をよく知り、渡航地域の状況に合った対策をすることが大切だ。沢辺部長は「蚊の仲間は日本だけでも約200種類いるが、そのうち病気を媒介するのは、ヒトスジシマカ、アカイエカ、ハマダラカ、コガタアカイエカ。海外ではその近縁種だ」と話す。これらの蚊の生態は大きく2つに分けることができる。デング熱やジカ熱などを媒介するヒトスジシマカとウエストナイル熱を媒介するアカイエカは、鉢植えの水受け、古タイヤの中など、小さな水たまりで発生する。そのため都市の公園や住宅地でもよくみられ、いわば「都会の蚊」だ。

  対してマラリアを媒介するハマダラカ、日本脳炎を媒介するコガタアカイエカは、水田、湖沼など大きな水域で発生し、家畜が飼育されている場所などを好む「田園地帯の蚊」だ。また、蚊の活動時間にも遵いがある。ヒトスジシマカは、人が活動している日中から盛んに吸血する「昼の蚊」だが、アカイエカやハマダラカなどは夕方の薄暮れ時から飛び始め、家屋の中にも好んで入ってくる「夜の蚊」だ。生態を考えると、デング熱やジカ熱などが流行している地域を訪れる場合、ヒトスジシマカや近縁のネッタイシマカに刺されるのを敷けるため、醜市部や昼間でもしっかりとした蚊対策が必要なことが分かる。沢辺部長は「できるだけ肌の露出を控える。観光地を散策するときも長袖、長ズボンが望ましい」と話す。



*帰国後にも注意
  手や首筋など肌の露出部には虫よけ剤を塗布したい。蚊など血を吸う虫対策としては、ディートという成分が使われるものが効果があるとされる。ただし、6カ月未満の乳児には使用しないほか、6カ月~2歳未満の塗布は1日1回、2~12歳未満は1日1~3回と制限がある。今年、新たにイカリジンという成分の入った商品が発売された。「小児への使用制限がなく、赤ちゃんから大人まで使える」 (大日本除虫菊)。蚊は汗の臭いなどを感知して寄ってくるので、汗をかいたらこまめに拭き取る。「服は白っぽいものより黒っぽいものに寄っていく傾向があるので、白っぽい服を看るのもよい」 (同社)といった対策も有効だ。

  海外旅行から帰国した後も配慮が必要だ。感染しているのに気づかず入国し、国内で蚊に刺されることで、病気を広げてしまうケースが今後増えると考えられるからだ。沢辺部長は「帰国後1週間は蚊に刺されないようにしてほしい」と話す。身のまわりの蚊を少なくする努力も大切だ。例えば、庭の鉢植えの水受けに水がたまっていないか、空き缶などが散乱していないか、近隣の公園に水たまりはないかなど、都会の蚊の発生源を無くしていくことが大切だ。沢辺部長は「グローバル化と温暖化が進んでおり、蚊が媒介する病気を日本に持ち込まない注意が欠かせない」と強調する。一人ひとりが刺されない、広げない蚊対策を心掛けたい。(ライター荒川 直樹)



*渡航前に感染症情報を入手
  蚊が媒介する病気の中でも、デング熱やジカ熱は命にかかわる場合が比較的少ない。しかし」世界にはマラリアや黄熱病など高リスクの病気もある。渡航前には、厚生労働省検疫所の「海外で健康に過ごすために」というホームページ「FORTH(フォース)」 (http://www.forth.go.jp)などの情報をチェックしておきたい。公開情報には、各国における地域ごとの流行情報も掲載されている。例えば、yフリアのリスクのある森林地帯などを訪れる場合、より持続時間の長い(濃度の高い)虫よけ剤や、夜間の蚊取り線香使用、さらには予防接種や薬の服用などが推奨される場合もある。






2016-05-20・・・日経より引用
●媒介する蚊活発、ジカ熱不安な夏
    媒介する蚊活発、リオ五輪で中南米へ
    胎児に影響、妊婦は注意を

  夏が近づき、中南米などで流行する「ジカ熱」が、ほかの地域にも広がる可能性が高まっている。北半球でウイルスを媒介する蚊が活動し始め、リオ五輪や夏休みで人の移動も活発になる。海外から持ち込まれたウイルスが日本で広がる可能性も否定できない。ジカ熱はどんな点が危険なのか、最新の状況を探った。

*小頑症の原因に
  ジカ熱という名に反して、実は感染した人の大半は熱が出ない。体内にウイルスが入ると、約2割に発熱や発疹など軽い風邪のような症状が出るが、残る8割は何ともなく、感染したことにも気づかない。症状が出ても、普段健康な人なら、大抵は1週間程度で治る。だが安心はできない。ジカ熱で懸念されるのは患者の予後ではなく、妊婦が気づかないうちに感染し、胎児に障害が起きることだ。感染が早くから広がったブラジル北東部のベルナンブコ州では、2015年11月から胎児が脳の発達障害を伴う小頭症の疑いがあると診断される妊婦が急増し、12月までに800人以上に上った。

  ブラジル全体で昨年10月以降産まれた小頭症の子どもは1200人を超える。うち50人以上が死亡した。世界保健機関(WHO)によれば、62の国や地域で国内感染が報告されている。事態を重く見たWHOは2月に緊急事態宣言を出し、国際協力で小頭症など先天性障害の発生を監視する体制を構築するよう呼び掛けた。ジカ熱が小頭症を起こすことは、間違いないとみられている。昨年日月、ブラジルのエバンドロ・シャーガス研究所は、胎児が小頭症になった妊婦の羊水からジカウイルスのRNAを検出。死亡した小頭症の胎児の脳からもウイルスが見つかった。

  リオデジャネイロ連邦大学は、脳神経細胞の元になる神経幹細胞にウイルスを感染させると、6日で幹細胞の大半が死ぬことをつきとめた。胎児の神経幹細胞が死ぬと脳が正常に発達できず、小頭症になるとみられる。米とブラジルのチームは妊娠したマケスにウイルスを感染させ、胎児に小頭症に似た症状が起こることを確認した。米疾病対策センター(CDC)は4月、一連の研究から、ジカウイルスが小頭症や深刻な脳の異常を引き起こすのはほぼ確実だと結論づけた。小頭症のほか脳の石灰化や目の異常、関節の拘綿をもたらし、流産のリスクが高まるという。ジカウイルスは蚊が感染者の血液を吸い、その蚊が別の人を刺すことで感染する。

  感染するとすぐに血中のウイルスが増え、蚊に刺されるとほかの人にうつす恐れがある。だがこの時期には症状が出ていないこともあり、感染に気づかない。約1週間の潜伏期間を経て発症した頃にはウイルスは減っており「感染させる可能性は低い」と長崎大学准教授のモイ・メンリンさんは指摘する。モイさんらが昨年、ジカ熱であることを確かめた日本の患者もそんなケースだった。ミクロネシアからの帰国後、2日目に頭痛がし、・その後発熱して6日目に受診した。すぐに血液を調べたところウイルスはなく、その残骸のみが検出された。


*性交渉で感染も
  男性の場合、感染すると2カ月程度は精液の中にウイルスが残る恐れがある。米国では性交渉によって女性に感染したとみられる例も報告されている。CDCは、ジカ熱の症状がある男性は発症から半年は避妊するよう勧告している。また症状がなくても、流行地への旅行や感染した人との性交渉など感染の可能性がある行為から8週間は、女性も男性も避妊するよう求めている。治療薬やワクチンはまだない。

  世界中の企業や研究機関が開発に取り組んでいるが、「実用化されるには早くても数年かかる」(モイさん)見通しだ。対策は蚊に刺されないことにつきる。これから中南米は蚊の活動が低下する季節だが、北半球では逆に活発化する。「蚊が忌避するDEETという化学成分が入った蚊よけ剤をこまめに塗ることが重要」と、ジカ熱に詳しい国立国際医療研究センターの医師、忽那賀志さんは指摘する。なるべく肌の露出を避け、蚊にさされないよう気をつけた。(藤井寛子)




*ウイルスを運ぶ蚊
  ジカウイルスは、ネッタイシマカとヒトスジシマカによって運ばれる。ネッタイシマカはアフリカや東南アジア、南米の熱帯・亜熱帯地域に分布する。ヒトスジシマカは日本や中国を含むアジア、北米、南米などに幅広く生息し、近年フランスなど欧州でも確認された。ヒトスジシマカはヤブカ属の一種で、その名の通り戸外にいる。家の中にはあまり侵入してこない。庭の植木鉢や空き缶、水たまりなど少量の水で発生する。雨の後にたまった水をこまめに捨てることで、発生を減らすことができる。





                     
2009-11-30発行                          2012-03-21発行                          2002-11-10発行