サブページに戻ります
風邪・伝染病の過程[02]
 
18 

2016-05-28
●蚊にご用心
    妊婦さんは特に注意しないとね
    アジアで流行の恐れがあるのか

  蚊に刺されることで伝染する2つの熱病が広がっているの。アジアでも大流行したら怖いわね。蚊の季節がやってきます。今年の蚊は日本に、デング熱だけでなくジカ熱も拡散する可能性があります。どちらの病気も症状は軽いか、ほとんど現れないことがあります。しかし、ジカ熱は妊婦が感染すると、赤ちゃんが中頭症になったり、脳に損傷を与えたりすると、多くの人が考えています。デング熱は急に重症化し死亡することもあります。

  ジカ熱の大流行は2015年にブラジルで始まりました。以降、グローバル化の進展と蚊の媒介によって、急速に広まっています。今年の夏はアジアで大流行するのではないかと警告をしている科学者もいます。ジカ熱もデング熱も治療法はありませんが、2つの対策が可能です。1つ目は、虫よけや長い柚の服などで蚊に刺されるリスクを減らすこと。2つ目は家の内外でたまっている水を捨てて、蚊の繁殖を防ぐことです。(石渡 淳元)








2016-05-31
●蚊退治、庭の水たまりから・・・日経のより引用

  夏が近づくと気になる蚊の対策。私も旧宅から新宅へ引っ越したら、その夏からは蚊がものすごく発生していたのには驚いた。それも毎年なのである。これは付近で蚊を発生させる要因があると思われる。   今年は感染症「ジカ熱」を媒介することが話題となり、防御方法には一段と関心が高まっている。害虫駆除に携わる人を対象に講師を務める日本防疫殺虫剤協会(東京・千代田、ジカ熟など防虫対策伝え行脚、大阪府出身、42歳。ホテル勤務、害虫駆除業を経て2001年、害虫駆除用の噴霧器を輸入・販売する鵬図商事(東京・大田)に入社。08年から日本防疫殺虫剤協会の技術委貞となり、蚊対策講習会の講師役などを務める。)の足立雅也さんは、まずは蚊を発生させないことが重要と指摘する。


  蚊が活発に活動し始める季節になりました。「蚊の対策を突き詰めれば、『蚊を根絶させる』こと以外ありません。ただ、あちこち飛び回る成虫を追いかけ退治するのは容易ではありません。ところが、卵や幼虫となると動きが少ないので駆除はきわめて簡単です。まずは、蚊を発生させない環境づくりが最優先となります。蚊はくらしの身近なところで発生するので、一般家庭の果たす役割は非常に大きいです」「蚊は水に卵を産み、そこでボウフラ(幼虫)から成虫になるまで成長します。この段階で退治しましょう。庭先やベランダにある植木鉢の水受け皿やプランターにたまった水は、日当たりのよい地面などに流してください。ひからびさせます。蚊はふ化後、約10日間で成虫になるので、1週間に1度で十分です」


*網戸は窓全開で
  「網戸が効果的ですが、使っていても蚊が入ってきて困った人は少なくないでしょう。それは、網戸の使い方に問題があります。窓を半開きにして網戸を閉めることも多いですが、窓は必ず全開にしておきましょう。全開なら網戸の左石に付いている枠と、窓枠が一致して密閉されます。半開さにすると、それぞれの枠がずれて隙間ができ、そこから蚊が侵入してきます」「室内では、殺虫剤を使ってください。お薦めはワンプッシュ式の商品です。蚊は飛び疲れると、壁や床に止まって休憩します。ワンプッシュ式は一吹きで空気中に薬剤の小さな粒子が飛び散るのが特徴です。ゆっくり広がり壁や床にしっかり付着するので、休憩にきた蚊をそこで退治できます。l回の使用で半日からl日中効果が続くので、就寝時に使うと効果的です」




*風上に虫よけ剤
  「壁掛けタイプの虫よけ剤を、玄関のドアノブに引っ掛けているのをよく見ます。出入り口に置きたい気持ちは分かるのですが、その.ままでは効果は薄いです。置き場所に工夫が必要蚊退治、庭の水たまりからです。このタイプは風が吹くことで薬剤が拡散します。玄関のように空気の流れがないところで使うより、室内の網戸近くなど風上になるところを選んで設置するようにしましょう」--殺虫剤や虫よけ剤を使っても体に影響はありませんか。「殺虫剤は法律によって市販する際の基準が設けられています。様々な実験で人体への影響も確認済みで、安全性は担保されています。

  最近登場した『イカリジン』という成分を配合した虫よけ剤は、乳幼児や子どもにも使用制限がないので、安心して使えます」・「ハーブなど天然由来の虫よけ剤は安心感が強いと思いますが、注意も必要です。ユーカリやラベンダーなどに含まれる虫よけ効果のある天然成分は、生育場所や収穫の時期によって質が異なることが多いからです。虫よけ効果はばらつきがある可能性があります」--東京都が主催する『蚊対策講習会』の講師も務めています。「2014年に発生したデング熱感染で東京・代々木公園の蚊が問題になった時には、現場調査に加わりました。私は医師でも研究者でもなく、害虫駆除を手掛ける企業のサラリーマンです。

  ただ、現場を通じ、生態など私なりに様々なことを勉強しました。害虫駆除の同業者向けの講師も務めますが専門用語を交えずに、分かりやすく伝えることに努めています」「子どものころはカブトムシやクワガタが好きな昆虫少年で、蚊への興味を持ったのは高校生の時。ボーイスカウトで蚊の対策について学んだのがきっかけです。虫を飼うのはお手のものなので、皐も自宅で蚊を育てて殺虫剤の効果や影響を確認しています。家族からは『横で育てているミョウガがダメにならないか』と毎回怒られるのですが。害虫駆除業の仕事に使命感を持っています」





2016-06-10・・・日経のより引用
●人類VS耐性菌・終わらぬ闘い
    抗生物質→ライバル死滅→強力に
    政府、投与3割抑制へ・伊勢志摩サミットでも議題

  抗生物質が効かない薬剤耐性菌が、世界中で問題になっている。強力な耐性菌が増える一方で新薬の開発が追いついていないためだ。5月に潮催された主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)では、耐性菌研究の推進を首脳宣言に盛り込んだ。日本政府は4月、抗生物質の使用を3割減らすとの方針を掲げた。耐性菌はなぜ発生し、強力化していくのか。その仕組みを探った。

  1世紀近く前、英国の細菌学者フレミングがペニシリンを発見した。人類が手にした最初の抗生物質だ。第2次世界大戦中に発売され、傷の化膿(かのう)で命を落としていた多くの兵士たちを救った。だが抗生物質が使われ始めると、それが効かない耐性菌も生じる。1962年に米国で発売された抗生物質のメチシリンは食中毒などを起こす黄色ブドウ球菌に効果があるが、2年後には耐性の黄色ブドウ球菌(MRSA)が出現。72年にMRSAに効くバンコマイシンが開発されたが、96年にはこれに耐性を持つ黄色ブドウ球菌が現れた。


*「悪夢の細菌」出現
  耐性菌は、抗生物質という「敵」に対抗し、細菌が生き延びようと進化する中で生まれる。細菌は分裂する際、自分の遺伝子をコピーして引き継ぐが、l億回に1回くらいの確率でコピーミスが起き、遺伝子の一部が変異する。変異の場所によっては、薬が効かない菌が偶然生まれることもある。人の体内には普段から、そうした耐性菌がごく少数いる。だが抗生物質を飲むと状況が一変する。ほとんどの菌は薬で死滅し、耐性菌だけが生き残るからだ。栄養分などを争うライバルがいないため耐性菌は一気に増え、他の人にも広がっていく。細菌が別の細菌から、耐性の原因となる遺伝子をもらうこともある。細菌同士は種類が違っても互いにつながり、DNAの一部をやりとりする。

  ある抗生物質に対する耐性菌が別の抗生物質の耐性菌から遺伝子をもらえば、両方に耐性を持つ。遺伝子の受け渡しは「グラム陰性園」という細菌で起きやすい。大腸菌やアシネトバククーなど、問題となっている多剤耐性菌の多くがグラム陰性菌だ。ここ十年ほどで急増し「悪夢の細菌」と呼ばれるカルバペネム耐性菌もその一つ。最後の切り札とされる強力な抗生物質、カルバベネムが効かない。コリスチンだけは効くが、副作用が強くて使いにくい。元では年間推定9000人が感染し、600人が死亡。日本では2014.年9月からl年間に感染者1321人、死者52人に上った。5月下旬、米で初めてコリスチンすら効かないカルバペネム耐性菌に感染した人が見つかった。渡航歴のない女性の尿から、今の薬がどれも効かない「スーパー耐性菌」が検出されたのだ。中国や欧州でも見つかっており、拡大が懸念されている。


*院内感染防止がカギ
  耐性菌を広げないためには「やみくもに抗生物質を使わないこと。耐性菌の出現を絶えず監視し、院内感染の広がりを抑えるのむ重要だ」と国立感染症研究所部長の柴山意吾さんは話す。風邪には細菌のほかウイルスによるものもあるが、ウイルスなら抗生物質は効かない。病院のほか養豚や養鶏業界でも、家事の病気予防や成長促進のために抗生物質は使われている。名古屋大学教授の荒川宜親さんは「医療現場と畜水産の両方で、必要性を見極め、無用な薬は控えるべきだ」と話す。政府は4月、2020年までに抗生物質の使用を3割減らすとの方針を掲げた。

  また中国、インド、オーストラリアなどア.ジア・太平洋地域11カ国を招き、耐性菌問題の対策を話し合う閣僚級会合を東京で開いた。耐性菌と抗生物質のいたちごっこは永遠の課題だが「近年は細菌優位に傾きつつある」と荒川さんは懸念する。投与期間が短い抗生物質は収益が見込みにくく、製薬企業は生活習慣病の薬などに軸足を移してきた。新たな武器がなくては、ますます強くなる耐性菌とは聞えない。欧米は国策として抗生物質の開発を進めているが、新たに承認される抗生物質は年々減っており、状況は厳しさを増している。(藤井寛子)




*院内感染
  耐性菌は医療機関で集団発生することが多い。院内感染だ。病院は街中よりも様々な病原体が集まりやすく、免疫力が低下した人、抗生物質を使っている人が多い。注射などで血液などが周囲に付着することもあり、感染が広がりやすい。国立病院機構大阪医療センター(大阪市中央区)では2010年から3年以上にわたってカルバペネム耐性菌の院内感染が起きた。100人以上が
感染し、死亡者も出た。長崎大学病院でも15年にカルバぺネム耐性菌が発生。帝京大学付属病院では10年に多剤耐性アシネトバクターの院内感染が起きた。






2016-07-17・・・日経より引用
●蚊の退治遺伝子狙え
    組み換え感染症媒介防ぐ

  ジカ熱やマラリア、デング熱といった様々な感染症を媒介するのが蚊だ。駆除には殺虫剤などが使われるが、乱用すると効果が薄れる。そこで、蚊の退伝子を操作して、感染症を媒介しないようにしたり、子孫を残せないようにしたりする研究が進む。感染症対策として蚊の退治を目指す
試みが始まり、リオ五輪を前に注目を集めている。

  「蚊は年に約72万人の命を奪い、人類にとって最も恐ろしい生物だ」。米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏は2014年、白身のブログで人々に注意を促した。世界保健機関(WHO)などのデータを同氏らが分析した結果、ライオンやサメよりもはるかに多くの人が蚊によって死ぬとわかった。蚊の怖さは感染症の原因となる原虫やウイルスを媒介することだ。蚊が血を吸うときに血が固まらないように唾液を分泌し、その中に入っている原虫やウイルスが人間の血管から侵入する。

  感染した人間の血を別の蚊が吸って、原虫やウイルスに感染。こうした蚊が別の人間の血を吸い、周囲の人々に広がっていく。対策は殺虫剤による駆除などが中心だが、続ければ耐性を持つ蚊が現れる。そこで、病原体を媒介する蚊を減らす武器として、遺伝子組み換え技術が注目されている。自治医科大学と農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)のグループは、マラリア原虫を媒介しない蚊を開発した。マラリアは三大感染症の1つで、死者は減りつつあるが、WHOが15年9月に発表した資料によると、死者は推定で年43万8000人と依然として多い。

  マラリア原虫は蚊が動物の血を吸ったときに腸に入り、そこで増殖し、最終的に唾液腺に移動する。蚊が人を刺すと、唾液の中にいる原虫が血管の中に侵入し、赤血球に感染する。開発した技術の狙いは蚊の唾液腺を破壊することだ。細胞が自ら死滅するアポトーシス(細胞死)を引き起こす遺伝子を使う。研究グループは遺伝子を受精卵に注入し、唾液腺がつぶれて唾液がほぼ消えた蚊を作った。マラリアに感染したマウスの血を吸わせたところ、遺伝子組み換え蚊では、原虫による感染がほとんど起こらなかった。

  蚊はマラリアに感染した人の血を吸うとき、原虫のほか、その生殖母体も腸に吸い込む。この雌雄の生殖母体から生殖体が成長、さらに受精して繁殖する。最終的に唾液腺に移動して住み着く。自治医科大学の山本大介助教は「唾液腺に含まれる物質の中に、蚊がマラリア原虫に感染するのに必要な物質があるのではないか」とみる。この物質が何かを特定できれば、マラリアの媒介を防ぐ薬の開発につながる。海外では、遺伝子操作によって蚊を不妊化させる試みも進んでいる。

  不妊の蚊を作って大量に放ち、野生同士の繁殖を邪魔して子孫を残せないようにする作戦だ。放射線を当てて害虫を不妊化させて駆除する技術は過去に使用され、根絶に成功した例もいくつかある。英国のバイオベンチャーのオキシテックは、遺伝子を組み換えたオスの蚊が野生のメスと交尾すると、卵から幼虫(ボウフラ)がふ化しても成虫になる前に死ぬようにした。成長を邪魔する有害なたんばく質が卵の中で作られるからだ。同社はデング熱やジカ熱を媒介するネッタイシマカの駆除を目指している。

  人を刺すのはメスなので、不妊化したオスを野外に放っても刺される心配はないという。ブラジル政府の承認を得て、2015年4月から地方都市の一部で、数百万匹の遺伝子組み換え蚊を放つ実験をした。15年末までに蚊の幼虫を82%減らせたという。同社はブラジルのほか、カリブ海の英領ケイマン諸島や中米パナマなどでも同様の実験を実施している。こうした結果をもとに、同社は米フロリダ州で、デング熱とチクングニア熱の予防を目的に追伝子組み換え蚊を放っ実験を計画。米食品医薬品局(FDA)に承認を求めている。

  住民による反対運動が出ている中、同局は3月、同社の技術について「人の健康や環境への大きな影響はない」とする予備調査の結果を公表した。遺伝子組み換え技術は抜本的な解決策になり得るが、生態系を大きく変える恐れもある。農研機構の笠嶋めぐみ研究員は「蚊を大幅に削減できれば、感染者を減らすことは可能だ。ただ、効果の持続性や生態系への影響を長期的に調べる必要がある」と指摘する。(西山彰彦)




*害虫の不妊化…沖縄ではウリミバエ駆除
  害虫を駆除するた オスに放射線を当てて不妊化して自然に放っ方法は20世紀半ばに米国などで始まった。野生の雌雄が交尾するチャンスを減らし、最終的に根絶させる。幼虫が家畜に寄生するラセンウジバェについて、1950年代にカリブ海のキュラソー島や米国のフロリダ州などで実施され、ほぼ根絶された。日本では70~90年代に沖縄県で、野菜や果実の害虫のウリミバェの駆除に使われた。海に囲まれた島は周囲寓から野生の害虫が入りにくく、不妊虫を使った駆除は陸地よりもやりやすいといわれる。殺虫剤などの化学物質の使用を減らせるという声もある。






2016-07-21・・・日経より引用
●夏の野山でレジャー、虫刺され甘く見ない
    服は明るい色、肌露出少なく

  ハチやマダニなど、刺されたりかまれたりして腫れや痛みを引き起こす虫は多い。激しいアレルギー反応や病原体の媒介で命を脅かす種類もいる。野山などに出掛けることが多い夏休みシーズン間近。楽しいレジャーが暗転しないよう、対処法と刺されないための予防法を知っておきたい。

*ハチ、夏は攻撃的
  昨年9月、北海道士幌町で草刈りをしていた男性(37)がスズメバチに手を刺され亡くなった。1カ月前にも刺されており、体内にハチ毒への抗体ができ重いアレルギー症状が起きる「アナフィラキシーショック」を起こしたとみられる。    厚生労働省の人口動態調査によると、ハチに刺され死亡したのは2014年に全国で14人。1984年の73人をピークに減少傾向にあるが、おおむね年間20~30人台で推移している。独協医科大学病院の平田博国講師(呼吸器・アレルギー内科)によると死亡者は農林業や建設業の高齢男性が目立つ。こうした人は以前ハチに刺され、抗体を持っている場合が多い。

  平田氏は「アレルギー反応を抑えるアドレナリン自己注射薬(エビペン)キットを携行すると安心」と話す。刺されたら安全な場所に移動し、静かにしゃがんで30分~1時間様子をみる。針が残っていても抜かず、医寮機関を受診すべきだという。痛みは初回なら冷水などで冷やせば1~2時間で消える。「息苦しさや手の震え、吐き気などのアレルギー症状が出たら事は一刻を争う。エビペンを持っていたらすぐに打って受診、なければ救急車を呼んでほしい」 (平田氏)ハチは巣を拡大し個体も増える8~9月は攻撃性が高まる。兵庫医科大学の夏秋優准教授(皮膚科)によると、刺されないためには

      ①近づいてきたらゆっくり後ずさりして距離を開ける
      ②事で追い払うなど刺激しない
      ③白など明るい色の服や帽子をかぶる
      ④化粧品などは無香料のものを使うといい

  肌に食いついて吸血するマダニにも注意したい。皮膚から血を吸う際に細菌やウイルスなどがうつり、日本紅斑熱やツツガムシ病といった感染症を引き起こす。日本紅斑熱は2~8日後に頭痛や高熱、発疹が起きる。患者は増加傾向で、昨年は212人だった。


*マダニで死亡例も
  中国で発見され、13年に日本でも確認された重症熱性血小板減少症候群(SFTS)も媒介する。全国で年間40~60件発生。重症化すれば死に至るリスクがある。下血などの症状もあり、体液に触れるなどして人から人に感染することもある。国立感染症研究所によると、16年6月末までに計47人が死亡した。84年に日本紅斑熱を発見した馬原医院(徳島県阿南市)の馬原文彦院長はマダニについて「かまれる前なら払うだけで落ちるが、かまれたら無理に引っ張ると皮膚内に口器が残って化膿(かのう)することがある」と話す。ワセリンをたっぷり塗ったり、テープやばんそうこうをぴったり貼ったりして窒息させる方法が効果的という。それでも剥がれ落ちなければ医療機関で取ってもらう。すがすがしい夏の野山。見た目は小さくても、決して侮れない虫が潜んでいることを頭の片隅にとどめたい。(編集委員 木村彰)




*蚊の防除活動各地で
  デング熱やマラリア、ジカ熱など蚊が媒介する感染症は多く、各地で防除活動が広がる。デング熱は2014年夏、国内で70年ぶりに感染が確認された。ジカ熱同様、国内でも広く生息するヒトスジシマカなどが媒介する。海外でウイルスを持った蚊に刺され、帰国後も国内で刺されると二次感染の恐れが生じる。埼玉県は今月上旬、こうした感染症が発生した場合に備え、蚊の防除訓練を実施。県内2カ所の公園で、市町村の職員らが集まって殺虫剤の散布手順などを確認した。横浜市泉区の緑園2丁目自治会は05年から、夏場に月1回住民が集まって町内約860カ所の雨水ますへの薬剤投入などを実施。植木鉢の皿やバケツなどには水がたまらないよう気を配る。「庭に出られないほど蚊は多かったが、かなり減った」(杉山昌樹自治会長)。活動は周辺
自治会にも広がっている。






2016-09-16・・・日経より引用
●はしか予防のジレンマ
    今年82人感染、昨年の2倍
    ワクチン普及で患者減接種「はざま世代」生む

  はしか(麻疹)の感染が止まらない。今年に入ってから7日までに報告された患者は82人に達し、昨年の2倍を超えた。有効なワクチンがあるにもかかわらず、なぜ感染が続くのだろうか。その理由を探った。9月に入ってから、新たに41人の患者が報告された。これまでに関西国際空港や兵庫県尼崎市、千葉県で多数の患者が発生。大阪府は関空の従業員にワクチンを接種するな
ど対策に乗り出した。

*20~30代が多数
  麻疹(はしか)は妊娠中の女性が感染すると早産や死産などを起こすことがあるため、日本産婦人科医会は9日、妊娠中の人やその家族は感染者が多く発生した場所に行かないよう呼びかけた。麻疹は以前は子どもの病気だっ美が、現在は20~30代の大人の患者が多数を占める。ワクチンの普及によって患者が激減し自然感染の機会が減る一方で、ワクチン接種の機会が十分でなかった世代だ。1950年代、麻疹(はしか)は誰もが一度はかかる病気だった。大半は1週間ほどで回復するが、約3割で肺炎などの合併症が起き、年間数千人が死亡した。

  だが66年にワクチン接種が始まり、78年に公費での接種が認められると、学校などでの集団接種が普及。患者は目に見えて減っていった。ただワクチンでつけた免疫は、時間とともに低下する。患者が多かった時代は生活の中で麻疹ウイルスに触れ免疫が増強されたが、ワクチンが行き渡って患者が減ると、その機会も減る。そこで2006年から、小学校入学前に2回日のワクチン接種をし免疫を増強するようになった。

  だがそれ以前に小学校に入った人は、1回しか接種していない。07年、この世代の10~加代の若者の間で麻疹が大流行し、大学などが相次いで休校する騒ぎになった。事態を重く見た政府は2008年から5年間、90年4月以降に生まれた人を対象に、中学3年か高校3年のときに2回目の接種を受けられる措置を講じた。この世代は現在、最高26歳になっている。一万、40代以上の世代は麻疹がまん延していた時代に幼少期を過ごし、麻疹(はしか)への免疫を持つ人が多い。

  2つの世代のはざま、つまり麻疹患者が激減してから生まれ、ワクチンを1回しか受ける機会がなかったか、あるいは2回目の追加接種を受けなかった2・0~30代を中心に、感染が広がっているとみられる。かつてワクチン接種は国民の義務とされていた。皆が接種して病気を減らし、ワクチンを打てない乳児や病人を含めた社会全体を守るためだ。だが70年代から、様々なワクテンによって深刻な後遺症が残ったと訴える訴訟が頻発。

  司法は、副反応を避けるための予診が十分に行えない集団接種という施策に過失があったと判断した。これを受け、国は同年にワクチン政策を転換した。接種は義務ではなく、国民への情報提供によって勧奨するものになった。集団接種ではなく保護者が子どもを病院に連れて行って受けさせるのが中心になった。ワクチンは個人の選択で、保護者の判断で受けないこともできる。




*国内は排除状態
  だがワクチンが奏功して病気が減ると、接種の動機は薄くなる。仮に周りが全員接種していれば、接種しなくても感染の危険は低い。だがそうしてワクチンに「ただ乗り」する人が増えると、結果的に集団感染のリスクは高まる。ワクチンの歴史に詳しい大阪市立大学准教授の宇塚洋輔さんは「今はワクチンの必要性を理解している親が多く、接種率が高く維持されている」と指摘する。

 15年3月、世界保健機関(WHO)は、日本は土着の麻疹ウイルスがない「排除状態」になったと認定した。現在流行しているのは、中国や東南アジアなどに渡航した人によって持ち込まれたとみられる。国立国際医療研究センターの瀬成美さんは「ワクチンが背及して1番怖い副作用は、皆が感染症の怖さやリアリティーを感じなくなること」と話す。普及すればするほど、その必要性が見えにくくなる。ワクチンは本質的にそうしたジレンマを抱えており、その中でどのように接種率を維持するかが課題となっている。(藤井寛子)






2016-09-25・・・日経より引用
●治りにくい咳、中高年で急増
    徐々に悪化肺非結核性抗酸菌症
    患者数結核上回る
    人からは感染せず

  結核菌に似た細菌が引き起こす肺の感染症が中高年の女性を中心に急増している。増加の理由はわかっていないが、1年間に新たに診断される患者の割合は肺結核をしのぐ勢いという。結核のように人から人へはうつらないものの、長引く咳(せき)やたんに悩まされ、体重も次第に落ちてくる。抗菌薬などで治療しても完全によくなることが難しく、新しい治療薬の開発が求められている。「お母さん、咳が多いね」。2000年寄れ、神奈川県藤沢市在住のAさん(聖は息子にいわれ、かかりつけ医を受診した。

  そのときは大きな病気が見つからなかったが、心配だったので定期的にレントゲンを撮ることにした。01年夏、レントゲン写真を見た医師の指示で大きな病院でコンピューター断層撮影装置(CT)を撮り、さらに別の専門病院を受診したところ、「肺非結核性抗酸菌症」と診断された。2~3種類の抗生物質を飲み続けているが、徐々に、咳やたんがひどくなっている。「坂道を上ったり、重いものを持って歩いたりすると息苦しくなる」というAさん。「これからどうなるのか」と不安を募らせる。


  肺非結核性抗酸菌症は、結核菌と、らい菌以外の抗酸菌によって起きる慢性の呼吸器疾患だ。病原性の抗酸菌は数十種類あり、日本ではこのうち「マイコバクテリウム・アビウム」と「マイコバクテリウム・イントラセルラーレ」という菌による肺MAC症が、肺非結核性抗酸菌症の9割近くを占める。国立病院機構東名古屋病院の小川撃一副院長は「初期は無症状のことが多い。健康診断で胸部レントゲンに影があり、精密検査を受けてわかるケースが増えている」という。精密検査でCTを撮ると、肺に空洞や気管支拡張の病変が見つかる。さらに、たんなどの検査をして菌が見つかれば、肺非結核性抗酸菌症と診断される。

  慶応義塾大学病院の長谷川直樹教授らのグループが6月にまとめた調査で、肺非結核性抗酸菌症にかかる患者の割合が急増していることがわかった。07年に調査したときの2・6倍に増え、肺結核の催患(りかん)率を上回った。最も難治性のタイプは同約5倍に増えていた。研究グループは14年、884の医療機関にアンケート調査をした。肺非結核性抗酸菌症にかかる人の割合は10万人当たり14・7人だった。一方、菌が確認された肺結核患者の割合は同10・2人だった。患者数が急増しているのは、高齢化でかかりやすい人が増えたことや診断精度の向上などが考えられるが、明らかな理由は不明という。


  病気の進行は人によって異なる。「通常は20年から30年かけてゆっくりと症状が悪化するが、まれに数年で急激に悪くなるケースもある」と長谷川教授はいう。病気がひどくなると亡くなることもある。死亡者数は最近20年間でおよそ6倍に増加しており、2014年には1300人を超えたという。「もはやめずらしい病気ではない。将来は結核の死亡者数を抜くと予想される」と永寿総合病院の南宮湖医師はみている。治療はクラリスロマイシンとリファンピシン、エタンブトールという3種類の抗菌薬を併用するのが基本になる。抗菌薬が効かない場合は、空洞や気管支拡張病変を手術で取り除くこともある。

  ただ、いったん菌が消えても再発するケースもあり、定期的に診察を受ける必要がある。特殊なケースを除けば、治療薬が効く結核よりも、やっかいな病気ともいえる。このため、新しい治療薬の開発を急ぐ必要がある。現在、通常の治療では菌が消えない患者を対象に「リボソーマル・アミカシン」という吸入剤の臨床試験(治験)が進んでいる。このほか、「ソリスロマイシン」という抗菌薬が出てきた。「この薬の治験は肺炎や気管支炎を対象にしているが、肺非結核性抗酸菌症にも効果があるかもしれない」と小川副院長は期待する。また、南宮医師らは「どのような人が感染しやすいか研究を進めている」という。感染しやすい人のタイプが詳しくわかれば、治療薬の開発にも役立つと期待される。

  肺非結核性抗酸菌は水や土壌中など環境中のどこにでもいる。土ぼこりゃ水蒸気に含まれる菌を吸い込んで、この病気にかかったと推定される。土ぽこりを週2回以上浴びる仕事に就く患者のたんに含まれていだ菌と、仕事場の土にいた菌の遺伝子型が一致したケースや、浴槽にある出水口などにいた菌が患者の菌と同じだった例などが報告されている。小川副院長は「感染源を特定するのは難しいが、風呂場を乾燥させて、カビが生えにくい環境にすることが大切。薬が効いて良くなった人は、新たな菌を吸い込まないように家庭菜園などは避けた方がよい」とアドバイスする。(西山彰彦)








*罹患率日本が突出
  肺非結核性抗酸菌症は結核と違って人から人へうつる病気でないため、結核のような登録制度がない。このため、正確な罹患(りかん)率を把握するのは難しい。羅患率は1970年ごろから国立療養所非定型抗酸菌症共同研究班などが疫学調査をしてきた。罹患率が10万人当たり2人を超えたのが1984年。2001年の調査で罹患率は同5・9人となった。次に調査が実施されたのは07年の同5・7人だった。その後、菌の検査法や画像など診断技術が進歩した。08年には日本呼吸器学会などが診断ガイドラインを作成した。14年はガイドライン作成後、初の調査となった。この病気は海外でも増加傾向にあるが、日本は突出しているという。死亡者数も年々増加する傾向にある。将来、結核の死亡者数(年間約2100人)を上回ると予想されている。専門家の間では、結核のように肺非結核性抗酸菌症の罹患率の把握を求める声が多い。国は疫学調査も含め、発症メカニズムや感染ルートの解明、治療薬の開発などを急ぐ必要がある。