サブページに戻ります
18

風邪・伝染病の過程[03]

2017-01-12・・・日経より引用
●風邪ひき、薬に頼りすぎない
    抗菌薬、ウイルスには無効
    市販薬鼻水など緩和/相性で選んで


  一年で最も寒い時期になった。うがいや手洗いなどで気をつけていても風邪をひくことはある。風邪をひいたら無理せずゆっくり休養をとるのが基本。とはいえ、受験生や社会人はそうもいかない。そんなときに市販の風邪薬を飲むことは多いが、あくまで症状緩和が目的と心得よう。

  一般に風邪というが、医学的には「かぜ症候群」と呼ばれる。原因の80~90%はウイルスと呼ばれる病原体。風邪を起こすウイルスには、ライノウイルス、アデノウイルス、コロナウイルスなどがある。気温が低く乾燥するこの時期は、風邪の原因ウイルスが飛散しやすいため、風邪をひく人が多くなる。風邪を予防するには原因となるウイルスを寄せ付けないのが一番。外出時のマスクや、帰宅時の手洗いやうがいといった基本的な対策が欠かせない。とはいうものの、年に何回かは風邪をひいてしまうという人も多いだろう。気象情報提供会社の調査では、1年間に風邪をひいた回数は平均2・3回との報告もある。

*まず休養が基本
  風邪をひいたら、まずはゆっくり休養を取り、水分や栄養を補給することだ。そもそも、風邪の主な症状である鼻水やせきは、ウイルスを外に排出しようとする体の働き。熱が出るのも体の免疫機能を働かせてウイルスに対抗するためだ。私たちの体には本来、風邪を治す力があり、一般的には数日〜1週間もすれば自然に治る。つまり、風邪に対して通常、薬は必要ない。ところが「抗菌薬(抗生物質)を飲めば風邪が治ると誤解している人がいまだにいる」と話すのは、太融寺町谷口医院(大阪市北区)院長の谷口恭氏。抗菌薬は、細菌には作用するがウイルスには作用しない。

  だから、ウイルスが原因である風邪には無効。それどころか有害なこともある。なぜなら、胃炎など抗菌薬の副作用が生じるリスクがあるのに加え、抗菌薬が効かなくなる細菌(耐性菌)を生み出す可能性があるからだ。抗菌薬を求める患者に対して谷口院長は「『あなたの風邪に抗菌薬は不要です』と説明して納得してもらうようにしている」と話す。ただし、高齢者や心臓病などの病気の人、風邪の症状が重い場合や長引く場合は、肺炎など他の病気の可能性もあるので、自己判断せずに医療機関を受診する方がよい。

  市販の風邪薬を使う人も多いが過信は禁物だ。製薬会社のグラクソ・スミスクライン社が20~30代の会社員などを対象(回答数620)に調べたところ、約6割が医療機関を受診せずに市販の風邪薬で治そうと考え、実際によく購入すると答えた。市販の風邪薬、いわゆる総合感冒薬は、風邪を「治す」のではなく、あくまで症状を「和らげる」のが目的。ほとんどの総合感冒薬で、鼻水や鼻づまりを抑える成分、解熱・鎮痛作用のある成分、たんを出しやすくする成分、せきをしずめる成分など、複数の成分が組み合わされている。


*使い慣れた薬を
  総合感冒薬の効能が気になるなら、どんな成分が含まれているかを確認してみよう。薬の外箱や中の添付文書に書かれている。製薬会社や医薬品医療機器総合機構のウェブサイトで調べることもできる。他の病気で薬を飲んでいる人は、成分の重複や他の成分との相互作用が生じないか、薬剤師に確認してもらおう。なお、鼻水や鼻づまりを抑える抗ヒスタミン作用のある成分は眠気を催しやすいので、服用中の車の運転や機械操作は避ける。また、解熱鎮痛薬には十分気をつけたい。

  小児の発熱にはアセトアミノフェン入りの薬を選ぶ。ブランド名が同じでも「小児用」と書かれている薬には鎮痛成分としてアセトアミノフェンが含まれる。まれだが、成人でもスティーブンス・ジョンソン症候群という重い皮膚の副作用の報告もあるので注意を。総合感冒薬は種類がとても多いので、店頭で何を選べばよいか迷いがち。ドラッグストアでの勤務経験が長い薬剤師の松本洋美さんは「人によって薬との〝相性〞が違う。使い慣れた薬があればそれが良い」という。以前に飲んだ経験があれば、副作用の回避にも役立つ。風邪は自然に治ることから考えても、効能に細かくこだわるより合う物を優先する。松本さんは「治ると信じることによるプラセボ効果もある。効くと感じ
られる物を」と話す。(ライター北沢 京子)








2017-01-27・・・日経より引用
●変異ノロウイル猛威
    感染性胃腸炎、最大級の流行
    免疫たんばく質働かず、治療薬・ワクチンなし

  ノロウイルスが今冬、猛威を振るっている。国立感染症研究所の調査によると、同ウイルスなどによる感染性胃腸炎は、昨年12月までをみると最大級の流行だ。ノロウイルスには感染を予防するワクチンやウイルスを殺す治療薬がないうえ、退伝子の一部が変化した新しいウイルスが広まっていることも背景にある。例年、流行は春先まで続く傾向があり、引き続き注意が必要だ。

  ノロウイルスは1968年、米オハイオ州ノーウォークの小学校で集団で起きた胃腸炎の患者から初めて見つかり、地名をもとに「ノロ」と学名が付けられた。全長が約38ナノ㍍(ナノは10億分の1)ととても小さいウイルスで、耳かき1杯の便に1億個以上のウイルスが含まれる。100~1000個が体に入ると感染し、感染力が強い。感染すると激しい吐き気や下痢、発熱といった食中毒症状が2~3日続く。ウイルスが直接の原因で死ぬことはないが、吐いたものがのどに詰まったり、肺に入って肺炎を起こしたりすると命に関わる場合もある。下痢などによる脱水症状も危険だ。感染研の調査によると、小児科など全国約3000カ所の定点医療機関での1カ所当たりの感染性胃腸炎の患者数が2016年12月12~18日の1週間で、20・89人。過去最高だった06年の22・81人に次ぐ多さだ。

*ウイルス突起変形
  る。そのうち、病気の原因となるのはほとんどが「グループ2」のウイルスだ。グループ2の中でも、遺伝子の違いからさらに細かいタイプに分けられる。今冬、流行しているのは「タイプ2」。感染研の集計によると、昨年11月に検出された8割以上がこのタイプだった。北里大学教授の片山和彦さんによると、今冬の「タイプ2」は従来と少し形が違う。ノロウイルスはRNA(リボ核酸)が1本しかなく、退伝子が変化しやすい。

  今年は遺伝子が変化し、ウイルス表面にたくさんある小さな突起の形が変わってしまった。病原体から体を守る免疫を担うたんばく質は、この突起の形を認識して腸にウイルスが侵入できないようにしている。突起の形が変わったため、過去に「タイプ2」に感染して免疫を持っていてもウイルスの攻撃を防ぐたんばく質が反応できず、感染する可能性があるという。さらにノロウイルスには、治療に使える抗ウイルス薬や感染を予防するワクチンがない。ヒトに感染するタイプのノロウイルスは細胞で増やすことができず、開発するのも、開発したものの効果を確かめるのも難しいからだ。

  ノロと同様に胃腸炎を起こすロタウイルスは細胞で増やすことができ、ワクチンもある。ノロウイルスは数日で治る病気なので「開発はワクチンが優先されている」 (片山さん)。現在、武田薬品工業がワクチンを臨床試験している。予防に効果のあるワクチンができたとしても、まだ難題がある。流行するタイプが変わることがあり、今冬のように同じタイプでも変化も起きやすい。「異なるタイプや形のウイルスが流行したときに、ワクチンに効果があるかは未知数」と片山さんは話す。

*しっかり手洗い
  ノロウイルスに感染しても症状の出ない人がおり、気付かずにウイルスを周りにまき散らす場合もある。体力の無い乳幼児や高齢者がこうしたウイルスに感染、発病してさらにウイルスが広がる。調理人が感染すると、大規模な食中毒が起こることもある。感染者の便からでたウイルスは下水処理場で十分に排除できず、川や海に流れて、カキなどの二枚貝で濃縮されるという。厚労省によると、カキに含まれるノロウイルスは中心部を85~90度で90秒以上加熱すれば死滅するという。

  高齢者や保育施設での集団感染は、おむつ交換が原因と考えられている。患者の便や嘔吐(おうと)物を処理するときは使い捨ての手袋、マスク、エプロンを着て、静かに拭く。インフルエンザウイルスと異なり、ウイルスには脂質の膜がないので、アルコールでは十分な消毒効果がない。汚れた服やシーツの消毒には、次亜塩素酸ナトリウムが効果がある。ノロウイルスは口から感染するため、予防の基本は手洗い。食事前や調理前、トイレを出た後にはせっけんと流水でしっかり手を洗うことで、感染の多くを防げるという。(藤井寛子)




*ウイルス
  ウイルスは細菌のように自分で栄養を取り込み、増える機能を持たない。他の生物の細胞の中に入り、細胞の持つ仕組みを利用して増える。このため生物ではないという考え方が主流だ。たんばく質の殻の中に遺伝子を持ち、インフルエンザウイルスのように外側に膜を持つタイプもある。ウイルスが感染する細胞は種類によって異なり、人に感染すると病気を引き起こす場合がある。細菌には効果がある抗菌剤も、ウイルスには効かない。抗菌剤は細胞が増える過程を妨げることで効果を出すからだ。






2017-08-17・・・日経より引用
●ダニ由来アレルギー、舌下免疫療法治療に道
    小児適用来年にも

  ダニを主な原因とするハウスダストアレルギーの治療が進化している。従来は抗ヒスタミン剤などで症状を一時的に抑える対症療法が中心だったが、原因のアレルゲンを経口で体になじませる治療法が登場。現在は12歳以上にしか服用が認められていないが、国が承認すれば来年には5歳以上に対象が広がる。4人に1人がかかっているとされるダニのアレルギーを若いうちに治療する方法として関心を集めそうだ。


  ハウスダストにはダニの死骸やフンが含まれ、くしゃみや鼻水、揖づまりなどを引き起こす「通年性アレルギー性鼻炎」の原因となる。場合によっては一生の付き合いになる。そんな症状と決別できる可能性を広げたのが「アレルゲン免疫療法」だ。2015年秋、鳥居薬品と塩野義製薬がダニのエキスが入った錠剤を舌下に含ませるアレルゲン免疫療法薬を発売。1日1回服用し、数年かけアレルゲンを少しずつ体に慣らしていく。定期的に注射するアレルゲン免疫療法はあるが、痛みを伴わず自宅で簡単に治療できるようになった。「以前は壊れた水道のように鼻水が出ていたけど、薬を飲み続けて半年ほどたつと鼻をかむことはほとんどなくなった」。

  こう話すのは、千葉県船橋市に住む浅岡麻里さん(空だ。歯科衛生士の仕事をしているが「くしゃみや鼻水がひどいと集中できなかった」。母親から免疫療法の存在を教えられ、日本医科大学付属病院(東京・文京)で治療を開始。薬の服用を始めて1年半になるという。治療にあたる耳鼻咽喉科の大久保公裕教授は「ダニのアレルギーは世界共通の問題だが日本では症状が出ていても原因に気付いていない人も多い」と話す。「アレルゲン免疫療法で治療できる可能性があることを知ってほしい」と訴える。

  アレルギーの原因を調べる検査には血液検査のほかに、アレルゲンに対する皮膚の反応を調べる皮膚反応テストなどいくつか種類がある。ダニは夏から秋にかけて繁殖し、アレルギー症状が出る人も多いとされる。原因となるアレルゲンを特定するため、まずは病院に足を運ぶことが必要舌下に投与するアレルゲン免疫療法の薬は「ミティキュア」 (鳥居薬品)と、「アシテア」(塩野義製薬)の2種類がある。いずれも保険適用の3割負担で、1カ月の薬代の自己負担額は約2000円。服用方法は錠剤を舌の下に置いて定められた時間保持し、飲み込む。その後、5分間は飲食やうがいは控える。

  前後2時間は激しい運動やアルコールの摂取、入浴などを避けることも必要だ。個人差はあるが「一般的に2~3カ月で効果が表れ、治療には数年かかる」(鳥居薬品)。治療期間が長く注意事項も多いため、医師から十分説明を受け、納得して始める必要がある。問題は舌下治療薬を処方できる医師がまだ少ない点だ。免疫療法に詳しい千葉大学の岡本美孝徽授は「医師が処方権を得るには学会で用意した講習やeラーニングを受けなければならず、地方では身近な場所に治療可能な医療機関がない地域も多い」と指摘する。これまで全国で約1万人の医師が受講し資格を得たが、人材の養成には時間がかかりそうだ。

  処方可能な医療機関は鳥居薬品などがインターネットに設けたサイトで確認できる。講習を設けている背景について岡本教授は「薬の副作用などについて医師自身も正しい知識を身に付ける必要があるため」と話す。「国内での報告はないが、薬の服用中にアナフィラキシーショックと呼ばれる強いアレルギー反応や、喉が腫れて呼吸困難になる可能性もないわけではない」という。このため、.薬の処方初日は医師の目の前で服用し、様子を見ることが求められる。飲み始めてすぐは口内に腫れなどが見られることもあるが、通常は体がアレルゲンに慣れ、徐々に改善していくという。

  治療開始後1カ月は副作用が出やすいので注意が必要だ。ミティキュア、アシテアとも現在は12歳以上にしか使用できないが、5歳以上の小児適用について厚生労働省に申請中だ。来春には結論が出る見通しで、承認されれば対象が広がる。幼い頃にアレルギーを発症した子どもは、成長とともに様々な部位に新たな症状を引き起こす「アレルギーマーチ」に陥ることも多い。市町村の医療費助成などを活用すればコストを抑え、アレルギーを治療することも可能になる。対象が広がればアレルギーで集中力が切れることに悩む受験生にも朗報となりそうだ。








2107-10-14・・・日経より引用
●季節変わり目長引く咳
    3週間以上はぜんそくかも
    患者の6割が大人/吸入薬で症状改善

  季節の変わり目は、咳(せき)が止まらず悩む人が増える。風邪やアレルギー反応が原因とは限らない。長く続くなら、ぜんそくの可能性を疑ってみよう。身近な病の実態と対処法を探った。

  ぜんそくの正体は、空気の通り道である気道の慢性的な炎症だ。粘膜が常にむくみ、腫れあがって気道が狭くなるため、わずかな刺激にも過敏に反応して、咳や呼吸困難などの発作を引き起こす。子どもに多い病気という印象が強いが、年齢を問わず発症の可能性がある。高齢者を中心に大人がぜんそくになることも多く、国際医療福祉大学教授の足立満氏は「喘息(ぜんそく)患者のうち、約6割を占める」と指摘する。

  ぜんそくには気道のアレルギー反応で発症するケースと、風邪などのウイルス感染が引き金になるケースがある。「小児で発症するぜんそくの約9割はアレルギーが原因」(足立氏)。ダニやカビ、ペットの毛やフケなどがアレルゲンになりやすい。大人になってから発症するぜんそくのきっかけで、多いのは風邪だ。風邪による炎症が気道に及ぶことで咳だけが長期間続く「咳ぜんそく」を発症する。放置すると炎症が悪化し3~4割が「気管支ぜんそく」に進行するという。気管支ぜんそくは咳に加えて、息を吐くたびに喘鳴(ぜんめい)と呼ばれるゼーゼーヒユーヒユー舌がしたり、呼吸困難になったりするのが特徴だ。

  「2、3週間ほど咳が続くなら、呼吸器の専門医を受診する方が良い」と日本大学医学部主任教授の橋本修氏は助言する。風邪など感染症が原因の咳は、大半が3週間未満で自然に治る。一方でぜんそくによる咳は長く続くうえ、何もしないでいると悪化する。ぜんそくにつながる咳を見分けるための手掛かりになる。咳や息苦しさなどぜんそくの発作は、特に深夜から明け方の就寝中に悪化しやすい。横たわっているより、座る姿勢の方が呼吸が楽になり、咳も治まりやすい。

  ぜんそくが重症化すると、歩行や階段の昇降といった日常的な動作をきっかけに咳や呼吸困難が起きる。治療は気道の炎症を抑えて発作を防ぐ「吸入ステロイド薬」と、呼吸を楽にする「気管支拡張薬(ベータ刺激薬)」で症状をコントロールするのが基本。現在は2つの薬の配合剤が主流だ。「効果が高く副作用が非常に少ないので、安心して長く続けられる」と足立氏。口から微細な薬を吸うため、内服ステロイド薬の約100分の1の成分量にとどまる。吸入ステロイド薬の登場以来、ぜんそくの死亡率は激減したという。

  数日から2、3週間の吸入で咳などの発作は収まる。ただ気道の炎症は残っているので「自己判断で薬を中断せず、医師の処方にしたがって吸入を続けることが改善への近道」 (橋本氏)。一時的に発作が治まっても、環境の変化や刺激を受けることで繰り返し発症しがちだ。再び起きた発作が炎症を悪化させ、さらに気道が敏感になるという悪循環を招くので注意したい。寒暖差が大きい季節の変わり目や台風などによる気圧の急変、エアコンなどの冷気、タバコや線香の煙、香水、風邪などが引き金になりやすい

  自分の発作のきっかけを記録することで見極めて、予防につなげよう。「特に喫煙や副鼻腔(びくう)炎、肥満などはぜんそく悪化の要因になる」 (足立氏)「大人のぜんそくは、完治することがほとんどない」と橋本氏。「高血圧や糖尿病のように、良好な状態にコントロールすることが大切」と心得て対応したい。(ライター結城 未来)






2018-10-29・・・日経より引用
◆インフル期待の治療薬   錠剤型の治療薬「ゾフルーザ」登場
    「回飲むだけ」で手軽

  インフルエンザが流行する季節に近づいてきた。昨季は記録的な患者数となるなど猛威を振るい、今年も感染のリスクを心配する人は多いはずだ。そんな中、3月に発売された錠剤型の治療薬「ゾフルーザ」は、1度飲むだけでウイルスが増えるのを抑えられるという手軽さがウリ。飲み忘れなどを防げるため、新しい治療の選択肢としてこれから広がる可能性がある。

  東京都内に住む6歳の女児は春ごろ、せきや高熱が続いたため、母親と大川こども&内科クリニック(東京・大田)を受診した。検査の結果、A型インフルエンザの感染が分かった。嘔吐(おうと)の症状はなく水分はとれていたため、母親の希望で治療薬のゾフルーザが処方された。帰宅後に女児が1錠飲むと、翌日には熱が下がり、順調に回復した。診察にあたったクリニックの大川洋二理事長は「1回の服薬で効果が出るので患者の負担が大きく減った」と話す。従来のインフルエンザ薬には「タミフル」のような口から飲む錠剤のほか、「イナビル」 「リレンザ」といった粉状の薬を吸引するタイプがある。患者の多くは病院でこれらのタイプを処方されてきた。タミフルは1日に2錠、5日間飲み続ける必要がある。イナビルも1回だけで効果が出るタイプだ。ただし吸入容器を使い薬を吸入するため少しコツがいる。子供やぜんそくなどの呼吸器に病気を抱える患者らは、吸引が難しい場合もある。

*早期の抑制効果
  これに対しゾフルーザは錠剤を1回飲むだけでウイルスの増殖を抑える。塩野義製薬が3月に発売した。インフルエンザウイルスは細胞の中で増え、細胞膜を破って外に広がる。従来の治療薬はウイルスが細胞の中から出てくるのを抑えるが、ゾフルーザはウイルスが細胞の中で増殖できないようにして感染を防ぐ。塩野義は患者の鼻水から感染性のあるウイルスの数を調べた。ゾフルーザを飲むと、翌日には鼻水の中に含まれる感染性のウイルスが10万分の1に減っており、従来の治療薬よりも早く抑えることができた。ゾフルーザの薬価は、10㍉g錠が約1500円、20㍉g錠が約2400円。新薬のため既存薬に比べて少し割高だ。

  ただ、自治体によって異なるものの、実際の自己負担額は従来の薬とほとんど変わらない。大人なら20㍉g錠を1回2錠、子供は10㍉g錠を1錠飲むのが大体の目安となる。処方については受診時に医師に相談してみよう。大川理事長はゾフルーザを患者に処方するとき、ほかの治療薬を含めて飲み方や効果などを説明する。納得の上で選んでもらう。錠剤のため、幼い子供や吐くような症状のある患者には、ゾフルーザを薦めない場合もある。新薬であることに不安を感じ、従来の薬を選ぶ人もいるという。ただ、ゾフルーザを選ぶ患者は同クリニックでは半数ほどにのぼるという。大川理事長は「予相していたよりも とても多い。1回ですむ気軽さが大きいのではないか」と話す。

*予防薬に活用も
  きちんと薬を飲めるか不安な子供などには処方後に戻ってきてもらい、医師の目の前で飲んでもらうような工夫もするという。塩野義は飲みやすい粉薬の発売も目指している。まず体重が20㌔g以上の患者向けを計画する。予防薬としての販売も見込む。効果が出る血中濃度が服用後10日ほど維持できるため「ウイルスが体の中で増殖しないようにして発症を抑えられる」と同社は期待する。こちらは臨床試験を経て、2019年秋の承認申請を目指す。一万、新薬なので思いもよらない副作用や薬剤耐性ウイルスが出る可能性もまだある。

  同社によると今のところ大きな問題は起きていないが、日本感染症学会はゾフルーザへの耐性ウイルスについて「臨床効果への影響、周囲への感染性について今後の検討が必要」との提言を出している。早くウイルスが抑えられるからといって、感染力のあるウイルスが全てなくなるわけではない。そのため従来の薬と同じように、解熱後2〜3日は外出を控えよう。普段から規則正しい生活を心がけ、予防接種を受けることでインフルエンザにかからない生活を送る大切さは変わらない。(福井健人)


 


*今年も既に流行の兆し  昨季は患者数が最多に
  インフルエンザは世界的に流行する「パンデミック」が過去に何度か発生し、1918年から広がったスペイン風邪では世界で数千万人の死者が出た。ワクチンが開発されて感染や重症化を抑えられるようになったが、近年になっても新型ウイルスが生まれている。現在広く使用されているタミフルやリレンザは日本では2000年代に入り登場。A型やB型にかかわらずインフルエンザウイルスの増殖を抑えて重症化を防ぐ薬だが、タミフルに耐性を持つウイルスも発生している。今年も既に流行の兆しがあり、東京都や大阪府などの大都市で休校や学級閉鎖が出た。インフルエンザは例年、11月下旬頃から大きく増加し、2月頃にピークとなる。昨季は推計患者数が2230万人を超え、1999年の統計開始以来最多となった。予防接種だけではインフルエンザ感染を防げない。外出後の手洗いなどを忘れないように気をつけ、屋外ではできるだけ人混みを避ける方がよい。




2018-11-17・・・日経より引用
◆この冬のインフル対策 ウイルス増殖防ぐ新薬も
    まずはワクチン接種/鼻や口、触らない


  インフルエンザの流行の季節が近づいてきた。今年は新しい治療薬が出たり、これまで10代には制限されていた治療薬が使えるようになるなど、治療の選択肢も広がる。予防法や治療の留意点をまとめた。

  例年11月末ごろから流行し始め、1月末から2月上旬にピークを迎えるインフルエンザ。日本臨床内科医会インフルエンザ研究班班長で河合内科医院(岐阜市)の河合直樹院長は「今期の流行は例年より少し遅くなる」とみる。流行に備え、まずはワクチンを接種したい。「特に高齢者や呼吸器疾患などの持病がある人は受けた方がよい」と順天堂大学大学院医学研究科感染制御科学/総合診療科の上原由紀准教授は話す。今年のワクチン供給量はほぼ需要を満たすとみられ、12月末までに接種するとよいだろう。ワクチンはある程度発症を抑え、感染時の重症化を防ぐ効果がある。

  「高齢者や持病のある人はインフルエンザ感染後に肺炎になりやすいので、肺炎球菌ワクチンも併せて受けたい」 (上原准教授)インフルエンザの感染経路は2つ。感染した人のくしゃみやせきなどに含まれるウイルスを口や鼻から吸い込む飛沫感染と、ウイルスを含む飛沫などがついたものに触れた手などを介する接触感染だ。接触感染の最大の予防策は手洗いだ。「人ごみから戻ったときや、食事の前には必ず洗って」と上原准教授は勧める。日ごろから手で目や鼻、口を触らないよう心がけることも大切。多数の人が触るつり革やドアノブなどにはウイルスが付いている可能性があり、手から粘膜に運んで感染するおそれがあるからだ。

  マスクも活用しよう。「医療機関では診察時の飛沫感染予防策としてマスクを着ける。人ごみでの感染予防にある程度役立つ可能性がある」(上原准教授)。マスクには空気の乾燥で喉の粘膜の防御機能が低下するのを防ぐ効果もある。マスクはこまめに交換しよう。室内の湿度は加湿器などで50〜60%に保つ。インフルエンザに感染したらどう対応するか。上原准教授は「日ごろ健康な人であれば、風邪薬や解熱剤を飲み、安静にするだけでもよい」と話す。ただし「乳幼児や高齢者、妊産婦、呼吸器や腎臓などに持病がある人は重症化の恐れがある」。医療機関で抗インフルエンザ薬などによる治療を早めに受けよう。抗インフルエンザ薬は現在、5種類ある。

  今年3月には細胞内でウイルスの増殖を防ぐ新しいしくみの薬「ゾフルーザ」が登場。これは体重10㌔g以上の人が使え、1回の服用で済むため飲み忘れを防げる。既存の治療薬は、増えたウイルスが細胞から出るのを阻むものだった。医師は患者の年齢や持病、重症度などに基づいて処方する薬を選ぶが、吸入ができる人であれば内服薬か吸入薬かの希望を伝えることは可能。薬によって、服用回数や量、期間などが異なるので、医師の指示に従って正しく服用することが欠かせない。使い方を間違えると効果が出ず、薬が効かない耐性ウイルスを作り出すおそれもある。抗インフルエンザ薬の服用に際し、高所からの飛び降りなど異常行動を心配する人も多い。

  脳が興奮状態になって起こる異常行動は急激な高熱が一因とされており、10代の男性に多く見られる。厚生労働省は8月、異常行動との関連性が疑われ10代への投与を原則中止としていた「タミフル」を再び認める通知を出した。同省の専門家会議が、タミフルと異常行動の因果関係は明確ではないと判断した。「10代の子供がインフルエンザで高熱を出しているときは特に、薬の服用の有無にかかわらず見守ることが必要」と河合院長は助言する。(ライター武田 京子)






2019-02-03・・・日経より引用
◆遺伝子操りワクチン改良
    多種ウイルスに対応副作用抑制

  この冬のインフルエンザのように、人類は常に発熱などをもたらすウイルスの感染に脅かされている。ワクチンの接種
は有効な予防法だ。最近、ウイルスの遺伝情報をもとに、より効果の高いワクチンを作る新手法が広まり成果が出始めた。流行するどのタイプのウイルスにも対応でき、副作用の少ないワクチンを作れるようになると期待されている。

  「研究室で開発した新しいロタウイルスです。わずか3日でこんなに増えました」。大阪大学微生物病研究所で小林剛准教授が培養器を示しながら解説する。ロタウイルスは乳幼児に下痢や幅吐(おうと)、発熱を起こす。重症になると死亡することもある。毒性を弱めたウイルスで作るワクチンはあるが、全てのタイプに対応していない。「ワクチンが効かないタイプの流行が怖い」(小林准教授)。まれに発生する副作用も課題だ。異なる地域で流行しているどのタイプにも対応でき、副作用のないワクチンを素早く作れないか。ロタウイルスの遺伝子を改変して培養すれば可能だが、人間など動物の追伝子とは異なるRNAでできていて効率よく改変し培養する方法がこれまでなかった。

  小林准教授はRNAでも動物の細胞内でDNAと同じように働く手法を開発し、動物細胞内でウイルスを作らせる戦略を立てた。ウイルス合成を促すたんばく質を利用するなどの工夫を凝らし、2017年にハムスターの細胞で実験に成功した。起こす症状を調節できるウイルスの作成や、ウイルスの増殖の仕組みを解明する研究に道を開くと期待を寄せる。ウイルスを細胞内で作らせるこの手法は「逆遺伝学」と呼ばれる。基礎研究用には知られていたが、東京大学の河岡義裕教授が1999年にインフルエンザウイルスの開発に応用し、ワクチン分野で一躍脚光を浴びた。遺伝子を安く高速で解読できる時代を迎え急速に広まり、ポリオやデング熱、ジカ熱などのウイルスでも使われている。

  河岡教授は2015年、この手法で従来の220倍の速さで増えるインフルエンザウイルスを作った。インフルエンザは世界で毎年25万〜50万人の命を奪い、新型が流行すると被害は大きくなる。1918〜1920年に世界で大流行したスペイン風邪では日本だけで約40万人が亡くなったとされる。ウイルスを早く増やせれば、ワクチンを流行後すぐに量産し、まん延を防げる。河岡教授は「病原性の高いインフルエンザはいつ流行してもおかしくない。対応できる効果の高いワクチンを作りたい」と話す。複数の企業とワクチン開発を検討中だ。現在全くワクチンのないウイルスに対し、ワクチンを作り出そうとする研究もある。

  北里大学の片山和彦教授が狙う相手は、下痢を起こすノロウイルスだ。ノロウイルスは細胞への感染や増殖の仕組みに不明なことが多く、ロタウイルスやインフルエンザウイルス以上に培養が難しい。片山教授はウイルスのRNAをDNAに変換し、ヒトやサル、ネコなどの細胞に入れる実験を繰り返した。細胞内でノロウイルスができる段階までたどり着き、このウイルスがヒトの細胞に感染するのかどうかを確かめている。手洗いや消毒、流行時のマスク着用といった対策しかないノロウイルスに、有効なワクチンが誕生するかもしれない。18世紀末に英国の医師ジェンナーが開発した天然痘の予防接種法がワクチンの始まりだ。

  ワクチンを接種すると、自然に病気にかかるのとほぼ同じ免疫力が付く。現在、生きたケイルスや細菌の毒性を弱めた「生ワクチン」、毒性のない細菌などの一部分を使う「不活化ワクチン」、細菌が作る成分の主要部を取り出して毒性を無くした「トキソイド」の3種類が主流だ。ただ、感染した人のウイルスを調べ流行しているタイプを判定するのに時間がかかる。生ワクチンでは副作用が起きることがあるし、不活化ワクチンでは予防効果が低い場合もある。研究者は、新手法で開発するワクチンで従来ワクチンの課題を解消しようと考えている。逆遺伝学の研究にはテロに悪用される懸念や予期しないウイルス誕生に対する不安などが一部にある。

  研究者も社会で受け入れられるよう準備し「訓練を受けた専門の職員が生体認証で管理された厳重な施設で研究し対策は万全」(河岡教授)と付け加える。日本ではワクチンに対する信頼度があまり高くない。ある研究者は「副作用に対する警戒心が大きな原因」と指摘する。ワクチンの利点と課題について理解を深める必要がある。(草塩拓郎)




*逆遺伝学、HIVなど相次ぎ作製
  細胞の核の中にある遺伝子の配列を調べ病気につながる異常な場所を探すのが遺伝学の順当な手法だ。これに対し遺伝子の配列を人工的に作り替え、細胞にウイルスなどを作らせる手法を逆遺伝学と呼んでいる。逆遺伝学は、細胞へ遺伝子を導入する技術の進歩と共に登場した。初期に作られたのがポリオウイルスだ。1980年代に流行し社会不安を引き起こしたエイズウイルスも作られた。河岡教授は8種類の遺伝子をもっインフルエンザウイルスを作り、世界を驚かせた。エボラ出血熱やジカ熱、新型インフルエンザなど、世界的な流行が懸念される新しい感染症は多い。逆遺伝学がワクチン改良の切り札になる。