サブページに戻ります
18

風邪・伝染病の過程[04]

2019-02-15・・・日経より引
◆突然変異生き残りやすく
    インフル新薬に早くも耐性・1つの薬使いすぎに注意

  インフルエンザの新しい治療薬「ゾフルーザ」で、効きにくくなる耐性ウイルスが見つかった。錠剤を1回飲むだけで済むことから、この冬は大量に処方された。耐性ウイルスができやすいという課題は以前から指摘されていた。人から人へうつるタイプが出てくると、大きな問題になる。画期的でも、1つの薬に頼らず、使い分けることが重要になる。


  インフルエンザウイルスは直径1万分の1㍉㍍ほど。たんぱく質の殻でできており、表面はトゲに覆われている。その中にリボ核酸(RNA)という遺伝子が入っている。自分だけでは増殖できない。表面のとげは、ヘマグルチニン(HA)とノイラミニダーゼ(NA)というたんばく質でできている。ヘマグルチニンはウイルスが細胞に感染する「入り口の鍵」だ。鍵穴にあたる細胞表面の受容体と型が合うと、ウイルスはたやすく侵入する。ウイルスはRNAを放出。細胞の核の中でRNAはコピーされる。併せて必要なたんぱく質が合成され、新たなウイルスができる。細胞の外へ飛び出して広がる際、ノイラミーターゼが細胞膜を破る。タミフルやリレンザ、イナビルなどの従来の治療薬はノイラミニダーゼの働きを邪魔する。ウイルスは細胞の中では増えるものの、外に出ることができなくなる。やがて細胞が死ぬと、異物を取り除く免疫の働きで除去される。しかし、発症から48時間を過ぎると、ウイルスの増殖が進んでいるため効果が薄い。


*増殖を抑制
  侵入したウイルスは増殖する際に、エンドヌクレアーゼというたんぱく質が働く。ゾフルーザはこのたんぱく質が働かないようにする。ウイルスはRNAを覆う殻がつくれなくなって増殖が止まる。従来の治療薬よりも早くウイルスを体内から排除することができるのが特徴だ。タミフルやリレンザは1日2回の服用を5日間続ける必要がある。ゾフルーザは1回の服用でよく、発症から時間がたっても効果がある。実は耐性ウイルスの登場は想定されていた。臨床試験の段階でも、他の薬に比べて耐性ウイルスの検出率が高いことが指摘されていた。「画期的新薬」との評価がある一方で、専門医からは慎重な声も上がっていた。国立感染症研究所は1月24日、集団感染が起きた横浜市の小学校の生徒2人から、変異ウイルスを検出したと発表した。

  服用後に体内で発生したとみられる。これまでに6人の患者から2種類の耐性ウイルスが見つかった。ゾフルーザは販売してから最初の流行期に耐性ウイルスが出現した。原因ははっきりしないが、薬の標的となるエンドヌクレアーゼが構造を変えやすいからだとみられている。耐性ウイルスは治療薬を投与しても体内に残るため、熱が下がりにくくなって症状が長引く。子どもは免疫の働きが大人よりも弱いため、耐性ウイルスが発生しやすい。インフルエンザウイルスは増殖する過程で突然変異を起こしやすい。遺伝子を複製する際に起きたミスを修復する働きが他のウイルスよりも弱く、小さな変異が残りやすい。様々な変異ウイルスの中で、薬が効きにくいタイプが生き残って耐性を持つ。


*過去にも発生
  耐性ウイルスは過去にも何度か発生した。例えば「アマンタジン」という薬は世界中で耐性ウイルスがまん延したため使われなくなった。タミフルにも発生したが、ウイルス同士の競争に負けて広がらなかった。国立感染症研究所主任研究官の高下恵美さんは「1つの薬に頼りすぎないことが大切」と指摘する。昨シーズン、インフルエンザになった患者は推計で2249万人に達した。今シーズンは上回りそうなペースだ。耐性ウイルスは感染力は低いことが多いが、今後、ゾフルーザが効かない患者が増えないか見守る必要がある。症状が重くなければ休息して治るので、過度に心配する必要はない。(福井健人)




*抗ウイルス薬と抗生物質
  感染症は主にウイルスによるものと、細菌などの微生物が原因となるものとに大別できる。ウイルスによる感染症を治療するのが抗ウイルス薬だ。ウイルスが細胞内で増殖したり、外に出て拡散したりするのを防ぐことで治療する。これに対し、抗生物質は微生物の成長を抑えて殺す。例えば世界最初の抗生物質であるペニシリンは、微生物の形を維持する細胞壁を作れないようにして成長を抑える。核酸の合成を防ぐ抗生物質もある。むやみに処方すると耐性菌が生まれやすくなる問題を抱える。




2019-12-3・・・日経より引用
◆インフル注射なしで予防、「鼻に噴霧」ワクチン承認申請へ
    乳幼児への利用可能

  鼻にスプレーをするだけでインフルエンザを予防できる「経鼻ワクチン」が実用化に近づいている。阪大微生物病研究会(大阪府吹田市)は人で安全性と有効性を調べる臨床試験(治験)を終え、近く国へ承認申請する方針だ。国立感染症研究所と共同開発したもの無で、接種時の痛みがなく、乳幼児や高齢者などにも使え、既存の予防接種では難しい感染予防などに役立つと期待されている。インフルエンザの予防接種は一般に、ワクチンの注射が国際的に普及している。経鼻ワクチンは鼻の中に噴霧して使う。米国などではすでに使われているが、国内で承認されたものはまだない。接種時の痛みがないのは子どもの接種などを考えると利点だ。従来と異なる仕組みで体に作用し、高い効果を発揮すると期待されている。感染研インフルエンザウイルス研究センター長で、経鼻ワクチンの開発に携わってきた長谷川秀樹さんは「経鼻ワクチンは従来の課題を解決する次世代のワクチンになる」と話す。

*粘膜表面に「門番」
  特徴の1つは感染予防に役立つ可能性があることだ。経鼻ワクチンは感染能力のないインフルエンザウイルスからなる。これが鼻やのどの粘膜に取り込まれると、体内の免疫の働きが活発になり、侵入した病原体などをつかまえるたんばく質「抗体」が粘膜表面に大曇に放出される。これが門番のように体内へのウイルスの侵入を防雪血中にも抗体はでき、侵入したウイルスを攻撃して増殖を抑える。皮下注射では重症化を抑えられても、感染予防はできなかった。免疫が活発になっても血中にしか抗体が作られないためだ。体内に侵入したものをつかまえる役割のため、増殖を抑えて重症化を防ぐ効果しか期待できなかった。長谷川さんらは鼻やのどの粘膜で感染予防の効果がどの程度上がるのかを実験で調べた。経鼻ワクチンを2回投与すると注射を1回した場合に比べて、鼻の粘膜での抗体の働きが約3倍に高まった。

*新型に効果も
  2つ目の特徴は、様々なタイプのインフルエンザウイルスに効果が期待できる点だ。インフルエンザウイルスは構成する2種類のたんばく質の組み合わせによって、100種以上の「亜型」と呼ばれる種類がある。動物の体内などで新たな組み合わせのウイルスが生まれるときがあるが、従来の予防接種では、新型への効果は期待できない。経鼻ワクチンの場合、噴霧した鼻やのどの粘膜表面に、血中の抗体とは異なる種類の抗体「IgA」ができる。より複雑な形状をしており、ウイルスにくっつきやすいため、様々な種類をとらえられる可能性があるという。長谷川さんらは「H5Nl」という亜型に向けて作った経鼻ワクチンを接種したマウスを「H3N2」のウイルスに感染させる実験をして効果を調べた。既存のワクチンでは全てのマウスが死んだが、経鼻ワクチンをすると約8割が生き残った。経鼻ワクチンのアイデアは古く、1960年代からあった。

  注射よりも、鼻やのどを経由してウイルスに感染した時の方が、幅広い種類のウイルスに対応した免疫が得られるという現象が報告されたためだ。「そのカギは鼻やのどの粘膜に存在するIgAにあった」と長谷川さんは話す。実用化を目指した研究が国際的に盛んになり、2003年には米国で英アストラゼネカが製品「フルミスト」を発売した。これは感染能力を持つ弱毒化したウイルスを使っており、幼児や高齢者は利用できなかった。大人でも、噴霧前から粘膜にいる抗体が弱毒化したウイルスをつかまえることで抗体が増えず、効果が出にくいことがある。阪大微研などの新型は、感染能力を完全に抑えた「不活化ウイルス」を使うためこうした問題を回避できる。ウイルスの中にある物質に免疫を刺激する作用があり、健康な大人でも十分効果があるとみている。副作用については、臨床試験のデータなどはまだ公開されていない。鼻水や発熱、のどの痛みなどが想定されている。経鼻ワクチンは他の病気でも実用化が期待されている。「歯周病やB型肝炎などにも応用が広がる可能性がある」と長谷川さんは話す。(出村政彬)


 


*予防接種
  特定の病原体を排除できるように体内の免疫を訓練し、感染症にかかりにくくすること。病気の原因となるウイルスや細菌に手を加え、感染力を抑える弱毒化をしたものや、病原体の一部のたんぱく質だけを接種する方法などがある。多くの人が予防接種を受ければ流行を抑えられて、入院患者や免疫不全の病気を持つ人といった感染症の影響を受けやすい人を間接的に守る手立てになる。国の予防接種法では、特に重要度が高い病気については行政が費用を負担して接種を実施することになっている。




2020-12-20・・・日経より引用
◆感染症古文書に知恵探る、疫病遺産市民ら解読

  世界が新型コロナウイルスという見えない敵と対時し続けた2020年もまもなく終わりを迎える。歴史をひもとけば人類は感染症に苦しめられ、感染症と共存してきた。過去の感染症による政治や社会の混乱は、新型コロナが流行する現代と通じる点も多い。新型コロナを契機に、市民らの力で過去の実態を解き明かそうとするプロジェクトが動き出している。出版文化が栄えた江戸時代には疫病の予防法や病気中の心得などを記した出版物が多数刊行された。江戸後期にはコレラが流行し、文政5年(1822年)には鎖国下にもかかわらず日本に入った。100万人以上が暮らす江戸にコレラの脅威が及んだのは安政5年(1858年)。

 


米国のペリー艦隊に属していた艦船が中国を経由して長崎に入った際、船員にコレラ患者が発生した。江戸の死者数は3万人とも言われる。英ケンブリッジ大学で近世日本文学を教えるラウラ・モレッティ上級講師は江戸時代の疫病に関する文献資料の「くずし字」と呼ばれる手書きの文字を解読し、テキストに起こす「翻刻(ほんこく・原本のまま再出版すること)」のプロジェクトを立ち上げた。英国、米国、中国、日本などの大学院生や研究者、学芸員など30人超が参加し、国文学研究資料館や国立国会図書館などがデジタル公開する天然痘やコレラ、麻疹などに関連する約20点の資料を翻刻し、21年に公開する予定だ。翻刻には京都大学古地震研究会が開発した「みんなで翻刻」という市民参加型のシステムを活用する。

地震の発生にはある程度の周期性があり、将来に備えるためには、過去に発生した地震の研究が必要不可欠だ。同研究会は17年のシステム公開までに10万文字以上の地震などの資料を翻刻したが、日本は識字率が高かったことから膨大な文献資料が保存されており、翻刻できる分量には限りがある。そこでインターネットで募った約300人の市民が中心となり、東京大学地震研究所が所有する約500点の資料を翻刻したところ、2年間で終えることができた。開発した国立歴史民俗博物館の橋本雄太助教は「少数の研究者だけでやっていたら10〜20年かかっていた」と話す。システムでは、参加者が各自で翻刻を進める。内容は共有されるため、他の参加者からの添削を受けられる。2019年には人工知能(AI)によるくずし字認識のサポートの提供も開始した。資料中のくずし字を指定すると、AIが画像認識技術でスコア付きで読み方の候補を示す。

 


初学者でも心理的なハードルを感じることなく取り組める。モレッティ上級講師はプロジェクトを通じ、「疫病は死を伴うが、当時の人々はユーモアによって恐怖を解放し、生き残ってきたことがわかってきたのが一番面白い発見だ」と話す。橋本助教も「人類は常に疫病に苦しんできた。過去の人間から得られる知見はあるはずだ」と強調する。東北大学災害科学国際研究所では疫病にまつわる石碑をはじめ、文書や信仰、習慣など前近代の「疫病道産」に関する情報をインターネット経由で市民から収集する「疫病退散プロジェクト」を始めた。20年度は主に宮城県内で試行し、これまでに約150点が見つかった。21年度以降は全国での展開を目指している。

  蝦名裕一准教授は「疫病に関係する石碑や神社の数は、津波など自然災害以上だ。改めて調べてみて数の多さに驚いている」と話す。石碑の文字や文様などを光源を変えて撮った写真を合成し、浮かび上がらせて判読できる画像にする「ひかり拓本」と呼ぶ技術を使う。奈良文化財研究所の上椙英之氏が開発した。写真では判読が難しかった碑文や、拓本でははっきりとしない摩耗した文字なども読み取れる。天然痘が流行しないよう建てられた「痘瘡(ほうそう)神」の石碑や疫病退散の力を持つとされる「牛頭天王」の信仰の分布などを調査する。

  蝦名准教授は「石碑の分布から疫病を入り込ませないようにしてきた地域が見えてくる」とし、疫病が流行した年代や地域、感染症を克服した歴史を明らかにする考えだ。正月に飲む屠蘇(とそ)は疫病を防ぐ薬酒に由来する。東京の隅田川花火大会や京都の祇園祭など日本にある風習や年中行事には疫病と結びついているものが少なくない。新型コロナに打ち勝つ新たな歴史を刻むには、過去の歴史から学ぶ「温故知新・おんこちしん(昔のことを学んで,新しい知識・方法を得ること。故(ふる)きを温(たず)ね,新しきを知る)」の姿勢が必要なのかもしれない。(浅沼直樹)




*オープンサイエンス、専門外から研究に参加
  研究者のような専門家だけでなく、非専門家が学術的な研究や調査の成果にアクセスしたり、参加したりする活動を指す。情報通信技術(ICT)の進展に伴うデジタル化とネットワーク化によって研究成果などが広く利用可能となり、所属機関や専門分野、国境を越えた協力によって新たな価値を生み出していくことが可能となった。市民が参画する「シチズン・サイエンス(市民科学)」も広がりを見せている。オープンサイエンスは、学術雑誌の出現によって17世紀に始まったとされる。2016年度からの「第5期科学技術基本計画」では、知の基盤の強化に向けてオープンサイエンスを推進することが盛り込まれた。




2021-07-20・・・日経より引用
◆ダニで高熱、主犯はウイルス 診断遅れで重症化しやすく

  マダニにかまれて感染し、高熱などが出る「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」の脅威が広がる。感染するとほぼ発症し、診断が遅れると高齢者中心に重症化しやすい。病気を起こすのはマダニが運ぶウイルスだが、マダニの活動が盛んになる5〜8月に感染報告が多い。キャンプや山歩きなどでは肌を露出しないようにしてマダニとの接触を避けたい。感染が確認されたのは千葉県の70代の男性で、県内でマダニにかまれたとみられる。2017年に発熱や発疹の症状が出て病院を受診した。当時はマダニが介するほかの感染症が疑われたが陰性だった。後から検体を調べたところSFTSとわかった。関東地方で確認された初めての感染例だ。SFTSは、SFTSウイルスをもっマダニにかまれて感染することがほとんどだ。潜伏期問は6〜14日で、発熱や倦怠(けんたい)感、重症化すると意識障害、多臓器不全などの症状が起こり、死亡する場合もある。治療経験が豊富な安川正賞・愛媛県立医療技術大学学長は「突然39度以上の高熱が出て、入院するケースが多い。一気に病態が進行しやすい」と話す。

  病気のメカニズムはよくわかっていないが、サイトカインというたんぱく質が過剰に出て免疫が暴走した状態になっている患者は予後が悪いという。「重症化すると発症から1週間程度で亡くなるケースが多い」 (安川学長)。致死率は1〜3割程度とされる。SFTSの患者は2013年1月に国内で初めて報告された。実は毎年60〜100人程度の患者が出る。2013年3月から21年4月下旬の間に約600人の患者が国内で報告され、76人が亡くなった。これまで西日本が感染の中心だったが、東日本にも広まってきている可能性が高い。マダニはいったん体についた後、首や耳、わきの下、足の付け根や手首、膝の裏など柔らかい場所に移動して血を吸う。このときにウイルスが人の体内に入り感染する。マダニは蚊と異なり、数日から10日以上にわたって血を吸う。吸血中のマダニを見つけたらあわてずにそのままにして皮膚科を受診した方がよい。

  無理に引きちぎると一部が残って化膿(かのう)したり、マダニの体液からウイルスが体内に入りやすくなるという。感染した場合の治療の中心は対症療法で、解熱剤などを使う。有効なワクチンや抗ウイルス薬はまだないが、愛媛大学や宮崎県立宮崎病院などが参加し、富士フイルム富山化学の「アビガン(一般名、ファビビラビル)」を用いた医師主導治験が2016年からほ年に実施された。SFTSと診断された平均年齢71歳の患者23人に授与し、4人が死亡し19人が回復した。後遺症はみられなかった。症例数が限られており効果を証明するのは難しいが、「これまでの対症療法のみと比べると致命率は下がった」(安川学長)。同社は承認申請に向け準備中だ。病原体であるSFTSウイルスはマダニが媒介し、イノシシやシカ、アライグマなどの野生動物の間で行き来している。

  国立感染症研究所などの調査では、千葉県や静岡県などの東日本でも野生動物がSFTSに感染した証拠が見つかった。同研究所の前田健部長は「リアルタイムで国内に広がっているのを感じている」と話す。和歌山県でアライグマの抗体を調べたところ、2007年には陽性例は見つからなかったが、2014年に急増。今では半数が抗体を持つという。SFTSウイルスを運ぶのは主にフタトゲチマダニ、キチマダニ、タカサゴキララマダニなどのマダニの仲間だ。家にいるダニとは種類が違う。ただ、これらのマダニ全てがウイルスをもっているわけではなく、流行地でも0・1%以下と推定できるという。対策でもっとも有効なのは、媒介するダニに接触しないことだ。畑や山林、民家の裏、草むらなどに生息し、人や動物が近づいてくると飛びついて吸血する。かまれても気付かないことが多いので要注意だ。

  マダニから身を守るには、長袖や長ズボンを着て肌の露出を少なくすることを心がける。首にタオルを巻くかハイネックのシャツを着る。シャツの裾はズボンの中にいれて、ズボンの裾は靴下や長靴の中にいれる。サンダルは避ける。DEET(ディート)やイカリジンという成分を含む虫よけ剤には、服の上から使うタイプも市販されており、補助的な効果があるとされている。屋外で活動した後はシャワーや入浴で、マダニにかまれてないか確認しよう。(藤井寛子)




*脳炎やツツガムシ病も
  ダニが関わる感染症はほかにもある。ダニ媒介性脳炎は、2016年に北海道で国内初の死亡例が出た。ウイルスが原因で、マダニにかまれて感染する。潜伏期間は7〜14日で、発熱や筋肉痛、頭痛などの症状がでる。重症化すると昏睡(こんすい)やマヒなどの神経症状が出て、死亡する場合もある。日本では承認されたワクチンがなく、有効な抗ウイルス薬もない。ツツガムシ病は北海道以南で患者が報告されており。年に400〜500例ほど患者が出ている。ダニが運ぶ感染症で最も年間の報告数が多い。ツツガムシの幼虫が病原体の細菌を運ぶ。日本紅斑熱は西日本を中心に患者が出ており、病原体の細菌をマダニが運ぶ。ツツガムシ病も日本紅斑熱も症状が似ており、発熱や発疹、ダニによる刺し跡がみられる。ライム病もマダニが介する感染症で、病原体は細菌だ。北海道で報告例が多い。これらの細菌による感染症は抗菌剤などで治療ができる。




2021-09-05・・・日経より引用
◆病原体気温上昇で「耐熱性」・・・温暖化と生物
      ヒトの「体温の盾」突破の恐れ

  地球の温暖化が生物の存在を揺るがそうとしている。生態系の均衡が崩れるばかりか、気温が限界を超えるだけで生物のあるべき姿すら一変してしまう。人類も例外ではない。これまでの暮らしや文化の存亡にもかかわってくる。豪雨が街を襲い、山火事が木々を焼き尽くす。異常気象を伝えるニュースが世界を駆け巡る。「このままでは人類が危うい」。米ジョンズ・ホプキンス大学のアルトゥーロ・カサデパル博士はいう。恐れているのは異常気象だけではない。この免疫学者にとって怖いのは「気温上昇に耐えたウイルスなどの病原体がヒトの防御機構をかいくぐるようになる」ことだ。ヒトをはじめとする哺乳類や鳥類などは、一定の体温を維持して自然界にいる病原体から身を守っている。ヒトでは自然環境よりも高い体温が微生物やウイルスなどの増殖を阻むという。体温は皮膚や免疫反応と並ぶ防御の盾だ。ところが2009年に日本で報告があった真菌「カンジグ・アウリス」が他の近い種よりも高い温度で増殖できるとわかった。

  真菌は100万種以上いるとされるが、ほとんどがヒトの体温よりも低い温度で暮らす。アフリカや南米でも日本と同時期にこの真菌による感染症が見つかった。重症になると敗血症などで死に至る。遺伝子解析などから、カサデパル博士は「1カ所から人の往来で広がったとは考えにくい。温暖化によって生み出された可能性が高い」と結論づけた。「体温の盾」を破る恐れのある真菌が出現したとの仮説に対して「生物は自然環境にいる病原体を体温だけで防いでいるわけではない」という意見もある。侵入を許したとしても、発熱というさらなる防御機構によって病原体の増殖速度を抑えこめる。それでもカサデパル博士は防御にほころびが出るリスクは無視できないと語る。温援化で暑い日々が当たり前になれば「体温の盾はやがて壊れ始める」。

  最悪のシナリオはこうだ。高温で生き残った「耐熱性」の病原体は、苦手としていたヒトの体温をやりすごせる。今はヒトの体温よりも低い温度の爬虫(はちゅう)類や昆虫などの体にいる病原体も、ヒトの体にやすやすと乗り移れるようになる。世界保健機関(WHO)は30〜50年に気候変動によって年間の死亡者が約25万人増えるという予測を示す。熱中症や作物の不作による栄養失調、病原体を媒介する蚊の生息域と活動期間の拡大に伴うマラリア患者の増加が主な原因だという。耐熱性をもつ病原体の出現は、現在もある感染症の増加とは別の問題をはらむ。現実となれば、新たな感染症との戦いを余儀なくされる。地球の平均気温は産業革命前に比べて既に約1度上がっている。温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」は気温の上昇をできるだけ1・5度以下に抑える目標を掲げるが、1・5度に達する時期が21〜40年と従来想定より10年も早くなるとの分析を国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が公表している。

  体温の盾がヒトという生物をヒトたらしめているとしたら、温暖化はヒトのありようを変えるよう迫っている。しかしヒトの急速な進化は望み薄だ。「微生物やウイルスは世代交代が速く、温暖化とともに高温に合うように進化しやすい。同じようにヒトの体温が急速に上がるとは思えない」 (カサデパル博士)一万、1〜2度の違いでヒトの行動は影響を受けるようだ。英インペリアル・カレッジ・ロンドンと米コロンビア大学などは温暖化に伴う異常に暖かい日が交通事故や溺死、暴行などの負傷による死亡者の増加を招く可能性を論文で発表した。熱中症や感染症以外でも命を落とす人が増えるかもしれないという。1980〜2017年に米国本土での負傷による死者数と毎月の気温の関係を分析し、一定の法則を見つけた。計算上は気温が産業革命前から1・5度上がると、米国本土で負傷が原因の年間死者数は約1600人増える。2度上昇すると約2100人多くなる。

  論文では、気温が高いと「車を使う人が増えて交通量が増加する」 「飲酒量も増えて運転に支障を来す」とし、事故につながりやすい条件が加わると分析した。「暑くなるとストレスがたまって暴行が増える」とも指摘した。コロンビア大のロビー・M・パークス博士は「気候変動と人類の健康を結びつけるとき、これまでは感染症や熱中症などの病気との関連について考えられてきた。気温の上昇と負傷の増加についてはあまり理解されてこなかった」と話す。ヒトが感染症に翻弄され、理性までもが惑わされるとする研究に異論はあるだろうが、ヒトの生存を脅かすだけでなくヒトのありようまで変えてしまう恐れこそが温障化の怖さだ。(下野谷涼子)