サブページに戻ります
糖尿病関係の過程[01]
 
18 

2012-09-02・・・日経より引用
●ご飯・パン我慢する減量法
    極端な糖質制限、体調崩すもとに
    臓器に負担かかる恐れ

  ご飯やパンなどの主食を控える「糖質(炭水化物)制限食」が糖尿病治療やダイエット目的で広がっている。メニュー作りが面倒なカロリー制限に比べて簡単で満腹感があり、継続しやすい。効果が強調される一方で「極端な制限は健康に悪影響」との指摘もある。何に気をつければよいのだろうか。


*糖尿病対策で考案
  糖質制限食は炭水化物に含まれる糖質を減らそうという考え方だ。簡単にいえば、主食となるご飯やパン、麺類をできるだけとらず、おかずを中心に食べる方法だ。糖質を摂取しないことで、食後に血糖値が急激に上昇するのを抑え、糖尿病の悪化を防ぐために考え出された。減量効果があるという論文が発表され、米糖尿病学会は2年間の期限つきで食事療法として認めている

  ただ、成長期の子どもや妊婦は将来の影響が不明なため、見合わせた方がよいとしている。糖質制限食が普及した理由には手軽さもある。糖質制限は食べてはいけないものを決めるだけで済む。一方、カロリー制限では「食品交換表」などを使い、自分で食材のカロリーを計算する必要があり、長続きしにくい。糖質制限でダイエットに成功したという本が数多く出版され、雑誌でも取り上げられたことも追い風になったようだ。しかし、どこまで糖質を制限すればよいのか明確な基準はない。

  さらに、炭水化物を断つ代わりに肉類や脂質はいくらでもとってよいという極端な方法も横行した。自己判断で薬物治療を中断した結果、体調の異常を訴える例もあるという。米ハーバード大学などは、糖質の制限は心筋梗塞や脳卒中の危険性を高めるとの調査結果をまとめた。スウェーデンの女性4万3396人の食生活と病気の発症を16年間にわたって追跡調査。糖質を減らしてたんばく質を増やす食事が中心の人ほど、こうした病気を発症する危険性(リスク)が高まった。国立国際医療研究センター糖尿病研究連携部の野田光彦部長は「糖質を減らしても必要なカロリーを確保するため、脂質やたんばく質が多くなりがち。

  血液中の脂質が増えすぎたり、腎臓への負担が高まったりすることが考えられる」と説明する。糖質以外を無制限に食べることは避けた方がよい。足立香代子・せんぽ東京高輪病院栄養管理室長は「大人なら、1食あたりのたんばく質はサンマなら2尾まで、ステーキも200g程度に抑えるべき」と指摘する。


*50g以下は要注意
  過剰な糖質制限によって脂肪が分解してできるケトン体が増えすぎ、意識がもうろうとして病院に運ばれる例も報告されている。「1日50g以下だと、ケトン体が増えるとする研究もある。極端な糖質制限はしないでほしい」と、北里研究所病院の田悟糖尿病センター長は助言する。薬物治寮をしている糖尿病患者は低血糖に陥る危険もある。では、どんな食事がよいのか。専門家が勧めるのが、穏やかな糖質制限だ。北里研究所病院の山田センター長は大人の場合、1回の食事でとる糖質を20~40gにすることを推薦する。目安は小さめのおにぎり1個で、食事からとる総カロリーの3~4割という。

  1日にすると糖質は60~120gに抑えられる。糖質は果物などにも含まれることを考慮した方がよい。穏やかな制限なら健康に心配はないが、血糖値や脂質、尿素窒素などの定期的なチェックは必要だ。国際医療研究センターの野田部長は「たんばく質や脂質のとりすぎになっていないか注意してほしい」と話す。せんぽ東京高輪病院の足立室長は「食べる順番にも気をつけてほしい」という。オリーブ油などをかけた野菜サラダや肉魚料理を先に食べると、糖分の吸収が抑えられ、血糖値の上昇が穏やかになる。比較的速く満腹になるため、全体の量も抑えられるという。懐石料理のような食べ方が理想だ。(吉野真由実)








2014-01-24・・・日経より引用
●糖質制限食、是非(ぜひ)巡り論争
    安全に懸念、筋肉量減らす
    糖尿病肥満の予防期待    定着には手法確立を

  炭水化物の主成分「糖質」の摂取を減らす「糖質制限食」の是非を巡る論争が続いている。ダイエットや血糖値の管理に生かす動きがある一方で、極端な制限は安全性に問題があるとする見方も根強い。糖質制限食に統一した手法がなく混乱を助長しており、広く使われている「カロリー制限食」のように方法を確立する必要があると専門家は指摘する。

  北里大学北里研究所病院の山田憶・糖尿病センター長は2013年日月、キリンや江崎グリコ、ローソンなど企業9社の協力を得て低糖質食品の開発と普及を目指す団体「食・楽・健康協会」を設立した。低糖質食品の種類を増やし、糖尿病や肥満の予防につながればと期待を寄せる。英米では部分容認血糖値が高くなったときの食事療法はカロリー制限が主流だ。ただ、カロリーを計算する手間と空腹感が残るため長く続けにくい課題がある。

  山田センター長はカロリー制限食の効果を認めつつも、より実行しやすい道として糖質制限食の積極的な導入を唱える。この糖質制限食の基本は1日の糖質量を130g以下に抑えること。1食あたり20~40gだ。ご飯なら茶わんに半分弱、6枚切りの食パンなら半切れが約20gに相当し、おかずが多めになる。イモ類や揚げ物の衣などにも糖質が含まれるので注意は必要だ。

  「1日130g以下」は糖尿病患者でもあった米国のリチャード・バーンスタイン医師が1970年代に始めた治療法とほぼ同じだ。長年の実績が08年論文にまとめられた。山田センター長はカロリー制限食の課題に直面した時にこの論文を読み「これだ」と直感。他の食事療法と比較し信頼性の高い方法と確信した。糖質制限食は当初、特殊なダイエット方法として否定的に受け止められていた。海外で大規模な追跡調査が積み重ねられ、2年程度の短期間なら体重の減少や血糖値の上昇を抑える効果が徐々に認められてきた。

  11年の英糖尿病学会に続き、13年に米糖尿病学会も糖質制限食を部分的に容認する見解を表明した。これに対し日本糖尿病学会は従来の考えを貫く。13年には「糖尿病における食事療法の現状と課題」と題した提言をまとめ、糖質制限食の安易な利用に注意を呼びかけた。糖質を減らしてもカロリー摂取が増えれば効果に疑問が残るうえ、長期的な効果と安全性に科学的な根拠がない点を問題視している。

  糖質の不足から、筋肉のたんばく質を分解して肝臓内で糖につくり替える反応が起き、筋肉が細くなっていく心配もある。糖尿病学が専門の清野裕・関西電力病院長は「特に高齢者の場合、寝たきりや他の病気を引き起こすリスクが高まる」と指摘する。国民全体の炭水化物の摂取量は頭打ちになっているのに、糖尿病患者数は増えている。糖質だけを悪者扱いするのはおかしいという意見もある。


 組 織  概要(実施年)
 スエーデン社会庁 糖質制限食の導入を容認(2008) 
 英糖尿病学会 効果と安全性の科学的根拠が乏しいものの、糖質制限食を選択肢の一つとして支持(11)
 日本病体栄養学会 糖尿病治療における低炭水化物食の是非について討論会を開催(12) 
 日本糖尿病学会 「極端な糖質制限食は科学的根拠が不足し薦められない」とする提言を発表(13) 
 米国糖尿病学会 全ての糖尿病患者に適した唯一無二の食事パターン、炭水化物・たんぱく質・脂質の理想的な比率を示す科学的根拠はないとする声明を公表(13) 


*社会の関心は高い
  糖質制限食を推進する医師らからは、個々の診療経験から反論するが、科学的な議論の対象となるようなデータをまとめて公表していないため、議論は水掛け論になりがち。推進論と反対論が対立した状況が続いている。背景に、糖質制限食に定まった方法がない問題がある。摂取量をどの程度に抑えるのが適切なのか、判断する材料が少ない。健康な人がダイエットで糖質制限食を試す点に支障はないが、糖尿病患者の場合には慎重な管理が欠かせない。

  ある民間病院で、もともと血糖値調整ホルモンのインスリンが出ない1型糖尿病患者に糖質制限食を始めるとともにインスリン注射を中断したところ、急激なインスリン不足で体調を崩し大学病院に緊急搬送される事態が発生した。山田センター長は「糖質制限食の方法やガイドラインを作る必要がある」と強調する。長期間の効果や安全性を調べるためにも、統一した方法は必要になる。糖尿病をはじめとする生活習慣病に対して社会の関心は高い。糖尿病の研究者や医師だけでなく、栄養学や運動の専門家らを含め、治療や予防の最善策を考えなければいけない。(編集委員 永田好生)




2010-05-20・・・「病気を防ぐカラダの辞典」より引用
●089日本人はちょい太でも糖尿病になりやすい
    日本人は粗食がお似合い?
    飽食に弱い日本人は糖尿病に注意

  日本人は、軽度の肥満でも糖尿病になりやすいといわれますが、それは本当です。実際、欧米人に比べても、軽度の肥満で血糖値が上昇する人が多いのです。その理由は、ブドウ糖を細胞へ取り込むインスリンホルモンの分泌量がもともと一般的に少ないからだと考えられています。日本人は、飢餓の歴史が長かった民族です。そうした経験の中で、摂取するカロリーを少なくし、インスリンをさほど必要としない、飢餓状態向きの体を作りあげていたのです。ですから、飢餓には強いのですが、飽食には耐えられません。戦後、経済状態がよくなるにつれ、昭和四〇年代ごろには、脂肪の摂取量は、戦前の三倍にも増えました。

  それとともに、糖尿病にかかる人も増加の一途を辿ることになりました。もともと日本人は、インスリンの分泌量は欧米人の半分程度ですんでいました。ところが、高カロリー食になった分、膵臓は、インスリンを余計に分泌しなければなりません。余分なブドウ糖を処理するために膵臓も必死でインスリンを分泌しょうとしますが、そのうち疲弊してきます。すると、インスリンを分泌する能力は低下してきます。こうして本格的な糖尿病を引き起こすことになるのです。






2015-05-28・・・日経より引用
●認知症生活習慣で防げ
    糖尿病や高血圧、リスク高く
    食事改善と運動大切
    薬に頼らず体重管理

  どんな人が認知症になりやすいのか。最近注目されているのが認知症と生活習慣病の深い関係だ。中高年で糖尿病や高血圧症などを患った人が認知症になるリスクが高いことが明らかになってきた。専門家は食生活などの生活習慣を見直すことが認知症予防の大きな力になると強調する。


*脳血管に影響
  認知症のリスクを高める病気として専門家が挙げるのは糖尿病や高血圧のほか、コレステロールなどの値が高まる脂質異常症、内臓肥満などを特徴とするメタボリック症候群の4つ。特に認知症のリスクとの関係が深いとみられるのが糖尿病だ。国内の推定患者数約950万人、予備軍を含めると2000万人を超える病気だが、中高年で糖尿病になると認知症になりやすくなるという調査結果が国内外で相次いでいる。認知症のタイプは様々だが、脳内にアミロイドβ(ベータ)という異常たんばく質がたまって神経がこわれるアルツハイマー病が約6割を占める。

  次いで脳梗塞や脳出血など脳の血管の病気で神経細胞が壊れる脳血管性認知症が多い。東京都健康長寿医療センターの井藤英幸理事長らは、糖尿病と認知症発症の関係を追った国内外の19論文を調べた。糖尿病の人は、アルツハイマー病で約1・5~2倍、脳血管性認知症で2~3倍、それぞれ発生頻度が高かった。糖尿病は血糖値を下げるホルモンであるインスリンが効きにくくなる。血糖値が上昇して血管が傷む病気だ。

  井藤理事長は「脳血管も影響を受けると考えれば脳血管性認知症との関係はうなずける。それにとどまらずアルツハイマー病のリスクも高まることが注目されている」という。糖尿病とアルツハイマー病の関係については、血中のインスリン濃度が変化することで、アミロイドβの蓄積を促したり、分解が邪魔されたりするなどのメカニズムが推定されている。糖尿病と症状が重なるメタポリック症候群もこうした仕組みで認知症が増えると考えられている。


*発生頻度10倍
  糖尿病だけでなく、高血圧も認知症のリスク要因になるという証拠が増えている。九州大学のグループが福岡県久山町の住民を対象に実施している疫学調査「久山町研究」でもこれを裏付ける結果が出ている。調査では、正常血圧の人と比べて、軽い高血圧(ステージl)七は4・5~6倍、より重いステージ2では5・6~10・1倍、それぞれ血管性認知症の発生頻度が高かった。アルツハイマー病発症との関係は明らかではなかった。

  この調査では中年期から老年期にかけての血圧レベルの変化と、認知症発症の関係も調べた。老年期になって高血圧になった人より、中年期に血圧が高かった人の認知症発症リスクが大きいことがわかった。研究グループは「中年期からの高血圧管理が、将来の血管性認知症の予防に極めて重要である」とみている。糖尿病も高血圧も脂質異常症も薬によって数値は下げられる。だが認知症との関係で言えば、薬で血糖値が急に下がることで高まることが指摘されている。井藤理事長は「薬をできるだけ減らして体重を減らし、食事や運動習慣を改善するのが良い」と強調する。

  認知症への対処としては近年、兆候を早期に発見して、進行を抑える方法が注目されている。軽度認知障害(MCI)と呼ばれる部分的な記憶障害が現れている状態を診断し、食生活の見直しや運動などを指導する。これにより進行を遅らせ、人によっては症状が出ずにすむ人もいるという。生活習慣病と関連した認知症リスクへの対応は、MCIに至る前で先手を打つことを意味する。認知症になりにくい生活習慣としては、毎日しっかりと歩くなど運動を習慣づけたり、野菜や魚主体とした食事をとったりすることが推奨されている。これらはそのまま生活習慣病の予防につながる。認知症のリスクも視野に入れ、転ばぬ先のつえとして生活習慣を改善することは賢いやり方だといえる。編集委員・吉川和輝) ¶








2016-05-28・・・日経のより引用
●減量に欠かせぬ「酢」・血糖値の急上昇防ぐ

  半年で体重を約100㌔から釦㌔減らした30代半ばの男性に、食生活の大変革について聞かせてもらった。「ほぼ毎日外食だが、利用する店を一変させた」という。丼やラーメンではなく定食店。選ぶ基準は、ご飯は普通盛り、野菜や海藻、キノコ類などの小鉢が2、3品つき、お味噌汁のほか、酢の物や発酵食品を出してくれることだという。減量時には、かつお節や昆布だし薄口の味付けがよいといわれる。濃い味だとご飯が進むからだ。それから、意外に思うかもしれないが「酢」こそ、減量に欠かせない定番調味料なのだ。注目すべきは、酢飯やヨーグルトなど酸味のある食品が、食後の血糖値の急上昇を防いでくれること。

  血糖値が急にあがると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞に余計なものを取り込み肥満につながるとされる。酢や酸味のある食品の効用は日本だけでなく、古くから欧米でも知られている。ピクルスなどもその一つ。酢のほかにも、レモンやユズを絞った天然果汁、それらを更に発酵させたビネガーがある。米酢や黒酢はそれぞれ米や大麦が原料。一方、ビネガーには、様々な種類の果実が使われることが多い。トロッとした濃い褐色のバルサミコ酢は、白ブドウの果汁にワインを発酵させて造るワインビネガーを加え、長期熟成したものだ。

  バルサミコ酢には、ぶどう果汁が入っているので、エネルギーは穀物酢の100堵50㌔帽よりも高めで同99㌔摺。ブルーベリー酢、リンゴ酢などは同25㌔相前後だ。果物の風味もあり、炭酸水で割れば、自家製清涼飲料として楽しめる。酸味に慣れていないなら、甘酢を試してみてほしい。今の時期、軟らかいカブや取れたてのキューリなど野菜で甘酢漬けがおすすめ。穀物酢と水、だし汁を各100㍉日加ずつ鍋に入れ、砂糖を好みで大さじ3~5杯、塩小さじ5分の1(1・2堵)を加え沸騰させ、冷めたらだし昆布5増角を1枚としょうゆを1、2適加え、密閉容器で保存。この基本液にニンジンやミョウガ、切り干し大根、タマネギなどを漬ける。酢、砂糖、塩などの種類をかえて好みの割合に調整することを楽しんで。(食卓プロデューサー・・・・・より引用)






2016-09-11・・・日経より引用
●やせる糖尿病薬
    血中の糖分を尿へと排出
    私に合う? 体力あって太め選択肢に

  代表的な生活習慣病のひとつ、糖尿病にここ数年、新たな治療薬が登場している。中でも血液中の糖分を尿へと排出して血糖値を下げるタイプは「やせる糖尿病薬」として注目され、複数の医薬品会社から相次いで発売された。ただ、治療薬はタイプによって働き方が異なり、患者によって向き不向きもある。生活習慣の改善とあわせて、患者の症状に合わせた治療への取り組みが進む。

  中高年に多い2型と呼ばれるタイプの糖尿病を患う48歳の女性患者はBMIが34・8と肥満体形で、2種類の糖尿病薬を服用していたが、なかなか血糖値が下がらなかった。しかし新しく発売された糖尿病薬を追加したところ、6カ月で体重が5・3㌔g減少。血糖の状態を示すHbAIC(ヘモグロビンエーワンシー)の値は、糖尿病学会のコントロール基準で「不良」とされる7・5%から「良」とされる6・4%へと大幅に改善した。使用したのは2014年に最初の製品が発売された「SGLT2阻害薬」と呼ばれるタイプの治療薬だ。体内の過剰な糖を尿として排出する飲み薬で、発売された当初、「やせる薬」と話題になった。

  対象になる2型の糖尿病はもともと食事や運動など生活習慣の改善が大切だ。治療薬でやせられる、という点が、生活習慣の改善に苦労する患者に注目された。ただ、東京医科歯科大学の小川佳宏教授は「薬を飲みさえすれば、何を食べてもいいというものではない」と注意を促す。あくまで食事や運動などの生活習慣の改善が前提になるというわけだ。「糖尿病の初期で、生活習慣を改善してもうまくいかない人などに向いている」と昭和大学の長坂昌一郎教授は説明する。これまで生活習慣を改善しても効果が見えにくかった患者が、薬の効果で体重が減り始めることで、生活改善に取り組む意欲を引き出す、といった効果などが期待できる

  。新しく登場したSGLT2阻害薬は、これまでの糖尿病薬とは働き方がまったくちがう。従来の薬は血糖値をコントロールするインスリンの分泌を増やしたり、働きを促進したりして血糖値を下げていた。しかもSGLT2阻害薬は腎臓で血液からいったん不要物と一緒にこし取られた糖分が再吸収されて血液に戻るのを妨げることで血糖値が下がる。血液に戻れなくなった糖分は尿と一緒に体外に排出される。インスリンと関係なく働くのが特徴で、効果的に使えば体重を減らしてインスリンの効き目を回復できる可能性がある。インスリンを使っても血糖値が下がらなかった人が改善する例もあるという。

  一方で、従来の糖尿病薬とは異なる注意も必要だ。糖分が減るため脂肪が減って体重が落ちるが「脂肪だけでなく筋肉まで分解される可能性がある」と小川教授は指摘する。筋肉が減るとインスリンが効きにくくなるほか、高齢者などでは筋肉の力が落ちて生活に支障が出る心配もある。高齢者ややせ形の体形の人には向かないとされるのはこのためだ。1型の糖尿病患者のようにインスリンを作ることができない患者への投与も危険とされる。また尿が増えるなどして脱水症状を起こしやすくなり、からだの水分が少なくなることで脳梗塞などのリスクも高くなる。尿中の糖分が増えるため尿路感染症や性器感染症などにかかりやすくなる心配もある。紅斑ができるなど皮膚に副作用が出るという報告もされている。

  一方で、先行して発売されている欧米での研究などから、プラスの効果がある可能性も見えてきた。心不全などの心血管系の合併症を減らしたり、腎臓の機能が悪くなるのを遅らせたりするといった効果も見られるという。こうしたことから「比較的年齢が若くて体力があり、太り気味の患者」がSGLT2阻害薬に向いた患者とされる。また症状が進んでから使うよりも、早い段階で使う方が効果があると考えられている。

  高齢の糖尿病患者も増えているが「60歳代になると個人差が大きいが、元気で体力があれば75歳くらいまでは使えるのではないか」と長坂教授は話す。国内の糖尿病患者は厚生労働省の「患者調査」で316万6000人に達し、さらに増える傾向にある。生活習慣と関係の深いとされる2型糖尿病は、患者によって同じ治療でも効果が異なることも少なくない。これまでと働き方が違う新たな治療薬の登場は、治療の幅を広げたことは間違いない。生活改善と合わせて、医師の指導に注意しながら服用したい。 (小玉祥司)




*治療の幅広がる
  血液中の糖分が多くなり様々な症状が出る糖尿病は、インスリンを作る膵臓(すいぞう)の細胞が働かなくなった1型と、インスリンを作る力が落ちたり効きにくくなったりする2型に大きく分けられる。2型は生活習慣とも深く関わっていると考えられ、患者によって症状や治療による効果が異なることが多い。糖尿病学会などでは、一人ひとりの患者に合わせた血糖値のコントロールや治原を勧めている。血糖値が下がりすぎる低血糖症が重くなると意識障害が起きたり、命に関わったりする場合もある。このため高齢者などでは目標の血糖値を高めに設定して、低血糖を予防するなどしている。現在使われている糖尿病の内服薬は大きく分けて3タイプ7種類。

  1990年代に肝臓などでのインスリンの働きを改善するチアゾリジン薬や炭水化物の吸収を遅らせて食後に血糖値が高くなるのを抑えるα-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)などが登場。さらに2009年にはインスリンの分泌を促進するなどの働きがあるDPP-4阻害薬も加わって、治療の幅を広げてきた。最近はDPPl-4阻害薬やビグアナイド薬などから使い始め、症状にあわせて変えていくことが多いという。ただ既存の内服薬の大半はインスリンに関係して効果を発揮するが、効果には限界もある。新たに加わったSGLT2阻害薬はインスリンに関係なく働くため、比較的若い患者を中心に治環の幅を一層広げる効果が期待される。






2011-11-03発行