サブページに戻ります
18

糖尿病関係の過程[02]

2017-07-03・・・日経より引用
●私が「1型糖尿病」に、1度は戦力外に

     元Jリーガ杉山新さん語る
                   
 すぎやま・あらた 1980年埼玉県生まれ。
    99年に柏レイソルでJリーガーとなったが、
      2003年に1型糖尿病を発症した。
    治療を続けながら選手生活を続け、2015年に引退。
    現在はサッカー指導や講演活動などを行う。

  現在36歳の私が1塾糖尿病と診断されてからは13年がたつ。幼少期からサッカーが大好きだった。16歳で柏レイソルのユースチームに入り、サッカー漬けの毎日を過ごしていた。18歳のときにプロ入りし、レイソルのトップチームで4年間プレー。2003年に移籍したヴァンフォーレ甲府での1年目の秋に、その後の選手生命を大きく左右するできごとが起きた。その日はけがで練習を休んでいたが、どうも体がだるかったので「風邪かな」と思い病院に行った。

  初めに行った病院では原因が分からず、数カ所を転々とし、ようやく3つ目の病院の検査で血糖値と、糖尿病の指標となる「HbAIC(ヘモグロビンエーワンシー)」の値が異常に高いことが分かり、「1型糖尿病」と診断された。1型糖尿病は、生活習慣が原因の2型とは違い、血糖制御に必要なインスリンを体内でつくれなくなる病気。子供が発症するケースが多いという。インスリンを打てば健康な人とほぼ変わらない生活を送れるが、Jリーガーとして治療をしながらアスリート生活を送れるかどうかは不透明だった。当時、私は23歳。「糖尿病は運動不足のおじさんがなるもの」と思っており、ドクターの診断を受けたときは「この人は何を言っているのだろう」とたかをくくっていた。だが時間がたつにつれて深刻さを知り、どんどん心が暗くなっていった。

  「もうプロとしてピッチに立てないのだろうか」。発症した11月はJリーガーの胃が痛む契約更新の時期だ。私は入院していたので、1週間遅れで契約交渉をしたが、チームから提示されたのは「0円提示」。事実上の戦力外通告だった。チームとして、糖尿病を抱える選手が在籍した前例がなく、リスクが大きいことからやむを得ない判断だった。覚悟はしていたものの、やっとつかんだJリーガーの夢が破れたかと思うと涙が止まらなかった。主治医が懸命にチームと掛け合い、「トレーニング生」の期間を3カ月もらうことができたことが唯一の支えだった。



*周囲の支えで再契約つかむ
  2週間の入院生活で体のだるさはなくなり、インスリン注射の打ち方や食餌療法も覚えた。だが退院すると、1型糖尿病を発症する前とは全く違う生活が待っていた。まず最初に向き合った問題はインスリン注射を打つこと。食事前など毎日4回打たなければいけないが、周りの目が気になる。トイレや、人がいないところで隠れて打ったりしていた。練習も、いきなり他の選手と同じメニューはこなせない。トレーニング前に血糖値の測定をし、ウオーキングをして再び測ってどれくらい下がったか観察をする。

  それをノートに書き込み、値が安定するたびに自信がついていった。発症から数週間後、トレーニングの負荷を上げても血糖値は安定してきた。そのころになると、この先の選手生活についてもある程度見通せるようになった。「もう一度、必ずプロとして小浦陸上競技場(ヴァンフォーレ甲府のホームスタジアム)でプレーをする」と決心し、2004年を迎えた。病気を発症してから大きな支えになったのは2つの家族の存在だ。一つは自分の両親で、もう一つは後に妻となる彼女のご両親。

  気持ちが落ち込み、アルバイト求人誌を片手に弱音を吐いたり、荒れたりしたこともあったが、いつも2つの家族の明るい笑顔が支えになっていた。04年はオフの日も練習をして運動量を増やし、1月中にはチ-ムメートと同じ練習メニューがこなせるまで血糖値を安定させることができた。私に与えられた時間はトレーニング生としての3カ月のみだった。それでもなんとか地道な努力が報われ、シーズン前の春のキャンプでは最初から他の選手と同じ通常メニューを全てこなせるようになった。

  キャンプが終わったある日、チームから事務所に呼び出された。「契約しよう。1年がんばってくれ」と言われた時のことは今でも忘れられない。話し合いが終わり、車に乗った瞬間に自分の家族と彼女に電話で伝え、一緒に喜んだ。そのとき再契約は自分ひとりの力だけではなく、たくさんの人のサポートで果たせたと知った。再契約時にチームからもらった背番号は、今までつけたことがなかった32番。支えてくれた周りへの感謝を忘れずに心機一転、走り続けることを誓った。



*再びプロに血糖値管理に苦労
  2003年に1型糖尿病を発症したが翌年、ヴァンフォーレ甲府と再契約でき、Jリーガーを続けられることになった。ただ難しかったのは血糖値をコントロールするインスリンを注射する量の増減だった。l型糖尿病は血液中のブドウ糖のl量をコントロールできなくなる病気だ。血糖値が上がりすぎれば意識を失う危険がある一方、下げることばかりに気を取られると低血糖状態になり、意識を失ったり、体がうまく動かなかったりする。

  トップチームに復帰当初は、注射をする量をうまくコントロールできず、足が思うように動かないこともあった。それでもヴァンフォーレ甲府に在籍している間は、次第に練習量と自分の体に合ったインスリンの量を調整することができるようになった。ただトレーニングのやり方などが異なる他チームに移籍をすると、その調整室から考えないといけない。発症後に初めて移籍した大宮アルディージャでは、練習量などが甲府時代と少し違っていたため、薬の量が定まらずに苦労をした。

  それでもJIの舞台に戻ってこられた苦びもあり、試合に出続けることがこの病気と向き合うことの原動力となっていた。大宮に移籍した2010年シーズンの初戦の相手はセレッソ大阪。当時のセレッソには、今や代表でも、海外リーグでも活躍をしている香川真司選手や乾貴士選手が在籍していた。勢いのあるチームだったが、大宮は3点を奪い、ホーム開幕戦を無失点で快勝した。私は先発でフル出場を果たし、勝利の歓喜に沸くスタジアムで、上位進出のために全力を尽くそうと決意した。

  ところが主力選手のケガによる低迷や監督交代があり、急にスタメン起用されたと思うと次戦では外されたりと、戦い方が見えなくなった。出場機会が減りつつある中でもなんとか11通算100試合出場を果たし、私にとって特別なチームである甲府との対戦前に表彰があった。ピッチで整列をする私の前に、小さな息子が大きな花束を抱えて入ってきた。この光景が自芋の記憶の片隅に残るかどうかは分からない。いつか誇りに思ってくれる日が来るだろうか



*同じ病の子供に夢見せたい
  1リーガーの平均現役年数は約4~5年といわれている中、1型糖尿病を発症しながらは年間も選手でいられた。「プロとしてやりきった」と言ってもいいのではないだろうか。11通算100試合出場の表彰では息子から花束をもらい、Jリーガーとして、父として、この上ない幸せを味わうことができた。現在、サッカースクールやチームの子供たちに教えている。息子と同じぐらいの年ごろから少し上の世代あたりの子供と触れ合っていると、ふと悔いの残る思いが浮かんでくる。それは現役中に病気を公表しなかったことだ。

  プロとしては、病気を抱えているとあえて言う必要はないし、言い訳をするつもりもない。いつも全力でプレーすることに変わりはないから当時は公表しなかった。じわじわと後悔が生まれてきたのは引退後しばらくしてからだった。私が発症した1型糖尿病は子供のときから発症してしまうケースもある。生活習慣から発症する2型とは違うけれど、症状は似ている。

  小児から1型を発症した場合、幼い子もインスリンの注射を打つ。特に注射を打つ姿を人に見られることによる偏見や抵抗感に戸惑いを感じることだろう。血糖値の急変を心配するご家族によって、運動を制限される子供たちも多いと聞く。でも、この病気を抱えてもスポーツはできる。私は発症してからも10年プロとしてサッカーを続けてきた。もしも現役中に公表していたなら、同じ病気を抱える子供たちや、そのご家族にもう少しだけ勇気を与えることができたのではないだろうか。

  最近ネットニュースで、レアル・マドリード所属でスペイン代表でもあるナチョ・フェルナンデス選手が幼いころ1型糖尿病を発症しながらも今なおプロとして活躍しているという記事を見つけた。この記事を見て、私は新しい夢を見つけた。それは、日本の1型糖尿病の子供たちとスペインに渡り、日本でプロだった私の解説も交えながら、ナチョ選手の活躍する本場のサッカーを見せてあげることだ。この夢をかなえるため8月に渡航費を募るクラウド・ファンディングを始める。また新たな夢への一歩を踏み出す。
(この項おわり)






2017-10-30・・・日経より引用
●人工臓器、小型で使いやすく
    慶応大学-腎臓     東京医科歯科大学-膵臓
    患者の治療負担軽減

  糖尿病患者向けに、高機能な素材や微細な加工技術を生かして小型で使いやすい人工臓器を作る研究開発が進んでいる。慶応義塾大学などは血液をろ過してきれいにする「人工腎臓」、東京医科歯科大学などはインスリンを出す「人工膵臓(すいぞう)」の実用化に向け、それぞれ動物実験で効果を確かめた。人工透析など既存の治療の負担を軽くし、患者の生活の質を高めるのが目標だ。

  糖尿病は血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)を下げるインスリンの作用が不足する。症状が進むと腎臓の機能が下がる。慶大の三木則尚教授と東京医科大学の菅野義彦主任教授らは、体内に埋め込んで使う小型の人工腎臓を試作した。実物とほぼ同じ振りこぶし程度の大きさの装置に動脈、静脈と尿管をつなぐ。人工透析は高分子膜で血液をろ過し、老廃物や余分な水分を透析液に排出する。チームは高分子膜と微細な流路の加工技術を組み合わせ、透析液やポンプを使わない簡素な仕組みで小型化した。

  装置は血液が流れる層と尿が流れる層の間を高分子膜で区切り、それぞれの層を重ねた。高分子膜は血圧の力だけで血液を濾過する。たんぱく質などの成分は血液に残り、尿素などの不要な物は尿管に送られる。この人工腎臓をフットで実験した。人に比べ小さいため体外の装置とつないだが、十分なろ過能力を持つことを確認した。2018年夏ごろからイヌの体内に埋め込む長期の実験も始める計画だ。20年をめどに効果や安全性を確かめ、臨床試験(治験)開始を目指す。

  腎臓の機能をある程度補うことで、通常週3回の人工透析が週1回程度で済み、年1回の日帰り手術で装置を交換するといった利用法を想定する。三木教授は「透析回数が減れば患者の負担が軽くなり、医療費削減にもつながる」と話す。東京医科歯科大の松元亮准教授らは名古屋大学などと協力し、皮膚に貼って使う人工膵臓の開発を進める。ブドウ糖の濃度が高いときだけ反応して分子構造が変化する特殊なゲルを開発。この中にインスリンを入れておき、血糖値が高くなったら放出させる仕組みだ。

  正常な血糖値ではゲルは縮んでおり、インスリンも中に包まれている。血糖値が上がるとゲルが膨らみ、インスリンを放出する。血糖値が下がればゲルは再び縮み、インスリンの放出も止まる。実験では、側面に穴の開いたカテーテルにゲルを詰め、糖尿病のマウスの体内に埋め込んだ。血糖値の上昇に応じて穴からインスリンが出て、高血糖が続くのを抑えた。実用化では、刺さっても痛くない微細な針が多数並んだシートを皮膚に貼り、皮膚に刺さった針から血糖値を下げるインスリンを体内に送る方式を採用する方針だ。インスリンを内包したゲルを入れておき、針からインスリンを放出する。

  3日に1回程度の頻度でシートを貼り替える。チームは試作したシートで強度やインスリンの放出能力を調べた。11月にマウスで実験を始める予定だ。4~5年以内の臨床研究開始を目指す。糖尿病治療では、血糖値を測りながらインスリンを体内に入れる携帯型装置などが実用化されている。ただ注入用の針を数日おきに交換するなどの手間がかかり、機械の装着を負担に感じる患者も多いという。




*増える糖尿病、医療費抑制期待
  「現代の国民病」と呼ばれる患者は、高齢化や肥満などの影響で増え続けている。厚生動労省の調査によると、糖尿病が強く疑われる国内の患者は2016年に推計1千万人に上った。糖尿病は重症化すると腎臓の機能が下がり、人工透析に進む。国内で人工透析を受ける患者は約30万人で、その医療費は年1兆円に及ぶとされる。人工透析を受ける患者は通常、1回4時間の治療に週3回通うことになる。患者の身体・精神的な負担は大きい。根本的な治療法となるのは臓器移植だが、提供者は慢性的に不足している。素材や加工の技術の進歩によって、小型で使いやすい人工臓器が実現する可能性が出てきた。低コストで早期に実用化できれば、医療費の抑制にもつながると期待される

▼人工臓器
  病気やケガで損なわれた臓器の機能を補うための機器を指す。工学と医学の融合で人工臓器を作る試みは古くからあり、人工の膜でできた細い管を使って腎臓の働きを代替する人工透析のほか、補助人工心臓、人工関節などが実用化している。一方、臓器そのものを作り出す再生医療研究も期待を集める。様々な細胞に育つiPS細胞などを用い、移植用の細胞を大量に作ったり、動物を「臓器工場」に見立ててヒト向け臓器を作ったりする研究が進んでいる。




2020-06-13・・・日経より引用
◆糖尿病を防ぐには、暴飲暴食控え、適度に運動
     初期は自覚症状なく/高血糖なら専門医へ

  新型コロナウイルス感染で、重症化につながる基礎疾患(しっぺい)の一つとして注目された糖尿病。若い世代でも増
え、放置すると心筋梗塞など深刻な疾病(しっぺい)につながりかねない。発症の仕組みを知り、適切に予防したい。

  糖尿病は、血液中の糖の濃度である血糖値が高い状態が続くことで、血管や細胞が傷つく疾患(しっかん)だ。その結果、全身に様々な合併症が現れる。初期段階は自覚症状がないのが特徴。杏林大学医学部(東京都三鷹市)の安田和基教授は、「合併症の症状が現れたときは既に進行している状態」と説明する。網膜症、腎症、神経障害が糖尿病の3大合併症とされる。糖尿病による網膜症は緑内障につぐ失明の原因疾患であり、腎症は人工透析を必要とする病気の1位を占める。神経障害が進行すると痛みや熱さを感じなくなり、けがややけどを負いやすくなる。

  また、血管を傷つける糖尿病は動脈硬化のリスクを高め、脳卒中や虚血性心疾患の原因にもなる。免疫機能を低下させるために、感染症にかかりやすくなる。うつ病、歯周病、がん、認知症との関連も明らかになっている。血糖値が高い状態が続くのは、すい臓から分泌されるインスリンが不足したり機能しなくなったりするためだ。通常、食事をとると血糖値が高まり、インスリンによって血液中に増えた糖が細胞に取り込まれエネルギーとなる。糖尿病には、このインスリンがほとんど分泌されなくなる1型と、インスリンの分泌量の低下や効きが悪くなる2型がある。

  このうち日本人の糖尿病の約9割を占めるのが2型。40歳以上に多く、遺伝的な体質、運動不足や食べ過ぎなどの生活習慣、ストレスや加齢などが関わっている。「同じような生活をしていても、2型の発症には個人差がある」 (安田教授)。一万、1型は小児を含め幅広い年齢で発症する。免疫の異常などが関係するが、原因は不明なところも多いとされる。厚生労働省の2016年「国民健康・栄養調査」によると、糖尿病有病者と予備軍は、いずれも約1000万人。高齢者の増加のほか、小児を含む若い世代で2型の発症が目立つようになった。むさしの糖尿病・甲状腺クリニック(東京都武蔵野市)の田口学院長は「幼少期からの運動不足や、糖質過多の食習慣の影響も考えられる」と話す。

  日本人は欧米人に比べて体質的にインスリンを分泌する力が低く、糖尿病になりやすい。そこに食生活の欧米化が加わったことも、患者数増加の要因とされている。また、「最近増加傾向にある低出生体重児は、成人期の糖尿病発症リスクが高い」と安田教授は指摘する。糖尿病は、血液検査で診断がつく。治療は初期の場合だと食事療法と運動療法を組み合わせるが、血糖値の変動が一定レベルを上回ると、飲み薬やインスリンの投与など薬物治療が行われる。また、合併症が起きたらその治療も必要になる。例えば、糖尿病腎症が重症化すると人工透析が必須となる。人工透析は「1回4〜5時間を週3回。患者さんの苦痛と負担は大きい」 (田口院長)/。

  人工透析の医療費は1人あたり年間約480万円だが、保険で賄え、国の年間負担総額は1兆5700億円と推定されている。糖尿病対策で問題なのは、健康診断などで「今の生活のままでは糖尿病発症のリスク大」と指摘されても、自覚症状がないため放置する人が少なくないことだ。高血糖を指摘されたら早めに専門医にかかる必要がある。何よりも若いうちから暴飲暴食を控えて肥満を予防し、適度な運動を心がけたい