サブページに戻ります
メタボ関係の過程[02]
 
18 

2013-01-20・・・日経より引用
●防げサルコぺこア肥満
    見た目で気づかず
    70代の3割、忍び寄る脂肪
    下半身筋トレ習慣に

  少し小太りな くらいなのに実は肥満。「サルコぺニア肥満」と呼ぶ新しいタイプの肥満が高齢者で目立ち始めた。老化で筋肉が衰えたところに脂肪が蓄積する。糖尿病や高血圧などの生活習慣病になりやすくなるほか、寝たきりの原因にもなる。筋力トレーニングを中心に早めの対策が必要だ。




  身長も体重もほぼ同じの70代女性の太ももを磁気共鳴画像装置(MRI)で撮るとよくわかる。健康な人は真ん中の丸い部分の大腿骨のまわりに黒い筋肉が覆っている。外側の縁を覆う白い部分が皮下脂肪だ。サルコペニア肥満の人の太ももは黒い筋肉の部分が極端に少なく、脂肪が大半を占めている。太さはほぼ同じだが、筋肉が細くなったところに脂肪がついている


*女性に多い傾向
  筋肉は老化や運動不足などで使わない状態が続くと衰えて細る。「サルコ」は筋肉、「ぺニア」
は減少という意味だ
。筋肉の量が減って体の機能が低下した状態で肥満が加わったものをサルコぺニア肥満と呼ぶ。「年をとれば、誰にでも起こりうる」と、筑波大学の久野譜也教授は警鐘を鳴らす。久野教授らが40~80代の男女約6000人を調べたところ、男女とも60代でサルコペニア肥満が増え始め、70代以上になると約3割が該当した。傾向として、男性よりも女性に多い。久野教授は「女性は皮下脂肪がつくタイプの肥満が多いが、閉経すると内臓脂肪がつきやすくなる。

  そこに筋肉量の減少が重なるためではないか」と分析する。 。サルコぺニア肥満になると、高血圧の危険度(リスク)が2倍に上昇し、放置すれば生活習慣病を発症するようになるという。さらに、歩行中に転倒しやすくなる。骨粗しょう症などで骨が弱くなっている女性は骨折して寝たきりになる場合もある。やっかいなのは、身長や体重が以前とほぼ同じなので、見た目だけでは肥満になっているとは気づきにくいことだ。久野教授は「サルコペニア肥満が放置されてしまいがちな原因だ」と指摘する。


*筋肉割合で判定
  判定法はまだ確立していない。久野教授はこれまでの研究から、2つの条件を満たした場合にサルコペニア肥満と判定している。ひとつは、筋肉の割合が男性で27.3%、女性で22%に満たない場合。市販の体組成計を使えば測定できる。もうひとつは体重(㌔g)を身長(㍍)の2乗で割った体格指数のBMIが25以上になることだ。予防と解消には、筋力アップと脂肪を減らすことに尽きる。細くなった筋肉を取り戻すには、筋力トレーニングが効果がある。久野教授は「特に下半身の筋トレが大切」という。スクワットや踏み台昇降運動、太ももを上下する運動などが有効だ。自宅で毎日30分ほど続けるだけでも「効果は十分ある」(久野教授)。

  プールでの水中歩行や水泳を取り入れてもよい。筋肉量を取り戻すには、肉や魚などの動物性たんぱく質を積極的にとるのもよい。筋トレ後30分以内に食べると筋肉が増えやすいという。筋肉が増えると基礎代謝が上がって脂肪が減りやすくなる。脂肪を減らすには、有酸素運動が有効だ。ジョギングやウオーキングなどに取り組みたい。ただ、筋トレと組み合わせないと効果は薄い。高齢者に多いタイプの肥満だが、中高年も注意したい。筋肉量は20代でピークを迎え、その後は少しずつ落ち、50代からは急激に減るといわれる。サルコペニア肥満の予備軍は筋トレを早めに習慣にした方がよい。久野教授は「30代~50代の幅広い世代で取り組んでほしい」と呼びかける。(川口健史)






2016-10-15・・・日経より引用
●睡眠不足がメタボを招く
    1日7時間目安/食事も規則正しく

  秋の夜長は、ついつい夜更かしして睡眠不足になりがちだ。続けば脳や体に疲れがたまるし、ホルモンや自律神経が影響を受け、生活習慣病やメタポリックシンドロームの大敵である肥満を招くこともある。睡眠不足からくる生活リズムの乱れやメタボを防ぐにはどうすればよいか。対策を探ってみた。

  そもそも日本人はどれぐらい睡眠を取っているのか。総務省の2011年社会生活基本調査によると1日平均7時間42分。最も短い45~49歳も7時間3分とっている。もちろん、忙しくてそんなに寝ていられないという人は多いだろう。睡眠には個人差があり、必ずしも何時間寝ないといけないというわけでもない。とはいえ、「毎日一定の時間帯で7時間前後寝るのが理想」 (睡眠総合ケアクリニック代々木の井上雄一理事長)だ。


*肥満や糖尿病に
  睡眠時間が短くなると「心臓や血管の病気、メタボなどになりやすい」と指摘するのは大分大学医学部公衆衛生・疫学講座の兼板佳孝教授。地域や職場の健診データを分析した調査で、睡眠時間が5時間未満の人は、5時間以上の人に比べて血糖値が高く、肥満になりやすいことが分かった。なぜ睡眠不足が肥満や糖尿病につながるのか。カギはホルモンだ。「睡眠不足が続くと、食欲を高めるグレリンが胃から多く出る一方、食欲を抑えるレプチンは減少する」 (井上理事長)。その結果、過食に走りやすくなるという。また、血糖値を下げるインスリンがうまく働かなかったり、副腎皮質から出て血糖値を上げるコルチゾールが増えたりする。すると血糖値が高い状態が続き、糖尿病になりやすくなる。さらに自律神経、とりわけ血圧を上げる方向に働く交感神経の働きが強くなる。

  その結果、高血圧を招くこともある。そもそも、睡眠不足が体内リズムの悪循環を招くことも意識しておきたい。朝日をあびて目が覚めてから、約ほ、16時間後に眠気が生じるのが、標準的な人の体内リズム。夜更かししてリズムを崩せば、深夜に空腹を感じることもある。何か食べれば体温が上がり、深い眠りの妨げになる。こうして睡眠不足が助長され、ホルモンのバランスも崩れていく。まとめて眠れば睡眠不足を解消できると考えるのも早計だ。たとえば夜更かしし、休日に寝だめをする方法は、一気に体内時計が遅れ、深夜の食事で肥満になりやすい。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所精神生理研究部の三島和夫部長は「寝だめではなく、毎日少しずつ睡眠不足を解消するようにしてほしい」とアドバイスす



*日中に軽い運動
  では、睡眠不足とメタボの悪循環を断つにはどうすればよいか。基本は「起床時間と就寝時間を一定にし、7時間前後の睡眠と日中に汗ばむ程度の運動をすること」と三島部長は話す。食事の取り方にもコツがある。井上理事長は「朝食にタンパク質などをしっかり食べ、夕食にいくにつれ徐々に減らす」のが理想という。女子栄養大学栄養クリニックの蒲池優子教授も「タンパク質は、体に朝が来たと認識させるのに必要な物質を作るもと。必ず朝、食べてほしい」と話す。睡眠を促すメラトニンの分泌にも役立つという。たとえば、ご飯にみそ汁、目玉焼きとハム、焼き魚、サラダやおひたしなどの小鉢を加えた塩分控えめの献立は朝食に最適だ。タンパク質が働くためには炭水化物やビタミン、ミネラルも不可欠。ご飯など炭水化物を抜かず、野菜も一緒に取る。白米に玄米や雑穀を混ぜると手軽にミネラルも摂取できる。

  昼食は活動〔里の多い時間帯なので、多少カロリーが高めでもよい。夕食は「かつおぶしやにぼし、こんぶ、きのこや肉などを使ってうま味を引き出すと満足感を得やすい。脂質と塩分を控え、炭水化物やタンパク質などをバランスよくとりたい」(蒲池教授)。食べる時間も意識しておきたい。夕食は朝食からほ時間以内に取るのが理想。午前7時半に朝食をとる人は、夕食は午後7時半までにとることになる。昼食はその中間で午後2時までに取ろう。このリズムなら、眠くなる3、4時間前には食事を終えられる。注意してほしいのは寝酒。寝付きを良くしようと飲む人がいるが、アルコール類は「眠りを浅くし、中途覚醒が増える作用がある」(三島部長)。良質の睡眠をとるためには、ほどほどにしよう。(ライター高谷 治美)




*睡眠時無呼吸症候群の可能性
  早寝を心掛け、よく寝たつもりなのに疲れが抜けない。もし、肥満の人で首回りがぽっちゃりしているなら、睡眠時無呼吸症候群かもしれない。寝ているときに呼吸が止まってしまう病気で10秒以上呼吸が止まっている状態が1時間に5回以上ある場合をいう。たびたび呼吸が止まってしまうことで脳や身体に大きな負担がかかり、寝不足状態となる。すると、生活習慣病をさらに悪化させてしまうことになりかねない。食事や生活習慣の是正に努めても治らないなら医療機関の受診を。「CPAP(シーパップ)治療法」と呼ぶ、鼻マスクを者けて圧力を送り、睡眠中の気道を広げる方法もある。






2017-02-05・・・日経より引用
●太めの美・米女性「YES」
    「プラスサイズ」モデル活躍
    「あ りのまま」の姿に自信

  米国のファッション業界や雑誌を中心に、、従来のモデルよりふくよかな「プラスサイズ」モデルを起用したり、写真の加工をやめたりする動きが広がっている。極端な「痩せ志向」が若者らの摂食障害などを増やしているとの意識が背景にある。一方、新たな動きは問題となっている肥満を助長しかねないとの批判も浮上。美意識と健康のバランスが問われている。ニューヨークで人気の観光スポットの一つ、タイムズスクエア。巨大な電子掲示板に映し出されたカジュアル衣料品大手のアメリカン・イーグル・アウトフィッターズの広告でポーズをとっているモデルは、いわゆる「スーパーモデル」よりふくよかだ。広告には「この女性はリタッチ(修整)していません。本当のあなたこそ魅力的!」というコピーが躍る。


*摂食障害が増加
  米国女性の平均サイズは16号程度(日本の19号程度)。一方、米国のモデル業界は0~4号(日本の5~7号程度)が主流とされてきた。この大きすぎる開きを埋めるため、従来のモデルよりサイズが上の「プラスサイズ」モデルたちが広告や雑誌に登場している。プラスサイズモデルのナクリア・ノバエスさん(26)は「私たちの活躍の場は、日々ものすごいスピードで増えているし、まだまだ拡大する」と語る。「あなたは自分の体形に満足していますか?」。

  米厚生省の調べでは、約90%の米国人女性がこの問いに「NO」と答えた。自分の体形に対する滞足度は若いほど低く、拒食症や過食症などの摂食障害の増加が社会問題化している。米国では15~17歳女子の13%が摂食障害を患う。重症化すれば、歩行が困難になったり、内臓機能が低下したりすることもある。自分に対する肯定感の低さは精神的にも悪影響を及ぼすとされる。極端な「痩せ志向」を見直し始めたファッション業界に密着したドキュメンタリー映画「ストレート・カーブ」のジェニー・マクアイル監督は「自分の体形に自信を持てない女の子が、試験の面接で堂々と振ることができると思う?」と世の中に疑問を投げかける。


*「肥満を助長」
  長い間、米国女性の憧れの体形の象徴とされてきた「バービー人形」も変化した。製造元の米マ
テル社は2016年、「カーピー(曲線的、一般にやや太めの体形を指す)」「プチ(小柄)」 「トール(長身)」の3体形を追加した。「白人・金髪」が基本のバービー人形はこれまでも肌や髪の色などの多様化を進めてきたが、「非現実的な体形」との批判の高まりを無視できなくなった。一方で肥満も大問題だ。米疾病対策センターによると、・20歳以上の米国人の肥満率は15年に30%を超え、年々悪化している。

  肥満は糖尿病などにつながるとされ、医療費の増大も招く。「太めモデルをもてはやす動きは肥満を助長している」との批判もあるが、サンフランシスコ短大のリンダ・ベーコン教授は「ある病気の原因を体重だけに求めるのはおかしい。よく食べ、よく動き、気持ちよく生きることが大切」と反論する。タイムズスクエアでアメリカン・イーグルの広告を見上げていたジャネット・リンドバーグさん(17)は「こういう広告が増えると自分に自信が持ちやすい。商品を買ってみようかなという気持ちになる」と話す。少なくとも若者たちは体形の多様化を認める動きを歓迎しているようだ。(ニューヨーク=平野麻理子)








2017-09-18・・・日経より引用
●肥満の原因酵素を特定
    基礎生物、研改善薬開発に期待

  脳の摂食中枢で働き、肥満の原因となる酵素を特定したと、基礎生物学研究所(愛知県岡崎市)などの研究チームが17日までに発表した。この酵素は血糖値を下げるインスリンの働きも阻害しているといい、、同研究所の野田昌隋教授(神経生物学)は「酵素の働きを抑制する薬が開発できれば、肥満と糖尿病を改善できる」と期待している。チームによると、体内では、脂肪細胞から分泌されるレプチンというホルモンが摂食中枢に作用して食べる量を調整しているが、肥満の人では必ずしも食べる量が抑えられていない。レプチンが働きにくくなっているためだが、その仕組みは分かっていなかった。チームは、摂食中枢にある神経細胞の表面で働きさまざまな情報伝達に関わる酵素に着目。PTPRlという酵素の一種がレプチンの働きを抑えていることを見つけた。





2018-10-01・・・日経より引用
◆糖質制限のワナ・脂肪過多に注意
    動脈硬化・隠れメタボのリスク増
    栄養バランス保ち減量を

  数年前から流行している糖質制限ダイエット。米飯やパン、麺類などの炭水化物を減らし、代わりに肉類など他の食べ物を取るだけで手軽にやせられると評判だ。だが脂質を多く取り過ぎて、動脈硬化や生活習慣病のリスクがかえって高まるとの指摘もある。健康を損なわずにやせるにはどうすればいいのだろうか。

  地方に住む50歳代の女性は肥満に悩み、健康診断の数値も悪化していた。水野介護老人保健施設(東京・足立)の施設長を務める新潟大学の岡田正彦名誉教授を訪ね、食事のエネルギー量の抑制と運動を組み合わせて1カ月に体重を1〜2㌔gずつ減らした。その結果、健康な体を取り戻すことに成功。岡田名誉教授は「ダイエットに王道はない。地道な取り組みが必要だ」と話す。とはいえ肥満に悩む多くの人には、インターネットや書籍でさかんに見かける糖質制限ダイエットは、その手軽さが魅力的に映る。

*米やパン減らす
  厚生労働省が定める食事摂取基準によると1日に必要なエネルギー量は、18〜49歳の低〜中程度の運動見出の男性で2300〜2650㌔カロリー。このうち炭水化物の目標量は50〜65%だ。炭水化物を過剰に取ると、予備のエネルギー源になる中性脂肪として蓄えられる。エネルギーを持つ炭水化物と脂肪、たんぱく質を三大栄養素と呼ぶ。たんぱく質の余剰分は便で排出されるため、効率よくやせるには炭水化物か脂肪を減らすという発想が出る。このうち、とくに摂取量が多い炭水化物を減らすのが糖質制限ダイエットだ。岡田名誉教授は同ダイエットについて「米飯やパン、麺類などの主食を減らし、代わりに他の食品を食べることが多い」と指摘する。

  小麦の代わりにこんにゃくの麺を使う冷やし中華や厚揚げをパンに見立てたサンドイッチなど、ネットでも色々な食品を見かける。コンビニも低糖質のパンなどの商品に力を入れる。たまった中性脂肪は動脈硬化を起こし、脳血管疾患や心疾患の発症リスクを高める。食事のエネルギー量を正しく減らして中性脂肪を抑えれば病気のリスクが下がり肥満も解消する。だが、糖質制限ダイエットには落とし穴が潜む。炭水化物の代わりとなる食品にはたんばく質のほかに脂肪も含まれることが多い。炭水化物を減らしても脂質が増えれば、かえって動脈硬化や病気のリスクが高まってしまう。国立国際医療研究センターは2013年、炭水化物の摂取量が異なる人たちを1年以上追跡した492編の論文を解析した。1年以上続けると、心疾患や腎臓病を含む総死亡率が30%高まると分かった。

*肉を過剰摂取
  欧米の研究者は12年、1日あたりの糖質摂取量が20g減り、代わりにたんばく質が5g増えるごとに心疾患の発生率が5%ずつ高まるとの研究成果を発表した。肉類などに含まれる脂肪の摂取が増えたとみられる。糖質制限の健康への影響については様々な研究があり決着がついていないが、岡田名誉教授は「糖質制限ダイエットでは肉類などを多く食べることもあり、特に注意が必要だ」
話す。日本人は炭水化物が中心の食習慣や遺伝要因のために、極端な肥満が少ない。だが名古屋学芸大学の下方浩史教授は、やせた体形でも体内に脂肪を蓄えた40歳以上の「隠れメタボ」が、
12年時点で914万人もいるとの推計を発表した。

  肥満のメタボの971万人に匹敵する。脂質と血糖値、血圧のうち2つ以上の値が異常で、腹囲やBMI(体格指数)が一定以下の人を隠れメタボとした。メタボは35年には減少に転じるが、隠れメタボは同年に1042万人に達し、その後も増える。隠れメタボはやせていて症状の自覚が無く、生活改善に取り組むきっかけが少ない。知らない間に動脈硬化が進み、脳血管疾患や心疾患のリスクが高まる。下方教授は「糖質制限ダイエットの流行は隠れメタボを増やす恐れがある」と話す。健康にやせるにはどうすればいいか。岡田名誉教授は「三大栄養素のバランスを崩さずに食事のエネルギー量を制限するといい」と話す。毎月1〜2㌔g減を目標に取り組めば、体に無理がなく断念するリスクも減らせる。運動も必須だ。ダイエットに伴い大事な筋肉や骨が減るのを防げる。(草塩拓郎)




*ダイエット、筋肉維持が鍵・極端な増減かえって危険
  ダイエットで鍵を握るのが筋肉の維持だ。食事のエネルギ量を減らすと、予備として体内に蓄えた脂肪を分解しエネルギーに変える。だが同時に筋肉も分解され、基礎代謝が下がり太りやすくなる。予防策として岡田名誉教授が勧めるのが、1日30分、週3〜5回の中程度の負荷の運動だ。ジョギングやヨガ、太極拳など脈拍が少し上がる程度の運動の中で、自分が続けやすいものを選ぶといい。危険なのはダイエット後に再び体重が増えるリバウンドや、体重の増減を繰り返すウエートサイクリングだ。ダイエットで一度筋肉が落ちたうえで脂肪が増えれば、体内が脂肪だらけになる。必然的に心疾患などのリスクが高まる。