サブページに戻ります
18

コレステロールの過程[01]

2010-09-**・・・DMSD株式会社・バイエル薬品株式会の資料より引用
●脂質異常症について

*脂質異常症(高脂血症)とは、
  血液中のLDLコレステロールや中性脂肪など悪い脂質の量が増え過ぎた状態と、良い脂質であるHDLコレステロールの量が減り過ぎた状態を合わせて「脂質異常症」と呼びます。

  脂質異常症は、血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が必要量以上になって、血管の壁にコレステロールがたまり、血管の内腔が狭くなってしまう疾患です。血液中のコレステロールや中性脂肪を減らすためには、過食や運動不足によって起こる肥満、ストレス、過労、喫煙、睡眠不足など生活習慣全般を見直すことが大切です。

  脂質異常症には特別な自覚症状がないため、治療の必要性を感じない方も多いようです。あなたはどうでしょうか?昨年の健康診断の結果と見比べて、「今年は少しコレステロール値が高いかな?」と思いつつ、そのままにしていませんか?でも、脂質異常症は放っておくと動脈硬化を進行させ、脳や心臓の怖い疾患につながることもあります。

  コレステロールには、動脈硬化を進行させるLDL(悪玉)コレステロールと、それを阻止するHDL(善玉)コレステロールがあります。血液中にLDLコレステロールが増えすぎることによって、血管の内腔が狭くなったりつまったりして動脈硬化が進行するので、LDLコレステロールを減らす治療が必要です。 あなたの血液は大丈夫ですか? ぜひ、時間をつくってかかりつけのお医者様を訪ね、血液の状態を調べてみましょう。・・・ネットより引用



*コレステロールが高くなると、


  コレステロールは本来、細胞を形成する成分として必要な物質ですこしかし、量が増え過ぎた状態が続くと動脈硬化の原因となります。

  自覚症状がないため、放置しておくと心筋梗塞などを引き起こすおそれもあるのです。
 



*コレステロールはどこからくるのか?


  血液中のコレステロールには、食事によって小腸で吸収されるものと、肝臓で作られるものがあります。

 



*脂質異常症は、どのようにして治療していくのか?


  医師と相談の上で「食事療法」と「運動療法」に取り組むことからスタートします。

  それでも効果を得られにくい場合には、「食事療法」や「運動療法」に加え「薬物療法」を行います。

 



*食生活の欧米化は、脂質異常症のほか、どのような危険につながりますか?


  脂っこい食べものの摂り過ぎなど、すっかり欧米化した食生活の影響で、
私たちのコレステロール摂取量は1950年代と比べて約3.5倍になって
います。

  この結果、脂質異常症(高脂血症)の患者さんが増加しています。

  
また、肥満やメタポリツクシンドローム(内臓月旨肪症候群)を招く原因と
もなっているのです。

 



*肥満やメタボリックシンドロームを持つ脂質異常症の方は、何が危険なのか?


  「食後高脂血症」の危険性が考えられます。

  通常、脂質の多い食事をとると小腸からの吸収が増え、血液中の悪い脂質も増加します。

  健康な方の場合、悪い月旨質は数時間で減少しますが、「食後高脂血症」の方の場合は悪い脂質がいつまでも血液中に残ってしまいます。

  悪い脂質は動脈硬化を引き起こす力が強いため、心筋梗塞などの心臓病を引き起こす危険性が高くなるのです。
 



*食後高脂血症は、どのくらい危険なのか?


  食後、血液中に悪い月旨質が増え過ぎると、心筋梗塞などの心臓病になる危険性が高まることがわかっていす。

  食後高脂血症の方は健康な方の約3倍、心臓病になりやすいのです。
 



*食後高脂血症とわかったら、どうすればいいのか?


  まず「食事療法」や「運動療法」によって体内の脂質の量をコントロールすることが重要です。

  最近では小腸でのコレステロール吸収を抑える「薬物療法」が好ましい影響を与えることがわかってきています。


  V、食事療法
  V、運動療法
  V、コレステロール吸収を抑えるる治療法
 






2010-05-20・・・「病気を防ぐカラダの辞典」より引用
●090コレステロール自体は悪者ではない
    なすぎると寿命を短くする?
    酸化されてはじめて悪者になる

  コレステロールは本来、体を正常に構成する成分で「悪玉」というべきものはありません。悪玉コレステロールも脂質二重膜の細胞膜に埋め込まれ、細胞の形を作るのに不可欠です。血液中のコレステロールが多いと動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞の発症につながるといわれてきましたが、動脈硬化を起こすからといって、すぐにコレステロールを悪者扱いにするのは間違いです。コレステロールは、胆汁酸の材料になります。胆汁酸は、女性ホルモンや脂肪を分解することから、特に女性にとっては大事です。そのため、コレステロールが少なすざると寿命が短くなります。

  コレステロールには、「善玉 (HDL)」と 「悪玉 (LDL)」があります。以前は、血液中の総コレステロールが多いと動脈硬化になりやすいといわれていました。ところが、最近の研究によって、悪玉コレステロールそのものが心筋梗塞を起こすのではなく、悪玉コレステロールが酸化されることによってできる「酸化変性LDL」が動脈硬化を起こす要因であることが判明しました。
なお、HDLは、血液中の余分なコレステロールを回収する働きがあります。このHDLは、運動不足、喫煙などで減少し、男性は女性よりも低くなりがちです。






2013-02-26・・・「医者に殺されない47の心得」近藤誠著より引用
●[27]体重、コレステロールを「減らさない」健康法を選ぶ

  急にやせると、がんが増殖する
僕の外来に来る患者さんの中に、「がんは治療しても意味がないことがわかったから、その代わり……」と、自分で見つけてきた食事療法に熱中する人がいます。食事療法というものは、たいてい「摂取カロリーを減らす」「肉を食べない」「玄米と野菜しか食べない」など、ないない尽くしで、一気にやせてしまう。自分から食事療法に取り組もうという人は、すべてに一生懸命なので、食事療法の決まりをきっちり守ってガクッとやせます。

  すると、体の抵抗力が落ちて、がん細胞が信じられない増殖の仕方をして亡くなってしまう。僕の記憶に残るケースとして、乳がんと胃がんの患者さんの悲劇があります。2人とも転移があってがん放置を選んだのですが、食事療法にまい進し、激やせして、あっという間に亡くなりました。科学的に因果関係を証明することは難しいとしても、それまでおとなしかった癌が急に、ともに通常ありえない速さで成長したので、食事療法が影響を与えたのだろうと推測しています。急にやせると、血中の脂質であるコレステロールも減ります。コレステロールは細胞膜をつくり、各種ホルモンのもとになる、命の維持に欠かせない成分。

  そのコレステロールが減ると、がんだけではなく脳出血、感染症、うつ病などによる死亡が増える一因になります。がんで言うと、その成長スピードにはまず、がん細胞自身の強さが関係します。もうひとつ、宿主 (患者) の体の抵抗力、つまり正常組織の丈夫さも、大きく関係します。コレステロールが減ると細胞膜がもろくなり、正常細胞の集合体である正常組織も弱くなって、がん細胞の増大・侵入を許してしまうわけです。食事療法は、栄養のバランスが崩れやすいこと、「食べたいものが食べられない」「食欲が満たされない」「食べてはいけないのに食べてしまった」と、ストレスや罪悪感がたまりやすいのも体に毒です。


*ステーキやトロを食べなさいー
  最近「1日1食」がはやっています。しかし、食事はふつうに3食とるのがいちばんです。アメリカ国立老化研究所(NIA) は2012年、23年に及ぶ 「カロリー制限によるサルのダイエットの研究観察」 の中間報告をしました。ミミズやマウスなどの小動物の場合は、通常より30%カロリーを減らすダイエットで寿命が延びることがわかっています。しかし同チームがアカゲザルで、カロリーを20%ほど減らしてダイエットしたグループと、しないグループを20年以上観察した結論は、「両者に寿命の違いはなく、カロリー制限で寿命は延びなかった」。

  僕は最近、がん放置を選んだ患者さんには「ステーキでもトロでもイクラでも、おいしいと思うものを何でも食べて、少し太ったほうが長生きする」とアドバイスしています。がんでない方も同じです。相撲取りのような太りすぎは寿命を縮めますが、日本人の健康調査のデータを見ると、メタボにさしかかる程度の小太りがいちばん長生き、コレステロールが高いほど長生きしています。正常細胞を丈夫にすることが、がんへの抵抗力を高めるのです。






2014-03-10・・・「医者に寿命を縮められてはいけない」石原結實著より引用
●44、コレステロ-ルを無理に下げるな
    最新データ「コレステロール値が少し高い人ほど長生き」

  「エビ、イカ、カニ、タコ、貝、カキ、メンタイコなどの魚介類は高コレステロール食品なので健康によくない」と信じている方はいまでも少なからずいらっしゃいます。しかし、この説には二重の意味で問題があります。そもそも「魚介類にはコレステロールが多い」という常識は、一九七七年に大阪大学医学部の山村雄一教授によって否定されています。教授が従来の測定法より精度の高い 「酵素法」という手法で魚介類のコレステロールを計ったところ、思いのほか少ないことが確認されました。

  それまでの 「比色法」という方法では、コレステロールとよく似た別の物質 (メチレンコレステロール、シトステロール、ブラシカステロールなど) まで測定されていたことが判明したのです。魚介類は高コレステロール食品どころか、逆に血中のコレステロールを減少させる「タウリン」というアミノ酸を豊富に含んでいます。しかもこのタウリンには、血圧を下げる、胆石を溶かす、肝臓を強くする、不整脈を防ぐ、心臓を強くする、筋肉の疲労をとる、精力を強化するなど、多様な効能があることが科学的に証明されています。

  全国各地に一八〇〇カ所もの貝塚があることからもわかるように、私たち日本人は縄文時代以来ずっと、魚介類を貴重な栄養源としてその恩恵にあずかってきました。魚介類が本当に体に悪かったら、日本人の食文化としてここまで定着することはありません。長く続いているものには、長く続くだけの意味があるのです。また 「コレステロールが体に悪い」 とするこれまでの常識も、近年の欧米や日本の膨大な研究によって否定されつつあります。もともとコレステロールとは人間がもつ六〇兆個の細胞膜の成分ですし、胆汁や性ホルモン、副腎皮質ホルモンなどの原料です。

  血中コレステロール値が低いと神経伝達物質のセロトニンが有効に働かないため、情緒不安定になったり、反抗的、暴力的になりやすくなります。逆に、高コレステロール血症の人は、セロトニンの脳細胞へのとり込みがスムーズにいき、精神は安定するといいます。最近では「コレステロール値を無理に薬で下げたら、ストレスに弱くなって免疫力が落ちる」「コレステロール値が高い人ほど長生きする」という国内外のデータも出ているのですから、本能が求めるなら、「健康のため」と無理をして高コレステロール食品を避ける必要はないでしょう。






2015-03-29・・・日経より引用
●コレステロール摂取基準は撤廃
    米国、新食生活指針で
    血中濃度上昇に直結せず

  コレステロールの取り過ぎは動脈硬化などを招き注意が必要だとされてきた。ところが米政府は今年改める食生活指針で、コレステロールの摂取基準を撤廃する方針だ。専門家委員会が健康への懸念はないとの見解をまとめたためだ。摂取基準を巡っては日本でもさまざまな意見がある。どう考え、何に気をつけたらよいのか。

  「人間ドックで数値が異常だと判定され、受診する人が多い」。寺本内科・歯科クリニック内科院長でもある寺本民生・帝京大学臨床研究センター長は、動脈硬化や心筋梗塞を心配する中高年からコレステロールの相談をよく受ける。米国で撤廃されるのはあくまで食事から取るコレステロールの基準だ。寺本センター長は「血液中のコレステロールの値が高くてよいわけではない」と話す。


*科学デ」夕を追認
  米国で新たな見解を示したのは農務省と保健福祉省の諮問委員会だ。「前の指針で1日300㍉gを超えないよう制限すべきだとしたが、今年の指針ではこうした勧告はしない」と明記した。.摂取量と血中濃度の関係を示す証拠がないためコレステロールは「過剰摂取を懸念すべき栄養素ではない」と結論づけた。現在、国民から意見を募集中だ。血中のコレステロールのうち食事で取る分は、年齢や性別にもよるが約2割だ。

  大部分は肝臓で作られ体内でリサイクルされる。コレステロールを多く含む卵やエビ、イクラなどを避けて摂取量を減らしても血中濃度はほとんど変わらない。報告書は多くの科学データを追記した形だ。米国ではコレステロ」ル摂取が減る一方、糖分などの取り過ぎが目立つ。諮問委のバーバラ・ミルン委員長は高カロリーで、肉の脂身に含まれる飽和肪酸などが多い食事で増えていると指摘した。「成人の3分の2以上および子供と若年層の3分の1近くが肥満または体重過多だ」と警告した。


*日本も削除予定
  厚生労働省の「日本人の食事摂取基準(2015年版)」策定検討会も、昨年まとめた報告書にコレステロールの摂取目標量を盛り込まなかった。既に血中コレステロールの値が高い人でも、摂取を減らせば心筋梗塞などを予防できるかは明らかではないとした。同基準の現行版は上限目標量を示しているが「十分な科学的根拠が得られなかった」として、今年4月施行の15年版では除外する。

  寺本センター長は「コレステロールにばかりこだわるよ明らかではないとした。同基準の現行版は上限目標量を示しているが「十分な科学的根拠が得られなかった」として、今年4月施行りも、動物性の飽和脂肪酸を減らし植物繊維を多めに取るとよい」と勧める。飽和脂肪酸は血中のLDL(悪玉)コレステロールを下げる仕組みを阻むとされる。芳賀めぐみ厚労賃栄養指導室長補佐は「食事で摂取するコレステロールと血中コレステロールを混同しないでほしい」と話す。血中濃度は、日本動脈硬化学会が動脈硬化性疾患予防ガイドラインで診断基準を定めている。



  LDLコレステロールが血液0・1ℓあたり120㍉g以上だと脂質異常症と診断する。血中コレステロールを下げすぎるのはよくないとの指摘もある。大櫛陽一東海大学名誉教授は血中LDLコレステロールの値が高いと動脈硬化が起きやすくなるとされる点に疑問を投げかける。

  「血管の壁にコレステロールが付くのが動脈硬化の原因といわれてきたが実際は逆だ」という。「動脈硬化で起きた炎症を修復するためにコレステロールが集まる」と主張する。遺伝性高脂血症の患者にも心筋梗塞を起こしやすい人とそうでない人がおり、遺伝子解析によるメカニズム解明が始まった段階だ。

  コレステロールは細胞膜の重要な材料で、ホルモンや胆汁、ビタミンDの原料としての役割も担う。大櫛名誉教授らが神奈川県伊勢原市の男女約2万6千人を対象に調査・分析したところ、血中LDL濃度が高い方がむしろ死亡率が低いとの結果が出た。米心臓病学会は血中LDLが0・1ℓあたり190㍉g以上を投薬治療が必要な基準としており、日本で考えられているよりも高めだ。

  コレステロールを含む食品は動物性たんばく質や脂溶性ビタミンなども含む場合が多い。厚労省検討委の報告書は「コレステロール摂取量を制限するとたんぱく質不足を生じ、特に高齢者において低栄養を生じる可能性があるので注意が必要」と明記した。芳賀室長補佐は「他の栄養素との摂取バランスが崩れないように考えてほしい」と呼びかける。(編集委員 安藤渾)

    







2016-08-18
●高脂血症対策、まず食事から
    野菜・魚を多めに運動不足も解消

  中高年を中心に健康診断や人間ドックで「コレステロールに気を付けて」と言われた経験のある人は多いだろう。コレステロール値の高い高脂血症は、高血圧や肝機能異常と並んで悩む人が多いといわれるが、具体的にどんな病気を引き起こすのか。食事に気を付けて運動をすれば本当に効果が期待できるのか。専門家に聞いてみた。

*動脈硬化の恐れ
  コレステロールは血液の中に含まれる脂質の1つで、ホルモンや細胞を作る重要な役割を持つ。ヒトが生きていく上で欠かせないものだが、通称「悪玉コレステロール」と呼ばれるLDLコレステロールは、多すぎると動脈硬化を引き起こす恐れがあり、動脈硬化は狭心症や心筋梗塞、脳梗塞の原因になる。動脈硬化や高脂血症研究の第一人者である帝京大学の寺本民生名誉教授は「50、60年前の日本人はさほどコレステロールを気にしなくて良かった」と話す。米国は昔からコレステロールの高い人が多かったが「2010年代に日本人のコレステロール平均値は米国人を抜いた」という。LDLの高い人は似たような特徴がある。

  寺本氏は「生活が不規則で食事に気を使わず運動不足気味、そして喫煙者」と掛摘する。だがこうした不摂生とLDLの因果関係の証明は難しく、食事や運動に気を使わなくても正常な人もいる。ただ数値が高めの人は日常生活で食事と運動を意識したほうが良さそうだ。では、どんな食事が理想的か。タこタ(東京・板橋)のグループ会社の管理栄養士、龍口知子氏に「タニタ食堂」で提供するヘルシーメニューを参考にコツを聞いた。まず「脂身を控え、魚や野菜を多く取ること」と強調する。主にコレステロールは食事から取るものと、肝臓で合成されるものに分けられる。最近の研究で、食事由来の血液中コレステロールは少なく、肝臓由来の占める割合が多いことがわかってきた。

*肉の脂身に注意
  このため肝臓でLDLの合成に使われ、肉の脂身に多く含まれる「飽和脂肪酸」の取り過ぎに注意が必要だ。中性脂肪もLDLを高める原因の1つ。中性脂肪は炭水化物などの取り過ぎと関係しており気を付けたい。一方、魚に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)や、野菜の食物繊維などはコレステロールを体外へ排出してくれるという。龍口氏がすすめる献立は「ブリのニンニクしょうゆ焼き定食」。ブリはDHAが豊富で、モロヘイヤやオクラを副菜に使えば、食物繊維を多く採ることができる。もう一品は「鶏肉のピーナツバター焼き定食」だ。

  鶏肉は皮を取れば飽和脂肪酸を減らせる。副菜にリコピンが豊富なトマトを付ければ、肝臓でのLDL生成を抑えられるという。運動はLDLの数値を下げる効果があるのだろうか。寺本氏は「運動だけで数値を下げようと思えば、相当ハードな運動をしないといけない」と話す。「メディカルフィットネス」を手がけるティーズエナジー(東京・墨田)のチーフトレーナー、山田美紀氏も「まず運動不足から脱却することが大切」と話す。ティーズエナジーでは高脂血症のほか糖尿病や高血圧の危険性を指摘された人が運動に励んでいる。

  運動不足解消のきっかけとして気軽に実践できるのは、イスを使った運動だ。まず立った姿勢からイスに座り、つま先立ちで立ち上がる。この一連の動作を最低でも1日10回×3時、できれば朝昼夜に3回ずつ行うのが理想的という。あとはやはり歩くこと。山田氏は「近所の散歩では運動とは言えない。しっかりしたフォームが必要で理想の歩幅は身長マイナス100センチm」という。厚生労働省は1日1万歩を推奨している。ティーズエナジーではトレーナーの指導のもと、個人別のメニュ一に沿ってマシンなどで体を動かしている。「その人にあった運動強度のトレーニングを提案している。2カ月くらいで、ようやく効果があらわれる」 (山田氏)そうだ。(高畑公彦、亀真奈文)




*LDL積算、6000以上は危険
  日本人間ドック学会によると、LDLの基準範囲は60~119、要注琴フィンは120~179、180以上で異常とされる。寺本名誉教授も「180になったら、投薬治療をアドバイスする」と話す。薬を飲むと劇的に数値が下がる場合が多いが、サボると上昇してしまう。不規則な生活を強いられる人は「75歳までは薬を飲み続けた方がいい。75歳になるとほかの病気のケアを優先すべきだ」と寺本氏は言う。LDLを回収することから「善玉コレステロール」と言われるHDLコレステロールは、少な過ぎると動脈硬化の危険性が増し、40を切ると要注意だ。

  運動と関係しており、マラソン選手などスポーツマンは筋肉量が多くHDLが高い傾向がある。LDLの数値が高くても、すぐに動脈硬化になるわけではない。そこでLDLの積算という考え方が重要になる。毎年測定したLDLの数値を足していく。異常値の180が40年続くと、積算値は7200だ。6000~8000になると動脈硬化のリスクが高まるとされる。「70歳前後に動脈硬化があらわれる人が多い。今は健康でも備えが必要だ」と寺本氏は注意を呼びかける。






2018-05-14・・・日経より引用
◆コレステロール
    高い値、個人ごとの対策必要
    まず体質検査を

  .日本人の死因で上位を占める心疾患や脳血管疾患の原因となるコレステロール。健康診断で高めの値が出たときには卵や肉、バターなどの摂取を控えようと努力する人は多いが、笑は体質によって必要となる対策は異なる。・最近はまず体質を調べた上で、食事療法と投薬を組み合わせて治療するのが一般的だ。思い込みから誤?た対策をとらず、正しい知識を付けることが重要だ。


  東京都に住む50歳代の男性は健康診断の血液検査でコレステロール値が高いと判明し、岡部クリニック(東京・中央)を受診した。岡部正院長の指示を受け、肉などの食べ過ぎと飲酒を控えて「スタチン」の投薬を続けたところ、4カ月でコレステロールは5分の1の正常値に低下。岡部院長は「現在もスタチンの投薬を続け、値が上がるのを防いでいる」と話す。コレステロールは全身の細胞の膜などの材料になる。血液中の「LDLコレステロール」は肝臓で作られたコレステロールを全身へ運ぶ脂質などからなる。一方、「HDLコレステロール」は小腸で原形が作られて全身の余分なコレステロールを回収し、肝臓へ屈ける。両者の合計が総コレステロールとして数値化される。空腹時にLDLが血液1㍍あたり1・4g以上あると、高LDLコレステロール血症と診断される。


*動脈硬化の原因
  LDLは体に必須だが、増えすぎると血管の壁に付いて動脈硬化の原因になるため、悪玉コレステロールとも呼ばれる。日本人の最大3割がLDLの値が高いとみられ、男性は全年齢で高くなる恐れがある。女性は50歳を超えて女性ホルモンの分泌が減ると、LDLが増えやすくなる。これに対し、HDLは善玉コレステロールと呼ばれる。注意が必要なのは、卵や肉、バターなどに含まれるコレステロールがすべて血中に取り込まれるわけではないという点だ。帝京大学の寺本民生名誉教授は「LDLのうち7割は肝臓で作られる。食事から取り込むのは3割だ」と話す。

  個人の体質の差から、コレステロールを多めに摂取しても血中のコレステロール値があまり上がらない人も多い。そのため、政府は食品に含まれるコレステロールの摂取員の上限を2015年に撤廃した。コレステロール値が高い人は、まず食事療法がどれくらい有効なのか調べ、個人ごとに対策をたてる必要がある。寺本名誉教授は「まず1カ月、卵を全く食べないように指示し、総コレステロール値が下がるか確かめる」と話す。期間中、肉や乳製品は食べていい。値が約10%下がれば食事療法が効く可能性があるとみて、卵などコレステロールを多く含む食品を控えてもらう。食事療法で値が十分に下がらない人は、超音波の検査装置で動脈硬化が進んでいるかどうかを調べる。

  心疾患や脳血管疾患を発症するリスクを判断するためだ。検査の結果、動脈硬化が進んでいる場合は投薬で治療する。副作用が少なく薬代も安いスタチンを使うのが一般的だ。スタチンはコレステロールが末梢(まっしょう)血管に運ばれたとき、細胞がコレステロールを受け入れるのを助ける。血中にLDLがたまらずに値が下がる。複数のスタチンを使ってもLDLの値がなかなか下がらない人は、エポロクマブ(レパーサ)やアリロクマブ(プラルエント)といった薬を使う。遺伝的にコレステロール値が高い人や、心筋梗塞を起こす恐れがある人が対象だ。


*運動も効果的
  食事療法と投薬のほか、運動するとHDLが増え、間接的にLDLを減らせる。速めの散歩やジョギングなどの有酸素運動を1日30分以上もしくは1週間で2時間以上行うといい。筋力トレーニングも役立つ。運動する時間が無くても、立ったまま料理や洗濯をするなど、普段の生活の中で体を使う工夫をするといい。コレステロール対策で重要なのが、中性脂肪の値だ。寺本名誉教授は「中性脂肪が増えると、LDLの生産が増え、HDLが減ってしまう」と説明する。洋菓子パンやケーキ、バターに含まれる飽和脂肪酸やマーガリン、ショートニングに含まれるトランス脂肪酸は中性脂肪の値を上げる。食品中のコレステロールだけに注首するのではなく、総合的な栄養分に気をつけて食事を取り、動脈硬化を防ぐよう心がけよう。(草塩拓郎)


 



*トランス脂肪酸など含有量
  日本、食品表示の義務なく

  日本ではコレステロールをLDLとHDLに分けて考えることが多いが、米国など海外では両者を合計した総コレステロールの値に注意を払う。人口の1割程度がHDLが増える遺伝子変異を持つ日本人と異なり、海外ではHDLの値が低い人がほとんどだからだ。海外で総コレステロールの情が健康維持の観点から注目され始めたのは1960年ころ。当時は値が高い人が多く、肉やバターなどの動物性脂肪の摂取を控える取り組みが進んだ結果、総コレステロール値は減少傾向にある。一方、日本では食習慣の欧米化で動物性脂肪の摂取量が増え、値は上昇傾向だ。今世紀に入ると平均値が米国と同程度になった。日本の専門家が問題視するのが、動脈硬化を進めるトランス脂肪酸や飽和脂肪酸などの含有量を食品に表示する義務が国内にはないことだ。寺本名誉教授は「米国などでは表示をき.っかけに、含有量が減っている」と話す。食品業界や政府の対策が求められる。












2013-10-10発行