サブページに戻ります
ピロリ菌の過程[01]
 
18 

2011-04-25・・・「最新医学の常識」池谷俊郎著より引用
●[72]ピロリ菌を除去すれば・胃がんにならない?   答え×

  ヘリコバクター・ピロリ菌(以下、ピロリ菌)という、胃のなかに棲息する細菌をご存知ですか?この細菌は、胃がんや胃潰瘍の元凶とされています。日本では、約6000万人が感染していると言われていますが、感染者の胃がん発症率は年間1%もありません。このため、胃がん予防のための除菌の必要はないと考えられてきました。ところが、最近、ピロリ菌に感染している糖尿病(高血糖) の患者さんや、喫煙者は胃がんになりやすいということがわかってきました

  たとえば、「糖尿病のピロリ菌感染者が胃がんになる確率は、正常血糖のピロリ菌感染者の2・2倍、正常血糖の非感染者の4倍。また、喫煙習慣のあるピロリ菌感染者は、ピロリ菌を持つ非喫煙者の1・6倍、喫煙習慣のない非感染者の11倍」 にも達するというのです。これらのデータは九州大学大学院清原裕教授の調査ですが、同教授が行なったネズミを使った実験では、塩分の摂り過ぎとピロリ菌が重なると、やはり、胃がんになりやすいと報告されています。ピロリ菌は胃壁の細胞を攻撃し、傷つけ、ダメージを与えます。ただ、それだけで、胃がんになるケースがほとんどないのは前述したとおりです。

  ここに喫煙、高血糖、塩分が加わると、まるで「発がん物質」 のようにがんを発症させるのでしょう。したがって、喫煙者、糖尿病の患者さん、濃い味つけを好む人がピロリ菌に感染している場合は、胃がんの発症リスクを低下させるためにも除菌をおすすめします。ただし、除菌をしても、「胃がんにならない」とは言いきれません。なぜなら、ピロリ菌は免疫力の弱い幼児期に感染するのが一般的です。そして、一度感染すると、除菌をしない限り、一生胃に棲息し、胃壁を傷つけます。ピロリ菌の攻撃を長年受け続けると、胃の壁が薄くなる「萎縮性胃炎」にかかることが多いのですが、胃壁の萎縮が進めば、胃がんにかかる危険性は高くなります。このため、ピロリ菌の除菌後も、定期的な胃の検査は不可欠なのです。






2015-04-05
*癌予防、感染症にも注意・・・日経より引用
          ピロリ菌の有無検査
          肝炎ウイルス保菌の予防接種受けて
  私は定期検診・胃カメラによる検査で「胃の中が綺麗だ。ピロリキンはいそうもないなあー」と医師は言った。それまでピロリキンとはなんだか知らなかった。また妻が定期検査で胃がかすみかかっている(少しすすけている)ピロリキンがいそうだからと後日指定した日に再度胃検診をおこなったがピロリキンらしいものは見つからなかった。ピロリキンとは調べたので大体わかってきた。日経にピロリキンの記事が載せられていたので、ここに引用して載せてみました。

  癌と感染症は一見関係なさそうな病気だが、一部の癌は病原体の感染が原因になる。例えばヘリコバククー・ピロリ菌が胃がんに、肝炎ウイルスが肝がんにつながる恐れがある。専門家がまとめた最新版の癌予防法でも感染の検査をすすめている。「機会があればピロリ菌感染検査を」。国立がん研究センターがん予防・検診研究センターが作る「日本人のための癌予防法」は今年1月の改訂でピロリ菌検査を予防法に加えた。除菌まですすめているわけではないが感染のチェックを推奨した。世界保健機関(WHO)の関連機関が昨秋に発表した胃がん対策の報告書を受けた改訂だ。報告書はピロリ菌除菌について癌予防効果がある程度みられると認めたが、各国の事情に合わせて対策をするようにという結論だった。

*菌がリスク高める 
  「ピロリ菌が胃がんのリスクを上げる傾向があることは知られているので、自身の感染の有無は知っておいた方がよい」と同センター予防研究部の笹月静部長は解説する。感染していた場合は禁煙し、塩分取りすぎや野菜・果物不足にならないよう注意する。昨年l・2月の研究報告によると、男性は野菜の摂取量が多いと日本人に多い下部胃がん(下部3分の2)のリスクが下がる傾向があった。女性では、果物の摂取量が多いと分化型という組織タイプの胃ガンでリスク低下がみられた。抗酸化作用成分に富む野菜や果物はピロリ菌などによる細胞のDNAへのダメージを抑える働きが期待されるという。

  もともと野菜・果物は胃がんリスクを下げる可能性があるとされていたが、従来の研究報告も踏まえ、改訂では感染ではB型・C型肝炎のウイルスが肝がんのリスクを上げる。今年1月、厚生労働省の予防接種基本方針部会はすべての0歳児にB型肝炎ワクチンを定期接種すべきだとの意見をまとめた。早ければ早ければ2016年から定期接種が実施される可能性がある。これまでも妊婦の感染が見つかった場合、赤ちゃんにワクチン接種などをして母子感染をほぼ抑えているが、「他の感染経路を含めてB型肝炎のウイルスの感染をゼロに近づけるのが狙いだ」と部会長の岡部信彦・川崎市健康安全研究所長は話す。

  B型肝炎のウイルスは血液や体液を介して感染し、母子感染する場合もある。感染していると中高年で慢性肝炎や肝硬変を発症する可能性があり、さらに肝癌の原因になる恐れもある。予防接種をしておけば、これらの病気の予防につながるという。「会員が接種し感染拡大をみんなで防ぐことが大事だ」と岡部所長は指摘する。日本で急性のB型肝炎は年間数百例見つかり、20~30代性感染による例が多い。子どものときの接種は一生効果があるわけではないが、思春期以降になったときの感染予防につながる。思春期以降になったときの感染予防につながる。基礎免疫と呼ぶ免疫ができ、大人になって再び接種したときに効果が高まる。



*専門医に相談を
ウイルスをすでに持っている大人は誰かにうつしてしまう心配があるが、周囲が免疫を持つようになれば心配も減る。免疫を持っていない人が流行している海外の国・地域に長期に出かける際も、予防接種をしておいた方がよい。日本人のためのがん予防法ではB型・C型肝炎のウイルスのリスクを指摘、検査をして感染している場合は専門医に相談するようすすめている。感染とがんではほかに、ヒトパピローマウイルスが子宮頸(けい)がんのリスクになる。

  特に予防法には入っていないが、詳しい解説部分で触れている。がん予防法は研究成果に伴い年2回改訂されるので最新版をチェックするとよいだろう。昨秋の改訂では体形の目標で肥満度指標のBMI(体格指数)を中高年期女性について従来の「19~25から「21~25に変更した。「肥満だけでなく、やせすぎにも注意してほしい」 (笹月部長)予防研究部では「がんリスクチェック」も提供する。インターネットで項目を入力するとリスク数値などが示される。予防法のうち感染を除く5つの健康習慣で判断するメニューも今年始まった。これですべて決まるわけではないが、生活習慣見直しの参考になりそうだ。(賀川雅人)






2009-04-09・・・日経より引用
●ピロリ菌の功罪・ピロリン菌と付き合う
    ピロリン菌はストレス社会で悪者

  夏目漱石が胃かいようで苦しんでいたことは有名な話である。明治四十三年(一九一〇年)六月、四十三歳の時に東京・内幸町の長与胃腸病院で胃かいようと診断され、六週間の入院生活を送った。その時の治療法が腹部を二枚のこんにゃくで温める方法だったという。退院後、修善寺温泉で療養したが、そこで大吐血し、人事不省に陥った。大正五年(一九一六年)、四度目の吐血後学年四十九歳で漱石はなくなった。現在では、胃かいようの患者がいたらピロリ菌を見つけ、除菌することが消化管専門医の常識。漱石がもし今生きていれば、ピロリ園を取り除き、治すことができたと彼らは思っているだろう。

  漱石の胃壁にピロリ菌が巣くっていたことはほぼ間違いない。一世紀前の日本人は九九%がピロリ菌感染者だったからだ。ピロリ園は五万八千年前のアフリカにいた人類にも見つかっており、今日まで人類と長い間共生してきた。明治、大正時代には日本人は一家だんらんで食事をしていた。夕食は鍋を囲み、各自が同じ鍋の中に、はしを突っ込んでいた。家族全員がピロリ菌に感染していた。昔の日本人はほぼ一〇〇%がピロリ菌に感染していたのに、なぜ今ほど問題にならなかったのだろうか。ピロリ菌は胃の粘膜を柔らかくし、胃酸が食道に逆流するのを防いでいた。

  胃にいいピロリ菌が、悪者にされるようになったのは、現在がストレス社会になったからだ。ストレスが絶えず胃に加わり、胃壁が荒れてくると、ピロリ菌が悪さをし始め、慢性胃炎や胃かいよう、胃がんまでを引き起こすという。ストレスがなく、胃に何ら症状のない人からピロリ菌を完全に除菌すると、かえって弊害が出ることになる。胃かいようや胃炎を診たらピロリ菌を除腐することが消化管診療の大きな目的となって十数年たった。確かに日本人のピロリ菌感染者は急減し、今日では四割しか感染していないという。しかし、消化管の異常を訴える人が増加してきたのもまた現実だ。(人間総合科学大学教授藤田 紘一郎)






2010-05-20・・・「病気を防ぐカラダの辞典」より引用
●053胃は胃酸では溶けない
    胃液は鉄をも溶かす?
    胃酸によって傷つけられると胃潰瘍になる

  胃液の主成分は、消化酵素のペプシンと塩酸と粘液です。胃液に含まれる塩酸は、鉄をも溶かすといわれます。それくらい胃の中は強酸性なのです。また、雑菌が侵入しても、塩酸の働きによって死滅させることができます。鉄をも溶かすほど強力な塩酸を含んでいる胃液にさらされても、胃の粘膜自体が溶かされることはないのでしょうか。健康な胃は、胃酸などの攻撃 (攻撃因子) を受けても、胃壁 (胃の粘膜) が傷つくことはありません。胃壁が粘液などによって、守られているからです。これを防御因子と呼びます。つまり、健康な胃は、両者のバランスがとれているのです。

  そのバランスが崩れて、攻撃因子が増強されると、胃酸によって胃壁が障害を受けてしまいます。この状態が胃潰瘍です。攻撃因子を増強する最大の因子はストレスです。慢性的なストレスで常に交感神経が興奮状態にあると、血液中の好中球が増えて、増加した好中球が胃の粘膜を攻撃しやすい状態となっています。また、ヘリコバクター・ピロリ菌という細菌も関与しています。ピロリ蘭が胃の粘膜細胞に接着することによって、免疫応答が起こり、白血球の一種である好中球が集まり、活性酸素ができて、胃の粘膜を攻撃するようです。



●054胃潰瘍は胃を攻撃する
    胃に穴があく」とは、どういうこと?
    胃潰瘍はピロリ撃ストレスの複合技

  「胃に穴があく」といいますが、いったいどんな状態になっているのでしょうか。胃は、外側から、奨膜、筋層、粘膜下組織、粘膜層から成っています。粘膜の表面には、ヒダがたくさんあります。消化液である胃液は、粘膜から分泌されます。実は、胃に穴があくというのは、潰瘍のためで、次のような段階で進みます。胃潰瘍は胃粘膜に潰瘍の穴をつくりますが、まず粘膜層にとどまっている状態が第一段階です。第二段階は、潰瘍が粘膜下組織にまで進みます。第三段階は、筋層にまで進み、最終の第四段階になると、奨膜を貫き、腹膜に適します。

  つまり、胃に穴があくというのは、この第四段階を指すのです。筋層深くまで潰瘍が侵入すると、大出血や穿孔、幽門狭窄を引き起こします。胃の内容物が胃からもれ出て腹膜内に入ると、腹膜炎を引き起こし、放っておくと生命が危うくなります。潰瘍が胃を貫くと、食べたものが胃から出て、腹膜炎を起こします。こうなると、ものが食べられないし、水を飲んでも吐き
ます。胃潰瘍は、かつてはストレスによって起こると考えられていました。しかし、前述したように現在では、ヘリコバクター・ピロリ菌が背景にあって、ストレスとからんで発症すると考えられています






**-**-**・・・須坂病院に置かれていた資料より引用
●ヘリコバクタ一・ピロリ(ピロリ菌)
                                                 「わたくしたちの健康読本」編集・長野県医師会

  ヘリコバクタ一・ピロリ(ピロリ菌)はと人の胃の中に住む細菌で、胃潰瘍・十二指腸潰瘍が起きる最も大きな原因となります。薬でピロリ菌感染症を治療(除菌)すると潰瘍が再発しなくなります。また、胃の粘膜に出来るリンパ腫や胃痛の原因であることもはっきりしてきました。除菌治療で胃痛の予防ができそうです。ピロリ菌の発見で、胃の病気の理解と治療は大きく進歩し、発見者のワレン博士とマーシャル博士は、2005年にノーベル医学生理学賞を受賞しました。新しく判ってきたことを含めて、ピロリ菌とピロリ菌によって引き起こされる病気についてお話しします。

  ピロリ菌は正式にはヘリコバクタ一・ピロリという細菌で、1983年にオーストラリアのウオレンとマーシャルによって発見されました。ピロリ菌が胃・十二指腸かいようなどの原因になっていることがわかり、ウオレンとマーシャルは2005年にノーベル医学生理学賞を受賞しています。


*ヘリコバクター・ピロリ(通称ピロリ菌)名前の由来
         「ヘ リ コ 」 : らせん・旋回
        「 バクター」 : バクテリア(細菌)
        「 ピ ロ リ 」 : 胃幽門部(いゆうもんぶ・ピロルス))


*ピロリ菌とはどんな菌ですか
50歳以上では7割の人が感染  約3μmのらせん状の細菌で、4~8本の鞭毛(べんもう)を持ち、この鞭毛を回転させて胃粘液層の中を動き回り、ヒトの胃粘膜の表面に接着して炎症を起こします。ピロリ菌はウレアーゼという酵素を持っていて胃の中でアンモニアを作ることが出来ます。このアンモニアで胃酸を中和して胃の中に住んでいます。ピロリ蘭は免疫の九が七分でない乳幼児期に口から感染します。成人になっての感染はほとんどりません。日本人の感染
率は、上下水道の整備された時代に生まれた若い人の感染率は
低くなっていますが、50歳以上では約70%の方が感染していま
す。
胃の強い酸の中では細菌は生息できず、胃の常在菌は存在しないと言われていましたが、1979年にオーストラリアの病理学者ワレン博士は、胃粘膜の炎症とらせん状の細菌の関係に気づき、1983年、弟子のマーシャル博士がこの菌を培養することに成功しました。この細菌がヘリコバクターピロリ菌です。らせん状(ヘリカル)の形態をしている細菌(バクテリア)で、胃の幽門部(ピロルス)に感染していることからこの名前が付きました。


*どんな胃の病気が起こりますか
胃潰瘍・十二指腸潰瘍、そして胃癌「胃潰瘍と十二指腸潰瘍」腹痛や食欲不振が生じ、時には出
血を起こして緊急処置が必要な病気です。また、一皮治っても再発を繰り返し、患者さんを長く苦しめます。胃潰瘍と十二指腸潰瘍のほとんどはピロリ菌か消炎鎮痛剤が原因です。ただし、ピロリ菌に感染すると必ず潰瘍になるわけではありません。ピロリ菌感染者のうち2~3%の人が潰瘍こなります。胃潰瘍や十二指腸潰瘍の人のうち約90%以上がピロリ菌に感染しており、病気の原因はピロリ菌であることがはっきりしました。そして、ピロリ菌を薬で治療(除菌)すると潰瘍がほとんど再発しなくなるのです。昔から胃・十二指腸潰瘍の発症や再発の原因といわれてきた、
心や体へのストレス、酒、たばこ、暴飲暴食、季節の変化などはいまでも大切ですが、これらはあくまでも修飾因子であり、主役はピロリ菌感染なのです。


「胃炎」内視鏡検査を受けて、「胃がただれている、あれている」と言われたら、多くはピロリ菌感染による慢性胃炎です。慢性胃炎では痛み、もたれ感、吐き気、胸焼けなど様々な症状が起こります。慢性胃炎が続くと、胃粘膜の萎縮(萎縮性胃炎)が起こります。萎縮した胃粘膜は胃痛の発生母地になりうると注目されています。除菌治療により胃炎は治り、きれいな胃粘膜になりますので、若い人の強い胃炎は除菌治療をすることが望ましいのですが、現在のところ保険診療では胃炎の除菌治療は認められていません。専門医にご相談ください。「MALTリンパ腫」ある種のリンパ組織に由来する腫瘍が胃粘膜に発生することがあります。ピロリ菌を除菌することで治
ってしまうリンパ腫(MALTリンパ腫)があることが分かってきました。この治療は専門医の元で行われます。


「胃癌」ピロリ菌感染症が胃痛の原因であることは、動物実験からも臨床研究からも明らかになりました。ピロリ菌による慢性の炎症が続くことで胃粘膜細胞の遺伝子が傷ついてガン細胞が生まれ、また、出来たガン細胞が育つのが促進されると考えられています。ピロリ菌に感染している人は、感染していない人に比べ5倍以上胃痛にかかりやすい(日本人)ことがはっきりしました。


*ピロリ菌の検査
ピロリ菌感染の診断には内視鏡を使う検査と、内視鏡を使わない検査(吐き出した息、血液、尿、糞便を調べる)があります。それぞれ特徴があり、1種類の検査を選んで検査をします。最初の結果がはっきりしない場合は複数の検査を行い判定します。



*8割の人が成功しています
  ピロリ菌感染の除菌治療除菌治療は、ピロリ菌が感染していることによって胃・十二指腸潰瘍に悩まされている人のための治療です。検査でピロリ菌が陽性だった人は、胃酸の分泌を抑える薬と2種類の抗菌薬を7日間服用します。除菌治療の主な副作用には、下痢・軟便と味覚異常がありますが、軽いものでしたら、頑張って服薬を完了することが大切です。副作用については医師や薬剤師に相談してください。



  除菌をする時期は潰瘍の診断がついてすぐでも良いですし、従来の方法で治療して潰瘍がふさがるのを待ってからでも有効です。治療終了後4週間以上経ってからピロリ菌が除去できたかどうかの検査をします。この治療で85%除菌が成功します。10人に1、2人は除菌が不成功になることがありますが、次の対処法がありますので主治医にご相談ください。



*ピロリ菌を除菌するとどうなりますか
  胃の不調から解放される除菌に成功すれば、抗潰瘍薬の服用をやめても胃潰瘍と十二指腸潰瘍が再発することがまれになります。多くの方が、長い間「自分は胃の弱い体質なのだ」と苦しんできた胃の不調から解放されて、健康な胃で過ごすことが出来ます。潰瘍の周りの胃はピロリ菌による胃炎が無くなって、炎症のないきれいな胃粘膜に変わっていきます。除菌のあとしばらくすると、胃の運動と酸の分泌が活発になり、まれに逆流性食道炎による胸焼けが起こることがあります。この胸焼けは重篤になることはありませんし、対処法がありますのでご安心ください。また、除菌後には食事がおいしくなって体重が増えることがありますので注意しましょう。


*ピロリ菌を除菌すると胃癌予防が出来るのですか
  胃癌の発生率が3分の1に除菌治療による胃痛予防は、世界中の研究者が取り組んでいる課題です。胃・十二指腸潰瘍の方(日本人)を除菌治療して経過を10年間観ると、除菌に成功した方は不成功の方に比べて胃痛の発生率が1/3に減少することが最近分かりました。除菌治療で胃痛は予防できそうですが、どのような方がいつ除菌をしたら胃痛予防により有効なのかをはっきりさせる研究を続けなければなりません。一つ大切なのは、.除菌しても胃癌の発生は0にならないことです。したがって除菌治療に成功した後も、胃の内視鏡検査や胃痛検診は続けるべきです。


*ピロリ菌は胃以外の病気に関係しますか
  高まる可能性  特発性血小板減少症という血小板が減って出血が止まりにくくなる病気で、ピロリ菌の除菌治療をすると、半分の方で血小板が増える(日本人)ことが分かりました。また、慢性蕁麻疹(じんましん)、鉄欠乏性貧血、心筋梗塞などもどロリ菌感染と関係しているかもしれないデータがあります。慢性の感染状態が数十年にわたって続くのがピロリ菌感染症ですので、胃以外の病気にも関係している可能性があります。今後の研究成果を待ちたいと思います。


*ピロリ菌対策は抗生物質による除菌しかないのですか
  抑制する健康食品の研究   世界の人口の半分がピロリ菌に感染していると考えられていますので、感染者全員に抗生物質を使った除菌治療をするのは非現実的です。そこで、ピロリ菌感染を抑制する食品が探されてきました。ある種類のヨーグルト緑茶カテキン、ブロッコリー、米のエキスや糖化液などには抗ピロリ菌作用があり、服用することでピロリ菌の菌数の減少や胃炎の軽快がみられます。これらの食品には除菌する力はありませんが、健康食品としての意義はありそうです。ピロリ菌に対するワクチンの開発は熱心に進められていますが、実用化はまだ先になりそうです。


*胃の内視鏡検査について教えてください
  上部消化管内視鏡検査  胃炎、胃潰瘍、胃痛など胃の病気を診断するのに大切な検査です。先端にCCDカメラを組み込んだ電子内視鏡の画質が向上し、粘膜の僅かな変化もとらえることができます。ピロリ菌感染の有無も内視鏡像を見てある程度判断が付くようになりました。また、十二指腸、食道、喉頭や下咽頭(のど)の観察も同時に行える検査です。スコープは改良が続き細く柔らかくなっていますし、また、必要な方には鎮静薬を使用して、苦痛の少ない検査になっています。過去には肝炎ウイルス、緑膿菌、そしてピロリ菌の感染が内視鏡を介して起こったことがありました。現在、内視鏡は高いレベルの洗浄消毒がなされ、十分な感染対策がなされています。清潔で安全な内視鏡検査室で安心して検査をお受けください。


*まとめ
     1.ピロリ菌は胃潰瘍、十二指腸潰瘍、MALTリンパ腫、胃癌の原因です。
     2.胃潰瘍と十二指腸潰瘍は除菌治療をすることにより再発しなくなります。
     3.ピロリ菌の除菌が成功しても、胃癌の健診はつづけましょう。

                著者杉山 敦  杉山外科医院院長・松本市医師会理事医学博士、外科専門医、
                                      消化器外科専門医、消化器病専門医、消化器内視鏡専門医
                                      S29年生れ