サブページに戻ります
18

血圧・血流・血菅[01]

2016-12-18・・・日経より引用
◆血圧、家庭測定が役に立つ
    医学界「診察室より信頼」
    脳や心臓の病を予防

  高血圧気味の人は、自分で血圧を測ると役に立つ。こんな認識が医学界で定着しっつあるのをご存じだろうか。医療機関でプロが測るより、本人が測る万が血圧値の信頼度が高いことが分かってきた。目査同血圧学会が定めた高血圧治療のガイドラインでも、自宅で定期的に測ることを推奨している。

  50歳代のAさんは20年前から高尿酸血症を患い、尿酸値を下げる薬を毎日服用している。2カ月に1度の診察日には、医師が昔からある水銀式の血圧計で血圧を測る。5年前から最高血圧が140㍉を上回るのが常となり、一番軽い降圧剤を併用することになった。デジタル血圧計を購入したAさんは、自宅でもたまに血圧を測るが、最高血圧はいつも160㍉を超える。何年たってもこのズレは縮まらない。Aさんは、デジタル血圧計は信用出来ないと思っていた。だが、あるとき医師にそれを伝えると、「強めの降圧剤に替えてみましょう」と言われた。実は、今や「ズレがあったら家庭血圧が優先」というのは、医師の共通認識なのである。

  医師や看護師が診察室で測る「診察室血圧」と、一般の人が自宅で測る「家庭血圧」に差があることは、以前から知られていた。診察室だと緊張して血圧が高くなる「白衣高血圧」は有名だ。その反対に、普段は血圧が高いのに診察室だと低くなる「仮面高血圧」の人も相当数いる。Aさんは仮面高血圧の典型だ。これを放置すると、脳卒中や心筋腰墓になるリスクが加療中の高血圧患者より3倍高くなるとされており、注意を要する。高血圧学会で血圧計の精度管理ワーキンググループ委員を務める帝京大学の大久保孝義教授は「家庭血圧を優先するほうがいいことを示す科学的な証拠はたくさんある」という。

  最も有名なものは、岩手県花巻市の大迫(おおはさま)町で、1986年から30年間も続いている家庭血圧の測定事業だ。延べ1万5000人以上の町民が参加して毎日自分の血圧を測定し、そのデータと、心臓病や脳卒中などの発症の履歴を記録している。調べたところ、家庭血圧と脳卒中の発症リスクの間には明確な関連があった。早朝に家庭で測った血圧が135㍉を超えた人は、明らかに脳梗塞のリスクが高くなる。一方、診察室血圧と脳梗塞などの関連は明確ではなかった。病気の予測という点では、家庭血圧が診察室血圧より明らかに勝るのだ。この結果は、世界の研究者が注目した。

  関係の英語論文は130本を超え、世界保健機関(WHO)や各国のガイドラインづくりにも反映された。プロジェクトの中心の一人、東北大学の今井潤教授は「高血圧の基準値である『最高135㍉、最低85㍉』は大迫から生まれた」と胸を張る。素人が測る家庭血圧が、なぜプロより信頼できるのか。第一に、同じ条件で測定しやすいからだ。血圧は運動や食事のほか、排便・排尿、会話などで数十㍉も変動する。早朝、朝食前に1~2分安静にして測るのが最も安定する。2、3度繰り返して測定することで再現性も高くなる。

  ミスが少ない利点もある。医療機関で使われる水銀式血圧計は、上腕を圧迫して血流を止め、徐々に減圧して脈拍が再開する際の音を聴診器で聞き取る。この時の圧力が最高血圧。さらに減圧して音が聞こえなくなった圧力が最低血圧だ。減圧が速すぎたり脈拍を聞き逃したりすると、最高血圧が低めに出やすい。一方、家庭で使うデジタル血圧計は血圧を直接測ってはいない。脈拍の振動データを数式で処理し、最高・最低血圧をはじき出す。きちんと扱えば測定ミスはない。

  オムロンヘルスケア(東京・品川)の白崎修博士は「社によって数式は異なるが、精度の問題は解決している」と話す。水銀は有害なため、水銀式血圧計は2020年以降、製造・輸出・輸入が原則禁止された。医療現場でも順次デジタル血圧計に切り替わりつつある。国内の高血圧患者は約4300万人。デジタル血圧計は4000万台以上が発売されており、2軒に1台ぐらいの割で普及している。家庭血圧を定期的に測り、生活習慣を改善することで、脳や心臓の病気の予防に努めたい。(池辺豊)




*卓上式腕帯はしっかりと・ 手首式高齢者使いやすく
  市販されているデジタル血圧計は主に3種類ある。販売台数の約6割を占め、最も多いのが卓上式だ。腕帯を上腕部に巻いて加圧し、自動的に減圧しながら最高血圧、最低血圧、脈拍を測る。巻きが甘いと血圧値が高めに出るので、きちんと巻くようにしたい。早朝なら起床して1時間以内の朝食前、排尿をすませ~2分落ち着いてから測るのがよいとされる。腕に巻いた腕帯が心臓の高さくらいになるよう、腕の角度を調節する。

  いつも同じ姿勢で測ることが重要だ。2回測り、差が5㍉以内なら平均して記録する。次に多いのが手首式で、全体の約3割を占める。精度は上腕式に比べてやや劣るものの、測定時に服の袖を上腕までめくりあげる必要がなく、高齢者には使いやすい。残りは据え置き式の腕帯に腕を突っ込む全自動タイプ。手軽に測ることができ、スポーツジムなどでよく使われている。




2018-08-20・・・・PLUSI健康より引用
◆血管・血流が若返る、高血圧対策





2018-10-08・・・日経より引用
◆高血圧治療目標まるハ一ドル
    来春、成人140/90から130/80へ変更される   降圧薬服用、工夫必要に

  血圧はどこまで下げた方がいいのか。米国で高血圧の診断基準が引き下げられたことを受け、国内でも来年春のガイドライン改訂を見据えて議論が進んでいる。現在のところ、日本では診断基準は変えないものの、治療の目標値が引き下げられる方向だ。現在治療を受けている約1千万人の高血圧患者はさらに薬が増える見込みで、厳しい服薬管理が求められそうだ。

  「高血圧」と診断する基準を10ポイント引き下げる。昨年、米国の学会が24年ぶりに医師が「あなたは高血圧です」と診断する基準を変更し、大きな衝撃が走った。しばしば「上の数字」「下の数字」という血管の収縮期と拡張期のそれぞれの血圧を「140/90」から「130/80」に引き下げたからだ。米国の高血圧患者は推計で7220万人。診断基準の引き下げで患者は一気にl億330万人に増えることになった。診断基準を引き下げた主な根拠は臨床試験の最新データで「130/80」以上でも脳卒中などのリスクが増えると分廿ったためだ。米国の基準引き下げを受け、2019年春にガイドラインの改訂を控える日本でも議論が進んでいる。

  もし米国と同様に引き下げれば、高血圧患者は現在の4300万人から2000万人増えて6300万人になる。日本の総人口の半分、成人の6割が「高血圧」になってしまう計算だ。だが日本高血圧学会は9月に開いた総会で「診断基準は変えない」という方針案を公表。議論に加わった学会関係者は「欧州の学会が6月に基準(140/90)を変えないと表明したので、日本でも変える必要はないとの意見が大勢を占めた」と説明する。正式な決定は来春になるが、このままいけば日本で高血圧患者が激増するといった事態は避けられそうだ。東京都内で開業する60代の内科医は「患者が混乱せずに済みそうでよかった」と話す。

  とはいえ、現在治療を受けている約1千万人の高血圧患者には、少なからず影響がある。なぜなら新しい方針案で治療の目標値が引き下げられたからだ。これまで高血圧の治療を受ける患者の目標値は75歳以上の高齢者が「150/90」、75歳未満の成人が「140/90」だったが、新しい方針案は高齢者が「140/90」、一般成人は「130/80」未満に下げることが目標となる。引き下げ幅は米国と同様に10ポイントで、ほぼ降圧薬1種類を服用した場合の低下幅に相当し、障圧薬が1種類追加されるイメージだ。高血圧の治療に詳しい東京都健康長寿医療センター顧問の桑島巌医師は「多くの患者は今まで以上に積極的な治療が必要になってくる」と解説する。

  薬の種類や服用回数が増えると、飲まなくなる人も増えてくる。特に高血圧では薬が多く、一方で効果は実感しにくいため、治療目標値への到達率が低い。日本では男性で30%、女性で40%の患者しか到達していない。到達率が低いのは世界共通で問題視されている。学会関係者は「高血圧は診断が簡単で優れた薬がいくつもあるのに、ここ10年低いままだ」とこぼす。こうした場合、2種類、3種類の降圧薬を1錠にまとめた配合剤を選択するのは1つの方法だ。従来のまま複数の薬を処方され、服用しやすい配合剤を医師から知らされていない患者も多い。

  最近は後発薬で安価な配合剤も増えている。一方で、夏場には血圧低下や脱水が起きやすく、季節に応じて薬の種類や量を調整する医師も多い。配合剤にはそうした調整がしにくいものもあるため医師との相談が必要となる。日本高血圧学会の新しい基準案は、今後パブリックコメント(意見公募)を集めた上でさらに議論し、来年4月には正式に決定される予定だ。高血圧の患者はこれまで以上に定められた薬を飲む必要性が高まりそうだ。  (野村和博)


【患者タイプ別の降圧の治療目標値(案)】


*血圧140→120未満 心筋梗塞少なく
  米ガイドライン改訂根拠は・・・

  米国のガイドラインが改訂されたのは、降圧の是非に関する論争に終止符を打つ試験結果が発表されたことが大きい。これまで、高齢者では血圧をあまり下げない方がいいという考えや、下げすぎるとかえって有害な結果を生み出すという考えがあり、議論がまとまらなかった。そこで「米国政府は決着をつけるために試験し、やはり下げた方がいいという結果を出した」 (東京都健康長寿医療センクー顧問の桑島巌医師)。スプリント試験と呼ぶ臨床試験の結果、収縮期血圧を従来の140未満まで下げた群よりも、120未満に下げた群の方が心筋梗塞などが少なかった。過去にこうした降圧薬の臨床試験では一部の製薬企業が不正を働くなど不信感が残るが、桑島氏は「臨床試験の監視が厳しくなったのに加え、今は降圧薬はほとんど価格の低い後発薬に置き換わっており、製薬企業が不正を働いた結果ではない」と指摘している。




2018-11-10・・・日経より引用
◆高血圧防ぐ「DASH食」 緑黄色野菜を積極摂取
    複数の栄養素組み合わせ→塩分排出促す

  高めの血圧が気になるが、減塩はなかなか難しい一一。そんな人は、高血圧を予防・改善する「DASH食」を試してはどうだろう。塩分の排出を促して血圧を下げる食事法と、とりたい食品を知っておこう。

  DASH食は心筋梗塞などの心疾患で亡くなる人が多い米国で考案された。カリウムやカルシウム、マグネシウムなどのミネラルや食物繊維が豊富な野菜や果物、低脂肪の乳製品などを積極的にとることで、塩分を排出し血圧を抑えるのが特徴だ。DASHとは「高血圧予防のための食事法」を表す英語の略語。東京都健康長寿医療センター(東京・板橋)循環器内科の原田和昌副院長は「DASH食で血圧を下げる効果が確認されている」と話す。ミネラルはそれぞれ塩分の排出を促したり、血圧を調整したりする作用を持つ。

  「他のミネラルや食物繊維と複合的に摂取することで、相乗効果が得られて血圧が下がる」(原田副院長)。塩分の多い食事が続くと、体内の塩分濃度を下げるために皿液量が増えて血管壁に圧力がかかり、血圧が上昇する。日本高血圧学会(東京・文京)は1日6g未満の塩分摂取量を推奨しているが、厚生労働省の調査によると、日本人の1日の食塩摂取量は平均約10g。管理栄養士として栄養指導に取り組む、臨床栄養実践協会(東京・大田)の足立香代子理事長は「塩分量を厳しく制限する食事法は実行が難しく、ストレスもたまりがち。

  DASH食は野菜や果物を今より多く食べる方法なので、実践しやすい」と解説する。積極的にとりたい食品の筆頭は野菜。特にコマツナやホウレンソウ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜からは、ミネラルと食物繊維が同時にとれる。海藻もミネラルや食物繊維が豊富だ果物はキウイフルーツやリンゴ、ナシ、カキなどがおすすめ。「バナナはカリウムが豊富だが、繊維が少なくショ糖が多いため、血糖値が上がりやすい」 (足立理事長)アーモンドなどの種実類には、マグネシウムが多く含まれる。マグネシウムはカルシウムと作用して血圧を整える働きを持つ。原田副院長が薦めるのは市販のミックスナッツ。

  「塩分を加えていない、素焼きのものを選んで」低脂肪の乳製品では特に「カルシウムやたんばく質を多く含むギリシャヨーグルトがおすすめ」と足立理事長は話す。米国のDASH食は、肉や卵など飽和脂肪酸やコレステロールの多い食品を控えるよう勧めている。ただ、「日本人の場合はたんばく質が不足しがち。高齢者は特に、加齢に伴い心身機能が低下するフレイル(虚弱)などが起こってくるので、減らすことをあまり意識しなくてよい」と足立理事長は助言する。たんぱく質は筋肉の材料になるほか、血管を丈夫にする働きを持っている

  「魚や大豆製品などの良質なたんぱく質をとることで、血圧がむしろ下がりやすくなる」DASH食は肥満の改善にも有効だという。足立理事長によると「野菜類を多くとるため、ごはんなどの炭水化物の摂取量が抑えられるからだと考えられる」。食品の組み合わせを調整するだけなので、簡単に始められるが、注意が必要な場合もある。「降圧剤を服用中の人や、腎臓病、糖尿病の人だと、治療に影響することがあるので、主治医に相談してほしい」(原田副院長)特定の栄養素にこだわるのではなく、血圧上昇を抑える働きを持つ複数の食品を多くとるというDASH食。日々の食生活に取り入れてみよう。(ライター田村 知子)






2019-01-26・・・日経より引用
◆不調呼ぶ血流の悪化・内からも外からも温めて
    ふくらはぎのツボ刺激/食事の脂控えめに

  血液の巡りは生命を維持するための重要な役割を担う。血流が悪化すると、冷えや体の痛みといったさまざまな不調が現れて、動脈硬化などの原因になることもある。悪化する原因や予防法、改善策を知ろう。

  血液は体中を巡りながら、呼吸で取り込んだ酸素や食事から取った栄養を全身の細胞に運ぶほか、二酸化炭素や老廃物を細胞から回収している。さらに各種ホルモンを体内で作用させる、ウイルスや細菌と戦う免疫細胞を必要な箇所に届けるといった働きもある。脂っこい食事やストレス、運動不足などが続くと血液が流れにくくなる。血液中に悪玉コレステロールが増え、血液の粘度が高まり、いわゆるドロドロ血の状態になる。糖質が多い食事は血中の中性脂肪を増やし、血液がスムーズに流れにくい血管になる。血流が悪化すると体が冷えて、血流はより悪くなる。東京有明医療大学教授の川嶋朗氏は「細胞に酸素や栄養が十分に屈かなくなりへ熱の産生刀が弱くなって低体温になる。

  すると血液の温度が下がって、さらにドロドロになる。血管も収縮する」と説明する。この悪循環がさまざまな不調や疾患を引き起こす。むくみや肌荒れ、便秘、肥満、月経土トラブルや薄毛、勃起不全(ED)のほか、肩こりや腰痛などだ。血流の悪化で動脈硬化が起きると、心臓病や脳卒中の原因にもなるので要注意だ。血流の状態をセルフチェックする方法がある。金沢医科大学組合内科学准教授の赤沢純代氏は「舌全体がサーモンピンク色なら問題ない。舌の裏の静脈が紫色っぽく浮き出ているなら、ドロドロ血で滞っている可能性が大きい」と話す。目の下にクマが出やすい、ふくらはぎがむくみやすいというのも、血流悪化の兆しだという。血流を改善するには何をすべきか。「まずは体を冷やさず、温めて」と川嶋氏は勧める。

  太ももやおしり、二の腕など大きな筋肉がある部位は血流が多いので、重点的に温めると効果的。「デスクワーク中などに、湯たんぽやお湯を入れたペットボトルを当てるとよい」。代謝に不可欠な内臓があるおなか、副交感神経の中枢がある仙骨周辺(背骨の下端)も温めよう。40度前後の熱すぎない風呂にゆっくりつかるのも有効だ。適度な運動で筋肉をつけることも心がけたい。筋肉は血液を心臓に送り出すポンプ機能と、体の熱を作り出す機能をあわせ持つ。一般的に男性より女性に血流悪化と冷えが起こりやすいのは、筋肉量が少ないためだ。川嶋氏のお勧めは「普段の1・5倍のスピードで歩く、洗濯物を1枚干すごとに1回しゃがんでスクワットする、エスカレーターを使わず階段を上り下りする」こと。日常の動きに少し負荷をかけて筋肉をつけたい。

  赤沢氏は血流に大きな影響を与える場所として、ふくらはぎをマッサージするよう勧める。ふくらはぎは第二の心臓とも呼ばれ、滞りがちな下半身の血液を心臓へ送るポンプの役割を果たす。「両手でさすり上げたり、血流をよくするツボ(イラスト参照)を下から上へ押したりして。毎日続けてほしい」ドロドロ血を防ぐため、食事にも気をつけよう。脂っこいものを取り過ぎないようにする。菓子類や加工食品に使われるトランス脂肪酸の摂取はできるだけ控えたい。脂の中でも「サケやマグロ、イワシなど青魚に含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)には血流改善の効果が期待できる。積極的に摂って」 (赤沢氏)。シナモンなど香辛料を使うのも、血流の改善に有効だという。






2019-09-21・・・日経より引用
◆日中気温差で変動大きく、高血圧季節の変わり目注意
    家庭で測定の習慣を/室内の気温一定に

  高血圧は冬場になりやすいと思われでいるが、実は秋も発症が多い。日中の気温差が大きく血管が収縮することが要因だ。心筋梗塞や脳卒中など重篤な病気のリスクが高まるだけに、しっかり予防したい。

  血圧は心臓が血液を送り出した際に血管にかかる圧力。血管が縮むとその分、圧力が高まる。気温が下がると血管は収縮するが、寒い冬場より秋こそ注意が必要になる。東北大学東北メディカル・メガバンク機構の宝沢篤教授の調査によると、平均気温が10度を下回る冬場は、秋や春先と比べても1日の血圧変動が小さい。「家庭で暖房などを通じ室温管理に気を配るようになり、一定に保たれるため」 (宝沢教授)という。秋は気温差が大きい一方、室温管理などの準備が冬に比べ手薄い。このため、気温の変化が身体に影響しやすい。血圧変動が激しいと血管の内側が傷みやすく、心筋梗塞や脳卒中にかかる可能性が高まる

  健康を守るために重要なのは、自分の血圧の変化を知ることだ。市販の血圧計で自宅で血圧測定することを多くの専門家が勧めている。健康診断や病院で測定した血圧を目安にする人も多いが、こうした「診察室血圧」は緊張感もあり、自宅で測定する「家庭血圧」より高めになることが多い。日々の健康管理では家庭血圧の変動を知ることが有効だ。では、どの程度の血圧変動があると注意が必要になるのか。帝京大学衛生学公衆衛生学講座の浅山敬准教授らの研究では、夏から冬にかけて最高血圧が10以上、最低血圧が5以上高まる人は、心臓や血管の病気になるリスクが2倍になることが分かっている。自治医科大学付属病院循環器内科の苅尾七臣教授は、1日に気温が10度変化したときに10以上の血圧変化がある人を「気温感受性高血圧」と呼び、朝に血圧が急上昇することも多く注意が必要という。

  高血圧の診断基準では家庭血圧の最高が135以上、最低が85以上を高血圧としている。苅尾教授は「昼は基準以下でも朝の血圧で最高が140以上、最低が90以上ある人は循環器内科に相談したほうがいい」と助言する。血圧変動の大き小人は生活の工夫も欠かせない。宝沢教授は「秋は気温の変化に対応しやすい服装を心がけたい」と話す。とくに朝起きたときには、体が冷えないようカーディガンなど羽織れるものを準備しておこう。一方、秋は血圧を安定させるための生活改善に取り組むのにもってこいの季節でもある。重要なのは運動と食事。運動に適したこの季節、l日8千歩以上のウオーキングなどの運動習慣を身につけよう。食事では減塩に気を配ると同時に、旬の食材を血圧管理に取り入れよう。

  キノコ類、サツマイモやサトイモなどイモ類、リンゴには血圧を安定させる効果のあるカリウムや食物繊維が豊富なので、積極的に食事に取り込みたい。寒い冬に備えた住環境のチェックも早めに。トイレや脱衣場に小型の暖房機を入れるなどのヒートショック対策はよく知られているが、意外に知られていないのが同じ室内の気温差だ。断熱効果の低い住宅では、腰の高さに比べ足元(床から川戎)は温度が5度前後低くなり、その影響で血圧が高まりやすいという実験結果もある。送風機で室内の気温を一定にするなどの工夫が必要だ。苅尾教授は、気温の季節変動に加えて、「睡眠不足、早朝に血圧が高くなる日内変動、仕事のストレスなどによる血圧変動が重なり増幅されたときも心臓や血管の疾病リスクが高まる」という。出勤時に最寄り駅まで走ったりすることのないように、寒い朝は余裕を持ってすごしたい。(ライター荒川 直樹)






2021-08-07・・・日経より引用
◆夏に気になる低血圧、立ちくらみ・めまい要注意
    降圧薬で下がり過ぎも/欠かさず水分補給

  血圧は低い方が健康という印象があるかもしれない。ただ立ちくらみやめまいなどの症状を伴う低血圧は放置すると危険。高血圧で薬を服用中の人も夏場は血圧が下がり過ぎることがある。注意点をまとめた。


  生活習慣病のひとつとされる高血圧に比べ、低血圧はそれほど問題視されてこなかった。診断基準も日本では高血圧ほど明確ではない。一般的には心臓が収縮して血液を送り出すときの最高血圧(上の血圧)が100mmHgに満たない場合を呼ぶ。国際医療福祉大学三田病院(東京・港)の佐藤敦久副院長(内科)は「低血圧が体質的なもので、原因となる病気や自覚症状がない場合は特に心配はない。むしろ心血管系疾患のリスクを下げる利点がある」と話す。ただし脳への血流低下による立ちくらみやめまい、頭痛といった症状がある場合には注意が必要だと訴える

  OD低血圧クリニック田中(大阪市)の田中英高院長は「寝た状態から体を起こしたり、座った状態から立ち上がったりしたときにふらつきなどがひどくなる場合は起立性低血圧が疑われる」と指摘する。食後に倦怠感や強い眠気などが表れる場合、食事性低血圧が考えられる。糖尿病や腎臓病、心疾患などの病気や薬が原因の場合、症候性または二次性低血圧と塩分が排出されることもあって、健康な人でも血圧が下がりやすい。高齢者は特にのどの渇きを感じにくく、トイレに行く回数を抑えようと水分を控えてしまう人がいる。田中院長は「低血圧の改善には脱水予防が重要だ。

  少量ずつでもこまめに水分を補給しよう。1日に1・5〜2リットル程度を目安にしてほしい」と助言する。夜間は冷房をつけていても寝汗をかく。就寝前やトイレに起きた際にも水分補給を心がけたい。低血圧だからといって、血圧を上げようと過度に塩分を摂取する必要はない。佐藤副院長は「通常1日3食とっていれば塩分不足にはなりにくい。血管を収縮させる作用があるカフェインを含むコーヒーや緑茶を食事時に飲むと、一時的に血圧を上げ、ふらつきなどの症状の緩和が期待できる」と説明する。

  血圧を調整する自律神経の機能を高めるため、適度な運動も習慣にしたい。低血圧だと下半身に血液がたまりやすい。心臓に血液を戻すポンプの役割をするふくらはぎの筋肉を運動で鍛える。血流を促すため、日中に弾性ストッキングを身につける手もある。それでも症状が続く場合は血圧と体重の記録を持参して医療機関に相談したい。(ライター田村 知子)