サブページに戻ります
18

認知症・痴呆症の過程[01]

2010-09-04・・・日経より引用
●顏、「くま」は血行促進で改善

  目の回りがどんよりと暗く見えるくま。実年齢より老けた印象を与えたり、疲れて見えたりするので何とかしたいという人は多い。くまを完全になくすことは難しいが、マッサージや運動などである程度改善できるので、気になる人は試してみてはどうだろう。


*「15歳老けた印象」
  くまがあると印象はどう変わるのか。ポーラはパソコンで作成した24歳の女性の合成顔と、同じ合成顔にくまを加えた顔をふたつ並べて印象の違いを男女30人に聞いた。その結泉「実年齢よりも15歳も老けた印象になった」 (ポーラ商品企画部課長の菅干帆子さん)。くまとは何なのか。資生堂スキンケア研究開発センクー主任研究員の舛田勇二さんは「くまの原因は目の回りの毛細血管のうっ血と色素沈着」と話す。うっ血とは毛細血管の中で血液が「渋滞」している状態。同社が約60人の女性を対象に目の回りの皮膚の状態を調べたところ「くまがある人はない人に比べ、目の回りの血流が遅いことが分かった」と舛田さん。

  血液は毛細血管を流れる間に運んできた酸素を周りの細胞組織に送り込む。血流がスムーズだと酸素を持つ血液が常に流れ込んでくるが、渋滞を起こしていると、とどまっている間に酸素を使い果たしてしまう。酸素を手放した後の血液は鮮やかな赤色から暗い赤に変化するため、血流が滞っていると皮膚の色が暗く見えてしまうのだという。もう一つの原因が皮膚に蓄積したメラニン色素の沈着で、茶色がかったくまになる。「20代ではくまの有無とメラニンの量はそれほど関係がないが、年齢を重ねるとメラニンが原因のくまが増える」(舛田さん)。

  うっ血と色素沈着というふたつの原因に加え、目の回りの皮膚の薄さも要因の一つ。目の回りの皮膚は0・6~1㍉とほおの皮膚の2分の1~3分の1の薄さ。そのためうっ血や色素沈着など、肌の内側の状態が表面に現れやすい。うっ血によるくまは青みがかった血管の色が透けているため、青いくまになる。このタイプのくまが気になる人は、血流改善を意識してみよう。「血流改善にはマッサージが効果的。目の回りだけでなく顔面、首筋など静脈全体の流れを良くすることを意識して」とポーラの菅さん。

  顔面で大事なのは「顔面静脈」。目と鼻の間から鼻と口の横を通り、あごの付け根に向かう静脈で、目の回りなど顔面の多くの静脈を集めている。ただ、静脈の流れを良くしようとこするのは厳禁。指先を使って軽く押して離すだけで効果があるという。首筋にも2本、太い静脈が流れているので、手のひらで温めつつ優しくもむとよい。「10分間マッサージを続けると目の回りの肌の温度が0・5~1度上昇し、ほんわりと温かく感じる」(菅さん)。10分のマッサージが面倒なら1分程度でも続けることが肝心だ。


*運動習慣見直しも
  「くまが気になるなら、体力をつけて全身の血のめぐりを良くして」と話すのは西葛西井上眼科クリニック(東京都江戸川区)の勝海修所長。「特に女性は心臓の相出力が弱く、酸素が少ない血液がたまりやすい。なるべく歩くようにしたりジムに行ったりして運動習慣をつけることが、結果的にくまの改善につながる」と指摘する。色素沈着は肌のこすりすぎや紫外線などの刺激でできるといわれるが、肌の新陳代謝が正常なら自然に改善されるという。このほか、目の回りに乾燥や小じわ・たるみがあると、光がうまく反射されず、くまが目立ちやすくなる。目の回りはもともと保湿能力が低く乾燥や小じわが現れやすいので、保湿効果があるクリームを使うなどするといい。それでもくまが気になる場合は、しみなどを隠す化粧品のコンシーラーを使う手も。ほおの色に合わせたベージュのコンシーラーを選びがちだが、菅さんは「実は青いくまを隠すにはオレンジ系が向く」と、アドバイスする。




*色素沈着 真皮層でも
  茶色っぽいくまの原因となるメラニンの色素沈着。メラニンは通常は表皮にのみ存在するが、最新の研究から表皮の下の真皮層でメラニンの色素沈着が起きているケースがあることが分かってきた。帝京大学医学部の渡辺晋一教授(皮膚科)が目の下のくまに悩む十数名の患者の皮膚を調べたところ、「全員に真皮層にメラノサイトがあった」。メラノサイトとはメラニンを生成する細胞で、通常は表皮の基底層にある。

  「真皮のメラノサイトが原因の疾患には顔の青あざの太田母斑などがある。目の下のくまもこうした『あざ』と近いものなのでは」表皮のメラニンは肌の新陳代謝によってはがれおちるが、真皮のメラニンは「自然に消えることはまずない」。塗り薬や美白剤などは表皮のメラニンにしか効かないので、真皮にできたくまを薄くしたい場合は、レーザー治療が必要だという。




2011-04-15・・・日経ビジネスより引用
●ボケ防止へ仕組み解明
    アルツハイマー治療薬(エーザイ・武田薬品・ヤンセンファーマ・第一三共・ノバルテイスファーマ・小野薬品)

  高齢化が進む日本において、患者が増え続ける認知症。その過半の原因とされるアルツハイマー病の治療薬が、相次いで登場する。病気の発症プロセスが解明されてきたが、根本治療薬の開発は先になりそうだ。

  「やっといろいろな選択ができる環境になった」アルツハイマー病による認知症と2年前に診断された80歳の母親と東京都に住む藤岡智子さん(仮名)は喜ぶ。これまでアルツハイマー病の治療薬はドネペジル(エーザイ、商品名アリセプト)のみが国内で認可されていた。今年はアルツハイマーの治療薬が新たに3つ登場する。海外では約10年前から患者にアルツハイマー治療薬について複数の選択肢があったが、ようやく日本でも自分に向いた薬を選べる環境が整う。まず3月に発売されたのが、ガランタミン(ヤンセンファーマ・武田薬品工業、商品名レミニール)だ。

  実はメマンチン(第一三共、商品名メマリー)も3月発売予定だったが、東日本大震災の影響で延期された。第一三共は「継続して服用する必要があるため、生産体制が整わないうちは出荷できない。安定供給が可能になり次第発売する」(医薬営業本部プロダクトマーケテイング部の寺内秀昭ストラテジープランナー)という。ノバルテイスファーマと小野薬品工業が承認申請しているリバスチグミン(商品名はそれぞれイクセロンパッチ、リバスタッチパッチ)も年内に発売される見通しだ。




*アルツハイマー=認知症でない
  同じ薬でも、効果は使う人によって異なる。これまでドネペジルで思ったような効果が得られない場合や副作用が激しい場合は、国内では代替薬がなかった。藤岡さんの母親は英国で診断を受けたが、その際にドネペジルではない薬を処方された。以後、個人で輸入しているという。ようやく、その状況が変わる。その病名があまりにも有名なため、「アルツハイマー病=認知症」と思われがちだが、それは誤りだ。

  アルツハイマー病とは脳神経細胞の死滅や神経伝達の感受性の鈍化を起こす病気。こうした変化が脳内で進行することで、一般には「ボケ」とも言われる認知障害などの症状が表れる。つまり、アルツハイマーは数ある認知症の原因の1つという位置づけだ。アルツハイマー以外にも、脳血管性やレビー小体型など認知症の原因は多岐にわたる。ただし、アルツハイマー病が原因の認知症は全体の5~6割を占めるため、治療薬の選択肢が増えることは多くの患者にとって朗報だ。

  アルツハイマー治療薬は、その作用の仕方によって2タイプに分かれる。神経伝達の感受性を向上させる「コリンエステラーゼ阻害薬」と、脳細胞の損傷・死滅を防ぐタイプの薬だ。コリンエステラーゼは、脳内の神経伝達物質を分解するため、伝達能力を落とす。このコリンエステラーゼの働きを妨げることで、神経伝達物質の濃度を上げて伝達力を高める。こうして認知症の進行を抑える。このタイプに当たるのがドネペジルとガランタミン、リバスチグミンの3つの薬だ。それぞれ微妙に異なる特徴を持つが、基本的な仕組みは同じだ。認可されてから長いドネペジルは日本市場だけでなく、世界でもシェアが最も高い。リバスチグミンの最大の特徴は、ドネペジルとガランタミンが錠剤であるのに対して、この薬は体に貼りつける「パッチ剤」であることだ。




*「パッチ刑」で副作用が減少へ
  認知症の患者には薬を飲むのを嫌がる患者もおり、飲んだふりをして隠れて吐き出してしまうこともあるという。パッチ剤なら背中などに貼ればよく、家族らが介護する際に利点がある。薬そのものに日付などを書き込むこともできるため、貼り忘れなどを防止しやすい。リバスチグミンは海外ではカプセルでも提供されているが、嘔吐などの副作用が強い弱点があった。それをパッチ剤とすることで成分を徐々に体内に取り込むことができるようになり、副作用も軽減できたという。もう1つの脳細胞の損傷・死滅を防ぐタイプの薬がメマンチンだ。

  この薬はアルツハイマー患者の脳内で増えるグルタミン酸の毒性を封じ込める。アルツハイマー患者の脳内ではグルタミン酸が増えることが知られている。このグルタミン酸がシナプスの受容体に取りつくとシナプス内にカルシウムイオンが流入し、神経細胞が過剰に興奮して障害や死滅につながる。メマンチンはこの受容体に先に取りつくことで、神経にカにカルシウムイオンが流入することを防ぐ。またメマンチンは、いずれのコリンエステラーゼ阻害薬とも併用できる。


*加齢や生活習憫も引き金に
  アルツハイマー病はドイツの精神科医、アロイス・アルツハイマー博士によって、1906年に初めて報告された。脳内で起こる変化を追跡するのは困難を極める。それでも、ここにきてアルツハイマー病の発症プロセスが、かなり解明されてきた。現在、最も有力なのは「アミロイド・カスケード仮説」だ。カスケードは英語で、小さい滝が連続している様子を表す。その名の通り、この仮説ではある原因が次の変化を呼び、それがさらに次の変化の要因となっていることからこう名づけられた。

  具体的にはまず加齢や生活習慣、遺伝など様々な要因が引き金となりアミロイドβと呼ぶたんばく質が脳内で作られる。徐々に蓄積が進んだアミロイドβは、凝集して「オリゴマー」と呼ばれる状態になる。このオリゴマーは毒性を持っており、脳神経細胞内のタウたんばくという物質をリン酸化し、最終的には繊維のような状態にする「神経原繊維変化」と呼ぶ変化を引き起こす。ただし、加齢や食習慣などもタウたんばくの変化に影響を及ぼす可能性も高いなど、様々な要素が複雑に絡むことが分かっている。

  こうした一連のプロセスは20年ほどかけて徐々に進行する。リン酸化や繊維化などで神経細胞が死滅していくことで、患者は記憶障害などの認知症状を発症する。脳神経細胞の死滅は、アルツハイマー病患者の脳は萎縮していることから裏づけられる。厚生労働省によれば2009年の日本人の平均寿命は女性が86.44歳、男性が79.59歳にまで長くなった。「人生50年」の時代には知られることがなかったアルツハイマー病。だが、既に日本には24万人の患者がいる(2009年、厚生労働省調べ)。

  ますます高齢化が進むことなどから、調査会社のシード・プランニングは「2025年には220万人に増える」と予測する。今後、本人や家族らが何らかの形で遭遇する確率が高い病気と言える。そのアルツハイマー病の新薬が登場するというニュースは、患者や家族にとって朗報に違いない。ただし、過度な期待は禁物だ。現時点で承認されているアルツハイマー治療薬は、残念ながら根本治療薬ではないからだ。生き残った神経細胞の活性化には貢献するが、アミロイドβの生成からタウたんばくの神経原繊維変化までのプロセスには関与していない(下の図を参照)。




  現在、日本を含めて世界の多くの製薬会社が根本治療薬の開発を進めている。だが、ここ数年、「フェーズ3」と呼ばれる治験段階に入ってから効果が確認できなかったり副作用が激しいなどの理由で次々に開発中止となっており、当分の間は根本治療薬の登場は期待できなさそうだ。現在、薬でできることは症状の進行を一定期間遅らせること。だが、悲観ばかりする必要はない。アルツハイマー病は高齢になって発症するケースが多いが、早期発見への心がけが大切という。すぐに治療を始めれば、病気の進行を抑えられるからだ。認知症に詳しい金沢大学神経内科の山田正仁教授は「病気を早期に見つけるほど、薬は効果を発揮しやすい。そうなると患者が余生を送るのにも、介護をする家族にとっても、大幅に生活を変えなくていい期間を長く保てる」と説明する。認可手続きの問題などもあり、海外に大幅に遅れたが、日本でもようやくアルツハイマー病治療薬を選択できる環境が整う。高齢化が進む日本において、アルツハイマー治療の重要性はますます高まる。今後、根本治療薬が開発された時に、日本にもすぐに取り入れられる環境作りを忘れないことも大切だろう。(広岡延隆)■






★2015-05-30
●認知症について・・・日経・くらし面より
           認知症・生活習慣で防げ、  糖尿病や高血圧、リスク高く
           食事改善と運動が大切、  薬に頼らず体重管理

  どんな人が認知症になりやすいのか。最近注目されているのが認知症と生活習慣病の深い関係であると5月28日のくらし欄に載せられていた。その一部を引用し、中高年で糖尿病や高血圧症などを患(わずら)った人が認知症になるリスクが高いことが明らかになってきたと書かれていた。

  認知症のリスクを高める病気として専門家が挙(あ)げるのもの
    1、糖尿病(特に認知症のリスクとの関係が深いものである)

    2、高血圧・・・血圧が基準値よりも高い状態が続く場合をいう
          *老年期になって高血圧になった人よりも中年期に血圧が
            高かった人の認知症発生リスクが大きいことがわかった
          *薬で血糖値が急に下がることで認知症のリスクが高まることが指摘されている
            薬をできるだけ減らして体重を減らし、食事や運動習慣を改善するのが良い

    4、コレステロールなどの値が高まる脂質異常症
          *血液中のLDLコレステロールや中性脂肪などの悪い脂質の量が増えすぎた状態と
           良い脂質であるHDLコレステロールの量が減りすぎた状態を合わせて
           脂質異常症と呼ぶ

    5、内脂肪肥満などを特徴とするメタボリック症候群

       ワースト1、アルツハイマー病は約6割り
       ワースト2、脳梗塞・脳出血

  その為には、認知症への対処としては近年、兆候を早期に発見して、進行を抑える方法が注目されている。軽度認知傷害(MCI)と呼ばれる部分的な記憶傷害が現れている状態を診断し、食生活の見直しや運動などを指導する。これにより進行を遅らせ、人によっては病状が出ずにすむ人もいるという。生活の習慣病と関連した認知症リスクへの対応は、MCI(軽度認知傷害)に至る前で先手を打つことを意味する。

  認知症になりにくい生活習慣としては、人によってはアレルギーなど、もろもろの体質による個人差があるが、ごく一般的な人にとって、毎日しっかりと歩くなど運動を習慣づけたり、野菜(一日200グラム以上)や魚(たんぱく質を積極的に摂取する、牛乳・牛製品は認知症予防に効果的)を主体とした食事を摂ったりすることが推奨(すいしょう)されている。これらはそのまま生活習慣病の予防につながる。認知症のリスクも視野に入れ、転ばぬ先の杖としての生活習慣を改善することが賢く大切なことである。






2016-01-24・・・日経より引用
●「認知症、脳のごみ」除き予防
    アルツハイマー病の前兆を捉える
    検査装置や治療薬開発進む

  認知症患者は現在、462万人に上る。高齢化とともに増え続け、2025年には730万人に達すると推計されている。特に根本治療がないアルツハイマー病の比率が増えており、対応が急務だ。病気の原因となるたんばく質の「ごみ」が脳にたまり始めるのをいち早く捉え、発症予防や治療につなげようとの試みが動き出した。

  アルツハイマー病患者の脳には、2つの異常が起きている。アミロイドβというたんばく質が沈着してできる「老人斑」と、タウというたんばく質が絡み合った糸くずのような「神経廃線維変化」だ。アミロイドもタウも、いわばたんばく質のごみ。これらのごみが脳に蓄積して神経細胞を死滅させ、脳が萎縮して認知症になるのがアルツハイマー病だ。今のところ、脳にたんばく質のごみが蓄積するのを抑える手段はなく、根本的な治療はできない。「いかにごみを除去するかが、現状を打破するカギになる」と放射線医学総合研究所の樋口真人チームリーダーは話す。アミロイドとタウのどちらがより根本的な原因かは、これまで何度か議論になってきた。

  近年、アミロイドが最初の引き金となるという「アミロイド仮説」が有力となり、アミロイドを標的にした治療薬の開発が進んできた。2000年以降、免疫反応を利用してアミロイドを除去するワクチンなど15種類以上の候補薬の臨床試験が世界中で実施された。ところが半数が開発を中止。承認に至った薬はない。ワクチンを打った人の脳を調べたところ、アミロイドは消えていたが記憶障害は改善しなかった。「タウはたまったままだった。それでタウの方が重要との見方が強まってきた」と樋口リーダーは言う。

  たんばく質のごみは、実は認知症を発症する20年近く前からたまり始めるといわれる。同研究所の須原哲也プログラムリーダーは、「初期のがんで症状が出ないように、アルツハイマー病も最初は脳の一部にごみがたまるだけで症状は出ない。たまる領域が広がると発症する」と話す。「がんと違うのは、無症状の期間がやたらに長いこと」脳にたまり始めたアミロイドやタウを検出できれば、無症状のうちに治療を開始し、進行を遅らせて発症を防ぐことが可能になるかもしれない。発症してしまった人に対する治療法の開発にもつながる。

  そのための武器になると注目されているのが、がんなどの検査に使われる陽電子放射断層撮影装置(PET)だ。患者に特殊な薬剤を注射し、薬剤を取り込んだ細胞などから放出される放射線を画像化する。放医研は新たにタウに結合する薬剤を開発。これとアミロイドを検出する従来の薬剤を用いて、記憶障害がない正常な高齢者とアルツハイマー病患者の脳を調べた。すると意外なことに、脳の中の海馬という部位にタウがたまり始めている正常な高齢者が見つかった。アミロイドはたまっていなかった。

  海馬は記憶に深くかかわる。この人の認知機能は正常だったが、記憶を検査したところ、タウがたまっていない人に比べて劣っている傾向があった。まずタウが海馬にたまり、その後アミロイドが脳にたまり始めると、タウが大脳辺縁系に広がる。より高度な脳の機能をつかさどる大脳新皮質へと拡大すると、認知症になると考えられる。放医研はこのほど、海馬に蓄積するタウを高感度で検出できるヘルメット型のPETを試作した。横になって測定する従来のPETよりも検出器と頭の距離が近く、感度が3倍高い。

  あごにも検出器を置くことで、海馬の検出感度を高めた。タウがたまり始めたポイントを正確に捉える。将来は「海馬にタウがたまり始めたときから、発症するまでのどこかの時点で治療を始める」と須原リーダーは話す。タウを標的にした治療薬の開発も進んでいる。米国のベンチャー企業などがタウの蓄積を防ぐワクチンの開発を進めている。日本では国立長寿医療研究センターの高島明彦部長らが、タウが多数結合し、繊維状の神経原緑維変化になるのを防ぐ物質を見つけた。治療薬になると期待され、「今後、臨床試験に移る計画」(高島部長)という。




*タウたんばく質…凝集すると神経細胞が死滅
  神経細胞の中にあるたんばく質のひとつ。通常は骨格を作る微小管に結合している、リン酸が過剰にくっつく微小菅から離れ、タウたんぱく質同士で結合して細胞内にたまる。タウたんばく質が凝集して繊維状になったものを神経原線維変化と呼ぶ。神経原線維変化が起きると、神経細胞は構造を保てなくなり死滅する。タウたんぱく質がたまる領域は、アルツハイマー病患者の脳が萎縮している領域とよく一致する。アミロイドβはそれほど一致しない。ただしアミロイドは過剰にリン酸がくっついてタウたんばく質を増やすことで、治療にはその除去も必要と考えられている。






2016-07-17・・・日経より引用
●言語聴覚士の私が脳卒中になってしまった

*三鷹高次脳機能障害研究所長閑啓子氏
  せき・けいこ 1952年東京都生まれ。東京銀行(現三菱東京UFl銀行)勤務を経て、82年言語聴覚士に。99年神戸大医学部助教授。2009年に脳卒中を発症し、10年に職場復帰。13年から現職。

*「私の使命」言語聴覚士になる
  脳卒中などに見舞われ、言葉をうまく扱えなくなるといった障害を負った人を支えるのが言語聴覚士だ。この仕事に巡り合ったとき、私はこれが自分の一生の仕事だと直感した。まだ成り手が少なく、ケアが不十分な面もあるだろう。だが私たちは回復した方からの「ありがとう」の言葉を
支えに、少しでも回復してもらおうと励んでいる。「まるで宇宙語を話しているようだ」。国際基督教大学の学生時代、言語学の授業の一環で初めて失語症の方に出会い、衝撃を受けた。本人はきちんと言葉を話しているつもりでも、日本語として正しく発話できない。

  「ジャーゴン」と呼ばれる症状だった。もともと言葉を通じ、人の役に立つ仕事がしたかった。このとき「言語学の知識を生かし、全てを懸けて同じ症状を持つ人を助けるのが使命」と強く思った。言語聴覚士は、脳の認知機能に障害を持つ人のリハビリを助ける仕事だ。脳卒中などによって脳内の情報処理経路のどの辺りが傷ついたのかを推測し、刺激を与えて迂回路を形成することで失われた機能を回復させていく。言葉を正常に擦れない失語症だけでなく、食べ物をのみ込むのが困難な頼下(えんげ)障害、目の前の空間の片側が認識できなくなる半側空間無視など症状は多岐にわたる。

  外見からはその症状は理解しにくく、「見えない障害」とも呼ばれる分野だ。そうした人のケアをするには社会経験が必要だと考え、大学を卒業して数年問は銀行に勤めた。退職して国立の養成校で学んだ後、東京都内の医学研究所や札幌市の病院で言語聴覚士として働いた。臨床、研究と懸命に取り組んだ。ただ当時、この仕事はあまり重視されていなかったと思う。国家資格が誕生したのは、私が病院勤務を始めてから17年たった1999年だった。その1回目の国家試験に合格した。高齢化社会のなかで脳卒中の患者は増え、回復を図るために必要な専門職として存在感が増していた。ただその頃は、まさか自分が障害の当事者になるとは考えもしなかった。



*脳卒中で障害我こそ教材
  「ああ、これは脳卒中だな」。神戸大学に勤務していた2009年7月、神戸市三宮の路上で倒れ込みながら、そう感じていた。左足の力が抜け、目は石を向き、呼び掛けられても声が出ない。典型的な脳卒中の症状だった。意識は鮮明で、救急車に乗せられてゆっくりと流れていく町の様子をはっきりと覚えている。そんな状況の中でも「これで当事者の気持ちや置かれている世界が本質的に理解できるのではないか」と考えていた。運ばれた病院の治療が良かったので、その日のうちに再び声を出すことができた。

  6日後には受け答えができる状況まで回復した。その過程は全て映像や音声として残してある。当時は言語聴覚士など専門職の教育に携わっており、「これは授業で使える資料になる」と思ったからだ。言語聴覚士が当事者になることはめったにない。翌年に復職できたが、後遺症は残った。自分の左側が認識できなくなる半側空間無視の重い症状が出て、利き手の左手はまひして動かない。かつて講演や授業で立て板に水のように話せていだのに、頭の中ですらすらとは文章が構成できなくなった。

  私の専門領域の症状が出たわけだ。言葉の通じない外国に一人きりで放り出されたような、寄る辺のない気持ちだった。相手の顔が見えず、言いたいことが伝わっているかが分かりにくい電話は今も苦手だ。一方で病気にならなければ分からないことがたくさんあった。言語聴覚士は失語症の人にはイエスかノーかの二択で答えてもらう。だが「半分くらいイエス」などはうまく言い表すことができずもどかしい。まひするとなりやすい巻き爪の痛みを訴えられても、それまでは「ああ大変ですね」と言うだけだった。

  こんなに痛いものとは。「発症前と今を比べないように」と常々語りかけてきたが、自分のこととなるとむなしさ、悲しさ、悔しさが募る。30年以上研究し、数多くの論文を書いた。数百人のリハビリにも携わってきた。だが今思えば、そんなことも分かっていなかったのだと申し訳なくなる。当事者となって言語聴覚士の課題も見えてきた。解決するにはどうしたらよいのか。その思いは今運営している研究所の設立につながった。



*失語症退院後のケア足りず
  脳卒中に倒れ、そこからのリハビリを経て見えてきた言語聴覚士の課題は少なくない。制度やそれぞれの意識の問題もある。だがそもそも資格を持った人が少ないのだ。失語症の人は全国で40万人とも50万人ともいわれるが、言語聴覚士として働くのは2016年3月末時点で1万3千人にすぎない。個人にできることは少ないが、一つ一つ改善できればと思っている。まずは退院後のケアが不十分と感じる。

  現在の医療制度では、脳卒中の発症から6カ月たつと症状が固定したと見なされ、退院させられてしまう。でも失語症は時間をかけ適切にリハビリをすれば、回復する可能性がある後退症だ。完全には難しくても、発症前の8~9割の言葉を取り戻せることもある。言語聴覚士の7割は病院勤務だ。多くの病院は一度退院してしまうと、通院してリハビリを受けることは難しい。その受け皿となる訪問リハビリや地域でケアをしてくれる臨床機関は足りていない。「どうすれば引き続き、リハビリが受けられるのか」。

  そう悩む家族からの相談は多い。私が言語聴覚士として働き始めたころは、10年単位といった長期間でリハビリをしてもらうことができた。同じ人を長く診れば、長期的な見地から計画を立てることができるのだが。失語症には全国に家族会があるが、専門の言語聴覚土が参加する会は少ない。問題意識を持った言語聴覚士の仲間たちが開設した地域に根差した施設も増えてはいるものの、収入確保やネットワーク作りなどの問題があり、まだそれほど多くはないのが現状だ。周囲の失語症への知識不足や、そうした症状を持った人への態度も問題だと感じている。

  コミュニケーションのための機能に障害があるだけで、思考や記憶は鮮明なのだ。どうしても外から見るとはっきりしていないように見えてしまうのだろう。医療職の中にはこうした障害のある人に大声を出したり、子供に接するときのように話しかけたりする人がいる。あくまで当事者は脳の損傷のために言葉が操りにくくなっているだけだ。社会的な地位もあり、経験豊富な人生の先輩だ。そのような接し方はやはり失礼だろう。外面だけを見て、その人のことを理解せずに態度を変えてはいけない。認識を改めていくべきだ。



*回復には「知識・病識・意識」
  地域に根差したケアをしたいと、神戸大を退職して2年後の2013年に東京都三鷹市に三鷹高次脳機能障害研究所を開設した。失語症のつらさは本人はもちろん、家族にも大きなストレスになる。どうやったらそれを解消していけるのか。多くの人の相談に乗り、少しでも力になりたい。当事者やその家族には「大切なのは知識、病識、意識」と常に強調している。症状に関する知識があれば悪いところが分かる。自分がよくない状態にあると認識すれば、自分を客観的に見られる。少しでも正常な状態に近づけるんだと意識すれば、回復できる。

  この3つを持っているかどうかで、回復の可否と程度は大きく変わる。私も倒れてすぐに回復のための自己練習を始められ、わずか10カ月で大学教員として復帰できた。失語症のリハビリは長期間にわたる。本人のモチベーションの維持は難しいが、根気強く続ければ脳が変化していくことを私はよく知っている。文字が読めなくなる「純粋失読」という症状のあった人がいた。絶望して所蔵する書籍全てを焼き、自殺まで考えたそうだ。

  でも根気強くリハビリを重ね、すらすら読めるまでに回復した。もう亡くなってしまったが、毎年盆等れに「元気ですよ」と顔を出してくれるのが楽しみだった。家族にも知識を持ってほしい。発症した配偶者の人格が変わったように感じることがあるだろう。家庭に無関心になってしまう人もいる。でも本人のせいではなく、脳の損傷が原因なのだ。献身的に介護しなければダメだ、と律義に思い込んでいる家族ほどつらくなってしまうようだ。研究所では当事者やその家族の相談が中心だ。「リハビリできるところが近くにない」。

  「脳卒中になった天が引きこもってしまった。どうすれば」。そんなメールを受け、できるだけ会って助言する。本当は臨床もしたいが、なかなか時間が取れないでいる。自分が脳卒中を発症する前は「寄り添う」というとても重い言葉を安易に使っていたと思う。相手への理解も臨床的な知識も必要な半面、相手の状態を洞察して自由な発想で対応を考えなければならない。正解はなく悩み多き日々は続くが、回復した人の感謝と笑顔が粒だ。






2016-07-17・・・日経より引用
●軽く頭を打った軽いけが引き金に慢性硬膜下血腫疑って
    軽い怪我が引き金に/発病までに時間
    放置せずCT検査/早めの手術で回復
                            

  慢性硬膜下血腫は、軽く頭を打った後などに頭蓋骨と脳の隙間に血がたまる病気だ。血の塊(血腫)が脳を圧迫し、マヒや頭痛に加え、時には認知症のような症状を伴う。すぐには気づかず1~2カ月たって発症する人がほとんどで、症状は手術で改善できるという。ほかの病気と見分けるためにも的確な診断が大切だ。

  東京都在住の71歳男性は、左の手足に力が入りづらくなっていた。ある日、風呂場でバランスを崩して倒れ、頭や腰を打った。近くの病院でコンピューター断層撮影装置(CT)の検査を受けると、頭に血がたまる慢性硬膜下血腫と診断された。その日のうちに手術で血を抜くとすぐに左手足のマヒは回復。2日後には元気に退院した。実は2カ月前に自宅で脚立から足を踏み外して壁に頭をぶつけていた。軽いけがだったので病院には行かなかったが、そのときに頭の中で出血したらしい。頭を強く打った直後に激しい頭痛などに襲われる急性硬膜下血腫に対し、慢性硬膜下血腫の多くは原因となるけがが軽く症状が現れるまで時間がかかる。

  わずかな衝撃で頭蓋骨の下にある硬膜宅脳の表面の間に血液が徐々に染み出し、脳を押していく。患者は高齢者に多く、物忘れや意識障害、不自然な行動などの認知症の症状が出ても、加齢のためと見過ごされやすい。杏林大学付属病院で手術した患者の平均年齢は77歳という。丸山啓介同大学学内講師は「もともと認知症などの症状がある人は気づきにくい」と注意を促す。慢性硬膜下血腫で多くの治療実績を持つ苑田第1病院の木戸悟郎診療総合部長は「急に認知症の症状が出たり進んだりしたときは、原因の一つとして慢性硬膜下血腫も念頭におくべきだ」と話す。

  冷蔵庫の扉を開けたときに頭を軽くぶつけた、といった日常生活のなかの軽いけがでも発症の引き金になる。すでに認知症の症状があると、自宅や介護施設でこうした軽いけがを負う危険性も高まる。患者が高齢者に多いのは、加齢で脳が萎縮して頭蓋骨との間に隙間ができ、血液が染み出しやすくなるためだ。最近では脳梗塞の予防などのために血液を固まりにくくする薬を服用している人も多く、軽いけがで血管が破れると発症しやすくなっているのではないか、と考えられている。高齢者の場合、年間1万人に1人の割合で発症しているとみられ、高齢化の進行に伴って患者が増えつつある。

  10歳代の柔道選手でも症例があり、若くても「よく飲酒する人も起こしやすい」 (木戸部長)。ただ50歳くらいまでは、マヒなどの症状が出る前に、頭痛を訴えてくる人が多いという症状の違いがある。慢性硬膜下血腫で認知症の症状が現れても、手術で改善する。このため「治る認知症」ともいわれる。正確な統計はないが「認知症のうち少なくとも5%、多ければ15%くらいは手術で治るタイプとみられる」と東京医科大学の三木保教授は説明する。約半数は慢性硬膜下血腫が占める。手術は頭蓋骨に小さな穴を開けて、チューブでたまった血の塊を吸い出してから生理食塩水で洗う。

  30分程度で済む。多くの患者は診断当日に手術を受けて2、3日で退院。1週間後に抜糸すれば終了だ。マヒや認知症の症状も多くの場合は、脳を圧迫していた血の塊を手術で取り除いた直後から改善し、再発も5~10%にとどまる。再発した人や多袋性と呼ばれる特殊なタイプの患者では、内視鏡手術をする場合がある。「治療すれば治るのに、気づいてもらえない患者がいる。的確な診断をするために、必ずCTを撮った方がいい」と三木教授は勧める。慢性硬膜下血腫でマヒや認知症を起こした患者が脳梗塞が原因とされて放置される例もあったという。

  高齢者の場合は症状も多様で、認知症やマヒといった明確な症状が出ない人もいる。頭が重い、怒りっぽくなった、動作が緩慢になったといった微妙な変化にも注意が必要だ。慢性硬膜下血腫はただちに命に関わる病気ではないが、放っておくと患者だけでなく家族など周囲にも大きな負担を強いかねない。原因となるけがは本人も気づかない場合が多いだけに、わずかでも異常を感じたら早めの受診を心がけたい。(小玉祥司)




*重度認知症の改善例も  高齢患者特に注意を
  慢性硬膜下血腫に伴う認知症は「治る認知症」の代表といわれる。頭部にたまった血を抜く手術で、重度の認知症と思われていた患者が劇的に回復することも少なくない。それだけに、治療が難しいアルツハイマー型認知症などと見分けるために、コンピューター断層撮影装置(CT)などで検査してきちんとした診断が求められる。慢性硬膜下血腫の患者でも、すでにアルツハイマー型などの認知症を患っていた場合は「認知症は完全には治らない」 (丸山啓介杏林大学学内講師)という。

  慢性硬膜下血腫の症状が回復できたとしても、もともと患っていた認知症からくる症状は残る。杏林大の研究では、以前から認知症などの症状があった患者では、慢性硬膜下血腫の手術をした後の回復がよくないことがわかってきた。手術後90日目に患者の予後の状態を示す値が不良とされた割合が、慢性硬膜下血腫をおこす前から認知症などの症状があった患者では52%に達し、症状がなかった患者に比べて6倍以上だった。同大で治療を受けた患者のうち80歳代は3割、90歳代以上になると7割が、慢性硬膜下血腫の発症前から認知症などの症状があった。高齢化社会で認知症を患う人が増えてくるだけに、慢性硬膜下血腫への注意も必要になる。





  
2013-04-01発行                  2010-01-22発行                       2013-06-24発行
 
*「ぼけになりやすい人なりにくい人」
〝ぼけは予防できる″を実践する"
  ぼけは、人生の後半を心豊かに迎えようとしているあなたに、大変な障害として立ち塞がります。また、あなたの家族の日常生活にも多大な影響を及ぼします。生涯現役で、ぼけ知らずの人生を送りたいと希望するならば、いまから、長続きできそうな、ぼけ予防のパタンを実行に移し、毎日の生活の中に習慣化するよう行動すべきです。ぼけになりやすい人になるか、なりにくい人になるかは、あなたの努力により選択することが可能です。