2016-11-13・・・日経より引用
●「冬の鬱病」日光浴で予防
    毎年なぜかどんより・・・・ 
    毎朝の散歩1時間・青色LEDで治療

  冬が近づくと気持ちが落ち込んだり、体がだるく疲れやすくなったりし、春になると治る。そんな症状が繰り返すようなら、いわゆる「冬の鬱病」、季節性情動障害かもしれない。冬に日照時間が減ることによって引き起こされる病気で、光を浴び、軽い運動をすることで改善が期待できる。早期の診断と正しい対処がカギを握る。

  兵庫県に住む40歳代の男性は今から10年ほど前、10月の後半から体がだるくなり、気分がふさぐことに気付いた。3月に入ると症状は治まる。毎年その繰り返しで、近くの医院に行ったが原因がわからなかった。数年後に兵庫医科大学病院を受診し、季節性情動障害と診断された。医師の指導で毎朝通勤前に約1時間、日光を浴びながら近所を散歩する習慣をつけたところ、症状は改善した。今も毎年気分は落ち込むが、ひどく悪化することはなく、仕事を続けている。男性の主治医である林田和久講師は「毎年、散歩を始める時期を見極めて指導している」と話す。

  カギとなるのは日照時間だ。季節性情動障害は、日に当たる時間が短くなることで発症する。日光を浴びると、感情を制御し精神を安定させる神経伝達物質のセロトニンが脳内で盛んに分泌される。だが冬に日が短くなるとセロトニンが不足し、気分が落ち込んだり、体がだるくなったりする。日が長くなる3月末ごろになると回復し、夏は普通に過ごせるが、冬が近づくと再び症状が悪化する。日照時間の少ない梅雨などに発症する人もいる。


  2013年に米国精神医学会がまとめた最新の診断基準によれば、季節性情動障害は繰り返し発症する「反復性鬱病」.の一種だ。1年のうち特定の時期に発症し、それを過ぎると治ったり、鬱とは反対の躁(そう)状態になったりする。直近の2年間で2回発症し、ストレスなど他の要因がなければ季節性情動障害と診断する。患者は冬の日照時間が短い高緯度地域に多い。米国は、南部のフロリダ州で症状がみられる人は人口の約1%にとどまるが、北極に近いアラスカ州では約10%に達するとの報告がある。

  関西医科大学の木下利彦教授は「日本でも九州や近畿には少なく、東北や北陸などの日本海側に多いとみられる」と話す。名古屋大学などが03年に発表した調査では、北海道や秋田では3~4%台と高く、大阪や名古屋は1%未満だった。気持ちの落ち込みや体のだるさ、疲れやすさといった症状はストレスなどをきっかけに発症する一般の鬱病と共通しているが、過眠や過食など正反対の症状もある。炭水化物や甘い物が食べたくなり体重が増えることも多い。患者は男性より女性に多い。思い当たる症状がある人は、年間を通じた体調の変化をチェックしてみよう。

  特別な理由もないのに毎年冬になると気分が落ち込む人は、この病気が疑われる。自分でできる最も手軽な対策は、日光を浴びながら軽い運動をすることだ。光や運動にはセロトニンの分泌を増やす作用がある。毎朝1時間ほど散歩をするとよい。筋力トレーニングやマラソンなど体への負荷が大きい運動は、ストレスが大きく不向きだ。朝に散歩の時間が取れない場合は、通勤や通学時に歩く時間を確保するよう工夫する。


  医師に相談する場合は、精神科か心療内科を受診する。散歩で症状が改善しない場合は、朝起きた後に青色発光ダイオード(LED)などの強い明かりを浴びる「高照度光療法」という治療がある。1日1回、明るいオフィスの20倍強に当たる1万増程度の白色灯の光を約30分浴びる。青色光ならより効果が高く、750ルクスでよい。多くの場合、治療を始めて1週間以内に効果が出る。光療法を手掛ける滋賀医科大学の角谷寛特任教授は「普通の卓上ランプを毎朝30分ほど顔に向けても効果がありそうだ」と話す。季節性情動障害で薬を使うことは比較的少ない。

  抗うつ剤は一般に、投薬を始めてから効果が出るまでに2~3カ月かかり、その前に春が来て症状が軽減することが多いからだ。ただし散歩や光療法での効果を補うために、抗うつ剤を使うケースもある。多くの場合、選択的セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)を1日1~2回服用する。関西医科大の木下教授は「最近の抗うつ剤は脳の神経細胞を保護する作用もある」と話す。ただ抗うつ剤には眠気や吐き気などの副作用がある。特に20歳代以下の若年世代に起きやすい。季節性情動障害は、すぐに治る病気ではない。様子を見ながら、根気よく治療を続ける必要がある。(革塩拓郎)


 


*体内時計の乱れも影響、職場や家族の理解が助けに
  季節性情動障害には、セロトニンの減少だけでなく、体内時計をつかさどるホルモンである「メラトニン」の分泌異常がかかわっているとみる専門家もいる。冬に日照時間が短くなると、メラトニンの分泌のタイミングが遅れたり、廻剰に分泌したりするため、体内時計が狂って発症するとの見方だ。この場合もへ朝の決まった時間に日光を浴びたり、光療法を行ったりすることで、体内時計を正常に調節し症状を軽減できることがわかっている。

  季節性情動障害などを含むうつ病は、発症の仕組みが十分に解明されていない。科学的証拠が得られている朝の散歩や光療法のほか、食品やサプリメントなどにも効果があるのではとみる専門家もいる。魚油に多く含まれるエイコサペンタエン酸(EPA)や、不飽和脂肪酸を含む食品やサプリメントが候補だ。うつ病は、重症化すれば自殺のリスクもある心の病気だ。侮らずにしっかり対処する必要がある。治療や重症化の予防には本人による工夫のほか、職場の同僚や家族の理解も大きな助けになる。






2017-03-09・・・日経より引用
●脳の疲労、要注意
    交感神経酷使響く
    良質な睡眠唯一の回復法

  仕事や生活上の疲れがなかなか取れないという人が多い。疲労の原因は脳の神経細胞にダメージが蓄積するためであることが国内の研究でわかってきた。疲労のメカニズムや、上手な睡眠の取り方など疲労との付き合い方を専門家に聞いた。

  なぜ疲れるのか。長く言われていたのが「乳酸原因説」だ。運動すると筋肉中に増える乳酸が疲労の原因という見方だが、この説は10年ほど前に否定された。今では乳酸は筋肉の情動を促進する有用な成分と考えられている。これに代わるのが「脳原因説」。臓器の働きを調節し、体のバランスを維持する自律神経を酷使した結果が疲労だと考えられている。大阪市や大阪市立大学、食品・医薬品メーカーなどが進めている疲労に関する共同研究「疲労プロジェクト」などにより、そのメカニズムが解明された。

  自律神経系は活動時に活発になる交感神経と、夜間や安静時に活発になる副交感神経がセットになっている。運動時には体温や心拍の調整をするため交感神経が活発に働く。すると神経細胞内に活性酸素が大量に発生し細胞にダメージを与える。これが疲労の原因だという。疲労プロジェクトの代表を務める梶本修身さん(大阪市立大学特任教授)は、こんな例え話で説明する。「同じゴルフコースを回っても、暑い日と涼しい日では疲れ方が全く違います。

  暑いと体温調節などに交感神経を酷使するので疲労が増すのです」運動による疲労のほか、長時間のデスクワークなどによる精神作業疲労や、目の眼精疲労がある。事務作業に集中しているときは、やはり交感神経が活発に働く。また、パソコン画面など近距離を見続けると、自律神経のバランスが崩れやすくなるという。ただし、実際の疲労の度合いと、自分で感じる疲労感の間にはズレがあることが、疲労を把握しにくくしている。

  疲労感をもたらすのは「疲労因子」と呼ばれるたんばく質だ。自律神経などの細胞が活性酸素によって酸化されてダメージを受けると、老廃物の増加が合図となって疲労因子が発生する。その情報が大脳に伝わって疲労感を生む。だが人間は、脳の働きでこのアラ」ムを感じなくしてしまうことがある。仕事や運動への意欲や達成感が強いと、疲労感を感じなくなってしまう。これは「隠れ疲労」と呼ばれている。梶本さんは「過労死になってしまう人は、疲労感を感じなくなっている場合が多い」と、隠れ疲労の危険性に警鐘を鳴らす。(繍集委員 舌川和輝)


*良質な睡眠唯一の回復法
  疲れをためないため、どんな生活をすればよいのか。梶本さんによると「疲労を回復してリセットする唯一の方法が良質な睡眠を十分にとること」という。就寝中は大脳も自律神経も昼間の重労働から解放され、疲労回復因子と呼ばれるたんばく質の働きで、脳の梗労が回復する。睡眠の質が悪いと、この仕組みがうまく働かない。特にまずいのが、いびきをかいている状態。気道が狭まった状態で無理に呼吸をしている。血圧や脈拍を上げて酸素供給を維持しようとするので、交感神経が懸命に活動して「寝ながら運動をしている状態になっている」 (梶本さん)。

  いびきをかかないよう、体を横向きにして寝るのがよいという。睡眠外来では「終夜睡眠ポリグラフ」という装置を使っていびきや無呼吸の程度を検査することができる。症状が重ければ、呼吸を楽にする器具を就寝時に使う手もある。梶本さんらは「疲労回復CPAP」という装置を開発。睡眠時の疲労回復の効果を確認している。疲労の原因である酸化ストレスを緩和するには、抗酸化作用のある成分を食事などでとるとよい。抗疲労プロジェクトでは、ビタミンC、クエン酸、コエンザイムQIOなど23種の成分について疲労回復の効果を評価した。

  最も効果が高かったのは「イミダゾールジペプチド(イミグペプチド)」という成分。脳の中で作用しやすいのが特徴だ。鶏の胸肉や豚ロース、カツオなどに豊富に含まれる。オフィスでの仕事では、「隠れ疲労」にならないよう注意したい。仕事中に「飽きた」と感じたら、それは脳が疲労のサインを送っている証拠。無理に集中しようとせず、休息を入れるのがよいという。適度な運動は疲労回復の効果があるが、過度の運動は禁物だ。大脳の働きで達成感や爽快感が強くなり、疲労を自覚しにくくなる。「息は弾むが切れない」程度が目安。入浴も熱い湯に長くつかると、体温や血圧などを調整するため自律神経の疲労がたまる。就寝1~2時間前にぬるい湯で半身浴をするのがよい。








2017-06-26・・・「あさひだより・長野朝日病院」より引用・・・日経より引用
●夏は脱水による脳梗塞が多発・冬の病気と思って油断するな
    運動だけではダメ、食事も睡眠もストレスも気遣うこと
    まさかの発症、自分の健康を気遣う余裕のない人こそ、気をつけるべき

  朝日ながの病院の院長であり、山田記念朝日病院でも診察をされている竹前紀樹先生にお話を伺ってきました。寝たきりとなる最大の原因が脳血管障害(脳卒中) であり、後遺症をきたすことでその後の生活に大きな影響を与えます。昔は脳卒中といえば脳出血が多かったのですが、現在は脳梗塞がその多くを占めています。今回は脳梗塞の予防や対処について聞いてきました。




Q 脳梗塞について教えてください。

  脳梗塞は脳卒中の一つで、脳の血管が急につまって様々な症状を呈するものです。脳卒中は他に、脳内の血管が切れて出血を起こす脳出血や、脳の太い動脈にできた動脈瘤が破裂するくも膜下出血があります。脳梗塞は脳卒中全体の3/4位を占めており、年々増えています。


Q 脳梗塞の原因はなんですか?

  脳梗塞の危険因子は、動脈硬化です。その動脈硬化をおこすのは、高血圧症・糖尿病・脂質異常症・心房細動・喫煙・多量の飲酒・肥満メタボ・運動不足・脱水・加齢など、すなわち生活習慣が大きくかかわっています。生活習慣病予防は脳梗塞予防にもなるということです。これからの暑い時期は脱水症状を起こしやすくなりますので要注意です。


Q どのような症状、特徴ですか?

  ある日突然おきます。そもそも卒中とは「卒然と(=突然)中る(あたる)」という言葉です。突然におきますから、自覚症状がないことの方が多いです。脳腫瘍であれば、麻痺が少しずつ進みますが、脳卒中は「つい今まで元気だったのに…」 です。くも膜下出血は、突然の激しい頭痛が特徴ですが、脳梗塞に痛みは伴いません。顔や手足の脱力(麻痺)やしびれ、言語障害やめまいなどが特徴です。顔が曲がっている、腕が上がらない、言葉が出にくいなど、普段とは違うこれらの症状が見られたときには、約3時間以内に出来る限り早く専門の病院に行く必要があります。CTなどの検査や血栓溶解・血管内治療などの早期治療は発症後8時間以内にしか行えませんので、できる限り早く病院に行くことが大切です。心房細動(不整脈)がある人は、ない人に比べて3~5倍、脳梗塞になりやすいと言われているので、特に注意してください。不規則な心臓の動きにより脳梗塞を起こす原因の血の塊ができやすく、それが血栓となって血管を塞いでしまうからです。また、一過性脳虚血発作(TIA)について、知っておいてください。


Q 一過性脳虚血発作(TIA)とは何ですか?

  脳梗塞の症状がでて、15分~30分でなくなるものを一過性脳虚血発作(TIA)といいます。ある日突然、体の半分が動かなくなったり呂律がまわらなくなったが、しばらくしたら治まった。これを軽い症状として見過ごしてはいけません。これは本格的な脳梗塞の前ぶれです。TIAを起こした後3カ月以内に6人に1人が脳梗塞をおこし、その半数が48時間以内におきています。つまりは早期の診断と対処が重要ということです。一過性脳虚血発作の特徴は、次のような症状が突然おこり、数分~十数分で消えるということです。

      ①片方の腕の力が抜ける
      ②片方の目がスーつと見えなくなる
      ③顔がゆがむ、口元がしびれる
      ④舌がもつれる、呂律がまわらない
      ⑤歩きづらく、片側に倒れそうになる

  症状が消えたからといって安心できません。自然に治まるため患者さんや家族も気に留めずに忘れてしまうことが多いのですが、異変を感じたら症状が治まっても主治医に相談しましょう。症状が少しでも続いていたら迷わず119番で救急車を呼びましょう。


Q 脳梗塞の治療について教えてください。

  脳梗塞は発症してからできる限り早く治療を受ける必要があります。「朝起きたら…」は発症してから時間が経過している可能性があります。治療は手術をする場合や投薬など、状況に応じて様々です。急性期を脱したら慢性期、再発予防の治療を受けることになります。10年間でおよそ半分の方が再発をすると言われています。また、複数の医療機関にかかっている方はお薬手帳を上手に活用しましょう。


Q 梗塞かな?と思ったらどうすればいいですか?

  一刻も早く血栓溶解療法と血管内治療を常時行える専門の病院を受診するのがよいでしょう。119番通報しましょう。家族が脳卒中かもしれないと思ったら、すぐに声をかけましょう。まずは笑ってもらい、顔のゆがみを確認します。次に腕が正しく上がるか、上げた腕が落ちないかをチェックします。そして、うまくしゃべることができるかを調べます。こうしたことがスムーズにできない場合は脳卒中かもしれません。また、その際には内服薬とお薬手帳を持っていきましょう。〝いつから″どんな症状なのかを伝えましょう。




2018-06-23
◆夏に発症増える脳梗塞
    水分補給で血栓を防ごう
    寝る前は必ず摂取/兆しあればすぐ救急車を

  脳の血管が詰まって起こる脳梗塞は、梅雨時から8月にかけての夏に発症する人が増えるという。いざという時に備えて、脳梗塞の原因や予防のポイント、危ない兆しの見極め方などを知っておこう。


  脳梗塞とは脳の血管に血栓(血液の塊)が詰まり、血流が途絶えることで、脳の組織が死んでいく病気。原因によって3つの型に大別される。1つ目は、脳の太い血管から枝分かれした細い血管が詰まる「ラクナ梗塞」。ラクナはラテン語で「小さな空洞」という意味だ。2つ目は、頸(けい)動脈や脳の太い血管に血栓ができて詰まる「アテローム血栓性脳梗塞」。アテロームとは、血液中のコレステロールなどが血管壁に入り込んでできるドロッとしたかゆ状の塊のこと。血管の内部を狭くするほか、血栓の原因にもなる。

  3つ目は、心臓にできた血栓が血流に乗って脳に運ばれ、太い血管を詰まらせる「心原性脳塞栓症」だ。ラクナ梗塞やアテローム血栓性脳梗塞は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病による動脈硬化が要因となり、心原性脳塞栓症は心房細動によって起こることが多い。とりわけ夏に発症しやすいのが、ラクナ梗塞とアテローム血栓性脳梗塞だ。東海大学医学部(神奈川県伊勢原市)神経内科学の滝沢俊也教授は「6月から増え始めて8月に最も多くなるので、今から注意してほしい」と話す。夏に脳梗塞が増える大きな原因が脱水だ。

  暑さでたくさんの汗をかくと、血液中の水分量が不足し、粘り気のあるドロドロとした状態になって、血栓ができやすくなる。脱水による血圧低下も、脳への血流を滞らせる。夏の脳梗塞を防ぐには、こまめな水分補給が肝要だ。特に高齢者はのどの渇きを感じにくく、脱水状態に陥りやすい。夜間のトイレを避けようと、水分摂取を控える傾向もある。夏は日中はもちろん、就寝中にも汗をかくので、寝る前や起床後にも水分を取る習慣をつけたい。

  「水分補給には麦茶や番茶が適している。ビールなどのアルコールには発汗作用や利尿作用があるので、飲酒後は必ず水分を取ることが大切」と滝沢教授は助言する。山王病院・山王メディカルセンター(垂只・港)脳血管センターの内山真一郎センター長は「この時期は夏風邪の発熱や食あたりの下痢による脱水を契機に脳梗塞を発症することもある」と注意を促す。熱中症も脱水によって起こるが、症状の違いを見極めることが重要。

  脳梗塞の兆しとして「『FAST』を覚えておくといい」と、内山センター長と滝沢教授は口をそろえる。FASTは顔、腕、言葉、時間を現す英単語のそれぞれの頭文字を取ったもの。顔の片側が下がってゆがむ、片方の腕に力が入らない、言葉のろれつが回らないといった症状が1つでも見られたら、一刻も早く救急車を呼ぶ。しばらくしてこれらの症状が治まっても、必ず専門病院を受診する。一過性脳虚血発作(TIA)という脳梗塞の前兆の可能性があるからだ。内山センター長は「TIAを起こした人の15%は3カ月以内に脳梗塞を発症する。

  その半数は2週間以内、さらにその3割は24時間以内に起こる」と警告する。脳梗塞は発症から時間がたつほど、半身のまひや言語障害などの重篤な後遺症を残しやすく、命を落とすこともある。ただし、4・5時間以内に血栓を溶かす治療や、8時間以内に血栓を機械的に取り除く治療ができれば、症状が改善する可能性も残る。少しでも疑わしい脳梗塞の症状があれば、ためらわずに救急車を呼ぶことが重要だ。(ライター田村 知子)






2018-11-24・・・日経より引用
◆冬の憂鬱もしや光不足?脳の不調強弱の光で
    朝・日中は太陽光を/夜は早めに柔らか照明

  冬が近づくにつれ、気分が落ち込む、日中も眠気が残る一一。こういった不調を感じるなら、季節性うつ病の可能性がある。日光を十分に浴びずにいると発症しやすい。日常生活でできる対策を知っておこう。

  冬に向けて日照時間は短くなり、太陽光の強さも弱まる。地上に届く日射量を表す「全天日射量」 (気象庁調べ、平年値、1平方㍍当たり)を見ると、東京の場合、11月と12月は最も多い5月の約半分の水準にとどまる。光が不足すると、昼夜のリズムに合わせて睡眠などの生理現象を調節する「体内時計」にとって必要な情報が足りなくなるため、心身の不調が生じやすい。代表的なのが季節性うつ病(季節性感情障害)。冬になって睡眠時間が延びているのに、昼間も眠気が続いて集中できない、やる気が出ず憂鬱な気分になる、といった症状が特徴だ。

  通常のうつ状態だと食欲が減退するが、冬の季節性うつ病の場合は炭水化物や甘い物を過剰に食べたくなる。これらの不調が秋から冬にかけて現れて春に治るなら、当てはまる可能性が高いという。光は目に入って網膜にある神経節細胞を通り、脳の視交叉上核(しじょうさぞうかく)という場所にある体内時計を調整している。最近の研究では、目から入った光が脳で気分の変化や認知機能をつかさどる扁桃体(へんとうたい)や海馬にも影響を与えることが判明した。日本大学医学部精神医学系主任教授の内山真氏によると「効果的なタイミングで光を浴びることが、うつ症状や認知機能を正常化させることがわかってきた」。

  医療の現場では、光を使った治療もある。「通常の照明の10〜40倍の強さの人工的な光(2500〜1万増)を目に入れる『光療法』は、うつ病全般の治療で効果が認められた」季節性うつ病の予防と改善には、屋外の太陽光を活用することが重要。室内の明るさは通常、太陽光の10分の1以下にとどまる。日射量は天気によって大きく異なるが、曇りの日でも屋外の照度は1万ルクスを超える。中でも、決め手になるのが朝日だ。九州大学名誉教授の安河内朗氏によると、「目から入った朝日は視交叉上核に直接働きかけて、体内時計をリセットする」。毎朝同じ時間に起きて、起床後なるべく早いタイミングで朝日を浴びることが大切だという。

  内山氏は「寝坊をしたくなる休日も、平日と同様に朝日を浴びる」ことを勧める。冬場は特に、日中の散歩や野外活動などで太陽光を意識的に浴びて、光不足を補いたい。夜に目にする光のコントロールも重要だ。「冬は光への反応が高まる季節。毎日使う照明の光の影響も侮れない」と安河内氏は指摘する。照明器具の光は太陽光より弱いとはいえ、昼光色や昼白色などの白く明るい光を遅い時間まで浴び続けると、体内時計が少しずつ夜型にずれるという。冬は就寝1、2時間前から、暖色系の電球色の照明を使うとよい。

  副交感神経が優位になり、寝付きや睡眠の質が向上する。リビングで過ごすときは天井の明かりを落とし、スタンドなどの間接照明を選ぶとよいだろう。最近は光の色をボタン操作で変えられる発光ダイオード(LED)照明器具も増えている。パソコンやスマートフォンなどの光は弱いので影響はすぐには出ないが、夜遅い時間帯の2時間以上の連続使用は避けた方がよいという。「子供は成人より、光の影響を2倍受けやすいという報告もあるので注意して」(安河内氏)朝から昼にかけては太陽光をたっぷりと、睡眠を控えた夜は穏やかな照明の光を。目にする光にメリハリをつけて、心身の健康を保ちたい。(ライター結城 未来)












2011-06-03発行




2020-11-14・・・日経より引用
◆進行が速い若年性認知症、早期に発見・治療で抑制
     物忘れ外来を受診/家族のサポートを

  働き盛りの年代で発症する若年性認知症。原因となる疾患や症状は高齢者の認知症と変わらないが、進行が速い、発見が遅れがちといった問題点がある。症状や対策を的確に把握し、早期発見・治療につなげよう。


  認知症は、脳の神経細胞が損傷したり、働きが悪くなったりすることで認知機能が低下し、日常生活に支障をきた
した状態をいう
。高齢者に多い進行性の病気だが、65歳未満で発症すると、若年性認知症と呼ばれる。働き盛りで一家の生計を支えている人が多く、家族への影響や経済的ダメージは計り知れない。原因となる疾患は様々だ。疾患別にアルツハイマー型認知症、血管性認知症、前頭側頭型認知症、レビー小体型認知症などに分類される。月に東京都健康長寿医療センター(東京・板橋)が公表した調査結果によると、若年性認知症の国内有病者数は推計3万7800人。最も多いのはアルツハイマー型で52・6%、次いで血管性17・1%だった。血管性認知症が脳卒中の後退症であるのに対し、アルツハイマー型認知症がなぜ発症するかは解明されていない。

  しかし発症メカニズムとして有力な仮説がある。「アミロイドβやタウという異常なタンパク質が脳に沈着していくことで神経細胞が死んでいき、脳が徐々に萎縮する」。こう解説するのはアルツクリニック東京(東京・千代田)の新井平伊院長だ。「アルツハイマー型の若年性認知症は特に進行が速く、重症化しやすい」と警告する。アルツハイマー型の症状としてまず現れるのは物忘れ。初期は新しい記憶から薄れていく。やがて言葉が出てこない、よく知っている道で迷う、着替えができない、計算ができない、家電製品の使い方がわからない、好きだった趣味に興味がなくなるといった様々な症状が現れる。

  若年性認知症の問題点は、異変があっても本人や周囲が認知症と思わず、発見が遅れがちなことだ。筑波大学精神神経科の新井哲明教授は「年齢からうつ病や更年期障害と誤診されることもある。おかしいと感じたら、専門医がいる物忘れ外来や認知症疾患医療センターなどを受診してほしい」と話す。認知症の多くは今のところ根治できないが、早期発見・早期治療で進行を遅らせることはできる。主に薬を使う治療法は、原因疾患ごとに異なる。どの疾患によるものかを見極めることが重要だ。新井平伊院長は認知症の前段階である軽度認知障害や、さらにその前段階の主観的認知機能低下という状態に注目する。「アルツハイマー病を引き起こすアミロイドβの脳への沈着は、症状が出る20年ほど前から始まっている」。なるべく早い段階でアミロイドβの沈着を調べて認知症のリスクを判定し、予防・治療に取り組めば、発症が大幅に遅れる可能性があるという。

  新井哲明教授によると「糖尿病、高血圧、脂質異常症はアルツハイマー病や脳卒中の発症リスクを高める」。特に糖尿病になると、アルツハイマー病になる確率が倍増するという。こうした生活習慣病の予防・改善は認知症予防にもつながる。そのためには、まず日ごろの生活習慣を見直し、バランスのよい食事、適度な運動、十分な睡眠を心がけたい。たとえ若年性認知症になっても「できるだけ社会的活動を続けてほしい。人と交流し、やりがいを持つことで、残っている脳の機能を長く維持できる」 (新井平伊院長)。若年性認知症は「医療だけでなく、就労支援や介護する家族のサポートなど、包括的なケアが必要」 (新井哲明教授)だ。一人で悩まず、まずは専門機閑に相談しよう。(ライター松田 亜希子)









サブページに戻ります
18

認知症・痴呆症の過程[02]