2017-09-09・・・日経より引用
●マグネシウム多い食品
    心筋梗塞リスク低下・国循など

  国立がん研究センターと国立循環器病研究センターは7日、マグネシウムを多く含む食品をよく食べる人は心筋梗塞などの虚血性心疾患を発症しにくいことが分かったと発表した。約8万5千人を15年間ほど追跡したところ、摂取量が多いと発症リスクが3~4割低くなった。マグネシウムが多い魚や果物、野菜、豆類、海藻などをよく取ることが望ましいという。若手や茨城、沖縄など8県の特定地域に住む45~74歳の住民のうち、循環器疾患やがんにかかったことがない人を対象に調べた。138品目について1日に食べる量を聞いて、マグネシウムの摂取量を推計。摂取量によって5つのグループに分け、発症率の違いを比べた。




2018-01-20・・・日経より引用
◆その息切れ、もしかして…
    身近な心不全、予備軍多く   高血圧放置は禁物/だるさなど症状注意

  心臓の働きが低下して息切れなどが起こる「心不全」の患者が増えている。命にかかわる重い病気の印象が強いが、症状が出ない“隠れ心不全“のうちに対処するのが重要だ。兆候や症状を知って、予防につなげよう。

  高齢化を背景に心不全が増えている。どんな状態を指すのか、知っているだろうか。循環器病研究振興財団(大阪府吹田市)が2017年に実施した調査によると、心不全の名前はほぼ全員が知っていたが、症状や内容を理解している人は3割弱。うち半数以上が「心臓病の総称」 「すぐ死につながる病」 「死亡時の診断名」などの不正確なイメージを持つと分かった。国民の理解を促すため、日本循環器学会(東京・千代田)などは2017年秋、心不全を「心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める」病態とする新たな定義を発表した。心不全は通常、数十年かけてじわじわと進行する。

  心臓病の中では死因第1位で、入院患者の5人に1人は退院後1年以内に亡くなっている。ただし「初期は症状が出ず、心不全と気付かない。この『隠れ心不全』の段階から適切に対処し、進行を遅らせるのが重要」と日本医科大学循環器内科の佐藤直樹教授は話す。心不全は進行度でステージA〜Dに分類される。将来心不全になる危険性がある段階がステージA。高血圧や糖尿病などの生活習慣病がある人が該当する。特に多いのが高血圧だ。「血圧が高いままにしていると心臓の筋肉が厚くなり、全身に血液を送るポンプ機能が低下して心不全に至る」と佐藤教授。「成人の半数は高血圧。

  心不全の予備軍は非常に多い」自覚症状がなくても、検査で心臓の肥大や拡張機能低下などの異常が見付かるのがステージBだ。血液検査では「脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)」の値の上昇が認められる。心臓から分泌されるホルモンで、尿を増やしたり血管を広げたりする作用を持つ。心臓に負荷がかかると分泌量が増える。心筋梗塞や心臓弁膜症など心臓病を持つ人もステージBに当てはまる。心筋梗塞が起きると「心臓の一部に障害が生じ、残りの筋肉に負担がかかるため心不全に進みやすい」と北里大学北里研究所病院循環器内科の猪又孝元教授は説明する。

  息切れやむくみ、だるさといった症状が出るのがステージC。日常の動作で息切れが起きたら要注意だ。猪又教授は「階段の昇降や布団の上げ下ろし、犬の散歩で気付く人もいる」と話す。むくみは足に出やすい。「起床時に向こうずねや足首などを押してへこみが残る場合は、心不全によるむくみの可能性が高い」と佐藤教授。ステージDは安静時も苦しい最重症の段階。入退院を繰り返すが、治療法は限られる。心不全は放置すると着実に進行し、改善しない。突然死を招くこともある。

  「重症化を防ぐには、早期に発見して薬などで治療するのが重要」と猪又教授は強調する。心不全の指標となる血液中のBNPの値を検査で調べてみよう。高血圧など危険因子になる病気の治療は、将来の心不全予防に直結する。首に心不全のサインが現れることも。心臓がやりくりできない血液がたまり、首の奥にある頸静脈が膨れて「皮膚が拍動で揺れて見える」 (猪又教授)。心当たりがあれば循濁器内科を受診したい。日常生活では、塩分や水分の摂り過ぎに注意する。過剰な塩分は血液量を増やし、心臓の負担になる。心不全と気付かずに多量の水分を取り、夜中に突然息苦しくなる例もあるという。肥満や喫煙も高血圧や心筋梗塞のリスクを高めるので気を付けよう。(ライター佐田 節子)






2020-2015・・・日経より引用
胸痛正しい対処法は、広範囲なら救急車呼んで
     心筋梗塞などの恐れ/働き盛り世代でも

  胸に痛みを感じた経験がある人は多いのではないだろうか。胸痛の原因は様々あり、なかには心筋梗塞や大動脈解離など、すぐさま治療を受けなければ命に関わるものもある。痛みに正しく対処したい。

  忙しい日々が続き疲れや睡眠不足がひどくなると、胸痛を感じることがある。しばらく様子を見てもよいものから、すぐ救急車を呼んで治療を受けなければならないものもある。緊急対応が必要な胸痛は「広範囲の痛み」と「激痛」の2点がポイントとなる。突然死の原因にもなり迅速な治療が必要となる胸痛は心筋梗塞、急性大動脈解離、肺血栓塞栓症の3つだ。帝京大学医学部(東京・板橋)循環器内科の上妻謙教授は「こうした深刻な病気による胸痛は広い範囲で痛みを感じ、ここが痛いと指し示せないケースが多いのか特徴」と話す。心筋梗塞は、心臓の表面を覆って栄養を与えている血管である冠動脈が詰まり、心筋が壊死する病気。

  広く胸のあたりが締め付けられるような激しい痛みや、圧迫感を感じることが多い。左肩や喉、顎、腕などに痛みを感じることもある。上妻氏は、「こうした症状が15〜30分続くようなら迷わず救急車を呼んだ方がいい」と指摘する。冠動脈が詰まらないまでも、狭くなって血流が滞り胸痛を起こすのが狭心症。階段の上り下りなどの軽い運動をした後に数分間、胸のあたりが痛む。安静にして痛みが消える程度なら様子見もできるが、ひんぱんに繰り返すようなら心筋梗塞の前段階の不安定狭心症の可能性があり、即刻受診が必要だ。大動脈解離も緊急対応が欠かせない。大動脈は心臓から出た血液が最初に通る人体で最も太い血管。血管の壁は内側から内膜、中膜、外膜の3層で構成されている。

  大動脈解離は内膜が傷つき中膜と外膜の間に血液が流れ込み裂け目が広がる。外膜が破れ大動脈が破裂したり、血管が閉塞したりして命が脅かされる。激しい胸痛だけでなく背中を引き裂かれるような痛みが出ることが多く、解離の場所によって痛みが腹や腰にくることもある。東京ベイ・浦安市川医療センター(千葉県浦安市)心臓血管外科の田端実部長は「高齢者が多いが、近年は40〜50代の働きざかりの男性で増えている」と話す。特に心臓から頭に向かう部位での大動脈解離は1時間に1%ずつ致死率が高まるとされ、裂けた大動脈を人工血管に置き換える手術が必要。「躊躇(ちゅうちょ)すると手遅れになる可能性もあるので症状があれば昼夜を問わず、すぐに受診を」と田端氏は注意を促す。肺血栓塞栓症は血栓が肺の動脈に詰まる病気。

  胸痛と共に息苦しさがあるのが特徴で、下肢が痛む場合もある。長時間体を動かさずにいるときに起こりやすい。これらはいずれも血管が詰まったり弱くなったりする病気で「高血圧の人が多い」(田端氏)。予防には血管に負担がかかる高血圧や脂質異常症などの持病を治療する。血圧を急上昇させる気温の変化にも注意したい。こうした疾患の増加は食生活の欧米化など生活習慣の変化が原因の一つ。喫煙や肥満、運動不足、ストレス、睡眠不足はリスクを高める。睡眠時無呼吸症候群も治療しておきたい。

  一方、心臓や肺の血管障害以外の原因で起こる胸痛も多い。緊張性気胸や逆流性食道炎、肋間神経痛、帯状痕疹などだ。きゅっとした痛みで、場所を示せるのが特徴だ。多くは救急車を呼ぶ必要はないが、早く医療機関を受診する必要がある。逆流性食道炎などは加齢とともに増える。「逆流性食道炎と思っていたら狭心症を併発していたこともあるので、主治医と相談を」と上棄民は助言する。(ライター武田 京子)






2020-12-26・・・日経より引用
◆深刻冬のヒートショック・室温の差で血圧が急変動
     心筋梗塞などにも/コロナ下の換気工夫を

  寒さが厳しい季節。気をつけたいのが急激な温度変化が体に負担をかけるヒートショックだ。血圧の急変動は心筋梗塞など命に関わる病気の原因になる。コロナ下のストレスもリスクを高めるので注意したい。

  冬の寒さは体調に大きな影響を与える。代表的なものがヒートショックだ。「温度変化による血圧の急激な変動が、不整脈や心筋梗塞、脳出血、矢神を引き起こす」と温泉療法専門医で東京都市大学の早坂信哉教授は説明する。特に注意が必要なのが、入浴やトイレなど、低温の場所で衣服を脱ぐ場面だ。入浴時では、暖かい居室から冷えた脱衣所に入る際に血管が収縮して血圧が上昇。冷たい浴室に入ると血圧は上がる。早く温まろうとすぐに熱い湯に入ると、その刺激で血圧が上昇する。体が温まるにつれ血圧は下がるが、冷えた脱衣所で再び血圧が上がる。一方、血圧が急に下がる時にも危険はある。

  湯船で寝そべった状態から急に立ち上がると血圧は一気に降下。立ちくらみを起こし転倒や失神することがある。「入浴時は脱衣、入浴、湯船から立つ、脱衣所に出る時と、4回のリスクがある」と住環境と健康を研究する近畿大学建築学部の岩前篤教授は指摘する。暖かい居室から冷えたトイレや廊下に行くときや冷えた部屋での着替え、起床時なども注意が必要だ。「特に朝は自律神経の中でも交感神経が働き、体は血圧を上げる。そこにヒートショックが加わると急激な血圧上昇を招きやすい」 (早坂教授)ついしてしまいがちなのが、短い時間だからと部屋着のまま屋外に出ること。早坂教授は「ゴミ出し、洗濯物の取り入れ、新聞を取りに行くなども危険。上着を羽織るくせをつけたい」と助言する。どんな人がヒートショックを起こしやすいのか。動脈硬化で血管がもろくなっている高齢者は要注意だ。

  若くても、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの動脈硬化疾患や、不整脈などの循環器疾患の持病がある人も用心したい。「コロナ下では、ストレスで血圧が上がる人も少なくない。また、運動不足や過食は動脈硬化を進める」 (早坂教授)ヒートショックを防ぐ一番の方法は、家の中の温度差を少なくすること。2018年に世界保健機関(WHO)が公表した「住宅の健康性に関するガイドライン」では、冬は最低でも全室18度以上、高齢者がいる場合は21度以上を推奨している。「日本家屋では難しい目標だが、せめて全室13〜15度にはしたい」と岩前教授。家の断熱性と気密性を高めるには、外気が入りやすいコンセント周りを養生テープで塞ぐ、廊下や玄関ドアの足元にドアクッションを置く、カーテンを床まで覆う長さにすると効果的だ。「玄関や階段につながる通路など、冷気が入りやすい場所をカーテンで仕切るのもいい」(宕前教授)。

  全室を温められない場合は脱衣所やトイレに暖房器を置き、浴室を入浴前にシャワーなどで十分に温めておく。足の裏で冷たさを感じることも血圧上昇の引き金になる。素足は避けフローリングや脱衣所にはマットを敷くといい。就寝中の寝室の室温は18度以上に保つ。寝具内は28〜33度差を少なくするためだ。朝は部屋を温めておくためリビングや台所の暖房器具のタイマーをセットしておく。この冬は感染症予防のため、換気をする機会も多い。その場合、人がいない部屋の窓を開け、人がいる部屋との間とその部屋の窓を少し開ける2段階換気をすると、急激な室温の低下を起こしにくい針 「換気中もエアコンなどの暖房をつけておくことも大切」と宕前教授は助言する。(ライター武田 京子)







サブページに戻ります
18

心筋梗塞・心不全の過程[01]