サブページに戻ります
胃・腸の過程[01]
 
18 

2015-07-**・・・Plus1より引用
●腸のメカニズムを知ろう
    腸内改善!、いい腸が健康をつくる!












2015-12-13・・・日経より引用
●増える潰瘍性大腸炎
    下痢や血便繰り返す難病だけど
    適切治療で普通の生活に
    薬物療法に選択肢

  大腸の粘膜に炎症ができて腹痛や下痢、血便を繰り返す難病が潰瘍(かいよう)性大腸炎だ。日本で患者数が急速に増えている。詳細な原因は不明だが、食生活の欧米化やストレスなど様々な環境要因があると指摘されている。専門家は「完治は難しいものの、適切な治療を受ければ普通に生活できる場合が多小」と話す。薬の選択肢が増えているのも朗報だ。

  潰瘍性大腸炎は炎症性腸疾患の一種で、国が難病に指定している。アベノミクスで有名な安倍晋三首相の持病としても知られる。大腸の粘膜に炎症や潰瘍(かいよう)、ただれができる。血便や下痢、腹痛などが主な症状で、生命に直接かかわらないものの、1日に何度もトイレに駆け込むなど生活の質(QOL)が下がる。筑波大学病院の溝上裕士・病院教授は「10~30代の発症が多いが、最近は65歳以上の発症も増えている」と話す。特に30代までは進学や就職、出産など人生の節目となる時期が多い。そこで潰瘍性大腸炎になると大きな支障を招きやすい。

  国内の患者数は推定約18万人で、米国に次いで多いとされる。約10年前から2倍以上に増えた。発症の原因は病原体などから身を守る免疫システムの異常が指摘されている。大腸粘膜を何らかの原因で「敵」とみなし、攻撃することで炎症が起きる。異常が起きる詳しい理由は分かっていないものの、食生活やストレス、追伝的要因なども関係すると考えられている。潰瘍性大腸炎と似ている病気には「クローン病」がある。クローン病は病変が大腸に限らず小腸など消化管のどの部分にも起軽暖樫広腸炎は原則、大腸に限定される。

  潰瘍性大腸炎の初期症状は下痢や血便、腹痛、発熱などだ。異変を感じたら医療機関を訪れるべきだが、若い人は我慢してしまう例が多く、受診が遅れがちになる。溝上教授は早めの対応を呼び掛けており「一週間以上、下痢や血便が続いた場合は消化器内科を受診してほしい」と訴える。潰瘍性大腸炎は通常、直腸に炎症ができ、その範囲が広がっていく。主に、炎症が直腸にとどまる「直腸炎型」、半分近くまで広がった「左側大腸炎型」、大腸全体に及ぶ「全大腸炎型」に大別される。重症度は1日の排便回数や体温などで区別している。

  例えば、1日6回以上の排便や血便などがあれば重症と診断され、15回以上はさらに悪い「劇症」となる。また、この病気は慢性疾患で、良くなったり悪くなったりという状態を繰り返す場合が多い。さらに、壊痘(えそ)性膿皮症や関節炎などの合併症に加えて、7年以上症状が続くと大腸癌になることもある。診断には血液検査、エックス線検査、内視鏡検査などを組み合わせる。「患者は少なくとも年1回、内視鏡検査.をしないとがんの発見が遅れる恐れがある」 (溝上教授)治療は炎症を抑える薬物療法が基本。

  最近は選択肢が増えてきた。5-アミノサリチル酸製剤の服用が一般的で安倍首相が使用を明らかにした「アサコール」もその一種だ。それでも症状が改善されないときは、副腎皮質ステロイド剤やイムランなどの免疫を調節する薬を使う。効き目が強いとされる抗TNFα抗体は、中等症から重症の患者向けだ。抗TNFα抗体などは生物学的製剤と呼ばれ、使える種類も増えている。潰瘍性大腸炎の患者は約7割が軽症のため、多くは5ーアミノサリチル酸製剤や免疫調節剤で改善する。「適切な治療を受ければ、多くの場合は普通に日常生活を送れる」と東京医科歯科大学の渡辺守教授は指摘する。

ただ再発する例が多く、油断は禁物だ。下痢などの症状が収まってもすぐに薬をやめてはいけない。粘膜の炎症などが続いている場合があり、内視鏡で大腸の中を確認するまでは医師の指導に従って薬を飲み続けた方がよい。渡辺教授らは安くて効き目の高い薬を日本から世界に発信しようと、臨床試験(治験)に取り組んでいる。新薬の候補は、リンパ球の表面にある特定のたんばく質の働きを妨げる「AIM300」。

  東京医科歯科大学や東邦大学医療センター佐倉病院、北里大学北里研究所病院、味の素製薬などが協力している。有効性や安全性を調べる第2相試験では、中等症の患者に服用してもらい、有効だと確認できたという。来春までに治験を終え、約3年半後の実用化を見込む。潰瘍性大腸炎は薬の選択肢が増えたうえ、メカニズムの解明も進みつつあり、多くの専門家が完治を目指し研究に取り組んでいる。渡辺教授は「難病だからと患者は過度に心配しなくてよい。きちんとした治療を受けることが大切だ」と注意を促す。(山本優)




*再生医療など研究進む
  潰瘍性大腸炎の治療は薬が基本だが、症状が重いままだったり再発を繰り返する場合は「大腸切除術」という外科手術の実施も検討する。この手術では、大腸をすべて切り取ったうえで、小腸を袋状にして肛門に縫い合わせる。便をためるなどの大腸の役目を小腸が担う。大腸を失うことになるが、その後は薬の投与や入院が不要になる例が多い。ただ、小腸に炎症が起こる恐れもあるので、手術後も定期的に検査を受けることが欠かせない。日本で開発された「血球成分除去療法」という治療法もある。免疫システムで外部から侵入した細菌やウイルスから体を守るのが白血球だ。

  潰瘍性大腸炎の患者は白血球が自分の腸を攻撃する。そこで血液を体外に取りだして白血球の中の炎症に関与する「顆一粒球」などを取り除き、体内に血液を戻す。再生医療の研究も進んでいる。東京医科歯科大学の渡辺守教授らは、マウスの大腸の上皮にある幹細胞を体外で大量に培養し、傷んだ大腸に戻した。組織が再生するのを確認できた。炎症を抑えるの左目的とした従来の治療とは異なり、この手法は傷んだ組織を治す「粘膜治療」が可能になるという。潰瘍性大腸炎や、同じ炎症性腸疾患であるクローン病などの臨床応用を目指している。このほか、健康な人の腸内細菌を患者に移植する「便移植」という手法の研究も温む。研究をしている臨床医の間では「症状緩和」から「完治」へと治療目標が変わりつつある






2016-05-07
●便秘、タイプ別の解消法
    同じ場所の痛み、「ねじれ腸」かも
    下剤や食物繊維取りすぎにも注意

  便秘対策といえばヨーグルトに食物繊維、それでもダメなら便秘薬を試す人は多いだろう。だが実際には、うまくいかない場合もある。実は便秘にはいくつかのタイプがあり、症状に応じて対策がある。最近、腸がねじれることで起きる便秘があることも分かってきた。タイプ別便秘の原因と対策をまとめた。


*新しいタイプも
  便秘には大きく4つのタイプがあることが分かってきた。そのなかでも、今、知っておいてほしいのは「『ねじれ腸』というタイプの便秘」と指摘するのは、久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)の水上健内視鏡部長だ。水上部長は患者の大腸内視鏡検査をするなかで、腸の一部がねじれている人が非常に多く、便秘になりやすいことに気づいた。「ねじれた場所は便が通りにくく、硬い便が栓のように詰まる」(水上部長)。

  腸の動き自体は正常なので詰まった便を通そうと活発に動く。すると腸の中の圧力が上がり痛みが出る。便秘を解消しようと、サプリメントなどで食物繊維を大量にとったり、下剤を飲んだりすると、ますます痛むことも。ねじれている場所を外からマッサージすること。グイグイ押すのではなく、お腹の中をゆらゆらと優しく揺らすイメージだ。ねぶれがゆるんで通りやすくなる。左脇腹から下腹部を中心に揺らす。腸が下腹部の方に垂れ下がっ.ている場合も多いので、下腹部からみぞおちに向かってゆさゆさ押し上げるのもいい。マッサージのほか、「体をねじる運動も有効」と水上部長。

  運動というと歩くことを考えるが、ねじる動作が多いラジオ体操がお勧めだ。その他、従来からいわれる便秘には「直腸性便秘」 「けいれん性便秘」「弛緩(しかん)性便秘」の3つがある。「直腸性便秘」は便が腸の出口付近で詰まる。便意があるのにトイレを我慢することが原因といわれてきた。便意は便が直腸に入ったサイン。日ごろから我慢していると、やがて便意が鈍り、直腸に便がたまる。このタイプは、便意がなくても毎朝習慣的にトイレに行こう。徐々に便意を感じられるようになる。


*考える人で解消
  同じ直腸性便秘でも、排便時の「姿勢」と関連して起きる場合があることが分かった。大腸肛門病センター高野病院(熊本市)の高野正大部長は、上体を前に深く傾けたロダンの「考える人」のポーズで、便秘の人の約半数がスムーズに排せつできることを見つけた。このときⅩ緑造影検査で直腸を撮影すると、「考える人」のポーズを取った場合は直腸の湾曲がゆるみ、便が通りやすくなっていた。結果を今年2月、欧州の医学論文誌に発表した。直腸は普段、肛門付近の筋肉に引っ張られ、鋭角に曲がっている。

  排便時は本来、この筋肉がゆるんで直腸が伸びるが、「この筋肉が硬直していると、直腸が伸びにくい」と高野部長は説明する。ポーズでゆるみやすくなるという。一方、「けいれん性便秘」は主にストレスが原因。腸がけいれんし、コロコロで小粒の硬い便になる。リラックスが最善策だ。お通じが無いことを気にし過ぎるとストレスになる。2~3日に1回でも、気持ちよく出ていれば良しと考えよう。「弛緩性便秘」は、腸の筋肉の動きが落ちてたるみ、便が停滞する。運動不足が原因といわれるが、水上部長は「下剤の使い過ぎで腸が弛緩するケースが目立つ」と指摘。下剤の多くはセンナや大黄など、腸を刺激する成分を含む。

  便秘解消挙ったう健康茶なども同様だ。これらを常用すると腸が疲れて動きが鈍る。下剤の頻度を減らし、腸を休めよう。毎日使っているなら、週3回ほどに。「排便は毎日でなくても問題無く、下剤を飲んだ翌日に出ればいい」(水上部長)。食事が原因のこともある。「偏食で食物繊維が足りない」人と、「食物繊維を取り過ぎ、その割に水分が少ないため、硬くてかさの多い便が詰まる」人とがいるという。便秘はこれらの原因が複合して起こる場合もある。自分に合う対策を探ろう。また、大腸がんなど病気が原因のことも。血便や細い便、微熱、急激な体重減少に気づいたら医療機関の受診を。(ライター北村 昌陽)






*繰り返す便秘と下痢、腸を揺らしてみる
  下痢に悩む人もいる。水上部長は「ねじれ腸が原因で下痢になるケースも多い」と話す。「ねじれた部分に硬い便が引っかかると、便がたまって便秘になる。その後、栓が外れて開通すると、たまっていたゆるい便が流れ、今度は下痢が起きる」(水上部長)。つまり便秘と下痢を繰り返すパターンが典型的。この場合も、腸をゆらすマッサージが有効だ。下痢の原因には、このほかにも、ストレスや乳糖を分解できない病気、アルコールの取りすぎなど食生活の問題、潰瘍性大腸炎などの病気もある。ストレスで下痢になるのは主に男性で、女性はストレスから便秘になる人が多いという。






2015-07-19・・・日経より引用
●体内菌、ミクロの「医師団」
    免疫や精神状態など左右

  人間は、細菌のおかげで生きている--。人の体には約37兆個の細胞があるが、その10倍をはるかに超える約1000兆個の細菌がすみついている。この細菌たちが、病気になるのを防いだり、時には精神状態まで左石したりしていることがわかってきた。腸内細菌を入れ替えて病気を治す新しい医療技術も生まれている。最新の研究で見えてきた人と細菌との共生関係を探った。

 赤ちゃんは子宮の中では無菌状態だが、産道を通るとき、母親の持つ細菌がくっつく。出生後は周囲の人々との接触や食事などを通じ、細菌を取り込みながら成長していく。こうして大腸や胃、口の中、泌尿器、皮膚など、至る所に膨大な種類と数の細菌を持つようになる。人体にすむ細菌のことを常在菌といい、その全体をマイクロバイオーム(細菌叢=そう)と呼ぶ。人は約1000種類、約1000兆個もの細菌からなるマイクロバイオームを持つ。最も密集しているのが大腸で、ふん便1gあたり1兆個の腸内細菌がいる。

  近年、遺伝子解析技術の発達で、体内にある細菌の数と種類を丸ごと調べることが可能になった。腸内細菌は人が消化できない食物を分解して栄養素を供給しているだけではなく、人体の免疫や神経系の働きに影響し、健康状態を直接左石していることがわかってきた。理化学研究所などの研究グループは、腸内細菌が作る脂肪酸の一つである「酪酸」という物質に腸管の炎症を防ぐ働きがあることを、マウスを使った実験でつきとめた。下痢を繰り返す潰瘍性大腸炎や腸が狭さくするクローン病などの炎症性腸疾患は、本来体を外敵から守るはずの免疫細胞が過剰に反応する結果、異常な炎症が続くために起きるとされる。

  この免疫細胞の暴走を防ぐのが「制御性T細胞」という細胞だ。研究グループは、制御性T細胞が未分化なT細胞からできる際に働く遺伝子が、腸内細菌が出す酪酸によって活性化することをつきとめた。免疫細胞の一種の樹状細胞が腸内細菌を取り込み、未分化なT細胞に伝えると、制御性T細胞になる。酪酸はこの過程を促進する。大腸炎を起こしたマウスに酪酸を与えると制御性T細胞が増え、炎症が治まることも確認した。理研の大野博司グループデイレククーは「ある種の腸内細菌に炎症やアレルギーを抑える効果があることは知られていたが、そのメカニズムを初めて確認できた」と語る。腸内のマイクロバイオームのバランスが崩れると、腸の病気だけでなく、様々な病気の原因になるとの見方が強まっている。

  肥満や動脈硬化、がんとの関係が示唆されており、研究が進んでいる。体の病気だけでなく心の状態にも、腸内細菌が深く関与しているらしいこともわかってきた。九州大学の須藤信行教授(心療内科)らのグループは、マウスを使った実験で、腸内細菌と心の関係の解明を進めている。マウスを狭い空間にとじ込め、ストレスを与える実験をした。体内に細菌がいない無菌マウスは、通常のマウスと比べてストレス関連ホルモンの血中濃度が高まり、強いストレスを感じていることがわかった。

  また記憶と学習に関係する脳の海馬や前頭葉などで、ニューロンの発達を促す物質の濃度が低下していただがこの無菌マウスにビフィズス菌の一種を投与したところ、同じストレスを与えてもストレスホルモンが通常のマウスと同程度にしか増えないことがわかった。別の実験で、無菌のマウスは「そわそわ動き回る」 「ビー玉を何度もケージの中に埋めようとする」など、人の注意欠陥多動性障害(ADHD)などに似た症状を起こしやすいこともわかっている。腸の内壁にある神経は、迷走神経を通じて脳とつながっている。腸の神経がホルモンなどの情報伝達物質を介して脳と影響し合う「脳腸相関」が知られているが、腸内細菌はここに一枚かんで、中枢神経に影響しているらしい。

  常在菌を利用した新たな治療も登場している。健康な人の便を患者の腸に入れる「ふん便微生物移植」だ。13年にオランダのグループが、院内感染の下痢を繰り返し発症した患者に実施し、顕著な効果があったと報告した。国内では慶応大学が昨年から、潰瘍性大腸炎などの患者を対象にふん便移植の臨床研究を進めている。責任者の金井隆典教授は「病気と関係する特定の腸内細菌がわかれば、ふん便ではなく有効な微生物だけを選んで移植する方法も有望だ」と話している。(編集委員 吉川和輝)




*イクロバイオーム…ゲノム解析で研究に弾み
  ある環境に存在する細菌をはじめとする微生物全体を指す言葉。細菌叢(そう)、微生物叢ともいい、腸内細菌の場合は腸内フローラと呼ぶこともある。英語ではMicrobiomeと書く。遺伝子全体のことをゲノム(Genome)というように、生物学ではオーム(-Ome)という接尾辞を付けて何かの「全体」を指すことが多い。ゲノム解析技術の進展で、ある場所にいる生物の種類と数を1度につきとめる「メタゲノム解析」という手法が2003年ごろに登場。様々な種が混在した細菌の遺伝子情報を効率よく解析できるようになり、マイクロバイオームの研究が広がった。






2016-07-**・・・[Plus1、NO106]より引用
●夏は腸の冷えにご用心!

  暑い夏。冷たいものを取り過ぎると腸の働きが鈍化し、消化・吸収をスムーズに行えなくなり、
  全身にエネルギーを送ることができなくなって夏パテに!
  東洋医学では、倦怠感や活力不足などの夏パテも、腸の不調が原因と考えられています。




*腸を元気にする暮らしの知恵

           {食}

*夏の「食」のポイントは、“からだ”を冷まし、“内臓”を温める!
    暑さに負けず、夏を元気に乗り切るために気をつけたいのが、食材の選び方。
    食べ物の力を借りて上手に熟を発散させながら、腸を冷やさないように工夫しましょう。

①「苦味」と「酸味」のある食べ物を積極的に取る
    苦味は暑さを和らげ、酸味は衰えがちな食欲を増進させます。特に取りたいのが、酢の物や梅干しなど酸味のあるもの。酸っぱい食べ物には胃腸の調子を整える働きがあります。

②甘いものを控える
甘いものはからだのだるさを助長し、暑さを感じさせるので控えめに。もし、冷たいアイスクリームを食べるなら、内臓を温める働きのあるシナモンパウダーをひと振りすると良いでしょう。

③色が黒っぽい食材を食べる
  小豆や黒豆、ひじきなど、黒または黒に近い色をしている食べ物には、内臓を温める作用があるものが多くあります。砂糖を選ぶなら黒砂糖を。ミネラルやビタミンがバランス良く含まれています。

④地中で育つ食材を食べる
  地中で育つ根菜類はエネルギーを蓄えているため、内臓を温めてくれます。大根、にんじん、ごぼうなどを使った味噌汁やスープで、内臓を芯から温める工夫を!

⑤薬味を積極的に活用する
しょうが、ねぎ、しそ、わさびなどの薬味は、内臓を温める効能があります。また、食あたりを防いだり、食欲を増進したりする働きも。食卓のわき役として日常的に活用しましょう。








2016-08-21・・・日経より引用
●長引く胃もたれ、専門医に
    機能性胃腸症、内視鏡では見つからず
    ストレスなど引き金に

 食後の胃もたれや、わずかな食事での満腹感、みぞおち辺りの痛み--。胃の調子が惑いのに内視鏡などで調べても異変が見つからない。そんな人は「機能性ディスペプシア(FD=機能性胃腸症)」かもしれない。専門医に診てもらい、早めに治療に取りかかりたい。不快感が長引く人は胃がんなど深刻な病気が隠れている可能性もある。我慢できるからと放っておかず、まずは病院に行こう。 

  都内在住の40代女性は半年前から、みぞおちの辺りに痛みを感じるようになっていた。定期的に人間ドックで上部消化管の内視鏡検査を受けたが、異常は見つからなかった。そのままにしていたが、症状はひどくなるばかりだった。改めて消化器内科の外来を受診したところ、FDと診断された。薬で症状は改善した。女性は20代から食後の胃もたれを自覚していたが、FDとは思わなかった。FDは「消化不良」を意味するギリシャ語を語源とする。

  食後の胃もたれやみぞおちが焼ける感覚、少し食べただけで満腹になるといった症状があり、人によっては吐き気などが伴う。命に影響は無いが、つらさや不快感があり、生活に支障が生じる。若い女性に多いが理由は不明だ。慶応義塾大学病院消化器内科の正岡建洋専任講師は「FD(消化不良)は内視鏡やレントゲンなど通常の検査では異常が見つからない。みぞおち周辺に症状を認めることで診断される」と話す。

  かつては神経性胃炎や、胃アトニーといわれ、慢性胃炎と診断されることが多かった。だが、2013年に慢性胃炎とは区別されて正式な診断名として認められた。慢性胃炎でも炎症が見つからない場合があるが、胃もたれのような症状があればFDと診断するようになった。健康診断の受診者10人のうち1人がFD患者といわれ、増えているとみられている。原因は複数あり特定は難しいが、ストレスやそれに伴う不安が発症に大きく関わる。

  内臓の働きは自律神経が制御しており、過度なストレスで自律神経のバランスが乱れてしまう。消化した食べ物を胃から十二指腸に送り出せず、胃にとどまり、胃もたれを感じる。すぐにおなかがいっぱいになり、時間がたつとみぞおちに痛みを感じることもある。胃がきちんと機能しない場合のほか、知覚過敏、遺伝も原因となる。正岡専任講師は「胃もたれなどの症状が週1日以上あり、3カ月程度続くとFDの可能性がある」と指摘する。

  不調が長引けば、胃がんや胃潰瘍が隠れている恐れがある。我慢せずに近くの病院に行こう。問題なのはFDは内視鏡でも炎症などが見つからず、診断が難しい点だ。かっては、病院で「気のせい」と見過ごされることも多かった。ただ症状は収まらないので、患者は他の病院を転々とする事態になる。FDは検査でさまざまな病気の可能性を除外して初めて診断できる。内視鏡で異常が見つからなくても、辛抱強く不調の相談に乗り原因を考えてくれる医師の存在は重要だ。筑波大学の鈴木英雄准教授は「適切な治療には医師との信頼関係も大切」と話す。

  治療は入院の必要がなく、薬物療法がふつうだ。胃酸を抑えるプロトンポンプ阻害薬や胃の働きを良くする薬のほか、漢方薬もある。13年には消化管の働きを促して胃もたれなどの症状に効くとされる日本製の新薬も発売された。最近はピロリ菌除菌で症状が改善すれば、ピロリ関連ディスペプシアと診断される。鈴木准教授は予防法として「食事や生活習慣の改善が大事」と話す。脂質や刺激の強い食べ物の食べ過ぎは避け、栄養のある食事をして十分な睡眠をとる。規則正しい生活を送り、なるべくストレスをためないよう心がけよう。

  最近の研究では、顕微鏡でみないとわからない微小な炎症が症状の引き金になる可能性があることも分かりつつある。病気の原因となる退伝子があるとの見方も出ている。詳細な仕組みを解き明かす基礎研究も進んできた。見た目では分からない病気のためか軽視される傾向もあったが、最近は海外を中心に研究も活発になっている。慶応大病院の正岡専任講師は「日本でも今後、注目度がさらに高まっていく」とみている。(山本優)







*下痢など仕事に支障も
  内視鏡などで消化管に異常が見つからないものの、機能に問題がある病気をひとくくりに「機能性胃腸障害」と呼ぶ。これにはFDのほか、「過敏性腸症候群(IBS)」と「非びらん性胃食道逆流症(NERD)」が含まれる。このうちIBSはビジネスマンに多く、仕事に支障をきたすためやっかいだ。IBSの患者は10人に1人いるといわれる。腹痛に加え、便秘や下痢などの症状が出るが、FDと同じように内視鏡検査などでは腸に異常が見つからない。筑波大の鈴木准教授は「男性は下新、女性は便秘の症状が出る場合が多い」と話す。

  男性は20〜30代の働き盛りに多い。1日に何度もトイレに駆け込むので仕事に支障が生じる。FDと同様にストレスなどが発症に関わり完治が難しい。会社の会議や行事で悪化し、休日に症状が軽くなる。脳の働きが発症に関連するとの研究報告があるが、明確な予防法はない。慶応大病院は健康な人の便をIBS患者の大腸に移植して望ましい腸内細菌を増やす「便移植」という治療法を研究している。鈴木准教授は「会社組織で考えるとFDは役員、IRSは中間管理職に多い印象」と話す。社会人にとってストレスと無縁の生活を送るのは難しいが治療薬もあり、体の異常を察知したら、なるべく早く病院に足を運びたい。






2016-09-01・・・日経より引用
●腸の善玉菌増やそう
    ①食物繊維多めに  ②発酵食品をとる  ③腸腰筋を鍛える

  私たちの腸内には600兆~1000兆個もの細菌がすみついている。この腸内細菌の集まり(腸内細菌叢=そう)が健康や病気と深く関わっていることが分かってきた。日ごろから良好な状態を保つにはどうすればよいのか。専門家の話をもとにまとめた。

*「強いにおい」注意
  東京都内に住む会社員のAさん(女性、45歳)の最近の習慣は毎朝トイレでの大便を観察することだ。量は十分か、色が黒ずんだりしていることはないか、においはきつくないか…。「腸内細菌の状態を簡単にチェックする方法は大便の観察。黄色ないし黄褐色で太い、バナナのような便が理相的です」。理化学研究所の特別招聴(しょうへい)研究員で腸内細菌を長年研究してきた桝野(べんの)義己さんは説明する。形や色だけでなく量が十分かも重要だ。目安は1日あたり約300g。バナナ形の便なら2~3本分。

  最初のうちは排便前後の体重を比べ、見た目と重さの関係を自分なりにつかんでおくといいという。水分を除いた固形成分のうち、食物のカスとはがれた腸の粘膜が3分の1ずつ。残り3分の1は腸内にいた細菌だ。便の色が黄色っぽいのは、ビフィズス菌など「善玉菌」の多さを物語る。においも強くない。逆に色が黒っぽかったりにおいが強かったりする場合は、肉や脂肪分の多い食事や運動不足で排便がスムーズでなく、腸内に「悪玉菌」が増えていると見なせるという。腸内フローラとも呼ばれる腸内細菌叢の構成・状態は個人の食事や生活習慣によって変わる。年齢とともに腸の働きは鈍くなり腸内細菌の状態も悪化していく。

  「腸年齢の老化」といわれているが、桝野さんによれば、食生活をはじめとする生活習慣を工夫すると、腸年齢は若返るという。自分の腸年齢を知るためのチェックリストで、自分の腸の状態や生活習慣の問題点が分かる。腸年齢を若く保つため桝野さんが勧めるのが「3つの力」の実践だ。まず「作る力」。良い優のもとになる野菜など食物繊維の豊富な食事をする。次に「育てる力」。発酵食品をとって健全な腸内細菌を増やす。そして「出す力」。運動によって腸腰筋を鍛える。良い腸内細菌を背てるのに有効なのは、ヨーグルトや乳酸菌飲料、納豆などの発酵食品だ。

  食物繊維の多いサツマイモにヨーグルトをトッピングして食べるなど工夫をするとよいという。発酵食品には様々な製品があるが「基本はどんな種類の製品でも有効。有用性が確認されている特定保健用食品(トクホ)の認定品が安心して利用できる」(桝野さん)という。腸内細菌の善玉菌としては従来、ビフィズス菌や乳酸菌が代表格だった。これに加えて桝野さんが注目しているのが「大便菌」と呼ぶ仲間だ。有用物質である酪酸を作る働きがある。「80歳以上の腸内細菌にはビフィズス菌と並び大便菌が多いことが分かってきた。これらを長寿菌と呼びたい」(研野さん)という。

  分析サービス登場腸内細菌への関心の高まりとともに、遺伝子検査のような感覚で個人の腸内細菌を調べてくれるサービスも登場している。理研が認定しているベンチャー企業のサイキンソー(川崎市)は、昨年11月から自宅でできる腸内細菌叢検査サービス「マイキンソー」を始めた。便のサンプルを郵送すると、細菌のDNAを手がかりに、数週間後に腸内細菌のデータをインターネットで閲覧できる。ビフィズス菌や、酪酸など有用物質を作る菌の存在比、太りやすさと関係があるとされる腸内細菌の比率などが分かる。検査費用は1万8000円。同社代表取締役の沢井悠さんは「腸内環境を変えたいと思っている人のニーズにこたえたい」と話している。(編集委員 吉川和輝)




*肥満や心の病気とも関係
  腸内細菌の研究で、健康や病気との関係を示す新たな知見が次々に報告されている。慶応大学の本田覧也教授らは過剰な免疫反応を抑える制御性T細胞の産生を促す腸内細菌グループを発見した。肥満と腸内細菌の関係も注目されている。肥満の人の腸内細菌にはバクテロイデーテス類と呼ばれる仲間が少なかった。こうした人への食事指導によってこの菌が増えて、肥満が解消される傾向が確認された。また、セロトニンやドーパミンといった神経伝達物質の産生に腸内細菌が関わっていることも知られ、うつ病など心の病気との関係も研究ざれている。病気の治療を目的に腸内細菌そのものを入れ替える試みもある。潰瘍性大腸炎など腸の難病の患者向けに、健康な人のふん便を移植して腸内細菌を健全な状態にする「ふん便微生物移植の臨床
研究が慶大、順天堂大学などで始まっている。





                     
2013-06-27発行                           2013-02-15発行                                2010-01-20発行