サブページに戻ります
18

胃・腸の過程[02]

2016-09-18・・・日経より引用
●逆流性食道炎
    胃酸逆流による胸やけ・呑酸が主症状
    就寝前の食事や接待の多い人は要注意
                          企画・制作=日本経済新聞社クロスメディア営業局  
                          日本歯科大学大学院、医学研究科消化器内科学大学院教授、岩切克彦先生

  不快な症状である胸やけや呑酸(どんさん)。胃酸が胃から食道に逆流して起こる逆流性食道炎という病気が原因の可能性があります。働き盛りの人にも多い逆流性食道炎は日々の生活にも大きな影響を及ぼし、生活の質(QOL)を損なうといわれていますこその症状のメカニズム、そして対処法について岩切勝彦先生に聞きました。


*逆流性食道炎とは、どういう病気でしょうか。
岩切氏、 胃酸が胃から食道へと逆流することで引き起こされる病気です。代表的な症状に胸がちりちりと焼けるように痛む「胸やけ」、口に酸っぱいものがこみ上げてくる「呑酸」があります。その他、おなかの張りや胃もたれ、イガイガやとリヒリといったのどの違和感、頻繁なゲップなどの症状を訴える患者さんもいます。また、同病によって知覚が過敏になり、胸に痛みを感じるケースもあり、狭心症や心筋梗塞を疑って診察に訪れる患者さんもいます。

*病気のメカニズムを教えてください。
岩切氏、 口から入れた食物は食道を通って胃へと運ばれます。流れが一方通行なのは、食道と胃のつなぎ目が通常閉じられており、食物が通る時だけ開くからです。 この働きを担う筋肉が「下部食道括約筋(LES)」です。一万、胃には食物を消化するための胃液が分泌され、そ


*唾液分泌が少ない夜間に発症睡眠障害にも
  常の生活や仕事にも支障が出てくるようですね。

岩切氏、 不快な胸やけや呑酸によって仕事に集中できないという患者さん、また胸やけで夜間睡眠がとれないという悩みを訴える患者さんもいます。実は逆流性食道炎と睡眠には深い関係があります。胃酸の逆流が起きるのは食後ですが、日中には唾液分泌が1.0~1.5㍑あり無意識に唾液を飲み込んでいるため、食道にぜん動運動が発生し、唾液と一緒に逆流した酸が胃へと押し出され大きな問題にはなりません。ところが、夜間は唾液分泌がほとんどないため、唾液の噸下(えんげ)が行われない結果、逆流物のクリアランスカが弱く、食道が長時間胃酸にさらされ、炎症が広がってしまいます。ですから、就寝前の飲食や接待などが多いビジネスパーソンは要注意です。

  夜間は食道が乾いた状態にあるため、酸逆流が起こると日中に比べ、強い胸やけや胸痛を起こすことが多くあります。これは睡眠障害へとつながることもあります。実際、逆流性食道炎の治療に伴って睡眠の質が改善するケースが多いのです。逆流性食道炎の患者が急激に増えていると聞いています。岩切 衛生状態の改善によって、胃にピロリ菌が感染している日本人が減りました。ピロリ菌は胃酸の分泌を低下させ、様々な胃の病気を引き起こします。しかし、逆流性食道炎に関していえば、胃酸の減少が病気の悪化を防いでいました。つまり、ピロリ菌の減少によって患者さんは増加したといえます。また、食生活の欧米化、とりわけ高脂肪食は胃酸の分泌を過乗にするため、逆流性食道炎の増加につながっています。


*薬物治療と生活習慣の改善で
  防のために日ごろ、気をつけるべき点を教えてください。

岩切氏 過食や早食いをしないことです。過食は胃酸過多を招きますし、早食いすると空気も一緒に飲み込むので、どうしてもゲップが多く出ます。就寝前の飲食がとくによくないことは先ほど述べたとおりです。また、肥満傾向にあると、内臓脂肪が胃内圧を上げてしまい、胃酸の逆流が
起こりやすくなります。そうした意味では、いわゆるメタボ対策、生予告習慣の改善が逆流性食道炎の予防にも効果的だといえます。逆流性食道炎と診断された場合、どういう治療を行うのでしょう。

岩切氏、 いま述べた生活習慣の改善ととモ)に、プロトンポンプ阻害薬(PPI)という薬による治療が行われます。胃酸は胃の壁系由胞にあるプロトンポンプによって分泌されますが、この働きをブロックするのがPPIです。以前は制酸剤などが対症療法的に使われていましたが、現在はPPIによる治寮が中心となっており、PPIの服用によって、多くの逆流性食道炎の患者さんの症状が改善しています。ただし、再発しやすい病気ですので、服用の継続や中止に関しては自己判断せず、医師の指示に従うことが重要です。








2016-12-04・・・日経より引用
●長引く便秘侮るなかれ
    腸閉塞・大腸がんリスク
    下剤使いすぎNG

  おなかが張ってつらい、痛みがある。便秘のそんな症状は、なかなか相談しにくい。原因は腸管の動きの低下、トイレの我慢のしすぎ、ストレス、さらに大腸がんが隠れているなど様々だ。市販の下剤を飲みすぎると、自力で排便する力が落ちる恐れもある。異変を感じたら、早めに医師と相談することで、対応策が見つかることもある。

  「たかが便秘されど便秘。侮(あなど)ってはいけない」。1995年に日本で初めての便秘外来を開いた順天堂大学の小林弘幸教授は警鐘を鳴らす。便秘は、症状が長引くと腹部の膨満感や痛みなどを起こし、生活の質(QOL)の低下を招きやすい。最悪の場合は腸閉塞に至ることもある。
順天堂大の便秘外来には全国から患者が訪れ、予約から診察まで4~5年待つこともあるという。便秘に苦しむ人は若い女性を中心に増えているといわれる。中には子供の時から始まり、成人後も続いているケースもある。

  便秘は水分が減って便が硬くなり、大腸に長くとどまる状態をいう。排便の回数が週に2回以下しかないと便秘と呼ぶことが多い。小林教授は3日続けて排便がないと便秘と判断している。排便がしずらかったり、排便後も便が残っているような不快感があるケースもある。便秘のうち最も多いのが、何らかの原因で腸や腸管がうまく機能せず、便秘になる「機能性便秘」だ。腸を検査しても特段の異常は見つからないのに、つらい便秘の症状が続く。

  機能性便秘の7割を占めるのが、大腸の働きが悪化して便秘になる「ぜん動不全型」だ。通常、腸は防肉を収縮させてたまった優を肛門まで運ぶ。腸の機能が下がると便があちこちにとどまり、排せつされない。このタイプは高齢者によくみられる。逆に若い女性などに多いのは、便が直腸まで届いているのに排せつできない「直腸・肛門型」だ。通常は直腸がセンサーとなって便がたまったことを検知し、その信号を脳に伝える。だが「繰り返し我慢すると信号が弱くなり、便意を感じずらくなる」(小林教授)という。

  便秘になるきっかけは様々だ。筑波大学付属病院の溝上裕士・病院教授は「生活のリズムなどが変わると便秘になることがある」と指摘する。旅行や入学、失恋などの環境の変化で精神的なストレスが増し、便秘になる。個人差はあるが、自律神経のバランスが悪化し、腸の機能低下を招く。便秘そのものがストレスになることもある。人によっては「今朝も排せつできなかった」と一日中悩んだりする。仕事に集中できず、ストレスがさらに増す。その結果、便秘がますます治らないという悪循環に陥る。小林教授は、便秘の原因は「精神的な部分が大半を占める」と指摘する。食習慣や生活習慣の乱れも原因になる。

  野菜などで食物繊維を十分にとらないと便のかさが増えず、大腸を刺激しづらい。溝上教授は「朝食をとらないと便秘になりやすい」と話す。食事の時間帯がバラバラなのも要注意だ。睡眠時間が短かい人、運動習慣がない人も腸の働きが悪くなり、便秘になりやすい。長引く便秘はQOLを下げるだけでなく、まれに腸閉塞を引き起こすことがある。激しい吐き気や嘔吐(おうと)、腹部の痛みが起き、悪化すると手術が必要になる。医師はまず生活習慣の改善を指導し、症状がひどいと薬を出す。

  治療薬は酸化マグネシウムが一般的。約4年前に発売された慢性便秘症治療薬「アミティーザ」は副作用が少ないとされるが、価格が高い。市販の下剤を長期間使っている人もいるが、処方量を守らないと自力で排せつする力が弱まる。薬の服用については医師とよく相談したはうがいいだろう。単なる便秘だと思っていても、より深刻な病気が隠れていることもある。代表例が大腸癌だ。がんが進行し腫瘍が大きくなると、優の排せつを妨げ、しばしば便秘を引き起こす

  都内在住の30代の女性会社員は、子供の頃から便秘に悩んでいた。最近さらにひどくなり、便の中に血が混じるようになった。近所の病院で内視鏡検査を受けたところ、大腸癌と診断された。早めの対応が効を奏し、現在は癌も治って快便だという。滞上教授は「特に中高年で、急に便が出にくくなった場合は大腸癌の可能性がある」と話す。癌の場合は、早期発見が治癒につながる。そのほか糖尿病や甲状腺の機能低下が原因で便秘になることもある。便秘が長引いたら、早めに受診して原因をつきとめておくと安心だ。(山本優)




*食習慣改善・ストレス軽減を
  便秘の対策としては、排便を促す薬もあるが、まずは食生活や生活習慣の見直しが重要だ。ストレスが原因の便秘も多いため、医師は精神的な部分で助言することも多い。いずれも継続が肝心だ。食習慣では食物繊維や乳酸菌をとることが効果的だ。ただ、便秘の人が水に溶けない食物繊維をとりすぎると便の通り道をふさぎ、症状が悪化しかねない。海藻類やキウイなどに多く含まれる水溶性の食物繊維をとるとよい。食物繊維の摂取量の目安は、1日約25gとされる。食事だけで必要量をとるのは難しいので、サプリメントなどで補ってもよい。

  順天堂大学の小林弘幸教授は、乳酸菌を増やし腸内環境を改善するため、ヨーグルトに大根おろしとハチミツを入れる食べ方を勧めている。ウオーキングやジョギングなどの有酸素運動を毎日30分程度すると、腸の動きが良くなる。ストレッチや十分な睡眠で副交感神経の働きを促してリラックスするのもいい。小林教授は便秘解消につながる体操法や、呼吸法なども提唱している。便秘の心配が頭から離れない人は「『1日3回』など回数を決め、徹底的に便秘について考えるとよい」と小林教授は話す。その時以外はすっぱりと便秘のことを忘れる。意外と効果があるという。






2017-02-25・・・日経より引用
●生活習慣から痔を防ぐ
    食物繊維と水で腸内を調える
    座りっはなレ重たい荷物もリスク

  「恥ずかしいから」となかなか治療に積極的になれない人が多い痔(じ)。冬は水分摂取量や運動量が減り、痔になりやすい条件がそろいやすい。痔は食生活や運動、排便など生活習慣が発症に関わる一種の生活習慣病。予防や治療の基本はこれらを改善すること。まず、自分の便の状態を観察するところから始めたい。

  肛門周辺の病気のおよそ8割を占めるのが痔だとされる。通常いぼ痔と呼ぶ「痔核(じかく)」、切れ痔と呼ぶ「裂肛(れっこう)」、トンネル状の「痔ろう」の3つの病気がその代表だ。最も多いのが痔核。肛門の内部や出口には静脈叢(そう)という細い血管の集まりを主体とした肛門クッションという柔らかな組織がある。血液が滞ってこの組織がいぼ状に膨らんでくるのが、いぼ痔。粘膜部分にできると内痔核、肛門の皮膚の部分だと外痔核という。

  裂肛は肛門の出口付近の皮膚が裂けた状態。肛門周囲で大腸菌などによる感染症が起きて膿(うみ)が貯まり、進行して肛門の内外を貫通してしまうのが痔ろうだ。痔核は、排便時に破れると、便器に広がるような出血が起きることがある。内痔核は痛みはあまり無いが出血しやすい。年間約2200件の肛門手術を手掛ける東京山手メディカルセンター(東京・新宿)の佐原力三郎・大腸・肛門病センター長は「痔核と裂肛は生活習慣の影響が大きい。特に排便時の肛門への圧力が長引くことや、便が硬かったりゆるかったりで肛門に負担がかかるのが原因」と話す。

  便秘で硬い便を息むことだけでなく、下痢で勢いよく出るのも刺激となる。発症には姿勢も関わる。座ったままや立ちっぱなし、重い物を持ち続ける、妊娠や分娩で肛門に腹圧がかかるなどだ。排便時間がかかることも悪化要因の一つ。予防には肛門周りに余計な圧力や負担をかけないことのほか、便秘や軟便を避ける食生活がとても大事だ。排便は3日(72時間以内)に一度はあるのが正常範囲。


*起床後に水1杯
  東京医科歯科大学臨床栄養部の斎藤恵子副部長は「起き抜けに水をコップ1杯飲み、朝食を取ると腸のぜん動運動が促され、便秘対策になる」と話す。豆類やコンニャクなど不溶性食物繊維は水で膨張しやすく便量が増える。主食は「玄米などの方が食物繊維が多い。繊維を強化したシリアルなら手軽だ」という。一方、アルコールやキシリトール、油分などの取り過ぎで下痢しやすい。既に痔がある人は「唐辛子など幸い食物は排泄時に肛門周辺を刺激するので避けた方がいい」(斎藤副部長)。

  アルコールも炎症や感染を助長する可能性が高い。便秘予防のためにも、便意を我慢するのは禁物。便意には波がある。一度消えると、次の波まで少し時間がかかり、その間に直腸内の優から水分が失われて硬くなるとますます出にくくなる。佐原センター長は「便意から5分内に」という。痔になってしまったら、どう対処すればいいのだろうか。トイレットペーパーに血が付く程度の裂肛による出血ならば誰にでも起き、自然に治ることも多い。


*大腸がんも疑う
  ただし「無痛の出血には大腸がんによるものもあり、痔だと思い込んでいると見落とすことも」(佐原センター長)。痔だと鮮血、がんは黒ずんだ血などと言われることもあるが素人判断は禁物だ。排便時の出血が続いたら、肛門科や消化器科などを受診、大腸内視鏡検査を受けた方がよい。普段の生活では清潔を保つ。温水洗浄便座での洗浄は有用だ。痔の人が、トイレットペーパーでの拭き取りから温水洗浄に替え、薬が不要になることもある。ただし、使い過ぎれば皮膚のバリア機能が損なわれるなど、別の悪影響もありえる。

  佐原センター長は「軽度で生活に支障がなければ、慌てずに生活習慣を見直してみるのもよい」と話す。突然の痛みが出た場合は横になるなどし全身の力を抜くほか、脱出物があるなら清潔にして押し戻す。ただ、大量の出血は貧血を起こすこともあるので気をつけたい。カット綿などを患部に当てて横になって休んだ後、受診を考える。痛みが強い場合も受診しよう。座薬や塗り薬、便を軟らかくする飲み薬を使う。薬で不十分なら手術が必要になることもある。診察の際は、排せつ後の肛門の状態を写真に撮ると役立つこともある。食べた物と便の状態など、自分で生活をチェックするよう心掛けたい。(ライター塚崎 朝子)








                    
2013-05-20発行                               2007-04-10発行                                      2014-02-20発行




2021-06-12・・・日経より引用
◆肛門のかゆみ、洗いすぎ・かきすぎで増幅
         皮膚のバリア機能低下/便通の改善を

  お尻の穴がかゆくなる「肛門そうよう症」。症状が出ても周囲には相談しにくい部位だけに困っている人が多いのではないか。過度な清潔志向が引き起こすケースもあるという。かきすぎて悪化する前に対処したい。

  肛門そうよう症は肛門や周辺の皮膚にかゆみを感じる状態の総称。ICHO東京山手メディカルセンター(垂貝・新宿)の山名哲郎・大腸肛門病センター長は「肛門の病気といえば痔が代表的だが、肛門そうよう症も珍しいものではない」と話す。実際に症状を訴える人も多いようだ。服部大腸肛門クリニック(金沢市)の服部和伸院長は「受診患者の1割は肛門のかゆみを訴える。その大半は慢性化し、皮膚の炎症や湿疹が悪化した状態になっている」と説明する。かゆみは厄介だ。大阪肛門科診療所(大阪市)の佐々木みのり副院長は「我慢できずにかいてしまうと、かえってかゆみが増す悪循環に陥りやすい」と指摘する。

  かいて皮膚表面に傷ができると、皮膚の持つバリア機能が壊され、炎症が起こる。かゆみも脳に伝える神経が皮膚の表面まで伸びてきて増殖し、一層感じやすくなるそうだ。炎症がひどくても、肛門周辺は自分で確認しずらい。かきむしるうちに肛門のしわに沿って皮膚が裂け、痛みが生じる場合もあるという。佐々木副院長は「肛門を清潔にすればかゆみは治ると思っている人は多いが、排便時に温水洗浄便座で洗いすぎたり、トイレットペーパーで拭きすぎたりするのは逆効果だ」と強調する。皮膚の表面を撃つ皮脂、皮膚を健康に保つ常在菌を過度に取り除いてしまい、バリア機能が低下。細菌やウイルスなどの病原体が侵入しやすい状態になるのだという。肛門にかゆみを感じたときもむやみにかくのは避ける。

  排便時は温水洗浄便座の使用を控え、トイレットペーパーで拭くときもこすらないようにする。佐々木副院長は「ペーパーはテニスボール大にふんわりと丸めて、肛門にやさしく当てるようにして拭くといい」と勧める。山名センター長は「入浴時にせっけんを使ってゴシゴシと肛門を洗ったり、アルコールを含むウエットティッシュなどで拭いたりするのは控えてほしい」と注意を促す。「皮膚の再生に必要な2週間ほどは肛門をこすらず、かかずにいれば、かゆみは収まることが多い」と佐々木副院長。かゆみが悪化して痛みを伴うようになった場合、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬、皮膚の炎症を修復するステロイドが入った軟こうを使って治療することになる。市販薬もあるが、ステロイド剤は特に自己判断での使用は難しい。服部院長は「適切な薬で正しく治療しなければ改善しない。恥ずかしがらずに肛門科を受診してほしい」と呼びかける。

  まれに真菌(カビ)感染によるカンジグ性皮膚炎がかゆみの原因の場合があり、抗真菌薬での治療が必要になる。山名センター長によると、痔の影響でかゆみが出ることもあるようだ。痔のなかでも目立ついぼ痔(痔核)では肛門が腫れて凸凹ができるために拭きにくく、周辺に残った便の刺激でかゆくなることがあるという。かゆみの原因を見極めるためにも、困ったときは専門医に診てもらうようにしたい。佐々木副院長は「便通の改善も欠かせない」と訴える。すっきり排便できていれば、肛門を過度に洗ったり、拭いたりしなくてもいいという。「肛門部にたまって切れが悪い出残り便、皮膚を荒らしやすい水様便になるのを避けるため、適度な運動や節酒など生活習慣の改善を心がけることが大事」と助言する。(ライター田村 知子)