サブページに戻ります
18

胃・腸の過程[03]

2016-12-10・・・日経より引用
●おなかの張り・ガス抑えたい
    食べる糖質の種類で改善も
    8時間絶食、腸内を掃除/ゴロゴロ寝で放出

  「おなかが張って苦しい」 「おならが多いうえ、臭いが気になる」など、おなかのガスの悩みはつきない。忘年会などで食べたり飲んだりする機会が増える季節。いつもにも増して症状が気になるという人もいるのではないか。専門家にガスが増える原因と対処法について聞いた。

  腸内にたまるガスのもとは大きく2つある。口から飲み込んだ空気と腸内で発生するガスだ。東邦大学医療センター大森病院総合診療科(東京・大田)の瓜田純久教授は「最も多いのは飲み込んだ空気に含まれる望素ガスで、全体の半分強。残りは腸内細菌が作る水素ガスや二酸化炭素、メタンガスなど」と話す。空気は、食べたり飲んだりする時に入る。早食いの人やストレスで奥歯を噛みしめる人は、飲み込む量が増えやすい。ゲップはそんな空気を外に出す手段なので、胃から腸に移動させないためにも我慢しない方がいい。


*食べ過ぎ注意
  一方、腸内で発生するガスは腸内細菌が作り出す。小腸で吸収されない食物繊維などは大腸に移動して腸内細菌のエサになり、細菌が分解する過程でガスが出る。「男性でガスが増加する一番の原因は食べ過ぎ。女性では野菜の取り過ぎが目立つ」と瓜田教授。消化吸収できない分は腸内細菌のエサになる。健康のためにと食べた野菜が腸内ガスという副産物を生む。ガスがたまるとおなかがパンパンに張ったり、おならが増えたりしてつらい。早食いしないなど行動改善のほか、食事内容を考えるのも大事だ。最近注目されているのが、ガスや腹痛、下痢などの原因になる特定の糖質を控える「低FODMAP(フォドマップ)食」だ。FODMAPという言葉は「発酵性のオリゴ糖」「二糖類」「単糖類」「ポリオール類」という糖質の種類を表す。

  例えば発酵性のオリゴ糖を含む小麦やタマネギ、豆類、二糖類の乳糖が多い牛乳やヨーグルトなどを控えるというもので、オーストラリアのモナッシュ大学等が提唱した食事法だ。発酵食品や食物繊維、オリゴ糖などは腸に良い食品の代表格。それでも「人によっては良い面ばかりではない」と話すのは、この食事法をいち早く取り入れた江田クリニック(栃木県栃木市)の江田証院長。これらの糖質は小腸で吸収されにくく、小腸内で糖質の濃度が上がると、薄めようと水分が小腸内に引き込まれる。するとおなかがゴロゴロしたり、痛みや下痢が起こったりする。さらに糖質が大腸まで違ばれると腸内細菌のエサになり、多量の水素ガスが発生して、おなかの張りやおならが増える。「症状の強さは、個人の腸内細菌の種類や腸の伸びやすさなどの体質で決まる」と江田院長。


*l品ずつ見極め
  ガスが気になる人は「まずは3週間、これらの糖質が多い食品を控えると症状が改善される可能性が高い」(江田院長)。その後は食品を1品ずつ試し、どれを取ると症状が出るか見極める。自分に合わない食品がわかれば、それだけを避ける。「過敏性腺症候群の患者が対象の試験では、7割の人がこの食事法で症状が大きく改善したと国際的な医学論文で報告されている」 (江田院長)ガスの発生を抑えるには一定の絶食時間も重要。「少量でも頻繁に食べていると腸内に食物が残り、細菌が分解しようと働く」と瓜田教授。特に夜は睡眠も含め、8時間程度の絶食時間を確保しょう。腸内が空になると、おなかがグーと鳴る大煽動(ぜんどう)が起き、大掃除されるからだ。ところで、ガス自体は体にとって必ずしも悪者ではない。「ガスがよく出る人の方が心筋梗塞や脳梗塞の発症が少ないという報告もあるくらい。

  腸内で発生した水素ガスが、体に害のある活性酸素を消去してくれるのではないかと考えられる」(瓜田教授)ただし、臭いガスには要注意。食物繊維由来のガスは水素ガスなどが大半で臭いはないが、高たんぱくで高脂肪な物を多く取ると、分解されてアンモニアやインドール、スカトールといった有等物質が作られる。強烈な臭いは腸内環境が悪化している証拠だ。気をつけてもガスがたまることはある。苦しい時はゴロゴロ寝転ぶのが良い(図参照)。「ガスは軽いので肛門まで下りにくい。ゴロゴロして腸を動かすとガスが出やすくなる」と瓜田教授。人前に出る前などに試すといいかもしれない。(ライター佐田 節子)




*腸内細菌増殖、呼気から分かる
  小腸は栄養素を吸収する場所で、本来、細菌はさほど多くない。ところが、ここに細菌が異常に増えて多量のガスが発生し、おなかの張りや腹痛などの症状がひどくなることがある。「小腸細菌異常増殖症(SIBO=シーポ)」だ。「糖尿病や過敏性腺症候群の人に多い。呼気試験で水素ガスの量を調べると診断がつく」と瓜田教授。体内で水素ガスを出すのは腸内細菌だけなので、呼気中に多ければ腸内細菌が増殖しているとわかる。治療では抗生物質が効くが保険は適用外。「モズクに含まれるフコイダンという成分にも改善効果があるが、最も重要なのは規則正しい食生活」と瓜田教授。





2018-04-14・・・日経より引用
◆胸焼けなくし快適生活
    胃液の逆流こう予防
    高脂肪食控える/きついベルトもダメ

  胃液や食べた物がこみ上げてきたり、胸や喉の違和感が続いたりしたら、「逆流性食道炎」を含めた胃食道逆流症かもしれない。原因は胃液などの頻繁な逆流。食事の取り方を工夫し、生活習慣の改善で予防しよう。


  胃食道逆流症とは、胃液など胃の内容物が食道に逆流することで起きる病気の総称だ。よく知られている逆流性食道炎も含めて「近年、日本人に急速に増えている」と兵庫医科大学(兵庫県西宮市)内科学消化管科主任教授の三輪洋人民は警鐘を鳴らす。健康な人の体内でも、ある程度の逆流は日々起きている。ところが頻繁に繰り返されると、胃液の中の酸性度が非常に強い胃酸が引き金となって「胸焼けや呑酸(どんさん)を覚えるようになる」(三輪氏)。

  胸焼けは胸骨の後ろに感じる灼熱(しゃくねつ)感やムカム力感、呑酸(どんさん)は喉や口の中に酸っぱいものがせり上がってくる症状だ。胃食道逆流症は食道粘膜がただれてできる「びらん」の有無で2種類に分かれる。胃酸が食道の粘膜を傷つけて炎症が起き、内視鏡でびらんが見えると逆流性食道炎。びらんが見られないのに、胸焼けなどの不快症状が強いのが非びらん性胃食道逆流症だ。

  「非びらん性は若い人に増えている。ストレスによる食道の知覚過敏が原因ではないか」と国立国際医療研究センクー(東京・新宿)消化器内科診療科長の秋山純一氏は話す。逆流や炎症の度合いと、自覚症状の強さは必ずしも一致しないと覚えておこう。胸焼けと呑酸(どんさん)の他に、胸の痛みや気管支ぜん息、喉のつかえなどを訴えるケースもある。胃食道逆流症は心臓病や食道がんなど重篤な病気と症状が似ているので、早期の診断が必要だ。

  命に関わる病気ではないが、放置するとQOL(生活の質)が下がる。逆流が起きる原因の1つは、胃と食道の境目にあって胃の内容物が食道に逆流するのを防ぐ「下部食道括約筋」の機能低下だ。高齢者に多い食道裂孔(れっこう)ヘルニアも一因だという。食道裂孔(れっこう)ヘルニアとは、横隔膜に開いている食道が通るための穴が、自然な老化現象で緩み、本来は横隔膜の下にある胃の一部が上に飛び出している状態を指す。

  胃と食道のつなぎ目にある噴門を補助的に支えていた横隔膜の力が違うところにかかるので、逆流が起きやすくなる。暴飲暴食による括約筋の一時的な緩みも原因になる。胃にかかる過剰な力を減らそうと、胃にたまった空気をげっぷで口へ逃がす時に逆流が起こる。食べ物と一緒に空気をたくさん飲み込みがちな早食いでも、げっぷが出やすい。予防には高脂肪食の摂取を控える。「脂っこい食事をすると、括約筋を緩めるコレシストキニンというホルモンが分泌される」 (三輪氏)。

  食後すぐに横になるのも避けよう。消化のために胃酸が多く分泌されるうえ、寝た姿勢だと重力が働かず、逆流しやすくなる。「括約筋が衰えている人は、上体を少し高くして寝るとよい」 (秋山氏)おなかを圧迫する姿勢や体形も要注意だ。草むしりや床掃除といった前かがみの姿勢を長時間続廿ないようにする。腹部をベルトやガードルで締め付けすぎるのもよくない。肥満、とりわけ内臓脂肪が蓄積する肥満は逆流の原因になる。

  減量を心がけよう。「衛生環境がよくなり、保菌者が減少しているピロリ菌も逆流と関係している」と三輪氏。胃がんや胃炎などを招く可能性のあるピロリ菌には胃酸を抑制する働きがある。感染していない胃は胃酸の分泌が活発になり、食道へ逆流する確率が高まりやすい。胃食道逆流症は様々な原因で起きる。予防には生活習慣の改善が第一だ。(ライター松田 亜希子)






2019-04-01・・・日経より引用
◆慢性便秘の治療、生活習慣改善も重要
    新薬登場や漢方薬の作用解明で選択の幅広がる

  治りにくく、生活の質を大きく下げる慢性便秘は人口の高齢化に伴って患者が増え続けており、推定で約450万人の患者がいるとされる。新薬が相次ぎ登場し、漢方薬も作用が明らかになるなど、症状や年齢ごとにきめ細かく対応できるようになった。ただ便秘は不規則な食事や運動不足なども影響している。専門家は「薬での治療だけでなく、生活習慣の見直しも重要」と指摘している。

  糖尿病などで薬物治療を続けていた兵庫県の主婦、山田悦子さん(仮名、60)は週に2〜3回しか排便がなく、近所の医院で処方された便秘薬を飲んでいた。だが今年に入って薬を飲んでも便通が滞るようになり、残便感と腹部の張りも感じるようになった。このため兵庫医科大学病院(兵庫県西宮市)の消化管内科を受診。2年前に発売された新薬を飲み始めたところ、数日後には毎日排便するようになり、不快な症状が消えた。山田さんは「快適な生活に戻ることができた」と喜ぶ。便秘の治療には、腸の動きを促すセンナやダイオウなどの植物を原料とした大腸刺激性下剤のほか、腸に水分を引き込んで便を軟らかくする酸化マグネシウム(商品名マグミットなど)が主に使われてきた。

*症状ごとに処方
  酸化マグネシウムは薬局で買える市販薬も多く、日本では最も多く使われているが、糖尿病などで腎機能が低下した高齢者や併用する薬が多い患者は使いにくかった。2012年以降に新薬が相次ぎ販売され、兵庫医大病院の三輪洋人・主任教授は「治療の選択肢が増え、症状や年齢ごとにきめ細かく使い分けられるようになった」と説明する。新薬の一つが、小腸で腸液の分泌を促進させて排便を促す新しい仕組みのルビプロストン(商品名アミティーザ)。妊婦には使えないが、長期に服用しても副作用が出にくい特長があり、高齢者に使いやすい。さらにここ数年、同じタイプのリナクロチド(同リンゼス)やエロビキシバット(同グーフィス)が加わった。

  2017年には痛みを抑えるオピオイドによる腸の活動低下を改善するナルデメジン(同スインプロイク)も登場した。漢方薬も患者の状態に合わせて使いやすくなっている。横浜市立大学大学院の中島淳・主任教授(肝胆腰消化器病学)は「近年、漢方薬の作用する仕組みが分子レベルで解明され、便秘治療の有力な手段となっている」と話す。中でも「潤腸湯」は優を軟らかくし、適度に腸を刺激して便秘を改善させる。作用が穏やかで軽症から中等度の高齢患者に適する。「桂枝加苛薬大貴湯」は腹部の張りなど便秘の周辺症
状の改善に使うという。

*食事・運動療法も
  治療では、薬物療法と並行して、生活習慣改善の指導をするのが一般的だ。年間約1千人の便秘患者が受診する大間知クリニック(大阪府東大阪市)の便秘外来では、検査で便秘の原因や程度を見極め、患者に合った薬の種類や量を処方するとともに、食事療法や運動療法などを指導。使っていた市販薬は徐々に減らしていく。大間知祥孝院長によると、食事療法は①1日3食、規則正しく取る②水分摂取を増やす③キノコ類、海藻類、果物、こんにゃくなどの水溶性食物繊維が多い食品、ヨーグルト、納豆などの発酵食品をしっかり取ることがポイントだ。

  運動療法としては1日約20分の速歩やジョギングを継続するほか、腹筋を鍛えたり腸をマッサージして刺激したりする「便秘体操」が効く。「便秘は腸の働きと深く関わる自律神経の乱れが原因となる」という大間知院長は「早寝早起きと十分な睡眠、ストレスや過労のない生活を心がけて自律神経を整えることが大切」と指摘する。このほか朝食後は便意がなくてもトイレに行くことや、特に便が肛門付近で滞る直腸型便秘症の場合は便座で前かがみとなって、直腸と肛門を一直線にするよう勧めている。大間知院長は「多くの便秘の背景には生活習慣のゆがみがある。食事療法や運動療法は便秘の改善や予防だけでなく、健康増進にもつながるので、毎日実践してほしい」と話している。(編集委員 木村彰)




*60歳未満は女性患者多く、男性も加齢で増加
  厚生労働省の国民生活基礎調査(2016年)によると、便秘患者は60歳未満では女性が圧倒的に多く、全体でも男性の2・5%に対し女性が4・6%と上回る。60歳以上は加齢に伴い腸管の働きが弱まるため男女とも増加し、80歳以上ではいずれも10・8%で性差がなくなる。ただ排便回数が月2回以下の重症患者は女性に多い。日本消化器病学会の関連研究会が2017年に国内で初めて作成した「慢性便秘症診療ガイドライン」は、便秘の定義を「本来体外へ排出すべき糞便(ふんべん)を十分崖かつ快適に排出できない状態」とした。

  当たり前のようだが、排便回数だけでなく、「排便時に強くいきむ十「残便感がある」など排便に満足できない状態も幅広く含めるようになった。兵庫医大病院の三輪主任教授は「便秘が続くと、食欲不振や腹痛、不眠、肥満など体調不良を引き起こす。脳梗塞のリスクを高めるとの研究もある」と指摘する。さらに「たびたび慢性便秘に陥ると重症化して完治が難しくなる」として、「『たかが便秘』と受診せず、自己流の対策で悪化させるケースも少なくない。早めの受診が大切」とアドバイスする。




2019-09-16・・・日経より引用
◆忍び寄る大腸憩室出血、便詰まり大量下血・中高年に発病多く
    食生活改善で予防/排便に注意


  便器が真っ赤になるほどの大量の下血が突然起きる大腸憩室出血。痛みなど前兆がなく、中高年に多く発生する疾病だ。大腸の粘膜が袋状に飛び出した憩室が、年齢を重ねるにつれて数が増えていき、出血につながる。残念ながら根治法はなく、再発する可能性も高い。ただ食生活の改善で発病のリスクを抑えられるほか、排便に注意を払うこ
とで重症化を防げる



  大分県の酒造会社に勤務するAさん(男性、63)は約7年前、自宅のトイレで大量下血し貧血で倒れて、救急車で病院に運ばれた。搬送先で医師から大腸憩室出血と診断された。内視鏡を使った止血で対処しようとしたが出血が止まらず、開腹手術で大腸を約20cm切り、17日間入院した。大量出血の約1週間前に血便が出たため「痔(じ)と思い肛門科で診察を受けた」 (Aさん)。医師からは腸の病気を指摘されたが放置していた。Aさんは「健康には注意し、人間ドックを毎年欠かさず受診、異常もなかった。早めに消化器科に行けばよかった」と振り返る。


*普段は症状なし
  多くの大腸憩室出血の患者を診察している日本医科大学付属病院内視鏡センター長の貝減滞医師は「バリウムを大腸に注入してⅩ線撮影すると、憩室は55〜65歳で40〜50%の人に見つかる」という。便秘でガスが腸内にたまったり、下痢になったりすると、大腸で不規則で強い収縮が繰り返される。その結果、腸内の圧力が高まると腸壁の弱い部分が袋状に外側に飛び出す。これが憩室だ。「風船に空気を入れると膨らむイメージ」 (員瀬医師)だという。ほとんどの憩室の大きさは直径2〜3㍉から1cm程度。1人にできる数は10〜30個程度、さらに多い場合もある。普段は無症状だが、憩室ができた粘膜は薄くなり、傷が生じやすくなる。便の詰まりなどがきっかけで粘膜の下の血管まで傷が付くと、憩室出血が起きることが多い。

  治療ではまず内視鏡で検査し、出血している場所を探し、血管を小さなクリップではさんで止血する方法が一般的。実は場所がわかるのは患者の2割程度。それ以外の約8割は場所が特定できないため、自然に止血するのを待つことが多い。どうしても止血できない場合は開腹して腸を切除する必要があるが、ここまで重症化するケースは少ないという。ただ、発症は予測できない。「やっかいなことに止血しても再出血する割合も高い」 (貝瀬医師)。入院中は点滴で栄養補給しながら絶食し、腸に刺激や負担をかけないようにしながら、腸の機能回復を待つ。加齢のほかに、ひざの痛みなどから処方される非ステロイド性消炎鎮痛薬、心筋梗塞や脳梗塞などの治療に使う血液をサラサラにする抗血栓薬の一部なども憩室出血の引き金となる可能性があることが指摘されている。腸の粘膜の傷や血管の状態と関連して出血が起こると考えられているが、いまのところ確実な予防法はない。


*癌(がん)検査を活用
  ただ備える方法はある。40歳を超えると受ける機会が増える内視鏡による大腸がん検査の活用だ。日本医科大学消化器内科学の大森順助教は「内視鏡検査の後に医師に『私は憩室はありますか』と聞くことで有無がわかる。大事なことは憩室があるかどうかを自覚することだ」と話す。その上で、日常生活で便秘にならないよう注意することが大切。野菜や果物など食物繊維を多く食べ、水分もたくさん飲むよう心がける。逆に下痢症の人は油モノや刺激の強い食品を食べ過ぎないようにする。さらに早期発見も重要だ。出血の初期は患部が発見しやすく止血しやすいためだ。用を足した後に便に鮮血がついていないか確かめる習慣をつけるとよい。もし血を確認できたら、痔などと自己判断せず、その後に食事をせずにできるだけ早く病院で専門の検査を受けよう。単身赴任中などで、大量出血による貧血でトイレで気を失ったままで止血しないでいると命に関わる可能性がある。中高年の血便を安易に見過ごすのは危険だ。




  高齢化が進み、大腸憩室出血などの「大腸憩室症」の患者数は急増している。厚生労働省の患者調査によると、2005年は7千人だったが、17年には1万6千人に増えた。ただ、大腸がんとの関連性など不明な点も多い。消化器の医師らが参加する日本消化管学会(東京・文京)は17年に、大腸憩室症について医師向けのガイドラインを初めて作成した。それまで統一されていなかった診断基準や治療法までを示し、治療現場で発生する疑問をQ&A式で記載した。ガイドライン作成の責任者だった日本医科大の貝瀬医師は「医師と患者とのコミュニケーションを通じて、ガイドラインを診断や治療方針に役立ててほしい」と語る。ガイドラインは、消化管学会のウェブページから患者も閲覧できる。大腸憩室症には憩室出血のほかに「憩室炎」が含まれる。憩室の炎症で腹部に強い痛みや熱が出るのが特徴で、出血は主症状ではない。点滴などで対処することが多い。ただ、大腸憩室炎は腸に穴があいたり、膿(うみ)が発生したりすると腹膜炎や腸閉塞が起きることがある。重篤化すると患部の腸を切除し縫い合わせる大がかりな手術が必要になる。 (近藤英次)



◆考察論
  私は直腸癌と診察された時、腸に小さな憩室が無数にあると言われた。癌撤去手術するにあたって憩室が邪魔する(腸を切除した所の憩室から便などが流れ出てしまう可能性があるかもしれない)ので大事をとって仮の人工肛門を取り付けるとい説明を受けた。その時、初めて憩室というものを知った。私は癌の為に検査をしたお蔭で憩室が分かったが、一般の定期検査では見つかるものではない。ということは中年過ぎれば誰にも憩室はあり得る可能性があるということである。中年以降の人は憩室がありうると理解しておくべきであろう。




2020-11-21
◆寒い季節は痔に注意、食事や排便の改善で軽減
     水分とり、血行をよく/症状続けば受診を

  寒い季節になると血行不良を招き、痔に悩む人が多くなる。今年はコロナ禍による在宅勤務で運動不足の人が増え、リスクも高くなっている。適切な予防法と、症状が出たときの受診の目安を知っておこう。

  痔は「3人に1人は経験する」とされ、起こりがちな病気だ。寒い季節は「血行が悪くなって肛門のうっ血が進み、水分をとらなくなって便が硬くなることでも痔になりやすい」と1CHO東京山手メディカルセンター(東京・新宿)大腸肛門病センターの山名哲郎センター長は話す。さらに、在宅勤務によって、長時間座りっぱなしの生活を送る人も増えた。肛門のうっ血を進め、痔になるリスクを高くする。痔は大きく、いぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)、痔ろうの3種類に分けられる。最も多いのはいぼ痔だ。うっ血によって肛門周囲にある肛門クッションという部分が腫れて盛り上がってくる症状だ。切れ痔は、硬い便などで肛門の皮膚が切れた状態のこと。

  大腸菌などの細菌に感染し化膿するのが侍ろうだ。「切れ痔は便秘がちの女性に多く、痔ろうは下痢がちの男性に多い」 (山名センター長)季節や生活習慣の影響もあるが、痔になる最大の原因は便秘などの排便習慣の乱れにある。排便時間が長いと肛門に負担がかかり、うっ血も進む。排便時間は3分以内が理想。ただ、無理に出そうといきむことが痔の原因になる。出ないときはしつこくがんばらず、次の機会を待とう。毎日排便しなければと、強迫されるように考えるのも良くない。マリーゴールドクリニック(東京・港)の山口トキコ院長によると、「回数よりも大切なのは便の形状。なめらかなバナナ状の便が出るなら2〜3日に1回でも問題ない」という。

  便秘を防ぐには便意を感じたとき、すぐにトイレに行くことが大切だ。食生活では暴飲暴食を避け食物繊維を積極的にとる。「最近は炭水化物を控えるダイエットで食物繊維不足になる人も多い」と山口院長は注意する。便秘を防ぐためにも、ある程度はご飯を食べたほうがいい。よくかむことで少ない量でも満足でき、腸の動きも良くなる。また、水分が不足すると優が硬くなり便秘になりやすい。1日1・2〜l・5㍍の水分をとりたい。症状が軽い場合は生活習慣だけで改善することも多い。座りっぱなしなら、1時間に1回は立つようにする。入浴は血行を良くするので、痔の予防や改善に役立つ。座薬や軟膏などの市販薬を試してもいい。

  いぼ痔が小さいうちなら排便後に指で押し戻すことができる。山口院長は「痛みがなく押し戻すのが面倒でなければ、そのままにしておいてもいい」と話す。もちろん、受診が必要な場合がある。一つは出血。痔が原因のケースだけでなく、大腸がんの可能性もある。色が鮮やかな場合は肛門からの出血が多いという説が浸透しているが、素人判断は危険だ。「便器が真っ赤になるくらい大量の出血、3日以上出血が続いたときは肛門科や肛門外科を受診して」と山名センター長は助言する。

  市販薬を1〜2週間使って症状が良くならないときは、痔ではない可能性もあり受診が必要だ。日を追うごとに痛みが強くなるときも要注意。「痔ろうになる前段階の肛門周囲膿瘍の可能性がある」 (山名センター長)。棒ろうは発症すると治りにくく、腫れて膿が出ることを繰り返しやすい。直腸粘膜にできるいぼ痔(内痔核)の場合、手術をしなくても「ALTA法という注射療法で日帰りで治療することもできる」(山口院長)。気になる人は肛門科で相談してほしい。(ライター伊藤 和弘)






2021-07-23・・・日経より引用
◆胃の不調原因様々、胃酸逆流や粘膜の炎症も
    コロナ下で悪化例/生活習慣や食事改善


  夏は暑さもあって胃に不調を感じる人が増えてくる。ただの夏パテと放置すれば慢性化しかねない。思わぬ病気が隠れている可能性もある。不調のタイプと原因を知り、対策を講じたい。


  夏に胃の不調を訴える人は多い。東北大学の福士審教授(心療内科)は「暑さや室内外の温度差などのストレスで自律神経のバランスが乱れやすい。胃の動きや胃酸分泌などは自律神経によって調節されている」と説明する。他にも夏に目立つ食中毒を含む感染性胃腸炎が不調のきっかけになることがあるという。最近は新型コロナウイルス感染拡大に伴う生活の変化が不調につながる例もあるようだ。兵庫医科大学の三輪洋人教授(消化管内科)による調査ではコロナ下で胃腸の症状が悪化した人が増えていた。胃の不調を引き起こす病気は様々ある。例えば不快な症状が3カ月以上続くのに、内視鏡検査で異常がみつからない場合は「機能性ディスペプシア」かもしれない。比較的最近になって診断名として認められるようになった原因不明の不調だ。

  胃のぜん動運動が弱まって胃もたれが起こったり、早期満腹感が出たりする。胃酸分泌過多や胃粘膜の知覚過敏で胃痛もある。福士教授は「気分の落ち込み、やる気の低下を伴うこともある」と指摘する。治療では症状に合わせ、胃のぜん動運動を活発にする薬や胃酸分泌を抑える薬、胃腸の働きをよくする漢方薬の「六君子湯(りつくんしんとう)」を使う。それでも改善しない場合には他の運動機能改善薬や抗不安薬、抗うつ薬などを用いる。三輪教授は「薬物治療とともに重要なのが生活習慣の改善だ」と強調する。規則正しい生活や十分な睡眠、適度な運動、禁煙で自律神経のバランスを整える。弱った胃の機能を助けるため、食事は腹八分目にして消化の良いものを運ぶ。

  胃酸分泌を促す脂肪分の多い食事や胃への刺激となるカフェイン、アルコールは控えるようにしたい。東京女子医科大学東洋医学研究所の木村容子所長は「冷たいものや水分を多く口にするのは胃の働きを弱める。冷たい飲み物は最初の1杯にとどめ、あとは常温にしておきたい。クーラーが欠かせない夏こそ、睡眠中におなかを冷やさないように、みぞおちまで覆う薄手の腹巻きをするとよい」と助言する。一方、内視鏡検査などで胃粘膜に異常が見つかった場合は慢性胃炎や胃潰瘍の可能性がある。国立国際医療研究センター国府台病院(千葉県市川市)の上村直実名誉院長は「慢性胃炎や胃潰瘍の原因の多くはピロリ菌感染。放置すれば胃がんリスクが高まる。除菌治療をしたい」と語る。三輪教授も「感染期間が長いほど胃がんのリスクが高まる。

  症状がなくても予防としてピロリ菌検査を受ける意義はある。なるべく若いうちに検査するといい」と促す。胃潰瘍は鎮痛薬(非ステロイド性抗炎症薬)が原因で起こる場合もある。胃が持つ粘膜の防御機能を弱める作用があるためだ。鎮痛薬をやめられない場合は胃酸の分泌を抑える薬を併用する。胸焼けは胃酸が逆流して食道の粘膜に炎症を起こす逆流性食道炎の症状。食道に原因があるケースも考えられる。ストレスで胃酸分泌が増えたり、肥満で腹圧が高くなったりした結果の可能性がある。生活習慣の改善や胃酸を抑える薬などで治療する。不調を感じても市販薬で済ます人が少なくないが、胃がん、すい炎、心筋梗塞、胆のう炎、腎孟(じんう)炎など重い病気が隠れていることがある。上村名誉院長は「症状が長引く、体重が減る、いつもと違う激しい痛みなどあれば、すぐ受診してほしい一と語る。(ライター武田 京子)