サブページに戻ります
18

臓器の過程[01]

2016-07-**・・・[Plus1、NO105]より引用
春は肝が肝心

  兼洋医学では、四季に応じて乱れやすい臓器があると考えます。
  春に乱れやすいのlま“肝”。“肝”を司るもっとも重要な臓器が肝臓。
  肝臓は、冬にたまった毒素を排泄する“解毒”ど再生”を行います。

  東洋医学で述べる“肝”は“肝臓”だけでなく、胆のうや、経絡でつながっている目、自律神経なども含みます。自律神経系や新陳代謝の機能を担ったり、全身の気の流れをコントロールしたりするのも、東洋医学では“肝”の役割だと考えます。












2018-01-20・・・日経より引用
●[心臓]、身近な心不全、予備軍多く
    その息切れ、もしかして…
    高血圧放置は禁物/だるさなど症状注意

  心臓の働きが低下して息切れなどが起こる「心不全」の患者が増えている。命にかかわる重い病気の印象が強いが、症状が出ない“隠れ心不全“のうちに対処するのが重要だ。兆候や症状を知って、予防につなげよう。


  高齢化を背景に心不全が増えている。どんな状態を指すのか、知っているだろうか。循環器病研究振興財団(大阪府吹田市)が2017年に実施した調査によると、心不全の名前はほぼ全員が知っていたが、症状や内容を理解している人は3割弱。うち半数以上が「心臓病の総称」 「すぐ死につながる病」 「死亡時の診断名」などの不正確なイメージを持つと分かった。国民の理解を促すため、日本循環器学会(東京・千代田)などは17年秋、心不全を「心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める」病態とする新たな定義を発表した。心不全は通常、数十年かけてじわじわと進行する。

  心臓病の中では死因第1位で、入院患者の5人に1人は退院後1年以内に亡くなっている。ただし「初期は症状が出ず、心不全と気付かない。この『隠れ心不全』の段階から適切に対処し、進行を遅らせるのが重要」と日本医科大学循環器内科の佐藤直樹教授は話す。心不全は進行度でステージA〜Dに分類される。将来心不全になる危険性がある段階がステージA。高血圧や糖尿病などの生活習慣病がある人が該当する。特に多いのが高血圧だ。「血圧が高いままにしていると心臓の筋肉が厚くなり、全身に血液を送るポンプ機能が低下して心不全に至る」と佐藤教授。

  「成人の半数は高血圧。心不全の予備軍は非常に多い」自覚症状がなくても、検査で心臓の肥大や拡張機能低下などの異常が見付かるのがステージBだ。血液検査では「脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)」の値の上昇が認められる。心臓から分泌されるホルモンで、尿を増やしたり血管を広げたりする作用を持つ。心臓に負荷がかかると分泌量が増える。心筋梗塞や心臓弁膜症など心臓病を持つ人もステージBに当てはまる。

  心筋梗塞が起きると「心臓の一部に障害が生じ、残りの筋肉に負担がかかるため心不全に進みやすい」と北里大学北里研究所病院循環器内科の猪又孝元教授は説明する。息切れやむくみ だるさといった症状が出るのがステージC。日常の動作で息切れが起きたら要注意だ。猪又教授は「階段の昇降や布団の上げ下ろし、犬の散歩で気付く人もいる」と話す。むくみは足に出やすい。「起床時に向こうずねや足首などを押してへこみが残る場合は、心不全によるむくみの可能性が高い」と佐藤教授。ステージDは安静時も苦しい最重症の段階。入退院を繰り返すが、治療法は限られる。心不全は放置すると着実に進行し、改善しない。突然死を招くこともある。

  「重症化を防ぐには、早期に発見して薬などで治療するのが重要」と猪又教授は強調する。心不全の指標となる血液中のBNPの値を検査で調べてみよう。高血圧など危険因子になる病気の治療は、将来の心不全予防に直結する。首に心不全のサインが現れることも。心臓がやりくりできない血液がたまり、首の奥にある頸静脈が膨れて「皮膚が拍動で揺れて見える」 (猪又教授)。心当たりがあれば循環器内科を受診したい。日常生活では、塩分や水分の摂り過ぎに注意する。過剰な塩分は血液量を増やし、心臓の負担になる。心不全と気付かずに多量の水分を取り、夜中に突然息苦しくなる例もあるという。肥満や喫煙も高血圧や心筋梗塞のリスクを高めるので気を付けよう。(ライター佐田 節子)






2020-10-24・・・日経より引用
増える心不全、予防策は  生活習慣まず見直しを
     動脈硬化、一番の要因/息切れやむくみ注意

  高齢化に伴い心不全になる人が増えている。心機能が徐々に悪化し、そのままにしておくと入退院を繰り返しながら命を縮める。どのような病気なのかしっかり認識し、生活習慣の見直しなど適切に予防したい。

  日本人の死因の第2位となる心疾患のうち、約4割を占めるのが心不全だ。入院患者、は毎年1万人ずつ増加。2030年には130万人に達すると推計されている。爆発的な流行になぞって「心不全パンデミック」と呼ばれ、対策が急がれている。一方、心不全がどのような病気かを理解している人は多くない。「高齢者の死因によく書かれる病名」と認識しっつも、予防するという意識にはなかなか至らない。心不全は心臓から血液を送り出すポンプ機能が低下し、全身に血液が行き渡らなくなる病気だ。このため、疲労感や手足の冷えなどが出る。また、血液が心臓に戻る機能も弱まって血液が滞り、むくみや息切れが生じる。

  徐々に悪化して命を縮める。特徴は、いったん症状が悪化してしまうと治療にかかった後も、苦しく動けないなど身体活動が制限されるようになることだ。東京大学循環器内科の小室一成教授は「予後が悪い病気として、がんを連想する人が多いが、実は心不全の方が悪い。がんの平均的な5年生存率が約7割に対し、心不全の4年生存率は約6割」と指摘する。とはいえ、「心不全は多くの場合、本人の努力次第で予防できる。適切な治療で重症化を防げることが、がんと大きく異なる」 (小室教授)。では、どのように予防すればいいのか。心不全は心臓に負担がかかることで発症する。医療法人ゆみの(東京・豊島)の弓野大理事長は「一番の要因は動脈硬化。

  放置すれば心臓の機能を低下させ負担をかける原因にもなる」と指摘する。心不全予備軍といえる高血圧、糖尿病、脂質異常症、肥満などの生活習慣病を予防することが大切だ。既に、こうした病気を抱えている場合は、塩分を控える、過食しない、禁煙する、定期的に運動するなど生活習慣を見直す。必要に応じて薬物治療を受ける。心筋梗塞や心房細動などの不整脈、弁膜症や心筋症など心臓自体の病気も心不全の原因になる。こうした心臓病が放置されたまま、心臓の機能が落ちた状態が続くと発症のリスクが高まる。「過労や暴飲暴食、感冒が一押しとなり、心不全を引き起こすので注意が必要だ」 

  (小室教授)。心臓の疾患を指摘されたら循環器の専門医療機関で適切な治療を受けたい。心不全の初期症状として、息切れやむくみ、疲労感、手足の冷えなどが起きるが、ありふれた症状でつい見落としがちだ。心臓の予備能力は大きく、機能がかなり低下しても、心臓が大きくなることで代替するため発見が遅れることもある。小室教授は「早くに治療すれば、機能が低下して大きくなった心臓を小さくできる。心不全を悪化させないためにも、早期発見が大切だ」と注意喚起する。早期発見には、まず自分の症状を正しく把握する。

  「2〜3カ月前に上れた階段が、同じ速度で進めなくなったなど、以前と同じ動作ができくなる変化があれば受診してほしい」 (弓野理事長)また、高血圧や糖尿病の持病、運動時の息切れ、心筋梗塞などの既往があれば定期的に検査を受ける。血液検査でもリスクが判定できる。心不全では、息苦しさなどで入院しても、ほとんどの人は軽快して退院できるが完治したわけではない。生活習慣などによっては増悪を繰り返す。まずは心不全にならないために、生活習慣病を予防することが重要になる。(ライター武田 京子)






2020-11-28・・・日経より引用
◆飲酒なくても脂肪肝、線維化進むと肝癌にも
     生活改善で抑制/体重落とし筋肉量増

  進行すると肝硬変や肝臓がんにつながる「脂肪肝」がある。過剰な飲酒ではなく、肥満などで発症する非アルコール性脂肪肝炎(NASH)だ。肝臓組織が「線推化」することが特徴で、早期発見で適切に対処したい。

  肝臓に脂肪がたくさんたまった状態が脂肪肝だ。人間ドックの受診データから推測される国内の患者数は1000万〜2000万人。かつては命にかかわることの少ない良性の病気と考えられてきたが、近年、その約10%が非アルコール性脂肪肝炎(NASH)を発症。放っておくと肝硬変、肝臓癌を発症することが分かってきた。肝臓がん対策に関わる江口病院(佐賀県小城市)ロコメディカル総合研究所の江口有一郎所長は「C型肝炎ウイルスが原因の肝臓がんが減ったのに対し、NASHによる肝臓がんが増え続けており脅威に感じる」と指摘する。

  NASHと、過剰飲酒などが要因になる通常の脂肪肝はどこが撃つのか。江口所長は「肝臓では細胞が死んでは再生されることが繰り返されるが、NASHは再生後に火傷のケロイドのような硬い組織がたまり機能不全を起こす」と説明する。これが「肝線維化」と呼ばれるものだ。九州大学病院肝臓・膵臓(すいぞう)・胆道内科の小川佳宏教授は「発症のメカニズムはよく分かっていないが、細胞に脂肪がたまりすぎることで細胞が死んで炎症が起こる。免疫細胞の性質も変わり組織の修復にかかわる線維化が暴走してしまう」と解説する。

  緑維化した部分が直接がんの要因となるわけではないが、NASHへの移行の重要なサインだ。NASHの背景には糖尿病、高血圧、脂質異常症といったメタポリックシンドロームなど生活習慣病も関わる。影響は全身に及び、肝臓がん以外の癌、心筋梗塞や脳卒中の発症リスクも高める。NASHから身を守るためには、肝臓の緑維化を早期に発見することが大切だ。まずは一般クリニックでも行える腹部エコー検査で脂肪肝の有無を確かめること。体重が増えたり血中の脂質や血糖値の数値が気になりはじめたら「肝臓が心配なので」とかかりつけ医などに相談。年1回は腹部エコーを受けよう。

  さらに健康診断で肝機能検査の異常が続く場合や、糖尿病、高血圧などがあれば、消化器の専門科で肝線維化の検査を受けることも検討する。超音波や磁気共鳴画像装麿(MRI)を用いて肝臓の硬さを調べるエラストグラフィーや血液中の肝線維化マーカーを調べる検査がある。小川教授は「線維化した肝臓を元に戻すことは難しいが、食事・運動療法で線維化の進行を食い止めることができる」と話す。江口所長も「脂質異常症や糖尿病の治療薬の一部に肝線維化を抑制する働きがあることが分かってきたが、その効果は生活改善におよばない」と指摘。暮らしの見直しが重要になる。生活改善の第一は体重を落とすこと

  肥満傾向の人は医師や管理栄養士と相談しながら半年で3〜5%程度のペースで最終的に7〜10%減量すると肝線維化を抑制できるという研究報告もある。ウオーキングなどの運動習慣も欠かせないが、より有効なのは筋肉トレーニングだ。小川教授は「筋肉は第二の肝臓」と指摘する。筋肉には肝臓の代謝機能をサポートする働きがあり、スクワットや腹筋運動など手軽にできる筋トレで筋肉量を増やすことが肝機能の改善に役立つという。生活改善はじっくり継続して取り組みたい。江口所長は「自分の生活スタイルを大きくかえることなく、どうすれば体重を落とせるか、筋力がついてくるか、自分で発見し効果を実感することが長続きのコツ」と助言する。