タバコ喫煙・自動喫煙&被害・有害物質[01]
 
 
サブページに戻ります
 
  タバコは誰の為に吸うのだろうか
何の為に吸うのだろうか
吸いたい人の為にあるのか
迷惑をかけるために吸うのか


   ダバコを吸う人は迷惑を
     かけないように吸いましょう



2003-10-13記載
●私はタバコアレルギーになってしまった
   10年程前に会社の辞令で1年間関連会社(県外)へ行った。寮生活の為各部屋に2人づつ入った。小生と一緒になった彼と初めて夜を過ごしたとき、彼はタバコを吸っては終わるとまた吸っていた。

   部屋中タバコの煙で充満していたので
   「タバコ少し控えて下さい」
と頼んだが気にもせずにそれから部屋に来たときは毎日吸っていた。寝ている時彼が部屋に入ってきてタバコを吸った。その煙が小生の顔に流れてきて目から涙が出てきた。

   二人で寝ているとき彼が夜中に起きてタバコを吸い出した。いつでも起きてはタバコを吸うタバコ好きの彼と過ごしている内に、小生はタバコの煙や匂いを感じるとイライラしてきた。食べるものがまずく感じて食欲がなくなってきた。寝付きにくくなって不眠症になっていった。

   昔はタバコを吸っても吸われていても何も感じなかったが、この事件から小生の精神に異常が発生したようである。タバコの匂いや煙を嗅ぐと小生の精神が興奮してイライラして切れそうになる。冷静に押さえようと思っても、怒鳴ったり・逆らったり・無口になったり・当たりを蹴っ飛ばしたりと何故こうなるのか自分自身でも分からないうちにこの状態が続くのである。

   彼に話ても聞いてくれないので、ついに耐えきれなくなり彼が部屋にいるときは愛車の中に寝ていた。彼が帰って来ない日は窓を開けて匂いを消して寝た。こんな生活を1ケ月続いて体重が10kg減った。その間に会社に部屋を替えてくれと頼んだが、最初はなかなか替えてくれなかった。やっと1ケ月してから部屋替えが行われた。

   最近親戚の結婚式に出かけた。式場内で誰かタバコを吸うのではないかと思いながら愛車を運転して式場に着いた。 ホールに入って誰かタバコを吸うのではないかと思っただけで 手が震えてきた。

   式場内にいた責任者に禁煙席は何処ですかと聞いたらありませんと言った。自分はタバコアレルギーですので式場内で誰かがタバコ吸うならここから出て行かなければなりませんと言ったら灰皿をかたずけた。

   式が始まる前に禁煙になっていますのでと言ってから式が始まった。アルコールが入ってから気が強くなったのか
   「なんでタバコ吸っていけないんだ、俺は吸うぞ」
とあちらこちらでタバコを吸い始めた。小生の隣にいた人もタバコを吸い始めた。タバコの匂いで小生はイライラしてきた。脈拍が早くなって体中が火照って震えが出てきた。

  小生はたばこを吸っている人に
 「タバコは外で吸え、外へ出ろ」
と怒鳴ったが平気な顔をして吸っていた。逆につかかってくる始末である。言っても聞かない人ばかりだったので小生は外へ出た。一度タバコの匂いを嗅いでしまったら、興奮が納まらなくどうしょうもない状態が続いた。その夜は夜中まで眠れなかった。

   長野県の田中県知事が役所にタバコに関するクレームがあったので県内の役所全て禁煙にした。田県知事が決めると言うことを聞くが小生がタバコアレルギーですと言っても誰も聞いくれない。社会のモラルが悪いのだろうか・・・・・

   どうすれば良いのであろうか・・・・・

   どうすればタバコを吸う人と
      うまく接して行けるのであろうか・・・・・



   健康増進法第25条において多数の人が利用する施設の管理者は、施設利用者について、受動喫煙を防止するため、必要な処置を講ずるよう努めなければならない(これに反すると罰せられます)
   受動喫煙=タバコを吸わない人が、自分の意思とは関係なくタバコの煙を吸わされること
   主 流  煙=本人が吸っている煙
   副 流  煙=火のついた部分から立ち上がる煙(有害物質が高い)

       ★タバコは本人よりもまわりの人に害が







2013-03-10
★たばこ、PM2.5の塊・・日経、健康面より引用
          室内でタバコや化石燃料を燃やせば中国北京市の空気汚染よりも酷いのだ!
  中国で発生した微小粒子状物質(PM2.5)が大陸から飛來する越境汚染への脅威が高まっている。現に3月8日には信州にも黄砂が飛来した。この飛来した黄砂にPM2.5は着きやすいというから始末が悪い有害物質だ。自宅のあちらこちらが広範囲に渡って黄色っぽく汚れていた。ところが、身近なところに濃度が極めて高い場所がある。喫煙可能な室内である。例えば、禁煙していない居酒屋だと、北京市の最悪時の濃度と変わらない。専門家は屋内の全面禁煙を訴えている。

  直径が2.5マイクロ(マイクロは100万分の1)メートル以下の微粒子は化石燃料(石炭・石油・天然ガスなど)や草木などが燃えたときに発生する。タバコの煙もその一つで、フイルターを介せずに周囲に広がる副流煙に多い。中国から飛来するPM2.5よりも「受動禁煙の影響の方が酷いのである」と医師らでつくる日本禁煙学会は2月、に見解を発表した。様々な研究者が実際に測定したデータをまとめた学会資料には、ショッキングな数字が並ぶ。自由に禁煙できる居酒屋のPM2.5の濃度は空気1平方メートルあたり568マイクログラム。中国政府が「最悪」と評したときの北京市の大気とほぼ同じ水準である。禁煙席でも、喫煙席とガラスや壁で完全に仕切られていない場合は同336マイクログラムに達した。

PM2.5濃度と健康への影響(米環境保護局の資料・1平方メートルあたりのマイクログラム)
251〜 緊急事態 一般の人々が呼吸器に重い病状が現れる恐れがある
151〜250 大いに危険 一般の人々の呼吸器に疾患が明らかに増える
  66〜150 危    険 一般の人々の呼吸器に病状が現れる
  41〜65 弱者に危険 感受性の高い人の呼吸器に病状が現れる
  16〜40 許容囲内 特別に感受性の高い人の呼吸器に病状が現れる
    0〜15 良    好 空気の質は良好で、健康の危険はほとんどない

  野外の汚染を怖がるのなら、自宅の室内を怖がって欲しいものである。自宅の室内でタバコを吸っていれば、北京市の大気のような室内となっている。また石油・天然ガス(化石燃料)ストーブを使用すれば室内の空気が汚れる。場合によっては呼吸器官を痛めてしまう。いくら空気清浄機や換気扇が装備され動かしていたとしても完璧ではない。ベランダや室外などでタバコを吸う「ホタル族」は少なくないが、PM2.5はサッシむの隙間から入り込むほか、呼気に含まれたり、衣服に付着したりするため、室内に持ち込んでしまうという。

  問題なのは大気中に漂うPM2.5よりもタバコの煙の方が有害性が高いことだ。もちろん石油ストーブからでも同じことがいえる。最近に北海道で猛吹雪で車の社内に閉じ込められていた人達が排気ガスで亡くなった。それくらい石油ストーブからの燃えカスからの有害物質が室内に充満しているのだ。目に見えないが、じわじわと住む家族の身体が蝕まれていくのである。タバコの煙の中には70種類近い発癌性物質が含まれている。様々な調査から、受動喫煙による死亡リスクはPM2.5の値よりもはるかにタバコの方だと大和教授は指摘する。

  完全に分煙にするか、室内を全面禁煙にしないと効果は薄い。国立癌研究センターの推定では、受動喫煙で死亡する人は年間6800人に達する。英国やイタリアなど受動喫煙防止法を導入した国では、心筋梗塞などのリスクが減ったとの報告がある。自宅の室内でのガスストーブや石油ストーブやマメタン使用にも同じことがいえる。越境汚染だけでなく、身近にリスクが存在することも認識する必要がある。中国の北京市の大気汚染より、あなたの自宅の室内の方が危ない環境かもしれません。室内汚染をチェックして家族の健康の為にも安全安心安泰な家庭にしましょう。






2016-05-**・・・[Plus1・NO101]より引用
●禁煙







2016-09-18・・・日経より引用
●金属アレルギーかも
    手足の湿疹・かゆみ、長引いたら
    チョコや豆類引き金に

  水虫に症状が似る汗痕(かんぽう)状湿疹(汗痕)に悩む人が多い。足の裏や手のひら、指の間や指の外側に直径数_以内の水痘(すいほう)が多数でき、強いかゆみが出る。悪化すると仕事や勉強、睡眠に支障を来す。へんとう炎や歯周病などとの関係が指摘されるが、症状がいつまでも改善しない場合には金属アレルギーの疑いがあるという。患者ごとに異なる対処法が求められる。

  汗痕は、異汗性湿疹や指湿疹ともいう。汗腺でできた汗が皮膚の表面まで出ずに、途中の汗管にたまり水ぶくれができる。数日程度で破れて炎症が起きる。手のひらや足の裏には汗腺が多い。いつも大量の汗をかくと皮膚がふやけて出口がふさがり、水痘ができる原因になる。水痕が幾つも集まって1cmを超える大きさになる時もある。皮膚表面の表皮のほか、より奥深くの真皮にもできる。足の裏にできると痛くて歩けない患者もいる。軽症なら放っておいても2〜3週間で治るが、かゆみが出たり汗痕が大きくなったりする場合には皮膚科を受診し、炎症を抑えるステロイドの塗り薬や、皮膚の角質を柔らかくして汗の排出を促す尿素入りの軟こうを処方してもらう。ただ普通の治療法で治らない重症患者もいる。最近では発症につながる様々な原因が明らかになり、なかでも金属アレルギー対策が重要になっている。

  兵庫県立加古川医療センター(兵庫県加古川市)の足立厚子皮膚科部長は「患者の半数は、口の中や腸の粘膜など皮膚以外からアレルギーの原因となる金属成分が入り込む全身型の金属アレルギーが汗痕の一因と思われる」と話す。兵庫県に住む70歳代男性は左石の手のひらや指に水痕やただれができ、ステロイドの塗り薬を使っても改善しなかった。とてもかゆく、兵庫県立加古川医療センターを受診した。金属アレルギーを疑い、硫酸ニッケルを肌につける検査(パッチテスト)で陽性と診断。ニッケルを含む金属などを触らないよう医師が注意したが、それでも良くならなかった。

  そこでニッケルを多く含む豆類、香辛料、チョコレートなどを控えたところ、症状が改善した。「食品が含むニッケルによる全身型金属アレルギーが汗癌の原因となった症例だ」と足立部長は話す。食物が含む金属が体内に入るとイオン化し、汗に多く入り込む。金属に過剰反応する体質ではアレルギー反応による炎症がひどく、湿疹ができやすい。ニッケルは玄米やソバにも多い。クロムやコバルトも食物中の主な金属アレルギーの原因物質だ。クロムやコバルトはチョコレートやココアに多い。

  手や足で金属に触れても、汗でイオン化した金属が手足に付く。足立部長は「金属製のノートパソコンやマウスを長時間使うときには、ハンカチを敷くなどして手との接触を避けるとよい」と話す。耳などに着けるピアスからは金属イオンが体内に入りやすく、発症の引き金になる恐れが大きいという。金属アレルギーの他には、病原体の感染で体内にできる抗体の影響もある。汗腺の多い手足で、汗管の近くの細胞を攻撃して炎症が生じる。へんとう炎や歯周病、副鼻腔(びくう)炎の影響が大きいとされるが理由は不明。

  抗生物質の投与やへんとうの切除などで病気を治す必要がある。汗痕ができるのは、多くの汗が出るからだ。ストレスや自律神経のバランスの崩れは汗を増やす。緊張時に働く交感神経と、リラックスしたときに働く副交感神経のバランスが崩れると、人によっては手のひらなどに多く汗をかく。西井皮フ科(大阪市)の西井芳夫院長は「どんなときに汗がひどいのか、日記を付けて確かめるとよい」と助言する1会社の会議での発言や学校の授業での発表など汗を多くかく場面が分かれば、入念に準備して精神面の負担を減らすなどの対策を取れる。

  仕事や勉強の合間に休憩をはさむ習慣をつけるのもよい。汗をふくタオルやハンカチを持ち歩くのも効果的という。「散歩など軽い運動の習慣をつければ全身で汗をかくようになり、手のひらなどの発汗を軽くできることもある」(西井院長)。手術で交感神経の働きを止める方法もある。「たかが湿疹」と侮ると、かゆみや痛さで日常生活にも影響が出かねない。気になる症状が現れたら、いち早く皮膚科を受診して相談しよう。(草塩拓郎)




*身近に潜むアレルギー原因、虫歯の詰め物注意
  汗病状湿疹を招く金属アレルギーの原因は食品だけに限らない。「ニッケルアレルギーはピアスなどのアクセサリーを身に着ける女性に多い。クロムは皮をなめすのに使うため、革靴をはく男性に多め」と足立皮膚科部長は話す。他に患者が多い金属がパラジウムだ。虫歯の治療に使う詰め物など歯科材料が含む場合がある。ニッケルを減らすなど食物の工夫をしても改善しないときは、パラジウム製の歯科材料をセラミックス製に代えるなどの対応も必要。

  皮膚科で診断書をもらい、歯科医へ渡す。歯科材料は歯の周りに細菌や酸が付くと腐食して金属イオンを出す場合があるため、歯磨きなど虫歯の予防も大事だ。ただ汗病状湿疹の治療で金属アレルギー検査をする開業医はほとんどなく、市中の病院でもわずかで大学病院でも半数にとどまるとされる。日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会は検査を受けられる施設の一部をホームページで公表しており、汗癌の重症患者が治療を始める参考になる。






2017-03-06・・・日経より引用
●肺疾患予防運動が有効
    喫煙原因のCOPDホルモン作用---大阪市大が発表

  主に喫煙が原因で肺機能が低下し呼吸が困難になる慢性閉塞性肺疾患(COPD)が、運動をすると分泌されるホルモンの働きで予防できることが分かったと大阪市立大のチームが6日、国際専門誌電子版に発表した。運動を取り入れた予防法やこのホルモンを利用した治療薬開発につながる可能性があるという。

  チームによると、COPDはたばこの煙によって、酸素を取り込むなどする肺胞の破壊や、気道の炎症が生じ、息切れやせきが起こる。世界的には、がんや心疾患などに次ぐ死因の4位で、国内の推定患者数は500万人以上とされる。チームは、運動によって骨格筋から分泌されるホルモン「アイリシン」に着目。COPD患者40人(平均73歳)の血中アイリシン濃度や肺の状健を調べ、濃度が高いほど肺胞の破壊が少ないことを突き止めた。

  さらに人の肺胞上皮細胞を使った体外の実験で、アイリシンを加えると、酸化を防ぐタンパク質が増加し、たばこの煙に含まれる酸化力の強い物質による細胞死が抑えられることも判明した。チームの浅井一久講師(呼吸器内科学)は「COPDは息切れのため運動不足になりがちだが、体を動かせば悪化を防げる可能性が示された。研究を進め臨床応用につなげたい」と話した。




2018-12-12・・・日経より引用
◆タバコ病、肺疾患のCOPD・筋力つ骨て呼吸を安定

  喫煙などが原因で呼吸機能が低下するCOPD(慢性閉塞性肺疾患)。症状が進むと日常生活に支障が出るだけでなく、死亡する危険もある。適切な運動をしたり食事に気を配ったりすることで呼吸困難などの症状を抑えることができ、患者だけでなく周囲を含めた取り組みが大切だ。

  COPDは従来、慢性気管支炎や肺気腫といわれていた病気で、「たばこ病」とも呼ばれる。肺に空気を送る気管支などが腫れて狭くなったり、肺のなかで酸素を取り込む働きをする肺胞が壊れるなどして起こる。中高年の発症が多く、ちょっとした運動でも息切れするようになったり、せきやたんが長く続いたりする時には要注意だ。病状が進行すると呼吸が苦しくなり、酸素吸入器をつけるなどしないと日常生活が難しくなる。7月に亡くなった落語家の桂歌丸さんがこの病気で、鼻に酸素チューブをつけて高座に上がった姿を覚えている人も多いはずだ。症状が急激に悪化する急性増悪を起こすと呼吸が困難になり、死亡する場合も少なくない。

  急性増悪を起こした患者が1年後まで生きている割合は20〜30%とされ、心筋梗塞より低い。COPD患者の在宅診療に力を入れているいきいきクリニック(川崎市)の武知・由佳子院長は「急性増悪を起こさないよう、病状が安定した慢性安定期を確立することが大切。適切な投薬に加え、呼吸法や筋力をつけるリハビリなどで病状はかなり安定する」と説明する。リハビリといっても、厳しい訓練が必要なわけではない。イスに座ったままでできるCOPD患者向けの体操も考案されていて、重症患者の場合はイスに座って両足を上げ下げするだけでも筋力の回復に役立つ。

  息苦しさを改善するための両腕のトレーニングが苦しいときは、マスク型の人工呼吸器(NPPV)をつけて呼吸を助けながらやるのむよい。日常生活のなかで適度な散歩をするなどADL(日常生活動作)のトレーニングも症状改善に役立つ。運動などのリハビリに加えて、食事の注意も大切だ。重症患者になると呼吸するために1日約700`カロリーと普通の人の10倍のエネルギーを使う。このため栄養が不足しがちで、体力や筋力が低下していっそう症状を悪化させやすい。一方、食べ過ぎると胃が膨らんで肺を圧迫するので、高たんばくで高カロリーの食事が求められる。日常生活のちょっとした工夫も、病状悪化の予防になる。

  COPD患者は呼吸機能が低下しているので、かがむなどして胸が圧迫されると呼吸が苦しくなりやすい。食事のときに前かがみにならないようテーブルを高めにしたり、肘(ひじ)をついて食べたりするとラクになる。冬に服を1枚多く着てリユックを背負っただけで、息苦しさを感じた患者もいたという。急性増悪が始まるときに見られる予兆にも注意が必要だ。日常生活の動作のなかでいつもより息苦しそうにするなど、ふだんと違う呼吸苦が見られるが」患者自身が気づかないこともある。

  「患者自身だけでなく、周囲も気づくことで早期受診につながる」と武知院長は同居する家族や介護担当者などの協力の大切さを強調する。COPDは進行性の病気で、まだ根本的な治療薬はない。病状を改善して動けるようにすることや、急性増悪の予防のために患者自身が急な病状の変化に対処できるようにすることが大切だ。リハビリなど自己管理を続けることで「急性増悪による入院や救急外来の受診が40%減る」 (武知院長)という。医療機関などによるCOPD患者のためのリハビリ指導も増えていて、早めの診断を受けるようにしたい。(編集委員 小玉祥司)