サブページに戻ります
注射・薬・服用の過程[01]
 
18 

2011-04-25・・・「最新医学の常識」池谷俊郎著より引用
●[77]薬はお茶で飲んでもよい?   答え○

  「薬はお茶で飲んではいけない」と思っている方が多いようです。たしかに以前は、そのように服薬指導をする医師や薬剤師が多かったのではないかと思います。貧血などの治療に用いられる鉄剤は、お茶に含まれているタンニンという物質が、「体への鉄の吸収を妨げる」と考えられていたからです。そのため、「鉄剤を飲む時はお茶で飲まない」が「薬を飲む時はお茶で飲まない」と変化して広がったのではないでしょうか。ところが最近、「タンニンは薬の吸収を少しブロックするが、それほど影響しない」ということがわかりました。

  鉄剤を水で服用するグループと、お茶を使って飲むグループに分けて飲み続けてもらった結果、薬効に大きな差はなかったそうです。この理由として考えられるのは、成人男性に必要な鉄量は1日1ミリグラムですが、鉄剤には100ミリグラムもの鉄が含まれています。タンニンが多少吸収をブロックしても、十分に体内に吸収されるということです。医学常識はつねに変化しています。それを患者さんにお知らせすることは医師の役割のひとつです。ただ、処方された薬を種類ごとに分け、「これはお茶……」、「これは水……」と飲み分けている方はいないでしょう。

  患者さんの多くは白湯や水で飲んでいると思いますので、患者さんに質問されない限り、「薬はお茶で飲んでもいいですよ。鉄剤もOKです」とわざわざ訂正する医師や薬剤師は少ないのではないでしょうか。飲み合わせや食べ合わせを禁止されている一部の薬(開参照)を除き、服薬に用いる飲みもので、薬の効果に差が生じることはありません。極論すれば、通常の風邪薬や頭痛薬ならコーヒー、牛乳、ジュース、お茶、紅茶などで飲んでもかまいません。ただ一番おすすめしたいのは、飲み頃の温度の白湯です。白湯が胃を温めて、血流をうながし、薬の吸収を早めます。また、薬を飲む時は、湯飲み茶碗1杯以上の白湯で飲むように心がけてください。



●[78]食後と書いてある薬は・食後すぐに飲む?    答え×

  病院の薬袋には、食前、食後、食間などと服用する目安が必ず書かれています。でも、食前とは食事の何分前……? 食後とは……? と悩んだことはありませんか。これは、患者さんから受けることが意外と多い質問です。処方薬の多くは「食後」と指示されているので、食事が終わった直後に飲んでもかまわないと考えられてもおかしくありません。病院の食堂などでも、お箸を置くまもなく、薬を飲んでいる方を見かけます。ただ、薬の効果を最大に引き出すためには、食べ終えてから30分ほど経った頃に飲むといいでしょう

  食事直後に薬を飲むと、胃で消化されつつある食べものと薬が混ざり合い、ペースト状のまま小腸に送られます。このため、本来は胃から吸収されるように作られた薬が、胃で吸収されない可能性も出てきます。ところが、30分ほど経つと消化はほぼ終わるのですが、胃の血流はまだ多いので、薬の成分が血液とともに体内に効率よく運ばれます。また、胃内に多少の食物が残っているため、薬の成分が胃粘膜を刺激せずに体内に吸収されます。

  胃腸障害を防ぐためにも、「解熱鎮痛剤」を飲む時などは、食後30分を目安にしてください。ただし、神経質に30分にこだわることはありません。食後すぐに会議がある、すぐに外出するというような場合は、食事直後や10分後でもかまいません。逆に飲み忘れた場合は、1時間以内に服用するようにしてください。1時間以上経つと胃の内容物が少なくなり、胃粘膜が刺激され、荒れることがあります。

  「食前」と指示される薬には、食後では吸収の悪い漢方薬や、胃酸の分泌をうながし食欲を増進させる胃腸薬などがありますが、これらは30分前が目安。ただ、糖尿病の治療薬などには「食直前」と書かれているものもあるので注意してください。「食間」は食事と食事の間のことで、食事中に飲むものではありません。空腹時の胃酸の中和剤などは、この飲み方をします。食後2時間程度が目安です。



●[79]眠薬や安定剤は・クセになるのでやめる?    答え×
  「睡眠不足はお肌の大敵」とよく言われます。たしかに、寝不足が続けば、肌荒れ、湿疹などが出やすくなるのでまちがいではありません。しかし、寝不足を放置しておくと、たんなる美容上のトラブルだけではなく、イライラ、不眠症、抑うつといった神経症状や、高血圧、不整脈、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの身体症状につながる可能性が高まることこそ問題なのです。現在、日本人の4~5人に1人は、睡眠に関するなんらかの悩みを持っていると言われています。

  もし、あなたも睡眠不足に悩み、快眠のための努力をしているにもかかわらず、なかなか改善できないというのであれば、最近、相次いで開設されている「睡眠外来」や睡眠障害専門の「スリープ・クリニック」などを受診して、「睡眠薬」や「安定剤」を処方してもらうのもひとつの方法です。睡眠薬や安定剤に対して、「飲むと早くボケる」「できるだけ飲まないほうがいい」「クセになるからやめたほうがいい」というイメージを持っている方がいまだに多いようです。

  でも、本当でしょうか?たしかに昔の睡眠薬には大量に服用すると死に至ったり、服薬をやめられなくなったりするようなものもあったのですが、現在の睡眠薬や安定剤にその心配はほとんどありません。もちろん他の薬と同様に、乱用すればさまざまな弊害や、習慣性、依存性の問題が出てきます。しかし、信頼できる医師の指示にしたがって常用量を用いれば、睡眠薬も安定剤もけっして怖い薬ではありません。

  要は、医師の匙加減と患者さんの飲み方が問題なのです。正しい飲み方をしている限り、クセになって薬の量がどんどん増えることもありません。あなたに合った睡眠薬や安定剤で快適な睡眠を取り戻せるのであれば、不眠に悩み、もんもんとした日々を送るより、充実した毎日を送ることができます。睡眠不足がストレスになり、さらに眠れなくなる前に、病院での受診をおすすめします。






2013-02-26・・・「医者に殺されない47の心得」近藤誠著より引用
●[40]インフルエンザ・ワクチンを打ってはいけない

*インフルエンザ・ワクチンを作るのは理論上無理
  冬が近づくと、毎年インフルエンザ・ワクチンの接種を受けている人が多いですね。オランダで、ワクチンを打った群と打たない群を比較したら、インフルエンザの予防効果はまったくなかった、というデータがあります。さらに60歳以上になると、ワクチンを打った群で急死する人が明らかに多く、表向きは「心筋梗塞のせい」とされていますが、これはどう見ても、ほぼワクチンの副作用と考えられます。

  WHO(世界保健機関)も厚生労働省も、ホームページ上で「インフルエンザ・ワクチンで、感染を抑える働きは保証されていない」と表明しています。ワクチンでインフルエンザを防げる保証はない。これはある意味、当然です。変わり身の早いインフルエンザ・ウィルスに効くワクチンを作ることには、原理的に無理があります。はしかのウィルスのように遺伝子的に安定した、人間にだけ感染するウィルスに対しては、効果的なワクチンを作れます。でもインフルエンザ・ウィルスは人に感染しながらどんどん形を変えていき、鳥や豚など、多くの動物にも感染します。

  そういう変幻自在のウイルスにピッタリ合う(効く)ワクチンを作るのは、ほとんど不可能です。また、血液中に弱い抗体ができたとしても、ウィルスが入ってくるのどや鼻には抗体は作られないので、感染は避けられません。インフルエンザ・ワクチンは、ワクチンとは呼べないような代物なんです。感染を防げないのに、副作用はショック症状や突然死など、激烈です。


*インフルエンザを予防するたったひとつの方法
  これは抗インフルエンザ薬も同じです。2009年の豚インフルエンザ騒動のとき、世界に流通する抗インフルエンザ薬・タミフルの7割が日本に流れ、海外ではあり余って、話題を呼びました。もともとヨーロッパでは、インフルエンザでも病院に行く人は少なく、自宅で治します。海外の学者たちはパンデミック直後から医学雑誌などに、「タミフルの効果は疑わしい」「抗ウイルス作用は、ほとんど認められない」と発表していました。

  「効果がある」という報告は製薬会社によるものが多く、信びょう性が薄かった。効かないのに、タミフルの副作用は、呼吸停止による突然死、意識もうろう状態で転落死など、深刻を極めて社会問題になりました。坑インフルエンザ薬と解熱剤を一緒に摂ると、39度以上の熱が一気に34度くらいまで下がります。体温が下がってもウィルスの消滅とは関係なく、人体には致命的です。服薬後の突然死は、この低体温化によって引き起こされた可能性があります。

  では、インフルエンザ対策はどうしたらいいのか。ウィルスはのどや鼻の粘膜にくっついてあっという間に細胞に入りこむので、水で洗い流すことは無理です。ウィルスの粒子はマスクの繊維のすきまを通り抜けるので、欧米ではマスクが予防に使われていません。インフルエンザを予防する、たったひとつの確実な方法は「流行時に人ごみに出ないこと」です。しかし普通に社会生活を送っていたら、感染は防げない。ならば、むしろインフルエンザにかかって免疫をつけると、その後かかりにくくなります






2016-05-10
●私も帯状疱疹になった

  2013年3月11日に、お腹の右脇から背中付近にかけて痒いかなと思っていた。翌日になったら赤ピンクになってきた。何かの食べ物にあたったのかなくらいに思ってほっておいたら、脹れている所が痛く感じるようになった。蕁麻疹(じんましん)なら痒みがあるが痛くはないはずだと思った。次第に赤ピンクに脹れる所が多くなったきた。素人判断では駄目だと思って須坂市石原皮膚科医院で見てもらったら「帯状疱疹(タイジョウホウシン)」だと分かった。小生も遂に病原菌も認められた高齢者になった証拠だろう。以後肝に銘じて無理油断は禁物で、睡眠・栄養・休養・リラックスした生活を心掛ける。

  ネットで調べたら、知覚神経の走行に一致して帯状に赤い発疹と小水疱が出現し、強い神経痛様疼痛を伴う事が多い。この帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは、水疱瘡(ぼうそう)を起こす原因ウイルスと同じ水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスによって起こる病気である。水疱瘡は多くの人は子供の頃にかかり、発症後1週間程度で治る。しかし、治ったといってもウイルスが消滅したわけではない。

  たとえ治癒しても水痘のウイルスが神経節中に潜伏している状態 (潜伏感染) が続く。体の神経節(しんけいせつ:神経の細胞が集まった部分)に隠れて、復活の機会を狙い、長い年月をかけて潜伏し続ける。そして免疫力が低下したときにウイルスが突如として復活する。免疫力が低下する原因には、過労やケガ・大きなストレス・病気・手術・免疫抑制薬の使用・高齢化・季節の寒暖の変化などがある。免疫力の低下によって復活したウイルスは、神経節から出て活動を再開し、皮膚に帯状の水ぶくれをつる。この帯状の症状から「帯状疱疹」といわれている。

  帯状疱疹としてではなく水疱瘡として感染する。飛沫感染ではなく接触性の感染であり、水疱瘡の中に存在する水痘・帯状疱疹ウイルスが気道の中で増殖して水疱瘡となる。水疱瘡にかかったことのない子供には注意が必要である。発病した子供を抱くなどした場合、感染の恐れがあるから注意が必要であるという。その帯状疱疹がワクチンで予防できるようになったと日経に綴られていた。その内容を引用して載せてみました。





●帯状癌疹ワクチンで予防・・・日経より引用
   「接種で症状軽減」報告も

  激しい痛みを伴う帯状痕疹(ほうしん)は、体の奥に潜んでいた水ぼうそうウイルスが再活性化して発症する。厚生労働省は、水痘ワクチンの効果・効能に「50歳以上の帯状痕疹の予防」の追加を承認した。ワクチン接種により健康被害が生じた場合、公的な救済措置の対象となる。帯状短疹は痛みが長引く場合もあり、高齢者では発症をきっかけに寝たきりになる人もいる。専門家はワクチンでの予防を推奨している。

  横浜市に住む90代の女性はある日、腰のあたりにピリピリとした痛みを感じた。痛みはだんだんひどくなり、数日後、左側だけに赤い発疹が生じた。衣服を着るだけで痛く、日常生活に支障をきたすほどになった。家族に連れられて病院を受診、帯状庖疹と診断された。抗ウイルス薬などを飲んで症状は改善したが、完治するまで1カ月以上かかった。帯状に広がり、水ぶくれになる。発疹ができやすいのは胸、腹部、背中、顔、頭部など幅広い。重症化すると、顔や頭部では視力障害が起こったり、顔面神経マヒを起こして口が閉じられなくなったりする。帯状庖疹の原因は子どもの頃に感染しやすい水痘・帯状痕疹ウイルスだ。

  水ぼうそうが治った後もウイルスが体内の神経節に潜伏する。病原体を攻撃するリンパ球は、一度ウイルスに出合うと形を記憶し、ウイルスが神経節から出ないようパトロールしている。過労や加齢でリンパ球の数が減ると、ウイルスが活性化して神経節から飛び出し、神経に沿って表面に現れる。5~7人に1人が一生のうち一度は帯状痕疹を発症するといわれる。ほとんどの人が原因ウイルスに感染しており、誰にでも発症する可能性がある。年齢別にみると、50歳以上の発症が多い。20代でかかる人もいるが、30代で家族を持つと子どもが水ぼうそうにかかった際に、新たにリンパ球がウイルスと出合い免疫力が高まる。

  それが50代で「子どもの頃にウイルスを記憶したリンパ球が減る」 (まりこの皮フ科の本田まりこ医師)。乳幼児では水ぽうそうを防ぐため、2014年10月から水痘ワクチンの定期接種が始まった。中身はあらかじめ毒性を弱めたウイルスだ。大人のワクチン接種では全額自費で、費用の目安は1万円前後。効果は10年程度とされる。これまではワクチンで重大な副作用が起こっても救済措置がなかったが、今回、水痘ワクチンの効果・効能に50歳以上の予防が追加承認され「国のお墨付きがもらえた」 (本田医師)。ワクチンで帯状庖疹も防げると疫学調査で分かり、欧米では定期接種が進んでいる。ワクチンでウイルスを体内に入れると、リンパ球がウイルスを記憶し、体内に潜むウイルスが活性化することを防ぐ。

  乳幼児で水ぽうそうの定期接種が始まり、水痘患者の減少が期待できるが、逆に帯状短疹の患者は増える可能性があるという。原因ウイルスに出合う機会が減り、免疫力が活性化せず、リンパ球が減り続けてしまうからだ。特に独り暮らしの高齢者や、若い人でも忙しい毎日を送る人などは「接種を推奨する」(本田医師)。治療には抗ウイルス薬や鎮痛剤を使う。「なるべく早く治療を始めるのが重要だ」 (東海大学の馬渕智生准教授)だ。早めに対処すれば、早く治る可能性が高い。まれに完治した後も痛みが続く場合がある。帯状痕疹後神経痛と呼ぶ後遺症だ。高齢者や体力が落ちてまれに完治した後も痛みが続く場合がある。

  帯状痕疹後神経痛と呼ぶ後退症だ。高齢者や体力が落ちている時や、皮膚の症状が激しいと起こりやすいという。帯状痕疹にかかったら、まずは体を休める。水ぶくれが乾いてかさぶたになったら、「日常生活にできるだけ早く戻す」(馬渕准教授)。高齢者の場合、1週間寝込むと筋肉の量が落ちる。筋肉が落ちると、少し動いただけで痛かったり、思うように動けなくなったりする。そのまま動かないとさらに筋肉が減る。痛いからといっていつまでも寝込むと、神経痛か筋肉痛かわからなくなる。ペースに戻すよう努めよう。(藤井寛子)




*高齢者向け定期接種・・・日経より引用
      インフル・肺炎球菌ワクチン
      国、原因菌を継続調査
  水痘ワクチンに50歳以上の帯状癌疹の予防効果が認められて、高齢者が接種できるワクチンの選択肢が広がってきた。高齢者には、水痘ワクチン以外にも、インフルエンザウイルスと肺炎球菌向けの定期接種がある。肺炎球菌は高齢者が感染すると、菌血症を伴う肺炎や、敗血症、髄膜炎などの侵襲性肺炎球菌感染症を起こす。特に80歳以上で発症しやすい。2006年から3年間、施設に入所している高齢者1006人を対象にワクチンの効果を調査したところ、肺炎球菌による肺炎が約6割減少した。

  肺炎医療費の削減効果が示されたことなどから、14年から朗歳以上を対象に定期接種が始まった。5歳刻みの年齢で接種し、5年間かけて全ての高齢者に接種する方針だ。自治体によっては通知を出さず、接種する機会は1年間のみなので注意が必要だ。最近、問題になっているのが、ワクチンで予防できない種類の菌が大人の患者から見つかっている点だ。肺炎球菌の種類は90種類以上と多く、国立感染症研究所の大石和徳・感染症疫学センター長は「子供から大人に菌が伝わっている」と推測する。成人の侵袈性肺炎球菌感染症の原因菌でワクチンが効く割合が導入前の14年は8割以上だったが、66%まで下がった。感染研は原因菌の種類を継続して調査する方針だという。






2016-04-24・・・日経より引用
●服薬対話がやる気生む???
    継続できる方法医師らと相談・包装開けやすくし効果
    薬は基本的に毒である

  「服薬対話がやる気生む」、はたしてそうだろうか???。抗癌剤を服用すれば副作用に冒され身体ともへとへとになって鬱におちいってしまう。そんな状態に医師が抗癌剤を服薬させるには相当の困難がともない意志でも副作用に対する責任がとれるのだろうか???。疑問である。抗癌剤を服用すれば、このような副作用がありますからと医師には責任はないよと承諾書にサインさせてあたかも自らの意志によって抗癌剤を服薬させているのが現状である。下記の内容は、ボケ老人に対する騙しのテクニックにほかならないような気がするが、一理あることは間違いないと思われる。

  薬を決められた通り飲まない。患者が自己判断で治療を中止してしまう・・・。こうした事態を防ごうと、医師や薬剤師の取り組みが広がっている。指示の押しつけではなく、継続できる方法をともに考え、治療への意欲を高めてもらう。「薬の包装が開けにくい」など思わぬ原因が見つかることもあり、患者との粘り強い対話が求められている。「よくなりたいと思っていますか」。奈良県立医科大病院(奈良県橿原市)で、石井均教授が糖尿病患者に優しく話しかける。患者は「当然です」と答えるが、こうした問いかけをするのは治療には患者の「やる気」が重要だからだ。

自己判断で中止
薬の服用、食事の管理、適度な運動……。糖尿病治療はやるべきことが多く、途中で挫折する患者がいる。血糖値が少し改善しただけで通院をやめる患者もいる。石井教授によると、患者の約1割が自己判断で治療をやめてしまうという。医療界では長らく、患者は医師らの指示に従うものという考え方が一般的だった。日本製薬工業協会(東京・中央)が2015年6月に実施した患者2千人へのインターネット調査によると、処方された薬を医師や薬剤師の「指示通り飲んでいる」のは59%。「まあ指示通り飲んでいる」が38%だった。

  一方で7割が処方薬の誤使用を経験。その内容(複数回答)をみると、「指示された回数通りに飲まなかったことがある」が39%でトップで、「症状がよくなったので自分の判断で服用を中止した」が29%で続いた。指示に従わないことがある背景には、意欲の無さや治療の意義を正しく理解できていないことがある。こうした状況を改善するため広がりつつあるのが、「患者がやる気や主体性を持って積極的に治療を受けることが重要」という考え方だ。「アドヒアランス」 (執着心)と呼ばれる。いかに納得ずくで計画通りに治療に臨んでもらうか。石井教授らは4月、患者との対話のあり方を研究するため日本糖尿病医療学学会を立ち上げた。「飲もうと思っても飲めない」という高齢者もいる。

  服薬の回数は適切か、障害は何かなどを医師が患者と話し合い、解決策を探る必要がある。「やる気を引き出す方法を共有し、医療の質を高めたい」 (石井教授)日本調剤の野塩薬局(東京都清瀬市)は14年8月から、薬を適切に飲んでいるかなどを月1回電話で確認している。「実は薬の包装が開けにくくて……」。高脂血症を患う同市の80代の女性はこう答えた。副作用で手が震え、薬を取り出せずに飲んでいない日があった。柔らかい材質の包装に薬を詰め替えると、きちんと服用してくれるように。大倉憲二店長は「小さなことでも患者の態度を変えることができる」と話す。


じっくり30分指導
  効果を実感しにくい薬は継続して飲む意欲が減退しがちだ。これを克服しようとする動きもある。「症状の進行を遅らせる薬です。効果がみえないこともありますが、長い目で見てください」。3月、名古屋大病院(名古屋市)に集まった薬剤師による外来で、認知症の患者と家族への説明会が開かれた。1家族にじっくりと30分ほど服薬を指導。月に数回、この外来に参加する愛知学院大学薬学部(同)の山村恵子教授は「以前は1年後の服薬の継続率は49%だったが、最近は73%に向上した」と話す。医師も薬剤師も1日の中で患者と向き合うことができる時間は限られる。だからこそ、連携して粘り強く何度も対話を重ねる必要がある。山村教授は「自己判断による治療中止などを患者個人の責任とせず、社会全体で解決策を考えていくべきだ」と話している。(辻征弥、吉田三輪)


薬は基本的に毒である
  私は抗癌剤を服薬するたびに恐怖を感じながら飲んでいた。次第に手足野痺れも酷くなりつつ目が霞んでこのまま飲んでいれば失明するのかと怯えつつ飲んでいた。医師が副作用は少ないから大丈夫ですよ。これくらいなら誰でもなりますよ。と甘い言葉をかけて、副作用よりも病気を最優先に直すことが大事ですよ。では副作用は病気ではなくなんなのであろうか???。病気(薬)による人災なのだろうか。このところを医師は把握して患者さんに理解できるように説明し納得いくほうほうを選択することになるのがベストなのかもしれない。


飲みやすさや、回数に工夫
  服薬回数が多かったり、薬が飲みにくかったりすると、患者の治療意欲は低下するとされる。製薬会社にとって課題だ。エーザイは2002年に骨密度と骨強度を高める骨組しょう症の治療剤を発売。当初は1日1回の服用が必要だったが、07年には同様の効果が見込める週1回服用のタイプ、13年には月1回で済む夕イブをそれぞれ追加した。飲み忘れてしまう患者を減らすためだ。製薬各社は飲みやすくするため、水がなくても口の中で溶ける「口腔(こうくう)内崩壊錠」を導入している。飲み込む力が弱まり錠剤などの服用が困難な患者もいる。このため認知症の治療薬ではカップ入りのゼリー製剤が販売されている。






2016-07-02・・・日経より引用
●髄膜炎、大人も油断禁物
    風邪のつもりが意識障害も
    海外旅行時ワクチンを考えて

  発熱や頭痛など風邪に似た症状から始まり、重症化すると意識障害やけいれんなどが起こり、命にかかわることもある「髄膜炎(ずいまくえん・髄膜がウイルスにおかされて炎症を起こす病気)」。子供の病気と思いがちだが、大人も決して油断できない。国際化とともに感染する機会も増えている。仕事や観光、留学などで海外の流行地に行くときは、ワクチンで予防することも重要だ。

  髄膜炎は、脳と脊髄を琴っ髄膜に炎症が起こる病気。細菌感染による「細菌性髄膜炎」とウイルスなどによる「無菌性髄膜炎」に分けられる。重症化しやすいのは前者の細菌性で、原因となる菌は多数ある。代表的なのが肺炎球菌やインフルエンザ菌b型(ヒブ)、髄膜炎菌だ。このうち、肺炎球菌やヒブによる髄膜炎は小児に多く、予防のためワクチンの定期接種が実施されている。国立成育医療研究センター感染症科(東京・世田谷)の宮入烈医長は「いずれもワクチンの予防効果で患者数は減っている。厚生労働省研究班の報告では、定期接種前より、肺炎球菌が原因の髄膜炎の割合は61%減、ヒブによる髄膜炎は98%減少した」と話す。


*大流行の恐れも
  一方、髄膜炎菌による感染はこれらに比べるともともと発症数が少なく、菌自体の認知度も低い。だが、国立感染症研究所感染症疫学センター(同・新宿)の砂川富正第二室長は「髄膜炎菌は感染力が強く、大規模な流行を起こすことがある。海外との交流が増すにつれ、今後は患者数が増える可能性がある」と注意を喚起する。髄膜炎菌はせきやくしゃみなどで、人から人へうつる。何の症状も無い健康な人の鼻やのどから検出されることもある。

  その髄膜炎菌が、本来細菌が存在しないはずの血液や髄液中に侵入して起こる感染症が「侵襲性髄膜炎菌感染症.(IMD)」だ。髄膜炎の中でも、進行が非常に速く、重症化しやすい。世界保健機関(WHO)の報告では、発症から2日以内に5~10%の患者が死亡するという。発熱や頭痛、吐き気など風邪に似た症状から始まり、続いて首の硬直や皮下出血、けいれん、意識障害などが起こる。

  首や頭を動かすと髄膜が引っ張られ、耐え難い痛みを感じることも。宮入医長が以前、米国で診た患者は「風邪のような症状が表れてから半日もたたないうちに意識障害に陥り、集中治療室に運ばれた。手足の細胞が死ぬ壊死(えし)が進み、結局、手指を切断することになった。もう少し遅かったら命も危なかった」という。治療は抗菌薬を点滴などで授与する。患者の周囲にいて感染の可能性がある人にも予防的に投与することが多い。


*5人にl人死亡
  日本では2013年4月から翌年12月までの間にIMDに59人がかかり、うち11人が死亡した。致死率は約19%、つまり5人に1人が亡くなっている計算だ。「海外では乳幼児と青年の発症が多いが、日本では若年層を含め幅広い年代に見られる」 (砂川室長)。最も多い世代は50、60代で、男性が目立つ。集団発生も起きている。11年5月、宮崎県の高校の学生寮で5人が感染、うち1人が死亡した。

  昨年夏、山口県に162の国・地域から約3万人が集まり開かれた世界スカウトジャンボリーで、海外参加者の中から帰国直後に感染者が出た。ザ・キング・クリニック(東京・渋谷)の近利雄院長は「IMDの感染は共同生活や集会など、多くの人が集まる場所で起こりやすい。国境を越えた人の往来も感染機会を増やす」と話す。海外ではアフリカ中部をはじめ、中国やインド、北米、南米、ヨーロッパなどに流行地がある。予防に有効なのが、ワクチンの接種だ。

  たとえば「米国では10代のときにワクチンの定期接種を実施し、学生寮に入る大学新入生や留学生にも接種を義務づけている」(近院長)。日本でも昨年5月から「髄膜炎菌ワクチン」を接種できるようになった。ただし任意接種で、1回2万円前後の費用がかかる。1回打てば約5年間、予防効果がある。仕事や観光などで流行地に行く人、海外留学する人などはワクチンを接種しておいた方がいいと専門家は口をそろえる。「ブラジルも流行地の一つ。8月のオリンピックに行く人も検討した方がいい」と近院長。4年後には東京オリンピックが開催され、世界各国から大勢の人が日本を訪れる。今後はこれまで以上にIMD対策が必要になりそうだ。(ライター佐田 節子)








2016-07-31・・・日経より引用
●かかりつけ薬剤師と賢く
    危険な飲み合わせ防止、重複防いで出費減らす
    実務経験など定着へ課題

  4月の診療報酬改定の柱の一つ、「かかりつけ薬剤師」制度。患者に指名された薬剤師が服用する薬をすべて管理し、危険な飲み合わせや重複・過剰投与による無駄を防ぐ試みだ。調剤薬局は報酬が増えるため、指名獲得に力を入れる。ただ指名に必要な経験など「条件が厳しい」との声も。普及は進むだろうか。

*24時間相談対応
  「この量だと腎臓に負担がかかるので、半分の量にしませんか」。7月、日本調剤浦舟薬局(横浜市)の秋元展子薬剤師は同市の主婦(75)に、お薬手帳や薬局で保存している服用歴を見ながらこう話した。糖尿病を患う主婦はこの日、ぼうこう炎で泌尿器科を受診。処方箋に抗生物質が記載されていた。ただ秋元さんはそのままでは腎臓に悪影響が出かねないと考え、医師に相談して量を半減させた。

  秋元さんは主婦のかかりつけ薬剤師。服薬管理を任され、訪れたときは専属として対応する。患者が使う薬を一元管理し、健康面も含めた相談に原則、24時間対応するのがかかりつけ薬剤師だ。医療用医薬品だけでなく、市販の一般用医薬品(大衆薬)との飲み合わせも助言する。4月に創設され、患者は任せたい薬剤師を指名する同意書にサインする。指名されると、薬局は次回の処方箋から1回につき700円(患者負担は3割なら210円)の「かかりつけ薬剤師指導料」を得ることができる

  薬の効果や副作用を説明した文書提供や服用歴の作成などによる「薬剤服用歴管理指導料」(380円か500円)の代わりに受け取る。患者にとっては負担増だが、担当が責任を持って薬を管理、副作用の危険や重複による無駄な出費を防いでくれる点がメリットだ。日本調剤はすでに数万人から同意文書を得たという。診療報酬改定では、最寄りの大病院に処方箋を依存した「門前薬局」の報酬引き下げなどが盛り込まれた。こうした事情もあって薬局は指名の獲得に注力。

  使う薬が多い高齢者らに、負担増になることも含めて説明し、かかりつけ薬剤師に指名する考えがあるかどうかを尋ねる。ただ薬剤師の誰もがかかりつけになれるわけではない。薬局での計3年以上の実務経験が前提だ。さらに所属する薬局に週32時間以上勤務し、6カ月以上在籍していた実績も要る。「地域に根差し、いつでも相談に乗れる薬剤師である必要があるため」 (厚生労働省の担当者)。来年4月からは、定められた研修の受講も条件に加わる。


*人材確保難しく
  ある大手薬局チェーンの経営者は「子育てをしながらパートで働く薬剤師の比率は高い。週32時間働ける人を数多く確保するのは難しい」と打ち明ける。薬剤師の約6割は女性。出産・育児による休職や、天の異動に伴って店を移らざるをえない場合がある。条件を満たす薬剤師は3割にとどまる大手薬局もある。内科や整形外科、皮膚科など薬局によって処方量が多い領域は異なる。アイセイ薬局の藤井江美社長は「1、2年ごとに薬局を移らせて薬の知識を深めさせたいが、『6カ月の在籍』があると異動させにくい」と指摘する。

  条件には「医療の係る地域活動の取組に参画していること」もある。薬局は申請時に「中学校で薬物乱用の危険性を説明した」 「福祉センターで薬について講演した」などの事例を記載する。ただ地方厚生局によって基準が異なる場合があり、「同じ取り組みでも許可が下りない都道府県もある」 (薬局チェーン)。患者の服薬管理を一手に引き受けるためには、一定の経験は必要だ。患者が指名しても、すぐ異動になっては「かかりつけ」としての責任は果たせないだろう。制度はまだ始まったばかり。定着やサービス向上のための議論は続きそうだ。(鈴木慶大、奥田宏二)




*高齢者の飲み残し年500億円
  厚生労働省によると、2014年度末時点で薬局は全国に約5万7000カ所ある。うち7割が経営1つの病院からの処方箋に頼る「門前薬局」とされる。同省は処方箋を十分確認せず薬を出す薬局があり、飲み残しの一因になっているとみる。飲み残しは在宅の75歳以上の高齢者で年間500億円に及ぶとされる。医療費40兆円のうち、薬剤費は2割強を占める。かかりつけ薬剤師の創設には過剰・重複投薬を減らし、医療費を少しでも抑える狙いがある。ただ24時間の相談対応などハードルは高い。薬剤師は14年で28万8151人と10年前に比べ約2割増えたが、一段の増員が必要になりそうだ。






2016-08-15・・・日経より引用
●注射薬を貼り薬に
    インフルワクチンや糖尿病薬
    微細な針並べ痛み少なく

  注射でしか投与できなかった薬を貼り薬にする研究が進んでいる。富士フイルムと北海道大学はインフルエンザの「貼るワクチン」を開発し、動物実験で従来より高い効果を確認した。京都薬科大学はベンチャー企業と共同で糖尿病治療薬を皮膚から投与するパッチを試作した。いずれも薬液を含んだ微細な針を並べたもの。痛みが少なく負担の軽減につながりそうだ。

  皮膚から体内に吸収されて効果を発揮する貼り薬は、薬効成分の分子が比較的小さく吸収しやすい薬では実用化されている。だがワクチンやペプチド医薬など分子量が大きい薬は、貼り薬にするのは困難とされていた。富士フイルムと北海道大学の迫田義博教授らは共同で、皮膚に貼って投与するインフルエンザワクチンを開発した。体内で溶ける糖の高分子にインフルエンザウイルスのたんばく質でできたワクチンを混ぜて長さ0・8㍉㍍の微小な針を作り、パッチの上に並べた。

  パッチを皮膚に貼って数分後にはがすと、体内に針が残って徐々に溶けワクチンが放出される。マウスの皮膚に貼って約4週間後に血液を調べたところ、注射ワクチンの5分の1の量で、ウイルスに対抗する抗体が増えることがわかった。マウスに貼るワクチンを接種した後、致死量の10倍のウイルスを鼻に入感染させたところ、6匹すべてが2週間後も生存していた。注射ワクチンを接種したマウスでは1匹だけだった。富士フイルムの小山田孝嘉マネージャーは「ウイルスを認識して抗体の産生を促す細胞は皮膚近くに多く存在するため、貼る方が高い効果が得られる可能性がある」と話す。同社はこのほど、人間に使える品質のパッチの製造設備を整備した。今後ブタを使った実験で針の大きさなどを最適化し、臨床試験につなげる。

  京都薬科大学発のベンチャー、コスメディ製薬(京都市)と京都薬科大の山本昌教授、勝見英正准教授は、糖尿病の治療薬を貼って投与するパッチを開発した。1センチメートルほどのパッチに、長さ0・8㍉㍍、先端の直径が40㌍(指は100万分の1)㍍の微細な針を140本並べ、先端に糖尿病治療薬のエキセナチドを塗っ彗エキセナチドはインスリンの分泌を促すペプチドで、現在は週に1回ほど、専用の器具を使って患者が自分で皮下注射している。ラットの背中にパッチを貼って投与したところ、通常の皮下注射と同量の薬が血中に入っていることが確認できた。パッチをはがす際に針が折れても、針は体内物質のヒアルロン酸でできているため安全だという。京都薬科大とコスメディ製薬は共同で実用化を目指す。




*新たな投与手法薬の効果引き出す
  皮膚に貼るタイプの薬は、痛みがないほか薬が徐々に吸収され効果が長く続くなどの利点があ
り、痛み止めやせき止めで実用化されている。ただ、皮膚から吸収できるのは、薬効成分の分子量が500以下と比較的小さい薬に限られる。ワクチンやペプチド医薬など分子量が大きい薬を貼り薬にするのはこれまで難しかったが、微細な針を使うことで、注射と同等以上の効率で薬を送達できるとみられる。鼻に噴霧して粘膜から吸収する投与方法の適用範囲を広げる開発も進んでいる。

  神戸学院大の武田真和子教授は、糖尿病治療薬のインスリンを細胞膜の透過を助けるペプチドと混ぜることで、鼻から吸収しやすくなることを見いだした。ラットの鼻に混合した薬を噴霧したところ、静脈注射と同量のインスリンが血中に入ることが確認できた。同様の効果があるとみられるアミノ酸を使い、来年にも臨床試験(治験)を始めたい考えだ。薬は投与経路が異なると効果も異なることがある。新たな投与手法の開発は、薬の効果を最大に引き出す上でも重要になりそうだ。






2016-09-18・・・日経より引用
●高齢者の薬漬け」対策急ぐ
    体力低下、副作用出やすく
    学会が指針/専門外来設置

  高齢者が服用する薬を減らす取り組みが広がってきた。学会が薬を適切に選ぶためのガイドラインをまとめ、専門外来を置く病院もある。多くの薬を一緒に飲むと副作用が出やすくなり、特に体力が低下した高齢者に顕著なためだ。出血や転倒などで亡くなるリスクも高まってしまう。75歳以上の約3割が10種以上を服用しているとの報告もある。〝薬漬け〞対策は急務だ。

  8月下旬の夜。東京都港区の虎の門病院に高齢患者が救急搬送された。自宅でふらついて倒れ、意識もはっきりしない。幸い、検査では異常は見当たらず、一晩で回復。家族は胸をなで下ろした。西田昌道・救急科部長は「処方された多種類の薬を飲んでいて、その影響が出たと考えられる」と話す。昨年2~4月に救急搬送された高齢者約700人を調べたところ、薬の副作用が疑われる人が60人近くにのぼったという。

  多種類の薬を飲む多剤併用は、ふらつきや臓器障害など副作用の危険性が高まるとして問題視されている。とりわけ高齢者は内臓機能が衰え、薬の処理能力が落ちている。種類や用量の慎重な見極めが必要だ。一方で病気を複数抱え、医療機関を幾つも受診する高齢者は多い。それぞれの医師は患者が服用する薬全体を把握せず、自分が受け持った病気だけを診て処方しがちだ。結果、患者が服用する薬は増えてしまう。

*代表的な薬例示
  こうした問題を受け、日本老年医学会は昨年日月に「高齢者の安全な薬物療法ガイドライン2015」をまとめた。慎重な投与が必要なものとして抗精神病薬や睡眠薬、鎮痛薬など20領域の代表的な薬剤を例示。認知機能低下や転倒、出血といったそれぞれの主な副作用に加え、漫然と長期投与せず、減量、中止を検討する」 「可能な限り使用を控える」などの注意事項を付記した。ガイドライン作成を主導した垂尻大学病院老年病科下雅弘教授は「医師や薬剤師はこれを参考に、どこから見直すべきか検討しほしい」と訴える。

  医療機関も対応に乗り出た。栃木医療センター(宇都宮市)は医師と薬剤師が組み専門外来「ポリファーマシー外来」を開設している。病院側が多剤併用している患者の服用薬を確認し、それぞれの要否を判断して整理するのが役割だ。昨年1年間で47人に投与されていた延べ422種の薬のうち、半分以上に当たる237種類を中止した。同外来の責任者、矢吹拓内科医長は「診療所を含めて地域全体で取り組みが広がれば」と期待する。

*チトムで連携
  虎の門病院は「高齢者総合診療部」で対策を進めている。医師や看護師、薬剤師などがチームを組み、高齢者が多剤併用にならないようサポート。井桁之総・同部長は「救急科との連携を強化していく」と話す。調剤薬局も同様の役割が期待される。「具合はどうですか。変わったことはないですか」。アイン薬局汐入店(東京・荒川)の薬剤師、高津潤子氏は高齢者にこう声を掛ける。効き目や副作用の有無を確かめ、「異常がありそう」と判断したら処方箋を出した医師に報告し、対応を相談する。

  もともと薬局は「お薬手帳」などを通じて患者の服用薬を把握しやすい。さらに今年4月の診療報酬改定で、患者の指名で薬を一括して管理する「かかりつけ薬剤師制度」も始まった。「以前は医師に見直しを提案してもなかなか聞いてもらえなかったが、最近は耳を傾けてくれるケースが増えた」 (高津氏)インフラ整備も必要だ。電子カルテが普及し、患者の薬の情報が一元化され、それが共有化されれば多剤併用は減るだろう。診療所への整備や病院との連携が求められる。(野村和博)




*高齢患者の服薬、3割が「10種以上」
  厚生労働省が2014年12月の診療データを集計したところ、75歳以上の患者で10〜14種類の薬を服用していたのは20・2%で、15種類以上は7・1%。10種以上が3割近くを占めている。同省の研究報告では、多剤併用による副作用の症状としては意識障害や低血糖、肝機能障害、ふらつき・転倒などが多い。薬の種類が多いと副作用は増えがちだ。東京大学病院老年病科の入院患者への調査では、薬剤の投与が1~3種類の患者のうち副作用が確認されたのは6・5%だったのに対し、6種類以上では1割強だった。ただ患者が自己判断で服薬をやめるのは禁物だ。同病院の秋下雅弘教授は「必要な薬までやめてしまい、病状が悪化する懸念がある」と指摘。医師や薬剤師など専門家に相談するよう呼び掛けている。