サブページに戻ります
体力・免疫力の過程[01]
 
18 

2013-02-26・・・「医者に殺されない47の心得」近藤誠著より引用
●[25]「免疫力」では癌を防げない  ほんと!うそ?・・・あなたが判断する

*免疫療法=詐欺師け!?
  免疫の話を続けましょう。「いつも笑っていると免疫力が上がって、がんにならない」「この食品で免疫力を高めてがんを防ごう」「人間の体には1日5千個のがん細胞が生まれるが、免疫細胞のNK(ナチュラルキラー)細胞が殺してくれている」……。まるで、免疫力さえ強化すればがんを防げるような言説が広まっています。

  すべて何の実証もない、「見てきたようなウソ」です。大学病院でも行われている、「免疫細胞療法」も同じです。欧米の医学界では、「がんに対して、免疫力を強化しても無意味。効果なし」というのは常識です。免疫細胞療法は見向きもされないどころか、免疫と名のつく療法で患者を集める医者は、詐欺師扱いされます。なぜなら免疫細胞は、外から入ってきた異物を敵と認識してたたくのですが、がんは自己細胞が変異したものです。

  人間の免疫システムが、がん細胞を敵とみなさないからこそ、がんは発生したのです。免疫を強化するという「免疫治療」は原理的に成り立ちません。がん細胞とは約2万3千個の遺伝子をもつ細胞が、複数の遺伝子の突然変異によって、がん化されたものを言います。がん病巣には、直径1ミリに育った段階で、約100万個のがん細胞があります。本物のがんならそれ以前に血液にのって、あちこちに転移しています。0,lミリでも転移する能力があるほど、がん細胞は強力です。分子生物学の研究が進んで「がんは当初から転移する能力がある。

  がんが大きくなってから転移するという説は間違い」と判明しています。今の医学でどんなに「早期」にがんを発見できても、直径1センチ前後から。そのときすでに、がん細胞は最低でも10億個に増えて、とっくに転移もし終えています。世間でいう「早期がん」は、がんの一生の中では熟年にさしかかっているんです。免疫細胞は、「非自己」と認識した異物をつぶす細胞です。がんが直径1センチという大きさになって発見されるのは、NK細胞が、がん細胞を「非自己」として見分けられなかったということです。


*抗がん刑より、免疫治療より、放置に限る
  免疫細胞療法には、「樹状細胞療法」「CTL (細胞傷害性リンパ球)療法」というのもあります。患者のがん組織を採取して、体外で樹状細胞やCTLと反応させたり、がん細胞の構成タンパクの断片(ペプチド)と反応させたりして、体内に戻す療法。これで樹状細胞やCTLが、体内のがん細胞を認識、攻撃しやすくなるという触れこみですが、いくら手間ひまかけても焼け石に水です。

  実際、「胃がんを手術しなかった患者の生存率」の複数のデータで、抗がん剤を使った人、免疫療法をやった人の5年生存率はどちらも20%以下、治療を何もしなかった人のほうがはるかに長生きで、50%という数字が出ています。免疫細胞療法の治療費は高額で、「がんを抑えこみたいなら一生続ける必要がある」と毎月数十万円を請求されるものや、総費用1千万円というものもあります。大学病院も実験・研究は自由ですが、料金を徴収するなら、それは詐欺になります






2016-06-04・・・日経より引用
●半年以上の慢性疲労、すぐ受診
   免疫力低下に注意、風邪ひきやすく

  「だるい」 「朝、起きられない」休日に寝ても休んだ気がせず、疲れが残る」。疲れが長引くと聞いて思い当たる人はいるだろう。25年以上疲労を研究してきた関西福祉科学大学の倉恒弘彦教授は「疲労は人間にとって必要な感覚。もっと耳を傾けて」と話す。気になる疲労の正体について聞いた。(ライター塚越 小枝子)  

   2012年に厚生労働省疲労研究班が2000人を対象に調べたところ、4割が半年以上続く慢性的な疲労を感じており、うち約2%は日常生活に支障があった。また、同じ年の文部科学省研究班による医療機関受診患者の調査でも、約45%に半年以上続く慢性的な疲労があった。もちろん疲労は今に始まったものではない。1970年代、80年代も6~7割の人が疲れているといった調査はあった。ただ「大半は一晩寝ればとれるものだった」 (倉恒教授)。ところが、生活や労働環境の変化に伴い「慢性的な疲れに変わってきた」という。


*ストレスが原因
  この疲労の原因の一つはストレスだ。ストレスには人間関係の悩みなど「精神的ストレス」だけではなく、過重労働や激しい運動のような「身体的ストレス」、紫外線や化学物質、猛暑、感染症などの「生活環境ストレス」もある。ストレスがかかると、体の神経系や免疫系のほか、ホルモンなど内分泌系のシステムにひずみが生じる。そのとき、目には見えないが、体をつくる一つ一つの細胞で、タンパク質や遺伝子に傷がついているという。

  人間にはこういった傷を修復する力があるが、運動や作業を止めずに続けた場合や、過度のストレスで修復力が追いつかなくなることもある。そのうち細胞の傷を修復できなくなり、疲労がたまり慢性化する。慢性的な疲労を放っておくと病気になりやすい。それは免疫細胞の一つであるナチュラルキラー(NK)細胞の働きが落ち、免疫力が低下するからだ。体に潜んでいたヘルペスウイルスなどが再活性化し、口唇ヘルペスのような発疹ができる。風邪もくり返しやすくなる。

  さらに悪いことに、こういった体の〝危機状態が起きると、体はインターフェロンなどの免疫物質をつくり始める。これはウイルスを抑えるのには有効だが、脳にダメージを与えるという。その結果、脳の情報交換がうまくできず、様々な疲労の症状が出てくると考えられる。本来、「だるい」 「しんどい」などの疲労感は「痛みや発熱と並び、体の異常や変調を知らせる三大アラームの一つ」(倉恒教授)。疲労を感じたら一日活動を休止して休息するのが健全だ。とはいえ、なかなか休めないのが実情だ。




*疲れの自覚必要
  厄介なことに、体は疲れているのに疲労感を自覚できなくなることもある。例えば周囲からはめられて一時的に達成感を味わったり、自分は必要とされていると思ったりするとき。「脳で快楽を感じる物質などが増え、疲労感が覆い隠されてしまう」 (倉恒教授)そのまま自覚せずに活動し続ければ、心筋梗塞や脳血管障害など深刻な事態に陥ることもある。最悪の場合、過労死につながることも。自覚しにくい疲労の状態を知るため、最近は疲労を客観的に評価するバイオマーカー(生物学的指標)の開発が進む。

  自律神経のバランス、酸化ストレスなど、疲れたときに体に起きる変化に着目して、疲労度を可視化しようというものだ。少なくとも、眠れないといった睡眠の乱れや、自律神経のバランスがくずれることによる動惇(どうき)や立ちくらみ、発汗異常といった症状には要注意だ。その日の疲れはその日のうちに回復させるよう意識したい。睡眠や週末休みで疲れが回復しないなら、疲労が慢性化しっつあると考えてもいい。疲労感が1か月以上続けば「遷延性疲労」、6か月以上なら「慢性疲労」と呼ぶ。

  長く続くなら早めに医療機関で相談しよう。ストレスとの向き合い方も変えよう。ストレスと聞くと原因を分析し、解決しようとするものだが、解決が難しい場合もある。そんな時はできるだけその状況から抜け出すことだ。家族や友人に話して共感してもらうこと、泣く・怒るといった感情の吐露も大切だ。「疲労度チェックリスト」 (図参照)と合わせ心身の状態を自分でチェックし、ストレスに上手に対処していきたい。(日経グッデイ「その疲れは『休め』のサイン慢性疲労に陥るメカニズム」を基に再構成)




  家族や友人に話して共感してもらうこと、泣く・怒るといった感情の吐露も大切だとは言うものの、家族や友人に話して自分はストレス解消になるだろうが、相手にストレスを与えるようなことがあってはならない。私もよく苦情を聞かされた思い出が多々あったが、気持ちよく相手のストレスを聞き入れたことはなかった。「まったくをもって有難迷惑」なことであった。誰もいない・誰にも聞こえないところで騒いでみろ!?、よっぽろ効果あると思うがね。まあ寂しがりやの人泣かせの人のストレスはだめかな??。






2017-07-13・・・日経より引用
●男性更年期気付いて
    集中力・意欲減り不眠にも
    情報サイトが登場

  中年以上の男性を襲う集中力や意欲の減退、不眠--「加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群」と呼ばれる、男性ホルモンの低下が招く〝更年期障害″の症状だ。ところがうつ病などと混同しやすく、発症に個人差があるため、診断や治療に至らず悩む人が多い。適切な治療につながる人を増やそうと、LOH症候群の情報を普及する動きが広がっている。


  札幌市にある経済団体幹部の男性(哲は40代後半にさしかかったとき、謎の体調不良に見舞われた。夜中に何度も目が覚めたり、ささいなことでくよくよしたり。人一倍あった好奇心も失った。「過労による一時的な体調不良で、数カ月たてば元に戻ると思っていた」。しかし改善の兆しは一向に見られない。肝臓や甲状腺の検査を受けても数値は正常。最後にLOH症候群に行き着いた。男性ホルモンの1種であるテストステロンの投与で症状は大幅に改善したものの、発症から7年以上がたっていた。LOH症候群は認知度が低く、多くの男性が適切な診療を受けられずにいる。

  同分野の第1人者である順天堂大学の瀬江重郎教授は「女性の性ホルモンが閉経前後に急減するのに対し、男性の場合は緩やかに減少する。その結果、発症する年齢にバラツキが出て、本人も周りも気付きにくい」と指摘する。札幌の男性がLOH症候群の治療を受けたのは泌尿器科だ。ところが最初から受診先を知っている人はほとんどいない。病院検索サイトを運営するeヘルスケア(東京・千代田)が30~69歳の男性を対象に2016年8月に実施した調査によると、LOH症候群の診断や治療に適した診療科として「泌尿器科」を挙げた人はわずか5%にすぎず、内科や心療内科、精神科・神経科を選んだ人が合計で60%を占めた。

  同社の杉山学マネージャーは「内科でLOH症候群が診断できるとは限らない。精神科の受診に抵抗感を示す人も多く、原因が分からぬまま長期間苦しむことになりがち」と指摘する。食事と血中男性ホルモン億の関係の研究などに取り組む日清ファルマ(東京・千代田)は14年、「男性更年期NAVI」というウェブサイトを立ち上げた。LOH症候群かどうかを判別できるチェックシートや、最新の研究成果を公開している。「男性の更年期を分かりやすく解説したサイトはほとんどなかった」とヘルスケア事業部アシスタントマネージャーの稲川裕人さん。

  「以前に比べてどうも心や体がついてこないと悩んでいる人に見てほしい」と語る。LOH症候群によるベテラン社員のうつや休職は、企業にとって大きな痛手となる。産業医や保健師の紹介を手がけるドクタートラスト(東京・渋谷)は、一定規模以上の企業や事業所に設置が義務付けられている安全衛生委員会向けに、医僚情報を発信している。LOH症候群を昨年初めて取り上げ、企業側の認知度向上を目指す。LOH症候群に関心を持つ医師も増えている。

  男性更年期専門外来を持つメンズヘルスクリニック東京(東京・千代田)の主任担当医の順天堂大の辻村晃教授は「これまでLOH症候群の治療をほとんど手がけていなかった泌尿器科の開業医の間で、学ぼうという意欲が高まっている」と話す。中高年男性がLOH症候群に気付く機会が増えつつある半面、堀江教授は「仙人のように達観した人物像を中高年の理想とする文化風土も、LOH症候群の解決の壁になっている」と指摘する。性ホルモンの低下が原因で、治療可能なのに「『年だから』とあきらめがちになる」。該当する世代の意識改革も重要といえうだ。(小山隆史)




*ホルモン投与で治療、予防には「生活の充実感」
  LOH症候群には複数の治療法がある。代表的なのが男性ホルモン(テストステロン)の投与。保険が適用になることの多い注射に加え、軟こうを処方することもある。血中のテストステロン値が同年齢の男性の平均値より低いかどうかが投与の目安だが、メンズヘルスクリニック東京の辻村医師は「本来の値が同年代の男性より高い人もいるため、数字だけでは判断しない」と語る。

  最近は社会的な要因の改善にも注目が集まる。同じ人でも、ストレス次第でテストステロン値が短期間に大きく変化するからだ。仕事上の挫折による自信喪失がホルモン値の低下要因になる半面、順天堂大の堀江教授は「社会に自分の居場所があると感じられることが大事。職場に限らず、私生活を含めて充実感が得られればよい」、と語る。趣味やスポーツを楽しむのも予防や回復に役立つという。