2011-11-26・・・日経より引用
●聴力の衰え感じたら
    早期検査で悪化を防止
    3日以上の異常は受診、動脈硬化疑う場合も

  電話で相手の話が聞き取れず、何回も復唱させられた。誰でも経験することだが、頻繁に起こるようなら耳鼻咽喉科で相談した方がよい。視力と比べて聴力の低下は自分では気づきにくいからだ。健康な聴力を守るための注意点などについて、専門家の話を聞いた。


*個人差大きく
  モスキート音をご存じだろうか。17㌔ヘルツという高い周波数の音のことで、若い人には聞こえるが、加齢とともに聞こえなくなるため、若者向けの携帯電話の着信音などに使われている。このように人の聴力は年齢を重ねると衰えるものだが、その変化に個人差が大きいことが分かってきた。国立長寿医療研究センター(愛知県大府市)の認知症先進医療開発センター予防開発部では体の加齢現象についての大規模な調査を行っている。約6万5千人を対象に加齢にともなう聴力の変化を調べた研究報告(1997年)によると、人間の聴力は20代までは安定しているが、30代以降少しずつ衰え、60代で衰えが加速するケースが多かった。

  さらに今年6月の日本老年医学会学術集会では、60代の3人に1人が難聴と診断されるまで聴力が低下していた半面、70代でも目立った衰えのない人が4割いたという報告があった。予防開発部の下方浩史部長は「聴力低下は個人差が大きい。しかも少しずつ衰えるために気づきにくい」と話す。聴力の異変は健康診断でも見逃されやすい。企業などの定期健康診断の聴覚検査は、1㌔ヘルツ4㌔ヘルツの2つの高さの音だけを調べる場合が多く、聴力低下のサインを捉えられない場合もある。

  しかも第一生命経済研究所ライフデザイン研究本部が50~74歳の1000人に行った意識調査の報告(2002年)によると、女性や無職の人では、1年以内に聴力検査を受けた人はおよそ4分の1にすぎなかった。調査を行った水野映子主任研究員は「高齢者ほど聴力低下が生活の質の低下に結びつくのに、自分の聴力について知る機会が少ない。もっと気軽に聴力検査を受けてほしい」と話す。聴力の加齢変化に詳しい神尾記念病院(東京都千代田区)の神尾友信院長は「とくに自分で昔の聞こえ方に異変を感じたとき、早めに検査を受けることで、深刻な聴力低卜を防止できることもある」と話す。

  一般の人にも分かりやすい聴力低下のサインを左上の表に示した。例えば高い音から聞こえにくくなったときに起こるのは音の「明瞭感」の低下。言葉の子音が聞き取りにくくなるため、電話で相手の言うことを聞き間違えたりする。居酒屋や繁華街などで相手の話が聞き取りにくくなるといった症状も表れる。逆に、低音域から聞こえにくくなる場合もある。代表的なのがメニエール病だ。ストレスなどが原因で内耳のなかにリンパ液が過剰にたまる病気で、めまい、耳鳴り、難聴が主症状。主に低音域の聴力が下がるため「自閉感」が強くでる。

  このほか「少人数で話しているのに声が頭に響く」「得意だった英会話で相手の話が分からない」などといった症状も要注意だ。神尾院長は「聞こえの異常が3日以上続くときは、すぐに耳鼻咽喉科で相談してほしい」と話している。聴力低下に早く気づくことは、さらなる聴力低下を食い止めることにつながる。例えば、聴力低下の原因のひとつが高血圧、糖尿病など生活習慣病がもたらす動脈硬化だ。内耳のなかには音を感じる繊毛細胞が無数に存在するが、血流不足がこれらの細胞を死滅させることが知られている。


*認知症改善も
  長寿医療研究センターの下方部長は「調査の結果、女性は動脈硬化の原因となる喫煙を続けている人ほど聴力が低下する傾向があった」と話す。聴力低下をきっかけとして生活改善を図りたい。また神尾院長は「これまで高齢者のコミュニケーション能力の低下は、脳全体の機能の低下が原因だと考えられてきたが、聴力の低下の影響がこれまで考えられてきた以上に大きいことも分かってきた」と話す。初期の認知症と思われていた人の症状が、補聴器などで聴力を取り戻すことで改善されるという。健康な人生を送るために聴力低下の早期発見と早期治療の重要性が増しているといえそうだ。(ライター荒川 直樹)




*精密検査は防音状態で
  定期健康診断は周波数でl㌔ヘルツ4㌔ヘルツの高さの聴力を調べるだけのことが多い。8㌔ヘルツ以上の高い周波数や低音域の異常などを精密に検査するには、防音状態で7つ程度の周波数を調べる「純音聴力検査」 を受ける必要がある。こうした検査は、将来聴力低下が進んで補聴器をつける場合にも大きな役割を果たす。最近のデジタル補聴器は自分の耳に合わせて周波数ごとの調整が可能だからだ。現在、補聴器の使用には眼鏡のような医師の処方箋は必要ないが、日本耳鼻咽喉科学会では検査データに基づいて補聴器選びをサポートする「補聴器相談医」の認定制度を設けている。家族が補聴器を使いたがらない場合、耳に合っていないことが多いので認定医に相談するといい。




2017-03-18・・・日経より引用
●耳掃除やり過ぎは逆効果
    1~2ヵ月に1回スッキリ
    耳垢には抗菌作用/刺激多いと分泌物増

  今年1月、米国耳鼻咽喉科・頭頚部外科学会は最新の診療ガイドラインで、過度な耳掃除をやめるように警告した。もともと耳垢には役割があり、耳輪除自体がトラブルのもとになるからだ。1CHO東京新宿メディカルセンター(東京・新宿)耳鼻咽喉科の石井正則部長は「以前から専門家の間では過度な耳掃除の危険性は言われていた。誤って鼓膜を傷つける例も少なくない」と言う。また耳垢を奥に押し込んでしまい「耳垢栓塞(じこうせんそく)」を起こすことも。耳垢が耳の穴を塞げば難聴の原因にもなる。

  「もちろん大量にたまって起きることもあるが、多くは掃除の時に押し込んだのが原因」 (石井部長)耳垢は、耳垢腺からの分泌物やはがれ落ちた外耳道の表皮などが混ざり合ったもの。「垢」と呼ばれるが、本来必要なものだという。重要な役割の一つが抗菌作用だ。「耳垢の中には免疫グロブリンAなどが含まれ、細菌の増殖を抑えて耳の中を守っている」と石井部長。耳垢が無いと逆に感染を起こしやすくなる。外耳道湿疹や外耳道炎でかゆみや痛みが出ることも。

  帝京大学医学部付属溝口病院耳鼻咽喉科(川崎市)の白馬伸洋教授は「かゆいからと綿棒などで頻繁に触っていると傷口から細菌が入り、膿(うみ)がたまることがある。抵抗力が落ちた人では耳の中にカビが生えることもある」と注意する。別の役割の一つが、昆虫の侵入防止。「掃除し過ぎて耳の中がつるつるだと、ハネアリなどの虫が巣穴と間違えて入り込むことがある」と石井部長。耳の中で昆虫が動き回るのだから大変だ。異常な音と痛み、外耳道や鼓膜の損傷、感染などが起きる危険もある。

  応急処置として、オリーブオイルなど油を耳に流し込んで虫を窒息させ、耳鼻咽喉科で取り出してもらう。また、刺激の与え過ぎで、耳垢腺からの分泌物が増え、かえって耳垢が増えることもあるので注意が必要だ。では、どのくらいの頻度で耳掃除をすればいいのか。石井部長は「1、2カ月に1回程度で十分。多くてもせいぜい2週間に1回まで」という。石井部長自身は30年以上、耳掃除をしていないが何の問題もないという。

  「外耳道にはもともと自浄作用があり、耳垢は自然に外へ出ていく」(石井部長)からだ。外耳道の表皮は、鼓膜から外側に向かって爪が伸びるように少しずつ移動していく。大人の場合、外耳道は3~3・5cmほど。耳の入り口近くには毛が生えている。鼓膜から出発した表皮は1、2カ月かけて耳毛のところまで達し、ここで耳垢腺からの分泌物と一緒になって耳垢となる。そして、この耳垢は食事やあくびなどで顎を動かすたびに外側に移動し、やがて耳の外へと押し出される。

  これが自浄作用だ。ただし、高齢になるとこの自浄作用は衰える。また人によっては外耳道が狭く曲がっていて、耳垢が外に出にくいこともあるという。自分で掃除をする際、綿棒や耳かきを絶対に耳の奥まで入れない。「掃除をしてもいいのは、耳の入り口から1cm程度で耳の毛が生えているところまで」と石井部長。耳垢清掃術は健康保険が利き、3割負担の人なら両耳で500円(初診料などは除く)。「特に耳垢が湿っている人は耳垢栓塞になりやすい。定期的に掃除をしてもらうといい」と白馬教授は話す。(ライター佐田 節子)






2018-08-18・・・日経より引用
◆めまいの原因を知ろう
    耳に異常ストレスも一因  脳の病気に要注意/慢性ならトレーニング

  突然起こるめまい。ふらつく感覚が不快なうえ、耳鳴りなど他の症状を伴うこともある。深刻な病気の前ぶれではないかと不安になる人も多いだろう。症状や原因を知って、うまく対処する方法を見付けよう。

  めまいとは、本当は動いていないのに、自分や周囲が動いているように感じる状態の総称だ。人の体は耳と目、関節、筋肉で感じ取った周囲の情報を、小脳が調整することでバランスを保っている。関係する器官のうち1つでも問題が起きると、バランスが乱れてめまいが起こる。症状によって、主に3つのタイプがある。自分や周囲がぐるぐる回っていると感じる「回転性めまい」、体がふわふわするか、フラフラする「浮動性めまい」、急に立ち上がったときにクラッとする「立ちくらみ」だ。

  最も症状を訴える人が多いのが、回転性めまい。主な原因は耳の病気で、代表例は内耳の異常が引き起こす「良性発作性頭位めまい症」川上や下を向いたり、寝返りを打ったりして頭を特定の方向に動かすと、数秒〜数十秒、激しい回転性のめまいが襲うもので、過度の心配は要らない。内耳には体のバランス感覚をつかさどる耳石器と三半規管がある。耳石器には炭酸カルシウムの細かい結晶「耳石」がたくさん付着しているが、これがはがれたものが三半規管内に移動し、ある程度の塊になって内リンパ液の流れを乱すとめまいが起こる。「骨密度が低くなる更年期以降の女性に多くみられる」と、東海大学医学部付属病院長で耳鼻咽喉科教授の飯田政弘氏は話す。耳石がはがれやすくなるためと考えられている。

  多くは1カ月程度で自然に治るが再発しやすい。飯田氏は「耳石が1カ所にとどまらないよう、普段の生活で頭をよく動かすと予防につながる」と助言する。だが同じ回転性のめまいでも、激しいめまいが長期にわたり繰り返し起こるなら「メニエール病」を撃つ。1回あたりの持続時間は10分〜半日、頻度は週に数回〜年に数回と個人差が大きい。難聴や耳鳴り、吐き気や嘔吐を伴うことがある。メニエール病は、内耳で内リンパ液が増えて水ぶくれ状態になり、三半規管や鍋牛を圧迫することで症状が出る。水ぶくれの原因はよくわかっていないが、体の水分を調整するホルモンがストレスで変調するためとも言われている。

  ストレスを減らすことが第一だ。これに対して2つめの、浮動性めまいは過労や睡眠不足、ストレスによる心身の不調時に現れやすい。さらに、3つめの、立ちくらみの原因は自律神経が乱れ、脳が一時的に血流不足になることだとされる。こちらむストレスをためないようにしたい。なかなか治らないめまいがあれば、バランス感覚を撃つトレーニングを試してみるのも良い。下図のように利き手をまっすぐ前に伸ばし、手を軽く握って親指を立て、反対の手の人さし指であごを押さえて頭を固定、利き手を左石に30度ずつゆっくり動かす。「頭は固定、目だけで親指の爪を追いかける動作を左石交互に20回繰り返す」と横浜市立みなと赤十字病院のめまい平衡神経科部長・新井基洋氏。

  目だけをしっかり動かすと、バランスの司令塔である小脳が鍛えられるという。ただし、めまいにも命に関わる病気が隠れていることがある。要注意なのは、脳梗塞や脳出血、脳腫瘍が原因のケースだ。症状として出てくるめまいのタイプは、回転性だけでなく浮動性の場合もあり、一概には言えないが、飯田氏は「ろれつが回らない、手足がしびれる、激しい頭痛といった症状を伴うなら、、脳の病気を疑って」と話す。(ライター松田 亜希子)






2018-09-22・・・日経より引用
◆自覚しにくい耳の老化
    聴力の衰え、実は30代から
    子音聞き取りにくく/不安なら耳鼻科へ

  「聞こえ」の悪さは、高齢者特有だと思いがち。実際は、働き盛りの世代から聴力は老化し始めている。進行すると対人関係などに不都合が生じ、仕事や生活に影響が出る。聴力の変化にうまく対処しよう。

  聴力の衰えは50〜60代で気付くケースが多いが、実は30代から始まっている。慶応義塾大学医学部(東京・新宿)耳鼻咽喉科の小川郁教授は「聞こえにくいと自覚するのは難しく、生活に支障が出て初めて分かるケースが多い」と指摘する。同じく加齢で起こる老眼と比べると、聞こえの悩みを共有したり、対策を講じたりする例は少なく、困っている人は潜在的に多いという。耳は外側から外耳、中耳、内耳に分かれており、耳の老化のほとんどは内耳で起こる。音は外耳道を通り、鼓膜の振動によって増幅される。内耳で電気信号に変換されて、脳に伝わる。

  聞こえが悪くなるのは、内耳にある鍋牛(かぎゆう)という器官内の音を感じるセンサー有毛(ゆうもう)細胞が加齢と共に傷むため。傷付いた有毛細胞は再生しないため、加齢による難聴は治らない。悪化すれば、最終的には補聴器が必要だ。加齢性難聴の場合、まずは周波数の高い昔が聞こえにくくなる(グラフ参照)。東京逓信病院(東京・千代田)耳鼻咽喉科の八木昌人部長によると「子音の聞き間違いが増える」。「牛」と「くし」「寿司」など、高い周波数で構成される力行やサ行、夕行の告が聞き分けにくくなる。早口の会話に追いつくのも難しくなる。

  「耳から脳に至る、聴覚の伝導路全体の情報処理スピードが遅くなる」(八木部長)ためだ。聞きやすい音の範囲も狭くなり、一定のレベルを超える大きい音をうるさく感じるのだという。加齢に加えて、大きい音に長い間さらされるのも、有毛細胞を傷める原因になる「若い頃から騒音の中で過ごしたり、耳を酷使したりしていると、40〜60代になって耳に不自由を感じる可能性が大きい」 (小川教授)。聴力の衰えの進行や、生活上で不便を感じる度合いには個人差がある。職場の会議や地域の集まりなど大人数で会話すると、比較的軽度の難聴でも聞き取りに困るケースがある。

  中でも音が響く会議室での会話は、言葉が時差で耳に届くため、脳の処理が複雑になり、聴きづらさが増す。聞こえに不安があれば、耳鼻科を受診しよう。一般の純音聴力検査に加え、言葉の聞き取り具合を調べる語音明瞭度検査をして診断する。難聴に関わる遺伝子がある人は、早めに難聴になりやすいことが分かっている。現在19種類の遺伝子を、血液検査で調べることが可能だ。保険適用の対象で、費用は1万1640円(3割負担)。

  大学病院などで受けられる。聴力を保つには、音量への配慮も不可欠。イヤホンを使う時、85〜90デシベルより小さい音なら耳を傷める心配が少ない。電車や地下鉄の車内でイヤホンから音漏れしていたら、音量は90音を超えているので気を付けたい。「1時間聴いたら、1時間休ませることも大切」と小川教授は話す。八木部長によると「糖尿病や高血圧、肥満患者は平均より聴力が悪い傾向にある」。カロリー制限が加齢に伴う難聴の進行スピードを抑えたという動物実験もあるという。

  聞こえの悪化は周囲との人間関係や本人の精神面に影響を及ぼす。話がうまく聞き取れないと、生返事や聞き返しが増えて、円滑なコミュニケーションが難しくなる。中には会話を避けたり、引きこもりになったりする人もいる。早いうちから聴力の老化の進行を遅らせる生活を心がけて、耳の不調が気になったら専門医を訪ねよう。(ライター結城 未来)






2021-04-24・・・日経より引用
◆外耳炎でかゆみ・痛み イヤホン使いすぎも原因
     耳掃除に注意/皮膚への刺激避けて

  耳の穴の皮膚が傷つき、炎症を起こす「外耳炎(外耳道炎)」。耳掃除が原因になりやすいが、最近ではイヤホンの使いすぎで発症するケースも多いという。耳にかゆみや違和感、痛みが坦たら注意したい。

  耳の入り口から鼓膜につながる部分を外耳道と呼ぶ。皮膚は薄く、物理的な刺激によって炎症を起こしやすい。外耳炎は比較的身近な耳のトラブルだが、初期症状のかゆみや違和感が気になって頻繁に触ってしまうと、症状が悪化しかねない。かゆみが強くなったり、痛みが出てきたりする場合がある。外耳灸はもともと耳掃除のやりすぎや補聴器が原因になることが多かった。新型コロナウイルスの感染が広がり、リモート環境で仕事や勉強をする人が増えたここ1年ほどの状況をみると、イヤホンの使用が原因となる例が目立ってきているようだ。耳鼻咽喉科専門医で大阪大学医学部の前田陽平助教は「イヤホンの使用が長時間になるほど、外耳炎になるリスクが高まる」と指摘する。

  外来診療を通じてこうした傾向に気づき、SNS(交流サイト)で注意を呼びかけた。実際に心当たりのある多くの人から反響があったという。周囲の環境が許すときにはイヤホンではなく、スピーカーで音声を聞いたり、ヘッドホンを使ったりして、外耳道への刺激はなるべく避けるようにしたい。前田助教は「イヤホシを使う場合は長時間にならないように注意するのはもちろん、付着した汚れを拭き取り、清潔に保つことも大切だ」と強調する。耳鼻咽喉科日本橋大河原クリニック(東京・中央)の大河原大次院長は「入浴後に綿棒で耳掃除をしたり、耳の中に入った水を吸い取ろうとしたりする人が多いが、外耳炎の原因になるのでやめたはうがいい」と助言する。

  大河原院長によると、耳には自浄作用があり、耳あかなどの汚れは自然に外へと出てくる仕組みになっている。だからこそ耳掃除のやりすぎは禁物だ。とりわけ「綿棒は耳掃除には適さない」。市販の一般的な綿棒は太くてかたいものが多く、耳あかを取ろうとして、かえって耳の奥へと押し込んでしまいやすいのだという。大河原院長は「『耳の中に水が入ったままにしておくと中耳炎になる』という説があるが、無理に出そうとしなくていい」とも話す。単に水が入るだけでは中耳炎にはならない。

  むしろ水を出そうと、耳の奥まで無理に綿棒や指を入れてしまうと、外耳道だけでなく、鼓膜まで傷つけることがある。米国では耳鼻咽喉科の診療ガイドラインなどに「健康な状態ならば、耳掃除は必要ない。耳の中にモノを入れるべきではない」といった内容が明記されているという。日本ではそこまで強い指針は示されていないものの、耳掃除をする場合、耳の入り口付近までにとどめておくのが望ましいようだ。前田助教は「耳あかが詰まりやすい人は耳鼻咽喉科を定期的に受診して、耳掃除をしてもらうといい」と語る。耳にかゆみや違和感があるときにはイヤホンの使用や耳掃除は控えておく。一過性の症状なら、しばらくすれば自然に治る。

  外耳道への刺激を控えていてもかゆみが続いて触らずにいられない、痛みや腫れ、ただれがあるといった場合には耳鼻咽喉科を受診するようにしたい。外耳道の皮膚にできた傷から頁菌(カビ)が入ってくると、外耳道真菌症を引き起こすことがある。外耳道真菌症になると、強いかゆみや耳だれ(耳漏)といった症状が起こる。いずれにしても、外耳道に過度な刺激を与えないことが肝要だ。(ライター田村 知子)








サブページに戻ります
18

耳の過程[01]