サブページに戻ります
目の過程[01]
 
18 

2017-02-26・・・日経より引用
●緑内障、眼圧上昇で視野狭まる
    目薬で水分排出進行抑制

  日本人の中途失明の原因として最も多い緑内障は、視野がしだいに欠け、やがて失明に至る。最近では点眼薬の種類が増えてきて、病気の進行を効果的に抑えることが可能になった。40歳以上なら年に1度は人間ドックや眼科医院で視野を検査してもらい、早期に発見して治療することが重要だ。50代のAさんはある日、右目の視野の片隅がちらつくことに気づいた。不安に思って自宅近くの眼科医院を受診。眼圧や眼底を調べた医師は「ちらつきは眼球内のごみで、問題はない。しかし緑内障の恐れがある」と告げた。医師の勧めで視野のすべてが見えているかどうかを詳しく調べる検査を受けたところ、右目の視野が約6分の1欠けていることが分かった。片目で見ても気づかない程度の軽い症状だったが、進行を抑えるための点眼薬を処方された。


*視神経を圧迫
  緑内障は、目の中で生じる水の流れが滞ることで眼圧が高くなり、これに押されて視神経が壊れてしまう病気だ。眼球内では、レンズとなる水晶体を支える毛様体で房水(ぼうすい)と呼ばれる水が常に生成されている。涙とは別に、血管のない角膜や水晶体に栄養を運び、角膜の縁から体内に排出され、吸収される。ところが排出がうまくいかず眼圧が高まると、目の奥にある視神経の組織が壊れ、緑内障となる。水晶体が濁る白内障は、視力が落ちるのですぐわかる。

  一方、緑内障は視野の一部が欠けていくが、両目が互いに見えない部分を補い合ううえ、知らず知らずのうちに視点を動かして脳内で全体を合成しているため、症状になかなか気づきにくい。異常に気づくのは相当に進行してからで、手遅れになりやすい。また白内障は手術で水晶体を人工レンズに入れ替えれば視力を取り戻せるが、緑内障で壊れた視神経を治す方法はまだない。iPS細胞を使った再生医療の対象も網膜などの細胞の損傷で、視神経の再生は困難と考えられている。

  東京大学の相原一教授は「細胞を再生させる医療が進んでも、緑内障で壊れた組織を再生させるのは不可能」と指摘する。水を減らして眼圧を下げ進行を食い止めるのが治療の基本となる。リパスジル(商品名グラナテック)は2014年末に発売された比較的新しい薬だ。京都大学の研究成果をもとに開発された。目の中の水は主に角膜の縁にある「シュレム管」と呼ぶ場所から外へと流れ出る。シュレム管は編目状の組織で蓋をされているが、リパスジルは組織の細胞の形を変え、水の通りをよくする。目の中の水が減り、眼圧が下がる仕組みだ。シュレム管は水を排出する主要ルートだ。

  「この経路に作用するタイプの薬は初めてで、画期的だ」と東京逓信病院眼科の松元俊部長は評価する。ただし効き目には個人差があり、誰でも使えるわけではない。1日2回の点眼が必要で、目の充血などの副作用もある。現在最もよく使われているのは、サブルートからの水の排出を促すラタノプロスト(同キサラタン)などの点眼薬だ。′眼球を包む膜に水が流れ出るのを促す。このルートからの排出は全体の半分以下だが、全身に影響する副作用がほとんどない、点眼が1日1回ですむなど使い勝手がよく、広く使われている。


*正常値でも発症
  このほか毛様体で水が生成されるのを抑えるチモロール(同チモプトールなど)も長年使われている。効果は高いが、ぜんそくや肺気腫、不整脈の患者では副作用が出るため、使用できる範囲は限られる。高い眼圧のために緑内障が起きるということは間違いないが、奇妙なことに、緑内障患者の約7割は眼圧が正常の範囲内にある。このため「正常眼圧緑内障」と矛盾するような病名がついている。相原教授は「眼圧が高めでも大丈夫な人もいるし、低めでも治療を要する人がいる」と話す。

  正常眼圧緑内障も治療は変わらない。米国で気施された大規模な臨床試験で、正常の範囲内であっても眼圧を下げれば緑内障の進行を抑制できるとの結果が得られたからだ。複数の薬を投与しても進行が止まらない場合、医師はレーザーや外科手術で水の排出を増やす処置をし、とにかく眼圧を下げる努力をする。緑内障を抱える日本人は中高年を中心に400万~500万人にのぼると考えられているが、治療を受けているのは1割程度に限られる。

  梅の木眼科医院(横浜市)の加藤道子院長は「健康意識の高まりで人間ドックや眼科検診を受けて見つかる場合が増えている」と話すが、まだまだ潜在的な患者は多い。緑内障は加齢によって発症するが、喫煙や糖尿病が進行を早めるとの見方もあり、生活習慣の改善は大切だ。松元部長は「進行をコントロールして、90歳まで不自由なく生活することを目指したい」と話している。(池辺豊)




*失明原因で最多、自覚しにくく手遅れに
  緑内障は、日本人が人生の途中で失明する原因のトップで、中途失明の約4分の1を占める。自覚症状がほとんどなく、病気に気づかない。気づいたときは手遅れになっていることが多い。2番目は糖尿病網膜症。糖尿病の合併症のひとつで、毛細血管が広い範囲で詰まるため、網膜に異常な血管ができてしまって起こる。これに続く網膜色素変性症は、遺伝子の異常が引き金となる。4番目の黄斑変性は、視野のゆがみから始まる。iPS細胞による再生医療の対象になっている。その他の中には高度近視や白内障がある。世界に目を移すと、失明原因のトップは今も白内障だ。先進国では眼内レンズが普及したため失明に至るケースはまれだが、そうした治療がない「途上国の平均寿命が延び、高齢者が増えたことで患者が増えている」と東京大学の相原一教授は指摘する。




2015-08-22・・・日経より引用
●白内障症の手術はいつする?
    増える40代自己判断は禁物
    目安は「生活に困り始めたら」

  以前は高齢者のためと考えられてきた白内障手術だが、最近は40~50歳代で「より快適な見え方を」と治療に踏み切るケースが増えている。眼内レンズを用いた技術が進歩し、体への負担も少なくてすむためだ。ただ、どんな手術にもメリットとデメリットがある。医師とよく相談し、選択したい。

  目をカメラに例えると、水晶体はレンズ。これを通して物を見る。もともとは透明なタンパク質でできているが、様々な原因で変化して白く濁ってくる。すると「物が見えにくい」 「遠くも近くも見えづらい」 「明るい場所でまぶしく感じる」といった症状が出る。白内障は加齢変化の一つで、80歳代ならほぼ全員に何らかの白濁があるとされる。ところが最近、「比較的若い世代が手術を受けに来る」と話すのは、東京慈恵会医科大付属学病院(東京・港)眼科の常岡寛教授。「手術を受ける5人に2人が40~50歳代」という。


*糖尿病で進行も
  以前から眼のケガのほか、アトピー性皮膚炎やぜんそくなどでステロイド剤を長期間服用している人などに「若年性白内障」が起こることは知られていた。今は「若くても、加齢による白内障が早めに出ていると考えられる」 (常岡教授)常岡教授は「白内障になる人の人口にしめる割合を地域別に見ると、緯度が低いほど高いので、紫外線の影響もあるのでは」とみている。また、糖尿病や高血圧症など、メタポリック症候群が引き起こす病気が、加齢性白内障の進行を早めている可能性もあるという。

  一方で、自ら早めの手術を希望する人も多い。「手術法やレンズの進歩で、体への負担が少なくなってきていることも、早くから手術に踏み切る要因のようだ」と話すのは、南青山アイクリニック(同・港)の井手武副院長。現在、広く行われている方法は「超音波乳化吸引術」と呼ばれる。目薬で麻酔をした後、角膜をメスで2~3㍉㍍切り、水晶体のタンパク質を包む殻の前面を切り取る。そこに超音波チップを入れて濁った水晶体を細かく砕き、ストローのような装置で吸い出す。空になった殻に、折り畳んだレンズを入れて広げる。

  以前は数日程度の入院を基本としたが、他に大きな病気のない人なら、日帰りで行う医療機関も増えている。「仕事を休むことなく、視力が戻った」と、手術を希望する人がいるという。さらに最近はメスではなくレーザーを使うなど、より体の負担の小さな技術研究が進んでいる。


*紫外線対策も
  ただ、専門家は治療にはメリットとデメリットがあることを踏まえて選択してほしいという。「治療を気軽に考える人ほど失望することも多い」(井手副院長)例えば、ありがちな誤解が、手術で老眼や近視も治るというものだ。治療用レンズの度は、その人の生活に合わせる。中距離に合わせれば、手元が見えにくい老眼となりやすく、眼鏡が必要だ。視野が明るくなるので、目の前に虫のような黒い点が浮かんで見える飛蚊症(ひぷんしょう)など、気づかなかった症状が現れることも。

  白内障は少しずつ進行する。「いつ治療を受けるか」を判断する目安の一つは、「生活に困るようになったら」 (常岡教授)だ。車の運転や機械操作に必要な視力が出ない、テレビのテロップが分からない、夜道では何も見えないなどがあれば、考えてもよい。自己判断だけでなく、定期的に医師のアドバイスを受けることが大切だ。白内障は、タンパク質の濁りだけでなく、その外側の殻や、水晶体を支えるチン小帯の変化に表れることもある。常岡教授は「こういった症状が出ると、眼内レンズの挿入が難しくなる。

  早めに手術した方が良いこともある」と話す。進行を食い止める方法はあるのだろうか。加齢に伴う白内障用の目薬を使うほか、食生活や運動も効果があるようだ。井手副院長は「水晶体の変化を食い止めるために抗酸化成分を含む食品を食べたり、ウオーキングなど有酸素運動をしたりするとよい」と話す。紫外線対策も必要だ。常岡教授は「目のダメージは子どものころから受けている」と言う。サッカーや野球など屋外トレーニング時や海や山などでは、紫外線を防ぐ機能があり、衝撃に強いスポーツ用サングラスの使用が望ましい。広く知られる手術にはなったが、リスクを知り、予防や生活改善で進行を遅らせる努力をしよう。(ライター荒川 直樹)






2016-10-23・・・日経より引用
●白内障手術レーザーで
    眼球3D解析から切開すべて自動
    高額費用が課題、装置改良進む

  特殊なレーザー光をメス代わりに使う白内障手術が注目されている。眼球の目的の場所を正確に切開でき、人工レンズがうまく入らないなどのまれなトラブルも防げると期待されている。ただし高額な機械が必要なため自費診療になることがほとんどで、費用が高くつく。また実際にどれくらいトラブルが減るかという検証はこれからだ。

  白内障は国内に患者が約4000万人いるとされ、80歳代だとほぼ100%に症状がある。70歳代のAさんは視界がぼやけるようになり、眼科で両目とも白内障と診断された。医師は眼球の中にある濁った水晶体を取り出し、人工レンズに置き換える手術を説明した。Aさんは乱視も進行していたため、正確な手術ができるフェムト秒レーザーによる手術を勧められた。フェムトとは1000兆分の1のこと。その名の通り、1000兆分の1秒という極めて短時間の光パルスを連続的に照射するレーザーを使う。

  狙った場所に照準を合わせ、一瞬で目の組織を蒸発させる。レーザーを移動しながら針の先で突くように連続的に照射を繰り返し、正確に組織を切断する。光が当たっている時間が1フェムト秒と極めて短いので、近くの組織への影響が少ないのが特徴だ。手術では、水晶体が入っている袋の前面(前のう)にレーザーを円形に照射し、1000分の1㍉の精度でまん丸に切開する。所要時間は数秒で、外科医のメスによる手術より短い。続いてレーザーで濁った水晶体に切れ目を入れ、超音波で砕き、角膜に2㍉程度の小さな穴を開けてストロー状の器具で吸い上げる。

  この穴から折り畳んだ人工レンズ左入れて中で広げ、固定する。レーザー照射に先立って、まず光干渉断層計(OCT)という装置で眼球の大きさや形を3次元的に正確に測る。人それぞれに違う眼球の形に合わせて、どこをどれだけ切開すればいいかをコンピューターではじき出す。測定やレーザーの照射はすべてコンピューターが自動で制御する。医師は自らメスを振るうのではなく、手術が異常なく進んでいるかどうかを監視するのが主な役割だ。

  フェムト秒レーザーを使った白内障手術は2008年にハンガリーで初めて実施され、50カ国以上に広がった。日本の大学病院では東京歯科大学水道橋病院(東京・千代田)が第1号。13年に装置導入し、これまでに500例以上を実施した。当初から担当するピッセン宮島弘子教授は「手作業だった手術を自動化し、見え方の質を向上させた」と語る。例えば遠近両用レンズや乱視を矯正するレンズは一定の方向に固定する必要があり、そのためには正確な円形に切開することが重要だという。

  通常の手術では医師の腕に左石されるが、この方法なら機械で正確に円形にできる。垂霊憲会医科大学(東京・港)は6月にフェムト秒レーザーによる手術を始めた。常岡寛教授は「熟練した医師でも、完全に満足のいく手術は7割程度。フェムトなら約95%はうまくいき、『神の手』は要らなくなる」と話す。同病院では、今年度末までは臨床研究として患者負担を求めずに手術例を積む計画だ。

  ただ定着には時間がかかりそうだ。装置は国の承認を得ているが保険点数は従来の手術と同じ。ほとんどの医療機関では自費診療としており、費用は東京歯科大の場合で50万~〜60万円に上る。ピッセン教授は「保険適用には時間がかかるだろう」と見る。ただフェムト秒レーザーで患者にどんなメリットがあるのかは、はっきりとわかっていない。白内障手術の進歩をけん引してきた山王病院アイセンター(東京・港)の清水公也センター長は「メスの方が切開面がきれい。フェムトが患者に恩恵を与えているというエビデンス(科学的証拠)はまだない」と批判する。実際、これまで国内で導入された手術装置は30台程度。

  1台数千万円以上と高額なため、多くの病院が二の足を踏む。年間約140万例の白内障手術のうち、フェムトによるものは1万例にも満たない。実績が増えないと保険適用は見えてこない。常岡教授は「装置が今後さらに進化し、安価になれば使いやすくなる」と語る。ピッセン教授は「レーザーと超音波の装置を一体化するなどの改良は、2~3年以内には実現するだろう」と見る。高齢化社会の進行に伴い、白内障患者は増えるとみられる。どんな手術法を遠択するか、医師と相談しながら考えていく必要がある。(池辺豊)




*水晶体摘出19世紀から
  白内障という病気は紀元前から知られており、18世紀には水晶体の濁りが原因であることが分かっていた。水晶体の中に整然と並んでいたたんばく質が加齢によって変質し、塊を作って蓄積され、そのために濁ってくる。19世紀には水晶体を摘出する手術が行われるようになり、1949年に初めて人工レンズが埋め込まれた。当初は大量の麻酔を使って角膜を大きく切開していたが、80年代には約6㍉ですむようになった。目薬のように差すだけで効く麻酔が普及し、手術時間も短くなって、白内障手術は格段に向上している。フェムト秒レーザーならさらに手術の精度向上が期待できる。フェムト秒レーザーは20年ほど前、情報技術(IT)に使う高密度記録技術の一環として開発された。近視を矯正するレーシック手術で角膜を切開するのに使われたのをきっかけに眼科領域で注目され、白内障手術にも利用されるようになった。




2017-08-03・・・日経より引用
●白内障早めの手術を
    60代の8割が発症

    ■水晶体の代替にレンズ
    ■わずか10~20分で終了

  白内障は目の中でレンズの働きをする水晶体が濁って見えにくくなる病気だ。・老化によって誰でもいずれは発症するが、様々な原因で若い時期に白内障が進行するケースもある。白内障は手術で濁った水晶体を除去し、眼内レンズを埋め込むことで完治する。最近は多焦点の眼内レンズを使うことで、白内障と老眼を同時に治す例も徐々に増えている。


  東京都内に住む会社員のAさん(55)。もともと近視で、約10年前からは老眼も進み始めた。普段の生活では度数を弱めに調整した近視用メガネを、クルマを運転するときは度数の強いメガネをそれぞれ使っている。書類やスマホ画面など近くを見るときはメガネを外す。Aさんは今年に入り、右目がかすんで見えることに気づいた。特に日差しなど光を見ると以前よりまぶしく感じて見えにくくなるのを自覚するようになった。Aさんは「老眼が進んでメガネが合わなくなったのだろう」と思ったが、念のため眼科医院を訪ねた。

  「白内障ですね」。眼科医はAさんの石臼を観察して即答した。詳しく検査すると、自覚症状のない左眼も初期の白内障であることがわかった。緑内障や加齢黄斑変性など加齢に伴う白内障以外の症状は今のところないと聞いて少しほっ.としたが、こんなに早く白内障になるとは思っていなかった。白内障は水晶体がたんぱく質の変性を起こして白っぽく、あるいは黄色っぽく濁ってしまう病気だ。水晶体を通る光が妨げられて視力が下がったり、物がかすんだり二重に見えたり、光をまぶしく感じたりする。

  大半は加齢に伴うもので、50代で約6割、60代で8割、70代で9割、80代ではほぼ100%が白内障になるといわれる。若い年代で発症する例もある。遺伝的な理由やアトピー性皮膚炎に伴う若年性白内障や、顔を殴られたり野球のボールを目に当てたりすることによる外傷性白内障がある。また、加齢性の白内障では糖尿病の人や、強い近視の人は発症する年齢が低くなる傾向があるという。

  いったん濁ってしまった水晶体重花に戻したり、進行を確実に遅らせたりする薬は今のところない。手術で水晶体を取り出して、その代わりに眼内レンズを入れるのが現在唯一の治療法だ。白内障手術は全国で年間140万件以上行われている、最も実施件数の多い外科手術の一つだ。手術では黒目と白目の境目のあたりを少し切り開いて、超音波によって水晶体を細かく砕いて吸い出す。水晶体があった場所に透明の眼内レンズを代わりに入れて見えるようにする。手術自体は10~20分で終了する。

  日帰り手術も広く行われているのAさんの場合は、医師と相談し、日常生活を送る上で大きな不便はないことから、すぐに手術をすることは見送った。4カ月ごとに検査をして、白内障が進行する様子を観察しながら、手術の時期を判断することにした。白内障手術を多く手がける、みなとみらいアイクリニック(横浜市)の荒井宏幸理事長は「白内障手術は以前と比べ安全で後遺症のリスクも極めて低くなった。生活上不便を感じるようになったら、手術をためらう必要はない」とアドバイスする。




*費用は片眼5万円程度、  老眼同時治療は保険外
  健康保険が適用される白内障の手術では「単焦点」の眼内レンズが使われる。名前の通り、焦点の合う距離が1カ所で、多くは遠くに焦点が合うようにする。この場合、手術後に近くが見えにくくなるため、パソコン用のメガネや老眼鏡が必要になる。手術費用は、3割負担の場合で片眼で5万円程度。保険適用にならないため費用は高額となるが「多焦点」と呼ばれる眼内レンズを使う選択肢もある。遠くと近くの2カ所、あるいは中間距離にも焦点が合うように設計されている。この場合、手術後はメガネ無しで日常生活ができるようになる人も多い。

  白内障の治寮と併せて老猥治療ができることになる。目の水晶体は、周囲の筋肉の働きで厚みを変えてピントを調節する。多焦点眼内レンズの場合はこうしたズーム機能はない。網膜に映る遠近両方の物体の像のうち、脳が見たい方を認識する「同時視」の仕組みを利用する。遠近両用コンタクトレンズと同じ原理だ。多焦点眼内レンズの手術を行う医療機関の数はまだ限られており、手術費用にも幅がある。みなとみらいアイクリニックの場合、手術費用は片眼で約80万円。多焦点眼内レンズの種類によっては、生命保険の先進医療特約の対象になるものもあり、保険の加入者は給付金が受けられる。 (編集委員 書川和輝)



◆白内障自分に合う手術で
  白内障は眼内の水晶体が濁る病気だ。手術で濁った水晶体をきれいな眼内レンズに置き換えて治療する。米国の眼科医チャールズ・ケルマンが、超音波を使って小さな傷口から白内障を砕いて吸い取る「超音波乳化吸引術」を開発して今年で50周年だ。角膜を2~3㍉㍍切開し、水晶体を包んでいる透明な膜に丸い穴を開け、水晶体を細かく分割してから、超音波を使ってきれいに吸い取り、眼内レンズを移植する。眼球を半周近く切開していた従来の方法に比べ、生体を傷つけることが少ない画期的な手術法で、先進国の大半はこの方法を採用している。

  最近「レーザー白内障手術」という言葉を耳にした人も多いだろう。レーザー光線を使って白内障を除去する画期的な方法だと思っている人もいるようだが、必ずしもそうとは言えない面がある。レーザー白内障手術の装置でできるのは、手術の工程のうち切開と水晶体の分割までだ。熟練した術者だと難なくできるメスやピンセットの操作も、慣れていないと難しく、レーザーが取って代わることは術者にとって大きな福音になる。ただし、水晶体を取り除くという難しい作業は、これまで通り術者が超菖波乳化吸引装置を使って実施する。

  熟練した術者なら数分で終わる操作を、レーザーで時間をかけて実施したうえ、さらに別の手術台に移って超音波乳化吸引を受けるのは、患者にとって負担になりかねない。瞳が小さい、角膜が濁っているといった、技術的にレーザーで対応できない例もある。保険適用もない。手術が煩雑になったり、コストが掛かり過ぎたりするなら本末転倒といえる。高齢化が進む日本では、白内障手術の件数も急増する。質が高く安全な手術を、効率よく低コストで実施する必要がある。十分な情報提供を受けたうえで先進医療の恩恵を万人が享受でき、より良い視力で老後の日々を楽しめる社会であってほしい。17-12-09・・・元気のココロ・日経より引用




2017-09-09・・・日経より引用
●目ゴシゴシ網膜剥離に要注意

  アトピー性皮膚炎の患者がかかりやすい目の病気のひとつが網膜剥離だ。網膜とは眼球の内側を覆う光を感じる神経の膜で、カメラに例えるとフィルムにあたる重要な組織だ。目をこすったりたたいたりすると網膜の端に穴が開き、そこから網膜が剥がれる。視界に無数の虫が飛んで見える飛蚊症(ひぶんLjつ)になった後、視野が徐々に欠けてくる。網膜の上方に穴が開くと、重力で網膜が引っ張られるので、進行が早い。

  上方の網膜が物を見る機能を失うと、視野の下の方から、見えない部分が入道雲のように広がってくる。下方に開いた穴から始まる網膜剥離は、進行が緩やかだ。視界の上の万から、髪の毛が目に掛かるように視野が欠けてくる。いずれの剥離も網膜の端から始まり、中心の黄斑部が剥がれるまで視力は全く落ちない。剥離が責斑部に及んで初めて視力が急激に落ちるので、視力検査だけでは診断できない。

  白内障は濁った水晶体を新しい眼内レンズに交換することで完全に治癒できるが、網膜は交換ができず、一刻を争う手術が必要だ。剥がれた網鹿を放置すると、眼球の中で朝顔のつぼみのように丸まってしまう。後で広げてきれいに伸ばしても、元通りの視力を回復することはできない。この網膜剥離に白内障が合併する例がある。白内障のために眼底が見えず、網膜剥離の発見が遅れる。アトピー性の白内障は片眼性のことが多く、良い方の目が正常に見えていると気付かないままになりがちだ。

  白内障が原因で視力が悪いと思って治療を先延ばしにしていたら、実は網膜剥離を合併していたという例もある。白内障の手術が成功しても、網膜剥離のために視力を取り戻せないこともある。早期発見には眼科で眼底検査を受ける必要がある。日ごろからまぶたをこすったり、たたいたりしないよう心がけたい。成人のアトピー患者には皮膚科に加えて眼科の受診を勧めたい。(三井記念病院眼科、赤星 隆幸)







2017-11-**・・・冠婚葬祭・安楽院「だんらん17秋冬」より引用
●健康生活、大事な目を守るために








2017-12-04・・・日経より引用
●「ぶどう膜炎」失明減る
    新薬承認後10年 症状抑制に効果

  眼球の内部で炎症を繰り返し起こし、視力の低下や失明の恐れがある「ぶどう膜炎」。様々な原因で起こるが、多くの治療に使える新薬が登場して症状を抑えられる患者が増えている。原因によっては対症療法にとどまり完治するわけではないが、早期に投薬すれば視力低下などを避けられる。充血などで見えづらい場合などには、早めの眼科受診を心がけたい。


  東京都に住む男性(31)は約4カ月前から左目の充血を繰り返していた。充血は自然に治まるのでしばらく放っておいたが、今回の充血はこれまでより強い。市販の目薬を使っても治らず、視界が曇って見える。視力の低下が心配になって近所の眼科を受診すると、眼球の中で炎症が起きていると説明を受けた。大学病院の専門医を受診すると、全身で炎症が起こる「ベーチェット病」によるぶどう膜炎と診断された。男性は約1年前から口内炎が頻繁にでき、頭皮にはにきびができることも多かった。

  ベーチェット病の代表的な症状が全身にでており、目4の画像診断でも特徴的な形状の炎症が確認された。ステロイド薬や抗体医薬品「レミケード」 (一般名インフリキシマブ)を使うと眼球内の炎症は治まった。だが、左目の矯正視力は0・1まで下がってしまった。「ぶどう膜」は黒目(瞳孔)の周りの色がついた部分である「虹彩」、目のピントを調節する「毛様体」、眼球の外側の強膜と内側の網膜の間にある「脈絡膜」の3つをまとめた総称だ。ぶどう膜炎はここに炎症が起きる。眼球の中で炎症が起こるため「内眼炎」と呼ぶこともある。


*充血やまぶしさ
  ぶどう膜炎になると、炎症反応の影響で充血したり、まぶしさや痛みを感じたりする。透明な眼球の中に炎症細胞が入り込み、霧がかかったように視界がぼやける「霧視」や、蚊が飛んでいるように視界に影がちらつく「飛蚊(ひぶん)症」のほか、角膜の内側に炎症細胞がたまる蓄膿(ちくのう)を起こすこともある。網膜は光を感知する役割をしており、その感度が悪くなるなどして視力が低下し、治療が遅れれば失明の恐れもある。

  炎症は両目で起こるとは限らず、片方や交互にも起こる。東京大学の蕪城俊克准教授は「大きな発作を起こす前の軽症なうちに治療できれば、視力低下を避けられる可能性が高まる」と強調する。ぶどう膜炎は様々な原因で発症する。難病の「ベーチェット病」や「サルコイドーシス」、自己免疫疾患の「フォークト・小柳・原田病」が三大ぶどう膜炎と呼ばれて患者数が多い。ベーチェット病は全身の皮膚や粘膜に炎症を繰り返す原因不明の病気だ。これによるぶどう膜炎は特に激しい。かつては最も患者が多かったが、近年は減少傾向にあるという。

  皮膚などの全身に腫れ物ができるサルコイドーシスと原田病は相対的に患者数の比率が高まっている。これらの治療は抗体医薬品の登場で大きく変わった。「レミケード」が2007年にぶどう膜炎の薬として厚生労働省に承認された。過剰に働くと炎症性の自己免疫疾患になると考えられているたんばく質の働きを抑える。それまでの治療はステロイド楽や免疫抑制薬などが一般的だった。30~40年前まで、ベーチェット病のぶどう膜炎によって失明する患者は半数から8割にも上った。それが新薬により2007年には2割程度まで減少。その後はさらに減ったとみられている。


*皮下注射薬も承認
  16年には「ヒユミラ」(一般名アグリムマブ)が三大ぶどう膜炎を含む非感染性ぶどう膜炎の薬として承認された。点滴で投与するレミケードに対し、ヒユミラは患者が自分で皮下注射して利用する。使い勝手が良くなり、ベーチェット病以外のぶどう膜炎にも選択肢が広がった。東京医科歯科大学の鴨居功樹講師は「今後、治療結果の良くなる人が増えてくるだろう」と期待する。治療薬は進歩しているが、発作を抑えきれない重症患者はまだ少なくない。

  東大の蕪城准教授は「視力がかなり下がってから受診し、手遅れになる人もいる」と危惧する。網膜など眼球の内部が傷付いて視力が低下すると、回復は極めて難しくなる。充血などの症状は結膜炎や強膜炎、ドライアイなどでも起こる。ぶどう膜炎による場合でも自然に治まるときがある。繰り返すようだったら放置せず、早めに眼科を受診してみることが大切だ。(越川習瑛)




◆原因ごと異なる治療法
  ぶどう膜炎の原因は多岐にわたる。ベーチェット病やサルコイドーシス、フォークト・小柳・原田病といった非感染性の病気に伴う発症だけでなく、ウイルスや細菌などの感染で起こる場合がある。猫の引っかき傷から感染して発症することもあるという。

  原因によって治療法が異なり、診断を間違えると悪化を招くこともある。東京医科歯科大学病院では、原因を特定できたぶどう膜炎のうち非感染性が約7割、感染性が約3割を占めた。同病院の2001年と2011年の調査では、サルコイドーシスが両年とも10%を超えて最も多い原因だった。

  一方、ウイルス感染による「ヘルペス性虹彩炎」によるものは1・8%から4・7%に増えた。増加の背景には診断技術の進歩がある。眼球内の網膜や硝子体などの状態を詳しく調べる画像検査や、細菌やウイルスの種類を素早く特定する遺伝子解析の技術開発が進んでいる。

  東京医科歯科大では眼内から微量の液体を採取し、ヘルペスウイルスや結核、梅毒といった病原体の有無や量を網羅的に調べる手法を実用化した。鴨居功樹講師は「原因を迅速に特定できれば早く治療を始められる」と語る。

  ただ、同大病院の調査では約半数のぶどう膜炎患者は原因を特定できておらず、診断技術などの向上が求められている。
 




2017-12-25・・・日経より引用
●白内障、緑内障と同時手術・・・日経実力病院調査
    総合病院難しい症例に対応

  目の中でレンズの働きをする水晶体が濁って見えにくくなる白内障は、加齢に伴い誰もがなりうるとされる。全国で年間140万件以上の手術が行われ、最も件数が多い外科手術の一つだ。日本経済新聞社が実施した実力病院調査では、上位の病院は白内障に加えて糖尿病網膜症や緑内障など他の目の病気も一緒に治療し、実績を上げていた。


  白内障は水晶体を構成するたんばく質が変性し、白色または責白色に濁ってしまう病気。水晶体を通る光が妨げられて視力が下がったり、光をまぶしく感じたりする。大半は加齢に伴うもので、厚生労働省研究班の報告書によると、水晶体の混濁は50代で37〜54%、60代で66〜83%、70代では84〜97%、80歳以上は100%で起きていた。白内障の治療は、角膜を小さく切開して超音波を出す器具を入れ、細かく砕いて吸い取る「超音波乳化吸引術」を行い、水晶体の代わりとなる「眼内レンズ」を入れるのが一般的。白内障だけの手術であれば10〜20分で終わり、日帰りも珍しくない。診療所で多くの手術が行われる一方、紹介患者が中心の大病院では白内障以外の目の治療も必要となるなど難しい症例を扱うケースが目立つ。


*高齢化で患者増
  今回の調査で2015年4月〜16年3月の「手術あり」症例が4435件と全国首位の大阪労災病院(堺市)。白内障に加えて、糖尿病が原因で目の奥にある網膜に障害が起きる「糖尿病網膜症」や、網膜の中心部の黄斑に障害が生じて見えにくくなる「加齢黄斑変性」などの「硝子体手術」を同時に行うことを得意としている。高齢化に伴いこうした患者は増えている。両方の手術を同時に行う場合、まずは超音波を使って水晶体を除去し、その後、硝子体手術に移行する。最後に眼内レンズを入れれば手術は終わる。

  全国に白内障の手術を行う眼科医は多くいるが、硝子体手術を専門とする眼科医は少ない。同病院は16年度に1240件の硝子体手術を行っており、豊富な実績で患者が集まってきているという。恵莫和幸副院長は「目の全体の状況を適切に把握し、治療を行わないと視力は回復しない。患者の負担や社会復帰の早さを考えれば、目の手前と奥を同時に手術した方がよい」と強調する。大学病院の中で、全国一の「手術あり」の症例数1831件を誇る北里大学病院(相模原市)は、白内障と緑内障の同時治療を得意とする。緑内障は失明につながることもあり、日本人の中途失明の原因として最も多い


*ベテランが執刀
  緑内障は目の中の液体「房水」がたまって眼圧が上昇することで起きる。目薬で眼圧を抑えながら白内障の手術を行う患者がいる一方で、両方を同時に手術するケースも高齢者の増加とともに増えている。この場合、同病院では電気メスで切開する「トラベクトトム」と呼ぶ手術器具を使って、白内障の手術中に房水の流れをよくする「流出路再建術」を行う。緑内障の治療で使う目薬の種類を減らすことができる可能性があるという。庄司信行主任教授は「同時手術は難易度が上がるので、ベテランの医師が行うことが大半」と話す。中四国で多くの手術件数を誇る倉敷中央病院(岡山県倉敷市)も、難症例の患者を積極的に受け入れている。

  水晶体を支える「チン小帯」が脆弱であったり断裂したりしている患者の白内障手術は、合併症の発生頻度も高く、難易度が上がる。こうした患者には「カプセルエキスパンダー」と呼ぶ器具を使って、水晶体が入る袋を安定させて手術を行う。白内障が極度に進行していたり、眼球が小さかったりする患者の手術も難しいという。眼科の岡田守生主任部長は「目の病気だけでなく、認知症など様々な病気を持つ患者に対応している」と話す。白内障の手術は局所麻酔が一般的だが、認知症患者などは全身麻酔で行うこともある。様々な病気を持つ患者に対応できるのが総合病院の強みだという。




*眼内レンズ医師と相談、単焦点は保険適用
  白内障手術では水晶体を取り除くため、代わりに眼内レンズを挿入する。基本的には健康保険が適用される「単焦点」を使う。焦点の合う距離が1カ所であるため、例えば遠くにピントを合わせた場合、本を読むときには眼鏡が必要になる。一方、遠近両方でピントが合う「多焦点」の眼内レンズもある。レンズは保険適用外だが、先進医療の対象であるため、検査費などは保険が適用される。

  手術後、眼鏡なしで生活できる人もいるが、夜間に車のライトがにじんで見えることもある。左石の目の焦点を変える方法としては「モノビジョン法」もある。単焦点の眼内レンズを使い、片目を遠くに、もう片方を近くに焦点を合わせる。北里大病院の庄司信行主任教授は「慣れない人もいるので、医師とよく相談してから決めるべきだ」と話している。


医療健康






2018-01-27・・・日経より引用
●「スマホ老眼」若者もご用心
    長時間使用で目ピンぼけ
    遠くの文字見つめる/目に温タオルパック

  最近目のピントが合いにくい……。中高年特有の症状と思いきや、若い世代にも広がっているという。原因はスマートフォン(スマホ)の使いすぎによる「スマホ老眼」だ。発症のしくみと予防・改善策を知っておこう。


  スマホの長時間使用で起きる「スマホ老眼」に悩む人が2010年以降目立つようになった。遠くがぼやける、手元が見にくくなるなど、いわゆる老眼に似た症状が出る。さらに頭痛やめまい、吐き気などをもたらすこともある。・スマホゲームや動画鑑賞を楽しむ若い世代に加えて、仕事でもスマホを頻繁に使う30〜50代など幅広い世代が症状を訴える。井上眼科病院(東京・千代田)の井上賢治院長は「パソコンやIT機器による目の不調と同じく、スマホの影響は深刻」と指摘する。

  スマホ老眼の原因は、物を見るときにピントを合わせる目の機能と深く関係する。目をカメラに例えたときへピント調節を担うのが水晶体だ。水晶体は透明な目のレンズで弾力があり、周囲を毛様体筋が取り囲んでいる。毛様体筋はレンズの度を調節する働きを持つ。遠くを見るときは緩んでリラックスしていて、近くを見るときには縮んで水晶体を膨らませる。水晶体と毛様体筋のいずれかに異変が起きると、ピント調節に不調をきたす。

  40代以降に増える通常の老眼は、主に加齢によって水晶体の弾力が失われるのが原因だ。水晶体が膨らみにくくなるため、近くにピントを合わせづらくなり、本や書類の文字などがかすんで見える。それに対して若い世代にも起きるのが、毛様体筋の酷使が原因の目の不調だ。パソコンやスマホの長時間作業で、毛様体筋が凝り固まった状態になる。ピントが合いにくくなって目のかすみなどを訴えることが多い。スマホの長時間連続使用は目の負担が大きい。「細かい文字を至近距離で見るうえ、ゲームなど長時間集中して見続けることも多い。

  重症化すると眼精疲労や頭痛、肩こり、吐き気などで日常生活に支障をきたしかねず、早めの対処が必要」と井上院長は強調する。スマホ老眼の予防や改善で重要なのは、操作時の正しい姿勢だ。顔を画面に極端に近づけることを避ける。寝転がった姿勢でのスマホ操作も目の疲労につながる。クイーンズアイクリニック(横浜市西区)の荒井宏幸院長は「スマホは目から30〜40c㍍離して持って。視線を少し落とすように画面を見ると、目がリラックスし、ドライアイの予防にもつながる」と助言する。

  定期的に毛様体筋を休めることも大切だ。荒井院長のお勧めは「チラ見エクササイズ」。目が疲れたとき、窓の外の看板など遠方でようやく読める文字を目印にして、1時間に2〜3回じっと見るようにする。このほか入浴時にタオルで目の周囲を温めると血行改善を促す。目の機能維持に役立つポリフェノール類を含む食品を積極的にとるのも、目の疲労回復に役立つという。こうしたスマホ老眼対策は中高年にも重要だ。老眼の原因となる水晶体の弾力低下は40代以降も進行する。

  「スマホがもたらす毛様体筋の疲労が重なれば、より強い目のかすみや疲れ目などを招くほか、老眼を加速する可能性もある」 (荒井院長)。井上院長は「40代以降は白内障や緑内障といった加齢性の目の病気も起きやすい。年1回は眼科を受診し、目の健康をチェックしてほしい」と助言する。快適な生活を送るために、くっきりとした視界を維持することはとても大切だ。常にスマホを持ち歩く人が多い現在、使いすぎに気を付けて、目の調節機能をいたわる生活習慣を心がけたい。(ライター荒川 直樹)






2017-07-22・・・日経より引用(元気のココロより)
●アトピー性皮膚炎は子どもに多く
    アトピー性の白内障、治療早めに、

  アトピー性皮膚炎は子どもに多く、一般的に成長につれて症状が軽くなる。一方で成人でも顔の皮膚に強いかゆみが出て、目をこすったりたたいたりする人がいる。アトピー性皮膚炎に伴う目の疾患は、アレルギー性眼瞼炎(がんけんえん)や結膜炎など、まぶたや結膜にかゆみが出るものに限らない。治療が遅れると完全な失明に至る場合がある。その1つが白内障だ。アトピー性白内障は10代後半から始まり、20代で手術が必要になる例も多い。加齢に伴う白内障は年数をかけて進行するが、アトピー性は数週間で急激に進行し視力が低下する。

  目の水晶体はカプセルという透明な膜に包まれている。若い人は水晶体の中心部に核が未形成なため、カプセル内で白内障が始まると、瞬く間に水晶体が白色に溶けて、カプセルが腫れ上がった状態になる(白色膨隆白内障)。アトピー患者の場合、目をこするうちに水晶体と毛様体をつなぐ細い糸状の「チン小帯」が弱っていることがある。水晶体が腫れてチン小帯が弱いと、水晶体は前方に押されて眼内を循環する房水のはけ口を塞ぐ。

  そうなると急激に眼圧が上昇し、緑内障の急性発作を起こして数日で完全な失明に至る。アトピー性白内障の手術は容易ではない。カプセルに穴を開けて水晶体を吸い出す際、特殊な色素で染める必要がある。はち切れそうな水晶体に穴を開けようとした途端にカプセルが裂けて、中身が眼底に落ちる危険性もある。眼内レンズの移植後も油断できない。

  手術直後に目をこすると傷口が開いて細菌感染を起こし、眼内炎で失明することも。無意識に目をこすりやすい就寝中は、保護のためゴーグル着用が必要だ。手術から数年後に眼内レンズがカプセルごとズレて、眼底に落下するリスクもある。拾い出すには硝子体手術が必要だ。目のかゆみは点眼や内服薬で抑えるようにして、白色膨隆白内障になる前に眼科で治療を受けてほしい。(三井記念病院眼科部長・赤星隆幸)