サブページに戻ります
18

目の過程[02]

2018-09-29・・・日経より引用
◆目の不調放置しないで
    老眼・眼精疲労心身に支障
    早期の受診・定期検査/適切なメガネ選び

  目のかすみや物の見えづらさに日常的に悩む人は多い。放置すると、頭痛や肩こりなどを招き、認知機能に影響が出るおそれもあるという。検査やメガネ使用など、適切な対策を講じよう。

  目のかすみやピントの合いにくさが、心身の不調につながることがある。目にストレスがかかることで、自律神経のバランスが乱れるためだ。強い頭痛や肩こり、吐き気が出るほか、内臓や精神面に支障をきたすこともある。高齢者の場合は認知機能の低下を招くことも。梶田眼科(東京・港)の梶田雅義院長は「人の顔が見えにくいと、話すのがおっくうになる。会話が少なくなると脳への刺激
が減り、意欲や活動性が低下しやすくなる」
と話す。日常生活の質を保つためにも、目の不調を早めに解消しよう。中高年の見えづらさの原因の筆頭は老眼。加齢に伴って目の水晶体が弾力性を失い、近くにピントが合いにくくなる。

  近視の人だと、メガネをかけた状態で近くのものがぼやけるようになる。30代から始まるが、自覚するのは44〜45歳前後が多い。中高年の見えづらさの原因の筆頭は老眼。加齢に伴って目の水晶体が弾力性を失い、近くにピントが合いにくくなる。近視の人だと、メガネをかけた状態で近くのものがぼやけるようになる。30代から始まるが、自覚するのは44〜45歳前後が多い。中高年から増える目の病気もいくつかある。白内障は水晶体が白く濁って視力が落ちる病気で、60代の約8割が発症する。緑内障は日本人の失明原因のトップで、眼圧が高くなることによる視神経の障害で、視野が欠けてくる。

  加齢黄斑変性症は、網膜の中心にある責斑という部位が加齢によって傷み、ものがゆがんだり、小さく見えたりする病気。「40歳を過ぎたらかかりつけの眼科医を持ち、定期的に受診して」と眼科医の赤星隆幸氏は勧める。眼科では視力検査や眼底検査、眼圧測定などを受けて、目の病気がないかどうかを調べる。病気の兆しがあれば、すぐに治療を始めよう。原因が老眼の場合は「できるだけ早く、自分に合った老眼用メガネを作って」と梶田院長は話す。水晶体が硬くなるのを防ぐ方法はなく、「自然な老化現象なので、あらがってもムダ」。我慢すれば、目の疲れが増すだけだ。

  老眼用メガネを選ぶ際は、ライフスタイルを意識しよう。近視などでもともとメガネを使っている人は、1枚のレンズで遠くと近くを見る「遠近両用メガネ」が便利だ。ただし「遠くが見え過ぎるメガネだと、手元の作業で目に負担がかかりやすくなる」と梶田院長は話す。「家事やデスクワークが中心の生活で、1・0以上の視力はあまり必要ない」。30cm〜2㍍の範囲が快適に見える「近近メガネ」を併用しよう。

  乱視がなければ、遠近両用のマルチフォーカル(多焦点)コンタクトレンズも選択肢になる。メガネに比べてピントはやや甘いが、遠近とも正面で見えるので、手元を見るとき視線を下にずらさずに済む。老眼は50代までどんどん進行する。数年おきに検査して、見え方にあったメガネに替えよう。眼科受診時に、必要に応じてレンズの処方箋を出してもらうとよい。一万で、白内障の手術を機に老眼を治療する道もある。年間約1万件の白内障手術を手がける赤星医師は「水晶体の代わりに移植する眼内レンズで、老眼は治る」と話す。

  「近くを見やすくする単焦点レンズは保険適用になるので、多くの人にお薦め」。遠近両用メガネと同様の多焦点レンズ(2焦点・3焦点、保険適用外)や、乱視用のトーリックレンズもある。目の酷使でも見えづらさは起きる。スマホの画面を長時間見るのを控え、蒸しタオルなどで日を温めると症状が和らぐ。一時的な不調でも侮(あらど)らずに対処し、日ごろから見え万に気を配って全身の健康を保とう。(ライター大谷 新)






2020-03-28・・・日経より引用
◆失明の恐れ緑内障に注意、眼圧上昇徐々に視野狭く
    自覚しづらく/40歳以上は定期検査を

  40歳以上の5%が発症する緑内障。眼圧が高くなって視野が欠けていく病気だ。進行が遅いため気づくのが難しく、中途失明原因の第1位となっている。発症の仕組みを知って早期発見し、適切に対処したい。

  2018年の厚生労働省などの統計によると国内の中途失明原因の第1位は緑内障で3割程度を占める。患者は年齢を重ねるほど増えていく。東京大学大学院医学系研究科教授の相原一氏は「40歳以上の5%、70歳以上の10%が発症しており、患者数は500万人以上と推定されている」と指摘する。緑内障が発症する大きな原因は、眼球内部の圧力が高くなることだ。眼球の中には房水という液体が入っていて、この排出がうまくいかないと眼圧が高くなる。その圧力で眼球に接している視神経が萎縮し、徐々に視野が欠けていく病気だ。治療しても萎縮した視神経が元に戻ることはなく、放っておくと失明に至ってしまう。緑内障の特徴は気づきにくく、末期になるまで自覚できないことが多いことだ。

  片方の目が緑内障になって既に視野が欠けているケースもある。だが、たかはし眼科クリニック(東京・新宿)院長の高橋伊満子氏によると、欠けた部分が視界の内側にある場合は、「もう一方の目でカバーできるのでほとんど気がつかない」と説明する。実際、岐阜県多治見市で行われた疫学調査では、緑内障が発見された患者の86%が自分では気づいていなかった。そのため手遅れになり、失明する人が後を絶たない。対策としては早期発見が重要になる。まずは、ときどき片目をつむり、見え方がおかしくないか確かめることが有効だ。その他、緑内障になった親族がいる人や、近視が強い人は発症するリスクが高い。また、「アトピー性皮膚炎などでステロイド剤を使っている人は眼圧が上がりやすい」 (相原氏)。該当する場合はリスクが高いことを常に留意しておく必要がある。

  「40歳を過ぎたら5年に1度は眼科に行き、眼圧や視野、眼底の検査を受けてほしい」。こう助言するのは相原氏だ。緑内障の要因は眼圧の上昇以外にも、視神経が弱かったり、免疫の異常があったりすることも関係する。正常眼圧でも発症するケースは多い。そのため眼圧に加え、視野や視神経の異常がわかる眼底の検査も欠かせない。視神経の萎縮によって失われた視野は戻らないが、適切な治療によって病気の進行を抑えることはできる。治療法は点眼薬、手術などがあり、いずれも眼圧を下げることが目的だ。正常眼圧でも、眼圧を下げることで進行が抑えられる。眼圧を上げる要因となる房水の排出口(隅角)が目詰まりしている場合、まず点眼薬が速択される。「房水の流れを良くするプロスタグランジン系薬剤や、房水の産生を抑えるベータ受容体遮断薬などが使われる」 (高橋氏)簡単そうな点眼だが、意外と面倒で効果が実感できないこともあり途中でやめてしまう人が多いことが問題になっている。

  1年で4割が脱落したという報告もあるが、根気強く続ける必要がある。点眼薬で効果が見られないときは手術を行う。詰まっている房水の排出口の一部を切開したり、新たに出口を作る手術が行われる。「10分程度で終わる方法も出てきた」(相原氏)ので日帰り手術も可能だ。日本は世界でも有数の長寿国であり、リタイアしてからの時間も長い。最後まで生活に不自由しない視力を保つため、定期的に眼科で検査を受けるようにしたい。発症しても根気よく治療を続ければ、最悪の事態は防げる。(ライター伊藤 和弘)






2020-02-03・・・日経より引用
◆子どもの近視進行防げ
     就寝中レンズ装着◇早期発見

  子どもの近視の進行を抑えようとする取り組みが本格化してきた。特定の目薬やコンタクトレンズを使った治療法などが海外で報告され、国内でも自由診標で受けられたり、臨床試験などが進む。「遺伝だから仕方がない」などとあきらめることも多い子どもの近視だが、専門医は「早期発見や新技術により、対処できる可能性が広がっている」と指摘する。

  東京医科歯科大学病院にある近視を専門に治療する「先端近視センター」。ここで都内に住む小学4年生の高田まなちゃん(仮名)は、・寝ている間だけ専用のコンタクトレンズをつけて起きている間の視力を回復させる「オルソケラトロジー」という治療を受けている。

*治療すぐに決断
  「異常はないようですね」。1カ月半前からつけている治療用レンズの装着具合や胃の状態を確認した主治医の横井多恵助教は、笑顔で話しかけた。まなちゃんは、近視の進行が速く保育園でめがねをかけ始めた。「大人になってめがねなどで十分な視力が出るよう、治療をすぐ決断した」と父親は話す。遠くのモノが見えにくくなる近視の多くは、遺伝や環境の影響で起こる。目のレンズと網膜の間の距離(眼軸)が伸びてピントが合わなくなるのが主な原因だ。目が発達する10代前半くらいまでは眼軸が伸びて近視が進みやすい。オルソケラトロジーは、就寝中に専用コンタクトレンズを装著し、角膜の形を一時的に変えることで視力を回復させる。

  国内でも承認済みの近視の治療法だ。国内外の研究で、8歳ぐらいから川代前半までの目の発達期に使用することで眼軸が伸びるのを抑え、近視の進行を抑える効果があることがわかっている。原則は大人向けだが、未成年にも条件付きで処方が認められている。同センターでは、希望する親子には十分に説明し、自由診療で実施している。同センターは最先端の近視の治療を手がけるために2019年に設置された。近視は若いうちは進行することが多いため、視力が低下し、負担や不便を感じる。中高年以降になると緑内障や網膜剥離などの合併症を起こすリスクも上がる。一度低下した視力を戻すのは難しいため、進行はできるだけ抑える方がいいが、特別な病気を持つ人を除くと、軽く考えてしまう人が多いという。

  大野京子センター長は「近視の治療技術は進化している。早期発見などと合わせて進行を遅らせる手法を確立し、普及させたい」と話す。国内では、治療用目薬の臨床試験(治験)も進む。シンガポールや香港では子どもの近視の進行を抑制する効果が認められている目薬だが、進行抑制のメカズムはまだ分かっておらず、人によって効果にばらつきがあるという。このため、安全性や効果を日本でも確かめていく。日本近視学会の理事長でもある大野センター長は「いろいろな治療手段を使えるようにすることで、国内で多くの子どもに対応できるようにしたい」と話す。


*年3回は検査を
  最新手法とならんで重要なのは、基本的な取り組みの徹底だ。子どもの視力障害の治療などを専門とする平和眼科(東京・豊島)の富田香院長は「子どもでは早期発見が大切という認識を持つとよい」と話す。遠くが見えにくいことで、生活習慣や発達に影響が出ることもあるため、適切な時期に矯正などのケアを始めることが大切だ。幼児の視力の異変には気づきにくい場合もあるが、最近では近視や遠視、乱視、斜視を判定できるスクリーニング機器も出てきていて、小児科や眼科が取り入れ始めているという。富田院長は「3歳児健診や小児科の受診から発見につながることがある。異常を指摘されたら眼科を受診してほしい」と助言する。さらに、正しく矯正することも大事だ。度が弱めのメガネをつけても、近視の進行が遅くなるわけではないという。目の発達にあわせて矯正した方が良いため、富田院長は「定期的に通える近くの眼科で年に3回は診てもらう」ことを勧める。(スレヴィン大浜華)




*視力0・3未満40年で3.5倍に
  2019年度の文部科学省学校保健統計調査によると、裸眼視力が0・3未満の小学生の割合は約9・4%で、高校生は約39%に達する。1979年から約40年間で小学生は約3・5倍に増えた。50年には全世界の人口の半数が近視になるとの推計もあり、国際的な課題だ。積極的に手を打ち始めた台湾では、小学生に1日に2時間外で活動させたところ、視力の低い小学生の割合が減った。日本でも対応が必要だとされるが、前提となる子どもの近視の実態が把握できていない。小中学校は、健康診断で簡易的な視力検査をするのにとどまる。日本近視学会の大野京子理事長は「地域の病院などと連携して、全国の学校で専門スタッフを配置した調査をする必要がある」と指摘する。




2021-04-17・・・日経より引用
◆つらい眼精疲労、仕事中、遠く見て切り替え
     眼球動かす体操を/合わない眼鏡に注意

  新型コロナウイルス禍で在宅勤務が広がり、長時間連続してパソコンに向かう人も多いだろう。テレワーク生活がもたらす「眼精疲労」で眼科を訪れる人も目立つという。目の疲れの原因や予防法を専門医に聞いた。

  ワープロやパソコンの出現で画面を見続けるビジネスパーソンが増えたころ、「テクノストレス眼症」と呼ばれる目の不調が指摘されるようになった。最近はスマートフォンの普及で「スマホ老眼」など目のトラブルを訴える人が若年層でも目立つ。目を休めても疲れがとれず、体全体に影響が出る眼精疲労に悩む人も珍しくない。梶田眼科(東京・港)の梶田雅義院長は「そもそも人類の目は近くを見るように設計されていない」と説明する。かつては遠くにいる外敵や食物をいち早く発見することが生きるためにも重要だった。一方で現代では近くのものを見る機会が増えた。私たちがものを見る時、目ではカメラのレンズのように働く水晶体の厚さを毛様体筋という筋肉によって変え、ピントを調節している。

  遠くを見るときは毛様体筋が緩んで水晶体を薄くし、近くを見るときは収縮して厚くする。画面を見続けると、毛様体筋の緊張状態が続く。仕事を終えた夕方に目のピントが合いにくくなるのは毛様体筋の働きが鈍ってしまうからだ。一晩寝れば回復するうちはいいが、休めても疲れがとれず、目が乾いたり(ドライアイ)、涙が出たりして、やがて目の奥に痛みを感じるほどの眼精疲労に達してしまうと厄介だ。梶田院長は「放置すると頭痛に加え、首や肩、背中のこりに痛み、吐き気、さらには自律神経失調症や軽度のうつ症状に発展することもある」と警鐘を鳴らす。早めに眼科などを受診するのが大切だが、日常生活でできる予防策もある。

  梶田院長が勧めるのはパソコン作業中でも10分に1回は室内でピントが合うギリギリの距離を1~2秒でいいので見ることだ。どのくらい遠くを見るかは本人の視力によって異なってくるが、遠近の切り替えで毛様体筋を動かすのが大事だという。眼精疲労治療室を設けている吉祥寺森岡眼科(東京都武蔵野市)の森岡清史院長は予防策として眼球を上下・左右・回転運動させる「目回し体操」を提案している1日に2回、午前と午後の習慣にすれば、毛様体筋の柔軟性を保つのに役立つという。蒸しタオルをまぶたにあてて血行をよくする、目の周辺にあるツボを押すといった方法も勧めている。ドライアイでつらい場合には市販の目薬を併用してもいい。

  ただ「長く使うなら、防腐剤や血管収縮剤の成分が入っていないものがいい」と森岡院長。梶田院長によると、合わない眼鏡を使い続けるのも眼精疲労の原因になるようだ。遠くがはっきり見えることだけ考えてつくられた眼鏡では、パソコン作業など近くを見るときのピント調節で過度に負担がかかることになる。梶田院長の患者の中には眼鏡を適切なものに交換しただけで、眼精疲労が大きく改善したケースもあるという。複数の眼鏡を日常生活や車の運転、仕事・読書用など場面に合わせて使い分ける手もある。

  スマホやパソコンの画面からは波長が短い光で、視界のちらつきや目の疲れにつながるとされる「ブルーライト」が多く出ている。ブルーライトの影響を軽減するレンズを使った眼鏡もある。画面をみる時間が長い人は検討してみるのも一案だ。自分のライフスタイルや働き方に適した眼鏡を選ぶようにしたい。目の健康を保つには生活習慣も重要。十分な睡眠やバランスのよい食事、作業時の姿勢などにも気を配りたい。(ライター大谷 新)






2021-04-03・・・日経より引用
◆近視を重症化させない、黄斑症など失明リスクも
    スマホ酷使を避ける/定期診断が重要に

  近視はよくある日の不調と思われがち。だが「強度近視」に至ると、緑内障など視力を損なう可能性のある病気のリスクを高めることが、最近解明されつつある。決して放置せず、正しく対処することが欠かせない。

  日本人に最も多い近視は「軸性近視」と呼ばれるタイプだ。目の表面から網膜までの長さを眼軸長と呼び、この距離が長くなることが原因となる。眼軸長は平均で24㍉㍍だが、数ミリでも長くなると、ピントが網膜より手前で合ってしまい近視となる。眼軸長の伸びは半数以上の日本人にみられる用近視が多いことから特段、意識されることは少ないが近視は放置すると危険。眼軸長が27㍉㍍以上になると「強度近視」と診断される。眼球が変形するまで近視が進んでいる状態で、網膜の組織や視神経などに負担がかかっている。慶応大学が2019年に東京都内で調査したところ中学生の11・3%に強度近視がみられた。

  強度近視になると、近視性責斑症、網膜剥離、緑内障など視力に障害をもたらす病気のリスクを高めることが分かってきた。九州大学病院眼科の園田康平教授は「ここ10年間で光を使って眼軸長を測定する装置が普及し、眼軸長と眼の病気の関係について研究が進んだ」と解説する。九州大学を中心とする研究グループは、40代以上の2千人余りを5年間追跡調査。5年で約1%の人が近視性黄斑症を発症し、眼軸長が長くなることと加齢が発症リスクを高めていることを明らかにした。1%という数字は他のアジア諸国と比較して高率だった。園田教授は「近視性黄斑症は網膜の中心部に障害をもたらす病気。強い近視の人は定期的に眼底検査を受けてほしい」と助言する。

  眼軸長を測定する技術の進歩に伴い、軸性近視の進行を抑制する研究も進んでいる。筑波大学病院眼科の平岡孝浩准教授は「どういう人が軸性近視に進むか予測は難しいが、近視が急に進む場合はリスクが高い」と指摘する。近視と診断されたら未成年は半年に1度、成年は1年に1度眼科で検査を受けたい。軸性近視の進行を抑制するには、目の調節筋をリラックスさせる成分を含んだ点眼剤の利用や「オルソケラトロジー」という手法がある。オルソケラトロジーは特殊なハードコンタクトレンズを夜間だけ装着する方法だ。コンタクトレンズを使って角膜の形状を矯正する。平岡准教授は臨床研究で、メガネ装着だけよりも眼軸長の伸びを抑制することを明らかにした。

  「小学生でもレンズの脱着を親が管理すれば比較的に安全に使える。眼軸長の伸びが速い場合は点眼剤を併用することもある」 (平岡准教授)近視が進行して強度近視にならないためにも、生活習慣を改善することが大切だ。慶応大学の坪田一男名誉教授は「本は30cm以上離して読む」「スマートフォンやゲーム機は、1時間使ったり遊んだりしたら5〜10分目を休める」などの生活習慣の改善を勧めている。子供なら外遊び、成人なら散歩など外に出て太陽光を浴びることも有効だ。慶応大学病院眼科を中心とした研究グループは、太陽光のうち波長が360〜400ナノ㍍(ナノは10億分の1)の領域では、眼軸長の伸びを抑制する作用があることを臨床研究で明らかにした。

  坪田名誉教授は、「この光を利用した医療機器の開発を進め、新たな近視抑制医療につなげたい」と語る。園田教授は、「スマホに接する機会の多い子供の将来を考えると、科学的な近視研究をさらに進める必要がある」と語る。第一線の研究が進むなか、近視で目に不調を感じたら、軽視することなく適切に対応することが欠かせない。(ライター荒川 直樹)