サブページに戻ります
歯・鼻舌喉の過程[01]
 
18 

2010-05-20・・・「病気を防ぐカラダの辞典」より引用
●088歯磨きは、虫歯や歯周病と関係ない
    歯磨きをしなくても虫歯にならない?
    虫歯・歯周病は現代病でもある

  テレビをつけると必ずといっていいくらい、虫歯や歯周病を予防する歯磨きのコマーシャルが流されています。それくらい、人にとっては歯を磨くことは大切なことだということなのでしょう。しかし、世の中には、歯をよく磨いていないのに、虫歯にも歯周病にもならない人がいます。虫歯や歯周病でお困りの人にとっては、なんともうらやましい話です。実際、歯科医に聞いても、そういう人が少なからずいるといいます。虫歯は砂糖の摂りすぎによって、細菌が繁殖することが原因です。だから、甘いものを食べない習慣が虫歯の発生を予防していると考えられます。

  甘いものをあまり食べず、食事も調理した軟らかいものばかりを食べないなら、虫歯は繁殖しにくいといえます。歯周病もまた細菌が原因ですが、その発症には口腔内の免疫が関係します。たとえば、糖尿病の人は歯周病になりやすいのですが、原因は全身の免疫が低下しているからです。つまり、免疫と細菌の関係は相対的で、免疫が正常に働いていれば歯周病になりません。一方、免疫力が低下すると、歯周病を発症します。

  また、歯周病は口腔内の細菌とそれがつくる毒素が原因とさかんにいわれていますが、実は交感神経優位で顆粒球過剰の人は歯周病になる人が多いのです。過剰な顆粒球は活性酸素をばらまき、粘膜を破壊するからです。つまり、歯周病は内なる原因で起こるのです。歯を磨かなくても、砂糖を摂取しない人、それに副交感神経優位の人は、特に何もしなくても歯周病にはならないのはこうした理由からです。実は、野生動物には虫歯も歯周病もありません。同様に、人も原始の時代には虫歯はなかったと考えられています。

  火を使うことを覚え、調理したものを食べるようになってから、虫歯や歯周病になるようになったようです。そうした意味では、虫歯や歯周病は、現代病なのかもしれません。この虫歯や歯周病、予防の第一は歯磨きであることは間違いありません。しかし、子どもに歯磨きを強要しすぎると、それがストレスになって、かえって虫歯になりやすい、との歯科医の指摘もあります。ここでも免疫が関係していることがわかります。また、糖尿病を例にしましたが、口腔の免疫と全身の免疫は深いかかわりがあります。虫歯や歯周病の予防には、口腔内を清潔に保つことが欠かせませんが、同時に体の健康を保つことが求められるでしょう。








2012-02-11・・・日経より引用
●変わる歯磨きの常識
    食後30分間空けて1日1回しっかり磨く
    歯磨き粉はたっぷりと

  毎日何気なく磨いている歯。タイミングや道具の使い方など、その磨き方で本当に歯を大事にできているのだろうか。実は最近の研究で判明してきた新しい注意点もある。これからも長い間、自分の歯と付き合うために、専門医に歯磨きの最新の常識を聞いた。


*食後に水やお茶
  「冷たい水がしみて耐えられない」。痛みを訴えて来院した20代女性の口の中を見ると、まるで歯科器具で削ったかのような丸っこい奥歯があった。歯の表面のエナメル質が減り、中の象牙質が見えていた。聞いてみると女性はコーラ飲料が大好きで、しかも飲み込む前にいったん奥歯の近くにためるクセがあった。コーラ飲料はとても強い酸性。体の中で最も硬いとされるエナメル質も、酸性では軟らかくなり溶け出す

  頻繁に強い酸性にさらされればすり減る。「食習慣と飲み方のクセで起きた『酸蝕歯(さんしょくし)』」と東京医科歯科大学の北迫勇一助教は説明する。虫歯、歯周病に続く第3の歯の病気として注目される酸蝕歯。欧米では20年前から対策がとられてきた。食生活の欧米化に伴い酸性の飲食物が増えた日本でも6人に1人は何らかの症状があるとされる。タイミングを間違えた毎日の歯磨きが歯のすり減りを加速させることも分かってきた。

  口の中が酸性になっても、唾液の力で中和されて溶けたエナメル質も復活する。ただし、30分ほど時間がかかる。食後すぐに歯をゴシゴシと磨くと軟らかくなったエナメル質を削り落としかねない。とはいえ、自分が食べた食事が酸性かどうか見分けるのは難しい。そこで「食後は歯磨きまで30分ほど置くのが安全策」 (北退助教)。体を思って毎日とる黒酢やかんきっ類、夏の熱中症予防に小まめに飲むスポーツ飲料など、酸性の飲食物は意外に多い。

  歯も気遣ってロの中が酸性の時間はできるだけ短くしたい。ダラグラ飲食を控える、酸性と分かっている飲み物はストローで飲む、飲食後は水やお茶で口の中を軽くすすぐ、といった予防策がある。歯を磨くタイミングだけではなく、回数についても常識は変わりつつある。よく「毎食後すぐに3分間」といわれたが、「なんとなく3回みがくよりも1日1回、特に寝る前に口の中から徹底的に汚れを落とすことが大事」と鶴見大学の桃井保子教授は強調する。

  歯を磨く一番の目的は、虫歯や歯周病の原因菌の住みかになる歯垢(しこう)を取り除くこと。歯の表面につく黄色いねっとりしたものだが、今のところ歯ブラシなどで物理的にこすり落とすしかない。。口の中の食べカスが歯垢になるまで48~72時間かかる。毎食後に歯を磨けなくてもまだ間に合う。寝ている間は唾液が減って口の中の菌が増えやすくなるので寝る前に口の中を綺麗にするのが効率的だ。

  磨き方は、歯ブラシの軟らかい毛先をつまく使って歯垢を取るスクラッピング法やバス法などが最近主流だ。ただ、何時間がんばっても歯ブラシで落とせる歯垢はせいぜい60%。限界もある。それが歯と歯茎の狭いすき間まで届くデンタルフロスを使うと86%まで上がる。海外ほど浸透していないフロスだが、日々の手入れに取り入れれば効果はずいぶん高まる。


*フッ素の活用も
  歯磨き粉についても考え方は変わってきた。かつては研磨剤が歯を傷つけることや、素早い泡立ちが磨けた気にさせることなどで否定的な意見が多かった。最近は技術の進歩で研磨剤なしでも汚れが落とせるようになり歯を丈夫にするフッ素入りも増えた。成分表を見れば簡単に分かるので「フッ素を大いに活用すべし」と桃井教授はいう。2cm大の歯ブラシのヘッドなら、その3分の2くらいにたっぷり歯磨き粉を絞り出して歯茎に塗り込む感覚で使う。

  水で流れないように磨いた後の口のすすぎは最小限に抑える。低濃度でも歯が長時間フッ素に接することで効果があるので、毎食後に歯を磨ける人は歯にこまめにフッ素を与える機会になる。時にはプロの助けを借りて日々の手入れが行き届いているか確認することも必要だ。「歯石取りを兼ねるなど、せめて半年に一度は歯科医院で状態を見てもらって」と専門家は口をそろえる。(鴻知佳子)




*忙しい時、ガムをかむ手も
  忙しくて歯を磨けないときに緊急策として使えるのがガムだ。唾液が出て口の中の汚れを流してくれる。砂糖不使用やフッ素入りのガムもある。水道水にフッ素を入れるなど海外には日本と比べてフッ素を虫歯の予防に積極的に使う国が多い。長時間かみ続けられるガムなら、同じような効果が期待できる。

  奥歯まで1本ずつ歯を丁寧に磨くために歯ブラシは小さめのヘッドがいいとされてきた。ただ、小刻みな動きが苦手な人には使いこなすのが難しい。そんな人向けに一度に広い面積を磨けるように細くて軟らかい毛をたくさん使った大きめヘッドの歯ブラシもある。歯科医院など限られた場所でしか売っていない道具もあるので、自分に合うものが何か通院時に相談してみるのも手だ。







2009-04-05・・・日経より引用
●歯周病は万病の元
    糖尿病とも密接
    歯磨き励行、口の中を清潔に

  「歯磨きか、死か」--十年前、米国の新聞にセンセーショナルな見出しが躍った。重い歯周病にかかると死亡する危険性が一・八五倍になるという。以降、歯周病は糖尿病や心筋梗塞(こうそく)など様々な病気と密接に関連していることが分かってきた。歯周病の予防と治療は、歯を守るにとどまらず、全身の健康を保つのに欠かせない。

  歯周病は歯周病菌と呼ぶ細菌が原因で歯ぐさが炎症を起こし、進行すると歯を支える骨まで溶かして歯が抜けてしまう。一見、糖尿病とは何の関係もなさそうだが、炎症がもとで生じる「TNFlα」という物質がくせ者。血液中に入り込むと、血糖値を下げる膵臓(すいぞう)からの分泌物質インスリンの働きを邪魔して、糖尿病を悪化させてしまうという。糖尿病が悪化するとからだの抵抗力が下がり、歯周病菌がより活発に活動しやすくなる。さらに歯周病が悪化してTNFIαの量も増え、ますます糖尿病が進行する。東京医科歯科大学の和泉雄一教授(歯周病学)は「まさに悪循環に陥ってしまう」と話す。

  糖尿病と歯周病との関連性は以前から知られていたが、互いに悪影響を及ぼすと判明したのはここ数年のこと。歯周病を抑えて悪循環を断ち切れば糖尿病の症状改善にもつながる。和泉教授らが国内外の研究報告をまとめて分析したところ、2型糖尿病患者が歯周病を治療すると、血糖値の指標となるヘモグロビンAICが平均〇・六六漕改善した。この値は通常七%未満が理想で、八%を超えると血糖値は極めて高い。一緒下がると糖尿病の合併症リスクは大幅に下がる。同大の内村功講師(内分泌・代謝内科)も「血糖コントロールのためにも、歯周病は早い段階での治療が望ましい」と話す。


*循環器系疾患も
  糖尿病以外にも、歯周病の炎症から生じる物質が様々な病気に影響していることも分かってきた。心筋梗塞や動脈硬化といった循環器系疾患にかかる危険性は高まる。また、妊婦が歯周病にかかっていると早産や低体重児出産リスクが通常の二-四倍になるとの研究報告もある。歯周病は歯ぐさが炎症を起こす歯肉炎と、さらに症状が進んで歯を支える骨まで溶けてしまう歯周炎の二段階に分けられる。最も患者の比率が高い四十歳代から六十歳代にかけては八〇-八五%が歯周病にかかっているが、大半が症状は軽い。

  歯を支える骨が大幅に失われてしまっているような重い症状まで進んでいる人は一五-二〇%という。歯肉炎や軽い歯周炎の段階なら病状の進行を抑えたり回復したりするのも比較的容易で「しっかりと歯を磨くだけでも治る」 (和泉教授)。虫歯と同様に歯周病も歯と歯の間から始まる場合が多く、歯磨きの際には歯間を掃除するのが大切。定期的に歯科医の検診を受けて、歯磨きだけではとれない歯垢(こう)を取り除くのも欠かせない。歯周病はゆっくり進行するが、まれに急に症状が悪化することもある。「侵袈性歯周炎」と呼ばれる種類で、一、二年で歯が抜けてしまうほど急速に症状が進む。


*かみ合わせ注意
  また、歯に強い力が加わっている場合も症状が進みやすく注意が必要だ。例えば、かみ合わせが悪いために一本の歯だけに力が加わっている時など、短期間で重い症状にまで進むことがある。それほど重くない段階なら歯を支える骨を再生させる治療法もでてきているが、重症化すると完治は難しい。糖尿病などの危険性を高めないためにも、日ごろから口の中を清潔に保つことを心がけたい。(小玉祥司)





*「治療せず」7割、認識まだ低く
  別名、歯槽のう漏と呼ばれる歯周病。大半の人は病気の概要を知っているが、放っておくと深刻な病につながるという認識はまだ低いようだ。サンスターが昨年、三十五~五十九歳の男女九百三十二人を対象にアンケート調査をした。実際に歯周病と診断された人の六九・〇%は「治療していない」と回答した。他の病気と関係があることを知っているかどうかを聞くと、「知っている」とした回答が最も多い糖尿病でも一九・七%。肺炎や早産になると五%前後にとどまった。






2013-11-09・・・日経より引用
●歯周病は万病のもと
    口の中の菌や毒素が全身へ

  自覚症状がほとんどなく、気づかないうちに進行する歯の病気「歯周病」。放っておくと、糖尿病や脳梗塞、妊娠トラブルなど、歯周病菌が全身にさまざまな悪影響を及ぼすことがわかってきている。歯茎に違和感を覚えたら、まずは歯科医院を受診し、日ごろのケアの指導を受けることが大切だ。

  歯周病は、歯茎に炎症がおこる歯肉炎と、歯を支える骨などに炎症が起きる歯周炎の総称。虫歯は虫歯菌が作り出す酸によって歯を溶かすのに対して、歯周病は歯周病菌が歯の土台の骨
を溶かしてしまう感染症だ。「歯周病菌に感染すると、l~2週間で歯茎が腫れるなどの軽度の炎症が起きる。気づかずに放置しておくと、歯を支える骨が溶け始める歯周炎に進行し、最悪の場合は骨が溶けてぐらぐらと歯が抜ける」と、東京医科歯科大学教授の和泉雄一さんは説明する。


*「溝」が菌の温床
  歯と歯茎の境目の溝を歯周ポケットと呼ぶ。厚生労働省の歯科疾患実態調査(2011年度)によれば、軽度の歯周炎の指標となる深さ4㍉㍍以上の歯周ポケットがある人は、30代で5人に1人。40代前半では4人に1人、40代後半では3人にl人となり、年齢が上がるにつれてその割合は増えていく。歯周病の原因はプラーク(歯こう)。これは細菌の塊で、そこに増殖した歯周病菌が潜んでいる。ネバネバしたプラークは、歯にくっついた「付着性」のものと、口の中に存在する「非付着性」のものとがあり、歯周病のもとになるのは主に後者で、歯周ポケットの中に潜んでいる。

  「ネバネバしたプラークは歯周ポケットの中に密着するが、そこは酸素を嫌う歯周病菌にとって棲(す)みやすい環境のため、菌がいっそう増えて、炎症が広がっていく」と和泉さん。また、歯周病菌と戦って破壊された免疫細胞が出す酵素によって歯茎の細胞が破壊されると、歯周ポケットがますます深くなってしまうという。こうした歯周病菌の悪影響は、ロの中だけにとどまらない。炎症したところから歯周病菌やその毒素が血流にのって運ばれるために、全身へ影響を及ぼす。歯周病に関係する病気として、高血圧や高脂血症、糖尿病などが挙げられる。

  さらには、脳梗塞や心筋梗塞などの血管疾患や、骨粗しょう症や関節炎などにも影撃していることが明らかになりつつある。また、歯周病の原因物質はすい臓から分泌される糖を代謝するホルモンのインスリンの働きを抑えるため、血糖値のコントロールを悪化させて、糖尿病の進行を早めるという。こうした病気のリスクを抑えるためにも、早めの歯周病対策が大切だ。セルフケアの第一歩は、やはり歯をきちんと磨くこと。歯肉炎や軽度の歯周炎ならば、図で示したようなブラッシングなどのセルフケアで改善できる。


*歯ブラシ持参で
  「l日最低1回は、プラークをしっかり落とすこと。歯周病菌は酸素に触れると活動が弱まるため、歯周ポケットのプラークをかき出して空気にさらすことが基本」 (和泉さん)。磨き方に自信がない人ならば、電動歯ブラシを使う方法もある。日本歯科大学東京短期大学の准教授、野村正子さんは「家でのセルフケアに加え、半年に一度は歯科医院で歯周病チェックを受け、歯科衛生士から歯磨き指導を受けて」と助言する。

  定期チェックでは歯周ポケットの中のプラークや歯に付着した歯石を除去してもらう。治療目的ならば健康保険が適用される。歯科医院で受診する際、自分が普段から使っている歯ブラシを持参し、口の状態に合っているかどうかを調べてもらうといい。家でのセルフケアでは、フロスや歯間ブラシを積極的に活用しよう。

  フロスは歯間の小さいプラークが絡め取れるので、日常の歯磨き後の習慣に。歯と歯の間が広がったと感じたら、隙間に合わせた歯間ブラシを加えてみよう。また、就寝前は必ず歯磨きを。食べかすが残ったまま就寝すると、口の中の菌が繁殖しやすい。そのほかストレス解消や十分な睡眠など、生活習慣の改善も歯周病の悪化を抑える。へ日経ヘルス一掃策部)







*妊娠トラブルにも注意

  歯周病は妊娠期の女性も注意が必要だ。歯周病による炎症反応物質が、陣痛を誘発する物質の分泌を促し、早産・低体重児出産の危険性を高めることが明らかになっている。
  米国の調査では、歯周病患者の早産・低体重児出産に対する危険率は、歯周病ではない人に対して2・83倍というデータがある。 歯周病菌の一つは女性ホルモンを栄養にして増殖するため、妊娠中には歯周病の症状が出やすく、悪化しやすい。

 また、閉経後の女性に見られるのが、歯茎がはがれる禿離(かいり)性歯肉炎だ。この歯肉炎には女性ホルモンの低下も関与していると考えられ、重い歯周病につながるといわれる。






2016-06-12
●呑気(どんき)症
    歯科治療、有効な場合も

  無意識に空気をのみ込みすぎておなかの張りやおなら、ゲップが頻繁に出る症状が呑気(どんき)症だ。空気囁下(えんげ)症ともいう。緊張や不安から首や肩に力が入ったり歯を食いしばったりすると、唾とともに空気をのみやすい。専門豪は「病気の仕組みを理解して、歯科治療を含めた処置を考える必要がある」と説明する。


  「固唾をのむ」という言葉があるように、不安や緊張で唾を飲む経験をした人は多いだろう。口の中が狭くなって舌が上顎に当たると、唾液が喉の奥に流れ込んで無意識に飲み込んでしまう。このとき、1回ごとに喉の奥の空気を3~5∝取り込んでしまう。頻繁に唾を飲むとおなかの中に空
気がたまり、呑気症を引き起こす。空気が原因なので、胃や腸を検査しても異常は見つからない。内科でガスを減らす薬や整腸剤などを処方されても効き目がほとんどない。歯を食いしばったりかみしめたりして呑気症になる人が多い。胃腸の不快感のほか、顎関節や目の奥の痛み、頭痛、目まいを伴うときもある。かみしめる行為が目立つ場合を「かみしめ・呑気症候群」と呼ぶ。症状の改善には、空気をのみ込む癖を直すのが先決だ。

  大阪市に住む25歳の女性は歯科検診で歯のすり減りを指摘された。慢性的な頭痛や胃の不快感にも悩まされ別の医療機関を受診したところ、「かみしめ・呑気症候群」と診断された。寝るときにマウスピースを装着して歯ぎしりの癖を減らすよう意識するとともに、力みをなくすように努めると徐々に改善した。かみしめ・呑気症候群を長らく研究してきた東京医科歯科大学元教授の小野繁医師・歯科医師は「食いしばったり歯ぎしりしたりすると、顎や首の筋肉が唾液腺を刺激して唾液分泌が多くなり、飲み込む回数が増える」と説明する。

  患者数の統計がなく実態が把握できていないが、日本人の4人に1人といわれる胃腸の不良の一因になっているとの見方もある。呑気症になじみがないのは、医療機関で診断される例が少ないからだ。気になる症状で訪ねても、原因不明とされる場合も多い。緊張や不安による不調は心療内科、歯の食いしばりは歯科、胃腸の不調は内科などと複数の診療科にまたがる症状が特徴だが、歯科での治療が基本となる。これまで50人以上の患者を治療してきたひぐち歯科クリニック(大阪府茨木市)の樋口均也院長は「医療関係者の間でも認知度が低い」と指摘する。

  本来は心療内科と歯科の連携が望ましいが、ほとんど実現していない。同クリニックには患者がホームページの情報を見て訪れるケースが多いという。それでは、空気をのみ込む頻度を減らすにはどうするか。歯科では「スプリント」と呼ぶ器具を作り、日中や夜間に歯にかぶせる。上下の歯に隙間を空けて、食いしばる行為を意識できる。これだけで胃腸の不快感がなくなり、頭痛などの症状も改善する例が多いという。歯にかぶせる器具以外にも、日ごろから舌先を前歯の裏において口の中に空間を作るといった方法もある。





  心理的なアプローチも効果が見込めるという。無意識のかみしめを防ぐため、よく目にする場所に「歯を離す」などと書いた貼り紙をして心がける。首や肩、顎の筋肉を緊張させたり緩めたりし、緊張を意識できるようにする。不安や緊張、気持ちの落ち込みが強い場合は抗不安薬や抗うつ薬などを処方する場合もある。患者の多くはかかりつけの医療機関で「気にしすぎ」「原因はストレスなので趣味を見つけて発散しましょう」などといわれ、長く不調に苦しんでいる人もいるという。

  大阪市に住む28歳の男性は大学受験を控えた高校生の時に急にゲップが増えた。数年間放置していたが、就職後に心療内科を受診し、胃腸薬などを飲んだが効果はなかった。症状を自覚して10年後の今年5月から、ネットの情報を頼りにひぐち歯科クリニックにかかって治療を始めたところ、数日でゲップの量が減った。「ゲップが多くて困るのを歯科で治療するとは思わなかった」と驚く。樋口院長は「病気を知っている医師なら適切な治療や歯科への紹介ができる。医療関係者の間で認知度を高めるのが課題だ」と話している。(岩井浮哉)






2016-05-28・・・日経のより引用
●口のなかの異変、放置するな
    口腔癌予防、まずは禁煙から
    長引く痛み、深刻なケースも

  食事や会話、呼吸など私たちの口は重要な役割を担っている。もしも、口腔(こうくう)がんなどで楓能を損ねれば、生活の質は大きく損なわれる。口内炎などありふれた病気も、2週間以上長引くようなら注意したほうがいい。自分で口の中を定期的にチェックすることが大切だ。私が2015年6月に直腸癌の手術をする2日前から口の中の点検を口腔外科でされた。歯石とりやベロの磨き・歯の磨きをしてくれたりうがいをするように言われたり、食べなくても歯磨きをするように指示された。

  口には歯や舌、やわらかいほおなど、たくさんの器官が集まっている。これらが一緒に動くことで、私たちは食事をしたり言葉を発したりすることができる。例えば、食べ物をかむのは歯だけではない。ほおや舌が柔軟に動いて食べ物を歯の上に保ってこそ、しっかりかむことができるのだ。


*代表は口内炎
  身近な口だが、実は病気について知らないことは多い。誰もが思い浮かべるのは、虫歯や歯周病、口内炎だろう。国立病院機構東京医療センター歯科口腔外科の大鶴洋医長は「あまりに虫歯や歯周病の頻度が高いため、他の病気は注目されにくい」と指摘する。ただ、なかには放置すれば口腔がんの原因になる病気もある。口の中の不調のうち、まず注意したいのは「痛い」「とリヒリする」「しみる」といった症状だ。代表的な病気は、誰もが経験する口内炎。ストレスがたまったり、ビタミンB群が不足したりするなどでおきるが、多くは自然に治る。ほかに痛みが出る病気には、口腔内乾燥症やへルぺス性歯肉口内炎、カビが原因の口腔カンジダ症などがある。

  口腔カンジダ症は口腔粘膜の痛みのほか、味覚がおかしくなることも。これらは、口の清掃や抗頁菌薬のうがい薬、塗り薬、内服薬、食生活改善などで回復する。最も気をつけたいのは、同じ口内炎でも、症状が2週間以上続く場合。東京医科歯科大学歯学部付属病院口腔外科の原田浩之教授は「治りにくい口内炎は全身の病気の症状の一つの場合や、早期の口腔がんの可能性もある」と話す。同様に、キズやその他のできものも長引く場合は、歯科や口腔外科、耳鼻咽喉科などにかかろう。

  例えば、痛みを感じる部分の粘膜が白くなり、ガーゼなどでこすっても取れない場合は、白板症(はくぽんしょう)という病気の可能性がある。放置すればがんになる「前がん病変」と呼ばれるもので、白板症の10%の人が口腔がんを発症するといわれている。また、扁平苔癖(へんペいたいせん)という病気も粘膜が変化した病気で、粘膜に白い部分がレース状に連なるのが特徴だ。これは同様に「前がん状態」と呼ばれ、放置すると3%が口腔がんになるという。治療は、病変の大きさや細胞検査でがん化の進行度を調べ、必要に応じて切り取る手術をする。




*舌の癌が多く
  よくできる場所は舌。口腔癌の約半数が舌癌だ。治療は手術のほか放射線治療もある。原田教授は「東京医科歯科大では、舌癌の場合、8割で舌を切除するが、それでも手術法を工夫すれば会話や食事の機能をそれほど損なわずにすむことも多い」と話す。ただ、できれば大きく切り取る手術となる前に見つけたい。他のがんと同じく早期発見が大事。白板病や扁平苔癖、口腔癌などの病変は、たいてい目で直接見ることができる。大鶴医長は「自分の口の中に、異変がないかどうか、最低でも月1回程度チェックして」と話す。

  見た目は、白くなるなど、口内炎やその他のただれとほとんど区別がつきにくい。ただ、歯科医など専門家の診察を受ければ、診断がつくので早めに診てもらおう。かかりつけ歯科を持てば、定期的に診てもらえる。最近は「口腔癌検診」など奪ったう歯科も多いので相談するといい。口腔癌は日常の生活習慣と大きく関連する。予防で大切なのは禁煙と節酒だ。喫煙は口腔癌など口の中の病気の最大のリスク要因。

  国内データでは、たばこを吸わない人と比べ「喫煙者の口腔癌発症率は7倍、死亡率は2~4倍に高まるとの報告もある」 (原田教授)。飲酒を伴うとリスクはさらに高まる。また、虫歯で欠けた歯を放置していたり、入れ歯や差し歯が合わないままだと、舌やほおなどの粘膜を傷つけてしまう。口腔内が不潔な状態だと、様々な刺激が粘膜を傷つけて口腔がんの危険性が増す。丁寧な歯磨きを心がけると同時に、入れ歯などにトラブルがある場合には、早めに歯科を受診したい。(ライター荒川 直樹)







●舌苔(ぜったい)に注意を・・・日経のより引用
  風が爽やかな季節になった。気温があがってくると色々な臭いが気になる。爽やかな息で過ごしたいものだ。口臭は他人から指摘されると恥ずかしい思いをする。自分に口臭があると思うと、心理的な負担を感じ、無口になったり、人に会うのを避けたりと、コミュニケーションの妨げになることもある。口臭の強さは人それぞれだが、基本的に誰にでもある。正しく歯磨きしていれば、他人に分かるほどのことはない。食生活の乱れやストレス、口が乾いていると強くなりやすく、朝に目立つ傾向がある。少し念入りに歯を磨いたり、水を含んだりしてみよう。

  また、ニンニクやアルコールなどを多く取ると、一時的に臭くなる。食品を分解するときに出る成分の臭いで、時間がたてば弱くなってくる。注意したいのは、口の中や喉の奥の病気だ。時間の経過で弱くなることはない。病的∵璧勤竹口臭と呼ぶ。歯周病も原因となるが、喉のがんなど重大な病気を教えてくれることもある。健康状態の指標にもなるので、無視しないでほしい。多いのは、新陳代謝ではがれた歯茎や口の中の粘膜、細菌の死がいなどが原因になる場合。これらのたんばく質成分を口の中にすむ細菌が分解し、口臭の原因物質の揮発性硫黄化合物を作り出す。舌の上っ面である舌背表面が白や黄色みがかった苔(こけ)状になっていないだろうか。舌苔(ぜったい)と呼ぶ。

  はがれた粘膜の上皮などがもとになってでき、強い口臭の原因になる。だが、意外なことに、ご自身の臭いには無頓着な方もおられるのだ。舌苔を落とすには、柔らかめの歯ブラシか、舌苔を落とす用の舌ブラシを使う。舌ブラシは市販されている。口の中に水を含んだ後、舌の上をほうきで掃くように、舌の奥の万から手前に軽くかき出す様にする。舌苔を取りたいあまり強くやりすぎないこと。l日l回にとどめたい。口臭はデリケートな問題なので他人が指摘するには、気配りが必要。できれば自分で気づきたい。最近、口臭外来とよばれる専門の外来診療を行う大学病院が増えている。機器で口臭の有無などをチェックし、分析してくれる。自分で気に病んでいても、何とも無いこともある。(国立病院機構東京医療センター歯科口腔外科医長****)




2015-05-**・・・[Plus1・NO101]より引用
●虫歯&歯周病予防







2016-08-01・・・日経より引用
●8月1日は「歯の日」
    順調に成果上げる「8020運動」
    口腔の健康守り、医療費も削減

    「治療」から「予防」へ
    強く健康な歯を育てる      「健康的で美しい歯の大切さ」


  歯やお口の健康が、口腔内だけでなく全身の健康状態にも影響を及ぼすこと、、また健康寿命の延伸にも深いかかわりを持つことが分かってきました。そこで日本経済新聞社では‘歯が命の日”記念として「エナメル質へミネラル補給」をテーマに、日経健康セミナー21スペシャルを開催(協賛:サンギ)。歯の構造やお口のヘルスケアに関する基礎知織から、歯の健康のポイントとなるエナメル質の修復・再石灰化の仕組みなどを3人の先生に説していただきました。




*「健康寿命を延ばす、口腔ケアの重要性」・・・大阪歯科大学名誉教授神原正樹氏
  最新の国政調査の概要によると、65歳以上の方が全人口の4分の1を超えたそうです。100歳以上の万は国内に約6万人いるといわれています。まさに人類が経験したことのない超高齢社会に、わが国は世界に先駆け突入するわけですが、今何が一番の問題かといえば、平均寿命と健康寿命の乗離(かいり)です。健康寿命とは、介護などの支援を受けずに自分で日常生活が送れる状態のこと。世界最高レベルの長寿を誇るわが国では、この健康寿命と平均寿命との開きが平均10年程度あるといわれています。

  日本では世界に冠たる国民皆保険制度により、生命寿命の延伸を達成しましたが、今後は生き生きとした老後のための健康づくりへの取り組みが重要性を増します。そんな中、口腔内の健康を保つことが健康寿命の延伸につながることが明らかになってきました。厚生労働省が実施してきた調査を基に私の研究した結果では、口の中に歯が残っていればいるほど、平均寿命が延びることがデータとして出ています。また口腔内の健康と健康寿命との関わりを示す様々な科学的根拠も得られています。

  そしてしっかり噛(か)めることが脳の働きを含め健康の維持に大事なことが知られています。また口の中の問題だけでなく、歯や口腔内の健康状態が、全身の健康状態にも密接な関係を持つことも徐々に明らかになっています。例えば心筋梗塞や脳梗塞、また誤隣(ごえん)性肺炎などは、口の中にいる細菌が原因となり引き起こされる可能性もあり、口腔ケアによりそのリスクを下げることができるのです。歯科の分野では、80歳で20本の歯を残そうという「8020運動」をずっと続けてまいりましたが、順調に成果を上げています。

  6年ほど前までは〝8010〞だったのですが、現在では〝8014〞まで延びており、あと十数年で〝8020〞を達成できると考えています。これは歯科医療の方向が治療から予防にシフトした成果といえます。同様のパラダイムシフトは歯科に限らず、すべての医療で進んでいくでしょう。2025年には団塊の世代が後期高齢者に入ります。現在年間40兆円に及ぶ医療費は、このままであれば毎年1兆円ずつ増えていくともいわれています。歯や口腔の健康を保つことは、個人の健康だけでなく医療費の削減にもぜひ必要なことなのです。



*「エナメル質を修復するむし歯予防成分」・・・朝日大学准教授大橋たみえ氏
    強い歯つくる唾液の再石灰化機能、薬用ハイドロキシアパタイトでも

  歯の一番外側の部分はエナメル質と呼ばれ、ハイドロキシアパタイトという物質がその成分の97%を占めています。このエナメル質は大変硬く、硬さを測るモース硬度では水晶と同じ7、鉄が4ですからどれほど硬いかおわかりかと思います。一方、口腔内を常に潤している唾液には様々な機能があり、抗菌や洗浄などのほかに歯の再石灰化という機能も持っています。これは唾液に含まれる成分であるカルシウムやリン酸が歯に取り込まれ、歯質を強化することをいいます。

  これほど硬いエナメル質に覆われ、唾液で守られている歯が、なぜむし歯に侵されてしまうのでしょう。むし歯や歯周病の原因になるのは主にプラーク(歯垢)と呼ばれるものです。まず歯の表面にとりついた細菌はのり状の物質を作り出し、また、その中にすむ細菌は食物の糖をえさに代謝物としてどんどん酸を生成します。それが少しずつ硬いエナメル質を溶かし、むし歯ができてしまうのです。つまり初期のむし歯はカルシウムやリン酸というミネラル分が歯から溶け出していくことから始まります。

  しかし唾液の再石灰化機能が十分に働けば、エナメル質は構造的に安定し、酸に強い歯になります。この再石灰化を促進する成分の代表が、多くの歯みがき剤に含まれる「フッ化物」であり、さらに直接の成分補給で歯を再石灰化するのが、カルシウムやリン酸を構成成分とする薬用ハイドロキシアパタイトです。私たちの研究グループはハイドロキシアパタイトの再石灰化を検証する2つの研究を行いました。一つはヒトの抜去歯を使った実験でむし歯を人工的に作り、人工唾液に浸したものと、ハイドロキシアパタイト溶液液に浸したものとを比較する実験です。

  その結果、後者の方がより再石灰化が進み、むし歯が小さくなっていることが確認できました。もう一つは小学校児童を対象に学校給食後のブラッシングにハイドロキシアパタイト配合歯みがき剤と無配合の歯みがき剤(プラセボ)を使用し、両者を3年間にわたり追跡調査したものです。その結果、調査開始後に新たに生えてきた歯のむし歯抑制率では、ハイドロキシアパタイト配合歯みがき剤はプラセボと比較して、男子で36%、女子で56%ほどの高い抑制率を示しました。このことからも薬用ハイドロキシアパタイトの再石灰化作用が確認できました。



*「歯のケアはミネラル補給へ、~予防歯科最前線!~」・・・高輪歯科院長加藤正治氏
  予防歯科先進国といわれるスウェーデンでは80歳で平均21本の歯が残っているそうです(2013年)。それに対してわが国では今〝8014〞で、この先どうすべきか。日本では歯が悪くなってから歯科医院に行くという方が多いと思いますが、これからは、むしろ治療をしないために歯科医院にいくことが必要であると思います。私のクリニックにも〝8020〞を達成している方が大勢いらっしゃいます。高齢でも歯の健康を維持している方々の共通点は何かというと、まず定期的に予防ケアを受けていること、そしてその結果、歯がきちんとエナメル質に守りれている状態を維持しているということです。

  エナメル質が失われる原因として主なものはむし歯です。むし歯も「初期むし歯」と呼ばれる段階であれば、削らなくても治せる可能性があります。本来、歯から失われた(=溶け出した)ミネラル分は唾液の力によって回復されますが、歯の表面に薬用ハイドロキシアパタイトを直接供給することで、この作用を計画的に高めることが可能になります。このような歯の結晶成分を補給するケアを「ミネラルチャージ」と呼んでいます。

  歯みがき剤で歯の汚れを落とすだけでなく、スキンケアと同じく必要な成分をチャージしながらコンディションを維持していくことは、長い人生において大きな違いにつながります。大事な点はそれをなるべく早い時点で始めること。歯の状態は人によって異なります。健康なうちに歯科医院に行き、自分の歯の弱点を知り、それにあわせたケアプランを立ててもらい、一緒に取り組んでいただくことがおすすめです。また酸性度の高い食品や飲料の取り方によって歯が溶けてしまう「酸蝕(しょく)歯」も最近注目されています

  健康のためにお酢製品などを日常的にとっている方も多いと思いますが、摂取の仕方によっては歯の健康を損ねてしまうので要注意です。一般的な成人の歯の数は28~32本。これを何歳までに何本残すか、歯のケアは明確な目標を立てやすい分、長期的、計画的な取り組みが可能です。歯のケアは目に見える変化が表れる前に着手することが理想です。予防のスタートラインをもっと早め、歯科医院での定期的なケアと家庭でのセルフケアをバランスよく行っていただくことをおすすめします。




*口腔ケア
  会場からは口腔ケアのポイントなどについて講師の方々に様々な質問がありました。一部を抜粋してご紹介します。

Q:歯みが書のタイミングや回数、おすすめの歯みがき剤について教えてください。
  食後すぐに歯をみがくのはよくないというようなことも言われたりします。酸蝕の強い方には当て
はまりますが、一般的にはやはり食後あまり間を置かず、みがくことをおすすめします。1日3回みがかれる方も増えていますが、効果的なみがき方ができれば2回でも十分かと思います。その際にはむし歯予防成分のうち再石灰化にかかわるフッ化物や薬用ハイドロキシアパタイトが配合されている歯みがき剤がおすすめです。


Q:どのくらいの間隔で歯科医の検診を受ければいいのでしょう。また歯科医選びのポイントについて教えてください。 
  まず歯の痛みも感じないなんでもないときに歯科を受診してみてください。そこでむし歯や歯周病のリスクをチェックします。セルフケアの状況なども伺いながらどのくらいのタイミングで通っていただくのが最適のケアになるか決定します。1カ月に1回だったり、半年に1回だったり、状態によって異なります。また予防は、記録をとり経過をチェックしながら進めるものですので、少なくとも口腔内の写真をとり、その説明をしてくれるような医院を選びましょう。


Q:歯や口内を健康に保つため栄養的に気をつけることはありますか。
  砂糖の摂取はむし歯予防のみならず、生活習慣病予防の観点からもできるだけ減らした方がよいですが、取る量だけでなく回数を減らすことを目標にしてください。摂取の間隔が空かないと唾液の効果が滞れ、歯のミネラルが溶け出す〈脱灰)リスクが高くなります。また歯質の強化のためには、特に乳製品に含まれるカルシウム、リン、カゼインなどが有効であるといわれています。






2016-08-06・・・日経より引用
●「吉原でモテたい」口臭ケア
   歯磨きの起源はいつごろからか

  男性より女性の方が自分の口臭に敏感一一。日本歯科医師会がそんな調査をしたそうだが、江戸時代は逆だった。日本人の歯磨き習慣はいつ始まり、口臭エチケットはどう変わってきたのかをたどってみた。

  歯磨きの起源は紀元前5世紀ごろのインドにまで遡る。釈迦が口臭のひどい弟子たちのために、読経の前に小枝で歯磨きをすることを戒律に定めたという。それが仏教伝来とともに日本に伝わり、公家や僧侶、武家に身を清める作法として広まっていった。木の澱でどうやって歯を磨いたのだろうか。横浜・桜木町駅近くの「歯の博物館」に歯磨き用の木があるというので、訪ねてみた。神奈川県歯科医師会館の7階にある博物館はこぢんまりしているが、古今東西の歯ブラシや歯磨き粉、義歯から明治・大正・昭和の診療台や浮世絵、ポスターまでいろんな物を収めている。

  何だかタイムスリップした感覚。その中に目指すものがあった。「高野山金剛峯寺の歯木(しぼく)」とある。割り箸を割った感じといえばいいだろうか。*江戸の歯磨き粉陶土が主原料  博物館の陳列棚を2~3時間ほどのぞきこんでいるうちに、様々なことがわかってきた。歯磨きが庶民に広がったのは江戸時代中期。歯磨き粉と房楊枝(ふさようじ)が商品になったのがきっかけだ。陶器の材料となる陶土から作る磨き砂に、薬効のあるハッカやチョウジなどを加えたものが歯磨き粉だ。また、房楊枝はヤナギやクロモジなどの木の枝の先端を房状にしたもの。柄の部分は舌苔(ぜったい)をこすり落とせるようになっており、朝起きて歯を磨き舌をこすることが、身を清める習慣として江戸の町の庶民に定着した。

  なぜ「歯木」の呼び名が楊枝に替わったのだろう。館長で日本歯科大学客員教授の大野粛英さんに聞くと、インドで修行した唐僧・玄琴二蔵が訳した語という。「中国では柳の木を使ったので、柳を意味する楊の枝となった」。それが日本に伝わったわけだ。江戸の男は白い歯にこだわった。理由は「歯が汚れて口臭があると吉原の遊女に嫌われたから」 (大野館長)。歯の白い男はだて男であり、歯磨きをするかどうかで江戸っ子か田舎者かを見分けたという。江戸後期の文化・文政期には、吉原に近い浅草寺境内に数十店の楊枝店が軒を並べ、房楊枝や歯磨き粉などを売っていた。美人の看板娘を置いて客の気を引いた様子が浮世絵になっている。


*クジラのひげに馬の毛植える
  博物館には江戸時代の房楊枝を再現した陳列品がある。「房楊枝を作れる人は伝統工芸師の浮原忍さんしかいない」と大野館長。79歳の浮原さんが実演する房楊枝講座があると聞き、改めて博物館に足を運んだ。浮原さんはノミや小刀などを駆使し、50cmほどの原木の枝からほ5cmぐらいの房楊枝を作り出していく。6時間煮た後、先端を木づちで細かくたたき、針のすき具で房を作るのは見事だ。房楊枝と江戸時代の紅染め高級歯磨き粉で歯を磨かせてもらった。実に柔らかい歯当たりだ。

  ゴシゴシ磨きがちなわが身には「これで本当に磨けているのか」という気もするが、パウダーのような歯磨き粉を水でぬらして磨いてみると、細かい粒子のザラザラ感があり、歯を研磨しているんだなと実感する。幕末に開港した横浜に近代西洋歯科医学が入ってきて以降は、現在のような形の歯ブラシが登場する。1872年発売の洋風第1号の「鯨楊枝」は、クジラのひげに馬の毛を植えたものだった。それでも明治中期まで房楊枝が使われていたことは、博物館所蔵の石版画でわかる。80年ごろに登場した竹の柄と豚毛の「竹楊枝」は徐々に広まる。その後「歯ブラシ」を初めてうたったのはライオン(当時・小林商店)の「萬歳歯刷子」だ。

  歯磨き粉も進化した。72年に炭酸カルシウム粉末の西洋歯磨き粉が登場。16年後に資生堂が初の練り歯磨きを製品化する。戦後には葉緑素やフッ素入りが出て「歯の表面の汚れを物理的に落とす時代から、美白・殺菌効果のある化学的歯磨きの時代へと転換した」と大野館長は解説する。大正時代には学童への歯磨き啓蒙運動が盛んになった。ライオンに聞くと、1922年ごろには専門講師を小学校に派遣して実地指導を始め、全国に広げたという。6月4日が「ムシ歯予防デー」になったのは28年、昭和初期というのにはびっくりした。夏休みの自由研究の一環として、親子で歯磨きの歴史を振り返りながら、歯磨き習慣を確認してはどうだろう。




*女性お歯黒虫歯予防も
  歯の博物館内にはお歯黒に関する一角もあった。そもそもお歯黒は黄色人種にあった風習で、日本では平安末期に公家や武家の闇で元服の儀式になったという。室町から江戸時代にかけては既婚女性の貞節を示す印として、庶民に定著した。毎朝天が起きる前に塗ることが身だしなみだったという。お歯黒には虫歯を防ぐ効果があったというのも興味深い。 (福沢淳子)