サブページに戻ります
歯・鼻舌喉の過程[02]
 
18 

2016-03-03・・・日経より引用
●口腔ケアで健康長寿
    「食べる力」機能別にチェック
    歯周病対策も早め

  食べる、話すなど口は人間の根幹の機能を担う。この機能が低下すると、虫歯や歯周病といった口の中のトラブルだけでなく、糖尿病や心臓病など全身の疾病につながる可能性があるという。特に高齢者は適切なケアをすることで病気や介護の予防につなげることができる。自分でできる口腔(こうくう)ケアのポイントを調べてみた。

  「まずすぼめて『うー』と言ってください。次は『いー』。大きくはっきりやるのがコツですよ」。東京都墨田区が2月に開いた高齢者向けの口腔ケアの講演会。講師の歯科衛生士の指示に参加者は熱心に鏡を見つめながら口を動かした。講師を務めたライオン歯科衛生研究所の小川常夏さんによると、口腔機能を高めるには、口の周りの筋力、かむ力、飲み込む力、ロの清潔度を高めることが重要だそうだ。「まずどの機能が落ちているのかチェックして、それに応じたケアをすると効果的」例えば、固いものが食べにくくなった人はかむカが落ちている可能性があるため30回以上かむといい。

  「最初の5口だけは30回かむなど、続けられる範囲でやればいい」 (小川さん)。かみごたえのある根菜を多く取り入れたり、食材を大きめに切ったりすることもかむ回数を増やすコツだ。口臭が気になる人は清潔度が落ちているかもしれない。歯ブラシを歯に真っす一ぐあて軽い力で小刻みに磨く。歯間ブラシを使うのもよい。入れ歯の場合は洗浄剤を使う前と後にブラシで掃除するのがポイントだ。


*啓発サイトも
  詳しく知りたい人には訪問歯科診療支援のデンタルサポート(千葉市)が運営するサイト「はじめよう!やってみよう!口腔ケア」も役立つ。介護職向けの普及啓発のため立ち上げたサイトで登録会員には歯科関係者が多いそうだ。わかりやすく解説されているので理解しやすい。口の健康を保つと、ご飯をおいしく食べられたり楽しく会話ができたりして社交的、活動的な生活につながる。それだけでなく、食べ物が気管支などに誤って入る誤隣(ごえん)性肺炎を予防できるといった効果もある。

  一方、歯の周りに炎症が起きる歯周病は糖尿病や心臓病、肥満などさまざまな全身疾患と関連があるといわれている。歯周病の菌は血液に侵入して増殖するため、血流に乗って全身に病気を起こす危険があるのだという。「口腔機能の維持にはそもそも健康な生活習慣が大事」。東京医科歯科大学の遠藤童子准教授はそう指摘する。歯だけ磨いていればいいわけでないという、耳の痛い話だ。遠藤准教授は「年齢にかかわらず、歯磨きなどのセルフケア、バランスの良い食事、定期的な健診がポイント」とする。


*定期的に健診を
  急に生活習慣を変えるのは難しいが、今何かしようと思い立った人には歯科健診がおすすめ。「誕生日などに受診すると自分で決めてしまうとよい」 (遠藤准教授)。ただ、純粋な予防のための受診だと私費になってしまうため自治体が実施する健診を利用するのも事だ。土曜に開催する自治体も増えているという。神戸製鋼所の健康管理センターで歯科医長を務める大山篤さんも定期的な受診を強く勧める。

  大山さんらがインターネットで一般の退職者に実施した調査では自分の健康で後悔していること(複数回答)は「歯の定期健診を受ければよかった」が33%で最多。「たばこをやめればよかった」(22%)などを引き離した。大山さんは「退職前後に歯を悪くしてから歯の大切さに気付く人も多い。手の施しようがあるうちに受診を」と訴える。(竹本意)




*通院できない高齢者は訪問診療も選択肢
  介護が必要になり自分で口のケアがうまくできなくなったらどうしたらいいだろうか。デンタルサポートのベテラン歯科衛生士、城明妙さんは「通院できなくても来てくれる先生がいることを知ってほしい」と訴える。訪問診療を手掛ける歯科医はまだ少なく、東京都内で全体の1割程度。診療できる内容も備えている機材などによって異なるので、まずはケアマネジャーと相談してみるとよい。口の中の状態は家族でも気付きにくいものだ。むせたり食べるのが遅くなっていたら、入れ歯が合っていないことが原因かもしれない。患者が嫌がり口を開けない場合も多いそうだが、ケアの効果を誰よりも実感するのも本人。「口の中、気持ちいいね」 「ごほんがおいしくなったよ」。城さんにはこんな声が多く寄せられているという。




2017-05-26・・・日経より引用
●虫歯予防学校も知恵
    洗口液常備・歯科医が指導

  児童の口腔(こうくう)ケアを積極的に行う小学校が増えている。近年は子供の虫歯が減ったとはいえ、小学生は歯が生え替わる大切な時期だ。給食後の歯磨きのほか、虫歯を予防する洗口液を常備したり、授業で「デンタルフロス」の使い方を指導したり。さまざまに知恵を絞る。

  「みんな、ぶくぶくタイムを始めるよ」 「先に水やお茶を飲んでおいてね」奈良県大淀町立大淀緑ヶ丘小学校の5年1組の教室で、先生の声がかかるとクラス全員が黒板の前に並んだ。一人ひとりコップにつがれた洗口液を自分の席に持ち帰り、音楽に合わせて約1分間うがいを続けた。同校では2015年6月から毎週水曜の昼休み後に全クラスで「フッ化物流口」を行う。薬液に含まれる成分が歯をコーティングするため、続く5時間目の間はなるべく飲食しないよう推奨されている。

  笹薮美希さん(10)は「初めは味が苦くて嫌だったけど、慣れてきた」。以前は虫歯があったが、「新しく虫歯にならないのは、うがいのおかげかもしれない」と話す。同校は長年、給食後の歯磨きを行ってきたが、14年度の健康診断で虫歯があった児童は全校で41・5%と、前年度(28・5%)から急増。養護教諭の中辻晶さん(56)は「よりきめ細かく、みんなが簡単にできる虫歯予防対策はないかと模索した」と話す。15年春から洗口液を全児童にあたる約300人分用意。

  各クラスの「健康委員」の児童が全員の歯ブラシを点検、交換を促す取り組みも始めた。こうした対策が奏功(そうこう・成功する)し、16年度は虫歯があった児童の比率は28・9%に改善したという。虫歯になる小学生は近年、減少している。背景には歯の健康への意識の高まりなどのほかに、歯科指導に熱心な学校が増えたことがあるとみられる。1932年から「全国小学生歯みがき大会」を運営するライオンによると、.参加校は2016年度、1708校で5年で5倍以上となった。

  虫歯だけでなく口腔ケア全般について指導する例も。名古屋市立黒石小学校では4年生を対象に歯科医と歯科衛生士がデンタルフロスの使い方を指導。学級活動の時間を利用し、白い糸状のデンタルフロスを各白が指に巻き付けて歯間に滑らせ、ゴミを取った。襲讃教諭の林多薦さん(47)によると、同校の場合、全校児童の約25%が歯肉炎という。虫歯の児童よりも多く「学校行事や塾通いで忙しくなる高学年に入る前に、手入れ法を教えたい」と話す。

  横浜市立中尾小学校は毎年11月の就学前健康診断で歯科健診に保護者を同席させる。隣で一緒に見てもらい、子供の歯の状態を知ってもらうことが狙い。歯の生え替わりは個人差が大きく、生え具合や重点的に磨く場所を丁寧に伝える。小学生は自分で歯磨きをし始める時期でもある。学校歯科医の江口康久万さんは「自分で磨くと磨き残しが多く虫歯になりやすい。教育現場が保護者を巻き込んで指導すれば、子供の虫歯をさらに減らす糸口になるはず」と力を込める。


◆虫歯の児童、年々減少・
         新潟最少ワーストは沖縄

  文部科学省の学校保健統計調査によると、虫歯になったことがある小学生(処置完了者を含む)の割合のピークは1979年(94・8%)で、2016年度は48・9%まで低下した。一万、12歳の時点でみると全国で最も虫歯が少ない新潟県で21・6%、多い沖縄県は60・5%と地域差が大きい。

  優生労働省歯科保健課の担当者は「歯科指導の取り組みが地域や学校で異なるためでは」と分析する。新潟県は県を挙げてフッ化物洗口に取り組む。1970年に弥彦村の小学校で始め、16年度時点では県内の約84%の小学校が実施。「学校や保護者の理解もある。虫歯が少ないのはフッ化物洗口の効果が大きい」と県健康対策儀の担当者。

  公衆衛生に詳しい筑波大の武田文教授は、地域差にっいて「所得水準や歯科医院の数、子供の健康への関心の高さなど社会的な要因もある」と指摘。「保護者への働きかけなど学校の役割は大きい。短時間に低コストで平等に行えるフッ化物流口などを利用し、子供の健康を支える環境づくりを進めてはしい」と話す。


 


▼デンタルフロス
  絹糸や合成繊維などの繊維を用いた歯間の歯 垢や食片を除去し清掃するための細い糸のことである。糸楊枝(いとようじ)とも。 歯の間の歯垢を清掃する細い糸のことを言う


▼洗口液
  口臭を抑えたり、虫歯や歯周病を予防する ために用いる液体製品の総称。 一般に、デンタルリンス、マウスウォッシュ、口内洗浄剤 とも呼ばれる。液体歯磨きも洗口液と呼ばれるが厳密には後述の違いがある



▼フッ化物洗口
 市販の歯磨き粉などにも添加されている「フッ化ナトリウム」などを含む液でうがいをすること。教育機関では、うがい用に調合された粉末を購入し、定められた量と水に溶かして使うことが多い。うがいをすると液の成分が歯を覆い、虫歯菌の酸から歯を守る効果がある。欧米などでは低コストで簡単に取り組める虫歯予防法として一般的で、1970年代から国内でも普及が進んだ。厚生労働省は2003年、都道府県向けに手順や安全健の確保に関するガイドラインを設けてた。


  私の子供の頃に小学校の低学年の頃には、歯ブラシ自体を持っていなかった。親に歯を磨けと言われた記憶がなかった。歯磨きする行為すら分からなかったから虫歯になって当然だったのかも。現在の学校でも家でも歯を磨けと言われたり指導してくれているから良いですね。これで虫歯になったら許せない行為だね。






2017-06-04・・・[とどろき通信(須坂市轟病院)]より引用
●6月4日は虫歯予防デー!!
    ご自身の歯、大切など家族の歯について考えてみませんか
         轟病院による「とどろき通信」の広告の内容がみなさんに参考になるので勝手ながら一部を乗せてみました

  6月4日は「むし歯予防デー」、4〜10日は「歯と口の健康週間」です。学校での歯科検診がすでに始まっている地域もあるかと思います。歯医者は痛くなったら通う場所、とお考えではないでしょうか。轟病院歯科では、トラブルが発生する前に「患者さんのお口の中を守ること」を大切に考えています。これからを健康で元気に過ごすためには、予防することが効果的であり、特にお子さんの歯に対しては、治療より予防を徹底することが重要です。当院では、みなさんの大切な歯を守り、健康をサポートしていきます。


子どもたちのために

*お口のトラブルが起きる前に、予防を目的とし定期的に検診を受けることが重要です
   定期検診では
      ■むし歯の確認
      ■ブラッシング指導
      ■歯並びチェックなどを調べます。日々のケアと定期検診を大切にしていきましょう
 大人の方は
      ■むし歯や歯周病の確認
      ■粘膜に異常がないか(腫瘍のチェックなど)
      ■歯のクリーニング
      ■ブラッシング指導

  大人の方で怖いのは歯周病です。歯と歯肉の境目に歯垢が蓄積されると、歯肉の辺緑が炎症を帯びて赤くなったり腫れたりします。ここから進行すると歯を支える土台が溶けて歯が抜け落ちてしまう病気です。歯周病予防には定期検診が有効です!


*むし歯治療
  残念ながら一度むし歯になってしまうと治りません。子どものむし歯は痛いだけでなく、歯並びや大人の歯に影響を与える恐れがあります。また、乳歯のむし歯は進行も早いので早期治療が大切です。むし歯にならないよう治療も予防防ケアを行います。


*痛みの少ない麻酔治療
  麻酔は治療にかかせないものです。治療の痛みだけでなく、麻酔に恐怖を感じる人も多いと思います。しかし近年、歯科での麻酔は痛くないように、さまざまな工夫されていますので、安心して治療を受けていただけます。それでも恐怖を強くお持ちの方には「笑気吸入鎮静法」があります。亜酸化窒素と酸素で構成されている安全なガスを吸入する方法で、精神的にリラックスでき、痛みに対する反応も鈍くなるか感じなくなります。吸入を止めれば、すぐに元に戻ります。


*歯列矯正
  むし歯治療だけでなく、歯列が心配な場合も相談しましょう
 歯並びが悪いと…
      ■むし歯や歯周病になりやすい
      ■正常にかめないため内臓も悪くしてしまう
      ■かむ回数が少なくなるため唾液の分泌量が減る。

  指しゃぶりがやめられない、口呼吸をしている、下唇をかんだり舌を出すなど、歯並びが悪くなってしまう癖を持っている子も多いと思います。最近の傾向として、あごが小さい子どもたちが多いため、心配な点があれば受診をおすすめします。矯正歯科専門医が一人ひとりにあった方法で矯正を行っていきます。自費診療となりますので、まずは相談しましょう。



*フッ素塗布
      ■唾液中に含まれるミネラルの沈着を促進し、再石灰化を助ける
      ■歯の質を強化し、酸から歯をとけにくくする
      ■酸の生成をおさえる

  などの効果があります。生えたての乳歯や萌出途中の永久歯は歯の質が弱いため、フッ素をぬることで予防に効果的とされています。


*唾液チェック
  むし歯になる原因は歯や歯みがきの仕方だけに問題があるのではなく、その子の唾液の性質も大きく関係しています。痛みのない簡単な検査で、むし歯になりやすいか危険度を調べます。


◆子どもをむし歯にさせないために

*仕上げみがき
  飲食後の歯みがきゃ口ゆすぎは、むし歯予防に効果的です。成長とともに一人で歯みがきするようになりますが、週に一度でも良いので、親御さんが仕上げみがきをしてあげると、より効果的です。

*だらだら食べない
  おやつや食事の時間は、きちんと決めましょう。食べ物をだらだら食べ続けると、口の中にいつまでも酸が発生している状態になり、大変むし歯ができやすいです。

*フッ素塗布
  定期的なフッ素塗布はむし歯予防に効果的です。

*定期的に歯科に通いましょう。
*検診や治療が終わったら必ずほめてあげてください




2017-07-29・・・日経より引用
●歯の欠損、放置せず治療
  抜歯などで歯を失うことを「歯の欠損」と呼ぶ。なかでも欠損が1本で前後の歯が残っている場合は「中間欠損」という呼び方をする。例えば虫歯になりやすく、他の奥歯と比べて最初に失うことが多い「第1大日歯」。6歳前後に生え始めるため「6歳臼歯」とも呼ばれるこの歯を失うときは、その後ろにある奥歯「第2大臼歯」が残って、中間欠損となることが多い。一般的に、前から7番目にある第2大白歯までの奥歯がかむ役割を担う。そのため、6番目にある6歳臼歯を失っても「欠損は1本だけだから、放置もても良いか」と質問を受けることがある。

  ところがそのままにしておくと、後ろ側の歯が手前に倒れてきたり、上下反対側の歯が出てきたりすることがある。そこで歯を失った部分を再生する「補綴(ほてつ)治療」の出番となる。中間欠損を補綴する方法はいくつかある。前後の歯を削って型を取り、金属などの硬い物質で一体として歯の形を再生して、セメントで完全に着ける。この方法がブリッジによる歯冠補綴だ。両側の歯で橋渡しをするのでブリッジと呼び、自分の歯の感覚に近い。

  10型を取って、かにの爪のような装置などで着脱式の義歯を作製し、自分で着脱して使う「局部義歯」(部分入れ歯)もある。両側の歯を削らずに治療できるのが特徴で、前後の歯が健全な場合に運ぶ。着脱が煩わしい、口の中に違和感を覚えるといった欠点があるが、両隣の歯を残して治療できるのが利点だ。最近は抜歯した部分の骨に金属のネジを埋め込んで歯を作る「人工歯根(インプラント)」の治療も広がっている。治療の際は歯科医師の説明をよく聞いて、それぞれの治療法の長所と短所を理解したうえで決めるよう勧めたい。年単位の長い目で見ると、補綴治療を受ける方が望ましいと思う。(国立病院機構垂尿医療センター歯科口腔外科医長




*考察論
  私の子供の頃は歯磨きなどしたことがなかったし歯ブラシなども持っていなかった。こんな生活だから虫歯になるのも当然なのかな、だけど私の兄は子供の頃から私と同じような生活をしていたのに40代に兄の歯を見せてもらったが虫歯など一本も無かった。どうして人によって差があるのであろうか。




2017-09-16・・・日経より引用
●上顎の余分な歯抜く時期に注意

  上顎の真ん中に、余分な歯ができることがある。多くは骨の中に埋まっている過剰歯の状態で、痛みもないため気付かないことが多い。歯科の用語では「上顎正中過剰埋伏歯」と呼ぶ。発見のきっかけは、上顎の真ん中の歯(中切歯)の歯列不正やレントゲン撮影が多い。歯列不正になるのは、真ん中に埋まっている余分の歯が、中切歯が生えるのを邪魔してしまうからだ。埋伏歯は通常の歯より小さく、生える方向は逆側の鼻の方向を向いていることが多い。過剰歯があると、中切歯の生え具合に影響を及ぼすことが多い。過剰歯自体は小さいうえに変形しているため、将来的に過剰歯が通常の歯と同じように使えるようにはならない。

  歯並びに影響があれば、原則的に抜歯で治療する。気になるのは、抜歯のタイミングだろう。乳歯が生えそろっている時期で、過剰歯が浅い位置にあり、中切歯の頭が過剰歯に引っかかって生えてこない場合は、早めの抜歯が必要となる。8歳前後で中切歯の歯根の間に埋伏歯があるため、中切歯が生えるのを邪魔して、真ん中の歯の間が開いている状態(正中離開)になったり、生えるのが遅れたり、斜めに生えてきたりして気付く例もある。その場合も抜歯が必要だが、まだ年齢的に若くて中切歯の歯根が未完成の場合には、抜歯にあたって中切歯の歯根を損傷しないように気を付けなければならない。

  中切歯が生え始めるのは7~8歳で、歯根の完成は10歳前後とされる。頻度は非常に少ないが、損傷の程度によっては、歯根が途中からできなくなるといった懸念もある。そのような状態だと、歯根が完成するまで過剰歯の抜歯を待つ方が安心なこともある。上顎正中過剰歯の抜歯にあたっては、矯正歯科や小児歯科、歯科口腔外科の両方で治療方針を検討して、実施する時期を決めるのがよいと思う。(国立病院機構東京医療センター歯科口腔外科医長大鶴 洋)




2017-08-02・・・日経より引用
●虫歯より深刻!?「酸蝕歯」
    ちびちび飲み歯には負担
    原因は強い酸/健康志向の食品も注意

  虫歯、歯周病に次ぐ第3の歯の疾患として、近年問題になっている酸蝕歯(さんしょくし)。酸性の飲食物などで歯が溶けてしまう症状だ。詳しい原因や予防法を知っておこう。


  ワイン、炭酸飲料、栄養ドリンク、かんきつ類、ドレッシングーー酸性度の高い飲食物が原因で、歯が溶けるおそれがある。歯は酸に弱いが、唾液が酸を洗い流して中和するため、通常は大きな問題は起きない。ところが強い酸に長い時間、または繰り返し触れていると、唾液の中和作用が間に合わなくなる。化学反応で歯の表面のエナメル質が溶け、薄くなったり軟らかくなったりする。さらに溶けると下の象牙質がむき出しになり、歯がしみたり、もろくなって欠けたりすることも。これらの現象を歯の酸蝕という。

  外務省歯科診療所(東京・千代田)の外務技官で東京医科歯科大学非常勤講師の北迫勇一さんは「酸蝕歯は広範囲な分、局所的な虫歯に比べてより深刻」と指摘する。酸蝕歯は酸にさらされる歯全部が溶けてしまうためだ。歯垢(しこう)のたまりやすい場所が溶ける虫歯より影響が大きい。潜在的な患者も多い。北迫さんが15~89歳の男女1108人を対象に2014年に実施した調査によると、4人に1人が酸蝕歯だったという。酸蝕歯が厄介なのは「健康や美容によいとされるものが原因になるところ」と北迫さん。

  ダイエットのため黒酢の原液を朝晩飲んでいたり、手の甲のシミを薄くしようと、グレープフルーツを1日2玉食べていたりする、健康や美容への意識が高い人はどなりやすい傾向があるという。熱中症対策にスポーツドリンクをよく飲む人も要注意だ。酸性・アルカけ性の度合いを示すpH(ペーハー)値は、低いほど酸性度が高い。虫歯の場合、口の中が5・5以下になるとエナメル質が溶け始める。酸蝕歯を引き起こす明確なpH値はまだわかっていないが、5・5以下の飲食物はリスクを高めると考えられている。

  酸は外からの摂取だけでなく、体の中からも歯を襲う。酸蝕歯の重症例の多くは「胃酸が原因」と話すのは、西村歯科医院(神奈川県寒川町)の西村耕三院長。胃酸は酸性度が非常に高く、「逆流性食道炎や摂食障害の嘔吐(おうと)などで歯が溶けるケースが増えている」。酸蝕歯を防ぐには、歯を酸に長時間さらさないことが何より大切だ。原因となる飲食物の過剰摂取を控え、飲み方や食べ方も見直そう。ちびちび飲み、だらだら食べはNG」 (北迫さん)。飲み物はなるべく「ストロー」を使うと、歯への接触を少なくできる。飲食後にガムをかむのも良い。唾液がたくさん出て、酸を中和してくれる。西村院長は「コップ1杯の水に小さじ1の重曹をよく溶かした重曹水をブクブクと口に含む」うがいを勧める。

  弱アルカリ性の重曹が酸を中和する。飲食後、胃酸の逆流後ともに有効だ。重曹がない時は水やお茶で口をすすぐ。中和はできないが、酸を洗い流すだけでも予防につながる。虫歯の予防には飲食直後の歯磨きが有効だが「酸性度が高いものを飲食した時は、30分ほど待ってからの歯磨きが望ましい」と北迫さん。酸で表面が軟らかくなっている歯をゴシゴシ磨くと、すり減ってしまうためだ。30分ほどで唾液がエナメル質を修復してくれる。ただし酸蝕歯よりも虫歯のリスクが高い人は、食後すぐに歯を磨いてかまわない。歯磨き粉は再石灰化を促すフッ素入りを、歯ブラシは軟らかいものを選び、優しく丁寧に磨くことを心がけよう。(ライター松田 亜希子)






2017-12-23・・・日経より引用
●良い姿勢、カギは下顎
    適切な揺れでバランス
    歯科医らが治療法/1日1分まっすぐ立つ

  良い姿勢作りで背骨や骨盤に気を配る人は多い。歯科医師らの研究で、実は「下顎」が姿勢を決定づける要因の1つだと分かってきた。下顎の働きを知り、口の中の治療も組み合わせてまっすぐ立てる体を目指そう。


  肩や首のこり、腰痛や手足のしびれなど、姿勢が良くないために起きる痛みや不調がある。なぜ下顎がその原因となるのか。下顎は頭の骨から筋肉でつり下げられた特殊な骨格だ。この下顎は人が立っている時に体の傾きを察知してバランスを取る、いわば姿勢制御センサー。「平衡感覚と平衡運動」の機能に関係していることが、近年の研究で判明した。重さ約5㌔gの頭と、頭から筋肉でぶら下がっている約1㌔gの下顎は、常に体の上部でともに揺れながらバランスを取っている。

  「陸上選手が走る様子をハイスピードカメラで見ると、頭が前後左石に揺れ、下顎が揺れるブランコのように動く様子が分かる」と央歯科医院(千葉市)の下向央院長は解説する。柔軟に揺れる状態を保つことが重要なわけだ。ところが口の中で上顎の歯と下顎の歯が引っかかったりぶつかったりしていると、頭と下顎のスムーズな揺れを妨げて、頭のバランスが崩れてしまうという。頭がふらつくと元に戻すバランスが機能せず、転倒することも。首など各部位をひねることで全身のバランスを取ろうとする。

  その結果、緊張を強いられた筋肉にコリが生じたり、関節に負担がかかって痛みや運動障害の原因になったりする。上顎と下顎の歯のひっかかりに注目した歯科医師で顎口腔臨床センター(静岡県富士市)の臼井五郎院長は、そもそも下顎の揺れによって、上顎と下顎の歯は私たちの想像以上に当たっていると指摘する。「ぶつかる箇所は歯のかみ合わせの接触面に限らず、歯の側面におよぶこともある」歯当たりが下顎の動きを妨げないようにするにはどうすればよいか。白井院長が主宰する「日本直立歯科医学研究会」 (宮崎市)は顎と身体の動きを同時に計測する技術を開発し、現象を解明。

  良い姿勢に不可欠な、頭と下顎が円滑に揺れる状態を取り戻す治療法を編み出した。まず患者の足圧や重心の揺れを機器で測定して確認。歯型を取って下顎の揺れをシミュレーションする。ぶつかっている歯を特定し、削って形を整える。マウスピースを作って、下顎のズレを修正する方法もある。保険の適用外だが、気になる人は対応する歯科医に相談すると良いだろう。頭と下顎の滑らかな揺れを妨げないように、日常生活から歯が不要にぶつからないことを心がけたい。そのためには、頭を起こす姿勢を保つように意識しよう。

  背中を壁につけてまっすぐ立ち、頭頂部と肩、腰、くるぶしが一直線になるか確認。その姿勢を保って頭を起こすようにする。自分で取り組める下顎の調整として、まつもと上部頚椎(けいつい)カイロプラクティックオフィス(金沢市)の松本享士さんのお薦めは、1日に1分間、まっすぐに立つ運動だ。高さ2~5cmの台や雑誌に足の前半分だけ乗せて、足裏が床と水平になるようにかかとを浮かせる。両足のつま先とかかとをつけて、足指を広げるようにして体重を乗せる。頭を上げて目線を遠くにし、尻と胸を持ち上げて膝を伸ばす。下顎の揺れの滞りが招くのは、頭の傾きや全身のねじれだけではない。「神経の圧迫が起き、血液やリンパ液の流れも悪くなる。自律神経の失調の症状が出る例も」(下向院長)口の中や下顎に目を向けて、良い姿勢を習慣づけよう。(ライター高谷 治美)










2018-02-24・・・日経より引用
歯周病、知らぬ間に進行
    成人の半数が予備軍
    歯磨き粉は少なめ、丁寧に歯垢除去

  歯周病は代表的な歯の病気だが、痛みを伴う虫歯と比べて自覚しづらい。成人の大半がかかっているとみられ、重症になると歯が抜け落ちることも。毎日の丁寧な歯磨きで予防し、初期症状には早めに対処しよう。


  歯周病は歯茎の炎症、つまり歯周組織の病気だ。歯と歯茎の境目にたまった歯垢(しこう)の中にある細菌が、歯茎にダメージを与える。初期は歯茎に炎症が起きて赤くなる歯肉炎。進行すると歯茎と歯の境目にできる「歯周ポケット」が深くなり、歯を支える骨が壊れる歯周炎になる。歯茎が赤くなり、歯磨き時に出血があれば歯周病の初期症状だ。高齢者に多い病気の印象があるが、国立保健医療科学院(埼玉県和光市)の安藤雄一統括研究官は「最新の統計データによると、成人の約半数に歯茎からの出血がみられる」と指摘する。

  決して他人事ではない。歯周病には20~30代から発症して短期間で急速に進行する「侵襲性歯周炎」と、10~20年単位で進行する「慢性歯周炎」がある。80歳で自分の歯を20本以上保とうという運動があるなか、抜歯の原因は歯周病が虫歯を上回る。「出血や歯茎の腫れなど、歯周病の初期サインを見逃さないことが大切」 (安藤統括官)治療は初期の歯肉炎の段階なら歯垢や歯石を取り除くことで治るが、進行すると溶けた骨はそれだけでは元に戻らない。歯肉に出血があった時点で歯科を受診したい。

  「以前は進行を止めるだけだったが、最近は失った歯周組織をより健康な状態に戻す治療になっている」と東京医科歯科大学の和泉雄一教授は話す。歯肉を切開して人工の膜を入れるGTR法、再生材料(エムドゲイン)や再生薬(トラフェルミン)を使った歯周組織再生治療がある。予防は「丁寧な歯磨きにつきる」と和泉教授。歯の歯茎近くを爪でこすって、黄みがかった粘りのあるものが付いたらそれが歯周病の元になる歯偏だ。丁寧なブラッシングで除去しよう。力を入れ過ぎないように、歯ブラシは鉛筆を持つように軽く渡る。

  歯磨き粉に含まれる研磨材で歯を傷つけないために、歯磨き粉はブラシ表面の3分の1以下、長さは5㍉㍍程度の少なめで十分だ。食べかすは歯と歯茎の間にたまりやすい。歯ブラシを歯の真横からあてて、歯茎との境目を意識して磨く。歯のエナメル質や根を痛めないように、横に小刻みに動かそう。「歯を2本ずつ、各20回磨くのが理想的」と和泉教授。細かく動く電動ブラシも効果的という。丁寧にブラッシングすると15~20分間はかかる。

  少なくとも就寝前は念入りに磨こう。歯磨き後は軽くゆすぎ、歯間ケアも忘れずに。歯周病の多くは歯と歯の間の歯肉から始まる。若年層はフロスを、歯の隙間が広くなる40代以上は歯間ブラシを使う。フロスは両手の中指に糸を巻きつけ、長さ約5cmに調整。歯や歯茎が傷つかないように、少しずつゆすりながら歯の間にさし込む。口の内側の指は固定し、外側の糸を動かして歯の両側を片側3回ずつこすり上げて磨く。歯間ブラシも同様に動かす。

  歯周病は口腔(こうくう)内のトラブルにとどまらない。炎症物質や歯垢中の歯周病菌が血中に流れ込んで体中に広がり、心臓病や脳梗塞を悪化させるほか、肺炎や早産、低体重出産と関連することが最近の研究で分かっている。歯周病を防ぐことで動脈硬化のリスクを低減するほか、アルツハイマー型認知症の予防にもっながるという。「若い頃は年1回、40代以上では半年に1回は歯科医でケアをしてほしい」 (和泉教授)。毎日の丁寧な歯磨きで、歯茎と全身の健康を守りたい。(ライター結城 未来)






2018-05-12・・・日経より引用
◆大人の鼻血軽視は禁物
    まず正しい姿勢で止血
    高血圧で止まりにくく・病の可能性も


  大人になって、突然鼻血が出るとドキッとする。出血が止まりにくかったり、頻繁に繰り返したりするなら、注意が必要だ。大人の鼻血につながる病気を知って、気になる人は早めに耳鼻咽喉科を受診しよう。


  小さい子供は転んだり、人とぶつかったりするだけでも鼻血を出しやすい。子供特有の症状と考えられがちだが、実は鼻血は中高年以降にも多く見られる。空港前クリニック(新潟市)耳鼻咽喉科の川崎克院長は「鼻血で来院する人を調べたところ、10代以下と60代以上にピークがあった」と指摘する。子供は季節にあまり関係なく来院するが、大人の場合は乾燥した寒暖差のある季節に増えるのが特徴だという。鼻血の9割は、鼻の穴から1g㍍ほど奥にあるキーゼルバッハ部位で起こる。

  鼻の皮膚と粘膜の境目にあり、細く小さな血管が密に集まっているので、ちょっとした傷でも出血する。子供の鼻血は鼻炎や鼻をほじるクセなど、鼻の粘膜に原因があるので、鼻血が出やすい半面、指で圧迫することでほとんどの場合は止まる。大人の鼻血は高血圧や糖尿病、腎臓症などの病気や、飲んでいる薬の影響など、全身の状態がからんでいることが多い。東京慈恵会医科大学付属病院(東京・港)耳鼻咽喉科の浅香大也講師は「子供の鼻血と比べると、大人の鼻血は止まりにくく、出血量も多くなるので注意が必要」と話す。

  川崎院長は「中高年の男性の場合、動脈硬化が進んで血管がもろくなっており、血圧も高い。鼻腔(びくう)の奥の太い血管から出血するケースも多い」と指摘する。鼻血が出たら、まずは正.しい対処法で、止血できるかどうかを見極めよう。椅子に腰掛けて、軽く下を向いた姿勢を保つ。小鼻と呼ばれる、鼻先の左石のふくらみを親指と人さし指でつまみ、5~10分間ほど保持する。ティッシュペーパーは挿入しても、しなくてもよい。

  ティッシュを詰めた場合、頻繁な交換は粘膜を傷つけるので避けよう。この対処法で血が止まらない場合は、注意が必要な鼻血といえる。浅香講師は「高齢者は止まらない鼻血が原因で貧血を招くことがあるので、早めの受診を」と勧める。脳梗塞や心筋梗塞の治療で血液を固まりにくくする抗凝固薬(ワーファリンなど)、抗血小板薬(バイアスピリンなど)を飲んでいる場合も、鼻血は止まりにくくなるという。耳鼻咽喉科では、血管を収縮させる薬をしみ込ませたガーゼなどを詰めたり、傷ついた粘膜を高周波で焼いたりするなど、専門的な方法で鼻血に対処する。

  鼻腔の奥の太い動脈から出血している場合は、鼻の穴から内視鏡を挿入し動脈をレーザーで焼く、クリップで止める、といった治療法もある。大人になって、頻繁に鼻血を繰り返すという場合も要注意だ。鼻血の背後に、重要な病気が隠れているケースがある。例えば、オスラー病(追伝性出血性末梢血管拡張症)は血管の形成に異常が起こる病気で、40歳以上の患者の9割が鼻血を繰り返すといわれている。

  放っておくと肺の血管などに血栓ができやすくなり、脳梗塞などの原因になる。鼻血をきっかけに、精密検査などを勧められる例は多い。鼻血が癌の早期発見につながることもある。東京慈恵会医科大学付属病院では鼻血で受診する患者も多く、そのなかにまれではあるが副鼻腔腫瘍が見付かることがあるという。浅香講師は「過度な心配は不要だが、繰り返し鼻血が出る場合は、早めに耳鼻咽喉科を受診してほしい」と話している。(ライター荒川 直樹)






2018-05-26・・・日経より引用
◆症状出にくい体質に改善・「舌下免疫療法」
    スギ花粉症、夏から対策
    舌の下に薬投与/3~5年間、毎日続けて

  スギ花粉症の季節が終わり、マスクや薬から解放された人も多いだろう。花粉が飛散しないこの時期は、花粉症をもとから治す「舌下免疫療法」の始めどきた。6月には新しい薬も登場。特徴と治療の注意点を探った。


  スギ花粉症の治療は、内服薬や点鼻薬でくしゃみや鼻水などの症状を抑える対症療法が主流。それに対し、舌下免疫療法は花粉症をもとから治す治療法だ。アレルゲン(アレルギーの原因になる物質)のスギ花粉を年単位で投与して体を慣らし、アレルギー症状が出ないようにする。「スギ花粉症を起こす体質そのものを改善する根治療法」と日本医科大学付属病院(東京・文京)耳鼻咽喉科・頭頚部外科の大久保公裕教授は説明する。

  ある程度の量のアレルゲンを継続的に体内に入れていくと「逆にアレルギー反応を抑制するような免疫反応が起こる」という。2014年から、スギ花粉のエキスが入った薬を舌の下に授与する方法が健康保険の適用になり、自宅で治療できるようになった。対象は血液検査などでスギ花粉症と診断された12歳以上の患者。本人が希望すれば重症度に関係なく受けられる。重症の気管支ぜんそくや心臓病、癌、妊娠・授乳中の人などは適応外

  これまでに約9万人が治療を受けている。1日1回、スギ花粉のエキスが入った薬「シダトレン」を舌の下に噴霧し、2分間保持した後、飲み込む。最初の2週間は少量から始めて徐々に用量を増やし、以降は最大量を授与する。これを3〜5年間、毎日続ける。治療を始めるタイミングは「スギ花粉が飛ぶ季節が終わった6月以降がよい」と、ふたばクリニック(東京・新宿)の橋口一弘院長は話す。この時期から始めれば、次のシーズンにはくしゃみや鼻水、鼻づまり、日のかゆみなどの症状が軽くなる、飲み薬や点鼻薬などの量が減らせるといった効果が期待できるという。

  橋口院長のところでは現在約70人が治療中で、9割程度の患者で改善が認められるという。「1年目より2年目と、治療期間が長くなるほど効果は高くなる」。厚生労働省の研究班が実施した患者アンケートでは、治療を始めた翌シーズンに約8割の人が症状の改善を自覚していた。アレルゲンを体内に入れるため、アレルギー反応で副作用が起こることもある。多いのは口の中の腫れや喉のかゆみ、口内炎など。「最初の1、2週間に起こりやすいが、ほとんどが一時的」(橋口院長)。

  安全を期して、初回は医療機関で投与し、その後30分間以上観察する。処方する医師には、事前に治療法の講習会受講と、確認試験の合格が義務付けられている。今年6月末には錠剤型の新しい薬「シダキュア」が登場する。舌の下で1分間保持する錠剤で、スギ花粉の含有量も多く「効果が現れるのが早い」 (大久保教授)。効果が強い分、副作用の頻度は上がりそうだが、多くは局所的なものだという。シダキュアは年齢制限がなく、小児も使える。

  橋口院長は「子供は大人以上に症状がひどくなりやすく、使える薬が限られる。根治療法のメリットは大きい」と話す。新薬のため、2019年4月までは1回14日分の処方が限度だ。舌下免疫療法の薬代は3割負担で1日約40円。他に初診料や処方料、検査代などが必要。スギ花粉以外の花粉症には効果が期待できないほか、1〜2割の人には効かないことも知っておこう花粉が飛ぶ時期には治療を始めることができない。対症療法で薬やマスク、ティッシュペーパーなどの出費が毎年かかることを鑑みると、治療費の面でも期待できる選択肢になりそうだ。(ライター佐田 節子)








2018-05-28・・・日経より引用
◆「飲み込む力」鍛えて
    早期対応で、「口から食」長く
    喉の仕組み理解し訓練を

  加齢に伴うのどや舌の筋力低下などによって口からう
まく食べられない「摂食僻下(えんげ)障害」の患者は誤嚥(ごえん)性肺炎などを発症するリスクが高まる。胃ろうなどチューブを経由した栄養摂取が必要になると生活の質も低くなる。衰え始めた早期から「飲み込む力」を鍛え、高齢になっても日から食べられるように支援する取り組みが広がっている。


  「のどの奥に少し唾液が残っていますね」。神戸市の神鋼記念病院耳鼻咽喉科、浦長瀬昌宏科長は、兵庫県養父市の河浪繁さん(80)の鼻から内視鏡を挿入し、映し出したモニター画面を指し示した。河浪さんは2年前から誤嚥性肺炎を繰り返している。浦長瀬科長は「唾液がたまるのは、のどがスムーズに動いていないため。こうした唾液が誤って気管に入るとまた肺炎を起こしますよ」と説明する。河浪さんは昨年12月から月1回のペースで浦長瀬科長の「嚥下トレーニング外来」を受診。内視鏡画像を見ながら、飲み込むときののどの動きを教わり、「自宅では1日3、4回、のど仏を上げ下げするトレーニングをしている」という。


*のど仏を動かす
  のど仏の部分(喉頭)が上がると食道の入り口が開く一方、誤って唾液や飲食物が入り込まないように気管や鼻の入り口が閉じる。「喉頭は食道に飲食物を送り込むポンプの役割を果たしている」という浦長瀬科長は「飲み込む力を高めるには、のど仏を動かす訓練が有効」と解説する。同科長は飲み込む力が低下した症状として、①疾(たん)がのどによくたまる②食事中や食後によくむせる③せき払いが増えた--など10項目を挙げる。

  8項目以上が該当すれば帳下障害の恐れがあり、耳鼻咽喉科の受診を勧めている。同外来では軽症の摂食嚥下障害の患者を中心に対応している。早い段階から飲み込む仕組みを理解してもらい、「のど仏を上げて止める」などの訓練を続け、飲み込む力を衰えさせないためだ。同科長らはこうした訓練を予防医療として広げようと、2017年に「同科長らはこうした訓練を予防医療として広げようと、17年に「嚥下トレーニング協会」を設立。神戸と東京に教室を開いて指導している。

  普段は何気なくしている「飲み込む」という動きは嚥下トレーニング協会」を設立。神戸と東京に教室を開いて指導している。普段は何気なくしている「飲み込む」という動きは実は複雑だ。浜松市リハビリテーション病院の藤島一郎院長は「脳の延髄に中枢があり、大脳がコントロールして口や異のど、食道などの器官をタイミング良く動かすことでせき込まずに飲み込めている」と説明する。


*重症なら手術も
  うまく飲み込めなくなる原因としては加齢に伴うのどや舌の筋力低下のほか、脳卒中や認知症、パーキンソン病、ALS(筋萎縮性側索硬化症)といった神経難病、さらには口腔(こうくう)、咽頭、食道の癌など多岐にわたる。同病院では、初診患者は問診などの後、磁気共鳴画像装置(MRI)かコンピューター断層撮影装置(CT)でのど周囲の画像を撮影。さらに鼻から内視鏡を挿入してのどの様子を診る検査やエックス線で透視しながら飲み込む器官の動きを調べる嚥下造影検査などを実施する。検査結果を総合して、障害の程度を評価。

  軽症なら舌や頬(ほお)の筋肉を鍛える訓練法や飲み込みやすい「嚥下食」の調理法、誤嚥しにくい姿勢などを患者・家族に教える。藤島院長は「訓練でも障害が改善しない場合は、食道の入り口を広げたり喉頭を持ち上げたりする手術を行うこともある」という。2011年に「えんげと声のセンター」を開設した同病院では外来から入院手術、リハビリテーションまで一貫して対応している。摂食階下障害に関する相談を受け付けている医療機関は、日本摂食隋下リハビリテーション学会がホームページ(https://www.jsdr.or.jp/consuit)で紹介している。(編集委員 木村彰)




*多職種連携し支援、訪問対応も進む
  摂食嚥下障害への対応は様々な専門職によるチーム医療が特色だ。札幌市の愛全病院では回復期リハビリテーション病棟の看護・介護職員、リハビリ専門職、管理栄養士らが多職種チームを組織。独自に作成した患者の障害の状態を評価する「アセスメントツール」で情報を共有する。同病棟の押野郁治看護科長は「7割強の患者が経管栄養から口による食事にすることができ、誤嚥性肺炎の発生をほぼなくせた」と成果を説明する。

  訪問診療を通じて地域の患者への対応に力を注ぐ動きもある。2013年に開設した日本歯科大学口腔リハビリテーション多摩クリニック(東京都小金井市)は外来と訪問診療に特化。計16人の歯科医師、8人の歯科衛生士と、言語聴覚士2人、管理栄養士1人の体制で1日当たり約100人の外来患者と在宅患者を診療している。約6割の患者は75歳以上で、菊谷武院長は「在宅では隣下機能が低下した重症患者が多い」という。このため「嚥下訓練のほか、食べやすい調理の工夫を教え、少しでも多く食べて栄養状態を改善することに重点を置いている」と話す。


■誤正
5/28付き「飲み込む力」鍛えての記事中、「のど周囲の画像を撮影」とあるのは「脳病変の有無をチェック」の誤りでした。