サブページに戻ります
18

歯・鼻舌喉の過程[03]


◆注目されている「ワセリン又は白ワセリン」
      効能効果、手足のヒビ・あかぎれ・皮膚のあれ・花粉症(鼻に塗る、鼻・眼)、詳しくはYouTubeなどで


2016-09-25・・・日経より引用
●鼻グズグズ…秋の花粉症
    ブタクサやヨモギまず血液検査
    マスクや薬で防衛/ダニにも注意

  野外でのバーベキューの後、くしゃみや鼻水、鼻づまりが治まらない。風邪をひいたのかなと思うが、「熱はない」 「一週間以上長引いている」 「そういえば去年も似た症状が」。思い当たる人は秋の花粉症かもしれない。花粉症がある人は果物でも口の中などにアレルギー症状が出ることもある。専門家に症状や注意点、治療法などを聞いた。

  日本人の約2000万人が悩まされているとされ、国民病とまで呼ばれるのは春のスギ花粉症。だが、ほかにも様々な植物の花粉が1年中飛散している。スギ花粉症の人やアトピー性皮膚炎など、もともとアレルギー体質の人は、スギ以外の花粉でも症状が出やすいという。


*今月がピーク
  国立病院機構相模原病院(相模原市)では1965年から、病院の屋上で装置を据えて花粉量を定点観測している。そのデータによれば、イネ科のカモガヤやハルガヤなどは春秋に2つのピークがあり、キク科のブタクサやヨモギなどは8月前後から飛散し始め、9月にピークを迎える。花粉の飛散状況・季節には地域差があるが、おおむね相模原と同様の傾向にあるという。また、ダニの活動が活発になるのは梅雨時だが、9月はその死骸が増加する。そのほか、カどの胞子も飛びやすくなる。夏に出たゴキブリの死骸やガの羽の粉も原因になる。

  相模原病院臨床研究センター花粉症研究室長で耳鼻咽喉科医の石井豊太氏は「イネ科やキク科の花粉症の人は、スギ花粉症やダニやハウスダストによるアレルギーをあわせ持っていることが多い」という。「早めに対策を講じるためにも、自分がどのようなアレルゲン(アレルギーを起こす抗原物質)に対して陽性なのかを一度は調べておいたはうがいい」という。血液検査で、それぞれの抗原物質に対する抗体の有無や反応のしやすさが分かる。

  免疫系の細胞が異物を認識して攻撃対象とすると、血液中に抗体が作られる。次に同じ抗原物質に出合うと、排除しようとして鼻水や涙、くしゃみが出る。免疫系が過剰に反応してしまうことをアレルギー症状という。花粉にアレルギーのある人は、口腔(こうくう)アレルギー症候群にも注意が必要だ。果物がおいしい秋だが、ある種の果物や野菜の持つ抗原物質に反応する場合がある。

  果物や野菜の抗原物質の構造が花粉のものと似ており、食べた直後に、唇、舌、喉などに、かゆみやしびれ、むくみなどが生じることがある。例えば、カバノキ科のハンノキやオオバヤシャブシ、シラカンパ(シラカバ)などの花粉症の人なら、リンゴやナシに注意しよう。ブタクサの花粉症なら、メロンやスイカ、バナナを食べて起きることがある。つらい花粉症の治療だが、中心はマスクや抗アレルギー薬を飲むという対症療法になる。風邪をひかないよう注意をしたい。風邪で鼻の粘膜のバリア機能が弱くなると、抗原物質が入り込みやすくなるからだ。ストレスも避けたほうがいい。


*舌下免疫療法も
  一方、スギ花粉症には朗報もある。根本療法とされるアレルゲン免疫療法(滅感作療法)が大きく進化した。抗原物質を低濃度で体内に取り込み、徐々に濃度を上げて慣れさせる。過剰反応しないようにさせる。20世紀初頭から皮下注射する方法はあったが、日本医科大学の大久保公裕教授らが、より安全でより簡便な方法を開発。2014年からスギ花粉から抽出した抗原エキスを口に含む「舌下免疫療法」を実用化した。対象は原則12歳以上。スギ花粉の場合、来春に備えるには遅くとも年内に始めなくてはいけない。花粉が飛ぶ1~5月に始めると、免疫反応が強く出過ぎる恐れがあるからだ。

  1日1回、舌の下に2分ほどエキスを保った後に飲み込む。ごく少量から始め、2週間ほどかけて1回1㍉㍍まで増やしていく。エキスはグリセリンを含んでいるので、やや甘い。臨床試験では、約2割で全く症状がなくなり、7割で症状が軽減。3年ほど継続した後にやめても数年間は効果が持続するとされる。極めてまれだが、口腔アレルギー症候群で、アナフィラキシーショックと呼ぶ急性の強いアレルギー反応を起こす危険性があり、きちんと関連学会の講習等を受けた医師のみが処方できる。ダニアレルギーについても舌下免疫錠が登場した。今後、他の植物でも、舌下免疫療法用の様々な抗原物質の開発が進むと期待されている。ライター(塚崎 朝子)




*免疫の仕組みに働きかける研究も
  先進国で花粉症などのアレルギー疾患が急増する原因を説明する考え方の一つに「衛生仮説」がある。全ては説明できないものの、衛生環境が整うと、本来は病原体を標的にしていた免疫系細胞が、花粉やホコリなどを攻撃して症状が起きやすくなるという。免疫の根本に働きかける治療法研究も進む。舌下免疫療法では過剰な免疫を抑える制御性T細胞(Tレグ)が増加する。Tレグは体内にもとからあり、飲み薬で増やせるという。Tレグ発見者の坂口志文・大阪大学特任教授は「花粉飛散の数カ月前から薬を飲んで増やし、季節が過ぎれば服薬をやめるのが理想的」と予防法開発に取り組む。




2017-02-19・・・日経より引用
●花粉に慣れて、かゆみサラバ
    「スギ」に舌下免疫療法実用化から3年
    7~8割効果、薬不要の人も

 今年もスギ花粉症のシーズン本番が近づいてきた。日本人の4人に1人は鼻水や目のかゆみに悩まされているともいわれる。その根本的な治療になりうると期待されるのが「舌下免疫療法」だ。花粉のエキスを毎日少量ずつ摂取し、体が花粉に慣れるようにしてアレルギー反応を抑える。実用化から3年目を迎え、効果を実感する人も増えてきた。

  東京に住む20代の会社員の男性は、中学生のころから毎年、花粉症による鼻水や鼻づまりに苦しめられてきた。だが2015年の夏に舌下免疫療法を始めたところ、翌16年の春にはほとんど薬を併用せずに過ごせたという。「花粉症がないと春はこんなに楽なのか」と少し驚いた様子だ。花粉症は本来は体に害のない花粉によって起きる。空気中を大量に飛ぶ花粉が鼻や目の粘膜から体内に入り込むと、体はこれを異物として認識し、排除しようとする免疫が働く。花粉にくっつく抗体ができ、抗体はマスト細胞(肥満細胞)という免疫の細胞に結合する。

  するとマスト細胞はヒスタミンなどの化学物質を放出し、鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどの症状を引き起こす。本来は体を守るためにある免疫が過剰に働き、こうした炎症をもたらすことをアレルギー反応という。花粉症薬はヒスタミンの働きを抑える作用があり、症状は和らぐが、花粉症を起こさないようにはできない。花粉を少しずつ摂取して体を慣らしていけば、アレルギーを抑え、花粉症を治すことができるのではないか。こうした発想から生まれたのが免疫療法だ。

  欧州では1980年代後半から、花粉のエキスを舌の下に垂らし、口の粘膜から吸収する舌下免疫療法が始まった。日本に多いスギ花粉症にも効果があるのかを調べる臨床試験が実施され、結果は良好。2014年に日本でも承認され、健康保険の適用になった。免疫療法自体は新しいものではない。1970年代には花粉のエキスを皮下注射する手法があった。ただ2~3年間通院して注射を受けねばならず、負担が大きい。まれにせんそくの発作や命にもかかわるアナフイラキシーショックなどの副作用が起きるとされ、次第に行われなくなった。

  より負担の少ない手法として実用化されたのが舌下免疫療法だ。まず血液検査でスギ花粉症であることを確かめる。スギ花粉から作ったエキスを1日1回舌の裏側に垂らし、2分間なじませてから飲み込む。口の粘膜を通じてエキスが体内に入る。エキスの量や濃度を段階的に上げることで体がスギ花粉に慣れ、つらい症状が起きにくくなるとみられる。副作用として、口の中の腫れやかゆみなどが出ることもある。大事なのは毎日続けることだ。千葉大学の岡本芙孝教授は「しっかりとした効果を得るために最低でも2年間、できれば3年間続けてほしい」と話す。

  3割負担の保険診療で、料金は1カ月1000円程度。2~3年続けるとなると数万円かかり、このほか検査費用なども必要だ。現在全国で約6万人が治療を受けているという。千葉大は日本医科大学多摩永山病院、埼玉医科大学などと共同で、治療を始めた患者に15年と16年にアンケート調査を実施した。7~8割の患者は例年より症状が軽くなり、おおむね期待通りの効果が得られたと回答。治療を始めて1回目のシーズンより2回目の方が症状は軽くなり、効果を感じる人も増えた。16年は薬を併用せずに済んだ患者が2割程度いた。

  主観的な感想はとかく良い方に振れがちなので注意が必要だが、「患者からの評価は高いようだ」と岡本教授は話す。ただし今年の花粉に備えて舌下免疫療法を始めることはできない。効果が出るのに2〜3カ月かかるうえ、花粉の飛散期に始めると予期せぬ副作用が起きる恐れもあるからだ。現在、治療対象は12歳以上に限定されているが、12歳未満の子どもについても臨床試験(治験)が進められている。免疫療法が効く詳しいメカニズムは分かっていない。東北大学の菅原俊二教授らはマウスに舌下免疫療法を行い、免疫のブレーキ役となる制御性T細胞が増えることを見つけた。アレルギー反応を抑えるブレーキの働きが効果をもたらしている可能性がある。菅原教授は「人で直接調べるのは難しいが、メカニズムが分かればより効果的な治療法につながる」とみている。(越川智瑛)




*予防効果検証へ臨床試験
  花粉症は、いったん発症するとほとんど自然治癒はしない。発症する前に免疫療法を受け、花粉に体を慣らしておけば、発症を防げるかもしれないと期待されている。千葉大学や山形大学などは共同で、2014年から舌下免疫療法による花粉症の予防効果を検証する臨床試験(治験)を始めた。まだ花粉症を発症していない人に12~4月に舌下免疫療法を受けてもらい、受けていない人と発症する割合が違うかどうかを調べる。

  14年12月に始めた人は今年で3回目の花粉シーズンを迎え、16年12月の人は今春が初めての飛散期だ。予防効果が何年ぐらい続くのかも調べる。結果は今年夏ごろにはまとまる見通しだ。先行して千葉大学が単独で実施した試験では予防効果が見られたという。免疫療法は発症する前の方が効果が出やすいとの見方もある。千葉大の岡本莫孝教授は「特に子どもには予防が重要」と話している。




2018-08-20・・・PLUSI健康より引用
◆本当は知らない歯周病



 













2018-10-03・・・日経より引用
◆歯磨きでミドルを元気に
    2本ずつ小刻みに・フロスなどを活用

  「ミドル世代の体の元気は歯の手入れから」。日課になっ、ている食後の歯磨き。だが、40歳代以降は歯周病で歯を失う人が増えてくる。働き盛りで歯科医院へ行く時間もなく、手遅れになりがちだ。効果的な歯のケアを習慣づければ、シニアになっても歯の数を十分に保って食事が楽しめるほか、様々な病気の予防につながり健康寿命を延ばすことができる。

  「40歳を超えると抗菌効果がある唾液が出にくくなるほか、かむ力が衰えて口の中が汚れやすくなります。食べかすを栄養源とした細菌が増え、プラーク(歯こう)となり歯周病が悪化します」。80歳になっても歯を20本以上保とうという運動を展開する公益財団法人8020推進財団(東京・千代田)の高野直久専務理事(歯学博士)は警告する。歯周病は働き盛りの年代の約8割が雁患(りかん)しているとされる。歯と歯ぐき(歯肉)の闇の歯周ポケットにたまったプラークの中にいる歯周病菌で炎症が広がり、やがて歯を支える土台の「歯槽骨」が溶けて歯が抜け落ちる病気だ。「加齢で歯が抜けるのではありません。

  毎日、正しく手入れをすれば、高齢になってもすべての歯が残せます」。公益財団法人ライオン歯科衛生研究所(東京・墨田)の後藤理絵・健診事業推進室長(歯科衛生士)は企業などに出向いて正しい口のケアを指導する。歯の病気の予防にはまず歯磨きだが、正しく歯ブラシを使っている人は意外に少ない。力まかせに歯の表面をゴシゴシこするより、ブラシの毛を2本ずつ当てて約20回軽くブラッシングする方が効果がある。歯と歯ぐきの境目の汚れには歯ブラシを45度の角度で当て小刻みに動かす。毎食後に加えて就寝前は必須。睡眠中は唾液の量が減り、細菌が増えやすい環境になるためだ。

  ただ歯の汚れは「歯ブラシだけでは7割程度しか落い」(高野専務理事)。年齢を重ねるとともに歯と歯の隙間ができてくる。食べ物がつまりやすくなり、細菌の温床になる。これを退治するために使うのが歯間ブラシだ。ゆっくり差し込み、ブラシ部分を水平にしてゆっくり前後に数回動かす。「初めて歯間ブラシを試したら毛先に血がついて、傷つけたと驚いた」と50代の男性会社員は話す。ただこれは「歯周病で歯肉が腫れて少しの刺激で出血したため。痛みがなければ、継続すれば汚れが落ちて腫れが改善し出血もしなくなります」 (後藤室長)。

  メーカーのライオンは不安を持つ人のためにゴムタイプの歯間ブラシを発売した。同様に歯ブラシが届かない狭い隙間にはデンタルフロスが適している。奥歯には毛束が1つの部分磨き用ブラシ(タフトブラシ)と使い分けるのが効果的。歯周病自体は虫歯と凄い、進行しないと痛みを感じる機会が少ないため、軽視されがちだ。だが高野専務理事は「プラークは細菌の固まり。歯周ポケットの歯肉から、毛細血管に入って様々な病気を起こします」と注意を促す。糖尿病や脳血管性認知掟、狭心症や心筋梗塞など全身の病気と関係が深いことが明らかになっている。歯の手入れは重大疾患の予防にもつながる。(近藤英次)




*定期健診受けて快適な老後を

  50代から射歳代の約3割が口臭に悩んでいる。ライオンが2017年に調査したところ、口臭を気にする人は「会話を控える」 「大声で笑うのをためらう」など自ら行動を制限している。この嫌な臭いのもとは舌についた汚れが原因と思われがちだが、歯周ポケットに潜む菌から出る成分が、より少ない量で周囲に気づかれやすい悪臭を放つという。家族からひどい口臭を指摘されても、歯に痛みがないと医療機関に足を運ばない人が大半だ。歯科医師や歯磨き製品の会社が口をそろえるのは「年に1、2回は定期健診に行こう」。誕生日や結婚記念日などにひっかけて受診すると効果的。治療のほか薬用歯磨きや歯間ブラシなどケア商品の選び方、歯磨き方法などもアドバイスしてくれる。東京歯科大の斎藤渾教授は40歳代以降に定期健診を受けることが「リタイアした後の生活を健康で快適に過ごせるかどうかを決める」と助言する。




2018-10-13・・・日経より引用
◆歯はメンテナンスに重点

  かぶせて治療した歯の寿命はどのくらいですか、と質問を受ける機会が多い。治療には時間や経済的な負担が多少とも伴うので、疑問に思うのは当然だろう。歯科医師の立場では、治療後の見通しを答えやすい場合もあれば、判断が難しいこともある。病状についての見通しを医学の用語で「予後」と呼ぶ。「かぶせた歯の予後はよいと思います」などと使う。かぶせ物や差し歯、ブリッジ等で歯を修復する「補綴・ほてつ」の予後は、修復の状況や歯周病の進行度合い、根尖(こんせん)部の状態を含めて考える。補綴によって歯の見た目がきれいになると安心する人は多いが、予後は土台となる歯根の部分も含めて決まってくる。

  調査によると、日本人の抜歯の原因は歯周病が約44%で、虫歯の33%よりも多い。かぶせものや詰め物をしても、歯の根元の部分が徐々に悪くなるケースがあるからである。かむ力で歯が割れる「破折」は約11%。歯周病の歯や修復した歯は、かむ力の強さに負ける傾向がある。歯の抜けた部分には歯を入れて、力の負担を分散することをお勧めしたい。歯がきれいに治ると、全てが良くなったように感じるかもしれない。実際は、歯に汚れを残さないために正しい歯磨きやケアを治療後も続けて、歯周病やかぶせた縁からの虫歯発生を防ぐことが欠かせない。

  歯並びが悪かったり、歯と歯の間に食べ物が挟まったりする場合は、フロスや歯間ブラシ、頭の小さいワンタフトブラシも併用してほしい。最近は、歯周病に影響をおよぼすものとして糖尿病や喫煙が挙げられる。生活習慣病の歯の寿命への影響も侮らないようにしよう。今の歯科医院は痛い治療を受けるところではなくなり、メンテナンスを受けるところになりつつある。治療で通院中という人も諦めずに治療を続けて、メンテナンス目的の通院に移行してほしい。(国立病院機構東京医療センター歯科口腔外科医長大鶴 洋)




2018-11-17・・・日経より引用
◆口角炎に3つの原因

  唇の脇が割れる症状で悩んでいる人もいるだろう。炎症により、唇の両脇にある口角に腫れや亀裂ができるのを口角炎と呼ぶ。悪化すると口を開けた時に痛みが走るため、食事や歯科受診時に支障をきたす。口角炎の原因は主に3つある。多くの人が思い浮かべるビタミン不足のほか、刺激と真菌感染が原因になる。義歯や唾液が口角に常に接れていいると、刺激をもたらす。口角部は内面が粘膜、外面は皮膚で構成される。唾液が多いと、外面の皮膚側に常に唾液が付着してただれた状態となり、炎症が生じて「口角びらん」になる。

  真菌はカンジグと呼ばれる菌で、水虫の原因菌と同じ。もともと唾液内に浮遊している菌で、口角部にとどまるとびらんを引き起こす。カンジダは口が乾燥しやすい高齢者癌化学療法を受けている人や、副腎皮質ホルモン(ステロイド)を服用または吸入している人の口の中に特に多い。治療の際は、ビタミン不足が原因ならビタミンB群を補給する。義歯や歯の接触による刺激が引き金になっているときは、義歯を調整したり歯の形態を修正したりする。義歯のかみ合わせが低いと唾液がたまりやすいので、かみ合わせを高くすることもある。

  ただ、調整でかみ心地に違和感が生じるケースもあるので、歯科で相談するとよいだろう。カンジグが原因の場合には、抗真菌剤を使う。抗真菌剤にはうがい薬や口に含むゲル剤、塗り薬、内服薬がある。口角炎の治療には口の中のカンジグ菌を減らすことが重要なので、内服薬よりもうがい薬やゲル剤を処方する例が多い。口角部の唾液をこまめに拭き取ることも大切だ。カンジグはまた、ステロイドにより菌が増えることがある。口腔用の軟こうにはステロイドが含まれていることがあるので、軟こうを塗っていても治らない場合は、医師や歯科医師に確認してほしい。(国立病院機構東京医療センター歯科口腔外科医長大鶴 洋)