サブページに戻ります
18

歯・鼻舌喉の過程[04]

2019-04-20・・・日経より引用
◆歯磨きの常識を見直そう
    1回数より歯垢除去/歯磨き剤、十分な量を・日1回口内リセット

  「毎食後の歯磨きを」「歯が削られるから歯磨き剤は少なめに」一一。歯磨きの常識とされてきたことが、必ずしもそうではないとわかってきた。虫歯や歯周病の予防に効果的な歯磨きのポイントを知っておこう。

  日本人は歯磨き好きだ。厚生労働省の2016年歯科疾患実態調査によると、調査を受けた人の95%が歯を毎日磨き、77%は1日2回以上磨いている。にもかかわらず、65歳以上の人の虫歯は増加し、歯周病の指標となる「4㍉㍍以上の歯周ポケット」がある人も年々増えていた。歯をしっかり磨いているのに虫歯や歯周病が増えている一因は、日々の歯磨きの方法にある。東京医科歯科大学大学院口腔疾患予防学分野の品田佳世子教授は「磨いているのと磨けているのは違う。こまめに歯磨きしているからと安心し、磨き残しが蓄積している人が少なくない」と指摘する。

  不適切な方法で同じ箇所ばかり磨くと、歯と歯茎を覆うエナメル質の薄い部分が削れて中のセメント質がむき出しになる。虫歯や歯がしみる知覚過敏を起こすこともある。「歯周病や虫歯を防ぐための歯磨きで肝心なのは回数ではない。1日1回は歯と歯の間や歯と歯茎の境目にある歯垢を丁寧に落として、口の中をリセットすることが必要」と品田教授は強調する。歯垢の中で虫歯や歯周病の原因となる細菌が増えるのに約24時間かかるからだ。食事に含まれる酸で歯の表面が溶けるため、食後すぐの歯磨きは避けた方がいいとの報告もある。しかし鶴見大学名誉教授の桃井保子氏は「唾液には溶けた歯面を修復する作用がある。

  普通に唾液が出る人は気にしすぎる必要はない」と指摘する。ただ、「唾液が少ない人は、酸味の強い食事をした後すぐの歯磨きは控えた方がよい」。力を入れすぎないのも大事。「手の爪の生え際の部分で歯ブラシを動かして、痛くない程度の力にする」 (品田教授)。歯ブラシをペンのように持つと磨きやすい。歯垢をしっかり落とすために重要なのが、デンタルフロスや歯間ブラシなどの歯間清掃用具だ。歯ブラシのみで落とせるのは歯垢の約6割。フロスや歯間ブラシを併用すれば、8割ほど落とせる。フロスを使うときは、「歯と歯茎の境目にフロスを入れ、中の歯垢をかき取ることが大切」 (桃井氏)。歯と歯の間にフロスをジグザグ動かして通す。

  歯茎に到達したら、スッと進む範囲で、歯と歯茎の間までフロスを入れる。次に、フロスを歯の表面に沿わせて歯垢をこすりとる。一連の動作を、フロスを入れた歯間の両側にある歯で繰り返そう。歯磨き剤は歯を削るので少なめに使うよう勧められたことがある。桃井氏によると、最近の歯磨き剤に含まれる研磨剤が、通常の歯磨きで歯を削ることはないという。「フッ素(フッ化物)など歯磨き剤の薬用成分の効果を得るためには、十分な量を使った方がいい」と勧める。フッ素には溶けたエナメル質を早く元に戻して歯質を強くし、歯垢の中で細菌が増えるのを抑える作用がある。

  それらの効果を得るには、15歳以上で約2c㍍の長さの歯磨き剤が必要。歯質が未熟な子供は、高濃度のフッ素で歯の変形などが起こるので減らす。歯磨き剤の効果を高めるコツもある。「歯全体に歯磨き剤を塗り広げてから歯を磨き、.歯磨き剤を吐き出した後は少量の水で1回うがいする。その後は1〜2時間飲食をしない」 (品田教授)。夜寝る前に実践しやすい。適切な歯磨きを毎日の習慣に取り入れて、歯と口の機能を維持しよう。(ライター武田 京子)






2019-12-14・・・日経より引用
◆侮れない冬の唇荒れ、放置せず病潜む恐れ
    なめるのは逆効果/歯磨き剤が刺激も

  空気が乾燥する冬は唇が荒れがちだ。放置していると重症化しかねない。また、胃腸障害など他の疾病が潜んでいることもある。決して侮らずに、唇荒れにつながる習慣を見直し、予防、改善に努めよう。

  冬は唇の荒れが気になる季節だ。ユースキン製薬(川崎市)が10〜40代の女性1000人を対象に行った調査では、85%の人が唇の荒れを自覚。そのうちの半数以上が軽度のかさっき、約20%が皮むけや軽度のひび割れ、約10%がひび割れて出血や痛みがあると答えている。唇は粘膜と皮膚の境目にあり、他の部位の皮膚とは構造が異なる。アオハルクリニック(東京・港)院長の小柳衣吏子氏は、「油分を保つ皮脂膜がほとんどなく、皮膚の外側の角層が非常に薄い」と解説する。そのため、水分が蒸発しやすく、バリア機能を保ちにくい。外的刺激の影響も受けやすいという。唇荒れに最も影響するのは、気温や湿度の低下による乾燥だ

  乾燥により唇が乾くと、なめてうるおそうとしがち。だが、唾液とともに唇に残る水分まで蒸発するので、かえって乾燥が進む。唇が荒れると気になって、なめるほか、かむ、唇を巻き込んでぎゅっと閉じる、皮をむくといった癖が生じやすい。「そうした癖が、唇荒れを助長する悪循環につながってしまう」 (小柳氏)また、冬には見落とされがちだが、唇は紫外線の影響も受けやすい。乾燥が進みバリア機能が低下した状態で無防備に紫外線を浴びると、「唇が荒れるだけでなく、外縁に点々とシミができることもある」 (小柳氏)という。東邦大学医療センター大森病院(東京・大田)皮膚科臨床教授の関東裕美氏は、「歯磨き剤に含まれる洗浄成分が刺激となって、唇荒れを起こしているケースもある」と指摘する。

  唇荒れが気になるときは、歯磨き剤の使用を中止し、歯ブラシでのブラッシングやフロスのみで様子を見ると、改善することもある。唇の荒れを防ぐには、保湿と紫外線対策をすることが大切だ。「保湿にはワセリンなどをこまめに塗る。特に就寝前にしっかり塗ると効果的。冷たい外気に触れる外出時にはマスクの着用を」(関東氏)。スキーやゴルフなど野外で長時間過ごすときは、保湿だけでなく、紫外線防止効果のあるリップクリームなどでのケアも忘れずに。唇の皮むけやひび割れが悪化すると、唇や口角に亀裂や出血、ただれなどが生じる口唇炎や口角炎になることもある。その場合は「治療効果のある医薬品のリップクリームを使うといい」 (小柳氏)。、顔の皮膚が新しく生まれ変わるまでの日数は約1カ月間。一方、唇は3・5〜10日間と短い。しっかりケアをしていれば、唇の荒れは肌荒れよりも改善しやすい。

  それにもかかわらず、症状が長引く場合は、乾燥以外の原因も考えられるため皮膚科を受診したい。例えば、「口角炎がなかなか治らなかったり、繰り返したりする場合は、胃腸障害や自己免疫性疾患の可能性がある」 (関東氏)。口腔内に違和感を伴う場合は、食物や金属などのアレルギーとの関連が疑われる。また、風邪や疲労などから免疫力が低下すると、唇に水短ができる口唇ヘルペスを発症することがある。口唇炎と症状が似ているが、それぞれ治療薬は異なる。市販薬を誤って使用すると症状が悪化することがあるので、安易な自己判断は禁物だ。唇は会話中などに意外と目につきやすく、荒れていると不健康、不衛生といった印象を与えることもある。保湿や紫外線対策で、うるおいのある健やかな唇を維持しよう。(ライター田村 知子)






2020-02-08・・・日経より引用
◆冬の不調甲状腺を疑って
    機能低下で寒け・肌乾燥、中高年の女性に多く/症状徐々に進行

  冷え症がひどい、肌がカサカサする一一。冬によくあることと思われがちたが、甲状腺の機能低下かもしれない。新陳代謝を促す器官だけに、放置すれば全身に関わる。適切に対処して、健康を保ちたい。

  甲状腺は、のどぼとけのすぐ下にある臓器で、食物などに含まれるヨウ素(ヨード)を原料として甲状腺ホルモン
を作る。人間の新陳代謝をつかさどるホルモン
であり、昭和大学横浜市北部病院(横浜市都筑区)甲状腺センター長の福成信博氏によると、「甲状腺は元気の源を作り出している臓器」。その働きが落ちるのが甲状腺機能低下症だ。甲状腺ホルモンの最も重要な働きは体温を維持すること。甲状腺の機能低下でホルモンが不足すると冬の寒さに弱くなる。他の家族にとって適温のリビングでも一人だけ毛布にくるまったり、保温下着を重ね着したりする患者も多い。夏場ではエアコンの冷風をつらく感じる。

  倦怠感やメンタル面の症状である意欲の低下も高い頻度で発生する。40〜50代の女性では更年期うつ病と誤診されることも多いという。また、便秘、皮膚の乾燥(カサカサ肌)、脱毛、むくみなどの症状が起こる。血中コレステロール値に異常が表れることもある。甲状腺機能低下症は健康診断の血液検査から可能性を指摘されることもある。人間ドックで甲状腺検査を受けた人の4%に見られ、比較的かかりやすい病気だ。男性より女性に多く特に中高年の女性で目立つ。人間ドックやかかりつけ医で行われる甲状腺検査では、血液中の甲状腺刺激ホルモン(TSH)と、甲状腺ホルモンの量を調べる。TSHは脳下垂体が甲状腺に指令を出す際に分泌するホルモン。甲状腺の働きが落ちると、脳下垂体から「働け、働け」とばかりにTSHが分泌される。

  福成氏によるとTSHは、「甲状腺機能低下を示す非常に感度のいいセンサー」。機能低下によって甲状腺ホルモンの量が減り始める前段階から、TSHの分泌量が増え始める。そのため甲状腺ホルモンの量が正常値のまま、TSHの量が高めに出ている場合がある。そうした状態でも疲労やストレスなどで甲状腺機能にちょっとした変動が起こると、さまざまな不調をもたらすことがあるという。甲状腺検査で甲状腺ホルモンが正常値より低かった時はもちろん、TSHの方だけが正常値から外れている場合でも、甲状腺を専門に診ている医師の診察を受けたい。

  どの段階で治療を行うかは、専門医と相談しながら進める。甲状腺ホルモンの明らかな低下が常に見られる場合は、原因や症状に応じた治療が行われる。原因には、他の疾病で使う薬剤の影響や、ヨード類の取り過ぎなどがある。一番多い原因は、正常な細胞を誤って攻撃する自己免疫疾患の橋本病だ。甲状腺に慢性的な炎症が起きて機能低下するもので、20〜40代の女性に多くみられる。原因が橋本病の場合は、合成甲状腺ホルモン剤を服薬する。ホルモン剤の薬物治療ではずっと薬を飲み続けることになる。

  甲状腺疾患の専門病院である伊藤病院(東京・渋谷)内科医長の渡辺奈津子氏は「定期的な検査を行っていれば健康を保てるので、安心して服薬を続けてほしい」と話す。渡辺氏は、甲状腺機能が低下すると「身体の不調が少しずつ進むので、更年期のせい、年のせいだろうと考えがち」と指摘する。不調が改善しない場合、かかりつけ医などに相談して「一度、甲状腺機能の検査を受けてほしい」と訴える。体調の異変を見逃さず早めに検査を受けることが健康維持のために重要だ。(ライター荒川 直樹)






2020-02-08・・・日経より引用
◆唾液の力 傷の治り早く

  唾液の役割を考えたことがあるだろうか。何か食べたときに出てくるぐらいのものとして、あまり意識しないかもしれない。よだれが垂れて困ったり、足りなくなって口の中がネバネバしたりと、時に厄介に感じるかもしれない。実は唾液には身体を支える重要な役割があり、魔法のような液体といえる。唾液は唾液腺から分泌される。唾液腺には耳の近くの耳下腺や顎下腺、舌下腺があり、ここから分泌されるのを感じたことがある人は多いだろう。実際には口腔内に広がる粘膜のドからも分泌される。たとえ唾液腺の手術をしたからといって、唾液が急に少なくなるわけではない。唾液の作用として重要なものは、食事の際に口の中を潤し食物を柔らかくさせ、咀嚼(そしゃく)したり飲み込みやすくしたりする潤滑作用だろう。適度な潤(うるお)いは、しゃべる時の発音のしやすさにも役立っている。他にはむし歯を予防する役割もある。口の中が酸性になるとむし歯になりやすくなるが、唾液が中和する。

  溶け出したカルシウムを歯に戻す「再石灰化」の機能もある。口腔内は粘膜で構成されているが、その他の皮膚(ひふ)に比べると柔らかく乾燥に弱い。皮膚よりも弱い存在だが、一方で傷ついても治りが早いのが特徴だ。口の中が傷ついてもすぐに治るのを、経験を通して実感している人も多いと思う。なぜだろう。これも唾液のおかげだ。口の中の汚れを洗い流す自浄作用や抗菌作用に加えて、粘液成分のムチンが粘膜の修復作用を進める。最近では、ヒスタチンと呼ばれる唾液中のタンパク質が、血管の新生、細胞同士の接着などに影響し、傷の再生を促進することが解明されている。苦から、手や指をケガしたときに、無意識に傷をなめることがよくあったと思う。よく観察してみると、動物にも同じ行動がみられる。唾液には不思議な力がある。時には、人体が持つ力について、思いをめぐらしてみてはいかがだろう。(大鶴歯科口腔外科クリニック院長、大鶴 洋)




2020-03-14・・・日経より引用
◆奥歯ダメージ放置すると…頭痛・肩こりの要因にも
    かみ合わせ悪化が影響/削ると寿命短く

  食べ物をかみ砕くなど何かと力のかかる奥歯。40~50代になると虫歯などダメージが目立つようになる。かみ合わせにも関わり放置すると頭痛・肩こりなど広範囲に影響する。勤続疲労には適切なケアが必要だ。

  奥歯は大白歯と呼ばれ、食べ物をかみ砕いたり臼のようにすり潰したりする。前歯に比べ一本一本にかかる力は大きい。また、歯ブラシが届きにくいため手入れがおろそかになりがちだ。免疫力などが弱くなる40〜50代となると虫歯や歯周病など奥歯のトラブルが目立つようになる。厚生労働省の2016年歯科疾患実態調査によると、50代では6割程度が虫歯などで歯を失った経験があり、前歯より奥歯の方が目立つ。「長年酷使して勤続疲労が起きている」と指摘するのは、ヒロ歯科クリニック(東京・足立)の佐藤浩史院長だ。勤続疲労が、虫歯や歯周病につながる。勤続疲労の一つは、長年そしゃくを繰り替えしてきた負担で、歯根にひびが入ったり折れたりするなどダメージを受けやすくなることだ

  また、そしゃくの積み重ねに加齢も加わって歯茎が下がり根元周辺がむき出しになる。いずれも虫歯になりやくなる。さらに、かつて治療した歯の治療痕も影響するようになる。中高年になれば奥歯の詰め物やクラウン(かぶせ歯)を施すなどの治療をしている人も多い。時間の経過とともに、歯と治療で使った金属の隙間から虫歯になりやすくなる。また、これらの治療のたびに歯は大幅に削られてしまう。天野歯科医院(東京・千代田)の天野聖志院長は「歯を削ると一般に歯の寿命は短くなる」と指摘。虫歯が再発するリスクも高くなる。こうした歯の勤続疲労のケアを怠ると、虫歯が進行したり、その結果、抜歯を余儀なくされたりする。

  奥歯が抜けたまま放置していると、かみ合わせにも大きく影響してくる。「横の歯が抜けた歯の方に傾いたり、上の歯が下に伸びたりして、かみ合わせのバランスが大幅に崩れてしまう」 (佐藤氏)という。人間の歯は上下の歯すべてがしっかりかみ合っていることが理想。だが、かみ合わせがずれると、歯以外にも様々な不調をもたらすことになる。代表的なのが頭痛と肩こりだ。そしゃくしたりかみしめたりするために口や顎の周辺には、いろいろな筋肉がある。かみ合わせのバランスが崩れてくると、そうした筋肉は過度の働きを強いられるようになる。上顎から頭部につながる側頭筋に負担がかかり過ぎれば頭痛がおこる。下顎から肩周りにある佼筋や僧帽筋がこわばると、肩こりにつながる。天野氏は「奥歯のトラブルは奥歯だけにとどまる問題ではない」と、注意を促す。

  勤続疲労のケアには、虫歯予防窒息識した歯磨きが欠かせない。食後30分以内の歯磨きや、歯と歯の隙間を磨くなどを心がける。それでも抜歯を余儀なくされた場合、周囲で働き続ける歯にも影響してくるので、そのまま放置しないようにする。虫歯や抜歯後の対策については、新たな治療法も登場している。例えばブリッジ。抜いた歯の両脇の歯を支えとして人工の歯を橋のようにかけるもので、かつては金属製が多かった。最近は自然なかみ合わせが得られるように樹脂製のものも出回るようになった。「金属製より歯を削る量は少なくてすむ」 (天野氏)メリットがある。また、虫歯だけを除去する薬剤も登場。歯をなるべく削らないことで、寿命をできる限り伸ばす治療法が広まっている。奥歯の状態をしっかり良好に保つことは、QOL(生活の質)に直結する。信頼できる歯科医を見つけて早めに対策することが肝要だ。(ライター大谷 新)






2020-04-11・・・日経より引用
◆歯周病認知症と関係も・ 原因菌が侵入脳機能低下
    心疾患や肺炎を誘発/歯磨き丁寧に

  心臓病や糖尿病など全身の疾病に関わるとされる歯周病。最近ではアルツハイマー型認知症に関与するという研究も報告された。誘発される仕組みを知り、丁寧な歯磨きを習慣にするなど、入念に予防したい。

  進行した歯周病にかかっている人が増加傾向にある。厚生労敵背の2016年歯科疾患実態調査によると歯周病になったことを示す、歯と歯肉の間の溝となる「歯周ポケット(4㍉㍍以上)」がある人が前回調査(11年)より全世代で増えた。特にシニア世代の増加が目立つ。日本歯科大学生命歯学部(東京・千代田)の沼部幸博教授は、「高齢者の場合、8020運動の成果で歯が残っている人が増えたため」と説明する。8020運動とは、「80歳の時点で自分の歯を20本以上保つ」ことを目的にした日本歯科医師会の啓発活動。歯は残っていても歯周病にかかっている人が多い。歯周病は、歯と歯肉の隙間に細菌が繁殖し、炎症を起こす疾患だ。重症になると歯を支える骨が溶け歯が失われる。口腔内の症状だけでなく、肺炎、脳血管疾患、心疾患、糖尿病など様々な病気と関係することもわかってきた。

  歯周病菌や歯肉で生じた炎症物質が血管を介して全身を巡ると、その過程で身体の様々な部位に影響を与え病気を誘発する。最近では認知症との関連を示す研究も報告され始めている。認知症は原因や症状でいくつかに分類されるが、歯周病の関与が指摘されているのは患者数が最も多いアルツハイマー型認知症だ。この疾患は「アミロイドβたんぱく質」が脳内に蓄積することで脳の神経細胞が損傷し、記憶や思考、行動に障害が表れる。厚生労働省の調査によると2011年に約36万人だった患者数が2017年には約56万人になり、超高齢社会の影響を受け患者数が増加している。2019年には、「アルツハイマー型認知症患者の脳内に、歯周病原因菌の一種ポルフィロモナス・ジンジバリス菌を確認した」という研究論文が英国で発表された。

  歯周病の原因菌がアルツハイマー型認知症に関与することは他の研究でも示唆されている。「脳には病原菌が侵入するのを防ぐ機能があるが、脳周囲に達した炎症物質が、その機能を低下させる」と沼部教授は説明する。歯周病原因菌とそれに伴う炎症物質によって脳内でアミロイドβたんぱく質が増え、脳神経が損傷する。炎症物質は他の病気でも生じるが、歯周病もアルツハイマー型認知症に関与すると想定されている。地域連携型の認知症疾患医療センター、あしかりクリニック(東京・中野)の芦刈伊世子院長は、「認知症患者の口腔札は不健康な状態になっていることが多く、歯周病の割合も高い」と指摘する。認知症予防につながる食材には、魚介類、豆類、ナッツ類など、しっかりかまないと栄養が吸収できないものが多い。歯周病になると、こうした食材が食べにくくなる。

  芦刈院長は、「歯の健康を保つことは認知症の予防につながる」と助言する。歯周病対策は丁寧なブラッシングを心がける。歯ブラシは握りしめず、ペンを持つようにする。必要以上の力がかからず炎症予防の効果がある。「磨き始めは歯ブラシに何もつけずに磨き、舌先で歯の表面の感じを確かめるとよい」 (沼部教授)。歯磨き粉はその後に使う。歯茎から出血するなら歯周病を疑い歯科医院でチェックを受ける。歯周病の治療は軽症なら蓄積した歯垢と歯石を除去する。重症の場合は手術を行う。歯周病は予防ができる疾患だ。丁寧な歯磨きを習慣づけることが、認知症の予防になることを忘れずにいたい。(ライター仲尾 匡代)






2020-08-29・・・日経より引用
◆口呼吸に気をつけよう、汚れた空気で感染リスク
      鼻づまりは根本治療を/舌の筋力鍛えて

  人は通常、鼻で呼吸をするが、口で呼吸をしてしまうこともある。暑い時期にマスクを着けるとなおのこと。口呼吸が習慣になれば、感染症のリスクを高めるなど体調不良を引き起こす。予防を心がけよう。

  「人間の鼻は優れた加温・加湿機能が備わった空気清浄機に例えられる」。こう話すのは帝京大学ちば総合医療センター(千葉県市原市)耳鼻咽喉科の鈴木雅明教授だ。鼻から吸った空気は鼻の奥の鼻腔(びこう)を通る時に温められ、加湿されてから肺に送られる。その間には鼻毛や粘膜の表面に生えた緑毛、粘液によって、ほこり、細菌やウイルスといった異物が取り除かれる。鼻呼吸には、こうした防御機能が働いている。口呼吸では、汚れたままの空気が加温・加湿されることなく気道を通って肺に直接送られるため、「風邪などの感染症にかかりやすくなってしまう」 (鈴木教授)。口呼吸が及ぼす悪影響は他にもある。みらいクリニック(福岡市)の今井一彰院長によると、口呼吸によって慢性の扁桃炎になれば免疫に異常が起きたり、口腔内細菌が増えることで誤えん性肺炎になりやすくなったりする「口呼吸では二酸化炭素を多く吐き出す影響で、脳貧血や過呼吸、情動不安を起こすこともある」 (今井院長) 

   鼻呼吸が口呼吸になる要因はいくつかある。例えば、鼻炎で鼻がつまりやすいなど鼻に問題があるほか、のどの奥の咽頭扁桃(へんとう)肥大や歯のかみ合わせの不調など口内に問題がある場合だ。こうしたケースでは、根本原因の治療が必要になる。睡眠時も口呼吸になりやすい。口まわりなど筋肉が緩んで口が開くと舌根が沈下する。これによって、いびきをかいたり、呼吸が浅くなったり無呼吸が起こったりする。鈴木教授が監修したウーマンウェルネス研究会の調査では、首都圏の20〜69歳の男女602人のうち、46%が就寝中の口呼吸を自覚していた。「起床時に口の中が乾燥している、のどが痛む、口臭が強いといった時には、口呼吸になっている可能性がある」(鈴木教授)就寝中取口呼吸を防ぐには鼻の通りをよくした上で市販のマウステープを使うと有効だ。

  医療用のサージカルテープを使う場合は唾液ではがれないように口の両端にハの字に張っておくといい。壁息識に口呼吸が習慣になっていることも多い。「口呼吸のほうが気道の空気抵抗が少なく、呼吸が楽に感じられる」 (今井院長)ためだ。今井院長は、新型コロナウイルスの感染予防のために、マスクを着用する時間が長くなっていることも、口呼吸の要因になると懸念している。暑さや息苦しさから口呼吸になりやすい時は、人との距離を取った上で適宜(てきぎ)マスクを外して、鼻で呼吸をするように意識したい。マスクをしていると人目を意識しなくなり表情をつくる機会が減る。「口まわりの筋力が衰え口呼吸が慢性化しやすくなることも考えられる」と今井院長は指摘する。

  口まわりの筋力は加齢でも衰える。口を閉じた時に舌の位置が下あごのほうに下がっている場合は、吉の筋力が弱っているサインで、口呼吸になりやすい。「舌は本来、上あごにべタッとつけているのが正しい位置。下がっている人は舌の運動で改善を」 (今井院長)舌の運動は、口を閉じて、唇と歯茎の間に舌を入れ、歯の表面をこするようにしてぐるっと回す。最初は左右5回ずつゆっくりと。慣れてきたら回数を増やし、スピードも速めていく。起床時や就寝前、マスクをつけている時にも、口呼吸の改善と予防を兼ねて実践するといいだろう。(ライター田村 知子)




*私なりの方法
  私も眠ると口呼吸をしている。朝に起きると喉の調子が悪い、痰がでやすい、ガラガラ声になる。口にテープを張って寝てみたが気になっ気になってて顎を動かしてはずれてしまう。そこで私は口にマスクをして寝ている。ある程度はカバーされているの良いのかなと思っている。この方法を2年ぐらい続けている。