サブページに戻ります
18

歯・鼻舌喉の過程[05]


2020-02-29・・・日経より引用
◆花粉原因の皮膚炎に注意、冬場の乾燥  春の肌荒れに
     優しく化粧落とし保湿/マスクで付着防ぐ

  冬場の乾燥でダメージを受けた肌に、花粉という刺激が加わると、目のまわりなどに赤みやかゆみが現れることがある。花粉が引き起こす皮膚炎だ。発症の仕組みを知り、春に向けて万全の対策をとりたい。

  今年も花粉の飛散量が増える季節がやってきた。花粉症の症状といえば、目のかゆみや鼻炎が一般的だ。一方、花粉が原因で肌に炎症が生じる人もいることが近年知られるようになってきた。花粉の飛散時期だけに発症する肌荒れだ。これも花粉症の一症状という見方がある。こうした皮膚炎は、赤い発疹ができ、皮膚にかゆみを伴うことが多い。浅井皮膚科クリニック(横浜市保土ヶ谷区)院長の浅井俊弥氏によると、鼻水やくしゃみなど花粉症の症状がない人でも、「肌に炎症が出る人がいる」。花粉による皮膚炎は、肌のバリア機能の低下によって起こる。肌には本来、外部からの刺激をブロックするバリア機能が備わっている。

  この機能が正常に働くためには、肌内部の水分が十分に保たれていることが必要だ。ところが春先の肌には、冬の間の冷たく乾いた外気や室内の暖房による乾燥ダメージが蓄積している。肌内部の水分が減ってバリア機能が低下し、外的刺激に敏感になっている。そんな肌に花粉が付着すると、アレルギー反応が出て肌荒れを引き起こす場合がある。「特に出やすいのは目のまわり。皮膚が薄く、.バリア機能が最も弱い部位だから」と東邦大学医療センター大橋病院(東京・目黒)皮膚科客員教授の向井秀樹氏は話す。花粉による皮膚炎は女性に多い。バリア機能を低下させるのは、乾燥という季節要因だけではないためだ。

  化粧も関係する。「化粧を落とす際に、ごしごしこすったり洗浄力の強いクレンジング剤を使ったりして、バリア機能を壊してしまうことがある」 (浅井氏)。化粧落としの刺激が皮膚炎の発症につながる。また、アトピー性皮膚炎の人も花粉によって皮膚炎を発症しやすい。「もともと乾燥肌でバリア機能が弱っているので、花粉の飛散時期は要注意」と向井氏は自衛を促す。アレルギー反応によって肌にかゆみが起こると、ついかいてしまいたくなる。かくとバリア機能がさらに低下し、炎症が悪化してかゆみが慢性化するという悪循環に陥る。症状が出たら早めに皮膚科を受診し、かゆみと炎症を抑える薬を処方してもらおう。生活習慣を見直すことも肝要だ。浅井氏は「化粧は優しく落とす。こすらなければ落ちないクレンジング剤は控える。

  しっかり保湿し乾燥を防いで」と助言する。目元はデリケートな部分にもかかわらず、アイラインやマスカラなど落としにくい化粧をすることが多いので、特に注意が必要だ。肌をいたわり、バリア機能を低下させないことを日常的に心がけたい。「そもそも、できるだけ花粉が肌に付かないようにすべきだ」と向井氏は言う。外出時はマスクや花粉対策メガネを着用する。レンズの周りに深いフードが付いて花粉の侵入を防ぐメガネは100円均一ショップでも売られている。「肌や髪に噴霧すると花粉の付着を防げる花粉ブロックスプレーも有効」(向井氏)だ。対策グッズは年々進化しており、大いに活用したい。

  また、帰宅したら玄関先で衣類に付着した花粉をブラシなどでよく落としてから家に入ることを習慣にしよう。「すぐ洗顔する、頭からシャワーを浴びるなどし、顔や髪から花粉を速やかに洗い流すことも大切」 (浅井氏)さらに衣類を室内干しする、空気清浄機で室内に入り込んだ花粉を除去することも望ましい。対策を万全にして飛散時期を乗り切ろう。(ライター松田 亜希子)



私からの一言、花粉症には安上がりで効き目がある「ワセリン」がもっとも有効です
鼻の周りに塗る、唇に塗る、目の下に塗る、荒れる皮膚に塗る・・・・などなど          




2020-09-19・・・日経より引用
◆喚覚障害コロナ以外でも、副鼻腔に炎症徐々に進行
     細菌やカビに感染/内視鏡で治療

  新型コロナウイルス感染症で注目された嗅覚障害。においを感じなくなる病気は多く、慢性副鼻腔炎もその一つ。蓄膿症が代表的だが、なかには指定難病の疾病(しっぺい)もある。症状の特徴を知って、重症化を防ぎたい。

  においが感じられなくなると、料理の味が分からなくなるなどQOL(生活の質)が落ちる。ガス漏れに気づかないなど深刻な問題も起きる。嗅覚障害を起こすものにはコロナのほか、風邪、頭部傷害に加え慢性副鼻腔炎がある。副鼻腔は頬や額など鼻の周りにある空洞で顔の左石に4つずつある。この空洞の粘膜に炎症が起きる病気が副鼻腔炎だ。3カ月以上続いているものを慢性副鼻腔炎と呼ぶ。アレルギーのほか、ストレスによる免疫力の低下などで慢性化しゃくなる。副鼻腔に炎症が起こると、鼻づまりが続いたり、鼻水が止まらなくなったりする。副鼻腔がある目の奥や頬に痛みを感じることもある。さらに、鼻腔にあるにおいを感じる細胞に、におい物質が届きにくくなり嗅覚障害を生じる。

  慢性副鼻腔炎には主に3つのタイプがある。代表的なのが細菌の感染で副鼻腔に膿がたまるため、「蓄膿症」とも呼ばれる従来のタイプだ。そして、カビ(真菌)に感染する副鼻腔真菌症。もう一つが、白血球の一種である好酸球が異常に増加して炎症が起きる好酸球性副鼻腔炎だ。細菌による炎症の治療は、抗生剤を投与する。その他、内視鏡で粘膜にできた鼻ポリープを切除したり、膿やカビを取り除いたりする治療が行われる。最近の特徴は好酸球性副鼻腔炎が増えていること。日本耳鼻咽喉科学会によると2000年ごろから増加。1CHO東京新宿メディカルセンター(東京・新宿)耳鼻咽喉科の石井正則診療部長は「好酸球性の手術件数が20年前に比べ倍以上に増えた」と話す。従来の慢性副鼻腔炎との違いは感染症ではないこと。

  なぜ好酸球が増えるのか原因は分かっていない。ほかの副鼻腔炎に比べると「とろろ汁のように粘り気のある鼻水と、嗅覚障害を起こしやすいことが特徴」 (石井部長)だ。好酸球性副鼻腔炎は目と目の間(鼻の根元)にある副鼻腔に起こることが多い。嗅覚のセンサーが集まる場所に近く、そのため嗅覚障害が起こりやすいと考えられている。現在の推定患者数は約2万人。難治性であり、2015年から医療費助成制度の対象となる指定難病になった。「患者の約7割がぜんそくを持っているが、アレルギー疾患ではない.ので一般的なアレルギー薬は効かない」。東邦大学医学部耳鼻咽喉科学講座の吉川衛教授は指摘する。治療はステロイド薬が基本となる。内服すると効果が高いが、長期間続けると、副腎皮質ホルモンが分泌されなくなるなどの副作用が起こる。このためステロイドの点鼻薬が使われる。

  2020年3月から、ぜんそくやアトピー性皮膚炎に使われていたデュピクセント(一般名デュビルマブ)が鼻ポリープのある重症の好酸球性副鼻腔炎にも使えるようになった。2週に1回注射する。「高額だが指定難病に対する医療費助成制度を使えば月に1万〜2万円程度」 (吉川教授)同じ嗅覚障害でも、「新型コロナの場合は突然嗅覚がなくなるのに対し、副鼻腔炎は徐々に嗅覚が衰えていく」(石井部長)。また、コロナは神経の障害を起こすが「副鼻腔炎の嗅覚障害は物理的に鼻がふさがることが原因なので、ときどき嗅覚が回復することがある」と吉川教授は話す。風邪の鼻水や鼻づまりは2週間程度で治る。副鼻腔炎は放っておくと悪化するので、症状が2週間以上続いていたら耳鼻咽喉科を受診しよう。(ライター伊藤 和弘)






2021-01-23・・・日経より引用
◆唾液でむし歯を防ぐ
  健康を維持する上で口の役割はとても重要だ。さらに細かくみれば口の健康は、唾液により支えられている。口内を清掃して、かみ潰しや嚥下(えんげ)を円滑にする。また、粘膜を保護し、むし歯を予防する。むし歯には食事や間食で取り込んだ糖が大きく関わる。むし歯菌が糖質を分解して酸をつくり、歯の表面でカルシウムなどが溶け出す「脱灰(だつかい)」をわずかに引き起こす。歯磨きを怠り歯垢が残っていると、この脱灰作用を繰り返し、むし歯になっていく。ここで脱灰作用を抑えてくれるのが唾液だ。口内が酸性に傾いているのを中和する緩衝作用のほか、歯を再石灰化する働きをする。

  脱灰した部分に唾液中のカルシウムやリンを戻し、歯の表層を元の状憶にしようとする。初期のむし歯は歯磨きを上手に行って、歯垢がたまらないようにすることで抑えることができる。歯磨き剤やうがい液に含まれるフッ素によって、カルシウムなどを再生する再石灰化をうながし、歯の表面が落ち着いてくる可能性があることが、分かってきている。さらに、むし歯を予防するためには、唾液の緩衝作用を有効に作用させることが重要だ。唾液の流れは、上下の顎、前歯や奥歯など場所によって異なる。口の中のpH(酸性・アルカリ性の程度)の変動を基にした研究では、最もpHが回復しやすいのは下顎前歯の内側で、一番回復しにくいのは上顎前歯の表側だった。

  年を取るにしたがい口が渇き気味になってくると、上下顎の表側の根元にむし歯ができやすくなる回復しにくい部分を減らすには、口の中で舌回し体操(口の中で唇と歯の闇で舌を回すという運動)をして、唾液を十分に行きわたらせるのが効果的だ。時には唾液がネバネバして、気持ち悪いと思うかもしれないが、唾液には魔法のような作用があり、大事なものである。唾液が少ない場合には、歯磨き剤のフッ素を有効に使うことをお勧めする。(大鶴歯科口腔外科クリニック院長:大鶴 洋)




2021-02-27・・・日経より引用
◆味覚障害は病気のサイン、脳疾患などコロナ以外でも
    食欲わかず低栄養に/亜鉛を十分に取る

  新型コロナウイルス感染症の症状として注目されるようになった「味覚障害」。実は栄養不足や脳梗塞、肝障害、認知症などによっても症状が起きる。隠れた病気のサインとして捉え、適切に対処して予防したい。

  食べ物の「味がしない」「薄く感じる」など本来とは違う味の感じ方をする症状を味覚障害という。欧米の調査ではコロナ感染症患者の7〜9割に見られるという報告もあり、関心が高まっている。国内では年間約24万人が味覚障害で受診したと推測されており、悩む人も多い。コロナだけでなく、様々な病気が潜むことある。貧血やドライマウス、肝障害、腎臓病、糖尿病、甲状腺疾患、顔面神経麻痺、脳梗塞、認知症なども味覚障害を引き起こす。また、風邪の後遺症や、降圧剤や糖尿病薬など薬剤の影響、ストレスも原因になる。「味は舌の昧細胞で感知し、神経を通して脳に伝わり認識される。そのどこかに異常が起こると味覚障害を起こす」。

  味覚障害のしくみについて兵庫医科大学で味覚外来を担当する任智美講師はこう説明する。例えば顔面神経麻痺では神経が影響を受け、脳梗塞では脳に障害が発生し、その結果、味覚障害が起こる。「味覚障害の多くは徐々に味の感覚が低下するため、自分では気づきにくいこともある。進行すると味を感じられなくなる可能性もあり、発症から時間が経つほど治りにくい傾向にある」 (任講師)隠れている可能性がある疾患を発見す渇ためにも、早めに気づき、治療することが大切だ。特に高齢者は様々な感覚が低下するので自覚しにくく、服用する薬も多く味覚障害を起こしやすい。家族が変化に注意したい。

  「おいしく感じない」 「味付けが濃い」と指摘する、普段より多くの調味料を使うようになるなどがあれば味覚障害を撃つ。2週間以上続くようなら、耳鼻咽喉科や味覚外来の受診を勧めよう。では、どのように予防すればいいのか。味覚障害の最大の原因が亜鉛不足だ。任講師によると「亜鉛はDNAの複製に不可欠なミネラルで、不足すると細胞分裂が正常に行われない。昧細胞の新陳代謝が遅れることで味を感じる機能が低下する」という。厚生労働省が定める食事摂取基準(2020年版)では、l日に男性は11㍉m女性は8㍉mの亜鉛摂取が推奨されている。だが、帝京平成大学の児玉浩子特任教授によると「18歳以上では6割以上の人で不足している」という。亜鉛の欠乏を防ぐには、カキやレバー、赤身の肉など、亜鉛を多く含む食品を食べる。

  「食事で十分な量を確保できないならサプリメントを活用するのもいい。1日分の記載量を守れば取り過ぎることはない」 (児玉特任教授)亜鉛の吸収が悪くなったり、体から排出してしまう量が増えたりすることも要因となる。「食品添加物の中には亜鉛と結合して吸収を阻害するものもあるので、加工食品の取り過ぎに注意する。また、過度な運動も汗や尿からの亜鉛の排せつ量を増やす」と児玉特任教授は注意を促す。風邪も味覚障害を起こしやすい。「昧細胞の異常に加え風味を感じる嗅覚も障害を受けることが多く、治るまでには1年以上かかることもある」 (任講師)。十分な睡眠と栄養をとり、風邪をひかないようにする。味覚障害になった場合、治療の柱は薬と心身の調整だ。亜鉛不足が原因と考えられる場合は亜鉛薬を使い、自己治癒力を高めるための漢方薬を併用することもある」(任講師)。治療は総じて長期にわたる。亜鉛薬の治療だけでも3カ月、長い場合は1年以上服用を続ける。未然に防ぐことが何より大切だ。(ライター武田 京子)






2021-02-27・・・日経より引用
◆慌てず食べ、口の中をかまない

  口の中をつい、かんでしまうことがある。食事中に舌や唇、頬の内側を歯でガブリとやって、痛い思いをした経験がある人は多いだろう。今回はなぜかんでしまうのか、原因について考えたい。通常は口の中の粘膜をかまないように、歯と頬、唇および舌が協調して微妙に動き、その結果、岨しゃく、嚥下(えんか・飲みくだすこと)、発音をスムーズにこなしている。歯が粘膜に触れていても、うまく食物をかみつぶすこともできる。しかし、ストレスや加齢によって、あまり口を動かさなくなったり、歯と頬などの協調が円滑にできなくなったりすると、粘膜をかみやすくなる。かんでしまったら、特効薬は残念ながらない。転んですり傷をつくってしまったときと同じく、基本的には時間がたち自然に治るのを待つ。

  刺激物を避け、軟膏(なんこう)を塗布し、傷の反対側で慌てずにゆっくりとした阻しゃくを心がける。一員、傷つけると腫れてしまい、再びかみやすくなるので注意が必要だ。治っても傷ついた部分の表面に段差ができてしまい、岨しゃくしたときに引っかけやすくなる。かまないための予防方法は、口の中を乾燥させないことだ。口中の粘膜がぬれているからこそ、唇や舌が滑らかに動いて機能する。粘膜をかみやすい人は、食事の際に食物と水分量父互に取ったり、食材にとろみをつけたりなどの工夫をしてもいい。

  よくかんでしまう人に聞いてみると、食事を慌ててとった、急いでいたという例が多い。その他、かみ合わせが悪くなったり、頬がたるんだり、ふくよかになると、かみやすくなる。頬が外側に張り出せば、その分だけ、口中の内側も、ふくよかになっているからだ。かんで傷つけてしまっても、1〜2週間あれば元に戻ることが多い。いつまでも治らない場合には腫瘍などができている可能性もある。治りが悪い場合には、歯科や歯科口腔外科、耳鼻咽喉科を受診しよう。普段からかかりつ医があれば安心だ。(大鶴歯科口腔外科クリニック院長 大鶴 洋)