サブページに戻ります
18

他の過程[01]


6016-01-**・・・Plus1より引用
●「甲状腺」の役割とは?
    なかなかとれないダルさや疲労、実は、甲状腺の異常かも?












2016-06-12・・・日経のより引用
●まばたき、脳に休息効果
    健康状態つかむ指標にも

  人間は1分間に平均で20回もまばたく。目を乾燥から守るためと考えられていたが、これほど回数が多い理由はわかっていない。その謎に脳科学や心理学などから迫ろうという研究が進んでいる。脳をリフレッシュさせるなど新たな役割が見つかった。病気や心の状態をつかむ指標に役立てようという成果も出ている。

  まばたきは霊長類に特有の生理的な行動だ。ネコやイヌはほとんどまばたきをしないのに、チンパンジーやニホンザルは1分間に10回以上まばたく。京都大学霊長類研究所などの研究では、群れの規模が大きくなるほど回数が増えるという。アイコンタクトのようなコミュニケーションに使っているとみられる。無意識にやっているまばたきは、目を守るための行動だと考えられてきた。まばたいたときに涙が出て目を潤すほか、強い光から網膜などを守る。近親大学の下村嘉一教授は「強い光が当たると、反射的にまぶたを閉じる仕組みが目にはある」と話す。

  しかし、目を潤すためなら1分間に3回もまばたけば十分だといわれる。多くの科学者が別の役割があるはずだとみる。「まばたきは脳内の情報処理と密接に関わっている」。脳科学から研究する大阪大学の中野珠実准教授はこう指摘する。乳児は1分間に1回ほどしかまばたかない。まばたきは人間の成長や発達と関係しているようだ。中野准教授は男女10人に30分の映画を見せ、まばたきに伴う脳活動の変化を機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で観察した。

  集中力を発揮するときに働く脳の活動がまばたきに合わせて一時的に低下した。これとは反対に、リラックスした際に活動する領域は血流が増えて活発に働いた。ただ、意識的にまばたきを増やしても、脳はリフレッシュされないという。別の実験で、ストーリーを追うのに重要でない変わり目のタイミングでまばたくこともわかった。個人的な差はほとんどなく、ほぼ同じタイミングでまばたくという。「まばたきは脳に入る情報に区切りをつけて、新たな展開に備えられるようにする役割を果たしているのではないか」と中野准教授はみる。

  肉体や健康の状態を知る手がかりになることもわかってきた。中野准教授は昨年、喫煙でニコチン依存症になりやすいかどうかをまばたきの回数から推測できる可能性があることを見つけた。遺伝伝子を調べて依存になりにくいタイプの人は、そうでない人に比べてまばたきの数が多かった。中野准教授は「診断の指標として利用できるかもしれない」と期待する。心理学が専門の関西福祉科学大学の山田富美雄教授によると、パソコン作業と療労の関係がまばたきの回数でわかるという。

  山田教授らの調査では、1日に2時間以上作業する人は2時間未満の人に比べてまばたきの回数が多い。こうした人たちは目などの強い疲労を訴えている。心理学の分野では、まばたきを指標に心の動きを探る研究が進む。例えば、消費者が興味のある商品を目の前にするとまばたきが減ることを利用し、マーケティングや商品陳列に生かす成果がある。山田教授は「ものごとに集中するとまばたきが減り、不快に思っているときは増えるようだ」と説明する。まばたきが減るのは重要な情報を目から入れなければならないからだ。

  回数が増えるのは興味がなく、情報入力を拒んでいると考えられるという。まばたきは好感度にも影響するようだ。仁愛大学の大森慈子教授によると、テレビなどを見ている人はまばたきによって画面に映る人物への印象を変えるという。大森教授の実験では、まばたきの回数が多いアナウンサーに対する印象は「神経質で冷徹」になる傾向があった。大勢の人がいるなど緊張しやすい場面では、まばたきの回数が増えやすい。米国の研究では、大統領選のテレビ討論会を分析すると、まばたきが多い候補者が負ける傾向にある。

  多いと視聴者や観客に悪い印象を与えるからで、はずれたのは2000年のブッシュ前大統領くらいだとされる。まばたきの回数を減らす練習をして討論会に臨む候補者が多いという。同じ人でも、まばたきは1分間に数回から50回まで大きく変わる。目は口ほどにものを言うとされ、まぶたの動きにも心の働きが現れるとみられる。まばたきの役割に注目する研究者は増えており、異分野からの参入も多い。こうした連携の中から新たな発見が出てくるのかもしれない。(革塩拓郎)




*キーワード、まばたき「無意識」など3種類
  人間のまばたきには3種類ある。ひとつが無意識に目を閉じたり開いたりする周期的なまばたき。このほかに、光が目に差し込んできたときに反射的にとじるまばたき、ウインクのように意識的にするものがある。1回のまばたきの速さは平均で0.1~0.15秒だといわれている。まばたきは人間の心理状態や人格を映す指標として注目されてきた。近年は統合失調症やてんかんの患者に特有のまばたきのパターンを研究しているはか、疲労やストレスを測る指標としても注目されている。従来は心理学から研究されてきたが、医学や工学、社会科学などの研究者も関心を持っている。




2018-06-16・・・日経より引用
◆ニキビの思わぬ原因
    汚れに潜む顔ダこかも   日のトラブルも/洗顔・塗り薬で抑制

  高温多湿の時期は、アレルギーの原因になるチリダニが増える。それとは別に、季節を問わず肌に生息するダニがいる。特に、顔にいるダニが増えすぎると、様々なトラブルを招くという。実態と対処法を探った。

  「人間の皮膚に寄生するダニのひとつが『ニキビダニ』」と話すのは、兵庫医科大学(兵庫県西宮市)皮膚科の夏秋優准教授。主に顔の毛穴に生息し、手足にはほとんど見られないため「顔ダニ」とも呼ばれる。透明で大きさは0・2〜0・3㍉㍍。肉眼での確認は難しい。皮脂を栄養にしているため、皮脂分泌の盛んなおでこや鼻の周辺に多い。誰の皮膚でも見つかるようだ。夏秋准教授によると「症状が悪化して治りにくいニキビに、ニキビダニの増殖がみられる」。ニキビダニが毛穴に生息するだけでニキビができるわけではないが、免疫力が低下して肌の状態が悪化すると、過剰に増えてニキどの原因になることがある。ニキビの多くは、皮脂分泌が乱れて毛穴が詰まり、アクネ菌が増えることでできる。

  ホルモンバランスが不安定な思春期や、生活のリズムが乱れて皮脂が過剰に分泌する成人にも見られる。通常のニキビ治療で改善しないなら、ニキビダニの異常増殖を疑おう。濃いメークで蓄積した汚れや、副腎皮質ホルモンの長期間の使用などでもニキビダニは増えやすい。治療は洗顔や塗り薬が中心。殺ダニ効果のあるクロタミトン外用薬や、毛穴を広げて乾燥させる作用のあるイオウ外用薬などで、増えすぎたニキビダニを抑える。「イオウ外用薬は独特な刺激臭があり、肌を乾燥させる。アトピー性皮膚炎などがある敏感肌には、使用を控えて」(夏秋准教授)。保険適用外だが、殺ダニ効果のあるメトロニダゾールを使うこともある。まつげの毛根周辺で見つかるニキビダニ、通称「まつげダニ」が増えすぎて起きる目のトラブルもある。

  慶応義塾大学医学部(東京・新宿)眼科の川島素子特任講師によると「なかなか治らないまぶたの炎症とまつげダニの関連が、徐々に解明されている」。男女問わず、加齢と共にトラブルが増えるという。「まつげの毛根に乾いたフケや目やにがたまったり、まぶたの縁に炎症が起きたりしている目に」まつげダニの異常増殖がみられることがある」 (川島特任講師)。毛根が弱り、まつげが抜けやすくなるのも特徴だ。主な症状は目の乾きや疲れ、目がゴロゴロする違和感、目が重く不快感を感じるといったドライアイの症状。ものもらいになりやすくなるほか、アレルギー性結膜炎を発症することもある。

  まぶたの縁には、涙が蒸発しないように油を分泌する部位のマイボーム腺が並んでいる。「加齢でスムーズにまばたきができなくなったり、マイボーム腺が出す油の性質が悪くなったりすることで、まつげダニが異常に増えて、目の炎症などのトラブルを招くのではないか」と川島特任講師は分析する。予防も治療も、まぶたを清潔に保つことにつきる。目薬は効かない。1日5分、眼の周辺を温めよう。マイボーム腺で詰まった油を溶かし、まぶたの血流を改善する。続いてまつげの根元周りを指の腹でやさしくマッサージするように洗うと、汚れが取れやすくなる。顔にいるダニを怖がる必要はない。「いること自体は当たり前なので、神経質にならなくてよい」(夏秋准教授)。肌や目にトラブルが起きたときは、ニキビダニが異常に増えている可能性を念頭に置いて、上手に対応することが大切だ。(ライター結城 未来)