サブページに戻ります
18

他の過程[02]


2019-07-27・・・日経より引用
◆尿路結石、夏に2倍発症
    日に水2リットル尿を濃くせず・酒のプリン体に注意/カルシウムで排出

  激烈な痛みを伴う尿路結石。日本人の男性7人に1人、女性の15人に1人が一度はかかるという。夏は発汗量が増えて尿の濃度が高まり、結石の発症が増える。生活習慣の見直しが効果的な予防法だ。

  尿路結石は、腎臓から尿道に至る尿路に、尿中のカルシウムやシュウ酸などの成分が固まってできる石のこと。腎臓にできる場合もあれば、膀胱(ぼうこう)にあるケースもある。このうち、腎臓と膀胱をつなぐ尿管に結石ができて詰まると、背中や脇腹に激しい痛みが起こる。順天堂大学泌尿器科学講座の磯谷周治准教授は痛みのしくみを「尿管に結石が詰まることでその上流に尿がたまり、圧迫された腎臓が腫れて激しく痛む」と説明する。よく勘速いされるが、痛みは結石が尿路を傷つけて起こるのではない。腎臓や膀胱などに結石があっても、尿の流れがさえぎられない場合は痛みはそれほどない。ただ、尿路のうち、尿管に結石があると尿の流れを止めてしまう可能性が高くなる。

  尿路結石の発作は7〜9月に増える。他の季節の2倍ともいわれる。暑さで大量に汗をかき脱水気味になると尿が濃くなり、結石ができやすくなる。防ぐには十分な水分を取り、尿を濃くしないことが欠かせない。磯谷氏は「食事以外に1日2㍍以上の水分摂取」を勧める。その際は、水か麦茶やほうじ茶がいい。緑茶やコーヒーには、結石の原因になるシュウ酸が多く含まれるためだ。また、尿が長時間、尿路にとどまらないように心がけたい。新百合ケ丘総合病院(川崎市)尿路結石破砕治療センター長の荒川孝氏は、「就寝前にしっかり排尿しておくといい」と提案する。生活習慣の乱れも尿路結石につながる。荒川氏によると「生活スタイルや運動量など様々な要因が複合的に関わっている」という。

  さらに、尿路結石がある人は「高血圧、糖尿病、脂質異常症などを合併しやすい」 (荒川氏)傾向もある。尿路結石の効果的な予防法の一つが肥満を防ぐことだ。肥満度が増すに従い、結石の原因となる尿中の尿酸、シュウ酸などの濃度が高まる。規則正しく、過食しないことが重要になる。食事ではレバーなどプリン体を多く含む食品を取り過ぎないようにしたい。プリン体は分解されて尿酸になる。過剰摂取すると尿酸値が高まり結石の元になる。アルコール飲料もプリン体が多いので摂取量に注意したい。また、過度な飲酒は腎臓の機能を低下させ、尿中の尿酸値を上げてしまう。.1日量の目安は、ビールなら500㍉リットル、日本酒なら1合程度にとどめるのが理想だ。カルシウムを取るのも効果がある。「結石の成分であるシュウ酸は、腸内でカルシウムと結合すると、健として排出される」(磯谷氏)からだ。

  シュウ酸の多いコーヒーを飲んだり葉掛野菜を食べたりする際は、ジャコや乳製品などのカルシウムを多く含む食材とl緒に取るといい。尿路結石にはいくつかの治療法がある。結石が6㍉リットル未満の小さいケースは水分摂取・や運動で自然に排出されるのを待つのが一般的だ。それ以上の大きさなら入院を伴う治療が必要になる。通常6〜10㍉㍍未満なら、皮膚の外から衝撃波を当てて石を砕いた上で自然に排出させる。10〜20㍉㍍未満であれば尿道から内視鏡を入れ、レーザーで石を砕いて摘出する。これより大きい結石は、背中から腎臓に開けた穴から内視鏡を入れて結石を摘出するが、体への負担が大きく入院日数も長くなる。踏石を防ぐライフスタイルをしっかり身に付け、生活習慣病も予防したい。(ライター武田 京子)






2020-01-25・・・日経より引用
◆頻尿に潜む病に注意、癌や細菌感染も疑って
    1日8回以上が目安/血尿出たら受診を

  冬になるとトイレの回数が増える。これは季節性の生理現象だが、頻尿は加齢に伴い目立ち始めることが多く、ときに深刻な病気が潜んでいることもある。受診すべき頻尿の見分け方を把握し、正しく対処したい。

  寒くなるとトイレが近くなる。それは気のせいではないらしい。「疾病の原因などを探る疫学調査からも、夏より冬の方がトイレに行く回数が増えることが確認されている」と日本大学医学部泌尿器科学系主任教授の高橋悟氏は指摘する。まず、冬は汗をかく量が減るため尿が増える。皮膚からの寒冷刺激を脊髄が尿意と勘違いするという理由もある。下半身を冷やさないようにすると、それだけでもトイレに行く回数は減る。また、水分をたくさん取れば頻尿になる。健康維持のため意識的に水分を取る人が多いが「取り過ぎも目立つ。食事以外で1日に取る水分は1〜1・5㍍程度でいい」 (高橋氏)。塩辛いものを食べるとのどが渇く。

  コーヒーやお茶に含まれるカフェインには利尿作用がある。これらを取りすぎないように注意する。男女とも高齢になるとトイレの回数が増える。男性は前立腺の肥大が誘発。女性は出産や肥満で股間の骨盤底筋(こつばんていきん)がゆるみ、尿道周りの筋肉が衰え頻尿になることが多い。前立腺とは、膀胱(ぼうこう)のすぐ下で尿道を取り囲んでいる男性特有の器官だ。加齢によって肥大しやすく、60代で60%、80代では90%の男性に肥大が見られる。これが尿道を圧迫するため尿が出にくく、頻尿にもなりやすくなる。加えて、尿が出るまでに時間がかかる、残尿感がある、という場合は前立腺肥大症の可能性が高く、受診した方がいい。症状に合わせ薬物治療や外科手術が行われる。頻尿には加齢以外の要因もある。例えば膀胱炎でも頻尿になる。

  膀胱を支える問質という部分に炎症が起こる問質性膀胱炎では、「尿がたまって膀胱が膨らむと痛みを感じる」と昭和大学医学部泌尿器科教授の森村康邦氏は話す。同じ膀胱炎でも、細菌に感染した場合は膀胱が収縮する排尿の最後に痛みを感じるという違いがある。尿が腐るのも細菌性の特徴だ。いずれの膀胱炎も、受診して抗菌薬などの薬物治療が必要になる。頻尿になる病気の中でも怖いのは膀胱癌だろう。特に喫煙者はリスクが高い。初期で発見できれば5年生存率は9割以上だが、高橋氏によると「初期は痛みもなく、血尿くらいしか自覚症状がない」という。

  尿に血が混じっているときは、医療機関で検査を受けることが欠かせない。頻尿で最も多いのは過活動膀胱だ。尿がたまると膀胱が急激に収縮して強烈な尿意に襲われる。「潜在患者数は約1000万人」 (窟村民)とされる。正常な膀胱は300㍉㍍程度の尿をためられるが、高橋氏によると「過活動勝胱になると100㍉リットルもためられない人も珍しくない」。医療機関では、抗コリン薬やβ3作動薬など膀胱の収縮を抑える薬が処方される。また、排尿間隔を意識的に空け勝胱の容量を大きくする膀胱訓練も有効になる。

  女性に多い骨盤底筋の衰えは、尿道周りの筋肉をトレーニングすることで改善できる人も多い。太りすぎなら体重を落とすことで腹圧が減り、骨盤底筋の負担が軽くなる。医学的には「1日8回以上トイレに行く」ことを頻尿と呼ぶが、40歳以上の約4500人を対象に行われた調査では40%以上が当てはまった。嘉村民は「問題は生活にどう影響するか。特に困っていなければ回数を気にする必要はない」と助言する。トイレが心配で旅行や映画に行けないなど、行動を制限している場合は泌尿器科を受診しよう。(ライター伊藤 和弘)






20-04-18・・・日経より引用
◆指関節の痛み早めにケア、ケガの放置や酷使避けて
    キーボードは軽く打つ/テーピング有効

  パソコンなどで手を使い過ぎ、指の関節の痛みを経験する人は少なくない。痛みや腫れを放置すると、数年後に変形して戻らなくなることもある。変形性指関節症と呼ばれ、早めの予防と治療が欠かせない。

  「ただの突き指と思って放置していたが、数カ月たっても関節の腫れが治らない」。東京都内の45歳の女性が整形外科を受診すると、変形性指関節症と診断された。この疾病は、まず関節内でクッションの役割をしている軟骨がすり減り関節に負担がかかり、腫れや痛みが生じる。進行すると、骨のトゲ(骨棟)ができ強い痛みが出る。さらに放置すると骨の一部が削れ、次第に関節が膨らんだり曲がったりして変形する。指の第一関節に症状が出るものは「へバーデン結節」、第二関節なら「ブシャール結節」と呼ばれる。親指の付け根に起こるものは「母指CM関節症」と分類される。変形性指関節症は加齢とともに増え、40代以降に多い。パソコンのキーボードを強くたたくなど指先の酷使が要因の一つとなり、突き指などのケガの放置がきっかけになることもある。家族にこの疾病がある場合も発症しやすいという。変形して症状が固定するまでには1~10年かかる。変形した骨は治らず、関節を曲げづらくなくなることも。

  昭和大学医学部整形外科学講座(東京・品川)の久保和俊講師は「日ごろの予防で発症させないことと、早めの治療で症状の悪化を抑えることが大切」と指摘する。発症や進行を防ぐには、まずは関節に負担がかかるような指の使い方をしないこと。指先でモノを強くつまむ動作や、キーボードを強くたたくことは控えた方がいい。多少の痛みがあっても、つい使いがちだが、痛みがある時は指を休ませることが重要だ。.「指の関節は、握ったり闘いたりする方向の力には比較的強いが、左石の横方向やひねりの力に弱い」(久保講師)。そうした力を軽減するため、痛みなどの症状がある場合は、テーピングで関節を固定する方法が有効になる。「薄めのテープを症状のある関節の両側に貼り、その上から関節部分にテープを2周ほど巻く」 (久保講師)。

  親指の付け根の関節は手の奥まったところにあってテーピングが難しいため、サポーターで固定する。久保講師は「もともと関節が硬い人は関節への負担が大きくなりやすいので、指関節のストレッチをするのも一手」と助言する。ハンドクリームなどで保湿しながら、マッサージするのも効果的だ。また、変形性指関節症の発症には女性ホルモンが関係していると考えられている。女性ホルモンが減る授乳期や更年期以降に症状を訴える人が多い。手外科専門医で四谷メディカルキューブ(東京・千代田)の平瀬雄一医師は、女性ホルモンが影響している場合は「個人差があるものの女性ホルモンと似た働きをするエクオールという成分のサプリメントが発症や症状、進行を抑える例がある」と語る。一般的な治療では、消炎鎮痛剤の貼り薬や塗り薬、飲み薬で痛みを抑える。

  それでも痛みがある場合にはステロイド剤を関節に注射する方法もある。ただし「症状が進行した人ほど注射の効きは悪く、痛みが再発する傾向がある」(久保講師)という。日常生活に支障があるような痛みや変形があれば、関節固定術などの手術も速択肢になる。「優形性指関節症は、手が専門の医師に診断や治療をしてもらうのが望ましい」と平瀬医師は提案する。日本手外科学会のホームページには、専門医と所属医療機関のリストが掲載されているので参考にするといい。






2020-06-28・・・「安楽院・だんらん」より引用
◆その足先の冷え・しびれ  足梗塞かも!?

    心臓から足までのあいだの血管が詰まり、血液が十分に届かなくなる「足梗塞」。高血圧や高脂血症、糖尿病の方などはとくに注意が必要です。

*気づかないうちに重症化  血栓が脳や心臓の血管に詰まって引き起こす脳梗塞や心筋梗塞はよく知られていますが、「足梗塞」 の発症も同じメカニズム。太ももや膝下の血管が詰まる症状で、正式には末梢動脈疾患(PAD)と呼ばれます。主な初期症状は、足先の冷えやしびれ、痛みなど (下の図を参照)。長い距離が歩けなくなった、自転車に乗れなくなったなど、生活の中で変化を感じることもあります。重症化してくると、血流が滞って壊死部分が黒くなり、最悪の場合、足を切断しなければならないケースも。問題は、気づかぬうちに進行していくこと。高血圧や高脂血症、糖尿病、人工透析を受けている方は、リスクが高くなるため注意が必要です。

*定期的に足をチェックしよう
  足梗塞に早めに気づくには、自分の足がどんな状態か、入浴の前後など、はだしの際に定期的にチェックすることが大事。まず足の皮膚の色を調べ、できものや病変がないかを観察し (下の図を参照)、触って体温をチェックします。青白かったり、冷たかったりする場合は、すぐに足の脈や手足の血圧を測りましょう。足の脈が弱かったり、腕よりも足の血圧が低かったりしたら、血流が十分足に行き渡っていない可能性があります。この場合、足梗塞の疑いがあるので、足の専門外来や循環器科の受診をおすすめします。






2020-11-02・・・日経より引用
◆尿漏れもう悩まないで、ぼうこうの過度な収縮防ぐ
    新しい薬や治療法、健康保険適用に

  高齢者を中心に尿漏れを引き起こす過活動ぼうこうの新しい治療法が広がっている。副作用の少ない新薬が健康
保険の適用になったほか、ボツリヌス菌の毒素を注射してぼうこうの過度な収縮を防ぐ画期的な治療法も登場した。
患者の生活の質(QOL)を著しく下げる病気だけに、今後投薬や施術が増えそうだ。


  「夜中、トイレに何回も行っていたのが嘘のようになくなった」。今年、女性医療クリニックLUNAネクストステージ(横浜市)で新療法「ボツリヌス毒素注射法」の施術を受けた神奈川県内の40代女性はこう語る。30代後半から過活動ぼうこうに悩まされ、薬を3種類飲んでいたが効果がなかったため同医院でこの治療法を試した。術後は症状が全くなくなり「もっと早く施術を受けていればよかった」と悔しがる。過活動ぼうこうは、神経系の病気などで脳によるぼうこうのコントロールがうまくできなくなり、急に我慢できないほどの尿意に襲われる病気だ。患者は頻繁にトイレに行かなければならなくなったり、尿のにおいが漏れていないか気になったりして仕事に集中できなくなるなどの問題が生じる。

  日本では40歳以上の8人に1人がかかるとされ、高齢になるほど雁患(りかん)率は高い。治療の第1段階では薬を使う。神経から分泌され、ぼうこうの収縮を促すアセチルコリンの働きを抑える薬が従来使われてきた。ただ便秘を引き起こしたり、認知症リスクを上昇させたりする副作用が起こることがあり、使い勝手が悪かった。2011年にはぼうこうの容量を広げる薬が承認されたが、妊婦や妊娠の可能性がある女性には使えない。そんな中、2018年9月に健康保険適用となった「ベオーバ」は従来薬に表れた副作用がほとんどないとされる。この薬もぼうこうの容積を広げて尿漏れを防ぐ作用がある。近年は広く使われ始めている。

  「この薬ができて治療は本当に楽になった」 (女性医療クリニックLUNAネクストステージの中村綾子院長)薬剤の十分な効果が見られない患者は難治性と診断され、手術が必要となる。負担の少ない新療法として期待を集めるのがボツリヌス毒素注射だ。ボツリヌス菌の毒素は筋肉をまひさせる効果があり、この毒素をぼうこうに注射して過度に収縮するのを防ぐ。美容外科ではしわを防ぐなどの美容目的でも使われる。ゼリー状の薬剤により尿道に麻酔を施したうえ、針のついたぼうこう鏡を尿道から入れてぼうこう壁の約20カ所に注射する。病院によっては1日入院する必要があるが、基本的には日帰りで受けられる。施術する医師はボツリヌス毒素を販売する製薬会社の研修を受ける必要がある。効果は4カ月から8カ月ほど持続するという。

  ボツリヌス毒素に耐性ができ、注射するたびに効果が薄れるのではないかと危惧する声もある。この治療法を早期に取り入れた鳥取大学の武中篤教授は、懸念も一部にはあるとしながらも「多くの患者で効果は持続する。合計で15回以上注射している患者もいるが、最初に施術した時と同程度の効果がある」と語る。ただ、副作用が出る可能性があることには注意が必要だ。研究によると、患者の5%はボツリヌス毒素が効きすぎてぼうこうが収縮せず尿が出にくくなる「尿閉」になる例が報告されている。尿閉閥になると尿道に専用の管を入れて尿を出す必要があり、重い負担になる。また合併症として尿毒症になる患者も5%ほどいるという。

  ボツリヌス毒素注射法は2020年4月に健康保険の適用になり、1回3万〜5万円ほどの自己負担で施術できるようになった。武中教授は「これから術後のデータもより集まるようになり、施術を受ける人は拡大していくだろう」としている。治療法にはこのほかお尻のふくらみの上部に電極を埋め込んで排尿に関連する神経を刺激する治療法もあるが、大がかりな手術が必要になるため、ほかに治療法がない患者以外では敬遠されがちだという。


 


*生活習慣の見直しも有効、食生活指導アプリが登場
  過活動ぼうこうの治療には、生活習慣の見直しや排尿に関わる筋肉の訓練などの行動療法も有効だ。組み合わせて取り組めば、薬の使用量などを減らせる可能性がある。20年3月には食生活指導をするアプリも登場しており、患者が自ら取り組みやすくなっている。行動療法では水分や利尿作用のあるカフェインを過剰に摂取しないようにする。トイレに行くのを適度に我慢することでぼうこうを訓練する方法もある。ぼうこうに尿をためる量が増えるので排尿の回数が減る。排尿をコントロールする「骨盤底筋」を、肛門を締めるようなイメージで鍛えるのも有効だ。続ければ2〜3週間で効果が出るという。アステラス製薬と医療分野のスマホアプリを手掛けるWe1by(ウェルビー)は患者に食生活を指導する無料のスマホアプリ「ユーサボ」を3月から提供している。取った食事を3日分撮影すると、アプリが自動で写真からメニューを認識。「漬物を減らしましょう」などと塩分やカフェインの過剰摂取を防ぐ解決策を提示する。ウェルビーの池本圭輔マネージャーは「医師が診察時などに患者に紹介し、広く使ってもらっているようだ」と話す。(三隅勇気)