サブページに戻ります
18

他の過程[03]

2020-03-21・・・日経より引用
◆生活に支障きたす多汗症、緊張や興奮したとき注意
     上手にリラックス/幸い食事控えて

  春になり気温が上昇すると、何かと気になる汗。ただ、手のひらの汗で書類がぬれてしまうなど、生活に支障がそる場合は多汗症かもしれない。決して珍しい病気ではないので、正しく対処し快適に過ごしたい。

  「手に汗を握る」という言葉があるように、緊張したり興暫したりしたときに手のひらに汗をかくことは多くの人が経験する。ただ、手の汗でスマートフォンなど端末が正しく反応しなかったり書類や書籍がぬれて困るケースもある。日常生活に支障をきたすほどの汗をかく場合は疾病とされ「多汗症」と呼ばれる。全身で大量の汗をかく全身性多汗症と、手のひら、足の裏、わきの下、頭部など特定の場所に集中する局所性多汗症の2種類がある。全身性は甲状腺など内分泌疾患などが原因で、根本の疾病を治療する。局所性は自律神経のバランスが崩れたりストレスがかかったりすることで起こる。決して珍しい病気ではない。

  厚生労働省が局所性について2009年に実施した疫学調査では、手のひらに症状がある人は人口の5・3%、わきの下は5・7%だった。研究班の班長を務めた東京医科歯科大学病院皮膚科の横関博雄教授は「身近な病気だが、治療を受けている人は1割以下」と指摘。医師・患者ともに治療可能な病気という認識が広まっていないという。これまでの研究で病気の特徴も分かってきた。患者の多くは25歳以下で発症し、家族に同様の症状のある人が多い。また、自律神経のうち、日中に心身の活動をつかさどる交感神経が高ぶることの影響を受けるため、午前10時から午後6時にかけて発汗量が増える。逆に睡眠中は症状が治まっていることが多い。

  こうしたケースや、1週間に1回以上症状があることが診断基準になっている。多汗症の症状は、「コップを落としてしまう」など日常の暮らしの中での困りごとだけにとどまらない。、汗が原因で対人関係など精神的な不調にもつながる。多汗症専門外来を開く五味クリニック(東京・新宿)院長の五味常明さんは、「ワイシャツのわきの下の汗が目立つので、人前で上着が脱げないなどの悩みを持つ患者がくる」と話す。ビジネスの現場で、手の汗が気になり握手をためらう例もある。局所性の多汗症はまず、生活改善に努める。緊張、興暫したときに汗をかきやすくなるので、五味さんは「上手にリラッグスする方法を見つけるといい」と提案する

  。軽い運動や、ゆっくりした呼吸を心がけるのも効果的だ。辛いものなど食事の影響もあるので発汗作用のある食材を控える。「肥満は精神的緊張と関係なく症状を悪化させるので、体重を落とす努力も欠かせない」(五味さん)という。それでも改善しない場合は、医療機関での治療が必要になる。ここ10年ほどで治療法が確立している。15年に改訂された「診療ガイドライン」で最初に試みるべき治療とされているのが20〜30%の塩化アルミニウム溶液を夜間、発汗部に塗ることで汗腺の働きを抑える療法だ。また、手のひら、足の裏については発汗部を水道水に浸し、弱い電流を流すイオントフォレーシスという治療法も推奨されている。電気で汗腺を刺激する。これらで効果がない場合は外科治療の交感神経遮断術が検討される。

  構関さんによると「手のひらの多汗症に関して遮断術は、ほぼ100%有効に働く」という。ただ「かわりに胸、背中などの発汗が増えるという代慣性があるので、医師としっかり相談してほしい」と助言する。人知れず悩んでいる人が多い多汗症。蒸し暑い季節が来る前に、自分にあった対策や治療に取り組みたい。(ライター荒川 直樹)






2020-06-06・・・日経より引用
◆暑い季節こむら返り防ぐ、水分しっかり運動・入浴も
    脳血管障害なども原因に/頻発なら受診

  運動時や睡眠中に起こる「こむら返り」。脱水症状によってミネラルのバランスが崩れることも要因になるので、暑い季節は要注意。脳血管障害など深刻な病気が隠れていることもある。仕組みを知って予防したい。

  「こむら」はふくらはぎを指し、この部分の筋肉が過剰に収縮したまま動かせなくなった状態がこむら返りだ激しい運動で筋肉を酷使して起こるほか、安静にしている睡眠中に起こることも多い。筋肉の繊維の中には、伸びすぎたり縮みすぎたりするのを防ぐセンサーがある。「この働きがおかしくなって激しく収縮することで、こむら返りが起こる」と東京有明医療大学保健医療学部の川嶋朗教授は説明する。センサーの働きが悪くなる原因の一つは血行不良。血流が悪く十分な栄養分が屈かないとセンサーが機能しにくくなる。就寝中に起こりがちなパターンだ。また、スポーツなどで大量に汗をかき脱水状態になることも要注意。

  カルシウムやマグネシウムなどのミネラルがセンサーによる神経伝達を円滑にしている。汗をかくと水分とともにミネラルが排出されやすく、センサーが働きにくくなる。予防法は適度な運動をして筋肉の血行を良くすること。運動後や眠る前にはストレッチをして、ふくらはぎの筋肉をよく伸ばす。また、脱水症状にならないようにスポーツドリンクなどで水分を十分にとり、カルシウム、マグネシウムもしっかり補うことだ。暑い季節はシャワーだけですませたくなるが、血行不良で就寝中にこむら返りを起こしやすい人は寝る前に入浴すると予防できる。「40度以下のぬるめの風呂に入ると副交感神経が優位になって血管が拡張し、血行が良くなる」(川嶋教授)。また、ぬるければ大量に汗をかかないので脱水症状を防ぐこともできる。「睡眠中は足にも枕をするといい」

  こう助言するのは北青山Dクリニック(東京・渋谷)の阿保義久院長だ。ふくらはぎの圧迫が少なくなり、位置を高くすることで足の血行が良くなる。こむら返りが起きたときは収縮した筋肉をゆっくり伸ばす。足の指を持ち、ふくらは
ぎの筋肉が伸びるように足首を手前に曲げるのが基本だ
。漢方薬では筋肉のこわばりを和らげる苛薬甘草湯(しゃくやくかんぞうとう)がよく効く。川嶋教授によると「のんで数分で効くので起きたときのんでもいいし、寝る前にのんでおくと睡眠中の予防になる」という。ときには他の疾病が原因でこむら返りが起こることもある。特に多いのは、ふくらはぎの静脈にコブができる下肢静脈瘡だ。

  静脈瘡ができると血行が悪くなり、こむら返りを起こしやすくなると推測されている。患者は女性が多い。これは女性ホルモンの血管拡張作用で静脈が拡張しやすいためだ。下肢静脈瘡が原因の場合、「治療によってまったくこむら返りを起こさなくなる人も多い」 (阿保院長)。今はレーザーや高周波などメスを使わない手術が主流で、日帰りでできる。血管外科を受診するのがベストだが、一般の外科でも治療できる。こむら返りを起こす病気には脳血管障害、糖尿病、腎臓病、肝硬変、椎間板ヘルニアなどもある。見分け方は「他の症状」があるかに注意する。血糖値が高ければ糖尿病、腰痛があれば椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の可能性がある手足がしびれる、ろれつが回らないなどの症状があれば脳血管障害の疑いもある

  毎晩のように起きる、これまでに経験したこむら返りとどこか違う感じがする、といった場合も要注意だ。原因が分からない場合は「まずは内科を受診して」と阿保院長はアドバイスする。(ライター伊藤・和弘)






2021-05-22・・・日経より引用
◆コロナ禍と尿路結石・運動不足や過食が誘発も
     水分は1日2㍑以上/カルシウムも適度に

  体内の水分が不足して尿が濃くなると発症しやすいのが尿路結石。新型コロナウイルス禍での在宅勤務による運動不足や食生活の変化が誘発する可能性もあるという。激しい痛みを伴うだけに、気を付けたい。


  「最近は外出を控えるようになり、体を動かさなくなった」 「在宅勤務のストレスでつい間食してしまう」。コロナ禍をきっかけに、適度な運動やバランスのとれた食生活が続けられなくなった人もいるだろう。こうした変化は生活習慣病の原因にもなりかねない。さらに「生活習慣病と尿路結石には相関関係がある」と指摘するのは千葉大学医学部付属病院(千葉市)の坂本信一医師(泌尿器科)。尿路結石の発症リスクが高まる可能性もあるという。尿路結石は男性の7人に1人、女性は15人に1人が発症するとのデータもある身近な病気だ。腎臓や尿管、膀胱、尿道といった尿の通り道(尿路)で、尿中のシュウ酸やカルシウムといった成分が固まって結石ができる。

  腰から脇腹や背中にかけて突然の激痛や血尿が起こることがある。「結石で尿管が詰まって尿の流れを塞ぐと、圧力の上昇や尿管のけいれんによって激しい痛みが起こる」と坂本医師は説明する。結石が尿管下部や尿道にあると、頻尿や残尿感、排尿痛といった症状もみられる。一方で結石が腎臓や勝胱にあって尿の流れを塞がない場合には多くが無症状だという。発症のリスクが高いのは肥満、尿酸値が高い、糖尿病、高血圧、高脂血症といった生活習慣病を抱える人だ。コロナ禍での生活習慣の変化を踏まえ、坂本医師は「運動不足や過食による肥満には特に注意が必要だ」と呼びかける。

  一般的に男性よりも女性の患者の方が少ないが、みたか南口泌尿器科クリニック(東京都三鷹市)の長尾慶治院長は「閉経後の女性も要注意」と話す。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンの減少が発症に関わることが明らかになっているのだという。予防には生活習慣の改善が欠かせない。まず水分摂取。1日に2リットル以上を心がけたい水や麦茶がいいようだ夏に発症しやすいのは体内の水分が不足して尿の濃度が高くなり、結石が生じやすくなるからだ。普段以上に水分摂取を意識する必要がある。コーヒーや紅茶、高級な緑茶、ホウレンソウといった食品には結石の原因となるシュウ酸が多く含まれる。取り過ぎは控えよう

  カルシウムは結石の成分でもあり、かつては摂取制髄の動きがあったが、今では適度に取るよう推奨されている。カルシウムが腸内でシュウ酸と結合し、便として排出されるため、尿中のシュウ酸が増えにくいとされる。例えばコーヒーを飲むときには牛乳を入れるのがおすすめだという。アルコールも要注意。坂本医師は「ビールに多いプリン体が尿酸値を高め、結石を誘発しかねない」と忠告する。もちろんカロリーの高い食生活や運動不足での肥満にも気を付けたい。治療については結石が小さかったり、無症状だったりした場合、運動や水分摂取で自然に排出されるのを待つことが多い。

  痛みがある場合は鎮痛薬や結石の排出を促す薬を使って出るのを待つ。ただ結石が比較的大きくて自然排出を期待できない場合は体外から衝撃波を与えて砕いたり、尿道から内視鏡を入れてレーザーで砕いたりして摘出する。背中から腎臓に穴を開けて内視鏡を入れて砕く手術法もあるが、体への負担は大きい。尿路結石は再発率も高いという。長尾院長は「結石が見つかったら、専門クリニックで予防指導を受けるのが望ましい」と話す。(ライター仲尾 匡代)






2021-06-26・・・日経より引用
◆爪の水虫に注意、気づかず家族に感染/放置で痛み、転倒も
    皮膚科受診、処方薬で治療


  痛みやかゆみといった症状がみられず、気づきにくい爪水虫。放っておくと爪が分厚く変形し、爪切りも使いにくく、歩くと痛みを感じるようになる。基本的に市販薬では治せないので、早めに皮膚科を受診しよう。


  夏にかけて気温や湿度が上がっていく時期、水虫に悩まされる人が増えてくる。水虫は白輝菌というカビが皮膚に感染して繁殖する病気。爪にできる水虫(爪白癖)は厄介だ。完治させるのが難しい。爪水虫の患者は想像以上に多い。日本臨床皮膚科医会によると、日本では10人に1人はいるという。この数字に基づけば日本で患者は1000万人を超えるはずだが、実際に治療を受けているのはそこまで多くない。医療機関を受診する人が少ない理由のひとつに痛みやかゆみがなく、気づきにくい点が挙がる。「足の水虫でも、かゆみを感じる人は1割程度しかいない。特に高齢者では同年代に爪水虫が増えてくるため、爪が濁っても単なる老化現象と思っている人が多い」。東京医科大学皮膚科の原田和俊主任教授はこう指摘する。

  爪水虫はもともと水虫になっていて、そこから白癖菌がうつるケースが多い。目立つのが爪の先端から白辟菌が侵入するタイプ。爪の根元や表面から菌が入る場合もある。発症すると爪が白や黄色に濁り、分厚く変形してしまって爪切りで形を整えるのが難しくなる。歩くときも靴に当たって痛み、高齢者ではこれが転倒の原因にもなるという。特に糖尿病の人は要注意。原田教授は「小さな傷から壊痕を起こしやすく、足を切断しなければならなくなるかもしれない」と警鐘を鳴らす。背中やお尻など体の他の部分に白癖菌が感染し、いわゆる「たむし」になることもある。牧田総合病院(東京・大田)皮膚科の北見由季郡長は「たむしで受診した方を調べてみると、爪水虫があったという例は多い」と指摘する。生活圏に白審菌をばらまいてしまい、同居する家族にうつす可能性が高くなる。

  「現時点では爪水虫を治す市販薬はなく、処方薬を使うことになる」と原田教授。爪が厚くなった、色が濁ってきた、先端がはがれるなど、爪水虫が疑われる場合には早めに皮膚科を受診しよう。処方薬には塗り薬と飲み薬の両方がある。原田教授は「爪の表面だけでなく、中の白癖菌も殺すためには飲み薬がよく使われる」と話す。通常は長期間使うことになる。2018年に登場した飲み薬のホスラブコナゾールでは1日に1回、1カプセルを3カ月間服用する。症状が治まったようにみえたからと途中でやめると、再発する恐れがあるという。使う薬によっては肝機能障害や胃腸障害といった副作用が出たり、他の薬との併用で問題が起きたりする場合がある。医師や薬剤師の指示に従って使うようにしたい。予防に大切なのは何か。

  北見部長は「一番の方法はやはり水虫にならないように気を付けること」と強調する。注意したいのは温泉やスポーツクラブなど不特定多数の人がはだしで歩く場所に行ったとき。白癖蘭に触れても感染までに半日以上かかるとされていて、慌てる必要はないが、帰宅したら水で洗うか、乾いたタオルで拭いておきたい。新型コロナウイルス禍で身近な存在になった手指用のアルコールを使うのもよい。他にも同じ靴を毎日履き続けると白辟菌が繁殖する可能性がある。家の中では家族同士でもできるだけスリッパを共用せず、自分専用のものを使いたい。浴室のバスマットは定期的に掃除機をかけ、乾療させておこう。すでに水虫になっている人は爪水虫になる前にしっかりと治すようにすることが大切だ。(ライター伊藤 和弘)