サブページに戻ります
睡眠・ストレスの過程[03]

2016-07-31・・・日経より引用
●不眠の改善、生活リズムの安定大事

  蒸し暑い夜が続いて寝つくのに苦労する季節になったこともあり、友人の睡眠の専門家と睡眠薬のプラセボ効果が話題になった。睡眠薬というのは睡眠導入剤ともいわれ、睡眠を改善する薬のことだ。そうした薬の効果を探る調査をすると、薬を飲んだという行為だけで眠気が出てくることが少なくないという。理由のひとつに偽薬効果ともいわれるプラセボ効果がある。薬の効果のために眠気が出てくるのではなく、何の効果もない粉を固めただけの偽の薬であっても、薬を飲んだという安心感のために眠気が出てくる心理的作用の効果だ。それでは、眠れるようになったのは心理的効果のためだけかというと、必ずしもそうではないと友人はいう。日常生活に支障が出るような不眠のときには睡眠薬は役に立つ。不眠に苦しんでいた人が睡眠薬で生活のリズムを取り戻し、精神的に元気になることは私も外来でよく経験した。

  だから薬の効果を否定するのは好ましくない。大事なのが生活習慣だ。薬の効果を調べるときには生活習慣も同時に調べる。何時に床に入って何時に起きるのか。日中はどのような生活を送り、いつ食事をして、風呂に入っているのか。調査に参加している人は自分の生活パターンに目を向けるようになり、意識するようになる。その結果、規則正しいリズムで生活するようになってくる。薬の効果を調べているときに、生活のリズムが安定して不眠が改善することがある。不眠改善薬の効果の研究が、生活のリズムの大切さも実証していたのだ。(認知行動療法研修開発センター大野裕)






2016-**-**・・・DHCより引用
●最近ぐっすり眠れていますか?
    なかなか眠れないとお悩みのオトナに、快眠のコツをお教えします


*オトナになるほど眠れない
  若いころはぐっすり眠れたのに、年とともに眠れなくなってきたということはありませんか?これは、加齢に伴い、睡眠パターンや眠りの質が変化しているため。睡眠には、浅い眠りのレム睡
眠と、深い眠りのノンレム睡眠がありますが、高齢になるほど深い眠りが減っていき、ちょっとしたことで目が覚めやすくなります。すると、長時間寝ても疲れがとれなかったり、熟睡できていないと感じるように。また、睡眠時間自体も徐々に短くなっていくので、より睡眠に満足感を得にくくなってしまいます。

  体内時計に働きかけて、眠りを誘う作用のあるホルモン「メラトニン」の分泌量が、年齢とともに減少することも原因のひとつ。これにより睡眠のリズムが乱れ、なかなか寝つけないなどのトラブルが起きやすくなります。こうした変化は、白髪が増えたり、体力が落ちたりといったことと同じように、生理的なもの。若いころと同じ にこだわりすぎると、余計眠れなくなってしまう場合もあるため、睡眠時問にとらわれすぎず、質を高めるよう工夫することも大切です。


*睡眠を妨げる原因は?
  年齢に伴う生理的な変化だけでなく、心や体の状態も睡眠に大きな影響を与えます。〝心配事があってなかなか眠れなかった〞という経験をしたことがある人も多いのでは?ぐっすり限るためには、ストレスをためこまず、リラックスすることを心がけましょう。また、痛みやかゆみなどの不快感があると、熟睡できなくなってしまいます。よりよい睡眠のため、体調を整えておくことも忘れずに。睡眠障害の原因のひとつとして中高年以降で多くみられるのが、睡眠時無呼吸症候群。

  眠っている間に舌がのどの奥に落ち込み、気道がふさがれ無呼吸になって、苦しさから日が覚めたり、睡眠が浅くなる病気です。眠りの質が大幅に落ちるため、起きたときに体がだるい、昼間に眠くなるなどの症状が現れます。本人の自覚なく起こっていることも多いため、心配な場合は家族などに睡眠中の様子を観察してもらうとよいでしょう。睡眠時無呼吸症候群は、太った人や男性に多い病気と言われます。しかし、女性でも更年期以降になると起こりやすくなるため注意しましょう。また、更年期では、ホルモンバランスの乱れから眠れなくなることもあります。










◆よりよい眠りに導く5つのポイント
    睡眠の質を高める5つのポイントを毎日の生活習慣にとり入れて、心地よいぐっすりを目指しましょう

1)朝の光を浴びる
  体内時計は日の光を浴びることでリセットされ、その約14~16時間後に眠くなる仕組みを持っています。起きたらまずカーテンを開けるなどして、朝日をとりこみましょう。ただし、早朝覚醒タイプの方は、早くに日光を浴びすぎると逆効果になってしまうので注意が必要です。

2)眠りやすい環境を整える
  エアコンなどを利用して寝室の温度をコントロールし、快適に眠れる環境を整えましょう。夏場は26~28℃、冬場は18~20℃くらいを目安にすると○。冬場は空気も乾燥してくるので、加湿器で湿度も調整するとよいでしょう。

3)お酒・カフェインは要注意
  お酒を飲むと寝つきはよくなっても、睡眠のリズムが乱れたり、トイレに行きたくなったりして夜中に目が覚めてしまいます。また、毎日続けることで飲酒量が増える危険も。カフェインは、飲んでから4~5時間程度覚醒作用が続くので、飲む時間に注意しましょう。

4)体を動かす
 ウォーキングやランニングなどの軽い運動を毎日の習慣にしましょう。適度に体が疲れると、よく眠れるようになります。ただし、寝る直前に体を動かすと、興奮からかえって眠れなくなるため、夕方から遅くとも寝る3時間前くらいまでの間に行うとよいでしょう。

5)ぬるめのお湯でゆっくり入浴
  入浴すると血行がよくなることで体表の熟が放出され、深部体温が下がるため、眠りにつきやすくなり、睡眠の質も高まります。お湯が熟すぎると目が覚めてしまうので、38~40℃くらいのぬるめのお湯につかるとよいでしょう。






2016-09-17・・・日経より引用
●5分で寝息実は睡眠不足
    ちゃんと寝たのに昼間ウトウト・・・

  ぐっすり寝たはずなのに、起きた時に何だか前日の疲れが残っているような気がする。日中についウトウトするのは、うまく眠れていないせいだろうか。疲れをリセットし、心地よく目覚めるためのコツを探ってみた。

  まずはオムロンヘルスケアの「ねむり時間計(HSL-004T)」で寝付き、寝起きにかかった時間を測り、眠りのタイプを調べる。「1週間使うと、大体の睡眠のパターンが分かる」と同社国内営業本部の船尾公幸さんは言う。帰宅後、午前0時半に就寝。翌朝7時すぎに目覚めて結果を見ると、寝付きにかかった時間は5分だった。翌日から1週間、測り続けた。寝付きにかかるのは毎日5分で、0分という日もあった。睡眠時間は平均で6時間半。朝はアラームが鳴っても必ず二度寝してしまう。

  「起床のリズムは整っているが、朝はのんびりタイプ」。朝寝坊しがちな睡眠パターンだそうだ。それでも寝付きがこれだけ良いということは、案外正常に眠れているのかな?記録を携え、睡眠外来のあるベスリクリニック(東京・千代田)を訪ねた。「寝付きにかかる時間が8分未満の人は、慢性的な睡眠不足です」。作業療法士の菅原洋平さんの言葉に驚く。「普通は10分ほ
どまどろむようにして眠りにつきます。5分ということは『行動誘発性睡眠不足症候群』の可能性があります」


*儀式取り入れ脳休める準備
  睡眠の量が足りないから、すぐ眠ってしまうのだ。この症候群は
          ①日中、強い眠気がある
          ②平日より土日の方が長く寝る、
という人に疑いがある。どれも当てはまる。「季節の変わり目に鬱症状が出て悪化することもある」ため、単なる睡眠不足と侮れない。「極度の睡眠不足になると、会議中に他の人の発言の時はボーつとなったり、文章の同じ行を何度も読んだりする」。心当たりがある。解消策は「毎日15分でも早寝して、累積の睡眠時間を増やす」。

  ただ、lカ月単位で取り組む必要がある。眠りの質を上げることで改善に結びつけられないか。菅原さんは「寝る前に頭を冷やし、首と骨盤の上あたりにある仙骨、足首を温めること」。脳を休めるために頭を冷やす。寝る直前までスマートフォンを見ていると、脳の温度は上がる。氷枕をタオルにくるんで耳より上にあてる。足には綿と網の靴下を2枚ずつ重ねてはいて寝た。起床時。体が軽く、じんわりとした心地よさに包まれた。頭も明瞭だ。いつもはなかなか布団から離れられないのに、寝床から出てすぐに行動できる。

  身支度の後、テキパキと掃除機をかけられた。足を温めるのは出た汗が蒸発して体温を下げるため。日中の体の奥の温度の高低差が大きいほど、熟睡につながるそうだ。逆に体温が最も高くなる起床から11時間後に、体を動かして温度を上げる。「横にならない、座らない」ことを心がけるだけでいい。平日は会社の階段を上り下りし、休日に遊園地で休憩せずに歩き続けた。その晩はいつもより1時間ほど早く眠くなり、午後11時には寝た。途中で一度も起きることなく、しっかり眠れた。


*夜中起きても時計は見ない
  寝具メーカー、西川産業(東京・中央)で睡眠に詳しい富下瞳さんを訪ねると「自分なりの入眠の儀式を持つと熟睡に役立ちます」と言う。例えば眠るときにパジャマに着替えると「これから寝る」と暗示がかかる。私は気が張る仕事の予定があると、明け方に起きて寝付けなくなるが、「寝る前に紙に心配事を書き出そう」と勧められた。ただし居間で書いたら、そのメモは寝室に持ち込まないこと。

  実行すると自分の心配事は「取材の予定が入るか」 「午後の取材がうまくいくか」など3つくらい。「何だ、そんなことか」と気が楽になり、途中で起きることなく、じっくり寝られた。途中で決まった時間に起き一時計を見ないのが大。一度「4時」と見ると「次の日も4時に起きよとプログラムを組んでしまうことがあるからだ。これを聞いて明け方に目覚めても時計を見ないようにした。「心配事はない。次は7時に起きる」と言い聞かせると、再入眠できた。

  この方式はスッキリ起きるのにも応用できるらしい。寝る前に起きたい時間を3回唱えるだけ。金曜の夜、「明日は7時に起きる」と声に出した。翌日は二度寝して7時半に起きたが、普段の週末は10時前まで寝ているところだ。日曜は7時9分に起床。だいぶ誤差は短くなった。月曜は目覚まし時計が鳴る30分前に目が覚めた。早く起きた分、ゆっくりお茶を飲める。朝の光に包まれてのんびり過ごすひとときがこんなに幸せとは。これからも毎晩、起床時間を唱えようと思う。




*90分サイクルの落とし穴
  睡眠は90分のサイクルで浅い眠りの「レム睡眠」と深い睡眠の「ノンレム睡眠」交互に繰り返すと聞いたことがある。90分単位なら起きやすいかと思い、睡眠6時間と6時間半を比べてみたが違いは分からなかった。菅原さんによれば、90分はあくまで平均値の話。「日中に新しい事をたくさん学習すれば90分より長くなり、嫌なことが起きると短くなる。日によって時間は変わる」。きっちり90分にこだわることはなかったのだ。大事なのは睡眠時間よりも質。「最初の3時間に熟睡すると成長ホルモンが分泌されて、肌にも良い」と富下さんは言う。確かに飲み過ぎて帰宅した夜は眠りが浅く、翌朝は顔に特大の吹き出物が2つ。なるほど体と脳は正直だ。(閑優子)






2016-09-17・・・日経より引用
●低血圧あなたのタイプは
    早起きや食事で症状改善
    目立つ女性、危険な失神発作

  夜更かし・ずぐなし・なまくらは別にして、「朝、なかなか目が覚めない」 「すぐ疲れて横になりたくなる」 「立ち仕事をしていると、めまい、立ちくらみがする」。特に何か病気があるわけでもないのに、そんな症状が続くのは低血圧のせいかもしれない。少しずつ生活改善をしていくと症状は軽減できると専門家らは助言する。

  高血圧には国際的な診断基準があるのに対して、実は低血圧には明確なものがない。日本の病院では、最高血圧(収縮期血圧)が100より低いことを目安として診断する場合が多いという。低血圧が原因の体の不調は、朝起きられない、立ちくらみがするといった典型的な症状以外にもある。例えば頭痛や肩こり、耳鳴り、不眠、胃もたれ、動惇(どうき)などだ。こうした症状に悩まされるのは、比較的若い女性が多い。長年、低血圧の治療を行ってきたOD低血圧クリニック田中(大阪市)の田中英高院長は「人間ドックを受診した人を対象にした国内のある調査研究では、39歳以下の女性の2割に低血圧がみられた。男性の4倍だ」と話す。女性に多い理由は、女性ホルモンに末梢の血管を拡張する働きがあるためだと考えられている。

*薬で治療難しく
  高血圧と速い、低血圧には有効な薬物治療法が少ない。東京女子医大東医療センター(東京・荒川)内科の渡辺尚彦教授は「血圧を上げる昇圧剤などもあるが、薬だけで症状が改善することは少ない。朝だけ低血圧で日中は逆に高めの人がいるなど、昇圧剤は薬のさじ加減が難しい」と話す。重要なのは生活改善だという。そのためにはまず、自分がどのタイプの低血圧なのかを知ることから始めよう。起立性低血圧は、ベッドから起き上がったり、イスから立ち上がったりしたときなどに立ちくらみを起こす。二次性低血圧は、心臓病や糖尿病など他の病気や飲んでいる医薬品の副作用などで起きる。なお、食後に末梢の血管が拡張してしまうことで起こる食後低血圧もあり、広い意味で二次性低血圧に分類される。

  患者数が最も多いのは、特にこれといった病気がないのに慢性的に血圧が低い状態の本態性低血圧。頭痛や耳鳴り、全身倦怠(けんたい)感などの症状を訴える人が多い。また本態性低血圧に起立性低血圧や食後低血圧が重なることもある。生活改善を進めるうえで着目したいのは、いつ、どのような行動をしたときに血圧が下がるのかだ。1日を通じて見極め、対処方法を探す。例えば、朝起きるのがつらいという人の場合。早寝早起きの習慣で生活時間を前倒ししてみよう。起きたらすぐに太陽の光を浴び、コップ1、2杯の冷水を飲む。熱いシャワーを浴びると交感神経の働きが高まりスムーズに血圧を上げることができる。ウオーキングなど適度な有酸素運動も自律神経の働きを高める。

*緑茶にも効果
  食事は3食きちんと食べよう。低血圧の人は食欲不振から栄養不足になりがちだという。塩分は
血圧を上げる効果はあるが、わざと塩辛いものをたくさん食べるのは腎機能などに負担もあり勧められない。血圧を上げると期待できる食べ物の一つがチェダーチーズ。血圧を上げるホルモンの材料になる「チラミン」という物質が豊富。一時的だが血圧を高める効果が確かめられている。食後に低血圧になる人は、食事のときにコーヒーや緑茶などカフェインを含むものを飲むとよい。カフェインには血管を広げて血圧を下げるアデノシンを抑える働きがあるからだ。低血圧で危険なのが失神発作を起こす場合だ。

  駅のホームや階段で失神すれば命を失う事故になりかねない。渡辺教授は「矢神しそうだと感じたら、安全な場所で太ももを抱えるようにしゃがみこんで」と助言。頭に血液が戻るのを待てば転倒は避けられる。これまで、低血圧は命にかかわることが少ないと考えられ、治療挙つける患者も治療しようという医療機関も少なかった。近年は低血圧患者の支援に積極的な医療機関も少しずつ増えているという。田中院長が企画・監修するホームページ(http://inphs.gr.jp)で、低血圧の基本情報を掲載するとともに治療に取り組む全国の医療機関を公開している。ありふれた不調でありながら相談しにくかった低血圧。専門医と一緒に生活改善につとめることで、症状を軽減することができる。(ライター荒川 直樹)








2016-10-08・・・日経より引用
●寝具に潜むダニ撃退したい
    収納すのこで風通
    乾燥エアコンで1時間

  布団や枕などの寝具に潜むダニが心配です。最近、せきやくしゃみの回数が増えた気がします。寝ている間に吸い込んでいるかも、と考えると不安です。撃退法を教えてください。

  秋はダニ対策が最も必要となる時期だ。ダニは湿度や気温の高い6月から8月に繁殖のピークを迎える。布団に潜むダニの寿命は1カ月から3カ月で、「死骸やフンなど、ぜんそくや皮膚炎の原因となる物質(アレルゲン)の累積量は秋に最も多くなる」 (ライオンの亀崎宏樹副主席研究員)という。亀崎さんによると、ダニはセ氏25~30度、湿度60%以上で繁殖しやすい。人間の皮脂やフケ、ホコリなどをエサにしており「布団は栄養源の宝庫」。

  寝汗で湿度も高く、風の通りもないためダニにとっては楽園だ。ダニを死滅させるには、50度以上の熱を数十分浴びせる必要がある。日光ではこの条件を満たせない。このためダニを繁殖させないこと、死骸やフンを取り除くことが対策の柱となる。「ダニを住みづらくするには乾燥が1番」。亀崎さんは指摘する。起床後は窓を開けてしっかり換気する。掛け布団をイスなどにかけておくと風が通り、乾きやすい。



  家事代行大手、ベアーズ(東京・中央)の高橋ゆき取締役副社長は「エアコンを切タイマーで約1時間、ドライモードに設定するのもおすすめ」と話す。家事の合間に軌率よく対策ができる。死骸やフンは水に溶けやすいため、洗濯も効果的だ。

  枕カバーやシーツなど水洗いできるものはこまめに洗おう。布団カバー内の四隅にはホコリなどダニのエサがたまりやすいため、裏返して洗うといい。表と比べて風も当たらず、ダニも多くいるからだ。

  布団を干す際は全体に風が当たるよう、物干しざおを2本使ってM字にかける。風の流れがよくなり、満遍なく空気に触れる。ただし曇りの日にやると逆効果だ。湿気を呼び込み、かえってダニが住みやすくなる。布団乾燥機を活用するのも対策のひとつ。乾燥だけでなく、熱によるダニの死滅も期待できる。

  布団たたきは厳禁だ。「死骸やフンを細かくし、吸い込みやすくなってしまう」 (亀崎さん)ためだ。布団の素材を傷つけない程度に表面をはらい、エサとなるホコリなどを落とすだけで十分だ。死骸やフンは洗濯後も落ちずに残ることがある。

  そこは 掃除機の出番だ。亀崎さんは「シーツや布団にヘッドを直接あて、ゆっくりかけてほしい」と助言する。「目安は1平方㍍あたり1分。じっくり力強くかければ吸い込むことできる」。冬用の布団へ衣替えする際にも注意が必要だ。

  ダニの生態に詳しい日本環境衛生センター(川崎市)の橋本知事さんは「急に寒くなったからといって冬用の布団を引っ張り出し、すぐ使うのは厳禁」と話す。押し入れの中はホコリが多く湿度も高い。ダニが大量にいてもおかしくない環境だ。

  事前に天日干しをするなど余裕を持って準備したい。布団をしまう際も工夫の余地がある。押し入れにはすのこを敷き、風の通り道を確保すれば湿気を抑えることができる。布団を天日に干し掃除機をかけ、押し入れのすのこへ置けばバッチリ。衣替え時は対策を施す絶好の機会だ。

  対策がしづらいケースもある。羽毛布団は水洗いできないことが多い。天日干しだけでは不安なら、布団丸洗いサービスなどの業者に任せるのがいい。羽毛を傷つけることなく、ダニ対策ができる。ベッドのマットレスはサイズが大きく、全体を外気にさらすのも一苦労だ。

  高橋さんは「ベッド本体との間に雑誌を挟む」と提案する。四隅に雑誌を挟めば風の通り道を確保でき、乾燥しやすくなる。子どもは寝汗をたくさんかくため寝具は毎日洗うのが理想だが、それでは手間が掛かる。バスタオルをシーツの上に敷いて取りかえるだけなら簡単だ。湿気を抑えることができる。手軽なダニ対策として覚えておきたい。(田村匠)






2016-10-12・・・日経より引用
●「ヒートショック」知ってますか?
    脱衣所・浴室事前に暖め
    ぬるま湯でまず半身浴
    冬場の入浴、温度差に注意

  浴槽にゆったりとつかり、体を温めると、身も心も癒やされる。だが、家庭での入浴には思わぬ危険が潜む。秋から冬場にかけ気温が下がると、「ヒートショック」と呼ばれる家の中の急激な温度変化で入浴中の事故が起きやすくなり、とりわけ高齢者は注意が必要だ。安全な入浴のために浴室の環境や入浴習慣をいま一度見直し、対策を取りたい。

  山形県に住む川俣和子さん(64)の80代の父親は、入浴中に溺れ、病院に救急搬送された。「普段は10~15分で風呂場から出てくるのに、遅いので、浴室に声がけに行ったところ、浴槽の湯の中に沈んでいた」近所に住む元看護師に頼み、浴槽から父親を引き上げてバスタオルで保温。119番通報し救急搬送先で点滴を受けた。幸い回復し、その日のうちに帰宅した。父親は当日、体調も良く、入る前の血圧も正常。

  意識を失った原因はわからないが、暖かい部屋から寒い脱衣所や浴室に移り熱い風呂に入ることで血圧が乱高下したためとみられる。高齢者の入浴事故は増えている。消費者庁が人口動態統計を基に、家庭の浴槽での溺死者数を集計したところ、2004年の2870人から14年には4866人に増加している。約9割が65歳以上だ。浴室や脱衣所も含めると死者数はさらに増える。東京都健康長寿医療センター研究所の前副所長で研究員の高橋龍太郎さんらの全国調査によると、「年間で推計1万7000人が入浴に関連して亡くなっている。圧倒的に高齢者が多く、その大半が寒い冬場に発生している」という。

  原因の一つはヒートショック。寒い脱衣所で服を脱ぎ体が冷え、すぐに熱い湯につかると血圧が急変し、脳出血や脳梗塞、心筋梗塞を引き起こし、意識を失うなどして死に至る危険もある。持病のある高齢者は特に注意が必要となる。高齢者の入浴事情に詳しい東京都市大学の早坂信哉教授は対策として、浴室と脱衣所の室温を22~23度に保ち温度差を無くすことを勧める。脱衣所に暖房器を置くことに加え、入浴前に浴槽のふたを開け湯気やシャワーで浴室内を暖めておくことも有効という。

  「高齢者の安全入浴に関する教本」の著者で高齢者入浴アドバイザー協会代表理事の鈴木知明さんは「冬は早めに入浴するのがいい」と話す。気温が10度以下のときは冷え込む夜を避け、午後4~6時に入浴することが事故を防ぐ近道という。ただ、脱衣所、浴室が暖まっていない状態の「一番風呂は避けた方が無難」(鈴木さん)だ。

  鈴木さんによると、熱い湯を好む日本人が快適と感じる温湯は42度度。温泉や銭湯などでは42
度にしているところも多い。しかし、42度以上の高めの湯温だと、血圧、心拍数、エネルギー消費量などで体に強い影響がある。発汗で血液の粘性が高まり、血栓(血の塊)ができやすくもなる。さらに高温浴は「できてしまった血栓を溶かす防衛機能も低下させ、心筋梗塞や脳梗塞を招く危険性がある」 (早坂教授)。

  39~41度の湯温で、長くても10~15分以内にとどめた方がいいという。鈴木さんは「最初の3分間が危険↑と指摘。「最初の3分間だけぬるま湯で半身浴をし、その後に追いだきで全身浴をすれば危険を回避できる」という。水分補給も入浴に伴う事故防止のポイントだ。特に高齢者は、常温やのどの渇きに対する知覚が低下しているために注意が必要だ。鈴木さんは「入浴前には軽く、入浴後はコップ1杯」の水分補給を提唱する。周囲の配慮も欠かせない。

  山形県鶴岡市消防本部によると、入浴事故で緊急搬送された高齢者をみると「家族が知らない問に入っていた例が多い」という。「高齢者の入浴は必ず家族が確認し、できれば5~10分ごとに声がけをするといい」 (同消防本部)。ひとり暮らしの場合は、「周囲に人がいる日帰り温泉や公衆浴場を利用するのも有効」 (鈴木さん)だ。高橋さんは「長年の習慣もあり、対策など気を使わずに入浴している高齢者は多い」と指摘する。入浴事は深酒してから入るなど極端に危険な入り方をした場合だけに起こるわけではない。持病がない元気な人でも起こり得ることを再確認したい。 (大橋正也)




*山形・庄内  地域で啓発活動
  地域ぐるみで高齢者の安全入浴に取り組んでいるのが、山形県の庄内地区(鶴岡市など2市3町)だ。庄内保健所(山形県三川町)が実施した実態調査(2009年11月~12年10月)によると、同地区内で3年間に700件の入浴事故があり、うち174人が亡くなった。65歳以上が9割を超えた。実態調査を受け同保健所は啓発活動を展開し、入浴事故に関する情報を盛り込んだ「にゅうよくたいむず山形」を定期的に発行。入浴事故関連情報にアクセスできるインターネットのポータルサイト「入浴死・入浴事故を防ぐナビ」も開設した。入浴の注意点をドラマ仕立てで示し、動画共有サイト「ユーチューブ」で公開している。公民館などに高齢者を集め、事故の実態や予防法、対処法を紹介する出前講座も開いている。






2017-01-28・・・日経より引用
●「休んでもだるい」に潜むのは…
    多い感染症、不眠はうつ病疑う
    「ただの疲れ」以上なら総合診療科へ

  体がだるい-。休養しても回復しない疲労感や倦怠(けんたい)感は、深刻な病気の前触れや症状の1つかもしれない。「だるさ」はほとんどの病気で感じるだけに、それだけで原因を特定するのは難しい。適切な治療のためには他に症状はないかよく考え、診療科を選びたい。総合診療医に見極め方を聞いた。

  だるくて仕方ないとか体が重いという経験は誰にでもあるだろう。睡眠不足や過労など、思い当たる生活習慣の乱れがあれば心配無用だ。しっかり休養すれば回復する。でも、いくら休んでも疲れが取れなければ、何らかの病気が潜んでいる可能性がある。医師の診察や検査が必要になる。千葉大学医学部付属病院・総合診療科の生坂政臣教授は「だるさを訴える人には、まず、不眠かどうかを尋ねる」と話す。寝付きが悪かったり、夜中に頻繁に目が覚めたり、必要以上に朝早く起きたりする場合は「うつ病を疑う」という。ほかにうつ病の特徴としては「抑うつ気分がずっと続き、趣味を楽しんだり、飲みに行ったり、という気分転換ができなくなる」と大阪医科大学付属病院・総合診療科の鈴木富雄教授。だるいと一口に言っても、うつ病のように精神的なものだけではない。体の臓器や器官の病変が引き起こす倦怠感を忘れてはいけない。


*免疫反応の結果
  圧倒的に多いのは感染症。風邪やインフルエンザだけでなく急性肝炎や結核にかかると非常にだるくなる。鈴木教授は「細菌やウイルスを排除しようと、サイトカインという物質が体の中に増える。この免疫反応がだるさの原因」と説明する。実はこのだるさは「エネルギー保持のため備わった体の働き」 (鈴木教授)。だるいと、寝るなどして体を休ませ、細菌やウイルスに対抗するためのエネルギーを温存できる。インフルエンザは発熱、急性肝炎は皮膚や白目が黄色くなる黄だん、結核はせきと体重減少、寝汗などを伴う。ホルモンの異常、いわゆる内分泌系の病気もだるさを生じやすい。

  代表は甲状腺ホルモン量が多くなりすぎる甲状腺機能亢進(こうしん)症。バセドゥ病が知られる。生坂教授は「食欲があるのに痩せてくる。イライラする。手が震える。汗をかきやすい」といった特徴を指摘する。喉が異常に渇くとか尿量の増加で病気に気づくことが多い糖尿病も、実はだるくなる頻度が高い。腫臓(すいぞう)から出るホルモンのインスリンが少なかったり、うまく働かなかったりで、血液の中のブドウ糖を細胞に取り込んでエネルギー源にできないためだ。だるさのほかに吐き気や食欲不振が伴うなら、慢性副腎皮質機能低下症が考えられる。

  左石の腎臓の上にある副腎から分泌するステロイドホルモンが慢性的に少なくなる病気だ。鈴木教授は「副腎機能が衰えると、だるいどころか血圧が下がり、命に関わることもある」と警告する。全身のさまざまな器官に慢性的に炎症が起きる膠原(こうげん)病もだるさが出る。膠原病とは関節リウマチや全身性エリテマトーデス(SLE)などを総称する。「関節痛や皮膚の湿疹を伴えば、これらの病気を琴っ」(鈴木教授)




*肺の炎症も注意
  だるいうえ、階段を昇るなどで息切れする場合は、心臓か肺の病気かもしれない。全身に血液を送る心臓のポンプ機能、あるいは酸素と二酸化炭素を交換する肺機能が衰えている可能性がある。「下半身にむくみがあれば心臓、咳やたんが出れば肺」 (生坂教授)といった症状が出やすい。「なかでも最近問題視されているのは慢性閉塞性肺疾患(COPD)」と生坂教授。たばこの煙などを長期間吸うなどで肺に炎症が起きる病気だ。呼吸困難や全身のだるさが続くという。

  一方、血液や画像検査でどの臓器や器官にも異常が見つからず、うつ病でもないのに、何もできないほど猛烈にだるい状態が長期に続くという訴えがある。「慢性疲労症候群の可能性が高い」と生坂教授。発症原因が解明されていない厚生労働省の指定疾患だ。ただの疲れとは思えないだるさが続くようなら、病院の総合診療科などを受診し相談を。深刻な病気のサインを見逃さないようにしよう。癌など悪性腫瘍は進行するにつれ、だるさが増していくとされる。鈴木教授は「増殖する癌細胞が大量のサイトカインを出すのに加え、臓器の機能不全や栄養不良も引き起こすため」と話す。(ライター松田 亜希子)










2011-05-15発行
  *晩ご飯ではなく夕ご飯の習慣にする
*寝酒も煙草も不眠のもと
*眠る4時間前からカフェインの摂取は控える