サブページに戻ります
18

睡眠・ストレスの過程[05]

2017-11-23・・・日経より引用
●脱・睡眠負債
    パフォーマンスと睡眠の関係性を考える
    健康な暮らしは睡眠の質が大事


  寝不足が続くと知らぬ間に蓄積していく眠りの借金「睡眠負債」は、睡眠医学分野の研究で先端をいくスタンフォード大学の研究者が提唱している概念で、同大学の西野精冶氏も提唱者の一人。日本経済新聞社クロスメディア営業局は10月19日、日経ホール(東京・大手町)で、日経ビジネスイノベーションフォーラム「脱・睡眠負債~パフォーマンスと睡眠の関係性を考える~」を開催。西野民らの講演やパネルディスカッションを通じ、これからの睡眠のあり方を議論・提言した。


◆睡眠負債が与える影響とは
    様々な疾患の引き金に
      西野精治氏語る
        医学博士、スタンフォード大学・睡眠生体リズム研究所所長、良質睡眠研究機構代表理事

  睡眠障害には不眠症、睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシーなどがある。あるデータでは日本人の5割が一過性の不眠を、2割が3カ月以上持続する不眠を感じており、「寝ても寝足りない」という主観的睡眠不足感がある人が多いのが特徴だ。世界の都市と比べても東京の人の睡眠時間は非常に短く、理想の睡眠時間とのギャップも一番大きい。私たちは一晩にノンレム睡眠とレム睡眠を明け方まで4~5回程度くり返す。

  最初の深いノンレム睡眠の時に成長ホルモンが分泌され、骨の形成や皮膚のターンオーバーに重要な役割を果たす。他にも睡眠には記憶の整理と定着、免疫機能の向上、ホルモンバランスの調整、脳内の老廃物を排除して認知症などの神経疾患を遠ざける効果がある。死亡率・肥満度と睡眠時間には密接な関連がある。米国で100万人を対象にした疫学データでは、平均7時間寝る人の死亡率が最も低く、短時間、または長時間睡眠になるにつれて死亡率が高まることが分かった特に女性は肥満度と睡眠時闇の関連性が高く、短時間睡眠ほどインスリンの分泌が悪くなり肥満につながる

  また、短時間睡眠は糖尿病や高血圧などの生活習慣病、うつ病や不安障害などの精神障害の発症リスクも高まることが指摘されている。前立腺癌では睡眠障害の人は2倍以上の発症リスクがあるほか、中等~重症の睡眠時無呼吸症候群を治療せずに放置すると8年後には約4割が死亡するというデータもある。積み重なった睡眠負債は、日々のパフォーマンスに多大な影響を与える。睡眠負債の解消にはよく寝るのが一番だが、難しい場合は睡眠の質を高めて対処することが重要だ。特に入眠時の体温調節が大切で、深部体温と皮膚温度の差が小さくなるほど眠気は強まる。

  入浴や運動、寝具で体温調節をすれば、寝つきがよくなり深い睡眠を取ることができる。例えば入浴では温泉、なかでも炭酸泉は疲れにくく深い睡眠が得られやすい。寝具も睡眠に影響を与スている。エアウィーヴのマットレスは高反発で、空気を含んでいて通気性がよくなっているが、その高反発マットレスと高反発のウレタン系のマットレスで比較したところ、高反発マットレスは体温下降がスムーズで、入眠初新に深い睡眠が得られやすいことが臨床実験で明らかになっている。

  さらに寝返り時に使う筋力も少なく、より質の高い睡眠が取れると考えられ、スポーツにおける敏しょう性テストでも有意な向上がみられた。他にも重要なのは、規則正しい生活習慣を心がけること、就寝前はリラックスすること、起床後は朝日を浴びて体内時計をリセットしメリハリをつけて行動することなどだ。できることから始めて少しでも睡眠負債の影響を軽減しよう。



関口 近年話題の睡眠負債とは何か。
西野 睡眠負債は「慢性の睡眠不足」を意味する。睡眠負債の目安は、平日と比べて休日に2時間以上多く寝てしまうこと。特に働き盛りの40代は仕事の責任が増えて睡眠も足りない時期であり、睡眠負債が引き金となって様々な疾患を発症しやすい。日本人の働き方は会社や経営者、制度面の問題でもあり、これらの見直しが大事だ。
関口 寝つきを良くするにはどうすればいいか。
西野 朝に日光を浴びる時間次第で眠りを誘発するメラトニンという物質の放出時間が規定されるので、メリハリをつけて生活することが大事だ。メラトニンは光を浴びると放出が抑制されるため、睡眠直前は光を浴びず、スマホもなるべく触らずに暗くして寝るようにしたい。真っ暗だと不安な人は、間接照明などをうまく利用して最適な環境をつくるといいだろう。


関口 睡眠不足が問題になる一万で、寝過ぎの問題もあるが。
西野 10時間以上など、あまり長く寝ても健康的ではない。昼寝も30分~1時間未満なら認知症の発症リスクが少ないが、2時間以上の人は発症リスクが2倍以上増加するというデータもあるので注意が必要だ。なお、年を取ると睡眠時間が短くなったり、睡眠が分断化するといわれている。高齢になるにつれて疾患リスクが上がるので、単純に高齢だから短時間睡眠でいいとはいえないだろう。


     *寝具や室温調整で快眠を 西野氏
     *良い睡眠取り、挑戦続ける浅臥氏
     *睡眠の質可視化が大切 高岡氏





冠婚葬祭・安楽院「だんらん17秋冬」より引用






2017-12-18・・・日経より引用
●不眠症原因探り治療
    「寝つけない」「早く目が覚める成人の2~3割
    生活習慣をチェック・睡眠薬に頼らず改善

  夜、床についてもなかなか寝付けない、夜間に目が覚める、早朝に起きてしまう--といった不眠症を抱える人は成人の2~3割に上る。患者は高齢になるほど増えるが、夜遅くまでスマートフォン(スマホ)などを操作する若い世代でも目立つ。治原では根本的な原因を解決せず安易に睡眠薬を処方したり、高齢者には推奨されない旧世代の薬を処方したりするケースもあり、注意が必要だ。


  不眠症は
     ①夜、なかなか眠れず普段より2時間以上かかる
     ②寝付いても夜中に2回以上目が覚める
     ③朝、普段より2時間以上早く日が覚める

  --などで本人が苦痛を感じるか、社会生活が妨げられる状態がしばしばあり、少なくとも1カ月以上持続することだ。自分で調べるには、8つの質問にそれぞれ3点満点で答えて、合計する「アテネ不眠尺度」という世界共通の目安がある。24点満点で6点以上ならば医師に相談することを勧めている。不眠症の患者に対しては原因を探ることが重要だ。医師は運動不足、長すぎる昼寝、カフェインやたばこの過剰摂取、寝酒などの生活習慣を確認。そのうえで原因を除去したり、就寝する時間の調整を指導したりするなど薬を使わない治療から始めるのが一般的だ。


*低副作用の新薬
  久留米大学医学部の内村直尚主任教授は「不眠症の多くは〝不眠心配性〞。寝られなかったらどうしようという不安が交感神経を刺激して寝付けなくする。就寝前はリラックスが大切」とアドバイスする。それでも治らない場合に処方される睡眠薬には大きく3つのタイプがある。

     ①中枢神経に作用して脳全体の機能を落として眠りを誘うタイプ
     ②体内時計の調整に関わるホルモンのメラトニンの作用を促すタイプ
     ③覚醒を維持するオレキシンの作用を抑えて睡眠に導くタイプ1-だ。

  ①が旧世代、②と2014年発売の③が新世代と呼ばれ、副作用が少なく高齢者にも使いやすい特徴がある。「睡眠薬の適正使用・休業ガイドライン2014」によると、不眠症患者で睡眠薬を処方されているのはほぼ半数の約500万人。成人の20人に1人が睡眠薬を服用している計算だ。睡眠薬の処方率は年齢が高くなるにつれて上昇し、65歳以上では男性が8・4%、女性が15・2%に上る。複数の睡眠薬を併用したり、服用量が多かったり、長期間使用したりすることによる副作用もある。だが国内では服用する患者数、1日当たりの服用量、多剤併用率が増え続けている。「処方する薬のタイプにも問題がある」と指摘するのは国立精神・神経医療研究センターの三島和夫精神生理研究部長だ。例えば、旧世代に分類されるベンゾジアゼピン系の薬。三島部長によると「依存性があるうえ、高齢者は認知機能障害や転倒のリスクを高める。海外では『高齢者に推奨しない』としているが、日本では処方する医師が多い」という。


*うつや糖尿リスク
  三島部長は「不眠を専門的に扱う精神科や心療内科の医師が処方する割合は睡眠薬全体の3割にとどまる」と指摘する。一方、不眠症が続くと、うつ病や糖尿病、高血圧、高コレステロール血症などの発症リスクが高まることが明らかになりつつある。厚生労働省研究班と日本睡眠学会は13年、「睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン」を公表。薬物療法だけでなく、早期からの心理・行動療法も組み合わせて治療するよう求めている。「睡眠外来」などを設ける医療機関は増えている。国立精神・神経医療研究センターは「睡眠医療プラットフォーム」 (http://Sleepmed.jp/platform/)では睡眠障害のセルフチェック方法や医療機関などを紹介しており、受診の参考になる。(編集委員 木村彰、川口健史)




*中高生の患者増える、夜間スマホ脳が昼と錯覚
  スマホやパソコンを操作する時間が増え、中学・高校生など若年層でも睡眠障害は珍しくない。睡眠医療の専門家は画面(ディスプレー)が発するブルーライトが睡眠障害を引き起こしていると指摘する。ブルーライトは可視光線の中でも紫外線に近い光。夜間にブルーライトが目に入り続けると、昼間と錯覚して脳が覚醒してしまう。ブルーライトは蛍光灯や発光ダイオード(LED)照明でも多く生じるという。

  ブルーライト研究会の世話人代表で慶応大医学部の坪田一男教授によると、近年の研究で、ブルーライトが眠気を催して睡眠の準備を整えるホルモンであるメラトニンの分泌を抑えることが分かってきた。治療は睡眠指導のほか、重症の患者はメラトニン受容体に作用する睡眠薬を処方したり、強い光を浴びせて体内時計の狂いを修正する治療をしたりする。予防には太陽光など昼間に光を浴びることが有効だという。藤田保健衛生大病院の北島剛司准教授(睡眠外来)は「最近は高校生の患者が多く、ブルーライトも原因の一つと言える。就寝前にはスマホやパソコンの操作を控える対策が必要だ」と話している。






2018-03-31・・・日経より引用
●ひょっとして「睡眠負債」?
    週末の二度寝で分かる
    昼寝で解消無理/30分早め就寝を

  通勤電車で居眠りする、最近ケアレスミスが増えた一一そんな兆しがあれば「睡眠負債」を抱えている可能性がある。わずかな寝不足でも、習慣化すると病気を招くおそれも。対策には夜の睡眠の確保が欠かせない。


  強い眠気や疲労感などを自覚しない程度の睡眠不足が、毎日少しずつ体に蓄積して心身に負担をかけることを、専門家は睡眠負債と表現している。5年、10年と長期にわたってその状態が続けば、糖尿病や高血圧、うつ病などのリスクが高まるという。国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所(東京都小平市)の三島和夫部長の研究グループは、睡眠不足を自覚していない成人男性を対象とした睡眠実験を2016年に実施。それによると、被験者の習慣的睡眠時間は平均7時間22分だった。

  一方で空調や照明などが整った睡眠実験室を使い、各被験者が本来必要とする睡眠時間を割り出したところ、平均8時間25分となった。その差は約1時間。三島部長は「毎日続く軽度の眠気に対して、人は鈍感になりがち。睡眠時間が不足していても、自覚のない人が多いと分かってきた」と危慎する。睡眠負債の有無を知るために三島部長が勧めるのは、週末を使った自己チェックだ。部屋に遮光カーテンを引き、アラーム類はオフ。家族には声をかけないように頼んでおく。朝はいつもの時間に目覚めることが多いが、そのまま二度寝してみよう。

  「普段より3時間以上長く眠ったなら、睡眠負債があると考えた方がいい」 (三島部長)平日の寝不足を、休日に〝寝だめ〞して補おうとする人も多い。実際には、週末に長い時間眠ると、体内時計が狂って「社会的時差ボケ」をもたらし、心身の負担になる。睡眠負債の解消には、夜の睡眠時間を少しでも長くすることが必要だ。生活リズムを大きく変えずにできる取り組みとして、三島部長が勧めるのは、1日30分ずつ就寝時間を早めること。

  「お金とは異なり、睡眠負債は一括返済ができない」と企業に特化した睡眠改善プログラムを提供しているニューロスペース(東京・千代田)の小林孝徳社長は話す。〝負債〞は毎日コツコツと返そう。早めに眠るのが難しい場合は、睡眠の質を高めるよう心がける。就寝(しゅうしん)前の1時間はクールダウン窒息識し「スマホやパソコンなどの強い光を見るのは避けて」と小林社長。就寝30分前に入浴すると体が温まり、体温が下がる過程で眠りにつきやすくなる。

  「ストレスを強く感じる場合は、眠る時に首筋やお尻の仙骨周辺を温めるとリラックスしやすい」 (小林社長)睡眠負債があると、日中に眠気を感じやすくなる。ところが昼寝で睡眠負債そのものを解消するのは難しいという。「睡眠負債がもたらす病気のリスクを下げる効果を、昼寝には期待できない」と三島部長。あくまでも昼間の眠気解消を目的として、職場の机の上などで15分程度の短めの仮眠を取るようにしよう。軽い眠気や疲労感は、慣れてしまうと自分では気付きにくくなる。新社会人はこれから、新たな生活リズムを作り始める。

  「一度作り上げた生活習慣は変えにくい。最初に健康的な睡眠習慣を身につけて」と三島部長は助言する。三島部長のグループの実験では、本来必要とされる時間の睡眠をとると、糖尿病の指標や血圧、細胞代謝、ストレスの度合いなどの検査データが改善することも分かった。体調や仕事のパフォーマンスに不安がよぎったら要注意。わずかな寝不足だと侮(あなど)らずに、自分に必要な睡眠時間を知って、睡眠負債を作らない、ため込まない生活を目指そう。(ライター荒川直樹)








2018-06-14・・・日経より引用
◆眠気の正体「脳内タンパク」
    筑波大チーム発表神経休ませ、機能回復

  脳内にある80種類のタンパク質の働きが活性化すると眠くなり、眠りにつくと働きが収まるのをマウスの実験で発見したと、筑波大の柳沢正史教授(神経科学)のチームが13月付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。「スニップス」と名付けたこの一群のタンパク質は眠気の〝正体〞とみられ、睡眠そのものに深く関わっているらしい。

  柳沢教授らは、タンパク質が睡眠を促して神経を休息させ、機能の回復につなげているとみている。「睡眠の質の向上や、不眠など睡眠障害の治療法の開発につながる可能性がある」という。チームは眠らせないで寝不足にしたマウスと、眠い状態が続くように遺伝子操作したマウスを使って実験。・寝不足マウスの脳内では、眠くなると脳内のタンパク質が活性化する「リン酸化」と呼ばれる反応が起き、眠ると元に戻るのを確かめた。

  この反応をじゃまする薬を与えると、マウスの眠気が収まるのも脳波の分析から確かめた。一方、遺伝子操作したマウスは眠った後もタンパク質が活性化した状態が続いた。それぞれのタンパク質の役割はまだよく分かっていないが、タンパク質の多くは神経細胞が情報をやりとりする「シナプス」と呼ばれる部位に集中していた。眠らない時間が長くなりすぎると神経の情報伝達に支障が出るといい、その回復に関わっているとみられる。






2018-09-08・・・日経より引用
◆仕事中眠いもしかして…
    睡眠時無呼吸寿命縮める   男性40代から患者増/動脈硬化リスク高く

  眠っているときに呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群(SAS)。睡眠の質を下げるだけでなく、動脈硬化を進め、寿命を縮める恐れもある。いびきや眠気に悩んでいたら、悪化する前に医療機関で調べてもらおう。

  十分な時間眠ったはずなのに、満足感がない。昼間に眠気が強く、居眠りしてしまう。毎晩必ずトイレに起きる。家族にいびきの大きさを指摘されたー-。こんな悩みがあれば、睡眠時無呼吸症候群(SAS)かもしれない。SASとは睡眠中に舌の根元が落ち込んで気道をふさぐことで、しばしば呼吸が止まる病気。睡眠中、10秒以上の無呼吸または低呼吸(肺に入る空気の量が通常の30%以上低下すること)が1時間に5回以上ある状態と定義されている。ほとんどは舌の根元が落ち込んで気道をふさぐ「閉塞性」。男性では40代、女性では閉経後の50代から増え、国内の患者数は約500万人と推定される。

  眠気やいびきがあるなら、呼吸器内科や睡眠外来など睡眠を扱う医療機関を受診したほうがよい。睡眠時の呼吸状態を自宅でチェックできる検査機器を貸し出してもらえる。順天堂大学医学部循環器内科・心血管睡眠呼吸医学講座の葛西降敏准教授は「1時間に15回以上無呼吸がある人は、治療を受けるべきだ」と勧める。深い睡眠が取れないため慢性的な睡眠不足になり、仕事中に居眠りすることも多い。SAS患者が交通事故を起こす頻度は健康な人の2・5倍に達するという。なぜ眠っているときに気道がふさがるのか。御茶ノ水呼吸ケアクリニック(東京・千代田)の村田朗院長は「一番の原因は骨格。顔が平たく、あごが小さい東洋人は欧米人よりもなりやすい。

  年を取って筋肉がゆるみ、太ってのどの周りに脂肪がつくことでも起こる」と指摘する。気道が狭くなって空気が通りにくいため、大きないびきをかく。夜間頻尿も症状の一つ。「睡眠が浅いことに加え、血液中の酸素濃度が減り、心臓に負担をかけ、利尿作用が起こるため」と村田院長は説明する。昼間の眠気に加え、生活習慣病や動脈硬化を起こしやすくなるおそれがある。葛西准教授によると「睡眠中も交感神経が緊張しているため血圧が上がり、血糖値も高くなりやすい」。その結果、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高くなり、寿命が縮む。治療は睡眠中に鼻につけたマスクから空気を気道に送り込む「CPAP(シーパップ)療法」が基本になる。「いびきや無呼吸がゼロになり、続けるうちに血圧や血糖値が下がる人も多い」(村田院長)。

  無呼吸が1時間に20回以上ある場合は保険適用になり、1カ月の費用は約5千円。無呼吸が1時間に20回以上あり、治療を受けていないSAS患者の8年後の生存率は63%という報告もある。軽症の場合は、下あごを固定するマウスピースを使い、無呼吸を起こりにくくする。最大の原因は骨格とはいえ、SASには予防法もある。まずは太らないこと。太ると気道が狭くなり、SASが悪化する。深酒をすると筋肉がゆるみやすいので、過度の飲酒は控えよう。葛西准教授は「最近の研究から、塩分の摂取量が多いとSASが悪化する可能性があることが分かった」と話す。のどの粘膜がむくんで気道が狭くなるため、と考えられている。運動も有効。SAS患者に運動させると、無呼吸が減ることが確認されている。寝るときはあおむけよりも横向きの姿勢がおすすめだ。舌の落ちる角度が変わるので気道をふさぎにくく、いびきも少なくなる。(ライター伊藤 和弘)






2018-09-15・・・日経より引用
◆秋の夜長の睡眠不足
    質と量確保、病気寄せず
    休日は2時間長く/朝は光浴び食事

  残暑も一段落し、過ごしやすくなる秋は、つい夜更かししがちだ。睡眠不足や不規則な生活による睡眠の乱れは、多くの不調の原因になり、仕事の生産性を下げる。寝不足に陥らないコツを知っておこう。

  。日本人の5人に1人は睡眠で十分に休養がとれていないことが、厚生労働省の「国民健康・栄養調査」 (2016年)で明らかになった。慢性的な睡眠不足に加えて、この時期は気温や湿度が下がるため、夜遅くまで起きる人が増えがちだ。青山・表参道睡眠ストレスクリニック(東京・港)の中村真樹院長は「夜更かしせず、秋こそ睡眠を整えて心身の調子を取り戻したい」と話す。睡眠には脳の疲労回復と記憶の整理、体の疲労回復や成長、傷付いた細胞の修復といった役割がある。睡眠の効果を十分に得るには「『睡眠時間』と『睡眠の質』 『規則正しい起床と就寝のリズム』の三条件の確保が欠かせない」と中村院長は話す。

  「眠りが悪化すると、自律神経の働きやホルモン分泌が異常をきたし、様々な不調を招く」成人を対象にした米国の研究によると、睡眠が不足している人の糖尿病の発症リスクは、そうでない人の2〜3倍だという。血糖値を下げるインスリンの働きが低下するのがその一因だ。高血圧(2倍)や心臓病(1・3〜3倍)、ぜんそく(2倍)なども睡眠の影響を受けるという。肥満にもなりやすい。産業技術総合研究所で体内時計や生体リズムを研究する大石勝隆氏によると、「睡眠時間が短くなると、食欲を増すホルモンが増える。逆に、満腹感をもたらすホルモンは出にくくなる」。中村院長は「睡眠不足の怖さは、慢性化すると眠気や疲労を自覚しにくくなること」と指摘する。

  「頭がぼんやりした状態で仕事をしてミスが増えたり、体調を崩して疾病で欠勤したりして、労働生産性は大きく低下する」。風邪や運転中の交通事故が増えるほか、うつ症状や認知症のリスクも上がる。まずは睡眠時間の確保から始めたい。眠気が残るなら、「休日は平日より最大で2時間程度、長く眠るといい」(中村院長)。2時間を超えて長く寝ると、体内時計のリズムが乱れて時差ボケ状態になる。昼寝も効果的だ。午後の早い時刻に、15分以内で切り上げる。「20〜30分以上だと眠りが深くなり、目覚めに時間がかかる」 (中村院長)。

  夕方以降のうたた寝は、夜の睡眠に影響するので避けよう。睡眠のリズムを保つには、体内時計を乱さないことが大切。体内時計は体中にあり、ホルモンの分泌や自律神経の調節をつかさどる。そこで重要な役割を果たすのが光と食事だ。「朝に光を浴びると、脳の体内時計がリセットされて、しかるべき時間に眠気が出る」と大石氏は話す。夜に青い光を浴びる七、体内時計を正常に保って眠りを誘うホルモン「メラトニン」が出なくなる。

  「特にパソコンやスマートフォン(スマホ)は青い光を放つうえ、検索などに熱中して興奮状態になり、覚醒(かくせい)しやすいので夜の使用は避けたい」 (中村氏)食事には臓器の体内時計を調整する役割があり、最も重要なのは朝食。「起床後2時間以内の朝食は臓器の体内時計をリセットし、体を活動モードにする」と大石氏は話す。「特に、たんばく質と糖質を合わせて取ると効果が高いとわかった」という。寝る前の食事は、体内時計を遅らせて、生活が夜型になりやすくなる。夕方以降のカフェイン摂取や寝酒も、睡眠の質を損なうので避けよう。夜更かしをして夜食をとり、寝坊して朝食を抜くのはもってのほか。秋の夜長を楽しむのは、ほどほどにしたい。(ライター武田 京子)






2018-12-02・・・日経より引用
◆眠気の正体解明に光
    脳内のたんばく質 変化確認

  人間は生きている時間の約3分の1は眠っているといわれる。一方で、不眠症など眠りに関わる不調に悩まされる人も
多い。健康的な生活に欠かせず身近な存在にもかかわらず、睡眠は謎に包まれている。人はなぜ眠るのか、どんな仕組みで眠くなるのか。科学者はそんな疑問を解き明かそうと願い、新たな研究成果が相次いでいる。

  「眠りの謎は大きく分けて2つある」。筑波大学で睡眠に関する研究プロジェクトを率いる柳沢正史教授はこう解説する。一つは「生物はなぜ眠らないといけないのか」で、もう一つは「どうやって眠りを制御しているのか」だ。第一の謎は難問だ。動物にとって眠っている時間帯は無防備で生死に直結する問題といえる。しかしどんな動物も、眠り方に違いはあるが必ず眠る。起きていたときの肉体や神経を休めるため、学習した情報を整理、記憶するためなど様々な目的が唱えられているが、明快な答えは見つかっていない。現時点では、昼と夜の周期がある地球で覚醒と睡眠の時間をもつ生物が進化してきた結果だ、と受け止めるしかない。

  確実に分かっていることは、眠らないと生物は死んでしまう。第二の謎については最近の研究から多くの手がかりが出始めている。遺伝子やたんぱく質の機能を探り、睡眠との関係を調べられるようになった影響が大きい。柳沢教授らも2018年、眠気を催す脳内のたんぱく質の変化を初めて突き止め、話題を呼んだ。この研究では、2016年に約1万匹の中から見つけた遺伝子が突然変異したマウスを使った。眠っても眠っても眠気が取れない特徴があり、詳しく分析すると「Sik3」という遺伝子が変化していた。普通のマウスに比べこの遺伝子が活発に働いているという。

  普通のマウスとよく眠るマウスを比べて、どんなたんぱく質が関わっているのかを調べ上げた。浮かび上がってきたたんぱく質は80種類あり、「リン酸化」という反応を起こしていた。普通のマウスは眠るとリン酸化したたんぱく質は元に戻り、動き回る。しかしよく眠るマウスは睡眠を取ってもたんぱく質はリン酸化したままで、眠い状態が続いた。一連の遺伝子とたんぱく質は人間にも共通し同じように機能しているに違いない。柳沢教授は「眠気を催す物質の正体に初めて迫った。謎の解明に向け道筋がみえてきた」と話す。これらのたんぱく質がどのように連動して眠気と関わっているのかは、まだつかめていない。

  これからさらに詳しく調べていく考えだ。眠りを制御する物質の探索には長い歴史があり、日本の研究者の貢献が大きい分野でもある。世界で最初に睡眠物質の存在を示したのは愛知県立医学専門学校(現名古屋大学)の石森国臣博士だ。長時間睡眠を断ったイヌの脳背髄液を他のイヌに注射すると、眠りが促されることを1909年に報告した。また京都大学の早石修教授らが82年に発見した「プロスタグランジンD2」は眠りを誘発する物質として有名だ。柳沢教授らは98年に「オレキシン」というホルモンを発見した。脳の視床下部という場所で作られているオレキシンは、眠りと覚醒のカギをにざる重要な物質と考えられている。


  動物実験などを通してオレキシンの働く仕組みは分かってきた。オレキシンが作られ神経細胞を刺激すると、脳は最終的に覚醒の状態になる。逆にオレキシンの合成が抑えられると、眠る方向に傾く。まるでシーソーのように覚醒と睡眠を調節している。過去に見つかった眠気を引き起こす物質と、新たに見つかった眠気状態を保つ物質との関係の解明も、これからの研究テーマだ。オレキシンは医療現場にも恩恵をもたらした。

  オレキシンの働きを抑えて眠りを誘導する不眠症の治療薬が開発された。また突然眠り込んでしまう「ナルコレプシー」という睡眠障害にも関わり、治療薬の臨床試験が進んでいる。一般的に適切な睡眠時間は6時間半から7時間半とされ、それより短い睡眠では死亡のリスクが高まるという調査報告がある。厚生労働省の14年の調査では国民の約5人に1人が「睡眠で休息がうまく取れていない」と感じている。

  睡眠の謎を解き明かす研究から、眠りの不調がもたらす健康障害を解消する方法が見つかる可能性も出てきた。睡眠障害に詳しい日本大学の内山真教授は「原因の分からない睡眠障害は多い。睡眠の基礎研究は医療にとっても非常に有効だ」と指摘する。(福井健人)





*睡眠障害
   薬や認知行動療法で治療

睡眠の規則が乱れる病気を指す。不眠症や突然強い眠気に襲われる「ナルコレプシー」が代表例だ。不眠症は布団に入っても眠れない日が1週間に3日以上あり、それが3カ月以上続いて日中にも影響を与える状態をいう。カフェインなどの過剰摂取、体内時計の乱れ、昼間の寝過ぎなどが原因で布団に入っても緊張が続き、それがストレスとなり眠れなくなる。睡眠を促す薬の服用、生活習慣や心理状態を改善する認知行動療法などの治療法がある。ナルコレプシーは日中に強い眠気に襲われたり気持ちが高ぶったときに急に体の力が抜けたりする症状がある。オレキシンホルモンの欠乏などが原因で薬による治療法がある。