サブページに戻ります
18

睡眠・ストレスの過程[06]

2019-01-19・・・日経より引用
◆素材で見極め温かぐ快眠
    毛布は羽毛布団の上?下?

  睡眠時に使う毛布は、肌に密着させるか、掛け布団の上にかけるか。そもそも掛け布団はどう選べばよいか一一。少しでも温かく快眠できる寝具の使い方を紹介しよう。

  まずは、寝具の確認から。寝具は洋服と同様、季節で使い分けたほうが熟睡できる。快適に睡眠できる寝床内の温度は33度前後、湿度は50%前後。電気毛布などを使い事前に温めることもできるが、必ずしも必要ない。汗の湿気や体から発する熱が空気の層をつくるため、自然に温かい寝床ができあがる。掛け布団として羽毛布団を使う場合、室温15度前後なら1枚だけでもいい。しかし、10度以下になったら、毛布を1枚加えたい。


*羊毛やカシミヤ、湿気を熱に変化
    毛布については羽毛布団の下に入れるか、上に掛けるか迷うところ。「毛布は掛け布団の上に掛けると温かい」との通説もあるが、実は「毛布の素材によって配置を変えたほうがいい」と西川産業、スリープマスターの杉原桃菜さんはアドバイスしている。普及している羽毛布団を使い、毛布の素材がウールやカシミヤなどの動物性繊維であれば、毛布は体に沿うよう内側に入れて使うのが正解だ。動物性繊維には湿気を熱に変える性質がある。両者とも同じ動物性繊維だが、「毛布のほうが羽毛布団よりも体に密着するから」と説明する。

  一方、アクリルやポリエステルなど化学合成繊維の毛布は、羽毛布団の上に掛けて使う方が快適。体に密着させると吸湿性がなかったり静電気が起きやすかったりで「肌触りや汗をかいたときの不快感につながる」 (杉原さん)。上から蓋をし、羽毛布団が生む温度や湿度を逃さない使い方がベスト。肩口まで掛け、しっかり寒さを遮断しよう。掛け布団は布団に含まれる空気の量が大きいと、保温力が高まる。素材もいろいろあるが、羽毛や繭糸で作られた真綿など動物性の繊維は空気をより含むため、保温性に優れている。なかでも羽毛布団は別格。高価なものも多いが、軽く温かく眠りたいならば良質な羽毛布団を選ぼう。

  一方、植物性繊維や綿素材の掛け布団は吸湿性に優れている。そのため、こまめな日干しやメンテナンスが必要だ。羽毛布団は吸湿に加え、放湿性にも優れている。月1、2回陰干しするだけ、手入れが簡単というものも多い。毛布ではなく、掛け布団を2枚重ねたいという人もいるかもしれない。しかし、「重い掛け布団を重ねて眠るのは避けた方がいい」と杉原さん。かさばると無意識で一晩20回程度している寝返りがしっらくなるうえ、体に重みが加わり、心地よく眠れなくなってしまう。高齢者や子どもなど体力がない人は避けよう。


*冷たい敷布団は専用パッド使用
  敷布団が冷たいのが悩みという人には、専用の敷きパッドの使用がおすすめだ。毛布を敷布団の上に重ねることもできるが、一晩でかく汗の量はコップ一杯と言われる。冬専用のパッドは就寝中の発汗に備え、通気性を良くするなど毛布にはない機能がある。寝具の使い方の次は、就寝や起床時の習慣を見直そう。第一は、寝る少し前に、体を温めること。雨晴クリニック(富山県高岡市)の睡眠専門医、坪田聡副院長によると入浴はリラックスするので良いが、「入浴後すぐの睡眠はタイミングとしてよく眠れない要因にもなる」という。その理由は「入浴すると深部体温が上がる。風呂から上がり、少しその体温が下がってからのほうがぐっすり眠れるから」 (坪田さん)。

  人は手足などの末端や体の表面から熱を放出し、体の深部体温が下がることで眠くなる。睡眠時に靴下を着用する人は多いが、あまり締め付けないものがおすすめ。また、起きた時の寒冷刺激を避けるために、室温を15度程度に設定しておくのもスムーズな目覚めにつながる。冬は日の出の時間が遅いため、すっきり起きられない人は多い。「脳は睡眠時でも完全に眠っているわけではなく、見張り番のセンサーがあって光に反応する」という。そこでライトがついた目覚まし時計などを試すのも手。「起きる30分前ぐらいにつくように設定するとより快適に目覚められる」 (坪田さん)より温かく、上質な睡眠を確保するために、無理なくできる数々の工夫。早速、今夜から試してみてはいかが。(ライター北本 祐子)






2020-08-09・・・日経より引用
◆人間は冬眠できるか、「眠りのスイッチ」マウスで発見

  2006年10月、神戸市・六甲山で1人の男性が遭難した。24日後に救助されたとき、体温はわずか22度。命を落としていてもおかしくはなかったが浅い呼吸があり、一命を取り留めた。「まるで冬眠だ」。そう騒がれてから10年以上がたった今年、「人間でもモードが入れば冬眠ができるかもしれない」と思わせるニュースが世界を駆け巡った。マウスで「眠
りのスイッチ」が見つかったのだ。「人工冬眠」が実現すれば、医療で治療までの時間を稼いだり、火星への有人探査の実現につなげたりできる。にわかに期待が高まっている。

  筑波大学の国際統合睡眠医科学研究機構の桜井武教授らは6月、マウスで冬眠に似た状態に導く脳の神経回路を見つけたと、英科学誌ネイチャー(電子版)に発表した。マウスの実験中、脳で睡眠や覚醒をつかさどる一部の神経(Q神経)を強く働かせると、冷たくなって動かなくなった。もともとマウスは冬眠はしない。「人工冬眠に成功か」「人間でもできるのか」。人々は色めき立った。気がはやるのももっともだ。体温や代謝を下げてエネルギー消費を最小限に抑える冬眠は「究極の省エネ」。生物にとって、時間の流れを止める手立てになる。冬眠に詳しい北海道大学の山口良文教授は「冬眠する哺乳類は多い。人間も可能性は否定できない」という。人類の祖先は氷河期を生き残ってきており、厳寒を耐えるシステムを進化させていたとしても不思議ではない。

  北海道や東北、北欧や北米などで冬場に活動性が下がり、うつ症状が出る「冬季うつ」は、人類が昔、冬眠していた名残ではないかとの推測もある。専門家は、さらなる解明を得たねばならないと慎重だ。それでも、今回の発見は「こんな時に人工冬眠したい」と人々の想像を大いにかき立てた。Q神経を刺激する化学物質があれば、マウスと同じように「冬眠」ができるかもしれないのだ。体温や代謝が下がれば、心筋梗塞などの進行が遅くなり、病院へ搬送する時間を稼げる。米航空宇宙局(NASA)が助成する企業が2014年に出した報告書では、宇宙飛行士を冬眠状態にすれば酸素や食料が減り、火星に向かう6人乗りの宇宙船は直径約4㍍、長さ約8㍍と小さくできると試算した。

  地球から往復400日かかるとされる旅路も、眠りにつけばあっという間だ。報告書では体内に冷気を注入して冬眠状態にするアイデアを紹介している。栄養は点滴で補う。体温を低く保ち脳の障害を避ける「低体温療法」を応用する考えだ。中国では2週間低体温状態にしたとの報告もある。欧州宇宙機関(ESA)も2019年、人工冬眠を研究中だと明かした。・さらなる技術開発が必要だが、「2001年宇宙の旅」 「エイリアン」など空想科学(SF)映画の世界も現実味を帯びてきた。マウスが冷たくなったという異変を学生から聞いたとき、桜井教授の頭に浮かんだのが約10年前に国際会議で知り合った理化学研究所の砂川玄志郎・基礎科学特別研究員だった。

  「冬眠の謎が知りたくて睡眠を研究している」。小児科医でもある砂川氏は「冬眠するサルをマダガスカル島で発見した」と伝える論文を読み、「人間でも冬眠できれば救急搬送に応用できる」と思い立ち研究の世界に入った異色の歴の持ち主だ。休眠中のマウスの体温や代謝などを測るシステムを開発していた。2人は1週間後には共同研究を始め、マウスを様々な環境に置き、体温や代謝を測った。外の気温をセ氏23度とし、Q神経を刺激すると、体表面の温度が31度になっても体は熱を逃がし続けた。6時間たつと体の表面の温度は25度と気温近くまで下がり、マウスは動かなくなった。酸素消費貝嵐も8分の1程度まで下がっていた。桜井教授は柳沢正史機構長とともに睡眠研究の第一人者だ。覚醒をつかさどる神経伝達物質「オレキシン」を発見し、2006年には「QRFP」という別の物質を見つけていた。

  マウスの脳でこの物質の働きを調べるためQ神経を興暫させたところ、冬眠のような状態になった。冬眠しないラットでも、Q神経の周辺を刺激すると同じように冬眠に似た状態になった。Q神経はヒトを含め哺乳類全般にみられ、「人間も冬眠する能力を持っていてもおかしくはない」(桜井教授)。ただ、睡眠ですらしくみ自体がまだまだわかっていない。夢見る前に、解明すべき謎は多いようだ。 (浅沼直樹)




*冬眠、寿命延ばす可能性も指摘
  晴乳類と鳥類の一部は、寒く、食料が少ない冬に体温を下げ、活動を停止してやり過ごす。代謝を抑え、低温や飢餓といった極限の環境下での長期間の生存を可能とする戦略とされる。冬眠する動物は、筋肉が萎縮しなかったり、寿命が延びたりする可能性も指摘されている。哺乳類のうち、シマリスやハムスターなど約200種が冬眠するとの研究報告がある。小型の哺乳類では、冬眠中に体温が外気温近くまで下がる「深冬眠」と途中で目を覚ます「中途覚醒」を繰り返す。広い意味では、魚類や両生類、爬虫(はちゅう)類などが冬に極めて不活発な状態で過ごす「冬越し」のことも指す。