サブページに戻ります
健康・病気の過程[01]
★健康・病気・






              健康の道 十訓 

     1、少肉多菜  肉を少なく野菜を多く
     2、少塩多酢  塩類を少なく酢を多く
     3、少糖多果  砂糖を少なく果物を多く
     4、少食多噛  少なく食べてよく噛む
     5、少衣多浴  なるべく薄着でよく風呂に入る
     6、少言多行  おしゃべりを慎んで多くを実行する
     7、少欲多施  欲望をひかえ施しを多く
     8、少憂多眠  くよくよせずによく眠る
     9、少車多歩  車に乗らずよく歩く
    10、少憤多笑  あまり怒らずよく笑う






2016-02-28
●円形脱毛症、免疫の異常で起こる病気の一つ、再発も
    早めの治療、効果高く、免疫異常が原因再発も

  髪の毛がある日突然抜ける病気が円形脱毛症だ。発症の原因と思われがちなストレスはきっかけにすぎず、免疫の異常で起こる病気の一つだ。体質が関係しており、性別や年齢を問わず発症する。自然に治る場合もあるが、再発しやすい。早めに治療を始めれば、また髪の毛が生えてくる可能性も高いので、専門の医師に一度診てもらったほうがよいだろう

  奈良県に住む30代女性のA子さんは頭部に5つの円形脱毛がある。出産後、抜け毛が多くなった。はじめは様子をみていたが、脱毛がどんどん広がっていった。皮膚科に通院し薬物治療を受けているが、このまま全部が抜けてしまうかも、と不安な日を過ごす。日本人は平均で10万本ほどの髪の毛が生えている。毛は一定の期間がたつと自然に抜け落ちて、そこからまた新しい毛が生えてくる。約3〜6年の周期でこれを繰り返している。

  健康な人でも毎日50〜60本ほどの毛が抜けているという。病原体などから身を守る免疫が自分自身を攻撃してしまう円形脱毛症では、免疫細胞のTリンパ球が頭皮の下にある毛根を異物と見なして攻撃するごの結果、毛根の周りで炎症が起きて毛が抜ける。新しい毛も眠ったような状態になり生えてこない。1000人に1〜2人の割合で発症すると考えられており、多くの場合、髪の毛が突然抜ける。今のところ予防法もない。

  円形脱毛症のタイプは脱毛が1カ所の単発型から全身の毛が抜ける汎発型まで多様だ。「大抵は単発型で、数カ月様子を見ていたら治ったという例も多い」と横浜労災病院の斉藤典充皮膚科部長は話す。ただ、回復しても半年以内に再び脱毛が起きる人も多いという。この病気は発症しやすい体質があり、それにストレスなどが加わって起こると考えられている。「アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー疾患のある人、他の自己免疫疾患にかかっている人がなりやすい」(斉藤部長)。

  円形脱毛症に関連する遺伝子もいくつか報告されているが、親子で必ず発症するわけではない。引き金になるのはストレスのほかにインフルエンザなどのウイルス感染による高熱、疲労など。ただ、とくに思い当たる出来事もなく発症する人もおり、仕組みはよくわかっていない。頭髪の病気は目に付きやすい。発症した子供などが「見た目を気にしてひきこもりになる例もある」と浜松医科大学の伊藤泰介・病院准教授は話す。かつらを使う場合も負担がかかる。円形脱毛症が自然に治らない場合、医療機関を受診するのが得策だ。

  日本皮膚科学会の診療ガイドラインでは、頭皮の脱毛範囲が25%未満を軽症、それ以上を重症と分け、症状の進行具合も考慮している。それぞれに合った治療法を選ぶ。通常はまず抗アレルギー薬を服用したり、免疫細胞の働きを抑えるステロイド薬を塗ったりする。Tリンパ球による攻撃を食い止めるためだ。軽症の場合、ステロイドを毛が抜けた部分に注射する方法もある。毛穴に薬が直接入るため高い効果が期待できる。月に1回程度実施すると、7〜8割の人で毛が生えてくる。

  16歳以上の重症患者で病気が進んでいる場合、大量のステロイドを3日間点滴する方法もある。発症後、早い段階で実施すると効果があるという。「免疫力が下がるため入院の必要があるが、短期間の投与なので重い副作用の心配もない」と伊藤病院准教授は話す。患部に人工的にかぶれを起こす方法もある。薬で頭皮を刺激して別のTリンパ球を呼び寄せ、免疫のバランスを整える。米国で40年以上の実績があり重い副作用.の報告もないという。

  「かゆくなるが、非常に有効な方法だ」(伊藤病院准教授)このほか、患部に紫外線を当て自己免疫反応を抑える方法もある。治療法は患者によって異なるが、いずれもすぐには毛が生えてこない。3週間から人によっては半年かかる例もある。患者は日常生活でどんなことに気を付けたらよいのか。専門家はバランスのよい食事、規則正しい生活を心がけることが大切だと訴える。自分なりにストレスとうまく付き合う方法を考えることも大切だ。洗髪を控える人もいるが「シャンプーの頻度で脱毛の量は変わらない」 (斉藤部長)。髪の毛の悩みがストレスとなり、病状が悪化するのはよくない。放置せず、早めに皮膚科などを受診するようにしたい。(藤井寛子)




*男性型はホルモンが関与、丁寧シャンプーで予防を
  年齢とともに頭頂部などが薄くなる男性型脱毛症は男性ホルモンが関係しており円形脱毛症とはメカニズムが異なる。飲み薬や塗り薬もあるが「日ごろのシャンプーで、ある程度防ぐことができる」と毛髪ケアに詳しい理容師・美容師の板羽忠徳氏は話す。男性型脱毛は薄くなったからといって、まったく毛がなくなるのではなく、産毛のような新しい毛が生えている。洗髪時はまず、湯をかけて汚れを落とす。五百円玉くらいの量のシャンプーを泡立てて、1回目は汚れや皮脂を洗い流し、2回目は半分の量のシャンプーで5分ほどマッサージをしながら洗うとよいという。

  頭皮に直接シャンプーをつけたり、皮脂を取ろうとごしごし洗ったり、爪をたてたりするのはよくない。そして、しっかりとすすぐ。これは男性だけでなく、女性にも共通する。拭く際は頭からタオルをかぶり、軽くたたいたり、もんだりして水分を取る。育毛剤を使用する際はドライヤーで乾かす前に塗るとよい。蒸したタオルで血液の流れをよくすることも有効だという。肩や首が凝っていると、頭皮の血の流れが悪くなる。運動やマッサージをしたり、首筋に蒸した夕オルを巻いたりするのがお勧めだ。「1日1回リラックスする時間を持つ」 (板羽氏)ように心がけたい。






2011-01-10 
●母の病気、病院のずさんさ

  小生の母が信濃町から須坂の旧宅にやってきた。白内障になっていて娑婆が良く見えず歩くのもやっとであった。須坂病院へ行って診察して頂いている時に、妻に言われたそうである。
  「こんなに酷くなるまで何故ほっといたのですか」
といろいろとぼろくそに言われたそうだ。小生は会社の辞令で県外へ1年間仕事の都合で家を留守にして母の面倒を妻にお願いしていた。

  兄の家では母を一室に閉じ込め状態の生活を虐げられて次第に惚けてしまった。お風呂にも入れず白内障になっても虫歯になっても知らん顔して医者へ連れて行かなかった。 眼科のお医者さんは早急に手術をして娑婆が良く見える見えると母は感激していた。がしかし、母は旧宅にいた時は下痢しなかったのに手術で須坂病院へ入院したら毎日下痢をしていた。母は2日〜3日に一回程度のウンコをしていたが病院では毎日排出しなければいけないとかで下劑クスリを毎日投与して他のクスリも与えていたようだ。

  さらにいけないのが、看護婦さんが「紙襁褓を持ってきてください」と言われて持って行ったが、翌日の朝になると「無くなったので直ぐに紙襁褓を持ってきてください」と電話があった。こんなことが毎日続いたので疑惑の眼で調べたら病院の相部屋の人達が無断で使用していた。須坂病院は体の健康な人を下痢病にさせたり個人のアイテムなどを無断で使わせたりと全く管理が杜撰であった。このような病院経営だから赤字病院となるのである。

  白内障の手術も成功して入れ歯も作って母の老後も安泰かなと思ったが、目がよくなり歩くと、目がよく見えないときよりも躓いていた。見えにくいときは下を確認しながら歩いていたが目がよく見えるため確認していた能力が消えうせてしまっていた。逆に白内障の手術をしなければ娑婆がよく見えないけれども歩くときに躓き怪我をすることは少なかったのかなと思った。




襁褓(おむつ)
杜撰(ずさん)
酷(ひど)い






2002-11-**
★生活習慣について
  聖路加国際病院理事長・同名誉院長である日野原重明さん(この時91歳)の2002年11月第1刷発行、人生改造「生活習慣病を防ぐ本、幻冬舎」を読んだ。どんなに素晴らしい人生を送ろうとしても生活習慣病などになったら自分の人生はみじめなもの(苦闘)になってしまうのだ。そんなことがないように自分の人生は自分で「良い習慣が心と体を」をスローガンにして語っている書物である。本の内容は優しく分かりやすいが語っている内容を実行して習慣付けるには本人の努力が必要であろう。私も読んでみたが、一から百まで実行できるかは自信がない。

  自分の人生がだいじだと思うなら、若いうちから良い習慣を身につけよう。長年続けてきた習慣を変えても、すぐにはその効果がでるというものではない。効果が実感できるようになるまでには年月がかかる。悪習慣を断ち切るのに今からでも遅くはない。何歳になろうとも、悪い習慣を改めることで、必ず良い成果が得られる。しかし、「自分にはたしかに悪い習慣があるが、体のどこもわるくない、健康なのだから、苦労して習慣を変える必要感じない」と、このように今の健康状態を過信するのは禁物である。

  ◎七つの健康習慣「生活習慣病を防ぐ本」から引用
    1、喫煙をしない
    2、飲酒を適度にするか、まったくしない
    3、定期的に汗ばむ程度の運動をする
    4、標準体重を保つ
    5、毎日朝食をとる
    6、7〜8時間の睡眠をとる
    7、不必要な間食をしない

    1、和食は心臓病にかかりにくい
    1、過食・熱いもの・砂糖の摂りすぎ・塩分の摂りすぎ・・・悪い食習慣に注意
    1、動物性脂肪をとる量を減らす
    1、油を使わない調理を
    1、食物繊維を多めに
    1、噛む習慣をつける
    1、完全健康を望む必要はない
    1、ストレスを上手にかわす、ストレスを利用する
    1、自分を客観的に見る
    1、性格を変える習慣づけ

    1、血圧を自分で測定する
    1、最高の名医とは自分自身である
    1、薬の飲み過ぎに注意
            自分の健康を守るのは薬ではない

  途中までの一部引用の内容である。こまかな所は日野原重明さんの本を読んでいただければよいと思います。人の人生には出会いがある。そしてごくごく稀にその人の一生を左右するほど大きな影響を与える[出会い]があるという。それはその人にとってはどんな意味があるだろうか。日野原重明さんの本を読んだおかげで、これもひとつの出会いであった。彼の本のなかで、ウイリアム・オスラー卿の生涯について書かれている。「人生は習慣である、人生は多かれ少なかれ、半ば自動的に行なわれる行為の連続である」。

    「人柄としての特は習慣から生まれる」・・・アリストテレス

    「そのような生活の習慣を身につけるには時間がかかるが、
      各自がそれぞれの方法を考え出し、若き日のうちにそのような習慣を
      持続させる心構えをもち、またそれができるという期待を持つこと、
      また不摂生な食習慣、タバコ、酒をとる習慣から離れること、
      もし、このようなよい生活習慣をいったん獲得すれば、
      それから先は利息がつく・・・オスラー博士

 オスラー博士曰く、三つの理想
  1、その日の仕事を精一杯やり、明日については思い煩(わずら)わないこと
  2、同僚や世話をする患者さんらに、己の欲するところを人に施せ
  3、いかなる悲しみの日にも勇気をもってことに当たることのできる平静の心を培(つちか)うこと

  「人は永久に健康であれかしと願うわけにはゆかないが、健全な体に役立つ習慣は健全な心を育み、そこに生きる喜びと働く喜びが解けあい、ハーモニー(調和)をつくりあげる」。たしかにそうであるが、人生は突発的な出来事が頻繁に遭遇しているから日頃の習慣も心して生活していかないとオスラー博士曰くの言葉に萎(しお)れてしまう。


 ☆日野原重明さん曰く、病気の原因は四種類
     1、遺伝子が原因となる病気です
     2、悪い環境が原因となって起こるものです
     3、経済的な貧困からくる病気です
     4、生活習慣病です(嗜好のかたよった習慣が蓄積して病気になることが多い)
                               (現代の日本人の病気の四分の三は生活の習慣が原因)
           *最近若い人にも増えてきた糖尿病は、
              飽食と運動不足という習慣が原因となっている
              心臓病・動脈硬化は、
              動物性脂肪の摂りすぎによって起こる

          *日本人にとくに多い高血圧は、塩分の摂りすぎによって起こる

          *タバコの喫煙は、肺ガン・慢性気管支炎・心筋梗塞にかかりやすくなる

    *、悪い習慣
          1、塩辛いものを食べる習慣
          2、コレステロールの多い動物性脂肪やバターを摂りすぎる習慣
          3、お酒を飲みすぎる習慣
          4、運動をしない習慣
          5、甘いものを摂りすぎる習慣
          6、歯を磨かない習慣
          7、夜食を食べる習慣
          8、よくかまないで食べる習慣
          9、食べすぎる習慣
          10、入浴しない習慣
          11、姿勢を悪くして座る習慣
          12、ストレスをうまく界回避できない習慣
          13、睡眠が不規則な習慣
          14、タバコを吸う習慣
          15、喫煙者のそばへ近づく習慣
          16、外食を多くする習慣
          17、植物繊維を摂らない習慣
          18、薬を多用する習慣
          19、電磁波を多くあびる習慣
          20、日光に浴びしすぎる習慣
          21、寒い脱衣所からお風呂に入る習慣
          **、などなど・・・・・その他多くあり


   @病気も文化や時代に左右される
      アメリカ人と同じような生活をしていたら心臓病にかかりやすくなった
      昔は動脈硬化も高血圧も少なかった

  人生は習慣の連続であるが、その習慣が善い習慣なのか悪い習慣なのか生まれてまもない頃から人は分からずに育って大人へと成長していくのだ。その過程で親や育てる人達がいかに理解してくれて善い習慣をそれとなく教育し実行してくれるかによって大人への人生に大きく左右されるであろう。子供の頃からの生活習慣が染みついて大人になっても、それが延長線となって、その人生が健康への道か病気への道かの別れ道となるのだろう。日野原重明さんは、人生は「努力」の連続です。性格的なもの、資質的なものも習慣にすぎませんと、こたえている。また習慣を変えると、相手の反応も変わるという。






2015-05-24記載
★高齢者の死因の3位は肺炎
          (肺炎の死亡する人のうち65歳以上の高齢者は97%も占める)
  2017年4月20日に私も自己負担2千円で須坂病院にて肺炎球菌ワクチン(ニューモ・9MR02R)の接種した。その肺炎について日経の「日曜日に考える」に載せられていた。こに一部を引用してみた。  高齢者の肺炎は重症になりやすく、時には死に至ることもある。2014年10月から65歳以上を対象に、肺炎予防のための肺炎球菌ワクチンの定期接種が始まった。麻疹(はしか)や風疹などの主に乳幼児向けのワクチンと違い、すべての肺炎を予防できるわければなく、一定の費用もかかるため接種率もまだ低めだ。成人がワクチンを受ける意味とは何だろうか?。

  肺炎は、クシャミの飛沫(ひまつ)やつばなどに含まれた細菌やウイルスなどが肺に入り込んで起きる。通常の風邪と似ているが、ひどくなると熱が下がりにくく、息苦しいなどの病状が出てくる。体力のある若い人などは細菌やウイルスを攻撃する免疫機構が十分に働くため、重傷化することは稀だ。免疫機構が衰えている高齢者の場合、事情が違う。肺炎は心臓病に続き、日本人の死亡の第3位。肺炎で死亡する人のうち65歳以上の高齢者は97%も占める。高齢者にとって肺炎にかかるのは正に死と隣り合わせだ。

  そのため、あらかじめ肺炎に対する免疫を高めて予防するのが肺炎球菌ワクチンだ。肺炎の原因菌やウイルスは多くの種類がある。65歳以上で人混みに出かけることで肺炎になり入院した患者のおよそ3割の原因は肺炎球菌によるもの。肺炎球菌ワクチンはこの肺炎球菌による肺炎の重傷化を防ぐのが目的だ。現在日本で使われている肺炎球菌ワクチンは2つある。

  商品名 ニューモバックスNP  プレベナー13   
販      売 MSD ファイザー  
接種の種類 定期接種 任意接種  
接種にかかる自己負担費用 3000〜5000円ほど 1万円前後  
特      徴 日本で20年以上使われ臨床データが豊富・カバーできる肺炎球菌の90種類もあり、そのうち23種類に効果あり
生活空間にいる肺炎球菌の7割はカバーできる
◎肺炎球菌ワクチンで現在、定期接種として認められているのはMSDのワクチンのみ
  65歳から5歳ごとの年齢時に公費助成が受けられる
乳幼児への導入実績あり
免疫がつきやすいとの指南
ワクチンは13種類に効果あり
カバー率は約5割
 
     


  個人の肺炎を予防することで医療費全体の削減になるという。だが、肺炎球菌ワクチンは定期接種の中でも強制性はないタイプである。あくまでも個人が自己判断に基づいて自身の体を守るために接種するという。また肺炎を全てを予防できるわけれはないという。さらに、社会全体が肺炎に対する免疫を持てば、個人の肺炎予防と同時に、保菌している人の割合が減り、ワクチン接種ができない人も肺炎から守れる。それから日本は肺炎球菌ワクチンの定期接種が始まったばかりで本当の予防効果が見えてくるにはまだ時間がかかる見通しだという。私も接種したが未来に健康寿命が延びて予防効果があらわれるだろうか。






2016-04-18・・・日経より引用
*病気・入院に保証人の壁
*病院や施設は家族を求める

  私も癌となって入院・手術するにあたって保証人を求められた。高齢になればなるほど知り合いが亡くなったりして保証人になってくれる人がいなくなってしまうのが切ない現状である。    単身の高齢者が身元保証人がいないことを理由に、介護施設や病院への入所・入院を断られるケースが絶えない。施設側に、事故や死亡時の緊急連絡先や入院費・利用料の滞納があった場合の支払いを確保したい事情があるためだ。少子・未婚化が進み、保証人になる家族がいない高齢者は増えている。年間130万人が亡くなる多死社会を迎え、新たな保証の仕組みを検討する時期にきている。

「身元保証人を求めること自体は問題ないが、保証人がいないことはサービス提供を拒否する正当な理由には当たらない」。厚生労働省は3月7日、都道府県や政令市、中核市の担当課長らを集めて省内で開いた会議でこう説明した。身元保証人のいない高齢者が病院や施設の入院・入所を拒まれる実態を重く見て、指導や監督の権限がある自治体に対し、不適切な取り扱いをしないよう対応を求めた。厚労省令では特別養護老人ホームなどの施設について「正当な理由なくサービスの提供を拒んではならない」と定めている。しかし、多くの病院や施設は身元保証を慣例的に求めている。成年後見センター・リーガルサポートの調査(2014年)では、病院や施設の9割以上が保証人を求め、いない場合に入院や入所を認めないのは病院で23%、施設で31%に適した。

病院や施設が保証人を求めるのは「費用が支払えない場合や亡くなった際の引き取りなどで、家族や家族に準ずる人がいないと困る」 (都内の病院)ためだ。70代の女性は入院時に「夫が保証人になるだけではだめ。緊急連絡先として、もう一人付けてくれと言われた」と明かす。だが、家族や親族以外に保証人になってもらうのは難しいのが実情で、保証人機能を代行する事業者に依頼する例が増えている。名古屋市内でl人暮らしをする小林勝義さん(75)は、NPO法人、おひとりさま(同市)と生活・身元保証契約を結んでいる。

  同NPOは身元保証のほか役所の手続きの代理・代行や、介護施設、病院への入所・入院手続きなどの生活支援をする。契約時に払う利用料金は33万円だ。小林さんは現在、入院・入所を迫られる健康状態ではないが「いざというときのために契約した」という。子どもがなく、兄弟も愛知県内で離れて住んでいるため、急に親族の身元保証を求められても対応できないためだ。同市に住む要介護2の男性(90)の場合は、ケアマネジヤーから間NPOへ身元保証の要請があり、契約を結んだ。

  男性は豪を亡くし、身寄りがなく、訪問介護、訪問者藩を受けている。身元保証契約は病院や施設への入所・入院に備えての措置だ。こうした代行サービスはNPO法人や財団法人が手掛ける例が多いとみられる。ただ届け出制ではないため、事業者数などの実態は不明だ。利用の際は、ある程度、収入に余裕がないと難しい。生活・身元保証サービスに加え、火葬の立ち会いなど死後事務などまで含めると、100万円以上の料金になる例も少なくないようだ。

  「リスクを負うのだから相応の料金に設定しないと事業が回らない」 (ある事業者)との声が多く上がる。加えて、大手事業者の公益財団法人・日本ライフ協会が3月、預託金の流用で運営が行き詰まるという事業者への信頼が揺らぎかねない事態も起こっている。それでも、身元保証の見直しや公的機関による保証機能の代行などが進まぬなか、家族を当てにできない高齢者は事業者に頼らざるを得ない。

  NPO法人、シニアライフ情報センター(東京・渋谷)の池田敏史子代表理事は「現実に身元引き受けの市場は必要で、ニーズは拡大する」とみる。かつてあった地域社会や家族関係が大きく変わり、高齢者が置かれた環境は様変わりしている。高齢者の意識も変化し、身元保証が可能な子どもや兄弟がいたとしても「あえて頼りたくない」という人も増えている。明治学院大学の河合克義教授は「身元保証問題は単なる家族の問題ではなく、日本社会の構造問題。家族の助け合いを当然とする高齢期の生活支援は限界に連しっつある」と話す。



*公的関与望む声多く
*債務の連帯保証、疑問も

病院や施設は保証人制度をどう考えているのだろうか。成年後見センター・リーガルサポートが病院や施設を対象に実施した調査では、身元保証人を求めなくても済むような制度について、病院で66%、施設で64%が必要と答えている。具体的な制度では、病院の97%、施設の95%が自治体や社会福祉協議会などの公的機関が保証する制度や仕組みの創設・整備を望んでいる。

  保証制度に代わるもの(複数回答)としては「行政などによるセーフティーネットづくり」 (病院62%、施設57%)が最も多い。「後見人が(埋葬許可などの)死後事務ができるよう法改正を望む」が続いた。病院や施設が身元保証人を求める際、多くがその役割に債務の連帯保証を含むのを疑問視する声もある。シニアライフ情報センターの池田代表理事は「身元引き受けと債務保証の役割を分ければ保証人を立てやすくなる」と指摘する。(大橋正也)







2016-05-10・・・日刊スポーツより引用
●10歳若返る!鎌田流健康塾     鎌田流健康塾
  健康へのメッセージを穏やかに伝えている「10歳若返る!鎌田流健康塾」が大変に気に入った。題名だけれも内容が理解できるのである。分かりやすく理解しやすいのだ。それに鎌田さん自体が長生きしているので信頼感がもてる。一つだけ気に入らないのは私の嫌いなある宗教に入っていることだ。これを抜きにすれば人生を健康に生きる知恵を教えている。そんな「10歳若返る!鎌田流健康塾」の内容を引用してみました。



*1)みそ汁の具を増やしたら塩分が減った

*2)1日350グラム野菜を食べる工夫

*3)緑、黄、赤など色素が持つ抗酸化力

*4)放射線心配して摂取量減ったのでは

*5)コレステロールの食事制限は必要なし!
    日本では長い間、「コレステロール」に対する誤解があった。卵や肉、油などコレステロールをたくさん含むものは、健康の敵であるかのように、とりすぎないように指導されてきた。従来のコレステロールの1日の摂取基準値は男性は750mg未満、女性は600mg未満とされていた。コレステロールは卵1個でおよそ235mgになるから、「卵は1日1個まで」などと言われてきたのだ。これには悔しい思いをした人も多いだろう。

  ラーメン屋でうまそうな味付け卵を泣く泣くあきらめた人もいるかもしれない。食い物の恨みというのは積もり積もればけっこうなストレスになる。かえって体に悪い、というのがぼくの持論だ。それに、卵や肉にはタンパク質も含まれ、細胞をつくる大事な材料になる。戦前の日本人は、タンパク質が不足していたために、血管が破れる脳出血が多かった。厚生労働省は2015年、コレステロールの摂取量の基準値を撤廃した。日本動脈学会も、食事内容に注意しても、体内のコレステロール値は大きく変わらないと発表した。

  つまり、「卵は1日1個まで」というような食事制限をしてまで、コレステロールを排除する必要はないということだ。もともと日本脂質栄養学会は、コレステロールの数値が高い人はむしろ長生きであると主張していた。ぼくも、これに賛成である。コレステロールは、食事制限したり、すぐに薬に頼ったりするよりも、運動で体重を減らすことで下がることがわかってきた。もう味付け卵は我慢しなくていい。でも、食べたら帰り道は1駅分、歩いて帰ろう。


*6)コーヒータイムは命の時間


*7)おいしいもの食べて長生きしたい!・・・16-05-08、日刊スポーツより引用
     肥満の目安に「体格指数」(BMI)というのがある。体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)=BMI。この計算式で、自分のBMIを出してみよう。日本肥満学会は、BMIが18.5〜25未満を普通体重としている。25以上は肥満ということになる。18.5以下のやせ形の人は短命であるというデータが出ている。やせ形がカッコいいという風潮があるが、あまり健康的とはいえない。

  カッコよくて健康で長生きというのは、22が理想的。男性では27くらい、女性では26くらいまでは長生きしているというデータがある。カッコよくなくてもいい、おいしいものを食べて人生を楽しみ、長生きしたいという人はちょい太くらいの体形がいいのである。このことは「ちょい太でだいじょうぶ」(集英社)という本にまとめた。 ぼくはおいしいものを食べるのが大好き。長生きするためにおいしいものを食べないなんていうのは納得できない。だから、おいしいものを食べようと人に誘われたら、できるだけ断らないようにしている。人をごちそうするのも大好き。

  「うまいな」と言ってもらえると、本当にうれしくなる。 しかし、「ちょい太」でとどまることが大事である。「おお太」になれば、やはり糖尿病や心臓病、脳卒中のリスクが上がる。BMI27以上にはならないように、ギリギリで止めるように注意している。おいしいものを食べた後は、軽い炭水化物断ちをする。ごはんやうどん、パン、もちなどを避けるだけ。それでほとんど元の体重に戻る。この数年、3kgほどやせて、BMI26をキープしている。



*8)「炭水化物」は要注意なのだ


*9)飲み過ぎると血液中に毒素発生


*10)安易に降圧剤は使わない方が良い


*11)手作りで病気リスク下げよう


*12)免疫力はほどほどが大事だ!
    免疫力を上げれば、癌にもなりにくくなり、風邪もひきにくくなる。そもそも免疫とは何か。免疫は、「自己」と「非自己」つまり、自分と自分以外のものを識別して、自分以外のものを外敵として排除する働きのことだ。自己と非自己を識別するなんて、とても哲学的だ。僕たちの体は60兆個の細胞でできているが、そのうちの2兆個が免疫細胞といわれている。毎日5000個の細胞が傷つき、がん化しかかるといわれているが、免疫細胞が攻撃することで、がんになるのを防いでくれている。

  だから免疫はとても大事。免疫力は、高ければ高いほどいいのだろうか。いや、そうでもない。免疫力はほどほどが大事なのだ。免疫力は高すぎると、別の問題が生じる。アレルギー反応が起こりやすくなる。自分の細胞を「非自己」とみなして攻撃してしまう。これは自己免疫疾患という。リウマチなどの膠原(こうげん)病がその典型だ。サラリーマンが、ストレスで円形脱毛症になることがあるが、これも免疫の異常で起こるともいわれている。ほどほどの免疫を保てないのは、清潔すぎる環境が問題だ。

  無菌状態の環境で育ったマウスは免疫の働きが悪く、短命だといわれている。子どもも、外で泥だらけになって遊ぶことが、健全な免疫を獲得するうえで大事な体験になるが、都会ではそれも難しくなっている。子どものときにしっかりした免疫力をもつと、高齢者になるまで、バランスの良いほどほどの免疫力が確保されるといわれる。抗菌グッズに頼り過ぎにも要注意だ。


*13)発酵食品で免疫力UP!
    免疫力は年齢とともに低下する。たとえば、帯状疱疹(ほうしん)というウイルス性の病気がある。ふつうは2度かからない。しかし、免疫がぼけてしまうと、同じヘルペスというウイルスが発症してしまうことがある。 でも、年を取っていいこともある。加齢とともに免疫がぼけてくると、アレルギー反応は弱くなり、アレルギー鼻炎の症状などが軽快することもあるのだ。 免疫力を上げるには、腸の健康を保つことが大事になる。2兆個の免疫細胞のうち6割が腸にあるといわれている。

  腸にいいものを食べるといい。 その1つは食物繊維。キノコ、海藻、コンニャク、野菜などに豊富に含まれる。 もう1つは発酵食品。納豆やチーズ、ヨーグルト、キムチ、みそ、こうじなどだ。 長野県にはスンキという乳酸菌で漬けこんだ有名な漬物がある。関西のほうではアユ寿司(ずし)、北陸ではかぶら寿司などの発酵文化がある。各地の発酵文化はとても奥深い。 オックスフォード大学は2015年11月、面白い研究を発表した。

  同じ種類の善玉菌をとり続けるよりも、種類が違ったほうが善玉菌が活性化し、免疫力が上がるというのだ。 先週、「水戸の納豆」を食べたら、今週は「北海道の本別の納豆」というように変えてみるといい。ヨーグルトも同じメーカーのものだけでなく、ローカルな○○牧場のものなどを取り寄せてみてもいいのではないか。産地やメーカーを変えると、菌の種類も変わる。多様な種類の善玉菌がおなかのなかで競争していることが、免疫力を高めるということだ。


*14)いい睡眠といい笑顔がいい仕事させる


*15)精力・味覚は亜鉛で10・5倍


*16)性格はサラリ、食べ物はネバネバで


*17)夕日を見たら「きれいだな」


*18)癌防衛に運動が効果がある!
    医学は進歩している。癌遺伝子と、癌抑制遺伝子があることがわかっている。アメリカの女優アンジェリーナ・ジョリーは、遺伝子検査で乳癌になる確率が高かったため、両側の乳房を切除した。遺伝子検査により、ある程度の予測が立つということは、悩みを増やす。A・ジョリーのように予防的に切除してしまうのか、こまめに検診して早期発見してから手術するのか。

  これは、それぞれの人生観で選択すればいいのではないかと思っている。信州大学の谷口俊一郎特任教授と対談したことがある。がん遺伝子があれば、必ずがんになるわけではない。がん遺伝子のDNAにメチル基がついていると、がん遺伝子が働かない状態になるという。しかし、加齢とともに、このメチル基がはがれやすくなる。メチル基がはがれないようにするためにはどうしたらいいか。谷口教授は「運動することでメチル基がはがれることを防ぐことがわかった」と言う。肥満もうつも、少しだけ遺伝的傾向があるといわれている。だが、メチル基がはがれなければ、遺伝子は働かない。


  体質だから、遺伝だからとあきらめずに、運動することで癌や肥満、うつなどの遺伝子を働かない状態にすることができる。信州大学のほかのグループでは、効果的な運動としてインターバル速歩をすすめている。3分速足で歩き、3分通常の速さで歩くというのを交互に繰り返す。この研究は世界的にも高く評価されている。通勤途中、ぜひ、インターバル速歩をやってみてはどうか。寿命は遺伝子だけでなく、日ごろの生活習慣がつくるのである。


*19)認知症隠さず幸せに生きる


*20)認知症防ぐ食べ物とは


*21)生野菜も食べ過ぎには注意!
    ローフードダイエットなるものが取りざたされている。食品を生のまま食べる健康法である。熱を加えないので、「野菜の酵素やビタミンが効率よくとれ、体が若返る」のだとか。しかし、野菜の酵素をそのまま食べても、体の中に入ると胃酸などの影響を受けて、そのまま酵素として働かないといわれている。しかも、ローフードの食べ過ぎは逆効果。マーストリヒト大学の論文では、総カロリーの半分以上をローフードにすると、体内の善玉コレステロールやビタミンの量が減るといわれている。

  では、やはり加熱調理すればいいかというと、内閣府食品安全委員会が今年2月、面白い提言をしている。高温調理すると、特定のアミノ酸と糖類が反応してアクリルアミドが生じる。これが健康に対して懸念がないとはいえない、という遠回しな結論を出しているのだ。動物実験のほうが多く、人間に対してはまだはっきりしていない。 アクリルアミドは、きつね色に揚げたフライドポテトやフライドチキン、トーストなど、焦げの色が濃くなるほど、濃度が高い。

 ならばどうしたらいいか。ゆでる、蒸す、煮るがいいのである。アクリルアミドはほとんど出てこない。野菜炒めも、硬いニンジンやゴボウなどはゆでておき、炒める時間は15〜20秒ほどにすると、アクリルアミドが出ないことも分かってきた。結論は、ローフード伝説を信じすぎないこと。だからといって、高温調理で焦がしすぎないことが大事だ。


*22)脂溶性で脳のさび取り


*23)「カッ」としたら一晩寝て待つ


*24)カキやレバーで中年バテ克服


*25)朝食抜きは脳卒中リスク上げる!
    超低カロリー食で飼育されたサルは、寿命が延び若々しかったと、ウィスコンシン大学が発表。1日1食飢餓療法などが流行した。しかしアメリカ国立老化研究所では、カロリー制限をしてもサルの寿命は延びなかったと発表。さて、どっちを信じたらいいのか。1日の総カロリーを減らそうと、朝食抜きダイエットをする人もいる。しかし、朝食を抜くとかえって脂質異常や肥満、糖尿病などの生活習慣病になりやすいというデータが出た。

  国立がん研究センターと大阪大学の共同研究で、45歳以上の健康な成人で朝食を抜くと、脳出血などの脳卒中が多くなるという研究結果が出た。具体的には、毎日きちんと朝食を食べているグループに比べ、脳出血が36%も高いことがわかった。脳梗塞もふくめた脳卒中全体でも18%高いという結果が出た。朝食を食べると何がいいのか。早朝、血圧が高い人が多い。空腹ストレスが副腎からコルチゾールやアドレナリンというホルモンを分泌させ、血圧を押し上げるといわれている。

 朝食を食べると、血圧が安定する。朝食を食べないと早朝高血圧が続いてしまう。また、やせるために朝食をとらず、昼食を食べると、食後の血糖値がスパイク状に上昇してしまう。急激な血糖値の上昇は、糖尿病を起こしやすくする。つまり、朝食抜きの毎日は、高血圧や高血糖を積み重ねてしまうことになり、それが動脈硬化を起こし、さらに脳卒中を多くするのである。だから、朝、起きたら1時間以内に朝食を食べたほうがいい。


*26)やわらかな体としなやかな心が必要


*27)なぜ人は依存症になるのか


*28)「食べたい」暴走を止める


*29)考えるだけで幸せを呼ぶ愛情ホルモン


*30)だらしのないベジタリアンがいいのだ


*31)やはり飲み過ぎはダメ


*32)尿失禁のトホホに肛門筋トレ


*33)軽く浮いているほうがいい…


*34)お通じに血圧低下に高カカオ


*35)週に2、3回肉や魚を食べるのはむしろ健康で長生きにいい!
    2015年10月、国際癌研究機関がソーセージなどの加工肉を毎日50g食べると大腸癌になるリスクが18%上がると指摘した。牛、豚、羊、ヤギの肉も週500g以上食べると大腸癌や膵臓(すいぞう)癌になる可能性があるという。消費者が反応して、加工肉の買い控えが起こった。だが、ソーセージを1日50g食べる日本人はそういない。1週間に500gもの肉を食べる日本人もそういない。ソーセージなどの加工肉も、肉も、ときどき食べるというのは、心配ないと思う。

  癌と関連する食べ物には次のようなものがある。国立がん研究センターによると、食塩の取り過ぎは胃がんを誘発する。日本酒1合、ビール大瓶1本までならいいが、それ以上の飲酒は肝臓癌、大腸癌、食道癌に影響を与える。熱いものも食道癌になりやすい。反対に、予防効果が期待できるのは野菜。野菜をたくさん食べると、食道癌が減ったり、胃癌が少し減る可能性がある。果物も食道癌を少し減らし、胃癌や肺癌をちょっと減らす。

  大豆は乳癌や前立腺癌を少し減らす可能性がある。魚は子宮頸(けい)癌を少し減らす可能性がある。女性が緑茶を飲むと胃がんを少し減らす可能性がある。コーヒーは肝臓癌を少し減らす可能性がある。日本食は炭水化物が多く、総カロリーの60%を占める傾向がある。魚や肉の量はあまり多くない。加工肉や肉を含め、週に2、3回肉や魚を食べるのはむしろ健康で長生きにいいと思う。


*36)1時間に2分だけでも体を動かす


*37)日本の宝 国民皆保険を守ろう


*38)「2年後生存率ゼロ」から完治の例も


*39)1%でいい 誰かのために生きる


*40)健康は目的でなく道具だ!
    健康というと、禁欲的で、ともすると無味乾燥な生き方を想像するかもしれない。しかし、人生を楽しむことは健康にもいいことなのだ。厚生労働省のデータでは、人生を楽しんでいない男性は脳卒中による死亡が1・75倍、狭心症や心筋梗塞による死亡が1・91倍高くなる。女性は男性よりも6歳以上長生きだが、それは女性の生き方にも秘密があるのではないか。「わあ、きれい」「おいしい」「かわいい」…。女性は、相手と感動を共有しながら、感動を増幅させているように見える。

  そこへいくと男は、この程度の食べ物や景色で感動できるか、と値踏みしてしまいがち。感動も薄いし、イマイチ楽しめない。ハーバード大学は、自己評価で「自分が幸福だ」とする学生と、幸福感が低かった学生を16年間追跡し、収入を比較した。その結果、幸福感が低かった学生に比べて、幸福感が高かった学生は、生涯収入の年収換算で平均2万5000ドルも多いということがわかった。幸福感の自己評価と収入が関係あるなんて、ちょっとおもしろい。前向きな意欲や気力、楽観的な姿勢が高齢者の寿命を延ばすというのは、スウェーデンのウメオ大学の論文。

  楽観的で高い意欲をもつ人の5年後の生存率は56%、ふつうと判定された人は39%だった。意欲的で、たくさん感動する心の若さ。いつもいい可能性があることを忘れない楽観力。そして、自分は幸福だと思う力は、人を健康にする。 健康は、人生の目的ではない。健康は、人生を楽しむための道具である。そして、人生を楽しむことが、さらに健康へと導いてくれるのだからありがたい。





  
1993-03-05発行                      1994-08-15発行                           2002-01-30発行