サブページに戻ります
健康・病気の過程[03]
18

2016-06-18・・・日経より引用
●急な発熱、どう対処するか?
    熱中症は冷やす、感染症は保温も
    小さな子は十分な水分補給を

  急に熱が出たとき、どう対処すればいいのだろうか。「熱が出ているのは体が病原体と闘っている自然の反応」と聞くと、冷やすことをためらう人は多いだろう。ただし、発熱の原因や状況は様々。大人と子どもで異なることも。それぞれに合った適切な冷やし方がある。どう判断すればいいか、専門家に聞いてみた。「発熱には、環境で上がる場合と、体の反応で上がる場合の二通りあ
る」と話すのは、東京医科大学病院救命救急センター長の織田順准教授。前者の例は熱中症だ。この場合はすぐに体を冷やし、熱を下げなくてはならない。「体温の異常上昇(目安は40度以上)を放置すれば、臓器の機能が悪くなる」 (織田センター長)からだ。悪寒がした場合でも「冷却し、水分補給を。重症なら医療機関へ」 (同)。判断に迷うのは後者だろう。感染症や一部の脳疾患、ケガなどで熱が上がる場合だ。「ウイルスなど病原体が体内に入ると細胞が反応し、脳の命令を介して平熱より熱が高くなる。熱を上げることで、ウイルスを増えにくくするためだ」 (同)




*心地よさも基準
  ならば、高熱でも冷やさなくてよいのだろうか。「脳が39度まで熱を上げようと判断したら、37度でも悪寒がして震える。この場合は体を温めた方が良い」と織田センター長。急に熱が出たからといって体を冷やすと本人は寒すぎて辛い。基本は「寒くて震えている時は保温、暑くなったら冷やす。どちらが気持ちいいかで判断する」(同)。体を保温する場合は、通気性のいい掛け物を掛ける。冷やす場合は、動脈が比較的皮膚表面近くを通っている両脇、太ももの内側のつけ根(そけい部)、首側面辺りの頸(けい)動脈の上を冷やすのが効果的だ。市販の冷却枕などを当てる場合は、タオルを1枚巻いたほうがいい。熱を下げる効果は滞いが、額を冷やすと気持ちがいい。このときに忘れてはいけないのが十分な水分補給だ。

  ナトリウムイオンやカリウムイオンといった電解質入りで、体液に近い成分のスポーツドリンクなどがいい。特に子どもの場合は欠かせない。とりうみ小児科(千葉県白井市)の鳥海佳代子院長は「子どもは体が小さく脱水症状を起こしやすい。小さい子であればあるほど、水分は少量を頻繁に取って」と話す。解熱剤など薬の使用はどうだろう。「解熱剤を使用して熱を下げると一時的には楽になるが、体が熱を発する期間は短くはならない。逆に熱を下げている分だけウイルスが増えやすくなるため長引くこともある」と織田センター長。解熱剤は飲み薬のほかに座薬もある。座薬は直腸から直接吸収されるので効き目が早い。大人の場合、早く熱を下げたい時や、喉が痛くて口から飲めない場合に処方される。「子どもは薬が苦いと口から出してしまうので座薬を使うことが多い。必ず子ども用の解熱剤を使うこと」 (鳥海院長)




*尿が濃くないか
  発熱を放置してはいけない深刻な病気が潜んでいることもある。見極めのポイントは、まず、尿
の色が濃くなり、回数が減っていないかどうか。極度の脱水が疑われる。うわ言を言う、受け答え
がはっきりしないなどの意識障害は脳炎の可能性がある。呼吸が苦しそうでヒユーヒユーと昔がする場合や爪の色や唇の色が悪いのは、気道、呼吸器系の病気の可能性が高い。「これらの症状が出たら救急車を呼んだ方がいい」(織田センター長)子どもなら、これらの症状のほかに、発熱に伴って起きる熱性けいれんにも気をつけたい。「ほとんどの場合は5分ほどで治まるので、平らなところに寝かせて落ち着いたら受診を」(鳥海院長)。

  「ただし2回繰り返す、けいれんとけいれんの間に意識を失う、5分以上治まらないなら、細菌性髄膜炎などの可能性もあるので救急車を呼んで」と話す。発熱時の対処も重要だが、普段から自分の平熱を正しく把握しておくよう心掛けたい。脇に挟む体温計が主流だが「きちんと計測できていない人が多い」とテルモのホスピタルカンパニーの前田綾さん。まず使う電子体温計が実測式か予測式かを確認しよう。予測式は数十秒程度で計測できるが、実測式は10分間ほど必要。実測式を間違って早く外さないように。計測方法は図の通り体温計によって違う。体温は一日の中でも朝、昼、夜と変動する。普段の体温を知っておくと、発熱時にどれぐらい高いかわかる。(ライター巴 康子)






2016-06-19・・・日経より引用
●血管年齢知って病気の芽を摘む
    実年齢より10歳上ならら動脈硬化に注意
    若く保つ研究も進む

  心筋梗塞や脳梗塞など病気のリスクを高めるのが動脈硬化だ。全身に血液を巡らせる血管は、自分の健康を知るもの差しになる。加齢などが原因で動脈が硬くなった状態を多くの医療機関では「血管年齢」と呼ぶ数値に変え、患者に分かりやすく伝えている。40歳を過ぎた人で年齢に伴う変化以上に大きく衰えていると要注意だ。血管に気を配り、生活習慣の改善に努めよう。

  「人は血管とともに老いる」。米国の医学教育に影響を与えた医師、ウィリアム・オスラー博士が残した有名な言葉だ。全身を巡る血管は臓器や組織に酸素や栄養を運び、細胞で生まれた老廃物を体の外に運び出す役割を担う。臓器は絶え間なく働くだけに、血液の流れが滞ると全身に変調をきたしやすい。心臓から出て酸素や栄養を運ぶのは動脈で、加齢のほか生活習慣などで動脈硬化になる。硬くなる原因の多くは、年とともに血管の壁が厚くなったり、動脈の内側にコレステロールなどがたまったりする現象だ。血液を送り出す心臓の負担が増すほか、酸素や栄養が臓器にうまく行き渡らなくなる。

  動脈硬化が進むと心筋梗塞や脳梗塞の危険が高まる。軌脈は外側から順に「外膜」 「中膜」 「内膜」の3層からなる。普段は内膜にある内皮細胞から血管収縮物質であるエンドセリンと、血管を柔らかくする一酸化窒素などが出る。血流が増えると一酸化窒素の分泌量が増え、エンドセリンは減って血液がスムーズに流れるようになる。年を取ると一酸化窒素が出にくくなり、血管の柔軟性を失う。血管内膜の内皮細胞が弱り、食生活の悪化などが重なるとコレステロールなどがたまって血液の通り道が狭まり、血栓もできやすくなる


  心筋梗塞といった病気になる前に、動脈の状態を知ると予防法や治療法を立てやすい。動脈の硬さを自覚できるように、多くの医師が血管年齢という言葉で対策を促している。筑波大学循環器内科の宮内卓教授は「患者に分かりやすく伝えるための概念として、医療現場で広がりつつある」と解説する。動脈の硬さを測定する手法は幾つかある。一つが「脈波伝播(でんば)速度(P
WV)検査」だ。あおむけで両腕と両足の4カ所にセンサーをつける。心臓の相動で血液が血管を押し広げて生じる脈波が動脈を通じて手と足に伝わる。

  検査ではセンサー間の距離を脈波の到達時間で割り、速度を出す。動脈が硬ければ脈波の流れも速くなる。逆にこの速度が遅いほど血管がしなやかなことを意味する。PWV検査では1秒あたり脈波が進んだ距離を割り出す。この値を健康な人たちで年齢ごとにそろえておけば、測定値からどの世代の血管の硬さに相当するかが換算できる。いわゆる血管年齢だ。最近では心臓から足首にかけて脈波が伝わる速度を調べる「心臓足首血管指数(CAVI)」と呼ぶ手法もある。


  検査後に動脈の硬さをどう説明するかは医師の判断による。計測した速度を基に助言したり、「あなたの血管の硬さは60代前半に相当します」 「血管年齢は50歳」などと話したりする。宮内教授は「40歳以上の人で、血管年齢が実年齢より10歳以上高い場合は注意が必要」と生活習慣の改善や精密検査などの対策を勧める。動脈が硬くなるのは加齢のほか、運動や食事、喫煙習慣など日常生活の乱れも影響する。運動ではウオーキングやジョギングなどの有酸素運動が効果的とされており、実際に血管年齢が下がったとする研究結果も報告されている。

  筑波大の前田清司教授(スポーツ医学)は「早歩き程度のウオーキングを1日30分以上するといい」と話す。最新の研究では、有酸素運動に頼らなくても血管年齢を改善できる可能性が出てきた。産業技術総合研究所や米テキサス大学などのチームは、貝を探りに海に潜る「海女」の活動と血管年齢の関係を研究した成果を米科学誌で発表した。三重県志摩・鳥羽地区と千葉県南房総市白浜に住む平均年齢65歳の女性約200人の血管年齢を測った。海女は115人おり、血管年齢は実年齢より平均約11歳若かった。潜水は有酸素運動とは違うため、これまでの経験からは説明がつかない。

  潜水時は息を止めて水に入ると心臓の拍動数が減るが、水圧で心臓に戻る血液が多く、1回の収縮で送り出す血液量は増える。産総研の菅原順主任研究員は「この血液の動きが動脈を柔らかくしている可能性がある」と話す。  同地区に暮らす運動習慣がない女性でも、海女ほどではないが血管年齢が若い人がいた。菅原氏は「漁村部での食習慣の違いも影響しているのではないか」とみる。動脈が硬くなる原因は多岐にわたる。最初から「年だから」と諦めず、まずは血管年齢を知り、医師と相談のうえで自分の生活習慣の改善にもつなげたい(山本優)。




*有酸素運動、継続的に
   体と動脈の柔らかさ連動

  多くの人にとって血管をしなやかに保つには、一定強度の有酸素運動が効果的とされる。ただ、運動しても短期間でやめては動脈の硬さを示す値が元に戻るという研究もあり、継続性が大事だ。筑波大の前田清司教授は「2000年以降、生活習慣が動脈の硬さに影響することが分かってきた」と話す。同教授らの研究では、ウオーキングやジョギングなど有酸素運動に定期的に取り組んだ中高齢者は動脈の硬さの値が下がった。有酸素運動は酸素を十分に取り込みながらする運動で、体への負担はそれほど大きくなく、比較的長い時間続けられる。若者でも効果があり、高齢者は軽い運動でも動脈が柔らかくなった。

  ただ1カ月も運動しないと元に戻った。運動の機会が多いほど動脈は柔らかく、高齢者の場合は体の柔軟性も動脈の柔らかさにつながる。高齢者にとって筋力トレ仁ニングは転倒防止などに有効だが「高強度の筋トレはやり方によっては血管を硬くしてしまう」 (前田教授)。筋トレをするなら最初にやり、次に有酸素運動をするのが効果的という。食生活では全体のカロリーを抑え、乳製品が含むうクトトリペプチドや、ウコンの主成分クルクミンなどの摂取が有効とされる。食塩や喫煙、肥満などは悪影響をもたらす。健康を保つには運動と食生活の改善を同時に進めるのがいい。






2016-07-31・・・日経より引用
●補助人工心臓で社会復帰
    保険適用や小型化進む

  重い心臓病の患者が補助人工心臓の手術を受けるケースが増えている。血液を循環するポンプを体内に入れて心臓の働きを補う治療で、従来に比べて機器が小型になったうえ治療にかかる費用も保険で賄われるようになってきたからだ。心臓移植を受けるまでの「橋渡し」としての役割だが、移植を待つ間も退院して社会生活に復帰できるようになってきた。

  「病気になる前の20歳のころのように体が元気になりました」大阪府内に住む高木光嗣さん(38)はこう笑顔で話す。2年前に補助人工心臓の手術を受けて体調が急速に回復したからだ。高木さんが体の異変に最初に気づいたのは24歳のとき。胃の痛みや手のむくみなどの症状が現れ、思うように寝られなくなった。病院で診てもらったところ、重い心臓病である拡張型心筋症だった。その後、投薬治療で10年以上入退院を繰り返していたが、症状が悪化したため国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)で補助人工心臓の移植手術を受けた。

  高木さんが手術を受けたのは「植え込み型」の補助人工心臓。心臓の近くに血液を送る小型のポンプを入れ、体外から電気を送りポンプを動かす。激しい運動ができなかったり介護者がいつも近くに居てもらったりする不便はあるものの退院して自宅で生活できる。高木さんも退院後、病気になる前から勤めていた中古車販売会社に戻り、在宅勤務ながら営業をこなす。「補助人工心臓で命が救われ、仕事に復帰できました」と語る。現在は心臓移植を待っている。

  同センターの福烏教偉移植医療部長は「多くの患者が会社で働いたり学校に戻ったり社会生活に復帰している」と説明する。同センターで手術をうけた約60人は自宅などでリハビリし、そのうち約4分の1が会社や学校に戻った。心臓移植を待つ間でも一時的に復帰できるようになったのは、機器が小型になり持ち運べるようになったからだ。補助人工心臓は主に、体の外にポンプなどを置いて体内に差し込んだパイプで血液を送る「体外設置型」と、体内にポンプ本体を移植して外部から電気を送り駆動する植え込み型がある。

  従来は体外設置型が多く、退院して社会生活に復帰するのは難しかった。現在、植え込み型で保険が適用されている機器は主に4種類あり、手術にかかる数千万円の治療費について患者の負担はほとんどない。これらの機器の適用が始まった11年から、手術の補助人工心臓で社会復帰件数は急増している。国内で手術を受けられる病院は専門医でつくる委員会が認定した北海道大学や東京大学、琉球大学など約40施設。患者の登録を受け付ける医薬品医療機器総合機構によると、10年6月から10年4月までに補助人工心臓の手術を受けた患者数は628件。このうち植え込み型が515件と8割以上を占める。患者は男性が全体の約8割。年齢層は子どもから高齢者まで幅広く、30代から50代までの働き盛りが最も多い。

  手術を受ける患者は、心筋が硬くなって血液を全身に送る左心室などの働きが悪くなる拡張型心筋症の患者が多い。症状が進むと命を失う恐れもあり、根本的な治療には心臓移植が必要だ。15年に脳死者から心臓移植を受けた患者のうち、約9割が移植前に植え込み型を着けていた。補助人工心臓が脳死移植までの「つなぎ」になっている。手術の2年後の生存率は最も使われる植え込み型で90%程度。人工心臓の研究開発を手掛ける国立循環器病研究センターの巽英介人工臓器部長は「日本は手術後の管理が優れているので米国に比べて生存率は高い」と説明する。

  米国は85%程度とされる。心臓移植を待ちきれず命を落としてしまうケースもある。補助人工心臓の問題としては、ポンプなどの不具合や感染症、血管が詰まる血栓などがある。感染症ではおなかから電源コードなどを挿入する部分で感染が起きるケースがある。うまく働かない場合には補助人工心臓を取り換えたりする再手術を受けることもある。巽部長は感染を防ぐような生体適合材料の開発も進めている。

  補助人工心臓を心臓移植までのつなぎだけではなく、寿命を迎えるまでの終末期医療として利用する取り組みも進む。国内で補助人工心臓を保険適用で受けられる患者は脳死心臓移植の適用者に限られ、65歳以上は対象外だ。ところが米国では65歳以上でも広く使われ、心臓移植を受けなくても寿命を迎えられる患者も増えている。米国では補助人工心臓の手術を受けてから10年以上生き続けている患者もいるという。

  国内でも補助人工心臓の対象を65歳以上にも広げる臨床試験(治験)が10月にも始まる。東大や九州大学、国立循環器病研究センターなどが参加し、効果を確認して早ければ18年の保険適用を目指す。将来は腎臓が悪化した患者が治療を受ける人工透析のように、補助人工心臓が寿命まで使える医療機器になる可能性もある。(竹下敦宣)




*脳死臓器移植進まず    再生医療で研究成果
  補助人工心臓の手術が増えているのは、脳死者からの臓器提供が進まず移植をしばらく待つ必要があるからだ。日本では1997年に臓器移植法が施行し、脳死者からの臓器移植ができるようになった。ただ当初見込んだ移植件数には届いておらず、移植を待つ患者の期待にこたえられていない。法施行後、脳死者から心臓移植を受けた患者は2016年7月22日までで286人。法施行後は年間10例前後だったが、10年に本人の意思が確認できなくても家族が承諾すれば提供が可能になり、件数は年間40件を超えた。

  それでも心臓移植の待機患者は約500人を上回り、移植を受けられず命を落とす患者も少なくない。国内で脳死移植が増えない理由は、脳死判定にかかる複雑な手続きや脳死を巡る倫理的な問題が背景にあるとされる。移植医は国内で脳死になる患者数から推定すると、潜在的には移植件数は年間1千件は可能だとみる。ただ最近は患者本人や家族が脳死判定にもつながる延命治療を嫌う傾向もあり、今後大幅に増えるのは難しいとみられる。重い心臓病の治療では、i PS細胞などを使った再生医療で研究成果も出始めている。難病患者を救うと期待された脳死心臓移植は、曲がり角を迎えている。






2016-07-**
●脳卒中の備え








2016-08-13・・・日経より引用
●水虫、種類に合わせ治療を
    市販薬の前に専門医に相談
    塗り薬は1カ月以上、足の裏全体に

  日本人の4~5人に1人が悩んでいるともいわれる水虫。夏は汗で蒸れて症状が出やすい時期だ。菌に対する間違った知識や自己流のケアがもとで悪化したり、長引いたりする人が後を絶たない。また、よく似た症状を水虫と勘違いしているケースも少なくないという。水虫の種類とそれぞれの正しい治療法や予防法をまとめた。

  足の指先や足裏がかゆいと水虫を疑う。水虫の正体である真菌に詳しい仲皮フ科クリニック(埼玉県川越市)の仲弥(わたる)院長は「水虫だと思い受診する人の約半数が湿疹やかぶれなどの場合が多い」と話す。専門医でも見た目では判断が難しいことも。顕微鏡で白癖(はくせん)菌がいるかどうかで診断する。白癖菌とはカビ(真菌)の一種。水虫は白癖菌が皮膚の表面の角質に繁殖して起こる感染症だ。足や爪に感染、それぞれ足白癖や爪白痴と呼ぶ。足の場合、3つのタイプがある。

  指の間にできる址間(しかん)型、水ぶくれのようなものができる小水庖(すいほう)型、皮膚が硬くなる角質増殖型だ。かゆみや痛みを伴うのは址間型と小水短型。これらが慢性化すると角質増殖型に移行することが多い。ただ「角質増殖塾はかゆみがないため、単なるかかとのガサガサだと思っている人もいる」と、帝京大学医学部付属溝口病院(川崎市高津区)皮膚科科長の清佳浩教授。「冬になるとかかとが割れるという人は、今の時期に顕微鏡で水虫かどうかを調べてもらうといい」 (清教授)

*入浴後が効果的
  水虫の治療には、白辟菌を死滅させる抗真菌薬の塗り薬や飲み薬を使う。近年はテルビナフィンやブテナフィンといった、医療機関で処方される抗真菌薬と同じ成分を含む市販薬が薬局でも手に入る。そのため、皮膚科を受診せず、市販薬で治そうとする人も多い。そこで注意したいのが、種類と治療薬の選択だ。清教授は「自己判断で市販薬を使うと、症状を悪化させることがある」と指摘する。例えば「址間型の場合、ジクジクした症状があるときに抗真菌薬を使うと、かぶれや二次感染を起こすことがある。まずはステロイド剤などで乾燥させてから治療する」(清教授)。市販薬を使ってから受診すると、顕微鏡でも白癖菌が確認できず、正しい診断の妨げになることもある。

  白癖菌が爪の奥に潜む爪白癖は、飲み薬を使って体の内側から治す治療法がメーンとなる。現在は塗り薬も2種類あるが、いずれも医師の処方が必要になる。「市販薬も正しく使えば効果が期待できるが、自身での見極めが難しい。まずは皮膚科の専門医に診てもらうことが完治の近道」(仲院長)塗り薬は正しく塗ろう。インターネットを通じて医薬品情報を提供する「お薬Q&A FiZZ-DI」の薬剤師、児島悠史さんは「薬は症状のある部分だけでなく、両足の指の闇から足の裏全体に塗る。1日1回、皮膚が清潔な入浴後に使用すると効果的だ」と話す。1回に片足に塗る量は、チューブ入りの薬なら人さし指の第一関節分が目安。「10g入りチューブなら、1カ月で3本程度を使う」(児島さん)

*職場でサンダル
  薬を使い始めかゆみなどの症状が治まると治療を自己判断でやめてしまう人が少なくない。「症状が治まっても白癖菌は残っている。完治には角質が新しくなるまで最低でも1カ月は薬を使い、菌を完全に退治する必要がある」 (児島さん)。医師に相談しながら根気よく治療を続けよう。そもそも水虫にならないためには、どうすればいいのだろう。何よりも、白癖菌が繁殖しやすい高温多湿の環境を作らないこと。職場ではサンダルに履き替える、同じ靴を続けて毎日履かない、自宅では素足で過ごすといった工夫が有効だ。

  「足の指が離れる五本指ソックスを履くのもおすすめ」 (伸院長)そして、足を清潔に保とう。入浴時にはせっけんを泡立て、手の指を使って、足の指の間から足裏全体を丁寧に洗う。「かかとがガサガサするからといって、軽石でこするのは禁物。傷がついて感染のリスクが高まる」(清教授)という。水虫は家族からうつるケースが最も多い。次いで、ジムや温泉など不特定多数の人が素足で歩く場所。ただし「床に落ちた白癖菌を踏んでも、毎日きちんと足を洗えば予防できる」 (仲院長)それでも水虫になってしまったら、しっかり治療を受け、周りの人にうつさないようにしよう。(ライター田村 知子)




*頭や顔、首などで発症する菌も  頭や顔、首などの体にできる水虫にも注意したい。「新型水虫」と呼ばれるトリコフィトン・トンズランス菌は皮膚に接触することで感染する。「2000年あたりから
国際交流のある格闘技選手の感染が目立ちはじめ、今は一般にも広まっている」 (清教授)。ネ
コなどのペットからうつるのがミクロスポルム・カニス菌。「最近はネコカフェで感染するケースも見られる」 (仲院長)いずれの菌も毛を好み、毛穴の奥に侵入しやすい。「頭部に感染すると脱毛、体では赤い綾取りのある輪状の発疹ができるのが特徴」(清教授)。感染かもしれないと思っ
たら、皮膚科専門医を受診しよう。






2016-08-21・・・日経より引用
●病理診断、取り違え防げ

  千葉県がんセンター(干葉市)で昨年12月、別の患者の検体と取り違えて乳がん患者の乳房を誤って仝摘出した事故では、検体を取り扱う病理部門の脆弱な体制が浮かび上がった。「人ごとではない」。病理医の不足に悩む病院は多く、危機感は強い。学会は初めて取り違え防止のためのマニュアルを作成。大学病院が他の病院の支援に乗り出すなど、改善を模索する。千葉大病院(干葉市)の病理部の一室。内視鏡や手術で患者から採取した組織の一部が入った小瓶が並ぶ。それぞれに貼られたラベルには、患者の氏名などが手書きされている。顕微鏡による病気診断のため検体を処理して作製する「病理標本」でも、臨床検査技師による手作業が多い。

*診断件数は増加
  病理診断は地道でマンパワーが必要だが、同病院の病理医はここ数年で5人ほど減った。病理部長の中谷行雄教授は「経営が厳しい中では増員はなかなか難しい」と顔を曇らせる。.そうした中で千葉県がんセンターでの検体取り違えの事故が起き、経営側とは増員を交渉中だ。「大学病院に求められる『高水準の医療の提供』のためにも、現状には危機感を持っている」 (中谷教授)同センターは昨年10月に30代の女性患者の乳房に針を刺して組織を採取し、がん細胞を調べた。同じ日の検査で別の50代の患者を乳がんと診断。この検査結果と取り違えて12月、30代患者の右の乳房を全摘出した。同センターの事故調査委員会は検体を採取後、専用容器に入れるまでの過程で起きた可能性が高いとする報告書を公表。

  問題が起きた背景として、がん患者の増加などで2014年の病理診断件数が05年比で2倍以上に増えたにもかかわらず、人員不足が放置されてきたことを問題視した。厚生労働省の調査によれば、同じ期間にがんを中心とした病理診断は全国で約8割増えた。「全国の病理部門に共通した問題」。事故調査委はこう指摘した。日本病理学会の深山正久理事長は「学会も責任を持って取り組まねばならない」と話す。7月に「病理検体取り扱いマニュアル」を公表。取り違え防止に向け▽ラベルには患者名をフルネームで記入、IDも加えるなど2つ以上の情報を記入する▽検体が検査室に送られてきたらその場で搬送者とともに1検体ずつ確認する▽患者が異なる複数の検体を同時に扱わない-よう求めた。

*若手育成も課題
  人材不足の解消は容易ではない。「専門医は少なくとも3000人必要だが、現状は2300人にとどまる」 (深山理事長)。昨年5月時点の分析では、年齢別で専門医が最も多いのは50~54歳。特に若手が足りず、地道な育成が課題だ。そうした中でいかに診断体制を強化するか。情報通信技術(ICT)に活路を求める動きが出ている。7月下旬、長崎大病院(長崎市)の福岡順也教授は大腸がんが疑われる患者の組織の画像をパソコンで眺めていた。「腸結核の可能性もあるな」。無料インターネット通話「スカイプ」を使って、画像を送ってきた兵庫県立淡路医療センター(兵庫県洲本市)の若手病理医に助言した。こうした病理診断の遠隔支援は「デジタルパソロジー」と呼ばれる。

  福岡教授は教え子がいる同センターへの支援を昨年1月に開始。今年6月には、五島中央病院(長崎県五島市)など病理医不足に悩む地元にも支援を広げた。期待される効果はこれにとどまらない。診断に使う標本はサーバーに保存するため、患者を担当した女性病理医が産休・育児休業中でも、自宅にいながら診断を巡る会議に参加できるようになった。現場とのつながりを保ち、休業後に復帰しやすくなったという。病理医が他病院の症例にも携われば、幅広く経験を積むこともできる。福岡教授は「若手の関心が高まり、人材が集まりやすくなるのではないか」と期待する。同様の取り組みは東京大病院(東京・文京)などでも始まっており、日本病理学会は遠隔支援の指針を11月にも決定し、普及を後押しする考えだ。(辻征弥、亀真奈文)




*診断効率化へ機器開発急ぐ
  医療機器メーカーは病理診断を効率化できる機器開発を急ぐ。サクラファインテックジャパン(東京・中央)はがんの確定診断などに欠かせない「病理標本」を円滑に作製できる装置を昨年12月に製品化した。がんを発見しやすい標本を作るには、がん細胞を含む組織から脂肪や水分を取り除く必要がある。従来は除去のための薬液補充は手作業だったが、新装置では自動化。臨床検査技師らの負担を軽くした。価格は1台約600万円からで約60台を病院などに納入した。子宮頸(けい)がんを素早く検査できるシステムを開発したのはシスメックス。細胞のDNA量を比較し、正常な細胞とがんが疑われる細胞を見分ける仕組みだ。病理医が1日に検査できるのは100人程度とされるが∵200人に対応できるようになるという。今後、保険適用を目指す。





                         
2006-06-30発行                                2007-02-10発行                                    2006-12-10発行