サブページに戻ります
健康・病気の過程[04]
18
 
*健康・病気・

2013-09-29・・・日経より引用
●体のSOS、爪でチェック
    反り返る、鉄分不足で貧血
    内側に湾曲、靴が足締めつけ

  爪は健康状態を知るためのバロメーターといわれ、体の異変を知らせてくれることがある。形や色が変わったら、自分の体に目を向けるきっかけにしたい。場合によっては医療機関を受診することも考えよう。

  都内に住む会社員のA子さん(24)は爪が割れやすいことで悩んでいた。すぐに先が割れ、薄くはがれることもしばしば。カルシウムのサプリメントを毎日飲んでみたが、いっこうに改善されな
い。爪が反り返ったように伸びてきたため病院を訪れると、重度の貧血が原因だと診断された。「スプーンネイル」と呼ばれる爪の形態異常で、鉄分不足が主な原因だった。A子さんは鉄分を多く
含んだ食事や薬の処方で症状を改善できた。ただスプーンネイルでも、胃潰瘍や大腸がん、子宮筋腫などによる出血が原因のケースもある。


*過去の異常知る
  爪の主成分はカルシウムではなく、髪や皮膚と同じたんばく質だ。複数の指の爪に同時に色や形の異変が見られる場合は、体内で何らかの異常が起きている可能性が考えられる。手の爪は1日に0・l㍉㍍程度伸びる。足はそれより遅い。すべて生え替わるには通常、半年以上かかる。このため「爪の状態で過去の異常が分かることも多い」と野田弘二郎・神楽坂 肌と爪のクリニック院長は話す。代表例が複数の爪に一条の横線ができる「ボー線条」だ。横線の形は大きくへこんでいたり少し段になっていたりする。

  原因としては、精神的・肉体的なストレスにより一時的に爪の発育が止まったケースや、感染症などによる高熱の影響で爪が一時的に作られなくなったケースなどがある。「特に今年は夏に大流行した手足口病による高熱が原因とみられる相談を多く受けている」 (野田院長)このほか症例は多くないが、指先が丸くなって太鼓のばちのような状態になっていると、呼吸器などの異常が考えられる。爪が反っていたり白っぽかったりすると肝臓や骨髄に、爪の先が茶色くなっていると腎臓などに異常があるかもしれない。体調の変化だけではない。爪が内側に異常に湾曲していく「巻き爪」は足の爪に多くみられる症状だ。先天的な場合もあるが、足を締め付けるような靴をはいたり歩き方が意かったりするとなりやすい。




*早めに皮膚科へ
  そのままにしておくと、爪の両端が皮膚に刺さって化膿(かのう)してしまうケースもあるので、早めに医療機関を受診した方がよい。よしき皮膚科クリニック銀座の吉木伸子院長は「ワイヤで固定する矯正や、トレーニングを通じて歩き方を修正することで対処できる」と話す。若木院長によると、先のとがったヒール靴だけでなく幅の広い靴も足が前にずれて当たり、巻き爪になりやすい。長時間履くのはすすめないという。

  爪が黒く見える「爪下出血」は、ドアに爪を挟んだり何かにぶつけたりして、爪の中に血がたまっている状態だ。多くの人が一度は経験したことがあるだろう。放っておいても白然に治るが、爪の中の血の塊が大きいと強い痛みが出ることもある。この場合は「爪に穴を開け、血を抜くことで圧力を下げる治療を受けた方がよい」と野田院長は指摘する。爪を長く伸ばしたり、つけ爪をしたりする際も注意が必要だ。その状態でパソコンのキーボードをたたく、水仕事をするといった生活を続けていると、爪の先がはがれ皮膚との問にすき問ができる「爪甲剥離」になりやすい。

  「つけ爪やマニキュアを外してはじめて気づくという人もいる。慢性化すると元に戻らなくなる」 (吉木院長)細菌が異変をもたらす例もある。爪と皮膚の隙間に緑膿(りょくのう)菌が増殖すると、爪が緑色に変わってしまう。白癖(はくせん)菌の場合は、爪がひび割れてポロポロになる。必要以上に心配することはないが「異常を感じたら、早めに皮膚科などに相談してほしい」と専門家は口をそろえる。健康状態を知るヒントとなる爪を日ごろからチェックする習慣を付けることが大切だ。(高田倫志)






2013-10-27・・・日経より引用
●鉄分、過剰も不足も弊害
    貧血の原因に胃腸障害の恐れ
    自己判断は要注意

  重要なミネラルの一種である鉄分。不足すると貧血の原因になることがよく知られ、特に幼児や妊婦、高齢者では要注意といわれる。だが、逆に過剰でも胃腸障害などの恐れがあり、バランスが大事だ。安易に自己判断してサプリメントなどで補給すると過剰摂取の可能性があると専門家は指摘する。鉄分は赤血球を構成するヘモグロビンの材料で、体中に酸素を運ぶのに欠かせない。また筋肉や体内の様々な酵素にも必要だ。このため鉄分が不足すると様々な影響が出る。赤血球やヘモグロビンが減り、鉄欠乏性貧血になる恐れがある。倦怠(けんたい)感やツメの異常などにつながる場合がある。運動機能や免疫の働きの低下、イライラや集中力低下などの可能性もあるとされる。


*うつ状態と関係も
  体内で鉄分は牌臓(ひぞう)や肝臓、骨髄などに貯蔵されている。鉄分が必要になると貯蔵分から補給される。このため鉄分が減り始めてすぐではなく、貯蔵が尽きてから貧血になる。血液中のヘモグロビン量を調べても貯蔵量は分からないが、血液中のフェリチンという鉄分とたんばく質からなる物質の濃度が貯蔵量の指標になる。フェリチンは男女差が大きく、一般に女性は男性よりも少ない。女性だけでみると閉経前が少なく、閉経後に増加する。フェリチンが通常より少ない人は潜在的な貧血の可能性がある。

  うつ状態との関係も指摘されている。国立国際医療研究センターの溝上哲也・臨床研究センター疫学予防研究部部長らの研究によると、男性はフェリチン濃度が低いと、抑うつ度合いが高い傾向がみられた。フェリチン濃度で4グループに分けて比較、最も少ないグループの抑うつ度合いは最も多いグループの2・88倍だった。女性は傾向がはっきり出なかった。逆に、鉄分が多すぎると便秘や胃腸障害などを起こすことがある。加えて、国立がん研究センターなどが今年6月に発表した調査結果では、牛や豚の肉を多く食べる男性は糖尿病の発症リスクが高いことが分かった。摂取量で4グループに分けたところ、最も多いグループは最も少ないグループよりリスクが約4割高かった。

  女性は関連がみられなかった。原因の一つとして赤身肉に豊富な鉄分が考えられた。また溝上部長らはフェリチンと、値が高いほど糖尿病になりやすい「インスリン抵抗性」の関係を調べた結果を、今育発表した。20~60代の男女約500人を対象に、フェリチンで3グループに分けて比較、男性は多いグループほどインスリン抵抗性が高かった。これも女性では差がみられなかった。遺伝子に損傷を与える酸化ストレスとも関係がみられる。別の研究で「フェリテンが多いほど酸化ストレスが多いという、きれいな右肩上がりの傾向になった」と溝上部長は話す。鉄分は不足でも過剰でも様々な悪影響の可能性があり「バランスが難しい栄養素の一つだ」と指摘する。




*基本は食事で取る
  国立健康・栄養研究所の梅垣敬三・情報センター長は「不足している人が鉄分を摂取することで有益な効果があるのは明確」としながらも、過剰摂取への注意も促す。通常の食事だけならほとんど心配ないが、治療用の鉄分の服用で過剰になる場合がある。特に小児や乳児が医療関係者の助言を受けずに治療用鉄分やサプリメントから摂取すると、急性鉄中毒になる可能性があるという。これは重度の臓器障害や死につながる恐れがある病気だ。大人がのんでいるものを誤って子供がのんでしまう例があるという。また「消費者が自己判断して鉄分を治寮目的で摂取すると、過剰になる可能性がある」と梅垣センター長は指摘する。

  例えば自分は貧血なので鉄分不足と判断し、病院に行かないまま摂取を始めるケースだ。貧血の原因は摂取不足とは限らず、潰瘍などからの出血の場合もある。自己判断では、おおもとの病気の受診・治療の機会を逃す恐れがある点でも問題だ。「基本は食事から取ること」(梅垣センター長)。食べ物の中の鉄分は肉などに含まれるヘム鉄と植物性食品に含まれる非ヘム鉄があり、ヘム鉄の方が吸収率が2~3倍高い。またビタミンCは鉄分の吸収を促し、お茶に含まれるタンニンなどは逆に阻害する。細かく考えると難しいが、いろいろな食材から取ることが大切という。医師や薬剤師、管理栄養士など健康医療関係の専門職から鉄分不足といわれたら、助言にしたがい食事を改善したり、サプリメントを摂取したりするとよいだろう。(編集委員 賀川雅人)






2016-01-23・・・日経より引用
●心拍の揺らぎを知ろう
    飛ぶ脈・極端に遅い脈は要注意
    息吐くとゆっくりリラックス

  昼も夜も動き続ける心臓。生涯の心拍数は20億回にも上るという。時計のように規則正しいリズムを刻んでいると思うかもしれないが、心拍のリズムは、実は微妙に揺らいでいる。よく揺らぐのは、むしろ健康なあかしだという。なぜ心拍は揺らぐのだろう?心臓の働きぶりと、健康を保つコツを知っておこう。通常、大人の心拍数は、安静時で1分間に60~70回程度。「平均すると1秒1拍ぐらいだが、心電図の検査で精密に測ると、実は0・9〜1・1秒ぐらいの幅で揺らいでいる」とストレス医学が専門の名古屋市立大学の早野順一郎教授は話す。


*揺らいで休息
  精度が低くてバラついているわけではない。心拍の揺らぎは、体がそうしようと自ら作り出す現象だ。「呼吸と連動して揺らぐのが代表的なパターン」と早野氏。息を吸った時に若干早まり、吐いた時はペースダウンする。こういった変化をわざわざ生み出している。この揺らぎの目的は「休息」。心臓は心筋という筋肉の塊だ。拍動のたびに筋肉が収縮し、エネルギーが消費される。人間の1日の心拍数は約10万柏に上る。手足の筋肉と違って睡眠中も止まれない。休息といえば、拍動と拍動の間の僅かな時間だけ。

  ここで10分の1秒でも長く休み、疲労を回復させようとしているという。「息を吸った時は、肺の中の酸素濃度が高まる。酸素を取り入れるにはここが頑張り時。だが吐いた時は肺の酸素が下がる。このタイミングでペースを落とし、疲労回復を図る」 (早野氏)カエルからヒトまで、肺呼吸をする動物はすべて、呼吸に合わせて心拍が揺らぐ。幅広い生き物の体でこのメカニズムが採用されているのは、それだけ重要な意義があるためと考えられる。この現象は、医学的には「呼吸性不整脈」と呼ばれる。

  不整脈というとまるで病気のように聞こえるが、そうではない。呼吸に伴う「生理的な揺らぎ」。つまり体の正常な反応であって、心配はいらない。「むしろ、若くて健康な人はどよく揺らぐ傾向がある」と、循環器疾患が専門の藤田保健衛生大学の渡辺英一教授は話す。揺らぎの度合いは通常、10~20歳代がピークで加齢とともに減る。運動時や緊張時、ストレスを感じている時は揺らぎにくい。喫煙や飲酒をしても揺らぎが減る。そして心臓病や糖尿病になると揺らぎが激減。揺らぎが少ない患者ほど早く亡くなる傾向があるという


*自律神経と関係
  「心拍の揺らぎは、自律神経の働きと関連が深い。よく揺らぐのは、自律神経のバランスがうまくとれているサイン」(渡辺氏)。自律神経は、臓器や血管などの働きをコントロールする神経だ。興暫時に働く交感神経と、リラックス時に働く副交感神経があり、両者がバランスよく働くのが健康な状態だとされる。早野氏は「心拍揺らぎには、病気になる一歩手前の段階、いわゆる〝未病〞の状態が反映される」という。つまり、呼吸とともにうまく揺らいでいれば、自律神経もうまく働いている証拠。揺らがなくなれば、体の調節機能や回復力が落ちてきている証拠で、健康かどうかの指標になる。

  一方で、同じ不整脈でも心臓や肺、由状腺などの病気を疑ってみる必要のあるものもある。脈が急に速くなる「頻脈」、極端に遅くなる「徐脈」、脈が飛ぶ「期外収縮」だ。これらは心拍の揺らぎとは区別する。自分の心拍は揺らいでいるかどうか正確に測定するには、心電図か耳たぶや指先にクリップを当てて脈をとる検査が必要だ。「心拍変動検査」「自律神経機能検査」などと呼ばれ、主に心臓の病気や心身医療の診療で使われているほか、人間ドックでもメニューを準備している場合がある。人によっては、自分でわかることも。

  就寝前などのリラックスした時間に、ゆっくり呼吸しながら手首の脈を取ってみよう。吐くときにちょっと脈が遅くなるのがわかるかもしれない。これは大まかなチェックなので、揺らぎが感じられなくても心配はないが、はっきり感じられた人は、毎日同じ時間に確認していれば、ストレスや疲労の目安になるだろう。よく揺らぐ健康な心臓をキープするのに大切なのは、まず休息。「心拍は、体が休んでいるときに揺らぎやすい。まずはリラックスタイムの確保を」 (早野氏)。また、運動も重要。オンとオフのメリハリある生活が大切なようだ。(ライター北村 昌陽)




*振れ幅大きいほど健康?
  現代の健康観のベースには「ホメオスタシス(恒常性維持)」という考え方がある。血圧や体温といった体の状態を一定に保つ働きのことで、値が標準的な範囲に収まっているのが健康、範囲を超えたら病気と考える。一方、心拍格らぎの話は、「振れ幅が大きいほど健康」という発想。こういう考え方を「アロスタシス(動的適応能)」と呼ぶ。例えば運動時には、血圧や心拍数が高まり、休むと速やかに下がる体の方が健康だととらえる。アロスタシス的な健康評価はあまり普及していないが、今後心拍揺らぎを測る装置などが広まれば、健康のとらえ方が変わるかもしれない。






16-06-26・・・日経より引用
●股関節痛っ!!
    減る軟骨 中年女性ご用心
    まず減量を・・・
    悪化なら人工問節手術

  日常生活に支障を来すほどの股関節の痛みに悩まされる中高年は多い。医師は減量や軽い運動に取り組んで症状を和らげる保存療法を勧めるが、痛みがひどくなれば早めの手術も選択肢に入ってくる。

  50歳代の女性のAさんは、スポーツクラブでジョギングの最中に右脚の付け根に痛みを覚えた。そのうち、歩くどころか寝ているときも我慢できないほど痛むようになり、近くの整形外科医を受診した。Ⅹ線検査をした医師はAさんに迷うことなく「変形性股関節症ですね」と告げた。変形性股関節症は股関節の軟骨がすり減り、脚の付け根が痛んだり関節が動く範囲(可動域)が狭くなったりする病気だ。初期段階では関節の隙間が狭くなり、軟骨に凸凹が生じる。進行期に入ると軟骨が著しく減り、強い痛みを覚えるようになる。末期では軟骨がほぼ消失し、関節が動かなくなる。

  主に発症するのは40~50代だが、30代も珍しくはない。国内の患者数は200万~300万人と推定されており、女性が約8割を占める。とくに日本人女性の多くは生まれつき骨盤のくぼみが浅く、加齢に伴って股関節が変形しやすい。中高年が以前に比べて敵しいスポーツをすることも原因のひとつという。股関節の変形をもたらす大きな原因は肥満で、保存療法はまず減量が重視され
る。神奈川リハビリテーション病院(神奈川県厚木市)の杉山肇院長は「片足で立つと体重の3倍の負荷が股関節にかかる。歩くと着地時の衝撃も加わって10倍にもなる。1㌔でもいいから減量に取り組む必要がある」と強調する。

  軽い運動で筋力をつけて股関節の負担を減らすことは効果的とされる。例えばあおむけに寝た状態で、膝を立てて骨盤をねじったり、足を開閉したりする。いすに座ったときにおしりを左石に振ったり揺すったりする。立って太ももやもも裏をゆっくりと伸ばすといったメニューがある。また日常生活の工夫でも負担を減らせる。順天堂大学練馬病院(東京・練馬)の野沢雅彦教授は「痛みを誘発するような姿勢をとらないようにすることが大切」と指摘し、なるべくしゃがまないようにする、低いいすや柔らかいソファは避けるといったことを勧め
ている。

  大ただこうした方法で対応しきれないほど悪化すると、手術に踏み切らざるを得ない。股関節周辺に小さな穴をあけ」関節鏡という器具を使って損傷部や軟骨のかけらを取り除く関節鏡手術や、変形した骨を切ってずらすなどして整える「骨切り術」が以前から知られている。最近増えているのが人工関節に置き換える手術だ。対象は進行期から末期の症状を持つ50代以上が主とされていたが、日産厚生会玉川病院(東京・世田谷)の松原正明股関節センター長は「30~40代の患者が置換手術を望むようになった」という。

  材質の改良で長持ちすることが分かってきたからだ。人工関節は種類やサイズが豊富で身体になじみやすく、骨切り術より短期間で社会復帰できる利点がある。専用のロボットを使って傷痕が目立たない手術をする病院が増えている。それでも手術をするからには、細菌による感染や人工物で不具合が起きるリスクもある。痛みはすぐにとれるが、可動域は広がらないという。症状や年齢をよく考えて、最適な治療を見極めることが望ましい。(池辺豊)






*強度向上「30年持つ」   日常生活に支障少なく
*長持ちするようになった人工関節

  人工関節の耐久性が上がっている。今世紀の初めごろは置換手術後「20年は持たない」とされていたが、ここ数年は「30年は持つだろう」といわれ始めた。チタン合金製の半球がはまる受け皿に使う高分子材料の強度が飛躍的に増し、こすれても減りにくくなった。英国やオーストラリアは置換手術の記録を残しており、ウェブサイトでも確認できる。再手術の症例が着実に減り、人工関節が問題なく機能し、日常生活が送れていることがうかがえる。

  日本での置換手術は股関節だけで年間約7万件にのぼるという。こうしたことを受け、厚生労働省は2014年春、これまで置換手術を受けた患者に自動的に交付してきた身体障害者手帳を、予後に応じて交付する方式に改めた。手術からおおむね半年後に受診した際、医師が筋力と可動域、歩行能力を調べて判断する。正常であれば手帳を交付しない。






2016-07-03・・・日経より引用
●水俣病のナゾ今なお
    脳や胎盤侵人後を解明へ

  公式発見から約年が過ぎた水俣病はいまだに発症の仕組みが解明されていない。長年の研究で、原因物質であるメチル水銀が本来は有害物質を通さない脳や胎盤に侵入する仕組みなどはわかってきた。61年目に入った今、どこまで研究が進み、どのようなナゾが残されているのだろうか。日本の公害の原点ともいわれる水俣病研究の今を追った。

  水銀などの毒物は胎盤を通れないため、胎児には届かない--。水俣病が発見されたころ、医学界にはこんな常識があった。それを覆したのが熊本大学の原田正純医師(故人)だ。胎児性水俣病患者のへその緒を調べ、胎盤を通過して高濃度のメチル水銀が蓄積されることを突き止めた。水俣病は高濃度のメチル水銀に汚染された魚を食べた人が発症した。メチル水銀によって脳の中枢神経系や末梢神経が侵され、運動失調や視力、言語障害などの症状が出る。しかし、脳の毛細血管の細胞や胎盤で母親の血液と胎児の血液を隔てている細胞には「関門」があり、血液中の必要な栄養分だけを取り込んでいる。

  その関門を有害なメチル水銀がどうやってすり抜けるのか、大きなな謎だった。その後の研究ではっきりした。「体に必要なアミノ酸と間違えてしまって胎児や脳に届く」と国立水俣病総合研究センターの坂本峰至国際・総合研究部長は説明する。メチル水銀が体内に入ると、システインというアミノ酸と結合。メチオニンという別のアミノ酸とそっくりの構造をとる。メチオニンは人間に欠かせない必須アミノ酸と呼ばれる栄養素のひとつ。体の中でたんばく質を作るために必要で、胎児の発達や脳の に必要なアミノ酸と間違って働きに大きな役割を果たす。

 通過させてしまう。母親より胎盤や脳の関門はメチル水 胎児にメチル水銀が蓄積して銀とシステインの結合体を体 いるのは、胎児が育つために多くのメチオニンを必要とするためだ。一方で、関門を突破したメチル水銀が脳の神経細胞に影饗を与える過程は、まだナゾが多く残されている。メチル水銀の影響で増えた活性酸素が引き金になることはわかったが、具体的にどのようにして水俣病の症状を引き起こすのか、どうすれば防げるのかといった研究はこれからだ。造伝子レベルの研究で糸口は見え始めている。

  活性酸素が増えるのは、メチル水銀が必須元素の活性セレンを減少させ、たんばく質を合成する情報を伝えるメッセンジャーRNAが作られなくなるためだ。活性酸素が神経細胞に影響を与える過程や防御にかかわる遺伝子やたんばく質の候補も見つかり始めた。臼杵扶佐子臨床部長は「どの段階の障害に対して、何を使えば防御効果があるのか、一層の解明が必要だ」と説明する。水俣病はメチル水銀の摂取量に比例して症状が重くなるとは限らない。このことは従来の毒性学の常識と違っていた。

  ただ、大人と胎児ではメチル水銀の影響に大きな差があることはわかっている。ラットの実験では、胎児の脳が発達する時期によってメチル水銀の影響で障害が出る場所が違っていた。子宮にいる間ずっとメチル水銀にさらされれば脳の多くの場所で障害が出やすい。胎児の脳が発達する時期に神経のもとになる幹細胞が増えなくなり、影響が出てくる可能性がある。神経細胞では、細胞の中心から伸びて他の神経細胞とつながる軸索という部分がまずメチル水銀の影響を受ける。

  軸索の中の神経線経を伸ばす遺伝子「RaCl」の働きが抑えられ、神経が成長できずに死んでしまうためだ。RaClの働きを保つ物質が見つかり、水俣病の症状の改善に役立てる研究も始まった。水俣病の症状を保ったまま生き続けるラットを開発。このラットを使い「神経細胞が残っていれば軸素が回復できるかもしれない。その可能性を探りたい」と藤村成剛毒性病態研究室長は話す。メチル水銀の影響を受けやすい大脳皮質の機能を調べる脳磁計を使う研究もある。

  「磁気共鳴画像装置(MRI)でもわからないような異変を捉えられる」と中村政明総合臨床室長と説明する。発病の過程が詳しく解明されれば、高齢化が進む水俣病患者の治療につながる。それだけではない。多くの途上国で、鉱山周辺や工場排水による水銀汚染が問題になっている。排出された水銀が海底や川底でメチル化し、汚染された魚を食べる住民の健康被害が今後、大きな問題になる可能性がある。水俣病研究の成果は日本の国際貢献にも役立つはずだ。(小玉祥司)




*水俣病 …メチル水銀汚染、世界で続く
  メチル水銀による中毒症状で、手足の震えや運動機能・感覚のマヒなどが起こり、死ぬ場合もある。チッソ水俣工場(当時)の廃液に含まれるメチル水銀が魚介類を汚染、それを食べたことで発症した。生存している認定患者は2016年4月末時点で560人おり、認定を求めて訴訟中の患者も多い。水俣周辺では汚染の除去作業を終えたが、世界的にみればメチル水銀汚染は続いている。このため、世界規模で水銀の規制を目指す「水銀に関する水俣条約」が2013年に熊本県で開かれた国連の会議で採択された。日本は水俣病の悲劇をくり返さない決意を込めて条約名を提案した。






016-07-03・・・日経より引用
●血友病、血が止まりにくく出血繰り返す・新薬で負担軽減
    注射週4回から2回 体育の授業に参加できる

  ケガなどで出血したときに止まりにくい病気に血友病がある。血液を固めるたんばく質「血液凝固因子」が生まれつき足りない。手足で出血を繰り返すと関節が変形してしまう。退伝子の異常が原因で治ることはないが、たんばく質の補充で普段通りに生活できるようになってきた。たんぱく質が血中にとどまる時間を延ばす新薬が2015~16年に相次ぎ登場しており、投与回数が減るなど患者の負港軽減につながりそうだ。30代のAさんは、息子の手や膝に青あざが多いのを気にかけていた。1歳になって尻もちをついたとき、お尻に大きな血の塊ができた。慌てて小児科に駆け込んだ。血液検査の結果、「血友病A」と診断された。

  血管が傷つくと、ふつうは「血小板」という血液中の成分が集まって穴をふさぐ。次ぎに「血液凝固因子」が働き、傷ついた部分にふたをして出血が止まる。血友病のうち血友病Aは血液凝固因子の「第Ⅶ因子」が足りない。「第Ⅸ因子」が不足する「血友病B」もある。国内にはAが約5000人、Bが約1000人の患者がいる。大半が男性だ。血液凝固因子が体内で働かないほど症状が重い。重症の血友病患者では働く血液凝固因子が1%未満という。血液が固まらないと、筋肉や皮膚の下など様々な部位で出血を起こす。

  足や膝の関節で出血を繰り返すと、関節の内側にある膜に炎症が起こり、関節が変形してしまう。痛くて歩き方がおかしくなり、曲げ伸ばしも難しくなる。一度出血した関節は、出血を繰り返しやすい。転ぶなどしなくても体内で出血し、見た目には異常が分からない人も多いという。頭蓋内に出血を起こした新生児や乳児の8割超が重症の血友病だったとの報告もある。出血箇所や出血の量が多くなると頭痛や嘔吐(おうと)、けいれん、意識障害などが起こる。後退症も出やすい。

  治療は、病院や家庭で足りない血液凝固因子を注射する方法が一般的だ。出血したときにやる場合と、ふだんから予防のために投与「する場合がある。運動会や修学旅行、遠足などケガが心配な行事の前に注射したり、週に数回、定期的に補ったりと人によってやり方は様々だ。治療ガイドラインには3年前に定期補充療法が加わった。7割を超える重症の血友病Aの患者が定期補充している。どの方法や薬を選択するかは「患者のライフスタイルや状態で変わる。投与量や投与回数は個人によって異なる」 (荻窪病院の花房秀次理事長)。例えば子どもの学校生活を考えたとき、サッカー部と吹奏楽部の生徒では出血が起こる可能性が違う。

  薬は、ヒトの血漿(けっしょう)からできた成分と、遺伝子を組み換えて動物の細胞に作らせた成分の2種類がある。16年に登場した血友病Aに対する新薬は、従来の遺伝子組み換え成分を工夫し、血中で分解されにくくした。既存薬では週3~4回の投与が必要だったが、新薬は週2回ですむという。家庭での補充療法は乳幼児は両親が注射するが、患者の多くは小学5年生ごろになると自分で注射を打つ練習をする。スマートフォン(スマホ)や手帳で出血記録をつける。

  日本は先進国の中でも血友病の診断が遅れ、血液凝固因子の働きが5~40%未満にとどまる「軽症」は「ほぼ見過ごされている」 (花房理事長)。軽症の人では、生活習慣病を抱える40歳ごろを過ぎてから脳出血や消化管出血で重症になるリスクが高まるという。血友病を巡っては過去には、治療用に使っていた非加熱濃縮製剤によるC型肝炎やエイズの感染が社会問題になった。

  いまは、体に入れた血液凝固因子を異物として攻撃する患者自身の拒絶反応が問題になっている。異物がくると、免疫機構が抗体を作って追い出そうとする。止血の効き目が悪くなる。一度に大量の血液凝固因子を投与すると抗体ができやすい。定期投与で、免疫の攻撃を鎮めるという。新薬や投与法のノウハウが蓄積し、「今は出血がない人生が送れる時代になった」と花房理事長は話す。患者の生活も変わった。体育の授業を毎回見学していたころとは違い、柔道の授業にも参加できるようになってきた。

  病気への理解も進むが、社会の対応にはなお課題が残る。今も血友病患者の受け入れに慎重な保育園や幼稚園は少なからずあるという。万が一の出血に不安があるとみられる。このような場合、病院と保育施設が連携し、すぐに連絡が取れる体制を見て、患者を受け入れた例が参考になる。患者だけでなく周りも正しい知識を身につけてサポートしていきたい。(藤井寛子)




*患者のほとんどが男性
*女性に月経過多のリスクも
  血友病の患者はほとんどが男性だ。血液凝固因子に関わる追伝子が「Ⅹ染色体」にあるためだ。Ⅹ染色体は性染色体の一つで、Ⅹ染色体が2つそろうと女性、Ⅹ染色体とY染色体だと男性になる。Ⅹ染色体に異常がある男性や、異常なⅩ染色体を2つ受け継ぐ女性が発症する。遺伝子の異常は、両親から受け継ぐ場合もあれば、突然変異でなる場合もある。片方のⅩ染色体に異常がある女性は「保因者」とい一方のⅩ染色体が正常ならば、健康な人と同じと考えられてきた。

  ただ、近年の研究で保因者の約3分の1が月経過多や鼻血の多さ、産後出血を経験していることがわかってきた。保因者かどうかは家系調査や血液凝固検査のほか、追伝子の解析で診断できる。ただし、血液凝固検査は確定診断はできないという。保因者は血友病の男児を出産する可能性があるが、受精卵の遺伝子を調べる診断は認められていない。乳児が血友病の場合、お産のときに吸引分娩や甜子(かんし)分娩で頭蓋内出血を起こすリスクが高まる。より安全な方法として帝王切開を勧める医師もいるという。

  患者や家族、保因者の価値観や倫理観はさまざま。知る権利もあれば知りたくないという人もいる。遺伝子まで調べるかどうかは意見が分かれそうだが「自身の血液凝固因子の働き具合は知っておいた方がよい」 (国立病院機構大阪医療センタ1の西田泰治医師)と話す専門家もいる。






2016-09-11・・・日経より引用
●かかりつけ医根づくか
    日医が研修制度-税制など後押し
    総合力ある医師育成課題

  身近な診療所などで、どんな病気にかかってもまずは診てくれる「かかりつけ医」。時に往診もして患者の健康を管理し、自宅での療養を支える。国は普及に注力。4月に紹介状無しで大病院に行くと追加負担が必要になり、かかりつけ医がいる診療所の税制上の優遇も検討されている。ただ肝心の医師の育成という課題は大きい。欧州のように広く定着するだろうか。

  「夏休みでお孫さんが来て疲れたのでは?」。東京都板橋区の水野医院で、水野重樹院長が体のだるさを訴える顔なじみの高齢女性に語りかけた。25年間、地域のかかりつけ医を担ってきた。この時期、孫と旅行に行くなどして疲労がたまり、体調不良になる高齢者が多いという。症状を診て必要なら大病院を紹介。衣服の乱れなどから認知症が疑われれば家族や地域包括ケアセンターに連絡、対応を相談することも仕事の一つだ。「医療が高度化する中で交通整理するのが役割」と話す。かかりつけ医は様々な病気の診断や初期症状への対応が第一の役割だ。症状に応じ高度な病院に橋渡しするほか、介護が必要な患者のため日ごろから関連施設との連携も欠かせない。

  日本医師会と四病院団体協議会は
     ①何でも相談できる
     ②必要なときは専門医を紹介
     ③地域医療・保健、福祉を担う能力を持つ医師
--と定義する。日医の鈴木邦彦常任理事は「超高齢化社会では入院から自宅療養へのシフトが必要で、在宅医療の担い手としてより重要になる」と強調する。

*医療費抑制狙う
  普及が急がれる理由はそれだけではない。大病院は多くの診療科や高度な機器がそろうが、症状が軽い患者が集中すれば待ち時間が長くなるなど重症患者にしわ寄せがいく。医師や看護師などの負担も大きい。これらの緩和に加えて医療費抑制も期待される。多くの疾病を的確に診断できる医師がいれば、1つの病気で医療機関にいくつも通って似たような薬が処方されたり、同じ検査を受けたりするのを防げるためだ。

  「まずは診療所で受診」を促すため、4月の診療報酬改定で紹介状のない患者が大病院を受診すると、5000円以上の追加料金を取られるようになった。さらに厚生労働省は8月にまとめた2017年度の税制改正要望で、かかりつけ体制がある診療所の不動産取得税や固定資産税を軽くするよう盛りこんだ。かかりつけ医は英国やフランスなどが制度化。1948年開始と歴史ある英国では、居住地域の診療所からかかりつけ医を選ぶのが義務だ。そこを受診せずに大病院にはかかれない。「かかりつけ医は完全予約制で待ち時間がなく、必要なら次にどの病院を受診すればいいか選んでくれる」 (ロンドン在住の30代女性)

*欧州に後れ
  経済協力開発機構(OECD)によると、日本人は1人あたり年12・9回、医師の診察を受ける。かかりつけ医が定着する英国の5・0回、ドイツの9・9回に比べ多い。通院や検査の無駄を省くには、幅広い症状を診る「総合力」を持つ医師の育成が不可欠だ。日本ではこれまで専門医養成が重視され、こうした医師は限られた。日本医師会総合政策研究機構の14年8月の調査では、「かかりつけ医がいる」のは全体の53・7%にとどまっている。このため日医は4月、「かかりつけ医機能研修制度」をスタート。3年間で生活習慣病や認知症、緩和医療、リハビリなど様々な分野の研修会で計10単位を取得し、訪問診療や介護認定審査会への参加など実地研修も必要だ。要件を満たせば都道府県医師会から修了書などが発行される。

  ただ施策がうまく機能するとは限らない。複数の生活習慣病を持つ患者のかかりつけ医になれば収入が手厚くなる「地域包括診療科」。14年度に導入されたが、同年7月時点の届け出は全国122施設と医療機関の0・1%だった。18府県でゼロだ。診療所でも常勤医を3人置く必要があるなど条件が厳しいためで、今年4月の診療報酬改定で常勤医は「2人」に緩めた。誰もがいつでも自由に医療機関を選び受診できる「フリーアクセス」は国民皆保険制度の根幹で、英国のような義務化はハードルが高い。診療所へのインセンティブなどで体制が整うかは不透明だ。(奥田宏二)




*医師の偏在なお大きく

  かかりつけ医の普及には地域で医師を一定数、確保する必要があるが偏りは大きい。2014年末時点の人口10万人あたりの都道府県別医師数は全国平均で234人。京都府が308人で最も多く、東京都(305人)、徳島県(303人)が続く。

  一方で埼玉県は153人でこれらの半数にとどまり、茨城県(170人)や千葉県(183人)も少なかった。かかりつけ医を主に担う診療所の医師の高齢化も深刻になりそうだ。

  12年時点で診療所の医師5人に1人は70歳以上だ。厚生労働省は年内に「偏在対策」を打ち出す方針だが、日本医師会は強制力のある規制には否定的。どこまで実効性を確保できるかに注目が集まる。





                        
2009-02-19発行                                  2006-07-10発行                               2004-04-10発行
  *健康という病
私は、毎日、医療問題や健康に関する情報を流し続けている。人間は健康でなければいけないという風潮が、いつのまにか定着した。健康食品を食べ、健康補助薬を飲み、ちょっとでも変わったことがあれば、すぐ医者に行く。しかし人間ドックや健康診断の「要再検査」や、基準値や正常値は、何にもとづいているのであろうか。自己満足のスポーツ、食餌療法がどこまで意味のあるものか。さまざまな調査や医学的事実にもとづいて、新しい健康を考える。