サブページに戻ります
健康・病気の過程[07]
18

2015-04-25・・・日経より引用
●骨の鉄筋知ってますか!
    コラーゲン守り骨折を防ぐ
    ビタミン摂取と運動がカギ

  骨粗しょう症と聞くと、骨がスカスカになり骨折しやすくなる高齢女性の病気を想像する人が多いかもしれない。ところが、「骨密度(骨壷)」は高いのに骨折しやすい人がいることや、男性もなることが分かってきた。骨量に加えて大切なのが「骨質」だという。専門家は若いうちから骨を強くする食事や運動を取り入れてほしいと話す。

  骨粗しょう症は、骨の強度が低下し、ちょっとした転倒でも骨折しやすくなる病気だ。太ももの大腿骨が折れると痛くて歩くのも難しくなるが、実は気づかないうちに背骨がつぶれる圧迫骨折を起こすこともある。若い頃より身長が2cm以上縮んだ人の約半数に骨折が見つかると言われるが、痛みを感じず発見が遅れることも多い。


*要介護の原因に
  国内の骨粗しょう症の患者数は約1280万人とみられる。「要介護になり、自立した生活をおくれる健康寿命を縮めるリスクが高まる」と山王メディカルセンター・女性医療センターの太田博明センター長は話す。それでも「治療を受けていない人や継続しない人が多い」と嘆く。骨は生まれてから生涯を通じて新陳代謝を繰り返すことが知られる。破骨細胞と呼ぶ細胞が古い骨を壊し(骨吸収)、骨芽細胞が新しく作る(骨形成)のを繰り返す。

  骨吸収が骨形成を上回ると、骨がスカスカになる。骨の強さを決める要素は骨量と骨質の2つ。鉄筋コンクリートの建物に例えるなら、骨量がコンクリートで骨質が鉄筋と言われる。-骨量は主にカルシウムの量で決まる。保健所などで一定の年齢になると受ける骨密度検査はこの骨量を測る。ただ、近年は骨質も注目されるようになってきた。「骨密度は低くないのに骨折しやすいケースがある。

  骨質が影響している」と話すのは、東京慈恵会医科大学整形外科の斎藤充准教授。骨質とは主にたんぱく質の一種のコラーゲンの質のことを言う。コラーゲンは本来、柔軟性があるが、「体内の酸化や糖化によって劣化すると硬くもろくなる」(斎藤准教授)加齢や睡眠不足、暴飲暴食など良くない生活習慣が続くと、細胞を傷つける活性酸素が増える。さらに終末糖化産物と呼ぶ物質が増え、コラーゲンにべたべたつき、しなやかな構造を壊してしまうという。


*しなやかさ保つ
  強い骨にするには、骨量を増やしっつ、質を良くして、かたさとしなやかさとを備えた骨にする必要がある。骨量を増やすには栄養素を考えた食事が先決。「カルシウムは大人で1日800~1000㍉g欲しい」 (太田センター長)。日本人の1日あたりの摂取量は500mg程度にとどまる。吸収率が良い牛乳や乳製品などだととりやすい。カルシウムの吸収に必須なのがビタミンD。サケやイワシなど青魚に多い。ビタミンDは、日光に当たると皮膚でも合成される。地域や季節にもよるが、手のひら程度の面積を1日15分程度でも効果は期待できるという。

  カルシウムが骨にたまるのを促すために納豆海藻に多いビタミンKも欠かせない。骨質を上げるには、生活習慣病の治療や改善、予防が肝心だ。また「抗酸化作用のあるビタミンC、骨のコラーゲンが劣化するのを防ぐビタミン針6やBは、葉酸などを積極的にとると良い」(斎藤准教授)。運動も、骨量を高め、骨質をよくするのに欠かせない。振動が骨細胞を刺激して骨が作られるよう促し、その過程で良質のコラーゲンも作られる。特に骨に重みがかかり、筋力がつく運動がおすすめだという。中高年には「ウオーキングやヨガ、太極拳などが腰や膝を痛めにくく、骨にも負荷をかけられる」 (太田センター長)。

  骨は一生生まれ変わるが、骨量のピークは18~20歳と言われる。10代に積極的に「骨貯金」をしてピーク値を高めておくといい。過度のダイエットは論外で、栄養のある食事と運動が効果的だという。ただし月経不順になるほどの激しい運動は避けたい。「女性ホルモンが減り、一気に量、質ともに悪化する」と斎藤准教授は指摘する。、大腿骨は30歳ごろから、背骨は45歳ごろから骨量が減りだす。50歳ごろ閉経で女性ホルモンが減ると加速し、転倒で手首を折る人も増える。40歳からは自治体の検診を利用して骨密度を測ろう。骨質は検診では測れないが、糖尿病など生活習慣病やその予備軍の人は、骨質の劣化が進んでいるかもしれないと自覚し、注意をした方がよい。(ライター小長井 絵里)




*骨粗しょう症、男性もご用心
  骨粗しょう症と推定される患者数1280万人のうち、300万人は男性だ。確かに高齢男性でも背中が丸まった人を見かけることがある。「女性の病気と侮らず、20%強は男性だということを認識してほしい」と太田センター長。男性は、女性に比べて受診率が低いのも課題だ。斉藤准教授は「男性は、不摂生な生活が影響して体内の酸化や糖化が進み、骨質が問題になることが多い」と指摘する。糖尿病、CKD(慢性腎臓病)、COPD(慢性閉塞性肺疾患)といった病気に関連して起きる。多発性骨折など重症になりがちだという。男性も骨を強くするよう意識しよう。






2014-11-23・・・日経より引用
●冬に増える救急車の出動、急病?慌てず正しく利用
    迷ったら相談窓口活用も

  けがや急病の際に頼りになる救急車。高齢化の進展で出動件数は年々増えている。冬は、高齢者の入浴中の事故や、年末年始の飲酒による急性アルコール中毒などが多くなる。緊急時は迷わず救急車を呼ぶべきだが、明らかに軽症などの場合は、利用を控えることが重要だ。起こりやすい事故に注意するとともに、迷ったときは救急相談などを利用するよう心がけたい。昨年の救急車の出動件数は全国で約592万件で、過去最多を4年連続で更新した。背景にあるのが、高齢者がけがや病気で利用するケースが増えていることだ。東京消防庁の調査では昨年、都内で搬送された人の約半数が65歳以上だった。


*10万件搬送至らず
  緊急性がないのに救急車を呼んだ例や、呼んだけれども結果的に必要がなかった場合もある。昨年、都内で救急車が出動したのに搬送に至らなかった数は10万件近くに上る。このうち本人による辞退や拒否が約6割を占めている。居酒屋などで酒を飲み過ぎて具合が悪くなり、心配した周囲の人が救急車を要請したものの途中で本人が回復したケースがこれに当たる。搬送先の病院が、遠いと救急隊員から告げられ、本人が「明日自分で(病院に)行きます」と言った例もあったという。

  救急車の現場への到着時間は延びる傾向にある。本当に救急車を必要とする人が困らないよう、緊急性のない通報はしないことが鉄則だ。救急車の出動件数が増えるのはこれからの季節だ。昨年の都内の出動件数を月別に見ると1月が一番多く、次いで12月だった。高齢者による入浴時の事故や年末年始の飲酒事故の増加、インフルエンザ、雪による転倒などの通報が増えるためだという。特に気をつけたいのが65歳以上に多い入浴時の事故だ。寒い冬は風呂の温度を高めに設定しがちだ

  しかし、高温の風呂に長時間入ると体温が上がり過ぎ、意識障害が起きやすくなるという。意識を失って湯船で溺死したり、体温上昇が血圧の低下を招いて死に至ったりする恐れがある。慶応義塾大学の掘進悟教授はアンケート調査や体温上昇の模擬実験などの結果から「風呂の温度はセ氏41度以下に設定し、入浴時間は10分にとどめることが大切だ」と話す。また、暖かい部屋から寒い脱衣所などに移動する際は、血管が収縮して血圧が上がってしまう。心筋梗塞や脳卒中の原因になるので、暖房やシャワーの湯気で脱衣所や浴室を暖めておくことも効果的だ。

  長時間風呂から出てこない場合は、家族などが様子を確認するなど、周囲の注意も大切になる。もし声をかけても反応がな時間は延びる傾向にある。本当に救急車を必要とする人が困らないよう、緊急性のない通報はしないことが鉄則だ。救急車の出動件数が増えるのはこれからの季節だ。昨年の都内の出動件数を月別に見ると1月が一番多く、次いで12月だった。高齢者による入浴時の事故や年末年始の飲酒事故の増加、インフルエンザ、雪忙よる転倒などの通報が増えるためだという。特に気をつけたいのが65歳以上に多い入浴時の事故だ。寒い冬は風呂の温度を高めに設定しがちだ。

  しかし、高温の風呂に長時間入ると体温が上がり過ぎ、意識障害が起きやすくなるという。意識を失って湯船で溺死したり、体温上昇が血圧の低下を招いて死に至ったりする恐れがある。慶応義塾大学の掘進悟教授はアンケート調査や体温上昇の模擬実験などの結果から「風呂の温度はセ氏41度以下に設定し、入浴時闇は10分にとどめることが大切だ」と話す。また、暖かい部屋から寒い脱衣所などに移動する際は、血管が収縮して血圧が上がってしまう。心筋梗塞や脳卒中の原因になるので、暖房やシャワーの湯気で脱衣所や浴室を暖めておくことも効果的だ。長時間風呂から出てこない場合は、家族などが様子を確認するなど、周囲の注意も大切になる。もし声をかけても反応がな




*緊急な症状は連絡
  入浴事故に限らず、重大なけがや病気の恐れがある場合はためらわずに救急車を呼ぶ必要がある。例えば突然、激しい痛みが生じた、手足や顔など体の一部がうまく動かせなくなったといった場合はすぐに通報しよう。15歳未満の子どもでは、顔色が悪く全身にじんましんが出た、激しい腹痛で苦しがり嘔吐(おうと)が止まらないなどのケースも緊急性が高い。ただ、一般の人では救急車を呼ぶべきか判断が難しかったり、気が動転してしまったりする場合も多い。

  そんなときは、救急相談窓口を利用するのも手だ。東京都や大阪府、奈良県など一部の自治体では、局番なしの「♯7119」に電話すると、専門の相談員が症状に基づいて緊急性を判断する。都内在住の60代男性は相談窓口に「左の手がしびれて刀が入らない」と連絡したところ、相談員は救急車が必要と判断した。男性は搬送先の病院で脳出血と診断された。東京消防庁の担当者は「自分で症状の判断が難しく、病院に1人で行けない人は多い。迷ったら救急相談窓口を利用してほしい」と話す。

  診療時間外の夜間や休日に子どもが急な病気にかかった場合は、全国で利用できる小児救急電話相談もある。「♯8000」にかければ看護師らによる助言を受けられる。また自治体によっては、質問に答えるだけで救急車を呼ぶべきかを判断できるインターネット上のサービス「救急受診ガイド」を用意している。開いている医療機関を案内しているところもある。自分や家族などが急病になると、どうしても慌ててしまう。いざという時に困らないよう自分の住む地域で提供されている相談サービスを事前に調べておくのが得策だ。 (出村政彬)






2016-**-**・・・HDCより引用
●中高年男性に頻発する「前立腺肥大症」

*最近出にくくなった、回数が多くて夜中に何度も起きてしまう…。年齢を重ねるにつれ、トイレの悩みが増えていませんか?。中高年男性に多くみられる「前立腺肥大症」について、原因や症状を和らげる方法を、高橋情先生にうかがいました。

*高橋悟先生曰く  
  日本大学医学部・泌尿器科学系主任教授・医学博士・
  日本大学医学部付属・板橋病院・泌尿器科部長


*前立腺肥大症とはどんな病気ですか?
  中高年男性に頻発し、50歳以上の3~5人に1人が発症しているとされる、排尿障害をともなう病気です。前立腺とは膀胱の下にある男性の生殖器の部位のひとつ。クルミくらいの大きさで、前立腺液という精液の一部をつくり、精子の運動を助けたり、精子に栄養を与えたりするはたらきがあります。年齢を重ねると、多くの男性はこれが肥大。すると前立腺の中心を通る尿道が圧迫され「尿が出にくい」「勢いがない」「尿を出すのに時間がかかる」などの排尿トラブルが現れます。進行すると、尿問といって尿を全く出せない状態になることも。さらに悪化した場合、腎臓の機能が低下して、尿をつくることができない腎後性腎不全の発症に至ります。

  また前立腺肥大症の患者さんに合併症として起きやすいのが、頻尿や夜間頻尿、尿もれなどの症状が起こる「過活動膀胱」です。これは常に圧迫されて出にくい尿道から無理に尿を出そうと力むうちに、勝朕に筋肉がついて伸びづらくなり、尿をあまりためられなくなってしまうことが原因。実際に、前立腺肥大症患者の約半数に、過活動膀胱の症状があるといわれます。前立腺肥大症があると、尿路感染症や前立腺炎なども発症しやすくなります。これは尿がしっかり排出できず、膀胱に尿がたまったままの状態が続くので、尿路や前立腺に細菌が繁殖しやすくなってしまうためです。


*前立腺が肥大する原因を教えてください。
  はっきりとは分かっていませんが、原因のひとつとして考えられているのが、男性ホルモンの影響。男性は50歳頃から男性ホルモンの分泌が減少します。すると、相対的に女性ホルモンの比率が高くなり、ホルモンのバランスが崩れることから前立腺が大きくなるといわれます。また血流障害による慢性炎症も一因と考えられます。もともと尿路など外界部と接している部位は、細菌に感染しやすく炎症を起こしやすい箇所。炎症が起きると、血流にのって酸素や栄養素が運ばれてきて炎症を治します。しかし加齢などによって血流が悪くなると、炎症が慢性的になりやすいのです。すると体の免疫システムにより、サイトカインという組織を増殖させるたんばく質が放出されるため、前立腺の細胞が増えて肥大化するといわれます。


*どんな人がかかりやすいのでしょうか?
  肥満や高血圧、糖尿病など生活習慣病を患っている人は、血流障害を起こしていることが多いため、前立腺肥大症にかかる確率が高いという研究データがあります。特に肉類などの高脂肪食に偏りがちな人は、動脈硬化が進んで生活習慣病になりやすいため注意が必要です。また長時間座りっぱなしの人や運動不足の人も、血流が悪くなってかかりやすいと考えられています。


*前立腺肥大症の診断では、どのような検査をするのですか?
  まずは問診です。国際前立腺症状スコア(左表)で、どのくらいの回数トイレに行っているかなど患者さんの現状をチェックします。このスコアが8点以上ですと中等症であると判断し、治療の対象となります。それに加え、排尿直後の残尿量や前立腺の体積をエコーで測る検査も行い、これらを総合して患者さんと話し合いながら、治療の方針を決定していきます。さらに50歳以上の方は、まれに前立腺がんを併発している場合があるので、PSA検査という前立腺がんの指標となる血液検査をすることもあります。


*どんな治療をするのでしょうか?
  基本は投薬が中心です。患者さんの症状にあわせ、前立腺の平滑筋をリラックスさせて緊張をやわらげる薬や、前立腺への男性ホルモンの影響を抑える薬などを使用します。また過活動勝朕を合併している方には、膀胱の緊張を蔵めたり、容量を大きくしたりする薬も併用していきます。それでも症状が改善されず、生活に支障がある場合は、患者さんと話し合って前立腺の内側を削る手術を行うこともあります。


*症状を悪化させないためには、どうしたらよいですか?
  まずは生活習慣の見直しから始めましょう。食生活では脂質や塩分過多にならないように注意し、野菜中心の栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。大豆製品には前立腺細胞の増殖を抑えるはたらきがあるといわれています。納豆や豆腐などを食事に積極的にとり入れるといいですね。気をつけたいのがお酒の飲み過ぎ。アルコールは、膀胱の収縮を妨げたり、前立腺を充血させて腫れさせます。飲酒により、前立腺肥大症の症状が急激に悪化する場合もあるのでほどほどに。また頻尿の症状がある方は、水分を少し控えましょう。ホルモンバランスの乱れやストレス、血流障害につながる不規則な生活にも注意が必要です。

  ストレスは上手に解消し、睡眠も十分にとること。長時間座ることも、血流が悪くなるため避けましょう。適度な運動は、血流を促してくれます。ウォーキングなど手軽な運動を習慣にするとよいでしょう。サプリメントの摂取もひとつの方法です。ヤシ科のハーブ、ノコギリ椰子は、トイレトラブルを遠ざけるのに役立つといわれています。ノコギリ椰子のエキスが排尿機能へよいはたらきをもたらすという研究報告もあり、ヨーロッパでは前立腺肥大症の治療薬として使用されています。前立腺肥大症は、「夜間熟睡ができない」「長時間、車の運転ができない」など生活の質に大きく影響します。いつまでもアクティブに過ごすために、症状にお困りでしたら病院の泌尿器科へ相談することをおすすめします。








2016-07-28・・・日経より引用
●「未病」の改善、県が挑む
    神奈川、幅広い世代の意識改革
    健康状態「見える化」に知恵

  神奈川県が健康と病気の中間にある状態「未病」をキーワードに「末病を改善しよう」と独自の試みに乗り出した。住民に参加を呼びかけ、意識を高める工夫を凝らす。全国の自治体が健康で長生きを目横に様々な厚生事業に取り組むが、これまでの予防医療や健康増進と何が違うのか、未病への取り組みを追ってみた。神奈川県立保健福祉大学はこの4月、構内の食堂の一角に「未病を改善する栄養サポートセンター」を設置した。毎月第2・第4木曜の午前中、管理栄養士が無料で住民の相談にのる。

  「食欲はどのくらいありますか」 「食事の時に食品の組み合わせを考えていますか」血液中の鉄を含む成分、ヘモグロビンの値を測って貧血になっていないかを調べるほか、質問票の回答を基に食生活の改善点などを助言する。貧血を検査する理由は、病気でもないのに目まいや息切れ、疲れやすいといった症状との関係が深いためだ。ヘモグロビンが減少すると脳や心臓、全身の筋肉に行き渡る酸素が不足がちになり、こうした症状が出やすくなる。これが未病の状態で、早めに気づいてもらう狙いがある。助言する内容は取り入れやすさに配慮した。

  貧血の対策では、鉄分を多く含むブリや納豆、小松菜などの例を示し「女性(月経がある場合)なら1日10・5㍉gの摂取が望ましい」と、メニューに加えるよう勧める。食品栄養科学が専門の倉貫早智准教授は「小さな工夫の積み重ねが大事」と話す。高齢女性を中心に関心が商いという。保健福祉大は2015年度まで、生活習慣病のリスクを減らす機能性食品を活用する国のプロジェクトに参加し、消費者に食事の栄養バランスの大切さを訴える情報発信の場を臨時に設けた。未病の改善も考え方は同じ。

  県の支援を得て拠点を同センターに移して活動を続ける。県内で未病の言葉が目につくようになったのは、黒岩祐治知事の旗振りで健康寿命日本一を目指す「未病を治すかながわ宣言」を発表した14年からだ。当時、県内男性の健康寿命は70・9歳(全国12位)、女性は74・36歳(同13位)と決して悪くなかったが、高齢化のスピードは速く、事前に対策に乗り出す必要があると判断した。活動の柱は①バランスのよい食生活②日常の運動・スポーツ③社会参加と交流の3つ。以前から唱えられている健康づくりと大差はない。県健康増進課の鈴木慣一課長は「違いがあるとすれば、あらゆる世代を対象に健康への意識を高めてもらうこと」と解説する。

  生活習慣病への対策は中高年以上の世代に偏る。未病なら小学生の肥満対策や働き盛りの人たちのストレス対策なども含まれる。未病対策で県は、健康状態の「見える化」にも力を入れる。血圧や体脂肪、脳の認知機構などの測定機を置いた市町村や企業の施設を「未病センター」と認定し、10カ所を整備した。神奈川県予防医学協会はNTTアイティ(横浜市)などと協力して多くの県民が利用しやすい仕組みを検討している。予防医療に詳しい横浜市立大学の析久保修特任教授を部長に迎え、腕時計型の計測機を利用する。

  脈拍数と身体の動き、睡眠時間などを連続で記録し健康状態を数値化する。20~65歳の勤労者100人(男性85人、女性15人)に事前に試したところ、20人が未病と判定できた。このうち16人に続けて腕時計型の計測機を着けてもらい、飲酒量を減らしたり歩く時間を延ばしたりする改善策を提案したところ、11人で改善する効果がみられた。「見える化」が意識を高めたようだ。同協会は今秋にも事業開始を見込む。

  高血圧や糖尿病、脂質異常など生活習慣病の発症原因は、2~3割は遺伝的要因で6~7割は生活習慣によるといわれる。析久保特任教授は「生活習慣の乱れを察知し適切に改善することが未病対策の基本」と強調する。神奈川県は傘下の関連機関を総動員するほか、県内に立地する企業とも組んで未病の改善に挑む。多くの自治体は、健康に無関心な住民をいかにして巻き込んでいくのかに腐心している。未病に着目した神奈川県の取り組みは参考になる
だろう。(編集委員 永田好生)








2016-11-05・・・日経より引用
●不整脈ってどんな病気?
    怖い細動、突然死や血栓リスク
    定期的に心電図、チェック怠らない

  運動もしていないのに脈が急に速くなったり、遅くなったり、一瞬飛んだようになったり--。こんな症状があれば「不整脈」かもしれない。多くは命に関わるものではないが、重症化すれば突然死や脳梗塞のリスクを高めるものもある。異常は感じていなくても、年に一度は心電図検査を受けて早期発見を心掛けたい。

  正常な心臓は安静時に1分間に60~100回拍動している。規則正しい拍動を生み出しているのは、心臓の上部にある「洞房結節」という部分から出る電気刺激だ。この刺激で心房や心室などの心臓の各部位がタイミングよく収縮し、全身に血液を送り出している。ところが「この回路に不具合が起きると不整脈が出る」と小田原循環器病院(神奈川県小田原市)の杉蒸病院長。1分間に60~100回より速い場合を「頻脈性不整脈」、逆に拍動のリズムがゆっくりになったり、間隔が空いたりして、1分間に50回未満になるのが「徐脈性不整脈」だ。また、脈が飛んだように感じる「期外収縮」もある。


*大半は治療不要
  杉病院長は「検査で不整脈が見つかっても、ほとんどは特に治腰しなくてもよい」と話す。例えば症状を訴える人が一番多い期外収縮。拍動が本来のタイミングより早く起こり、心室に十分な血液がたまる前に心臓が収縮してしまう。「脈が飛んだように感じて心臓が止まるのでは」と不安を覚えて受診する人も多い。実は健康な人でも、1日に年齢の数ぐらい起きているのだという。では、気をつけたい不整脈とはどのようなものか。特に注意したいのが脈が速くなる頻脈性不整脈が重症化した「心室細動」。心臓が細かく震えるようにけいれんし、突然死を起こすリスクのある不整脈だ。心臓のポンプ機能が働かず、全身に血液を送り出せなくなる状態が長く続けば命にかかわる。

  心室細動が起こりやすいのは、心筋梗塞や心筋症など、もともと心臓の病気がある人のことが多い。しかし、なかには心臓病がなくても突然起こることがある。これを特発性心室細動といい、30~40代の突然死の原因の一つだこれまでの研究で、特発性心室細動を起こしやすい人では、ブルガダ症候群と呼ばれる特有の心電図を示す病気があることが分かってきた。心電図検査で心室細動のリスクが高まっていないか見極めるとともに、睡眠不足や過労、ストレスなどを避ける。心室細動のリスクが高いと判断された場合、自動的に電気ショックで細動を止める植え込み型除細動器を使って治療することもある。


*60歳以上に多く
  同じく脈が速くなる不整脈の一つに「心房細動」がある。加齢に伴い増える危険な不整脈の代表で60歳以上に多い。東邦大学医療センター大森病院(東京・大田)の循環器センター、池田降徳教授は「心房内のあちこちで電気的興奮が発生し、心房が細かく震えるように動く状態」と話す。胸がモヤモヤするように感じることがあるという。心室細動のように心停止を起こすわけではないが、心臓に大きな負担がかかって疲弊し、心臓の機能が低下すれば心不全につながることもある。

  心房内の血液がよどめば血栓ができやすくなる。血栓が脳の血管に詰まり、脳梗塞(心原性脳塞栓症)の原因ともなる。心房細廟の治療は、血栓ができにくくする抗凝固薬や抗不整脈薬を用いた薬物療法が中心。完全に治すには、カテーテルという細い管を血管から入れて、異常な電気的興奮の発生源を焼き切るという治療法もある。脈が遅くなる徐脈性不整脈で気をつけたいのが、拍動のリズムが遅くなったり、一時的に止まったりしたときに起こる失神だ。杉病院長は「3、4秒拍動が止まると目眩(めまい)を感じ、9秒以上では失神する」と話す。

  「後ろに引きずり込まれるように意識が遠くなる感じ」だという。不整脈そのもので突然死することはまれだが、失神が起こると転倒によるけがや事故の原因となる。車などの運転中の場合には、命にかかわる重大な事故を引き起こす危険もある。リスクの高い人では、体にペースメーカーを埋め込んで治療する。不整脈は、危険なものもあるが、適切な処置をすれば、命にかかわる事態を最小限に食い止めることができる。池田教授は「定期的に心電図検査を受けることが大事」と話す。脈に異常を感じたときのほか、症状はなくても、年に一度は検査を受けたい。(ライター荒川 直樹)







                     
2009-11-18発行                              2009-12-22発行                                    2011-04-25発行
  *
  日本の医者が診療する患者数は欧米の三・五倍。そして日本は世界でダントツに薬が多い国。異常なメタボ・ブームに踊らされていよいよ増える医薬依存症の「おいしい患者」たち。しかし本当に信頼に価するのは、自らの内なる「名医」である自己免疫力であり、自然の援護なのだ。(作家・桐島洋子)

*これらはすべて、問違いです
□病気は医者が治してくれるものだ
□自己治癒力とは、自然に働くものである
ロ薬は、必要不可欠である
□医者の言うことは絶対である
□風邪をひいたら、抗生物質をのむべきだ
□頼りになるのは、大学病院である