サブページに戻ります
健康・病気の過程[08]
18

2017-01-17・・・日経より引用
●笑う門には健康来る
    ストレス解消/有酸素運動の効果も
    脳卒中・糖尿病・・・割合低く

  「笑う門には福来る」と苦から言われるが、その真相は? 医学的に「笑い」を研究しようとの試みもなされ、様々な健康効果が期待できると分かってきた。新年を迎え、今年は去年よりも「明るくよい年にしたい」と願っている人は、ぜひ、大きな声を出して笑ってみてほしい。

  1日に何回くらい声を出して笑っているだろう。笑いの効用に詳しい福島県立医科大学医学部疫学講座の大平哲也教授は「笑う頻度は性差と年齢で異なる」と話す。大平教授らが大阪府内にある企業従業員1600人を調べたところ、男性より女性の方がよく笑い、年齢が上がるにつれ男女とも笑いが減る傾向が明らかになった。「40代以上の男性の5人に1人が週に1回も声を出して笑っていなかった」と話す。


*動脈硬化軽減か
  最近あまり笑っていないという人は多少無理してでも笑った方がいい。なぜなら笑いにはいろいろな健康効果があり、よく笑う人はど健康度が高いといえるからだ。東京大学大学院の近藤尚己准教授(公衆衛生学)らが全国の65歳以上の男女約2万人を対象にした調査では、普段ほとんど笑わない高齢者は、毎日よく笑う高齢者より、1・54倍「健康状態がよくない」と感じていた。「健康に対する自己評価が低い人ほど、寝たきりになる割合や死亡率が高いことがわかっている」と近藤准教授。

  この調査では心臓病や脳卒中といった命にかかわる病気と笑いとの関係も明らかになった。ほとんど笑わない人は、ほぼ毎日笑う人に比べ、脳卒中を有する割合が1・6倍、心筋梗塞などの心臓病は1・21倍高かった。これらの病気には血管の弾力性が失われる動脈硬化が関わっている。一方で、笑いには動脈硬化を軽減するとの報告もある。糖尿病との関係も明らかになっている。大平教授らは秋田県と大阪府の住民4780人を対象に笑う頻度と糖尿病との関係を調べた。

  毎日声を出して笑っている人に比べると、週に1~5日程度しか笑っていない人は1・26倍、ほとんど笑っていない人は1・51倍も糖尿病を患っている比率が高かった。漫才で大笑いした後は、食後の血糖値の上昇が抑えられたという別の研究結果もある。では、なぜ笑いが効くのか。大平教授は一つはストレス解消効果と話す。笑うと緊張をほぐす副交感神経が優位になってリラックスし、「コルチゾールというストレスホルモンが減少。ブドウ糖を取り込むホルモンのインスリンの効きもよくなる」 (大平教授)。

  もう一つは運動効果。声を出して笑うときは腹筋など多くの筋肉を使う。「消費カロリーが安静時より10~〜20%増加。10~15分の笑いで1日のエネルギー消費を10~40㌔カロリー増やせるとの報告もある。笑うこと自体が有酸素運動になる」と大平教授。笑いの健康効果は他に痛みの緩和や免疫を担うナチュラルキラー細胞の活性化、呼吸機能改善、抗鬱作用、認知機能の維持などの報告がある。


*笑うから幸せに
  また、大平教授らは「笑う門には福来る」が本当かどうかも調べている。笑いの頻度と幸福度との関係を見ており、毎日声を出して笑う人はほぼ全員幸せと感じていたが、幸せと思っている人が必ずしもみな笑っているわけではなかった。「幸せだから笑うのではない。笑うから幸せなのだ」とはアランのペンネームで活躍したフランスの哲学者の言葉。「笑うこと自体が幸福につながる可能性がある」 (大平教授)。普通、私たちは面白いことやうれしいことがあると笑うが、反対に笑うことで福を呼び込むこともあるわけだ。それを実践するのが「笑いヨガ」だ。インドで生まれ日本でも各地の健康教室などで活用されている。

  日本笑いヨガ協会(東京・千代田)代表の高田佳子さんは「笑いを体操と捉え、気分に関係なく笑う動作をする。笑っていると体と心が変化し、楽しくなる」と話す。作り笑いでも脳血流量が増えるなど、本当に笑った時と同じような反応が起こるといわれる。高田さんが勧める切は「メンタルフロス笑い」と「万歳三唱笑い」。デンタルフロスで歯の汚れをかき出すイメージで、頭の中のモヤモヤを追い払い、良い年にしたいとの思いを込めて天を仰ぎ豪快に笑う。役者になったつもりでやってみるといい。「笑いを毎日の習慣に」と高田さん。笑いの多い年を目指そう。(ライター佐田 節子)








2017-01-05・・・日経より引用
●冷え性、タイプ知り対処
    末端型、食事増やす・内臓型、厚着に注意

  寒さが身にしみる日々。冷え性の人にとっては寝付きの悪い夜が続く。一口に冷え性といっても、体質や習慣によってその原因や冷えてしまう体の場所は異なる。中高年の男性も注意が必要だ。正しく理解し、改善に努めたい。冷え性には明確な診断基準はなく、「冷えでつらい、困っている人」の症状の総称だ。熱を生み出す筋肉量が少ない女性特有の症状と思われがちだが、運動不足などを背景に男性でも悩む人はいる。日本で初めて専門外来を始めた北里大学東洋医学総合研究所(東京・港)の伊藤剛・漢方鍼灸(しんきゅう)治療センター副センター長によると、冷え性は大きく4タイプに分かれる。

  まず手足が冷える「四肢末端型」。10~20代の若い女性で、痩せ形や過度なダイエット中の人に多い。食事量が足りず体を温める熱を十分作り出せないため、血の巡りが末端まで行き渡らないことが原因だ。このタイプは靴下の重ねばきゃカイロなどで温めても、冷えは一時的にしか改善しない。食事を増やすことが大事だ。持病などで制限がなければ、熱を生むタンパク質の摂取を増やすのがお勧めだ。2つ目は腰より下の下半身が冷える「下半身型」。30代から中高年の男女にみられる。

  デスクワークなど座りっぱなしの時間が長いとお尻などの筋肉が硬直し、座骨神経が圧迫され血流が滞(とどこ)ってしまう。上半身には皿が巡るため、顔がほてりやすい。「お尻にある梨状筋と呼ばれる筋肉のストレッチや硬めのボールでの指圧が効果的」 (伊藤副センター長)。手足や体の表面は温かいのに、内臓が冷える「内臓型」もある。生まれつき寒くても血管が収縮しにくく体外へ熱が逃げやすい人や、過去に手術を経験して血流が悪くなった人などに起きやすい。30代から中高年の女性に多く、体形がぽっちゃり形で食欲があり、汗かきの人は要注意だ。

  こうした人は厚着をしすぎず、通気性のよい服で過ごそう。食べ過ぎも避けたい。食べても発汗し、結局体を冷やしてしまう。最後は体質や服用薬の影響などで全身が冷えてしまう「全身型」。冷えているという自覚症状は乏しいが、慢性的なだるさをおぼえるなど身体機能は低下する。「隠れ冷え」とも呼ばれる。代謝が落ちていて食欲がないケースが多いが、食事を増やすことが大切。体の内外が冷えているので、熱を逃さないよう保温に気をつけたい。

  このほか、四肢末端と下半身の両方が冷える「混合型」もある。伊藤副センター長は「全てに共通する原因が運動不足やストレス」と指摘する。日常で歩く際にひと工夫してみよう。手の力を抜き、ぶらんぶらんと大きく振りながら大股で姿勢よく歩くのがいい。全身を使う運動で心臓の機能が強くなり、血流が改善するという。入浴も見直してみては。冷え性の人には長くつかるのむ半身浴もよくない。発汗で体が冷えるからだ。

  秋冬は41度42度、春夏はそれより1度ほど低いお湯に首まで5分。次に胸辺りまで5分つかる。体を洗うのはその後だ。最後に1~2分入って体を温める。運動や生活習慣の改善で症状がよくならなければ、専門外来で診断を受け、漢方薬を処方してもらう選択肢もある。マッサージや指圧、鍼灸の施術を受けてもいい。(番田三輪)




*病気が隠れていることも
  単なる冷えと思って放っておくと、重篤な病気につながる場合もある。例えば「閉塞性動脈硬化症」。手や足の動脈が硬くなり、血管の幅が狭くなったり、塞がれたりして血流が不足する。初期症状は冷えに加え、歩くと痛みが生じる程度。ただ次第に歩行が困難になるほど痛みがひどくなり、最悪の場合、足の切断を余儀なくされる。体温低下の症状を伴う病気としては甲状腺機能低下症がある。甲状腺ホルモンが十分に分泌されず、体温が低下して汗をかきにくくなる。便秘になるほか、頭髪が抜けることもある。改善するには医療機関を受診し、甲状腺ホルモン剤の投与が必要になる。










45-08
                          
2010-05-20発行                                2013-02-26発行                                  2007-11-24発行





2020-04-25・・・日経より引用
◆傷の手当てに「湿潤(しつじゅん)療法」、保護パッドで乾燥させず
     消毒NG、水洗い/治り早く傷痕(きずあと)きれいに


  家庭でできる傷の手当てとして、傷口を湿った状態に保って治す「湿潤療法」が広まっている。ただ、誤った方法では、治りにくく悪化することもある。いま一度、正しい手順とポイントを知っておきたい。


  皮膚に傷ができると、傷口から浸出液と呼ばれる体液がしみ出てくる。浸出液は、傷が治るのに必要な細胞を増やしたり、活発に働くようにしたりする役割がある。傷口が乾燥すると浸出液が固まり、皮膚の組織が壊死して傷口を覆うようにかさぶたができる。そうなると浸出液の機能が十分に発揮されなくなる。浸出液を乾燥させずに傷口に潤いを保っていたほうが、傷は早くきれいに治りやすい。こうした考え方に基づく治療法が「湿潤療法(湿気が多い)」だ。湿潤療法の普及に努めてきた、なついキズとやけどのクリニック(東京・江東)の夏井陸院長は「湿潤療法の手順はいたってシンプルで、家庭でも簡単に行える」と話す。まず、傷口についた血液や砂などの異物を、水できれいに洗い流し、清潔なタオルなどで水気を拭き取る。

  止血した後に、水分をとどめる効果のあるハイドロコロイド素材を使った医療用の保護パッド(被覆材)を傷口に貼れば完了だ。「傷口に消毒は不要」と、夏井院長は強調する。傷口を消毒すると、バイ菌だけでなく、健康な皮膚や、傷を治そうとする細胞にもダメージを与えてしまう。また、合成界面活性剤が使われているタイプのせっけんや液体ソープで傷口を洗うと、皮膚の細胞膜が壊されて傷を深くし痛みも増す。湿潤療法で使うハイドロコロイド素材の保護パッドは市販されている。同素材は、浸出液を吸収するとゼリーのようにゲル化して傷口を琴っ。浸出液をゲル状にすることによって傷口が乾燥せず治癒効果を保つ。薬局やネット通販でも、さまざまなタイプの保護パッドが市販されている。傷の大きさに合わせて選ぶといい。保護パッドがなければ、傷口をきれいにしてから、ワセリンを塗った食品用ラップで覆っておく方法もある。

  かつては浸出液の治療効果を生かすため保護パッドを数日間交換しないことが勧められることがあったり夏井院長は、「かぶれや汗もの原因になる」と指摘する。最低でも1日に1回、暑い時期には2〜3回は交換したい。その際は、傷の周辺の皮膚を水できれいに洗ってから貼り直す。湿潤療法は、転んですりむいた傷や靴ずれ、包丁などでスパッと切れた浅い傷、熱い鍋に触れた軽いやけどなど、日常的に起こる傷の手当てに適している。ただし、水で洗い流しても異物が取れないケースや圧迫しても出血が止まらない場合、傷口が深くギザギザになっていたり、しびれや痛みが続いたりするときは家庭での湿潤療法は見合わせる。医療機関を受診するようにする。

  埼玉医科大学病院(埼玉県毛呂山町)形成外科診療部長の市岡滋教授は「見た目より傷が深い場合がある刺し傷や、動物にかまれるなど細菌感染のリスクがある傷には湿潤療法は適さない」と話す。また、市岡教授は「糖尿病の基礎疾患がある人にも、一概には湿潤療法を勧められない」と注意を促す。足のちょっとした傷などに湿潤療法を行うと感染を助長し壊疽(えそ)につながることがあるという。湿潤療法を始めてからも、「傷の周りが赤くなる、腫れ
て病む、1週間以上たっても傷口がじくじくしてふさがらないといった時には、細菌感染が疑われる」
(市岡教授)。
その場合は抗菌薬の投与が必要になるので、湿潤療法を中止して、近くの医療機関を受診しよう。(ライター田村 知子)









            
2015-01/25発行


*近藤誠氏曰く
  無農薬野菜にこだわるのに、自分の体はどっぷりクスリ漬け。添加物にはぞっとするのに、クスリが「添加物のかたまり」とは気づかない。「クスリは体にいい」「病気を治してくれる」と信じている人が、とても多いですね。じつは、クスリの9割に病気を治す力はなく、症状をしばらくうやむやにするたけです。体がちょっとでもラクになるならそれでOK?でも、クスリにはかならす副作用があり、年をとるほと、クスリの毒が体にたまりやすくなります。身の回りで「あっちが痛い、こっちもつらい」と言っている人に、聞いてみてください。クスリを山ほど飲んでいるはずです。クスリを飲めば飲むほど、痛みやつらさがひどくなるんです。もっと自分の体を侶じ、体の声をよく聞きましょう。クスリから自由になって、元気に長生きするための心得を、本書でお伝えします。 



2020-12-12・・・日経より引用
◆冬の皮膚トラブルを予防、保湿剤・市販薬で日々ケア
     水仕事はゴム手袋/入浴で強くこすらない

  寒さが厳しくなると皮膚のトラブルが増えてくる。空気の乾燥や気温の低下で皮膚のバリア機能が低下し、ひびわれ、あかざれ、湿疹などの症状が起きる。原因と対策を押さえて、冬支度に万全を期したい。

  皮膚は外側から「表皮」「真皮」 「皮下組織」の三層構造になっている。さらに「表皮」の表面は「皮脂膜」と「角質層」からなる。アリオ北砂皮フ科・アレルギー科(東京・江東)の八十島緑院長は「健康な皮膚は空気中のちりや細菌、紫外線やアレルゲンから体を守り、体内の水分喪失を防ぐバリア機能を果たしている」と役割を解説する。バリア機能を果たすのは皮脂膜と角質層だ。空気が乾燥する冬は皮膚から水分が失われがちだ。お湯と洗剤を使って洗い物などの水仕事を繰り返していると、皮脂膜や角質細胞がはがれることが多い。痛みを伴うひびわれにつながり、さらに重症化すれば、出血や痛みが伴うあかざれになりやすくなる。

  皮膚がガサガサになり痛みやかゆみが生じる皮脂欠乏性湿疹になることもある。皮膚のトラブルを防ぐためには日常生活で保湿を心がけることが大切だ。水仕事は手の皮脂が落ちやすいのでゴム手袋を使うようにする。風呂は38〜40度を目安にする。それほど熱くないので刺激を避けられる。また、体はゴシゴシと強く洗わず、入浴後はバスタオルで柔らかく皮膚を押さえるように水分を取る。重要なのは入浴後20分以内に保湿クリームなどで手入れすることだ。頭皮も乾燥しやすい部分なので、八十島院長は「シャンプーは髪の汚れだけを取るイメージで。頭皮をゴシゴシやって皮脂を取り過ぎないこと」と助言する。ひびわれや、あかざれ、皮脂欠乏性湿疹には市販薬も各種ある。

  医師の処方であれば効果もより高い。受診するとステロイド剤の塗り薬が処方される。八十島院長は塗り薬の効果的な塗り方として「塗り伸ばすのではなく、適量を指に取り、患部をぽんぽんとたたくように」と提案。皮膚への刺激も少ない。ステロイド剤というと強い副作用があるイメージがあるが、専門医の指示に従って使う塗り薬なら心配はいらない。つらい症状を効果的に抑える冬の皮膚トラブルの強い味方となる。近藤皮膚科クリニック(東京都小金井市)の近藤靖児院長は、コロナ禍によってこの冬はいっそう皮膚への配慮が必要だと指摘する

  感染予防のためこまめな手洗いとアルコールによる消毒が浸透しているが、皮脂膜や角質細胞などバリア機能にとってはダメージとなる。このため、日常のこまめなスキンケアがいっそう大切になっている。在宅勤務など、自宅で過ごす時間が長くなってストレスを抱えてしまうことも肌に影響する。「ストレスは多くの病気につながるものだが皮膚も例外ではない。保湿剤による日々のスキンケアを欠かさず、たとえ皮膚トラブルが慢性化したり、再発しても悲観的にならず、前向きな気持ちで治療に取り組んでほしい」と近藤院長は助言する。

  マスクによる肌トラブルに悩む人も多いだろう。近藤院長は「肌に優しく通気性や吸湿性に優れた、ガーゼやシルクなどの素材がお薦め」と語る。また、マスクによる摩擦や蒸れによるかぶれや吹き出物に悩むケースでは、「定期的にマスクをはずして蒸れを軽減させる」 (近藤院長)などの配慮も必要になる。いずれの皮膚トラブルも日々の保湿や市販薬などで改善されない場合は、できるだけ早く皮膚科などの専門医を受診することを勧める。たかが肌荒れと軽視すると、思いのほかつらい冬になってしまうかもしれない。(ライター大谷 新)