サブページに戻ります
健康・病気の過程[09]
18

2016-12-18・・・日経より引用
●その薬・検査本当に必要?
    アメリカ発「賢い選択」運動、日本でも
    医師らに意識改革求める

  不必要な医療行為をなくそうと、「ChoosinWisely(賢い選択)」と呼ばれる米国の医療界発の取り組みが日本で始まった。不必要な投薬や検査が横行すれば、弊害を及ぼすこともある。「その薬や検査は本当に必要か」。医師と患者が一緒になって見つめ直し、無駄を省いて医療の質を向上させようという試みだ。

  「抗生物質は出してもらえるんですか?」。11月下旬、京都市の七条診療所で熱や鼻水など風邪の症状のため来院した50代の女性患者が尋ねた。小泉俊三所長は「抗生物質は(風邪の原因の)ウイルスには効き目がない。それよりきちんと栄養を取って休むことが大切ですよ」と教えた。


*過剰投与で副作用
  不安だから、と処方を求める患者は少なくないという。しかし過剰投与は「薬剤耐性菌」を生む温床となる。効き目が弱まったり、全く効かなくなったりするため、耐性菌による感染症にかかると治りにくい。さらに抗生物質に限らず、多種類の薬を一緒に服用すれば臓器障害などの副作用が出る恐れもある。小泉所長は「不要な投薬を求められたとき、患者との間に信頼が土台にあれば説明に理解を得られる」と話す。日々の診療で「息子の嫁とうまくいかない」といった悩みにも耳を傾け、関係構築に努める。この治療方針は2012年に米内科専門医認定機構財団が始めた「ChoosinWisely(賢い選択)」に沿ったものだ。

  医師らが「不必要な医療行為をやめよう」と訴えかける活動。取り組みは17カ国に広がる。カナダもその一つ。推進団体代表、トロント大学のウェンディ・レビンソン教授(内科学)は10月、日本で医療関係者向けに講演し、「患者に利益をもたらさない医療行為をやめることは医師の責務。本当に必要なのか、自問自答すべきだ」と訴えた。なぜ無駄ともいえる医療が行われるのだろうか。レビンソン教授は安心感を得ようと薬や検査を求める患者の存在のほか、医師らが◆最新の検査機器を使いたがる◆従来行ってきた治療法を変えたがらない--などの問題を挙げる。


*検査に頼らぬ診察
  米国ではそれぞれの学会が、計700以上の注意すべき医療行為を公開している。例えば小児の中耳炎。2歳以上は比較的自然に治りやすいとし、安易に抗生物質を使わないよう呼びかける。救急外来では頭にけがをした子供の約半数がコンピューター断層撮影装置(CT)で検査されるが、学会は軽傷のケースが多く、3分の1は不要と主張。検査に頼らず、頭蓋骨の骨折の兆候などを診察で見極めることが大事だとする。日本の厚生労働省も海外の動向に注目。20年後を見据え、15年に公表した医療制度改革の提言「保健医療2035」でChoosinWisely(賢い選択)に言及、検査や治療を選ぶ際は的確に吟味する必要性を盛り込んだ。

  独立行政法人、地域医療機能推進機構本部(東京・港)の総合診療顧問、徳田安春医師ら総合診療医が参加する「ジェネラリスト教育コンソーシアム」は注意すべき行為を独自に書籍で公開。軽い腹痛なら自然に治ることもあり、よく診察した上でのCT検査の実施などを提言している。ただ提言が5項目にとどまるなど、徳田医師は「他国に比べ取り組みが遅れて医師らに意識改革求めるいる」と話す。5月にローマで開催された世界会議では、先行する海外の事例に驚かされたという。

  米国には、医師が薬や検査の発注を電子カルテで行おうとすると「本当に必要なのか」と問いかけてくるシステムを構築した医療機関がある。オーストラリアでは動画投稿サービスを使い、過剰な投与や検査への注意を患者に呼び掛ける活動に力を入れていた。痍田医師や七条診療所の小泉所長らは10月、任意団体「ChoosinWisely(賢い選択)Japan」を発足。主要学会に米国のように多くの行為の公開を求める。徳田医師は「様々な意見がある中で学会として公開するのは容易でない。公開後は医師に守るよう指導し、実効性を確保する必要がある」と話す。(辻征弥、鳥越ゆかり)



    経済協力開発機構(OECD)によると、日本は人口当たりのコンピューター断層撮影装置(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)の台数で世界一だ。人口100万人当たりの日本のCT台数は107台(2014年)。ドイツが同35台、米国が同41台(15年)と日本は3倍前後の水準だ。MRIも同様で、日本の台数の多さは際立つ。これら検査機器に投じた資金を回収するため、「病院で不必要な検査が行われているのではないか」という指摘がある。一方で国内に広く普及したことで、病気の早期発見につながっているという意見もある。  






2017-01-12・・・日経より引用
●「座り過ぎ」は寿命縮める?
    心臓病や糖尿病のリスク上昇
    こまめに立って解消を

  座り過ぎていませんか?オフィスや自宅で座っている時間が長いと、糖尿病や心臓病などになるリスクが高くなることが分かってきた。このリスクは週末に適度な運動をするくらいでは減らせないというもパソコンを立って操作するよう奨励する企業など、座り過ぎ解消に向けた動きも出てきた。

  東京都江東区にあるフジクラの本社ビル。1階の人事部健康経営推進室では、10人近くのスタッフが立ってパソコンに向かっていた。個人の席はない。パソコンなどを置く位置を昇降させ、立っても座っても作業できるデスクが部屋の中央に8台置かれている。同社は従業員の健康増進を社を挙げて支援する「健康経営」に力を入れている。「座り過ぎが健康に悪いという知見を耳にして、3年前にこの方式に変えた」と同室主席技術員の篠原賢治さん。社員からは「肩こりや腰痛が気にならなくなった」といった声が上がっているという。近年、座り過ぎが健康に悪影響を及ぼすとの疫学研究の結果が、国内外で次々に報告されている。


*統計的に相関
  2012年にオーストラリアのグループが、1日に座っている時間が11時間以上の成人は、4時間未満の成人と比べて総死亡のリスクが1・4倍高いと発表した。15年にはカナダのグループが各国で実施された研究を統計的に統合し、心臓や血管の病気やがん、糖尿病などと、座り過ぎの習慣との間の関連が確認されたと結論づけた。座り過ぎが問題だとしても、週末などにしっかり運動をすれば大丈夫ではないか。早稲田大学教授(健康行動科学)の岡浩一朗さんは「多少運動をしても、座り過ぎによる健康リスクが簡単には下がらないのが問題です」と指摘する。

  16年にノルウェーなどのグループが健康リスクを減らすのに必要な運動量を検証した。軽いジョギングやテニスの練習のような「中等度強度」の運動を1日60〜75分すれば、座り過ぎによるリスクをほぼ相殺できるという。だが「実際にこれほどの運動をしている人は少数。自分の健康管理に自信のある人ほど、座り過ぎの習慣に足をすくわれてしまう」(岡さん)。こうした人々は英語で「アクティブ(活動的な)・カウチポテト」と呼ばれる。自分では活動的なつもりでも、実際はカウチ(ソファ)に座ってポテトチップを食べる人々と大差ない。


*筋収縮がカギか
  座り過ぎはなぜ体に悪いのか。はっきりとは分かっていないが、下肢の筋肉を長時間使わないこととの関係が有力視されている。立ったり歩いたりすると、下肢の筋肉が収縮する。これに伴って体内で糖を運ぶ糖輸送体が移動し、血液から細胞への糖の取り込みを促す。また筋肉組織にある酵素を活性化させることで血液中からの中性脂肪の取り込みが促進されることが知られている。座っているときは筋収縮がほとんど起きないため、糖輸送体や酵素の働きが弱くなり、血液中の糖や中性脂肪の濃度が高まると考えられている。座り過ぎによって血管機能が低下する可能性も指摘されている。座り過ぎを解消するには、フジクラのように立ち仕事ができるデスクを使うなど作業環境を変えるのが一つの方法。

  長時間座らなければならない場合は30分に1回を目安に立ち上がり、連続して座らないようにするといいという。最近の研究によれば「単に立ち上がるだけでなく、少し歩いたり体を動かしたりすることが効果的」(岡さん)。1日に座っている時間は、世界的に見ても日本人はトップクラス。総労働時間は短くなりつつあるが、1日当たりの労働の密度が高くなり、デスクワークが長くなりがち。家でテレビを見たりスマートフォンを操作したりしているときも大抵は座っている。知らず知らずのうちに座り過ぎの生活になっていないか、まずチェックすることから始めたい。(編集委員 吉川和輝)




*防止グッズも続々登場
  座り過ぎによる健康リスクが注目される中で、立ち作業を容易にするオフィス家具や、座っている時間が長くなると警告を発してくれるスマートフォンのアプリなど「座り過ぎ防止グッズ」も多く出回るようになってきた。作業用デスクでは台の位置を上下に変えることができる「スタンディングデスク」がよく使われる。通常の机に載せてパソコンを載せる台だけを昇降させるタイプもある。長時間立つと疲れる人には、背もたれに寄りかかった状態でも使える「立ち椅子」が便利。座り過ぎの研究で有名なオーストラリアのベイカーIDI心臓・糖尿病研究所が作ったスマホアプリ「ライズ・アンド・リチャージ」は、座っている時間が30分を超えると立ち上がるよう警告する。スマートフォンにも立っている時間を記録できる機能がある。










45-09
      
2009-04-06発行                                  2010-08-11発行
 


*考察論&運動
◆ギックリ腰・腰痛
私は16年10月にギックリ腰になってしまった。今回は「腰の激痛、しびれがピタリと消える自力療法」をためしてみた。効き目があった。この雑誌の内容は記載禁止になっていたので自分なりにアレンジしてみました。ギックリ腰などには「背中を弓なり運動(イナバウワ)をこまめに程々にする」と改善がみられます。腰痛がなくとも日頃から弓なり運動を心がけると良いです。もちろん日頃から背すじを伸ばしての生活が大事です。

  朝起きて弓なり運動、食事前に弓なり運動、食後に弓なり運動、パソコン使用中にはこまめに弓なり運動、椅子に30分座っていたら必ず椅子から立って軽運動に弓なり運動をする。夜にトイレに行ったら弓なり運動、と日々の時間に弓なり運動と1時間以内に一回は弓なり運動です、一回の弓なり運動回数は3~6回程度です。する事によって自然と背中の姿勢がよくなります。

  床に腕をたてて弓なり運動
  机に手をたてて弓なり運動
  床や布団に仰向けになってお腹を持ち上げて弓なり運動
  床や布団にうつ伏せになって腕をたてて弓なり運動
  床や布団で横になって弓なり運動
  ウオーキング中でもあるものを利用して弓なり運動
  草取り中でも30分たてば弓なり運動です



2013-04-25発行






2017-05-20・・・日経より引用
●手の震え放置しないで
    頻発なら早めに受診を
    刺激物控えリラックス/薬で症状軽減も

  人前で字を書いたり、食事したりするときに、手が震えるとひそかに悩む人は少なくない。震えるだけと侮るなかれ、背後に重要な病気が潜んでいる場合もある。手の震えが出る病気と、対処法を知っておこう。

  職場の飲み会で上司に酒をつごうとして、ブルブルと手が夢見て恥ずかしい思いをした。激しく緊張したり、腕の筋肉を酷使したりした時に手が震えるのはよくある。震えが出ても「一時的であればあまり心配はない」と順天堂大学医学部付属順天堂医院(東京・文京)脳神経内科の服部信孝教授は話す。手の震えが頻繁に起きるなら、早めに神経内科などを受診し、原因を見極めたい。複数の病気で、手の震えが症状として出るからだ。最も多いのは「本態性振戦」という病気だ。震えのみが出て、他の症状を伴わない。

  患者は人口の2・5~10%を占めるといわれ、決して珍しくない。本態性振戦の震えは、字を書くときや食事中など、動作のときに起きるのが特徴だ。基本的に本態性振戦は症状が悪化することはなく、命に関わることのない「良性」の病気だ。みわ内科クリニック(東京都西東京市)の三輪英人医師は「最初は手だけだった震えが、首を揺らしたり、人前で話すと声が震えたりと、広がることもある」と話す。症状の緩和には生活改善が有効だ。カギになるのは緊張をほぐすこと。三輪医師は「本態性振戦は精神的な影響を受けやすい病気」と指摘する。

  水が入ったコップを持つと緊張して手が震えるが、空のコップだと震えない人もいる。緊張で震えが強くなる人は、深呼吸をするなどして、なるべくリラックスするよう心がける。震えを意識すると余計に震えが出やすくなるので、気にしすぎないことも大切だ。精神安定剤の服用で、症状が軽くなる場合もある。カフェインなどの刺激物は症状を悪化させやすいので、人前に出るときは摂取を控えよう。本態性振戦の患者が少量のアルコールを飲むと、一時的に震えが和らぐ場合もあるが、酒に頼らないよう気を付けたい。

  人前に出るなど震えては困るという場面がある人は、交感神経の働きを和らげるβ遮断薬の処方を医師に相談しよう。重い症状だと、脳に電極を入れて微弱な電流を流す「脳深部刺激療法」といった外科的治療も受けられる。服部教授は「震えが止まらないからと諦めないで、日常生活に支障をきたしている人は、積極的に受診してほしい」と助言する。手の震えが出ていて油断ができないのは、病気の症状のlつとして現れるケースだ。例えばパーキンソン病。脳の黒質という部分に異常をきたし、神経伝達物質のドーパミンの分泌が減る病気だ。手足の震えに加え、筋肉がこわばる、動作が遅いといった症状が出る。

  体内で甲状腺ホルモンが作られ過ぎてしまう甲状腺機能元進(こうしん)症(バセドゥ病)は女性に多く、手が細かく夢見る、暑くないのに汗をかく、人前で話すと胸がドキドキするなどの症状がある。脳梗塞でも、大きな発作の前に、手のしびれや震えが起きる場合がある。手の震えをもたらす病気は他にも、脊髄小脳変性症、多発性硬化症などがある。服部教授は「手の震えに気付いたときに磁気共鳴画像装置(MRI)検査などを受けると、病気の早期発見や早期治療につながることもある」と話す。パーキンソン病の場合、軽度のうちに治療を始めると、進行を遅らせることができると分かったという。手の震えは癖のようなものだと軽視せず、早めに適切なケアや治療につなげよう。(ライター荒川 直働)








2017-06-18・・・日経より引用
●健康世代
    佐藤賢一氏、語る

      さとう・けんいち作家。1968年山形生まれ
           93年「ジャガーになった男」でデビュー
           著書に「王妃の離婚」(直木賞)「小説フランス革命」(全12巻)など

  一九六八年生まれなので、もうじき五十になる。こんな年だが、下の子供が小学六年生なので、まだ運動会に呼ばれる。親参加の競技に出たりもするが、そうしてジャージー姿の父親たちに囲まれて、あれと気づく。徒競走は速そうだが、綱引きは弱そうだ。みんな、スラリと痩せているからだ。肥えた向きなど、たまにしかいない。それも一昔前には「中肉」といわれた程度にすぎない。「肥満」とされたであろう父親など、もはや皆無に近いのだ。自分が子供の頃の景色とは、明らかに違う。がっちりと固太りで、それが何とも頼もしい感じがして。

  そういった父親のイメージなど、もはや過去のものになりつつあると思わせるほどだ。若い父親が多いというわけではない。晩婚化が進んだ必然で、小学生の親だと三十代と四十代が同じ割合か、あるいは四十代のほうが多いくらいなのだ。五十代の父親とて、さほど珍しいわけではない。それが、おしなべて痩せている。ややぽっちゃりしていると思うと、かえってそれが若い父親だったりもする。「若さにかまけて、油断しているな」そう思う私は、実際気をつけている。

  食事の量から質から塩分から、取る時間、食べる順番にいたるまで--気をつけるようになったというか、気をつけさせられるようになったというか、四十代からはメタボ健診で、うるさくいわれてしまうのである。始まったのが2008年というから、じき十年になる。ちょうど四十になった年に始まったので、どうして私の世代からなんだと、ちょっと腹立たしく感じたことを覚えている。とはいえ、メタボ、メタボと健康診断のたび病院で繰り返され、その厳しさに倍して家でも妻にチェックされ、嫌々ながらも気をつけるようになると、これが確かに痩せるのだ。自分の親が同じ年齢だったときの写真をみると、格段にスリムなことが一目瞭然になるくらい、それは、もう、きちんと痩せて、そのまま維持されている。

  身体が軽いと、若返ったような気もする。それは勘違いとしても、老けこむ感は薄くなる。体力が衰えないわけではなく、それこそ子供の運動会などで急に張りきったりすると、あちこち痛めてしまうことになる。が、それなら普段から少し身体を動かそうかという気にもなるのだ。ウォーキングなり、ジョギングなり、自転車なり、三日坊主にならずに済むのは、やってみると、意外と息切れしないからだ。思い出して、ホッとすることには、タバコをやめてよかったと。私が禁煙したのは三十九のとき、やはり四十直前だった。それは喫煙者への風当たりが加速度的に厳しくなった頃だ。それまでも健康に悪いと嫌われてはいたが、吸う場所に困るほどではなかった。

  それが禁煙スペースが増え、いや、喫煙スペースが限られるようになり、あっという間に全面禁煙が一般的になってしまった。それなら吸わなくていいやと、私はやめたのだ。もちろん健康のためによいからとも考えて決断したが、その効果のほどが十年たった今にして実感されている。だから自然に自覚もされる。親の世代、いや、少し上の世代とは、はっきり違う。スラリと痩せて、運動を楽しんだりする周囲の姿で確認するほど、ああ、自分たちは健康世代だったんだなと思う。ラッキーだったとも喜びかけるが、しかし、だ。

  世は未曽有の高齢化社会である。もう五十になる身であれば、自分が高齢者になる未来は、もうそんなに遠いわけではない。子供に迷惑をかけたくないなと、まず思う。子供世代の負担になるのも嫌だ。だから健康でいることが大切なのだと、世代の幸運を噛みしめかけるが、しかし、なのだ。こんなに健康で、私たちの世代は果たして死ねるものだろうか。なにしろ今で、すでに高齢化社会なのである。親の世代、上の世代、つまりはグルメだの何だのと飲み放題、食べ放題で、特に運動もせずに皆が太っていた世代、喫煙が当たり前なので、タバコの煙のなかで生活していたような世代が、平均寿命八十歳をマークしてしまっているのである。

  これが健康世代の私たちになれば、冗談でなく平均寿命九十歳になるかもしれない。九十歳で健康ーーということだって、あるだろう。しかし、さすがに九十歳である。身体が健康でも、頭が不健康というか、脳味噌のほうがもたずに、認知症にでもなった日には、これは、もう悲劇だ。身体が健康であればあるほど、悲劇だ。介護の手を必要としたままで、えんえん生き続けることになるからだ。もし自分がそうなって、子供に迷惑をかけたら、社会の負担になったらと思うほど、もう暗澹たる気分になってしまうのだ。

  そもそも健康に気をつけようと心がけたのは、ひとつには不摂生がたたって突然死などしてしまったら、家族が、子供が、大変な思いをすると考えたからである。頼られる父親としては、どうでも痩せていなければならないのだ。が、それも現役で働いている間の話だ。そのあとは適当な頃合いに死んでしまったほうがよいのだ。少なくとも自分のこととしては、そう思う。ポックリいくか。じわじわ弱るか。いずれにせよ、いつまでも健康でいるわけにはいかないなあと、考えを新たにしている昨今である。






2017-07-03・・・日経より引用
●副作用で顎の骨壊死
    骨粗しょう症薬使用で留意
    歯科医定期受診で予防

  骨粗しょう症やがんの骨転移の治療に使う「ビスホスホネート製剤」という薬の副作用によって、顎の骨が壊死(えし)する患者が増えている。発症はまれだが、効き目の高い薬のため服用する人は多い。顎骨の壊死に抜本的な治療法はなく、虫歯や歯周病の治療などの予防が重要になる。専門家は注意を呼びかけており、関連学会は予防策や対応策を公表している。


  東京都に住む65歳の女性は数年前からかかりつけの歯科医から歯周病の症状を指摘されていた。痛みが強くなったので抜歯したが、いっこうに傷口は治らない。顎の骨が口の中に露出し、膿(うみ)も出る状態が続いた。


*高齢女性まれに
  歯科医の紹介で大学病院の口腔(こうくう)外科を受診すると、顎骨が壊死していると説明された。細菌の感染を抑える抗生物質を飲み、定期的に骨の壊死した部分を洗い流す治療を受けたが、数カ月たっても良くならない。口腔外科医からはこのままでは顎骨を切除する手術が必要になるかもしれないと告げられた。じっは女性は別に整形外科を受診しており、骨粗しょう症の薬としてビスホスホネート製剤を処方され、4年前から飲み続けていた。大学病院の口腔外科医は女性が飲んでいる薬を確認し、副作用である「ビスホスホネート関連顎骨壊死(BRONl)」を発症したと判断した。顎骨壊死は下顎や上顎の骨が細菌に感染して腐ってしまう病気だ。

  乳がんの骨転移や骨粗しょう症の薬としてビスホスホネート製剤を飲む高齢女性などで、まれにだが発症することがある。壊死が起きると口の中で骨が霧出し、強い痛みで食事が難しくなる。歯が抜けたり、顎の皮膚に穴が開いて骨が露出したりすることもある。放置して悪化し、脳や肺を琴っ胸膜が細菌に感染する「脳膿傷(のうよう)」や「膿胸(のうきょう)」による死亡例もあるという。

  骨は通常、古い骨を分解・吸収する「破骨細胞」と、新しい骨を作る「骨芽細胞」の働きのバランスによって代謝が保たれている。ビスホスホネート製剤は破骨細胞の働きだけを抑え、骨を丈夫にする薬だ。第1世代から第2世代、第3世代と薬の改良が進み、乳がんや肺がん、前立腺がんなどの骨転移、骨がもろくなる骨粗しょう症の治療や予防に重宝されている。ただ、薬の効き目が高まり、服用する患者が増えた半面、副作用として顎骨の壊死の発症も多くなってきた。

  日本口腔外科学会がまとめた全国調査では、2006~08年に計263例が報告されたのに対し、2011~13年は計4797例と急増した。2011〜13年の調査では、ビスホスホネート製剤を服用するようになった原因の病気はがんが47%、骨粗しょう症が45%とほぼ同じ比率だった。調査に携わった東京歯科大学の柴原孝彦教授は「医師と歯科医師の双方が注意し、連携すれば発症は防げるはずだ」と話す。先に対策が進んだ米国では発症が減少傾向に転じたという。


*口中衛生を改善
  同学会や日本骨代謝学会など6つの学会は昨年夏、顎骨壊死の予防策や対応策についてまとめた「ポジションペーパー」を4年ぶりに改訂した。顎骨壊死は発症の仕組みなど未解明な部分も多いが、現時点での統一的な見解を公表した。ペーパーでは対策として、ビスホスホネート製剤の服用前に歯科を受診することを挙げている。口の中の衛生状態を改善し、抜歯などの歯科治療を投薬開始の2週間前までに終えることが望ましい。東京女子医科大学病院では他の診療科がビスホスホネート製剤を処方する際、歯科口腔外科を受診する体制を整えた。

  予防には医師と歯科医師の連携が欠かせないが、まだ全国的には対策が徹底されているとはいえない。貝淵信之助教は「患者自身も副作用を知っておくことが大切」と語る。既に服用している人でも歯科の受診は重要だ。歯磨きなどで口の中を清潔に保ちつつ、顎骨壊死のきっかけになりうる虫歯などがあれば、抜歯などの最小限の治療も受ける。柴原教授は「歯科医は必要な治療をためらってはいけない。放置するとかえって発症を招いてしまう」と強調する。顎骨壊死がすでに起きている人の場合、発見が早くなるほど治療の可能性が高まる。

  軽症ならば傷口の穴の洗浄や抗菌薬の使用で治ることもある。症状が進むと壊死した骨をかき出し、場合によっては顎骨の一部を切除する。ただ、重症になると顎骨を切除しても完全に治らないことがある。命に関わる疾病に使う薬のため服用をやめるのは難しく、やめても症状が改善するとは限らない。新たな治療法として、酸素カプセルに入る高圧酸素療法、細胞シートを使った再生医療などが検討されているが、まだ根本的な治療法は確立されていない。(越川智瑛)




*他の薬でも報告
  顎骨が壊死(えし)する副作用が、ほかの薬でも起こることが近年明らかになっている。ビスホスホネート製剤と同じように古い骨を分解・吸収する破骨細胞の働きを抑え、骨粗しょう症やがんの骨転移の治療に使う新薬「デノスマブ」でも、ほぼ同じ頻度で顎骨壊死が起きる。最近は両方の副作用を合わせて、「骨吸収抑制薬関連顎骨壊死(ARONl)」と呼ぶようになってきた。デノスマブはビスホスホネート製剤と異なり、骨に沈着して残留せず、破骨細胞を殺さない。顎骨壊死は発生しないと期待されていたが、副作用をなくすことはできなかった。

  がん治療で抗がん剤としばしば併用する血管新生阻害薬などでも、顎骨壊死の発生率が上がるという報告がある。米国口腔(こうくう)顎顔面外科学会は幅広い種類の薬による副作用を指す「薬剤関連顎骨壊死(MRONl)」という名称を提唱している。高齢化などで骨粗しょう症やがんの患者が増えるにつれ、ビスホスホネート製剤やデノスマブなどを服用する人も増加する見通し。骨折の予防や骨転移の治療は生活の質を保つために重要で、薬の服用そのものが悪いわけではない。適切な予防策で副作用を避けつつ、薬と付き合っていくことが重要だ。





 
2014-06-16発行                        2008-01-23発行




2018-07-14・・・日経より引用
◆引き金だらけ…夏の痛風
    運動後のビール要注意   1日2㍑の水分、脱水防ぐ/乳製品で尿酸排出

  夏になると、痛風の発作が起こりやすい。汗をかいて脱水が進むことに加え、ビールを飲む機会が増えて尿酸値が上がるためだ。発作を防ぎ、安心してお酒を楽しむための注意点を知っておこう。

  突然、足の指が腫れ上がり、まともに歩けないほどの激痛が走る--。ビールがおいしい季節、お酒を飲む習慣のある人が恐れるのが痛風だろう。原因は関節にたまった尿酸の結晶。これがはがれることで炎症が起きる。東京女子医科大学病院膠原病リウマチ痛風センター(東女・新宿)の山中寿教授は「痛風患者はどんどん増え、若年化も進んでいる。かつては50代以降に発症する人が多かったが、最近は30代後半がピーク」と話す。国民生活基礎調査によると、痛風患者数は右肩上がりに増加し、2013年には100万人を突破。

  30年前の4倍に達した。尿酸は体内でも作られるほか、食品に含まれるプリン体が分解される過程でもできる。血液中の尿酸値が100㍉㍍当たり7・0㍉gを超えると高尿酸皿症。尿酸が結晶化して関節にたまるようになり、痛風発作を起こす可能性が高くなる。尿酸値が9〜10㍉gを超えていながら発作が起こらない人もいるが、油断は禁物。山中教授は「尿酸値が7㍉gを超える状態が長く続けば、それだけ発作を起こす確率が高くなる」と警鐘を鳴らす。足の指や足首に発作が起きるのは、体温が低いので結晶がたまりやすく、歩くときの振動ではがれやすいため。

  女性ホルモンには尿酸値を下げる作用があることから、痛風患者の95%は男性だ。医療機関を受診すると、尿酸の合成を抑える薬や排出を促す薬を処方される。尿酸値が上がらないように、プリン体が多いビールの替わりに、プリン体ゼロの発泡酒や焼酎を飲めば安心、とは言えない。「アルコール自体に尿酸値を上げる作用があり、酒l量が多いほど痛風の発症率は高くなる」と長瀬クリニック(東京・板橋)の長源満天院長は指摘する。尿酸値を上げない1日の目安量はビールで中瓶1本(500㍉リットル)、日本酒なら1合(180㍉㍍)程度という。プリン体が多いレバーや白子をなるべく食べないという人も多いが「プリン体はすべての食品に入っている。含有量が多い食品を控えるよりも、食べる全体量を減らすのが大切」 (山中教授)。

  尿酸の排出を促し、尿酸値を下げる作用があるたんばく質、カゼインを含む牛乳やチーズなど乳製品は取りたい食品だ。食事や酒のほかにも尿酸値を上げる要因はある。代表的なのが脱水。発汗量が増える夏は特に注意が必要だ。尿酸は尿として体外に排出される。水をたくさん飲んで、脱水を防ぎ、尿酸の排出を促そう。「ノーカロリーの水かお茶を1日2トリ肋飲むとよい」(長瀬院長)ストレスは「それ自体よりも、その対処法次第で尿酸値が上がりやすい」と山中教授は話す。暴飲暴食など肉体に負担をかける方法ではなく、健康的にストレスを解消できる趣味を持つとよいだろう

  運動するなら、ウオーキングや水泳といった有酸素運動は尿酸値を下げるのでオススメだ。筋力トレーニングなどの激しい無酸素運動は、.尿酸値を上げる作用があるので注意しよう。暑さで汗の量が増える夏、スポーツやサウナで大量に汗をかいた後にビールを飲むと、一気に尿酸値が上がる「尿酸値が高い人は大量に飲酒したはずみに発作を起こしやすい」と長瀬院長は警告する。汗をかいたらビールの前にいったん水分を補給。飲み過ぎに注意して、節度ある酒を楽しもう。(ライター伊藤 和弘)