サブページに戻ります
健康・病気の過程[10]
18

2017-08-19・・・日経より引用
●夏の湿疹やかゆみなせ?
    日光・汗が原因肌トラブル
    日焼け止め・薬で抑える/発汗時こすらない

  夏は日差しの下で汗を拭う機会が多い季節だ。太陽の光や発汗は、光線過敏症や肌荒れなど様々な肌トラブルを引き起こす。対処法や予防法を専門家に聞いた。

  夏の肌トラブルは日焼けに限らない。意外と多いのが日光に当たって起きるアレルギー疾患で、光線過敏症と呼ばれる。いくつかの種類があるが、代表的なのが「多形日光疹」、「日光じんましん」、「薬剤性光線過敏症」だ。紫外線を浴びた皮膚に、半日ほどたってから赤くて小さい粒状の湿疹とかゆみが出るのが多形日光疹だ。10~40代の女性に多い。原因は紫外線だ。「紫外線の刺激で皮膚中の成分が変化し、遅延型アレルギーを起こす」とひふのクリニック人形町(東京・中央)の上出良一院長は説明する。多形日光疹は日焼け止めで予防できる。発症しても「多くは1週間以内に自然に治っていくが、数日たっても治まらない場合はステロイド薬を処方してもらうとよい」と上出院長。

  日光遷浴びるとできる成分への即時型アレルギーが日光じんましんだ。肌が赤いミミズ腫れのようになる。主な原因は可視光線だ。日光を避けると症状は治まる。ただ「紫外線が原因ではないため、日焼け止めでは予防できない」 (上出院長)。対策は「抗ヒスタミン薬でアレルギー反応を抑えること」だ。飲み薬や貼り薬が原因で起きるのが薬剤性光線過敏症だ。薬を使い始めた後に日光に当たり、顔や首周りなどに日焼けに似た症状が強く出たら要注意だ。「抗炎症成分のケトプロフェンを含む湿布薬の場合、貼った所が赤く腫れ、水ぶくれなど強い症状が出ることもある」と上出院長。「他人から譲られた湿布を使わないことが大切」と注意を促す。

  一部の血圧を下げる薬でも起きやすいという。医療機関で原因になっている薬剤を診断してもらい、服用や湿布の使用をやめる。薬剤は体内にしばらく残るので、l~3カ月は直射日光を避ける。正確に光線過敏症の診断を受けるには、いつから症状が始まったか、どんなときに症状が出るか、症状が起きる場所や服用薬などを医師に伝えられるようメモしておこう。体温調節のため汗をかくことは重要だが、汗が夏の肌トラブルの原因になることもある。

  「タオルなどで頻繁に汗を拭いていると、ふやけた肌を傷つけるうえ、刺激になる汗の成分を肌にすり込むことになり、汗による肌荒れが起こる」 (上出院長)予防には日常のスキンケアと、汗をかいたときの対処が大切だ。若松町こころとひふのクリニック(東京・新宿)の檎垣祐子院長は「肌のバリア機能を保つため、洗顔のし過ぎは厳禁。朝は水で軽く洗うだけにとどめたい」と話す。発汗後の日中の洗顔は洗浄剤を使わず水で流すか、蒸留水をスプレーしてタオルなどで軽く押さえて水分を拭き取るようにしよう。決して肌をこすらないようにしたい。

  エアコンの冷風にさらされるため肌の乾燥が気になる半面、保湿のし過ぎも肌トラブルの元になる。「油分が多すぎると皮膚の常在菌のバランスが崩れる。乾燥が肌を傷めるからといってケアしすぎず、乳液など軽めの保湿と日焼け止めの使用にとどめたい」 (槍垣院長)。     薄着の季節は、ネックレスなどのアクセサリーを肌の上に直接着ける機会も多い。檜垣院長は「汗で金属がイオン化しアレルゲンになりやすい夏は、金属アレルギーも増える。ニッケルなどの金属を使ったアクセサリーを避け、ベルトの金具が直接肌に触れないようにしたい」と勧める。(ライター武田 京子)








2017-09-16・・・日経より引用
●水虫で歩き方に異変?
    転倒しやすく高齢者注意
    水洗い・保湿で予防/足の爪は短く保つ

  多くの人を悩ませる水虫。たかが水虫と侮るなかれ。爪の水虫にかかると、下肢機能が低下して転倒するリスクが高まるという。毎日のケアで、完治・予防しよう。

  水虫の原因になる白癬菌(はくせんきん)はカどの一種。高温多湿の環境を好み、皮膚の角質に感染して水虫を引き起こす。長時間靴を履いている働く世代で悩む人が多いが、高齢者にとっても人ごとではない。文京学院大学の藤谷克己教授が一般成人と65歳以上の高齢者計159人を調査したところ、白癬菌を散布しているのは、64歳以下の9%に対し、高齢者は55%に達した。白癬菌が足の裏や指に感染すると足白癖に、爪の中に入り込むと爪の水虫「爪白癬(つめはくせん)」になる。爪白癬はかゆみなどの症状がなく、気付かない人も多い。

  進行すると、爪が白や黄色に変色し、厚くなったりポロポロになったりする。放置すると爪が変形する。問題は、水虫は命に関わらない疾患だと見過ごされがちなことだ。実は水虫が高齢者の転倒リスクを高める恐れがあると分かっている。早稲田大学スポーツ科学学術院の中村好男教授らが1万581人を対象に調査したところ、足の指や爪に水虫などの問題を抱えている高齢者で、過去1年間に転倒経験を持つ人の割合は、そうでない人よりも高かった。水虫や爪白癬など「足に疾患があると、足の指が地面に付きにくくなり、バランスを崩したり、すり足になったりして転倒する可能性がある」(中村教授)。

  足の爪は移動するときに重要な役割を果たす。「歩行時に足の指で地面を蹴るとき、足の爪には大きな力がかかる」と中村教授。ところが「爪白癬にかかると爪がもろくなるため、足先に力が入らずよろけてしまい、転倒するリスクを招く」と藤谷教授は指摘する。なかでも爪白癬になりやすい足の親指は、踏ん張るときに力がかかる場所だ。水虫で爪が弱ると、踏ん張れなくなって転んでしまう。さらに「水虫にかかった爪が剥がれることで、歩行困難に陥るケースもある」(藤谷教授)という。

  高齢者は特に注意が必要な水虫だが、「予防はシンプルで、完治も可能」と藤谷教授。一番有効なのは、1日1回足を洗って、原因の菌を取り去ることだ。白癬菌は水虫の人の足から剥がれ落ちた垢(あか)に数多く潜み、スポーツジムや介護施設など人が集まる場所でまき散らされる。足に付いた菌を放置すると、約24時間かけて角質に侵入し、感染する。せっけんを泡立てて指の間や爪の溝の周り、足裏をよく洗う。水で流してから、乾いたタオルで拭きとる。バスマットの共有は避ける。足の指の間を拭くのも効果的だ。ただし「消毒用アルコールでは菌は落ちない」(藤谷教授)。せっけんの方が殺菌作用が大きいという。

  足の爪は短く保つ。同じ靴を履いたり、靴下を長時間履き続けたりすると、足が蒸れて白癬菌の増殖を招くので、毎日履き替えよう。サンダルの素足履きでかかとがかさつき、菌が入りやすくなって水虫に感染する例もある。クリームで保湿を心がけたい。日ごろの足の使い方も重要だ。「歩き方を意識しないでいると、水虫は繰り返す」(中村教授)。歩行時はかかとと親指の付け根、小指の付け根の3点を意識して、かかとから足の指へ重心を移動する習慣を身につけたい。水虫は完治を目指せるだけに、皮膚科専門医による見極めが必要だ。毎日足を洗うことに加えて、菌を持つ人が自覚してしっかり治療を受けることが、他の人の水虫の予防にもっながる。(ライター高谷 治美)








2017-12-16・・・日経より引用
●めまい、その香りが原因?
    柔軟剤など苦手な人も
    化学物質過敏症、使い方や換気に注意

  寒い季節、暖房が効いた室内や車内で気になるのは衣類の柔軟剤や消臭剤などの香りだ。これらに含まれるごく微量の化学物質の影響で、体調を崩す人がいる。原因を知り、症状の緩和や発症の予防を心がけよう。


  現代社会は人工の香りであふれている。多くは体臭や衣類の生乾き臭などを和らげるためのものだが、身の回りの香りに反応して不調を訴える人がいる。実態を明らかにするため、NPO法人日本消費者連盟(東京・新宿)は今年7月と8月、「香害110番」を実施。2日間で213件の訴えが寄せられた。多かったのは「隣家の洗濯物の香りで息苦しくなる」など柔軟剤関連だった。「駅で制汗剤を使う人がいて、めまいがした」など多様な原因や症状が挙がった。訴えを寄せた人の約半数が、医療機関で「化学物質過敏症」と診断されていることも分かった。

  この病気に詳しい東海大学の坂部芸医学部長は「一般の人にはほとんど問題のない微貝里の化学物質を浴びて、体調不良を繰り返す病気」と解説する。56年前に初めて報告されたが、発症の仕組みなどが不明で、当初は病気の存在に否定的な研究者も多かった。研究が進んで、微量物質の毒性やアレルギー、嗅覚過敏が関与した脳の機能異常などが患者に起きていると解明された。「2015年の大規模疫学調査で、人口の7・5%が化学物質に対して何らかの過敏症状を持つという結果も出ている」と坂部部長。

  決して珍しい病気とはいえない。そよ風クリニック(東京・杉並)の宮田幹夫院長は「化学物質を長期間摂取すると、体に加わるストレスの総量が患者の適応能力を超えてしまい、極めて微量かつ多様な化学物質に接触しただけで症状が出るようになる」と話す。診断の際は、周囲にある化学物質や、症状が出る場面などを問診票に沿って聞き取る。さらに国の研究班が作成した自律神経機能や脳神経機能、平衡機能の検査や血液検査などで調べる。化学物質過敏症に有効な治療薬は少なく、治療の中心は生活改善だ。まずは原因の化学物質をできるだけ浴びないこと。

  我慢できないと感じたときは、早めにその場所や発生源から遠ざかろう。こまめな換気も重要だ。坂部部長は「外気を恐れて部屋の窓を閉めきる人が多いが、化学物質は屋外より室内に多い」と指摘する。窓を開けたり、換気扇を使ったりして部屋を換気したい。空気清浄機は主に粒子状物質を取り除くため、すべての化学物質を除去するわけではないという。自律神経の機能を高めるためにお薦めなのが運動。軽く汗ばむ程度のウオーキングなどを定期的に取り入れよう。

  宮田院長は「副交感神経を優位にしてリラックスできるように、ぬるめの湯にゆっくりつかるのもいい」と勧める。食事ではビタミンやミネラルを十分に取りたい。「特に重要なのはマグネシウム。患者の17・5%にマグネシウム欠乏が見られる」(宮田院長)。マグネシウムはソバなどの穀類、落花生やアーモンド、海藻類に豊富に含まれており、神経や筋肉の過剰な緊張を和らげる効果が期待できるという。こうした生活改善によって「患者の7割で症状が改善する」 (宮田院長)。

  原因物質を過剰にまき散らさないために、患者でない人も洗剤や柔軟剤などの適正な使用量を守ることが重要だ。多くの人が集まる場所では特に、自分は快適でも他人が不快に感じる可能性を念頭に、香りの使い方に配慮したい。坂部部長は「現代は誰もが化学物質過敏症を発症する可能性がある。化学物質との正しいつきあい方を模索したい」と話している。(ライター荒川 直樹)








2018-01-13・・・日経より引用
●冬場は要注意こむら返り
    予防に足指曲げ伸ばし
    ミネラル食品を摂取/運動時は水・塩分補給

  ふくらはぎの筋肉が急にけいれんして強く痛むこむら返り。冷える冬場は特に起こりやすい。原因は様々だが、頻繁に繰り返すときは病気が潜んでいることも。対処法や予防法、受診の目安を知っておこう。


  痛みを伴う筋肉のけいれんは、多くの人が経験する。運動時や就寝(しゅうしん)中などに起こることが多く、妊娠や加齢でも起きやすくなる。ふくらはぎにある筋肉、俳腹筋(ひふくきん)で起きやすいため「俳(こむら)返り」と呼ばれるが、足の裏や指、太ももなどでも起きる。出沢明PEDクリニック(東京・世田谷)の出沢明院長によると、筋肉には過剰な伸長や収縮による損傷を防ぐ2つのセンサーがあるという。「伸びすぎを調整するのが筋紡錘(きんぼうすい)、縮みすぎを調整するのが腰紡錘(けんぼうすい)。

  このうち腱紡錘の働きが悪くなると、筋肉が異常に収縮してけいれんが起こる」なぜ腱紡錘の働きが悪くなるのかは明らかになっていないが、いくつかの要因が考えられる。1つはミネラル(電解質)バランスの崩れ。「筋肉の収縮や神経の伝達に関連するカルシウムやカリウム、この2つのミネラルの働きを調整するマグネシウム不足の影響が特に大きい」(出沢院長)。他には発汗などによる脱水、冷えなどによる血行不良、筋肉の衰えや疲労も原因になる。利尿剤や降圧剤など薬剤が原因の場合もある。出沢院長は「こむら返りは誰にでも起こる。

  大半は一過性のもので心配はない」と話す。こむら返りが起きたら慌てずに、つま先を体のほうにゆっくりと引き寄せて、アキレスけんを伸ばす。壁に足の裏を押しっけて伸ばしてもよい。足の筋肉のマッサージや、足の指を大きく曲げ伸ばしするストレッチなどを習慣にすると予防になる。ミネラルを多く含む食品考取ることも有効だ。「妊娠中の人や高齢者は特に、不足しがちなマグネシウム窒息識的に摂取してほしい」と出沢院長。素干ししたわかめやするめ、アーモンドなどのナッツ類に多い。運動時にこむら返りが起きやすい人は、こまめに水分と塩分の補給を。

  「運動前にカリウムを多く含むバナナを食べるのもお勧め」(出沢院長)就寝中に起きやすい人は冷えに注意し、寝る前にコップ1杯の水や白湯を飲んでおこう。「こむら返りには昔から、漢方薬の苛薬甘草(しゃくやくかんぞう)湯が用いられてきた」と話すのは、愛誠病院上野クリニック(東京・台東)で漢方内科を担当する新見正則顧問。筋肉の緊張を緩めて、けいれんや痛みを抑える作用がある。基本的には症状が出たときに頓服で使う。

  前もって備えておくと運動時や就寝時のけいれんに対応できる。ただ「常用すると効き目が薄れる。1日1回を旨安に、3回以上の使用は控えて」(新見顧問)。筍薬甘帯湯は薬局などで市販されているが「医療機関で保険適用の乾燥エキス剤を処方してもらえば、1包6円程度(3割負担の場合)と安価。漢方薬を処方する医療機関を確認し、受診して相談するとよい」と新見顧問は話す。

  こむら返りが日常生活に支障を来すほど頻繁に起こったり、長く続いたり、首や肩など足以外の筋肉がけいれんを起こしたりするときは、糖尿病や閉塞性動脈硬化症、腰部脊柱管狭窄(きょうさく)症などの病気が隠れている可能性もある。その場合は「しびれや痛み、長い距離を続けて歩けなくなる間欠披行(はこう)といった他の症状を伴うことが多い」 (出沢院長)。気になるときは循環器科や神経内科、整形外科などを受診したい。(ライター田村 知子)








2018-04-21・・・日経より引用
◆暖かい春、早めの脱水対策
    乳幼児・高齢者特に注意
    冷房効いた屋内でも/食事をしっかり

  気象庁によると、この4~6月の気温は平年に比べ高くなる見込みという。脱水対策は通常、暑い夏の熱中症予防の位置づけだが、今年は春のうちから必要だ。脱水症状の気づき方や予防法などを専門家に聞いた。


  今年の春は各地で桜の開花が早まり、最高気温を更新するなど記録的な暖かさだ。そこで重要なのが脱水対策。たかせクリニック(東京・大田)の高瀬義昌理事長は、「季節の変わり目は自律神経のバランスが崩れ、暑さに順応しにくい。今年のような急激な暑さは脱水を招きやすくなる」と警鐘を鳴らす。脱水とは、体の中の水分と塩分などの電解質が不足した状態。体重の1〜2%相当が減るとのどの渇きや尿量の減少がみられ、体重の3〜9%分が減ると、全身の倦怠(けんたい)感や頭痛、めまい、血圧の低下などが起こる。

  「脱水が怖いのは、血液の流れる量が減り、心筋梗塞や脳梗塞の原因になること」と東邦大学医療センター大森病院(東京・大田)総合診療・急病センターの佐々木陽典助教は指摘する。特に注意が必要なのが高齢者。総務省消防庁の「熱中症による救急搬送状況」では高齢者が約半数を占める。その理由を高瀬氏は「加齢により体液の貯蔵庫でもある筋肉量が減り、体に水分を蓄えにくくなる。腎臓の機能も落ち、体内に水分や電解質を留める力も低下する」と説明する。

  高齢者は食べる量が減り、のどの乾きを感じにくくなるのに加え、頻尿や失禁を恐れて水分や電解質を十分に摂取しない傾向がある。服用する薬の影響で、脱水を助長する場合もある。一方で「乳幼児は大人に比べると多くの水分が必要だが、体重に比べて体表面が大きく、気づかぬうちに水分を失いがち」と佐々木氏は指摘する。「発汗や腎臓の機能が十分に発達しておらず、脱水を起こしやすい」。

  自分ではのどの渇きを訴えられない乳児の場合、機嫌が悪いといったサインを見逃さないことが大切だ。脱水の最大の予防策は、こまめに水分と塩分をとること。発汗以外に呼気や皮膚から水分が出る「不感蒸泄(せつ)」は、成人で1日約500〜900㍉トルに上る。脱水というと暑い中での作業時に起きる症状というイメージがあるが、エアコンの効いた屋内でも起こる。「乾燥した空気や扇風機の風などにより、不感蒸泄の量が増える一方、暑くないから大丈夫と考え十分な水分を摂取しないと起きる」と高瀬氏。

  「特に高齢者は、喉が渇かなくても水分補給を」水分補給のタイミングは、就寝や入浴、運動の前後と運動中、外出前や飲酒後。高瀬氏は「外出の前や食欲がない時、下痢の時は経口補水液を飲む」ことを勧める。ミネラルウオーターなど水分のみの摂取だと、塩分が薄まって塩分欠乏タイプの脱水になる可能性がある。「高齢者は特に、塩分欠乏性脱水が幻覚や幻聴などのせん妄を引き起こし、判断力を低下させてさらに脱水になるという悪循環に陥る」と高瀬氏。効果的に水分と塩分を吸収するには、経口補水液が適している。

  適度な塩分とその吸収を促す糖分がバランスよく含まれるためだ。スポーツドリンクは経口補水液に比べ、塩分が少なく糖分が多い。水分補給の目的で飲み過ぎないようにしよう。食事をしっかりとることも脱水予防につながる。通常、成人が1日に摂取する水分は約2・5㍍で、うち1㍍は食事から取っている。「みそ汁やスープなら、塩分も一緒にとれる」 (佐々木氏)。十分な水分を蓄えられる体にするため、適度な運動で筋肉をつけることも大切だ。(ライター武田 京子)






2018-08-20・・・・PLUSI健康より引用
◆快適な冷房生活のワナ・臣の“冷え”に気をつけて









2018-08-25・・・日経より引用
◆赤いポッポッ帯状癌疹
    免疫力低下で突然発症
    体の片側に痛みや発疹/3日以内に皮膚科へ

  ある日突然、顔や体の片側に痛みが起きた後、赤い発疹が現れる「帯状癌疹(たいじょうほうしん)」。80歳までに3人に1人がかかるといわれる。重症化すれば痛みが長く続くことも。発症の兆しを察知して、早期に対処しよう。この帯状疱疹に68歳の時に私もなってしまったが、医者にいって注射としていただき飲み薬を飲んだらまもなくして簡単に治ってしまった。

  帯状癌疹の原因は、水ぼうそうと同じ「水痘・帯状疱疹ウイルス」。国立感染症研究所の調べでは、日本の成人の9割以上が同ウイルスに感染している。過去に水ぼうそうにかかったことのある人を含め、ほとんどの人が帯状癌疹を発症する可能性がある。水ぼうそうが治った後も、ウイルスは感覚神経の根元にある神経節に一生にわたり潜伏。日ごろはリンパ球がウイルスを記憶し、活性化しないように監視しているが、リンパ球が減ってきたころを狙って、突然暴れ出す。再活性化のきっかけとなるのが免疫力の低下だ加齢や疲労・ストレスの蓄積、糖尿病や癌といった病気などが誘因になりやすい

  まりこの皮フ科(横浜市)の本田まりこ院長は「帯状疱疹疹は夏に多くなる傾向がある」と話す。気温が25度を超えると水ぼうそうのウイルスの感染力が低下するため、夏はウイルスに触れる機会が減る。ウイルスを監視するリンパ球の働きが弱まることで、帯状庖疹を発症しやすくなると考えられる。「猛暑の疲れや夏パテも要因の一つになる」再活性化したウイルスは増殖しながら、神経に沿って皮膚の表面に移動していく。このとき神経や周辺の組織を傷つけるため、ピリピリ・チクチクとした痛みが出る。

  数日後には虫刺されのような赤い発疹がポッポッとできて帯状に広がり、水ぶくれになる。痛みや発疹は体の左石どちらか片側に現れるのが特徴。顔や頭、胸やおなか、背中、腰、股間などに発症しやすい。発疹が出てから3日以内に抗ウイルス薬を投与すれば、重症化を防げる可能性が高まる。東京逓信病院(東京・千代田)で皮膚科部長を務める江藤隆史副院長は「頭部に発症すると片頭痛、胸部では狭心症などと他の病気を疑うことも多いが、体の片側の痛みに続いて発疹が現れたら、すぐに皮膚科を受診してほしい」と注意を促す。

  治療が遅れると、痛みや皮膚症状が悪化したり、長引いたりしやすい。通常は約3週間で皮膚症状が治まり、痛みも消える。ただし50代以上では1カ月以上かかることが多い。「高齢者や持病で免疫力が落ちている人、痛みや皮膚症状が強かった人は、3カ月たっても病みが続く『帯状痕疹後神経痛』になりやすい」 (本田院長)帯状痕疹後神経痛になると、10年以上激痛に苦しむ例もあるという。江藤副院長は「帯状痕疹は多忙で休めないときに発症しやすく、受診を先延ばしにする人も少なくない。

  後退症を残さないためにも、早期の診断と治療、休養の確保が重要」と強調する。水痘ワクチンの接種も帯状魅疹の予防に有効だ。加齢で低下した水痘・帯状痕疹ウイルスに対する免疫を再び強化して、帯状痕疹の発症や重症化を防ぐ効果がある。水痘ワクチンは1〜2歳児を対象に2014年から定期接種が開始。2016年には50歳以上の成人が、帯状庖疹の予防を目的に接種することが可能になった。成人は費用(約1万円)が自己負担になるが「水痘ワクチンの接種で帯状痕疹の発症率は半減し、帯状庖疹後神経痛の発症軽減も期待できる」 (江藤副院長)。

  本田院長は「子どもの水痘ワクチン接種の定期化以降、成人の帯状疱疹が増えている」と指摘する。ウイルスと出合うことで免疫機能が高まる「追加免疫効果」が得られにくくなったからだ。「高齢者や多忙な人は特に、元気なうちにワクチンを接種しておきたい」と勧める。(ライター田村 知子)


 


*気になる口内炎の対処法
  口内炎ができると、飲食に不便を感じるなど日常生活に支障をきたす。原因が特定できれば、その原因を取り除くことで症状が落ち着くことも多い。一方で、原因不明の口内炎もかなりある。一番多いのは、患部が白くなる「アフタ」。直径2〜5㍉と小さいが、ものが当たると強く痛む。原因はアレルギーや自己免疫異常による病気、ビタミン不足、ストレスなど様々だ。予防法はなく、軟こうや貼り薬、噴霧薬を使って治療する。通常は10日前後で治るが、慢性再発性アフタになると繰り返し、漢方薬を用いることもある。

  歯のとがった角や義歯などが触れたり、熱いものの刺激を受けたりして、潰瘍ができることもある。痛みは強いが、接触や刺激がなくなると1週間ほどで治る。単純癌疹ウイルスや帯状痕疹ウイルスが原因の水ぶくれもある。水ぶくれが破れると強く痛む。小児に多いのは手足口病などによる口内炎だ。頻度は少ないが、免疫が自分自身を攻撃する「自己免疫疾患」の天疱瘡(てんほうそう)や類天痕瘡(るいてんほうそう)で水ぶくれができることもある。この場合、水ぶくれはすぐに破れて、痛みを生じる。疑いがある場合は皮膚科を受診するとよい。白い斑点状でこすると取れるなら、カンジダ症だ。高齢者や癌の化学療法・抗癌剤などを受けている人、ステロイドを服用中の人に多い

  主に抗真菌薬で治療する。赤くただれたり、白色線状が混じったりする場合は、扁平苔癖が考えられる。金属や薬剤などのアレルギーの影響であれば、除去すると症状が落ち着くことがある。一方で原因が分からず難治性のことも。症状が強い時は、軟こうを使う。原因不明の口内炎は、口の中を清潔に保ち、軟こう等で痛みを和らげて、患部をカバーして対応する。なかなか治らない時は、腫瘍(癌・がん)の可能性もあるので注意が必要。歯科や歯科口腔外科、耳鼻咽喉科を受診してほしい。(国立病院機構東京医療センター歯科口腔外科医長大鶴 洋)




2018-10-13・・・日経より引用
◆風疹、働き盛り男性に拡大
    妊婦の感染は影響深刻    抗体ない人多く/予防はワクチンのみ

  風疹の感染が拡大している。患者の大半は働き盛り世代の男性だ。妊婦が感染すると、胎児に深刻な障害を引き起こすリスクがある。確実な予防法はワクチンのみ。抗体検査も活用して、発症を防ごう。

  今年発症した風疹患者は9月30日時点で952人(国立感染症研究所調べ)。昨年1年間(93人)の10倍を超え、増加は1万4344人が発症した2013年以来の勢いだ。風疹とは発熱やリンパ節の腫れなどを伴うウイルス性の発疹症。通常は1週間以内に治るが、「成人がかかると重症化しやすく、入院するほどの高熱が出ることもある」と順天堂大学大学院医学研究科感染制御科学の東員教授は話す。今年発症した患者の96%が成人。8割以上が男性で、中心は30〜50代だ。

  大人から大人へ感染が広がっており、職場や地域、家庭で妊婦や妊娠可能な女性に風疹がうつるケースが最も危惧されている。妊娠20週までの妊婦が風疹ウイルスに感染、胎児にも感染すると目や耳、心臓に深刻な障害を起こす「先天性風疹症候群」となることがある。妊娠初期ほどリスクは高く、母親が感染した場合、妊娠1カ月で50%以上、2カ月で35%、3カ月で18%の胎児に影轡が出るとの報告がある。風疹はインフルエンザと同じく、せきやくしゃみ、会話などでうつる(飛沫感染)。

  症状が出る1週間前から他の人にうつり始め、免疫がない人の集団だと、1人の患者からの二次感染の平均は、インフルエンザの1〜2に対して風疹は6〜7という。中には症状が出ずに人にうつす「不顕性感染」もあるので、「確実な予防策はワクチン接種しかない」と国立感染症研究所感染症疫学センター第三室の多屋馨子室長は明言する。風疹は一度かかるか、ワクチンを受けるかすると体内に抗体ができ、二度と感染しない。1回のワクチン接種では抗体ができない人も5%いるので、2回接種が望ましい。現代の子供は、小学校入学前に風疹ワクチンを2回受けている。

  60代以上の世代はワクチンがなくても、幼少期に発症して自然に免疫を得るのが一般的だった。一方で30〜50代の男性は風疹にかからず、ワクチンも未接種のため、抗体を持たない人が多い。子供時代にワクチンを受けたかどうかは、母子健康手帳.で確認できる。過去に発症していれば抗体を持っているはずだが、「風疹と診断されたが、実は違っていたという例も少なくない」 (堀教授)ので注意が必要だ。身近に妊婦がいない人も油断は禁物。妊娠初期だと、本人も妊娠に気付いていないためだ。「自分のためではなく、集団を守るためにワクチンを受けてほしい」と堀教授は強調する。風疹ワクチンは3回以上受けても害はない。MRワクチン(麻疹・風疹の混合ワクチン)を選んでもよい。

  内科などで申し込むと、通常1週間程度で受けられ、2〜3週間で抗体ができる。費用は5000〜1万円程度だ。ただ「定期接種以外に使えるワクチンは今、数十万人分しかない」 (多屋室長)。接種歴が確認できない人は、まずは風疹の抗体の有無を調べよう。検査費用を助成する自治体もあり、妊娠を望む女性と妊婦の同居家族は無料で検査できることが多い。抗体価が低いと分かったら、すぐにワクチン接種を申し込む。風疹にかかったら、とにかく人前に出ないこと。早めに対策を打てるように職場には発症を報告し、症状が軽くても出勤は避ける。不用意に医療機関に行くと、待合室などでウイルスをまき散らしかねない。「いきなり受診するのではなく、まずは電話で相談して」と多屋室長は助言する。(ライター伊藤 和弘)