サブページに戻ります
18

健康・病気の過程[11]

2018-10-15・・・日経より引用
◆大豆イソフラボンからとれる「エクオール」
    更年期症状改善に一役   半数作れずサプリで補充も

  更年期症状の対策として大豆イソフラボンを摂取する女性は多いが、実はイソフラボンが体内で分解されてできる「エクオール」という成分が鍵を握る。ただ日本人でエクオールを作れるのは2人に1人で、若い女性はさらに少ない。サプリメントの種類が増えており、更年期症状や生理不順の改善に効果があるとされるが、効果には個人差がある。従来のホルモン補充療法を含め、どの手法がよいのか医師と相談して決めよう。

  40代女性はパソコン作業中に指の痛みを感じた。最初はしびれだけだったが、次第にこわばりなどを感じ始めた。骨の変形もあり、整形外科では治らなかった。婦人科を訪れると「更年期症状」と診断され、エクオールを含むサプリを飲んで女性ホルモンを補った。更年期になると女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が減り、閉経の前後5年ごろから様々な症状が現れる。エストロゲンが足りないとき、代わりに働くのがエクオールだ。大豆製品に含まれるイソフラボンを摂取すると腸内細菌で分解され、エクオールができる。エストロゲンと構造や働きが似ている。エストロゲンの減少でほてりやのぼせなどの更年期症状が出る。

  手のこわばりもその一つ。7〜10年ほど放置すると、手指の関節が変形する「ヘバーデン結節」などを発症することがある。だが多くの女性は女性ホルモンの急な減少に伴う更年期症状と気づかず、整形外科などを訪れがちだ。エストロゲンが不足しても、必ずしもエクオールで不足分を補えるとは限らない。名古屋大学発ベンチャーのヘルスケアシステムズ(名古屋市)の研究では日本人のうち、エクオールを作れる菌を保有するのは約半分。作れない人はイソフラボンの一種であるダイゼインがそのまま吸収されるとみている。*若年層の豆離れ  20〜30代の若年層でエクオールを作れる人は欧米並みの30%程度に減ったという。

  豆類を食べる量が減ったのが原因のようだ。厚生労働省の調査では、20〜30代の豆類摂取量は政府が定めた目標に対して達成率が約5割にとどまる。60代の約8割を大幅に下回る。更年期症状をきちんと改善させる手法では、病院での注射などによるホルモン療法が主流だ。ただ欧米に比べ日本では乳がんリスクが高まるとの見方が強く、普及が進んでこなかった。ほかの病気との関連からホルモン療法を受けられない人にとって、エクオールの摂取が選択肢に入る。大豆製品からイソフラボンを摂取してもエクオールに分解できない体質の人にとっても、サプリなどで直接、摂取することができる。手の変形が進むと手術が必要になることもある。

  四谷メディカルキューブ(東京・千代田)の手の外科・マイクロサージャリーセンター長の平瀬雄一医師は「手の変形に伴う痛みがひどくなる前に、エクオール検査やサプリメントによるエクオールの補充などを始めるとよい」と話す。注意すべき点はある。体質や体調によって効き方に差があり、ホルモン療法に比べ効果が表れるのに時間がかかる。人によってはホルモン療法との併用がよい場合もある。決められた量以上を摂取し続けると、乳がんを発症するリスクも指摘される。病院で処方される薬剤はないので、ドラッグストアなどで購入する。

  どの手法を選ぶかは医師と相談して慎重に決めたい。最近はサプリの種類が増えており、品質にばらつきがあるので見極めが難しい。平瀬医師は合成ではなく天然由来の成分を発酵させて作ったサプリを勧める。検査キットを活用一部のクリニックで体内でエクオールを作る能力があるか検査できるが、郵送でも手軽に分かるサービスもある。ヘルスケアシステムズは、イソフラボンをエクオールに分解できるかどうかを簡単に調べられる検査キットを販売する。尿などの検体を同社に郵送すると、しばらくして分析結果が文書で送られてぐる。豆類をたくさん食べるなど食生活を見直すきっかけにする人も多い。(猪俣里美)




*ホルモン作用の研究課題多く
  東京医科歯科大などの調査によると、最初にエクオールが発見されたのは1930年代。妊娠中の牛の尿から取り出された。80年代に人の尿で見つかり、イソフラボンの代謝物だと分かった。1990〜2000年代にかけて米国の研究チームで研究が進んだ。東京医歯大などが、ホルモン関連の病気はエクオールの産生体質賃に関わることを解明した。人への影響など臨床に近いデータはここ数年で急激に増えた。同大の麻生武志名誉教授は「まだ歴史が浅いともいえる」と話す。サプリメントの発売は2010年代になってからで、まだ人の健康への影響に関するデータは十分と言い難い。臨床の現場で治療指針を決める際によく使われる書籍などに、エクオール摂取に関する解説が加筆されたのも最近だという。ホルモンの作用は非常に複雑なことも多く、研究課題は多い。麻生名誉教授は「長期的な摂取の影響をみることやデータを積み上げていき、今後の経過を丁寧にみる必要がある」と指摘する。




2020-01-18・・・日経より引用
◆暖房器具などによる低温やけどに正しい処置を
    服脱がず流水で冷やす・低温やけども注意/水ぶくれあれば受診

  暖房器具を使い、鍋物など熱い汁物を食べる機会が増える冬は、やけどへの注意が欠かせない。応急処置の方法や、その後の手当てで気をつける点など、正しい知識を身につけ、万が一の時に備えたい。

  冬に気をつけたいのが暖房器具などによる低温やけどだ。杏林大学医学部付属病院(東京都三鷹市)熱傷センター長の山口芳裕氏によると「44度の熱源に3〜6時間接触し続けることで皮膚の深いところが損傷される」という。就寝中に湯たんぽ、電気あんか、使い捨てカイロなどに長い時間触れることで低温やけどを負うケースは少なくない。「ファンヒーターの前やホットカーペット上でのうたた寝も危険」と山口氏は注意喚起する。やけどは、熱によって皮膚や粘膜が損傷する状態を指し、皮膚の損傷の深さによってⅠ〜Ⅱ度に分けられる。皮膚は表面から順番に表皮、真皮、皮下組織の3層でつくられており、0・2㍉前後の表皮までの損傷はⅠ度、数㍉程度の真皮まではⅡ度、皮下組織にまで深く達するものはⅢ度となる。

  Ⅰ度や真皮の浅い層までのⅡ度なら自然に治り痕もほぼ残らないのが一般的だ。しかし、Ⅱ度のうち真皮の深い層に達するものやⅢ度は重症となることもあり、医療機関での治療が欠かせない。低温やけどは深い層まで進行していることが多く、病みを伴わないままⅢ度の重症になることがある。祖師谷皮ふ形成クリニック(東京・世田谷)院長の川手浩史氏は「皮膚のただれで受診する高齢者に、知らない間に低温やけどを負っていた例も多い」と指摘。皮膚感覚が鈍くなる高齢者は特に注意が必要だ。やけどの多くは皮膚で起きるが、火事などで高温の煙を吸い込むと、気道の粘膜が損傷する。やけどの重症度は深さだけではなく、範囲、部位、年齢などでも変わる。

  成人ではⅡ度の場合、体の表面積の15%以上、Ⅱ度なら2%以上のやけどであれば救急搬送し入院して治療する必要、がある。小児や高齢者では、これより小範囲でも入院の対象となることもある。また、顔面、手足、会陰部などは慎重な対応が欠かせない。山口氏は「顔に炎を浴びる、高温の煙を吸い込むなどした際は、呼吸困難を起こし窒息の可能性もあるので救急搬送を」と注意を促す。やけどの応急処置で最も重要なのは、損傷が皮膚の深部に達しないように、まず流水で患部を冷やすことだ。救急搬送が必要な場合も、冷やしながら待機する。

  無理に服を脱がせようとすると皮膚がこすれてはがれる恐れもあるので着衣のまま水を流しっぱなしで冷やす。子供や高齢者の場合、「冷やし過ぎて低体温症にならないようにする」と山口氏は注意喚起する。「水ぶくれを家庭でつぶすのは、やめた方がよい」。こう指摘するのは川手氏だ。細菌感染を起こし、治癒までに時間がかかったり、痕が残ったりする可能性があるという。皮膚が赤くなってとリヒリするだけなら家庭で様子を見ていて大丈夫だが、やけどの範囲が広い、痛みが激しい、水ぶくれがあるときは、清潔なガーゼなどで患部を覆い、医療機関を受診する。

  治療では、炎症を抑える抗炎症剤や湿潤を保つ塗り薬などの他、皮膚の新陳代謝を促進する塗り薬や、症状に応じて抗生剤や鎮痛剤の内服薬が処方される。また、湿潤を保ち患部を保護するために、シート状の医療素材が用いられることもある。いずれのやけどでも、痛みや炎症が重症化してからの受診だと治療期間も長びく。症状が気になるようであれば、皮膚科や形成外科などで早めの受診を心がけたい。(ライター仲辱匡代)






2020-06-27・・・日経より引用
◆「今」を意識ストレス軽減
    音を使って練習/余計な思考を遮断

  ストレスや不安を感じることは誰にでもある。特に女性が妊娠(つわり)したり生理が原因でストレスが増殖する傾向がある。大切なのは、そのストレスや不安に対する心の持ちようだ。「今」をあるがままに捉える「マインドフルネス」を実践して、負の思考のパターンから抜け出そう。

  私たちはストレスや不安を感じると、今を否定し過去や未来に目を向けがちだ。すでに起こった出来事をクヨクヨと思い悩んだり、実際には起こっていないことをモヤモヤと想像して心配し、さらに不安を募らせたりしてしまう。そんな妄想にとらわれた「心ここにあらず」の状態から、「今この瞬間」に意識を向け現実をあるがままに捉える。そうした心の在り方や状態を作り出す方法を「マインドフルネス」と呼ぶ。確実な答えのない未来や変更しようがない過去に振り回されないようにすることで、ストレスを増幅させない効果がある。また、マインドフルネスは視野を広げ、創造性を高める効果があるとして注目され、米グーグルなど国内外で研修に取り入れる企業が増えている。うつ病の心理療法として用いられることもある。新しい概念や手法のように思われる。

  だが、心療内科医としてマインドフルネスの研究を行う、早稲田大学人間科学学術院の熊野宏昭教授は「日本にはもともと、茶道や武道などマインドフルネスに通じる文化がある」という。何気なく使っている「気をつけてね」という挨拶の言葉も、「『マインドフルにね』を意味している」 (熊野教授)。五感を研ぎ澄まして現実をあるがままに感じ取り、暮らしの無事を願う言葉だ。では、マインドフルネスはどのように習得するか。一つの手法として熊野教授は音を使った練習を勧める。まず、公園や家の中などで5〜6種類の昔を探す。公園なら鳥のさえずり、家の中なら冷蔵庫のモーター音などだ。

  これらの音を3段階で聞いていく。目は閉じずに、少し先に視点を定めたら、最初は1つの音だけを聞き、1分間たったら次の音を聞く。すべての音を聞き終わったら、今度は聞く音を15秒程度で切り替えていく。これを5~6周繰り返したら、すべての音を同時に2〜3分間聞く。慣れてきたら、最初から全ての音を同時に聞いても構わない。この方法は、音への注意を持続させ、転換し、分割させていくことで、「余計な思考を浮かびにくくすると同時に、現実を幅広く、ありのままに感じ取ることを可能にしていく」 (熊野教授)。今を意識するマインドフルネスだが、暮らしの現場では未来にも向き合う。どう落とし込んでいけばいいのか。慶応義塾大学医学部精神・神経科学教室の佐渡充洋専任講師は「脳が情報を処理する時には『することモード』と『あることモード』がある」と指摘。

  前者は目標を設定し段取りを考えて行動する「思考」モード。後者は今起きている現実をあるがままに感じ取る「感覚」モードでマインドフルネスの状態だ。佐渡講師は「2つのモードを必要に応じて切り替えられるようにすることがマインドフルネスを実践する目的」という。この切り替えを意識的にできるようになると、ストレスや不安を増幅させることなく、今の状態を等身大のまま認められるようになる。「ネガティブな思考の反すうから抜け出せれば、今できる現実的な選択・行動に目を向けることができる」 (佐渡講師)よく誤解されがちだが、マインドフルネスはストレスや不安をなくすためのものではない。それらを感じている自分に気づき、その状況を認めて受け入れる。結果としてストレスや不安は軽減し「ウェルビーイング(主観的幸福度)を高めることにつながっていく」 (佐渡講師)という。(ライター田村 知子)






2021-02-13・・・日経より引用
◆帯状疱疹、広い世代で増加 免疫落ちると突然の激痛
     50代以上は予防接種/肥満・過労さける

  高齢者に多い皮膚疾患の帯状疱疹(たてじょうほうしん)が広い世代で増えている。幼少時の水ぼうそうが原因で、通常は免疫ができて抑えられているが、生活環境の変化で免疫を保てなくなる例が出ている。仕組みを知り予防したい。


  いまの大人の約9割は子供の頃に水ぼうそうにかかっている。発疹が現れてから1週間ほどで治るが、病原体(水痘帯状疱疹ウイルス)は「神経節」に潜伏し続け、やがて帯状疱疹の原因となる。東京慈恵会医科大学の本田まりこ客員教授は「ウイルスは免疫細胞にブロックされ眠っているが、加齢、過労や睡眠不足、癌や糖尿病などの慢性疾患で免疫が低下したときに再び活動し始める」と話す。最初は、体の片側の皮膚にピリピリとした痛みなどを感じるが、数日から1週間ほどして激痛とともに赤い斑点や水ぶくれが神経に沿って帯状に現れる。水ぶくれは、やがてかさぶたとなり痛みも消える。しかし、高齢者や症状が重かった場合は、慢性的な痛み(帯状疱疹後神経痛)が続くこともある。「日本や欧米など先進国では、ほとんどの世代で患者が増えている」と本田客員教授は指摘する。

  要因の一つは生活環境の変化。免疫は20年ほどで弱まるが、これまでは水ぼうそうを発症した子供と接することで再感染が起き、免疫を維持してきた。しかし、核家族化などで子供と接することが減り、再感染する機会が失われているのだ。2014年に小児への水痘ワクチン接種が定期接種の対象になったことも影響した。千里金蘭大学の白木公康教授は「子育て中の30〜40代の患者は少なかったが、子供が水ぼうそうにかからなくなったことで増えた」と解説する。帯状疱疹は重症化すると帯状疱疹後神経病の原因となるほか、顔面にできた場合は視力、聴力、味覚などの感覚に影響が残ったり表情筋に麻痺が起きたりする。

  増え続ける帯状疱疹の対策として登場したのは、層患率が急増する50代以上を対象とした予防ワクチンだ。帯状疱疹の発症予防だけでなく、発症後の重症化や帯状疱疹後神経痛も減らせる。2016年には水ぼうそう予防のワクチンが帯状疱疹予防にも使えるようになった。水ぼうそう用ワクチンは、弱毒化したウイルスを用いる生ワクチンで、50代以降に1回接種する。20年1月には生ワクチンではない不括化ワクチンというタイプの「シングリックス」が登場した。白木教授は「臨床試験で生ワクチンより優れた効果があったが、2〜6カ月の間隔で2回接種する。どちらを接種するか医師とよく相談してほしい」と助言する。発症したときは、抗ウイルス剤を服用することで重症化や後遺症を防ぐことができる。2017年には従来の抗ウイルス剤(アシクロビル、バラシクロビルなど)とは作用が異なり、腎機能が低下した高齢者にも使いやすいアメナメビルも登場した。大切なのは早めの受診。

  本田客員教授は「従来の抗ウイルス剤は発疹が出てから72時間以内に服用を始めることが重要とされてきたが、アメナメビルは24時間以内の服用で症状をより早期に回復させることが分かってきた」と話す。皮膚のピリピリ感を感じた段階で皮膚科などで相談したい。また、安静を保ち体を冷やさないことを心がける。発疹や水ぶくれには柔らかいガーゼなどを当てることで症状を和らげるほか、他人にうつすことを予防できる。帯状疱疹は健康で「まさか自分が」と思っている人でも突然発症する。本田客員教授は「50代以上の人は積極的に予防ワクチンを検討してほしい」という。(ライター荒川 直樹)






2021-03-13・・・日経より引用
骨粗しょう症を早期予防、生活習慣病で男性も発病
     定期的に骨密度検査/食事バランス良く

  骨がもろくなって骨折しやすくなる骨粗しょう症。閉経期以降の女性に多い病気だが、男性も決して油断はできない。生活習慣病が原因で発症する場合もあるからだ。男女を問わず、早めの予防を心がけよう。

  骨粗しょう症は骨の量が減少したり、質が劣化したりすることで、骨の強度が低下して骨折しやすくなる病気。北里大学北里研究所病院(東京・港)整形外科部長の金子博徳氏によれば「骨の強度には骨量と骨質が7対3の割合で影響する」という。骨は新陳代謝を繰り返している。破骨細胞が古い骨を壊す「骨吸収」と、骨芽細胞が新しい骨を作る「骨形成」のバランスがとれていると、丈夫な骨が保たれる。しかし、加齢や生活習慣などでそのバランスが崩れると、骨が過剰に溶けて量が減るなどして、もろくなってしまう。日本の骨粗しょう症の推定患者数は約1280万人。

  女性が約8割を占める。女性が多いのは閉経により、骨を壊す破骨細胞の働きを抑える女性ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に低下することが大きな要因となっている。帝京大学ちば総合医療センター(千葉県市原市)内分泌代謝内科の井上大輔教授は「男性患者は約300万人で、少ないように思われるが、その約半数は何らかの病気に起因する続発性骨粗しょう症であることに注意したい」と指摘する。高血圧や糖尿病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病などの生活習慣病がある人は、骨量の指標となる骨密度がある程度維持できていても、骨質の劣化の影響で骨折するリスクが高まる。

  骨粗しょう症で骨がもろくなると、転倒などをきっかけに骨が折れやすくなる。背中や脚・腕の付け根、手首が特に骨折しやすい部位だ。中でも背骨は、自分の体重で徐々に押しっぶされていき、骨折に気づかないこともある。「背中や腰の痛み、2〜3c㍍の身長低下といった兆候があれば、『いつのまにか骨折』となっている可能性があるので、整形外科を受診して相談を」 (金子部長)女性は40歳、男性は60歳以上になったら、自治体の骨粗しょう症検診や人間ドックなどで定期的に骨密度検査を受けることが望ましい。

  「生活習慣病がある人は、骨粗しょう症の早期発見のために、一度は骨の精密検査を受けておくとよい」 (井上教授)検査で骨粗しょう症と診断されたり、そのリスクがあると判断されたりした場合は、骨の状態に合わせた薬物治療が必要になる。そうなる前に予防対策を心がけたい。予防対策の基本は日光浴、運動、食事が3本柱になる。日光浴は骨に必要なカルシウムの吸収を助けるビタミンDの体内合成を活性化する。骨に重力をかける運動を習慣化することも大切だ。新型コロナウイルスの感染拡大で外出を自粛する生活が続いているが、日中に運動を兼ねて20分程度の散歩をする、ベランダや庭で日光を浴びるなど、できる範囲で工夫したい。金子部長は筋肉も強化できるスクワット運動を勧める。

  「足腰に不安があれば、テーブルに手をついて、イスから立ち上がる動作を繰り返してもいい」食事はカルシウムだけでなく、カルシウムの吸収や骨への沈着を高めるビタミンDやビタミンK、筋肉や骨の材料になるたんぱく質などもバランス良くとる。「魚や肉、乳製品、大豆製品、野菜をまんべんなく食べることを意識してほしい」 (金子部長)井上教授はコロナ禍で糖尿病が悪化する中高年が増えていることを懸念する。「生活習慣病を悪化させないことが、丈夫な骨を維持することにもつながる」と呼びかける。(ライター田村 知子)







2021-03-20・・・日経より引用
◆足の爪トラブル予防、体支える親指に多く
     痛み・炎症を誘発/深爪は悪循環に

  足の爪が痛くて靴が履きにくい、歩きにくいと悩んでいる人は意外に多い。トラブルの代表は、体重を支える親指に起こることが多い「巻き爪」と「陥入爪(かんにゅうそ)」だ。仕組みと正しい対処法を知り、早めにケアしたい。


  爪は小さな部位だが、実は指先の力を補強するという重要な役割を担っている。東京医科歯科大学皮膚科の高山かおる臨床准教授によると「爪があるから足の指は体重を支え、地面からの衝撃を受け止めることができる」。それだけに足の爪はトラブルに見舞われやすい。なかでも最も負荷がかかる親指の爪に起こることが多いのが特徴だ。巻き爪とは爪が変形し内側に巻き込んだ状態のこと。アルファベットのCのようにくるっと丸まったり、ホチキスの針のように直角に折れ曲がったりなど形状は様々。普段は痛みがなくても、運動や長時間の歩行で爪が圧迫されると痛みを覚えることがある。なぜ爪は巻いてしまうのか。「そもそも爪は巻き気味に生える性質がある。通常は歩くときに加わる地面からの圧力が対抗力となり、爪が巻こうとする力を抑えている。

  しかし両者のバランスが崩れると巻き爪になりやい」。こう解説するのは、埼玉医科大学形成外科の簗由一郎医師。治療のかたわら、ウェブサイト「専門医と学ぶ巻き爪・陥入爪(かんにゅうそ)治療の相談室」を立ち上げ、啓発活動を行っている。バランスを崩す原因は「先の細いハイヒールなど爪を圧迫する靴を履いていることや、指でしっかりと地面を踏みしめる歩き方をしていないなどが挙げられる」(簗医師)。爪先に余裕があり甲やかかと部分で足を固定できる靴を選び、正しい歩き方を心がけるのが予防・改善策になる。陥入爪は、爪が周囲の皮膚に食い込んで痛みや炎症を伴う状態だ。炎症がひどくなると細菌感染を併発して皮膚が化膿し、激痛で歩けなくなることもある。巻き爪が進行して発症することが多いが、巻いていない爪にも起こる。

  陥入爪の一番の原因は、爪を短く切りすぎる深爪だ。高山臨床准教授は「深爪をしていると、地面からの圧で指の先端の皮膚が盛り上がってくる。そこへ伸びてきた爪がぶつかって傷をつくり、陥入爪になる」と話す。盛り上がった皮膚は、爪がまっすぐ伸びるのを妨げ、巻き爪になってしまうことにもなる。痛みから逃れようと、伸びてきた爪を切ってしまう人が多い。だが深爪を繰り返すのは悪循環だ。高山臨床准教授は正しい足の爪の切り方として、両角を残し中央を水平にカットする方法を指導している。「長さは指の先端と同じかやや長め。両角はヤスリで少し丸く整えてほしい」。両角を斜めに切るのは巻きやすくなるので避けよう。爪切りは刃先が直線の形状をしたものを選ぶとよい。カーブしていると、爪が丸く切れて深爪になりやすい。

  「正しく爪を切るだけで、大部分の巻き爪・陥入爪は防げる」(高山臨床准教授)発症した場合、軽度ならまずは自分で対処する。米粒大に丸めたコットンを爪と皮膚の間にはさむ方法や、テーピングのけん引力で爪と皮膚の間を広げる方法が有効だ。簗医師は形状記憶合金でできたクリップタイプの巻き爪矯正器具「ネイル・エイド」を開発し市販している。自分で簡単に取り外しでき、繰り返し使える点が好評という。医療機関で受けられる治療には、巻き爪に弾性ワイヤを通して平らに近づけていく弾性ワイヤ法、陥入爪となった爪の端を切除して爪幅を狭くする手術療法などがある。爪のトラブルに詳しい医師がいる皮膚科や形成外科を受診しよう。痛みを感じたら放置せず、早めのケアを始めたい。(ライター松田 亜希子)