サブページに戻ります
調査・検査・研究の過程[01]
18

2010-11-11
●遺伝子を調べると、どんなことが分かるのか?・・・「DHCみんな元気?」より引用
  生まれ持った体質や、遺伝的にかかりやすい病気が分かります

  遺伝子とは、ヒトの体の部品を作るための重要な情報を記録している領域であり、ヒトの個性を生み出す設計図でもある。遺伝子を正確に知ることは自分の個性を知ること、自分自身を知ることにつながる。その遺伝子について「DHCみんな元気?」に記されていたので参考になるかなと思い載せてみました。

  遺伝子を調べると、身長や髪など生まれ持った身体的な特徴から、お酒に強いかどうかといった体質的な特徴、将来どんな病気にかかりやすいかというリスクが詳しくわかる。「DHCの遺伝子検査元気生活応援キット」は、全部で55種類の項目について調べる。病気に関する遺伝情報でいえば、高血圧や糖尿病、脂質異常症など、いわゆる生活習慣病に関する遺伝的リスクも分かるから、予防や対策へとつなげることができる。また、計算速度や記憶力など能力に関することや、アルコール代謝など噂好に関すること、遠い祖先に関することなど興味深い遺伝情報も得ることができ、自分を別の角度から知る手がかりになる。




  「DHCの遺伝子検査元気生活応援キット」は、自らの祖先にまでさかのぼることができる。ある研究によると、世界中の人類は、起源を辿ると約35人の母親の子孫であるとされ、日本人の95%はそのうちの9人の母親の子孫に分類されるといわれている。母親に由来する遺伝子によって分類される「ハブログループ(単一の一塩基多型 (SNP) 変異をもつ共通祖先をもつような、よく似たハプロタイプの集団のことで、単倍群とも訳される。 ある種(たとえばヒト)の一部(たとえば日本人)について、ハプログループを調べることで、その一部(日本人)の由来を調べることができる)」を調べることで、自らが大陸から渡って来た人々の子孫なのか、あるいはマンモスハンターと呼ばれた狩猟民の子孫なのかなど、何万年という歳月を超えて、その起源を知ることができるのである。




*リスクを知って、備えよう
  『2型糖尿病』は、それに関わる2つの遺伝子、「SORBSl(10番染色体)」と「IGF2BP2(3番染色体)」を調べることで、その発症リスクを検査する。「SORBSl」は、インスリンの作用や糖代謝などに関わる遺伝子。こちらが「TT型」の人は、2型糖尿病の発症リスクが高い傾向にあるとの報告がある。一方、「IGF2BP2」は、インスリンの作用を調整しているとされる物質に関わる遺伝子。この遺伝子が「TT型」「TG型」の人は、2型糖尿病の発症リスクが高い傾向にあると報告されている。2つの遺伝子を調べた結果、100人のうち9割近くのモニターの方が、2型糖尿病になりやすい傾向、もしくは、ややなりやすい傾向という検査結果が出た。もちろんリスクが高ければ必ず発症するというわけではない。年齢を重ねていく中で発症に至るには、遺伝的要因に加えて、日頃の食生活や運動習慣といった環境的要因が大きく関わってくるからである。とはいえ、リスクがあると分かれば、まずは普段の生活の中で意識的に気をつけることができる。「DHCの遺伝子検査元気生活応援キット」は、検査結果とともに、それに基づいたライフスタイルへのアドバイスや、とり入れるとよいサプリメントをご紹介する。遺伝子の持つ情報を正しく理解し、検査結果から知ったリスクを、ご自身のよりよい未来のために役立てよう。DHCの為ではなく、これはあくまでも参考である。






2014-11-29・・・日経より引用
●血液検査ここまでわかる
    脳梗塞や癌、リスク測る
    精密検査、生活習慣・改善早期対応可能に

  血液検査では、コレステロールの値や肝臓の状態など、健康状態に関する様々な情報が得られる。最近では病気が将来発症する可能性や、実際にかかっている可能性がどれぐらいあるかといった、いわゆるリスクまでわかるようになってきた。脳梗塞や心筋梗塞、癌、認知症、うつ病などで、早めに対策を講じることができるかもしれない。

  ある日突然発症する脳梗塞は、脳の血管が詰まり、まひや言語障害などの後退症が残ることも多い。早期発見には脳ドックなどが知られるが、血液検査でより早い時期から発症の可能性がわかるようになった。「LOXインデックス」は、脳梗塞と心筋梗塞のリスクがわかる新しい検査法だ。脳梗塞と心筋梗塞は臓器こそ違うが、原因は同じ動脈硬化と血栓。この検査では、血液中にある超悪玉の変性LDLコレステロールと、その受容体であるLOXllという物質を調べることで、動脈硬化の進行度を初期段階から判定できる。

  信州大学医学部(松本市)器官制御生理学教室教授の沢村達也さんは、「従来、動脈硬化のリスクは主にLDLコレステロール値を目安にしていたが、実際にはこの値が低くても脳梗塞や心筋梗塞を発症する人がいるし、また高くても発症しない人がいる。LOXインデックスでは、コレステロールの塁ではなく、いわば質を測ることができる」と話す。酸化などで変性したLDLが増えると、血管の内皮細胞にある受容体のLOX-1も増加。その結果、血管に慢性的な炎症が起こり、動脈硬化が加速するという。


*危険性2~3倍
  沢村さんは国立循環器病研究センター在籍中に、この検査法の開発に携わった。もとになった
のは、大阪府吹田市の住民2500人の健康状態を11年間追跡調査した「吹田研究」だ。この研究ではLOXインデックスが高い群は低い群に比べ、脳梗塞になるリスクが3倍、心筋梗塞では2倍高いことがわかった。検査ではリスクを4段階で判定。これが高い場合は、超音波で血管内を映す頸(けい)動脈エコーなどの検査が勧められる。適度な運動、魚や野菜の摂取など動脈硬化を防ぐ生活も心がけたい。がんの血液検査も登場している。

  「アミノインデックスがんリスクスクリーニング」は、1回の採血で胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん、乳がん、子宮・卵巣がんについて、実際にかかっている可能性がどれぐらいあるか調べる。味の素と一緒にこの検査法の開発に取り組んできた三井記念病院総合健診センター(東京都千代田区)特任顧問の山門実さんは、「がんになると20種類あるアミノ酸の血中濃度が、健康席に比べて変化する。この違いを解析し、各がんのリスクを評価する。ただし、正確な診断には内視鏡や磁気共鳴画像装置(MRI)などの精密検査が必要」と説明する。すい臓がんも来年から対象とすることを検討している。「血液検査で可能性を絞ることで効率的にがんを見つけられる。がん検診の近未来型」と山門さんは期待する。




*認知症の兆候も
  認知症の予備軍である軽度認知障害(MCI)になっているかを調べるのが「MCIスクリーニング検査」だ。まだ自覚症状がない段階でも、いち早くMCIの兆候を捉えられる。「アルツハイマー病では、アミロイドβという原因物質が発症の20年近く前から徐々に脳内にたまっている。検査では、この物質の排出などにかかわる3つのたんばく質の変化を調べて、MCIのリスクを判定する」と話すのは、筑波大学発のベンチャー企業MCBI(つくば市)社長の内田和彦さん。この検査は筑波大学医学医療系の朝田降教授らとの共同研究から生まれた。

  MCIは放っておくと5年で約半数が認知症に進むと言われるから、できるだけ早く見つけて手を打つことが重要。運動や食事、脳トレなどが発症予防に効果的だ。うつ病かどうかも血液検査でわかるようになった。川村総合診療院(東京都港区)院長の川村則行さんは、国立精神・神経医療研究センター在籍中から、診断の客観的指標になる物質を探索。うつ病では血中のリン酸エタノールアミン(PEA)濃度が低下することを突き止めた。これにより90%以上の精度でうつ病を診断できるという。「薬の選択や治療効果も正しく判定できるようになり、治療に要する期間が短縮した」と川村さんは話している。(ライター 佐田 節子)






2016-02-14・・・日経より引用
●息から喚ぎ取る体の異変
    血液検査に代わる役目期待

  吐く息(呼気)に含まれる微量の物質を検出して、健康チェックに役立てる研究が進んでいる。呼気には体内で起きる様々な反応によって生じる物質が含まれている。これを分析することで、子どもに多い糖尿病の発見や、食道がんのリスク判定などに役立てる。将来、健康診断などに使われるようになるかもしれない。

  東京医科歯科大学(東京・文京)の三林浩二教授らの実験室で、男性がチューブの先端に取り付けたセンサーに向かい、ハーツと息を吹きかけた。三林教授は、センサー技術が専門だ。呼気に含まれるアセトンを検出する装置の開発を進めている。目的は、1型糖尿病の早期発見だ。
1型糖尿病は生活習慣病の2型糖尿病とは違って、免疫機能の異常が主な原因だ。子どものときに発症することが多く、世界で毎年約9万人の子どもがかかるとされる。患者は膵臓(すいぞう)の細胞が破壊され、インスリンが分泌できなくなるため、炭水化物に含まれるブドウ糖からエネルギーを取り出せない。

  体の脂肪に含まれる脂肪酸を代謝してエネルギーを得るが、このときにアセトンが生じ、血液によって肺に運ばれて呼気の中に出てくる。呼気中のアセトンの量を測るセンサーを開発した。紫外線を当てると蛍光を出す酵素の溶液を、小さなカプセルに満たした。先端に付けた触媒がアセトンを捉えると溶液に化学反応が起き、酵素が減る。カメラで蛍光強度の減少を測って、アセトンの濃度を見積もるしくみだ。血液検査より手軽で、痛みもない。1型糖尿病は発症しても気づきにくく、子どもがやつれたり、昏睡(こんすい)に陥ったりして初めてわかることも少なくない。

  開発した装置は2PPB(PPBは10億分の1)をアセトンを検出でき、潜在的な患者を発見できる。学校での歯科検診などの際に検査し、「患者の早期発見、早期治療につなげたい」と三林教授は話している。京都大学の武藤学教授らは、ガスセンサー製造のエフアイエス(兵庫県伊丹市)と共同で、呼気中のアセトアルデヒドを測る装置を開発した。アルコールは体内の酵素によってまず有害なアセトアルデヒドになり、さらに別の酵素によって無害な酢酸に分解される。ただ人によってはこれらの酵素の働きが弱い。

  日本人の約1割は、アルコールは分解でき、飲酒後も顔が赤くならないが、アセトアルデヒドは分解できないという。「自分は酒に強い」と思っているため酒量が多くなりがちで、アセトアルデヒドにより食道がんや胃がん、大腸がんになるリスクが高い。ビニール袋に息を吹き込んでもらい、装置にセットすると約5分でアセトアルデヒドの濃度がわかる。遺伝子を調べる従来法に比べ、格段に速い。来年にも発売する予定で、「リスクが高い人を見つけ、飲酒を控えめにしてもらうなどの対策につながれば」と武藤教授は話す。

  呼気を調べてわかる病気は多い。国立循環器病研究センターはこれまでの研究から呼気中の水素やアセトンなど、12種類の物質に注目し、貧血やぜんそくなどの病気との関係解明を進めている。健康診断に訪れた人に依緬して呼気を採取。質量分析と呼ぶ方法で呼気中の物質の種類を特定する。その後の健康状態を追跡し、呼気中の成分と病気との関連を明らかにする。これまで約2000人の呼気を採取し、慢性気管支炎の患者は呼気中の一酸化炭素(Cα)が増える傾向があることを兄いだした。

  気道の炎症を抑えるため、酵素がCOを作るとみられる。一方、気管支ぜんそくでは、免疫細胞のマクロファージが気管内で、ぜんそくを起こすウイルスや細菌を攻撃するため一酸化窒素(NO)を作る。これが呼気に混じるとみられる。下内幸人室長は「生活習慣病やがんの早期診断にも役立つかもしれない」と話す。今後、被験者の健康状態を追跡調査し、呼気との関連をより詳細に調べる考えだ。

  呼気検査の課題は精度だ。生体ガスの研究が専門の中部大学の近藤孝晴教授は「糖尿病に特有のガスは1、2種類しか見つかっていない。精度向上には4~5種類に増やす必要がある」と話す。臨床応用を進めるには、測定方法の標準化も必要だ。息の中の成分や食事からの時間や吐く息の強さなどに左石される。誰でも簡単に測定できて、正確なデータが得られる条件を探す必要がある。「病は気から」という言葉があるが、いずれ「病は気体で」調べるのが普通になるかもしれない。 (革塩拓郎)








2016-08-06・・・日経より引用
●i PS細胞で重いけがや病気が治るの?
    色々な臓器になる能力でで移植をめざすんだ

  えへへ、本物の・1PS細胞を顕微鏡で見ちゃった。科学館に行ったら、私たちが重い病気やけがをしたときに復活させてくれるすごい細胞だって教えてもらったよ。なんでそんなことができるの。

  iPS細胞を世界で初めて作ったのは京都大学の山中伸也教授だと知っている人は多いと思う。山中先生たちがiPS細胞を発表したのは2006年の8月。ちょうど10年前だ。iPS細胞を説明する前に、細胞のことを勉強しよう。人間や犬、鳥などの動物、ヒマワリやアサガオといった植物の体は細胞という小さなつぶが集まってできている。細胞の大きさはl㍉㍍、の100分の1から10分の1ほどしかない。例えば、人間の体は37兆個の細胞でできている。数字にすると、7の後に0が12個も並ぶほどだ。そのひとつひとつが手や足、目、内臓など体を形づくる基本的なパーツになっている。自動車や家電製品がたくさんの部品を組み立ててできているのとにているね。

  でも、こんなにたくさんの細胞も、もとをたどるとたった1つだった。それが受精卵だ。精子と卵子が結合してできた受精卵はその後、どんどん分かれて細胞が増え続ける。さらに増えて、体のさまざまな部分を作っていく。それらが手や足、目、内臓などになって赤ちゃんになるよ。いったん骨やかみの毛、筋肉などの細胞になると、もう別の細胞に変化することはできなくなる。つまり、骨の細胞は骨にしかなれない。そこで山中先生たちは、皮膚や血液などの細胞を受精卵のように、いろいろな臓器の細胞に変化できる状態に人工的にもどせないかと考えた。

  研究と実験をくり返して方法を見つけ、iPS細胞を作り出した。作り方は遺伝子という体を作る情報が入っている設計図のようなものを使うんだ。必要な遺伝子をまず特殊なウイルスに組み込む。このウイルスが皮膚などの細胞にくっつくと、遺伝子が細胞の中に組み込まれて「受精卵のような状態にもどれ」という命令のスイッチが入り、iPS細胞に変化する。受精卵を使えば、いろいろなものになれる細胞を作ることができる。ただ、受精卵は母親の子宮に戻せば赤ちゃんに育つ。それをこわすことには問題があると考える人が多い。iPS細胞はもとは皮膚や血液などの細胞だから、こんな問題は起きないね。

iSP細胞で期待されているのが未来の医療といわれる「再生医療」だ。筋肉や神経、内臓、骨などを作り出して患者に移植して治療する。そこまではできていないけど、失明のおそれがある日の難病の人に、目の細胞をシート状に加工したものを移植する試みは続けられているよ。新しい薬を開発するときにも役立つ。例えば、心臓の病気を持つ人のiPS細胞から心臓の一部を作って薬をかけると、効果があるのか、副作用と呼ばれる体に悪い影響がないかなどを調べられる。課題はまだ多いけど、研究が進めば、病気やけがで苦しんでいる人たちが助かるかもしれない。そう願って研究者たちは努力しているんだ。取材協力=加納圭・滋賀大学准教授




*「再生力」ある生物身近に
  は乳類の細胞はいったん骨や筋肉などに変化すると、受精卵のようにいろいろな細胞になることはできなし「。だから、手や足など体の一部を失うと、再生できない。でも、地球には体が再生する生物もいる。その能力は原始的な動物ほど高い。例えば、植物の中にはサクラやアロエのように、切った枝や葉から根が出て育っ種類がある。ヒトデは切っても元にもどる。せきつい動物の中では、両生類のイモリが手や足がちぎれても再生する。こうした生物は細胞がきずっくことでi PS細胞のように、いろいろな細胞に変化できる状態にもどると考えられているよ。






2016-10-09・・・日経より引用
●細胞内の代謝、謎に迫る
    生理学・医学賞▼▼大隅氏「オートファジー」
    ノーベル賞実った基礎研究

  2016年のノーベル賞は生理学・医学賞が東京工業大学の大隅良典栄誉教授に贈られる。不要なたんばく質などを細胞が分解する「オートファジー(自食作用)を解明したことが評価された。物理学賞は物質の特殊な状態を数学の考え方で説明することに成功した米国の3氏が受賞する。ここ数年、応用重視の傾向が続いていたが、今年は基礎的な成果が評価された。

  人間の体を構成するたんばく質は食べ物の消化や吸収、酸素の運搬など様々な生命活動に関わる。たんばく質の材料であるアミノ酸は食べ物から取り込むだけでは足りない。不要になったたんばく質などをリサイクルすることで不足分を補う仕組みがオートファジーだ。大隅氏が酵母で発見し、弟子たちが哺乳類でも同じ仕組みがあることを突き止め、世界をリードしてきた。大隅氏は受賞発表後の記者会見で、大阪大学の吉森保教授と東京大学の水島昇教授の2人の弟子の名前を挙げ「栄誉を分かち合いたい」と語った。

  「誰もやっていないことを自分が見つけてやるのがサイエンスの本質」と大隅氏は強調する。細胞の中でたんぱく質を分解する仕組みがあることは1960年代にはすでにわかっていたが、ほとんど注目されなかった。その状況を大きく変えたのが大隅氏だ。88年、酵母を光学顕微鏡で眺めているときにオートファジーを観察した。大隅氏は顕微鏡で観察するのが好きで、前から酵母の中に見える液胞の存在が気になっていた。液胞は液体が詰まった袋で、細胞の中にあるいろいろなものをため込んでおり、分解酵素を含んでいる。

  しかし、どんな役目があるのかは不明で、単なる「ゴミため」とみられていた。大隅氏は液胞の中で分解される様子を観察できれば、おもしろいと思いついた。初めは何も見えなかったが、あるときひらめいた。酵母は栄養がなくなると、胞子を作って休眠に入る。飢餓状態にすると、エネルギーを作るために液胞の中で分解が活発になって、観察できるのではと考えた。顕微鏡をのぞくと、普段は動かない液胞の中で小さな粒が動き回る様子が見えた。「感動して何時間も顕微鏡を見続けた」と当時を振り返る。

  オートファジーが始まると、不要なたんばく質などを膜が包む。その後、顕微鏡で見えたのはこの膜が液胞の中に入り込んで動き回る様子だとわかった。さらに酵母で研究を続け、90年代に関係する遺伝子を14個見つけた。大隅氏が酵母で道筋をつけた研究を大きく発展させたのが苗森氏と水島氏だ。大隅氏とともに、哺乳類でもオートファジーが起きていることを発見。あらゆる生物の細胞に共通する生命現象だと突き止めた。吉森氏は96年から6年間、岡崎国立共同研究機構の基礎生物学研究所の助教授として働いた。哺乳類細胞を研究しており、大隅氏に誘われて移ってきた。

  内科医だった水島氏は大隅氏の総説を読んでオートファジーに興味を持ち、大隅氏を訪ねて一緒に研究させてほしいと訴えた。2人を中心とした弟子たちの活躍もあって研究は一気に進んだ。関心を持って参入する研究者が増え、オートファジーが癌や老化にともなう病気、感染症と関係していることがわかってきた。吉森氏はオートファジーが細胞内に侵入した病原菌を取り除くことを発見。今年9月には、オートファジーが正常に働かなくなることで脂肪肝が起こることを動物実験で証明した。水島氏は脳に鉄がたまる神経の難病の患者についてオートファジー関連遺伝子に異常があることを見つけた。

  癌や白内障に関係することも報告した。今では、世界中でオートファジーを狙った新しい医薬品の研究が進む。まだ薬には結びついていないが、その可能性を感じさせる研究は目白押しだ。「小さな発見が大きなうねりになることがある。流行のテーマからは決して生まれない」と大隅氏は話す。「生命現象を解き明かしたい」という地道な基礎研究をこつこつと続けてきた結果、大輪の花を咲かせた。米国の調査会社によると、90年ごろは関連する論文は年間10本ほどしか発表されていなかったが、今では5000本を超す。

  水島氏は「ひとつの研究分野がゼロから発展する現場に居合わせることができたのは幸運だった」と振り返る。しかし、オートファジーにはまだ謎が多い。例えば、不要になったたんばく質などを包み込む膜はどこからやってくるのかはわかっていない。たんばく質などが分解されてできたアミノ酸はどうリサイクルされているのかも大きな謎だ。水島氏によると、オートファジーの仕組みの研究は3合目、病気との関連はまだ麓から少し登った段階だという。大隅民ら師弟たちの奮闘はこれからも続く。(藤井寛子)




*オートファジー(不要物質から栄養素)
  生き物が自分の細胞の中で、不要になったたんぱく質などを分解して必要な栄養素を得る仕組み。たんぱく質が分解されてアミノ酸になると、別のたんばく質を作る材料となり、細胞内のリサイクルにつながる。「自食作用」とも呼び、ギリシャ語の「オート(自分)」と「ファジー(食べる)」を組み合わせた。たんばく質やミトコンドリアを分解し、アミノ酸などに変える。人間の大人は毎日、体内で約200gのたんばく質を作るが、食べ物から摂取するのは70gほどしかない。不足するたんばく質は、分解してできた原料で補っている。パーキンソン病などの神経疾患の一部はオートファジーの機能がうまく働かず、異常なたんばく質が脳に蓄積することが関係している。癌などの治療に応用できると期待を集めている。





◆ノーベル賞「オートファジー」、難病治療の研究広がる
  ノーベル生理学・医学賞に決まった大隅良典・東京工業大学栄誉教授が解明した「オートファジー(自食作用)」を活用して病気の治療を目指す研究が広がっている。順天堂大学と慶応義塾大学はパーキンソン病の原因物質を取り除く化合物を特定。東京医科歯科大学は腰臓(すいぞう)がん、新潟大学は肝臓がんなどの治療に使えそうな物質を見つけた。近い将来、難病治療を大きく変える可能性もある。

*順天堂大や慶応大など
  オートファジトは不要になったたんばく質などを分解してリサイクルする仕組み。オートファジーをつかさどる退伝子が正常に働かないことで発症するとされる病気は多い。例えば、体のふるえや筋肉のこわばりなどが起こるパーキンソン病はオートファジーが正常に働かなくなった結果、アルファ・シヌクレインというたんばく質を分解できなくなり、脳内に大量に蓄積することで神経細胞が死んで発症すると考えられている。

  順天大の斉木臣二准教授と慶大の井本正哉教授らが見つけた化合物は、オートファジーの働きを高めることでアルファ・シヌクレインを取り除く。シヌクレインが異常にたまるようにしたラットの細胞を使い、1600種類の化合物を試して、ある化合物が効果が高いことを突き止めた。細胞にふりかけて2日後に調べると、オートファジーが促進された。原因たんばく質が少なくなって神経細胞の死滅も減った。動物実験で安全性を確かめ、3年後の臨床試験実施を目指す。

  がんの治療に応用する研究も進んでいる。一般に、がん細胞はオートファジーを活性化させることで、自らの細胞内のたんばく質の分解を促し、増殖に必要な栄養素を得る。しかし、その働きが過剰になると、がん細胞が細胞内のたんばく質を分解し尽くして死ぬ。東京医科歯科大学の清水重臣教授らは、オートファジーを過剰に働かせることで治療する薬の開発に取り組んでいる。マウスを使った実験で、オートファジーを過剰に活性化させてがんを縮小する可能性のある化合物を見つけた。従来にない新たなメカニズムの抗がん剤開発につなげる。

  肝臓がんでは、オートファジーが働かないと、がん細胞の増殖を促すたんぱく質が増えやすくなる。新潟大の小松雅明教授らは、肝臓がんの細胞に蓄積するp62というたんぱく質に注目する。正常な細胞では、p62はオートファジーによって分解される。肝臓がんの細胞はオートファジーの働きを抑えることでp62を増やし、増殖しやすい環境を作り出す。小松教授らはp62の機能を弱めてがん細胞の増殖を抑える化合物を見つけた。オートファジーの機能を高めてp62の分解を促す物質探しにも取り組む。




▼オートファジー
  生き物が自分の細胞の中で、不要なたんばく質などを分解して必要な栄養素を得る仕組み。あらゆる生物に共通する生命現象だ。たんばく質が分解されてアミノ酸になると、別のたんばく質を作る材料となり、細胞内のリサイクルにつながる。たんばく質やミトコンドリアを分解し、アミノ酸などに変える。人間の大人は毎日、体内で約200gのたんばく質を作るが、食べ物から摂取するのは70gほどしかない。不足するたんばく質は、オートファジーによって分解してできた原料で補っている。


◆世界で論文急増創薬には課題
  最近、様々な病気との関連が注目されるようになり、世界中でオートファジー研究が活発になっている。米国の調査会社クラリベイト・アナリティクス(旧トムソン・ロイタ⊥の調べによると、オートファジー関連の論文は1990年に8本だったが、2015年には5073本に増えている。オートファジーの調節を直接狙って開発された薬はまだない。新しい薬を開発して治療に応用するには課題がある。オートファジーの機能は測定が難しい。薬がオートファジーの働きを高めているのか、反対に抑えているのかがわからない。

  細胞のオートファジーの働きを観察する試薬があるが、人間の体内での活性度を測る方法はない。例えば、臨床試験(治験)などで腫瘍が小さくなっても、オートファジーに働きかけた結果なのかはわからない。病気との関連を調べる一方で、体内での活性度を測る技術の開発が不可欠だ。日本は基礎研究では世界をリードしているが、国内の製薬会社の動きは鈍く、応用は出遅れている。しかし、応用は優れた基礎の上に成り立つ。創薬研究を進めるには、産学の連携を促す仕組みづくりが必要になる。



◆大隅さんにノーベル賞
    「役立つ成果」の礎こそ大切・・・池上彰曰く

  大統領選取材で米国にいる私に、嬉(うれ)しいニュースが入ってきました。東京工業大学フロンティア研究機構の大隅良典栄誉教授にノーベル生理学・医学農の受賞が決まったことです。大隅先生には、この夏に話を聞いたばかりでした。というのも、東工大が2016年度から「生命科学」を必修にしたのに伴い、講義の導入に役立つ書籍をつくることになったからです。生命科学には全くの素人の私が東工大の先生たちに教えてもらう形式で、『池上彰が聞いてわかった生命のしくみ 東工大で生命科学を学ぶ』(朝日新聞出版)という書籍に結実しました。本の中で大隅先生について、私は「ノーベル賞の呼び声が高い」と紹介しています。

  その〝予言〞が当たりました。理工系の東工大の学生がなぜ生命科学を学ぶ必要があるのか。大隅先生によると理由は2つ。ひとつは、「人間は地球上の生物のひとつである」という認識をもってほしいから。物質文明が進み、科学技術が発達している時代だからこそ「人間は地球上の生物のひとつである」という自覚が求められています。もうひとつの理由は「自然を考え直す」ことです。大隅先生の子ども時代は、田舎で自然と一体になって生きてきたという実感がありました。

  野原で食べ物を探すこともありました。でも、そういう体験が、現代では減ってしまいました。だからこそ、「自然を考え直す」ことが、生物学に限らず学問を学ぶ上で大事だというわけです。大隅先生は、こうも述べています。「最近は再生医療が注目されていますが、一部の人たちだけで決めるのではなく、社会的なコンセンサス(同意)が必要なはずです。今、何がどこまで実現していて、本当にこのままでいいのかなど、社会全体で考えるべきです。今は報道などで簡単に誘導されてしまい、批判的に考えることはそうやさしくはないのですが、このままでは人類は真の意味で豊かにならないのではないかと危慎しています」と。

  生命科学もまた、社会の常識・良識から離れて存在しえません。東工大生ばかりでなく、現代の教養として生命科学が必要になっているということです。大隅先生は大学に入る時点では化学を勉強したかったそうですが、いつしか生命科学研究の第一人者になっていました。この本をつくるに当たり、私は「生命とは何か」「生きているとはどういうことか」という質問を繰り返しました。そこで学んだことは、生命現象にとってタンパク質が実に重要な役割を果たしているということです。私たちは体外からタンパク質を取り込みますが、同時に体内にあるタンパク質もまた分解して再利用しています。

  その過程で、細胞が不要になったタンパク質を分解する「オートファジー(自食作用)」と呼ぶ働きが重要な働きをしていることを大隅先生は突き止めました。今後、がんも含め、さまざまな薬剤の開発に貢献することが期待されています。しかし、研究はすぐ役に立つというものだけではありません。大隅先生は受賞発表後の記者会見で、基礎科学の研究の大切さを強調しています。幅広い基礎研究の上に、私たちにとって役に立つ研究成果が生まれるということです。(池上彰、ニューヨークにて)






2016-10-16・・・日経より引用
●抗生物質投与を管理、病院に殺されるな
    薬剤耐性菌の発生防げ
    専門チーム、量や期間アドバイス

  抗生物質が効かない薬剤耐性菌が世界で猛威をふるっている。日本も例外でない。最近も病院で100人以上が感染した事例が発生。集団感染は後を絶たない。どう耐性を持つのを防ぐか。注目されているのが患者の菌を調べ、か主治医に薬や使用量の変更を促す専門チームだ。発生要因の抗生物質の不必要な投与をなくすための取り組みだ。

  9月下旬、昭和大学病院(東京・品川)で、がんのため入院中だった60代男性が突然、高熱を出した。抗生物質を投与したが詳細な原因は不明だ。「点滴で菌がうつったのではないか」。こう指摘したのが、同病院の「抗菌薬適正使用支援チーム(AST)」だ。チームの責任者、詫間隆博医師が血液培養で検出された菌を分析。点滴の針を患者に刺す際に肌などに付着した菌が体内に入る珍しい経路が疑われた。主治医は報告・提案を受けて別の針に変え、菌により有効な抗生物質に切り替えた。翌日には患者の熱は下がり、容体が安定したという。


*主治医任せにせず
  チームは2013年に発足した。感染症専門医の詫間医師や研修を受けた薬剤師、臨床検査技師ら約10人で構成する。重い感染症の症状がある患者すべての菌を調べ、感染症を特定。客観的な立場で普段から患者のカルテに目を通し、主治医の診断や投与薬の種類・量・期間をチェック。問題があれば変更を促す。過剰に投与すると細菌への効き目が弱まったり、全く効かなくなったりする。これが耐性菌だ。ASTは主治医に薬などの見直しを提案し、菌が耐性を持つのを防ぐのが役割だ。詫間医師は「感染症に詳しくない医師は多く、投与が不適切な場合もある。別チームで菌を調べ、無駄な投与を減らす必要がある」と話す。

  抵抗力が落ちた入院患者や高齢者が耐性菌に感染すると、重症化する恐れがある。医師や看講師らが保菌した患者に触れ、消毒せずに他の患者を処置するなどして院内で広まる。14年3月、国立病院機構大阪医療センター(大阪市)でそれまでの3年半に患者110人超が院内感染したことが発覚。複数に耐性がある多剤耐性菌が検出され、死者も出た。こうした院内感染はなかなか無くならない。まん延を防ぐため取り入れられているのが感染制御チーム(ICT)だ。厚生労働省は12年度からICTなどがある医療機関に診療報酬上の加算を設けており、14年7月時点で約3700カ所が対象になった。


*製薬会社も対策
  東邦大学医療センター大森病院(東京・大田)は07年にICTを発足。週1回、注射器など廃棄物の放置がないかや、スタッフが処置前後に手洗い・消毒しているかをチェックしている。病棟ごとの感染者の増減にも目を配る。同大学の石井良和教授(感染制御学)は「地道に消毒などを徹底することが感染拡大防止への近道」と語る。ただ国内では投与する抗生物質を専門的に管理し、主治医に助言するASTを置く病院は少ない。昭和大学医学部の二木芳人教授(臨床感染症学)は「中心となる感染症専門医が1500人ほどしかいない。

  ASTが10年ほど前から広がった米国のように、専門知識を持ち主治医に意見できる薬剤師を育ててチームを増やすべきだ」と話す。製薬会社も無縁ではない。塩野義製薬は「感染症薬適正使用推進室」で耐性菌などの最新情報を学会や医療現場などから収集。自社サイトや医薬情報担当者(MR)を通じ医療関係者に発信する。専門医が臨床検査技師に正しい耐性菌の分析法を講義する場も設ける。同室の高野泉室長は「製薬会社にとっても重要な課題。病態や重症度に応じた適切な使用を呼びかけたい」と話す。(吉田三輪、鈴木慶大)








2001-11-20発行