サブページに戻ります
18

調査・検査・研究の過程[03]

2020-01-05・・・日経より引用
◆人工の細胞作り出せる?生命研究倫理観に議論も

  生きている細胞を人工的に作れないだろうか。「合成生物学」という新分野の研究が世界で活発になっている。日本でも細胞の主要な部品を組み合わせ生物の一歩手前まで迫る成果が出てきた。いまだに謎に包まれている生命の起源を解明する手がかりになると期待が膨らむ。細胞は極微の化学工場ともいえ、産業応用を目指すアイデアも出ている。

  神奈川県横須賀市にある海洋研究開発機構の研究室で、車愈徹(ゆうてつ)研究員が顕微鏡の観察像をパソコンの画面に映し出した。緑色に光る多数の円を指しながら「たんぱく質を作る人工細胞です」と解説する。車研究員は様々な「部品」を組み合わせて細胞を人工的に作ろうと挑戦中だ。まず脂質の膜でできた直径100〜200ナノ(ナノは10億分の1)㍍の微小なカプセルに、細胞のエネルギー源である「アデノシン三リン酸(ATP)」を作る酵素や、ATP合成に必要な水素イオンを運ぶ分子を組み込んだ。多数のカプセルを、直径10〜20マイクロ(マイクロは100万分の1)㍍の脂質膜の粒の中に入れた。外から光を当てると酵素などが働いてATPを作り、そのエネルギーを使い緑色に光るたんぱく質ができた。光合成をする人工細胞の誕生だ。人工細胞でATP合成酵素を作ることにも成功。2019年3月に成果を発表し「人工光合成(aPS)細胞」と名付けた。

  車研究員は「次は膜も作り、生きた細胞に近づけていきたい」と目標を話す。生物を人工的に作り出そうという研究は20世紀半ばに始まる。無機物から有機物を作り細胞のような粒の中に閉じ込める段階までは進んだ。しかしそこからどのように生命へと変化するのかについてはあまり進展はなかった。遺伝子の解読やたんぱく質の合成、コンピューターによる分子設計など周辺の技術が格段に発達し、10年に節目といえる成果が登場した。ヒトゲノム(人間の全遺伝情報)解読の立役者となった米国のクレイグ・ベンクー博士が率いる研究チームが細菌の遺伝子を人工合成し、別の細菌に移植して自己増殖させることに成功した。これを機に合成生物学の研究に火がつき世界で盛りあがっている。どのようにして生命は誕生したのか。

  研究者はその謎を解明したいと考えている。合成生物学がその突破口を開くのではないかと感じているからだ。しかし何をもって生物と判定するのかは難しい問題だ。人工細胞分野の研究者は少なくとも「自分と外界との境目をもつ」 「外部から物質を取り込んで利用する(代謝)」「複製して増える」の3つは必要と考えている。ベンダー博士らの手法は細菌の一部を再利用しているため、厳密には人工細胞とはいえない。人工物だけでどこまで生命に迫れるのか様々な試みが登場している。東京大学の豊田太郎准教授は慶応義塾大学の伴野大祐専任講師らと協力し、水の中に2種類の油を混ぜた液体と洗剤の主成分である界面活性剤を加え、アメーバのように変形しながら水中を動き分裂する物体を作った。豊田准教授が立てた仮説は「油脂でできた動いて分裂する細胞に似た物体が出現した後、DNAやたんぱく質が取り込まれて生命になった」だ。

  この実験などをもとに検証していく。東北大学の野村慎一郎准教授も脂質の粒の中に短いDNAを2本入れて、アメーバのように動く大きさ約20㌍㍍の人工細胞を作った。「滅びた生命はどんな構造をしていたのか。考えられる細胞を実験室で作り、生命の誕生と進化の謎に迫りたい」 (野村准教授)最初の生命は熱水が噴き出す海底で、岩肌に開いた無数の穴の中で生まれたという説がある。東京大学の田端和仁准教授の研究は、この説の再現につながる可能性がある。小さな穴が多数開いた基板に細胞膜の一部を取り払った大腸菌を入れると、基板を細胞の一部として使う「ハイブリッドセル」になり、たんぱく質を合成し、細胞分裂も起こして大腸菌が増殖できた。生命の仕組みは極めて複雑で生命と呼べる細胞がすぐに合成できるわけではない。

  しかし様々な試みを通じて、有用な物質を作る超ミニ工場のような人工細胞を作れるかもしれない。経済産業省がそんなねらいを込めた事業を推進する。欧米など海外でも研究拠点が乱立している。また社会応用のめどがついてくると、生命誕生を人工的に再現する実験を研究者だけの判断で推進してよいのか議論が起きる可能性もある。倫理やルールのあり方が重要になるだろう。 (草塩拓郎)




*生命の起源・古代から議論
  地球の生物がいつ、どこで、どのように誕生したのかは古代ギリシャ時代から議論の的になっていた。近代科学の発展とともに起源となる物質や化学反応の条件などの問題に整理され、合成実験などが繰り返されてきた。生命の設計図である遺伝子の構造や遺伝の仕組みなどが解き明かされると、RNA(リボ核酸)やDNA、たんぱく質といった生体材料を基盤にする議論が中心になった。現在のDNAを中心とする生命活動は長い進化の末、たどり着いた姿だと考えられている。生命が生まれたとされる40億年以上前の岩石や化石は見つかっておらず、地質学的な証拠がない。合成生物学が果たす役割は大きいと期待されている。




2020-04-19・・・日経より引用
◆実験動物 患者により近く、遺伝子切り貼りで症状再現

  医療の進歩を支えるのは、新しい薬や治療機器だけではない。実験動物も大きな進化を遂げてきた。「考えがうまくま
とまらないマウス」や「病気になりやすいサル」が最新の遺伝子工学で誕生した。こうした新しい動物は、私たちが患う
統合失調症や免疫不全症を映し出す鏡だ。予防や治療の手掛かりとなる貴重なヒントを与えてくれる。

  精神疾患の診断や治療に詳しい名古屋大学の尾崎紀夫教授のもとには、患者や家族から「病気の原因を知りたい」という切実な声が日々届く。治療に挑む病気の一つが、ヒトに23対ある染色体のうち、22番目の一部が欠けて起きる病気だ。「不安症や統合失調症……。人ごとに年齢によっても様々な症状が出る」と尾崎教授はいう。他の精神疾患などとの区別が難しく、治療も対症療法に限られる。ヒトの脳や神経でいったい何が起きているのか。患者の脳や神経をじかに調べるのは難しい。そんなとき、東京大学の饗場篤教授らとの共同研究が道を開いた。遺伝子を自在に切り貼りする最新のゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」を使い、マウスの受精卵で染色体の一部を取り除いた。生まれてきたマウスは、迷路で歩き回る距離が減ったり、電気ショツクを受けた記憶を忘れやすくなったりした。

  人の統合失調症と似ていた?「このマウスの脳で神経細胞のつながりや細胞中の他の遺伝子の働きを調べれば、病気の原因が解明できる可能性がある」 (饗場教授)。新薬の候補物質を与えて、症状が改善するかどうかも試せる。発達障害や知的障害を伴う遺伝病をより深く理解しようと小型のサル「マーモセット」の改良にも取りかかった。人類が実験動物に頼るのは、主に医療の発展や化学物質の安全確保のためだ。動物はヒトの代わりに病気にかかったり化学物質を浴びたりし、新たな知見を生み出して生涯を終える。最たる研究成果の一つは癌(がん)のしくみなどを明らかにし、安全性や効果を検証した抗がん剤だ。葛藤を抱える研究者もいるが、実験動物には患者に似るような進化が望まれてきた。

  最新のゲノム編集技術が2012年に登場し、実験動物の進化はさらに加速した。「統合失調症のマウスを従来の遺伝子組み換え技術で作ったら1年以上かかる。ゲノム編集は3週間でできた」 (饗場教授)実験動物中央研究所の佐々木えりか部長らは4年ほど前、ゲノム編集したマーモセットの誕生を報告した。ヒトの「重症複合免疫不全症」と同じく、免疫細胞の一種が少ないなどの特徴があった。この病気は乳幼児期に下痢や深刻な感染症に見舞われる。佐々木部長は「このマーモセットで治療法開発や、免疫の拒絶反応が問題になる再生医療の研究をしたい」と話す。ヒトと動物の間には「種」という高い壁がある。動物の実験成果が必ずヒトに当てはまるとは限らない。それでも「実験にふさわしい進化を!」という研究者らの志が新たな動物を産み落とす。手のひらでマウスが静かにたたずむ。

  ただのマウスではない。野生マウスを「おとなしい性質」に変えたのだ。応用したのは、やはりゲノム編集だ。運動をつかさどる神経伝達物質のドーパミンが脳の神経細胞に吸収されやすくなり、動きが鈍くなった可能性がある。通常、医学や生物学の研究で使うのは、兄弟姉妹同士を20世代以上掛け合わせたマウスだ。どの個体も遺伝情報はほぼ同じ。おとなしいので実験に使いやすい。だが退伝情報がそろいすぎるのが難点だった。がんや生活習慣病の研究では、一塩基多型(SNP)など個体のわずかな違いが病気のリスクに関わる。むしろ野生マウスの方が好ましいが、素早くて扱いにくかった。理化学研究所の小倉浮郎・遺伝工学基盤技術室長らが手にしたマウスは、ヒトを恐れず手に乗せても逃げない。「切れ味が良い研究ができる」と期待する。

  海外では中国が多くのサルを飼い、創薬などの研究を強力に推進している。研究者の1人は「病気を再現した動物での実験は創薬研究に不可欠だ」と話す。一方で動物実験以外の手法を模索する動きも欧州を中心に広がる。先端技術を見渡せば、あらゆる臓器や組織に育つiPS細胞の活用法や、人体の働きをシミュレーション(模擬実験)する技術も進歩している。実験動物の進化と相まって、将来は新たな実験風景が見えてくるかもしれない。(草塩拓郎、スレヴィン大浜華)




*ゲノム編集 生物の性質変える
  生物の遺伝子を狙い通りに切り貼りする技術。遺伝子の一部を切断してその働きを抑えたり、別の遺伝子を導入したりするので生物の性質が変わる。DNAを切断した際に一定の割合で修復ミスが起き、DNAの塩基配列が変わることを利用する。1996年に第1世代の「ジンクフィンガーヌクレアーゼ(ZFN)」が登場。2010年には第2世代の「TALEN」が生まれた。これらは使い勝手が悪かった。そこに簡便な第3世代の「クリスパー・キャス9」が2012年に登場し、医学や生物学の研究に普及した。現在はDNAを切らない「エビゲノム編集」などの技術開発も進んでいる。




2020-08-24・・・日経より引用
◆善玉ウイルスで病原菌をたたく、抗生物質効かない細菌に効果
    日米欧、実用化急ぐ

  「善玉」とされるウイルスで人類の脅威となる病原菌をたたく。細菌に感染するウイルスを使った新しい治療が注目されている。抗生物質が効かない薬剤耐性菌に効果が期待され、日米欧の製薬企業などが実用化を進める。新型コロナウイルスの感染症が広がるなか、人間に感染しない安全なウイルスで病原菌を制する治療として花開く可能性がある。

  治療に使うのは「バクテリオファージ」というウイルスでファージとも呼ばれる。細菌に感染すると自身のDNAを注入して複製し細菌を内部から壊す。ただ人間や動物の細胞には感染しない。これを使った治療は「ファージ療法」といわれる。ファージは1910年代に発見され、第1次世界大戦後には腸チフスや赤痢などの治療に使われた。旧ソ連とフィンランドの間で起きた戦争で、負傷兵の治療にも使われた。ところが40年代に抗生物質が普及するとファージ療法は廃れた。2010年代に入り、抗生物質の乱用で問題になった薬剤耐性菌の対抗手段として復活しつつある。薬剤耐性菌は、医療や畜産の現場で抗生物質の乱用によって薬が効かなくなった細菌。国連は2019年に「地球規模で直面する最大の脅威」とする報告書を公表した。

  放置すれば「50年までに年1千万人が亡くなる恐れがある」と警告した。新型コロナウイルスと並び、感染症の新たな脅威として早急な対策が求められている。治療効果を確かめる本格的な研究が始まった。米カリフォルニア大学サンディエゴ校は2018年に「革新的ファージ応用治療センター」を設立。2019年に薬が効かない黄色ブドウ球菌に感染して補助人工心臓を付けた約10人の患者を対象に臨床試験(治験)を始めた。


*新興も開発参加
  欧米やイスラエルでは少なくとも5社のスタートアップ企業が立ち上がっている。そのうち米アダプティブ・ファージ・セラビューティクス(メリユフンド州)は3月、尿路感染症の約160人を治療する第1〜2相の治験を始めると発表。旧ソ連のジョージアでも、エリアバ研究所などがファージ製剤の生産や治療を担う。

  アステラス製薬は3月、ファージで細菌の感染症を治療する共同研究講座を岐阜大学に設けた。同社から出向した岐早大の安藤弘樹特任准教授が人工的にファージを作る技術を開発した。ファージのDNAの断片を酵母に入れてゲノム(全遺伝情報)を構築する世界初のプラットフォームで、ゲノムを酵母から抽出して細菌へ導入すれば人工的に様々な種類のファージが作れる。ファージを使う利点について、安藤特任准教授は「従来の抗生物質に比べて高い安全性を期待できる。多剤耐性菌や超多剤耐性菌にも有効な治療手段となりうる」と話す。その上で「自然界にすむファージを改良して様々な医薬品を作れる。医薬品向けに未利用の資源を利用できる」と指摘する。国内でも臨床試験が近く始まりそうだ。

  自治医大の笹龍珠教授らは、薬剤耐性の遺伝子を持つ黄色ブドウ球菌と大腸菌をファージでたたく。細菌のRNA(リボ核酸)を分解する酵素などを作るDNAを入れたところ、感染して死ぬ昆虫の幼虫が半減。3〜5年後に臨床試験を目指す。酪農学園大学の宕野英知教授は薬剤耐性菌が問題になる黄色ブドウ球菌と緑腰(りょくのう)菌を攻撃するファージを開発した。マウスの乳腺や角膜に投与すると組織の変性や角膜炎の発症を防いだ。「乳牛の乳腺炎や競走馬の角膜炎の治療に役立つ」 (岩野教授)。まずイヌの皮膚病向けに数年後に実用化する。


*創薬費用を抑制
ファージはヒトや動物の細胞には感染せず、安全性が高い。特定の細菌だけに感染するため、抗生物質のように有用な腸内細菌を殺さずに済む。比較的簡単に開発でき、従来の低分子薬で2千億円以上かかる創薬費用も抑えられる。細菌の総数の10倍以上のファージがいるとされ、創薬につながる品種が見つかる可能性は高い。課題は効果と安全性だファージは血流に乗せて体の奥へ届けるのが難しい。患部へ効率的に運ぶ技術開発も必要だ。また「ファージに対する耐性菌も間違いなく生まれる」 (安藤特任准教授)。表面のたんぱく質に吸着できないよう細菌が遺伝子を変異させるためだ。これを防ぐには複数のファージを混ぜたり、多くの種類の細菌に感染するファージを開発したりする必要がある。耐性の仕組みが異なる抗生物質との使い分けも重要だ。 (草塩拓郎)




*▼バクテリオファージ
  細菌に感染するウイルスの総称で、ファージとも呼ぶ。20世紀初頭に見つかった。生物に寄生しないと生きられない。代表的なファージは宇宙船のような形をしており、DNAはカプセル状の頭部の中にある。細菌にくっつくと、ドリルの形をした尾部で穴を開けてDNAを内部へ注入し、細菌の複製能力を巧みに使って増える。最終的には細菌を溶かし、外へ出ていく。




2020-02-23・・・日経より引用
◆ミトコンドリア若さの源、機能低下病気の引き金に

  あらゆる生物の細胞にはエネルギー工場として働く器官「ミトコンドリア」がある。起源や遺伝の仕組みに謎が多く、生物学の研究対象になっている。ところが最近はミトコンドリアの機能が低下すると様々な病気を起こすことが判明し、医療との関わりが深まってきた。小児の難病で2019年に国内初の承認薬が登場し、注目度が一気に高まっている。

  教科書で細胞の図解をみると、生物のエネルギーであるATP(アデノシン三リン酸)を合成するミトコンドリアが必ず描かれている。細胞にもよるが1つに数百個ある。約20億年前、誕生間もない細胞に取り込まれた細菌が由来とされ、後の動植物の進化に欠かせない存在になったと考えられている。多くの生物で母親のミトコンドリアだけが子孫に受け継がれる。父親のミトコンドリアは受精卵の中で排除される仕組みがある。なぜそうなっているかは分かっていない。ミトコンドリアは基礎研究の対象として多くの科学者をひき付けてきた。しかし最近は脳や神経の病気や糖尿病、老化などと深く関係している証拠が相次いで明らかになり、研究の様相が様変わりしている。東京薬科大学の柳茂教授は「学会の参加者数が増えて、ちょっとしたブームのような感じ」と話す。

  柳教授らはミトコンドリアの働きと加齢に伴う変化の関係に焦点を当てる。注目する対象は、ミトコンドリアの膜にある「MITOL」というたんぱく質だ。MITOLはミトコンドリアの融合や分裂を調節し、うまく働かないとエネルギーの生産効率が下がる。実際にマウスで加齢とともに心臓や脳、皮膚などでこのたんぱく質の量が減っていた。たんぱく質の働きをよくする成分を長期間与えると、抜け毛やしわが軽減されることを2019年に発見した。柳教授は「大きな変化に驚いた」という。アンチエイジングの有望な方法が見つかるかもしれないと関心を寄せる企業もでてきた。自治医科大学の大野伸彦教授らは、細胞の中の様子を立体的にとらえる独自の観察技術を駆使し、神経細胞の情報伝達に異常があると、ミトコンドリアの体積や数などにも変化が出る現象をつかんでいる。

  「ミトコンドリアは細胞の中を動き回り、分裂や融合を繰り返している。神経変性疾患との関係を明らかにしたい」 (大野教授)国立精神・神経医療研究センターメディカル・ゲノムセンターの後藤雄一センター長も「パーキンソン病や糖尿病など多くの病気との関わりが分かってきた」と説明する。また北海道大学の山田勇磨准教授らは、ミトコンドリアに薬を届ける研究を進める。二重の膜に阻(はば)まれていて送達は難しかったが、ミトコンドリアの膜に融合して薬を放出するカプセルを開発できた。癌をもつマウスにミトコンドリアを弱らせる物質を投与するキ従来の抗がん剤に耐性をもつ癌を小さくする成果を2018年にあげた。クラウドファンディングなどで資金を募り実用化を目指す。細胞の核にはミトコンドリアを制御する遺伝子があり、ミトコンドリアも独自の遺伝子をもつ。

  これらの異常が原因で発症する病気は「ミトコンドリア病」と呼ばれ、国の指定難病になっている。原因遺伝子の発見は2011年ごろから相次ぎ、2018年5月までに309個が見つかった。不明な点が多い器官だけに研究には課題がつきまとう。ミトコンドリア研究が長い筑波大学生存ダイナミクス研究センターの林純一センター長は「核とミトコンドリアの両方に遺伝子があり、どちらの遺伝子が病気に関わっているのか見分ける必要がある」と解説する。核かミトコンドリアのいずれかだけが違う遺伝子をもつ動物や細胞を準備する必要があり手間がかかる。核の遺伝子の改変はゲノム編集技術が登場し簡単にできる。しかしマウスや人でミトコンドリア遺伝子に対する適した運び役がなく、現在は偶然に変異を起こした細胞をもとにモデル動物を作る方法しかない。

  ミトコンドリア遺伝子に異常をもつマウスの作製に力を入れる筑波大の中田和人教授は「数年かかり根気のいる作業だ」と明かす。体のまひや視覚異常などを起こすミトコンドリア病に対し、アミノ酸のタウリンを大量投与する治療法が2019年に承認された。ミトコンドリア病治療薬の第1号だ。長い基礎研究があって有効性を見いだした好例ともいえる。ミトコンドリアを詳しく調べ、DDSやゲノム編集などの技術革新が実現すれば、関連する多くの病気の治療に道が開けるだろう。(スレヴィン大浜華)




*細胞小器官、物質の合成など担う
  動物や植物、菌類、藻類などの細胞でそれぞれ専門の役割を担う、主に膜で仕切られた区画のこと。光学顕微鏡や電子顕微鏡などで細胞を観察すると、核やミトコンドリアなど数種類の小器官が見分けられる。核は親から受け継いだDNAを収納している。ミトコンドリアは細胞の動力源となる分子を合成する。核とは別に独自のDNAをもつ。植物や藻類は、日光のエネルギーを捉えて糖や酸素を生み出す葉緑体ももっている。ミトコンドリアや葉緑体の祖先は細胞に入り込んだ細菌とする説が有力だ。ほかにも物質の合成や輸送、分解などを担う様々な小器官がある。互いに情報伝達物質をやりとりし協力して働いている。




2021-01-31・・・日経より引用
◆ヒーラ細胞、不死細胞隠れたヒロイン・医学に貢献 無断採取の「悲劇」

  世界の医学に多大な貢献をした米国人女性がいる。癌やエイズの治療法が進歩したのは、彼女のおかげだ。70年前に亡くなった後も「不死細胞」として生き続け、研究を支える。新型コロナウイルスの侵入経路解明にも役買った。だが、ヒロインの存在は長らく顧みられなかった。細胞は無断で取られていた。2020年、生前に認められなかった功績に対し、米研究所や英バイオ企業などは多額の寄付を申し出た。特異な細胞の誕生は、患者の生体情報をどう扱うべきかという倫理上の問題を投げかけ、後世に大きな教訓を残した。1951年、米国メリーランド州ボルティモア。30歳だったアフリカ系の米国人女性へンリエッタ・ラックスさんは子宮頸(けい)がんの治療を受けるために米ジョンズ・ホプキンス大学病院を受診した。

  腫瘍の組織が本人の同意を得ることなく採取され、同大学の生物学者ジョージ・ゲイ博士の手に渡った。ラックスさんは受診後まもなく亡くなったが、ここから彼女の「運命」が翻弄されていく。組織の細胞を博士が培養すると増殖が続いた。当時、カエルやマウスでは分裂を繰り返す細胞が見つかっていたが、ヒトの細胞は培養を繰り返すと増殖が止まってしまった。50回ほどの分裂で老化や自死が生じるためだ。ラックスさんの細胞は死なずに増えた。約24時間で細胞の数が2倍になった。ふつうの細胞は3〜4日はかかる。「この細胞はヒトそのもの。患者がいなくても病気の実験ができる」。研究者らの目が輝いた。いつしかラックスさんの名前にちなみ「HeLa(ヒーラ)細胞」と呼ばれるようになった。後の研究で、ヒーラ細胞は子宮頸がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の遺伝子の一部が入り込んでいることがわかった。ウイルスの増殖などに関わる遺伝子が紛れ込み、細胞が死を免れていた。

   無限に増えるヒト細胞の誕生だ。ヒーラ細胞は医学の世界を一変させた。試験管の中で「人体実験」ができるからだ。53年、小児まひなどを引き起こすポリオウイルスがヒーラ細胞に感染し、大量に増えることがわかった。当時は世界でポリオが流行中。米国のジョナス・ソーク博士はヒーラ細胞でポリオウイルスを研究し、55年にワクチンが実用化された。56年には放射線の影響を調べる細胞実験も始まった。食中毒やエイズ、結核といった感染症やがんの研究、治療薬開発などにも活用が広がった。HPVの発見や細胞の老化のしくみ解明など、ノーベル賞の栄誉に輝いた研究の陰にはヒーラ細胞があった。米国立医学図書館の論文データベース「パブメド」によると11万を超える論文がヒーラ細胞の恩恵を受けている。

  国立がん研究センターの清野透先端医療開発センターHPV関連がん予防・治療プロジェクトリーダーは「ここまで多くの研究に使える細胞は他にない」と話す。今は増殖を続けるヒトの細胞は他にもあるが「実験での扱いやすさでは10本の指に入る」。だが、自らの細胞が世界を救ったにもかかわらず、世界はラックスさんを悲劇のヒロインと受け止めた。本人や遺族は、、細胞が生き続けているとは長らく知らされていなかった。73年ごろに遺族が一部の大学に尋ねると、適切な説明もないまま今度は遺族が採血されたという話も残る。13年、ヒーラ細胞のゲノム(全遺伝情報)の一部を欧州分子生物学研究所が公表してしまう。ラックス家にも伝わる究極の個人情報であり、配慮の無さに批判が殺到した。50年代当時は問題がなかったとしても現代は違う。

  米国では米国立衛生研究所(NIH)がラックス家と協議し、ゲノム利用は事前承認を得ることなどとする決まりができた。個人の細胞や遺伝情報をどう扱うべきか--。ヒーラ細胞を巡る出来事が今も語り継がれるのは、現代の医学研究に通じる教訓が多いためだ。経緯は米国で10年に出版した「不死細胞ヒーラ ヘンリエッタ・ラックスの永遠なる人生」 (邦訳は講談社)で知れ渡った。ラックスさん生誕100年にあたる20年、米ハワードヒューズ医学研究所や英アブカム、NIH所長らは、教訓に学ぼうと設立された財団に多額の寄付をした。今、NIHはヒーラ細胞の研究論文を紹介するサイトを開く。「ヒーラ細胞は、癌や感染症、多くの分野で研究を進展させた必須のツールだ。ヘンリュックと遺族に感謝している」と彼女の貢献をたたえている。(藤井寛子)




*ヒーラ(HeLa)細胞、生命科学の実習でも活用
  無限に増殖するヒ卜の細胞。米国女性へンリエッタ・ラックスさんから採取した細胞がもとになっており、彼女の頭文字「He」と「La」をとって「He La細胞」と名付けられた。「ヒーラ細胞」ともいう。体からとった組織をバラバラにし、培地に入れて温めると、組織の周りから細胞がこぼれ落ちることがある。生まれた細胞を新しい培地に移して育てると、ふつうは途中で分裂がとまり、死んでしまう。ヒーラ細胞は死ぬことなく分裂し続ける。いわば不死の細胞だ。ヒーラ細胞はふつうの培地でよく育ち、誰でも失敗せず培養できるとされている。大学のバイオ実習でも使う。