トップページに戻ります

登山の森[登頂見聞録] 
 
 1945〜1969年度[野山の旅]   12-10


・・・・・一部作成です・・・・・ 

2015-07
  ☆癌の病のために自宅での静養・休養を利用して過去の登山歴のなかから、これはと思うものから古い写真・ネガを修正しつつなるべく忠実になるように徐々に掲載しています。


  1969年度(昭和44年)
23〜24歳

◆3月に須坂市・村石町に宅地(約100坪)を借金して買った。


6901 ☆5月3日〜4日、黒姫山・妙高山、単独
           黒姫スキー場まで兄に乗せて行ってもらう-黒姫山-
           黒姫開拓-仁之倉-緑ケ丘・兄の家


6902 ☆5月4日、妙高山
           池の平スキー場まで兄に乗せてもらう-妙高山-池ノ平スキー場-電車(汽車)で帰る


6903 ☆*月*日、八ヶ岳、(富士通山岳部)
            汽車・バス-美濃戸-行者小屋・テント泊-赤岳2899(八ヶ岳)


6904 ☆6月29日、破風岳、(富士通仲間)  
           毛無峠-破風岳1999m-破風高原-豊丘へ


6905 ☆8月2〜3日、鹿島槍ヶ岳、(富士通山岳部)
            扇沢-種池小屋-爺ケ岳2669m-冷池山荘泊-布引山2683m-
             鹿島槍ヶ岳2889m-高千穂平-大谷原


6906お盆、燕・槍・穂高・焼岳へ[T] 掲載日2015-08
     お盆、燕・槍・穂高・焼岳へ[U] 
          ☆8月*日〜*日、燕岳-大天井岳-槍ヶ岳穗高岳-焼岳  単独


  1968年度(昭和43年)
22〜23歳


◆01/23 富士通須坂に入社した。寮は無く共同の社宅泊まりとなった。
             この年の秋には千曲寮が完成して寮に入った。


6801 ☆02/07、坂田山−明覚山 、単独
            登山口(元市営プール跡[無料P40台以上あり])-鎌田山-
            古城跡-大谷山-坂田山871m-明覚山958m-雨引城跡982m


6802a春の十文字峠〜金峰山・瑞牆山へ 掲載日2015-07
          ☆5月連休、甲武信ヶ岳−金峰山−瑞牆山 メンバー弟・服神院


6803 ☆7月7日(日) 大沼池−志賀山、単独
           電車・バス-大沼池入口(P+WC+近くに名水)-大沼池-
           大沼園地休息所-四十八池-奥志賀山2037-志賀山2035.5m


6804 ☆7月21日、米子の滝、 単独  前夜発(富士通千曲寮から歩く)-7月21日
           須坂市内-村石神社-亀倉神社-米子不動里宮-
           林道から米子川沿いの道を歩く(現在は廃道)-須坂米子の滝-滝の上へ-
           根子岳への道は物凄い藪でリタイヤ


6805 ☆8月3〜5日、飯縄山−戸隠山、単独
           電車で権堂駅から歩く19時-しぐれ沢-大座法師池(テント泊)-
           一の鳥居苑地(P+WC+水)-鳥居-飯縄神社1909m-飯縄山1917m-瑪瑙山-
           戸隠奥社-八方睨1900m-戸隠山1904m-九頭龍山1883m-不動・避難小屋
           -戸隠牧場テント泊-翌日はバスで長野市へ


6806 ☆8月14〜18日北岳−間ノ岳−仙丈ケ岳−駒ヶ岳
           (単独、登山は3泊4日テント泊まり)
           電車で甲府駅へ・バスで広河原へ-広河原-大樺沢-白根御池2236m-
           北岳3192m-北岳山荘-中白根山3055m-間ノ岳3189m-三峰岳2999m-
           野呂川越え-野呂川にてテント泊-野呂川越え-横川岳2478m-
           伊那荒倉岳2517m-フキの平-大仙丈岳2975m-仙丈ケ岳3032m-
           小仙丈ケ岳2864m-敷沢大滝ノ頭-北沢峠-テン場泊-仙水小屋-仙水峠2264m-
           駒津峰-六方石-甲斐駒ヶ岳2966m-黒戸山の脇通過-
           駒ヶ岳神社-バス・電車で帰宅


6807 ☆*月*日、飯縄山へ、単独
           電車・バスで一ノ鳥居苑地へ-飯縄神社-飯縄山1917m-
            一ノ鳥居苑地-バス電車で帰宅


  1967年度(昭和42年)
21〜22歳

6701あー 大菩薩嶺 掲載日2015-07
          ☆10月14(夜)-10月15日、大菩薩嶺岳(大菩薩嶺)
            大菩薩岳(大菩薩嶺)日本百名山、第一座目制覇 
            少年の頃登った妙高山などは別にして日本百名山を意識して登った最初の山です

◆あるお得意さんのお店へ仕事で品物(製品)を届けに行ったら、そこに働いている先輩から「君は趣味はあるのかな、今、何もしていないなら趣味をもちなさい、こういう東京で生活をしていると気が変になってしまうから息抜きに登山が一番いいだろう」と言われた。彼は登山が趣味で毎週のように出かけていると話してくれて私に勧めてくれた。彼の店の作業場へ行くたびに山の話をしてくれた。

  そして一冊の登山の本(ガイドブック・東京付近の山)を私にくれた。帰ってから暇な時間に見ていて、子供の頃の野山・故郷の自然が懐かしく蘇えってきた。彼に登山の質問などをしたりして日々が過ぎていった。その本の中に[大菩薩嶺]が乗っていた。それに引きつけられて計画をしてザック等を買って出かけた。


◆この登山によって小生は[都会ジャングル]には不向きだと悟って故郷へ帰ることに決心した。本年12月31日の夕方まで仕事をして、上野駅から信越線に乗って東京で約6年9ケ月の仕事・生活から去った。翌年の朝には雪で真っ白になった信濃町(柏原)の故郷に帰った。






  1960年〜1966年(昭和35年〜41年)
15〜21歳
◆登山は一切なかった。・・・・・・ただ、仕事のみに追われた毎日であった。
   東京で野山の自然を忘れて狭苦しい兎小屋ジャングルで過ごしていた。
        ・・・・・・・・・・・・・・・・・(・_・)(-_-メ)(-.-)(_ _)・・・・・・・・・・・・・・・





  1952年〜1960年(昭和27年〜35年)
7〜15歳
☆昭和31年、斑尾山学校登山
☆昭和32年、黒姫山学校登山
☆昭和33年、白根山学校登山
☆昭和34年、妙高山学校登山

                  
☆昭和27年〜35年、個人的に
                  黒姫山へ9回登山
                  霊仙寺山へ2回登山
                 斑尾山へ1回登山 
                  二之倉〜戸隠へ数回
                  黒姫山の裾野へ幾度




  1946年〜1951年(昭和21年〜26年)
1〜6歳
          黒姫山の裾野へ幾度              二之倉〜戸隠へ数回
  ・・・・・・・・・・・・・・・・(‥ )(~O~)(-.-)(_ _)・・・・・・・・・・・・・・・




  1945年(昭和20年) 
0歳
    信州・北信・柏原(現在は信濃町)・仁之倉、6月6日生まれる(戸籍は6月16日生)
        故郷の山は、黒姫山2053m
        付近の山々は、斑尾山・妙高山・戸隠山・高妻山・霊仙寺山(飯縄山)



  ★論語を山に習う・・・1-59
      [学びて時(ここ)にこれを習う、亦(ま)た説(よろこば)しからずや・・・]

     「山に登りて時宜(じぎ)にこれを経験する、
                     
また知識として実践に活かす(馴れる)べし・・・」


  山に登る、そしてあとから反省に楽しかった想い出に浸り習う、
  なんと楽しいことではないか、
  登った山々に浸れば野山が心身に呼んでくれている、
  他人にとやかく言われなくても安全に大自然の風香りに浸ろうではないか
  迷惑をかけずに自分独特の感性で野山に接していれば己の人生が活きる

 
 


  詩歌、登山・野山へ

a01野山へのいざない[01] [18]
      *野山は自然の宝庫かな
      *自然の蜜の香りに味わって浸っています
      *癒しは深閑とした森の中からやってくる




b01登山へのいざない[01] [18]
      *野山から登山道へ
      *登山の楽しみを増やそう
      *頂きへのいざない




c01寺・神社へのいざない[01] [18]
      *登山をかねて神社を訪ねました
      *山の頂きにある祠さん




d01池・湿原・花へのいざない[01] [18]
      *湿原は別世界の楽園、いざなってくれているお花さん
      *湿原に広がる池糖さん、無言でいざなっています
      *山のお花さん、可憐にいざなっています




[我が登頂した山々は我が心の遺産(レガシー)なり]









山  活
−−−−−
−−−−−−−



南アルプス、賽の河原からのオベリスク