トップページに戻ります
登山の森[登頂見聞録] 
 
 2002年度[野山の旅]   12-10

歩行は百薬の長・・・服神院

   *俳句は季語に拘らずに、歴語・仏語・山語・格語・夢語・論語・思想語・未来語・神話・民話・等をとり入れて詠んでいます。

 勤めをしながらの山登りの為なかなか暇がなくて多くの山に行けなかった。
 それでも子供を連れたりして なんとか日本全国の野山に足跡を僅かに残すことが出来た。これからも健康と暇と金と相談して頑張って登りたいと願っている。


  2002年度(平成14年)

a012002年度登頂見聞録NO−1  
          山梨の山旅 五月連休(ゴールデンウイーク) 2002-04-28〜05-03
          鶴ケ峰・甘利山・千頭山・高ドッキョ・貫ケ岳・白鳥山・長者ケ岳
          天子ケ岳・思親山・富士見山・御殿山・三石山・荒倉山・守屋山



b012002度登頂見聞録NO−2  
          信州、薬師岳 2002-05-08
          池山・本高森山・陣馬形山 2002-05-21



c012002年度登頂見聞録NO−3   
         信州、御飯岳・毛無山 2002-05-29
         信州北信、野尻湖の斑尾山 2002-06-09
         新潟県笹ヶ峰、火打山・高谷池 2002-06-10



d012002年度登頂見聞録NO−4   
        新潟県笹ヶ峰、妙高山・火打山 2002-08-13・16
        信州、大渚山・雨飾山 2002-09-01・02



  詩歌、山旅へ

  ◆秋から会社でゴタゴタしていて山には行けなかった
     会社都合による10月で早期定年退職と決まった
     仕事が忙しく会社都合で12月末まで仕事をするように指示が決定された
     2002年12月27日まで仕事をして富士通を去った
     悲しいかな?寂しいかな?・・・・・山々へ行けるようになったのかな?

     いよいよ、来年早々から本格的な山旅が始まるのだ!
     60歳まで約3年、60歳から年金は半額支給、63歳から年金は全額支給
     来年1月から11ケ月間は失業年金が支給される・・・貴重な収入源である
     こんな状況下でも妻は専業主婦として家に君臨しているのだ!

    故に、長期的な個人投資家としても継続していかなくてはならないのだ!
    損失は許されないのだ!必ず利益を出さなければならないのだ!
    その為に、山旅の合間に読書に勉強に思考・考察を怠ることは許されない
    メタボや不健康になることは許されない、常に心身とも健康を維持しなければならない
    我が家の幸せが永久に保たれる為にも、健康で幸せに長生きする為にも・・・
    山旅が健康でいつまでも続けられるためにも・・・・・
    あーー、間もなく来年がやってくる・・・・・  ・・・・  ・・・  ・・  ・


m01山旅への願意・用意・決断[01] [18]
      *いよいよ山旅へと、投資して山旅へ、帰っては投資へ
      *山旅は安全第一なり、愛車は私の足でり、泊まる家でもあります
      *山旅は私の車中泊による家庭生活です




o01山旅への随意[01] [18]
      *山旅へ出かける随意を問う
      *山旅は 我が人生と 気ままかな