トップページに戻ります
詩歌の森 
 
 [峠・自然石・岩・石仏・石神・小屋・寺・神社−1]   12-10
何が無くても、美しい森
静かな自然が、一番です


*峠とは、何だろう
  地蔵さん・観音さん・石神さん・羅漢・道祖神と数々の石仏があるが、専門化でないので分からないが、雨が雪が降ろうが、堂々とたたずんでいる姿は、小生の心をなごましてくれている

「山は登山道に在り、人は人生道に在り」・・・服神院

  野山への詩歌

d
   *金北山の石仏  (新潟県−佐渡島)
   *山上ケ岳の仏像(近畿−奈良県−天川村)
   *近畿・釈迦ヶ岳 (奈良県−下北山村)
   *黒法師岳の三角点 (南アルプス−静岡県−水窪町・本川根町)
   *那岐山の雪ん子 (岡山県・奈義町−鳥取県・智頭町)


   *九州・金峰山の石仏 (鹿児島県−金峰町 南薩摩の霊峰)
   *上高地の玄関、徳本峠 (長野県−北アルプス安曇村)
   *少年達の夢を呼ぶ刈羽黒姫山 (新潟県−柏崎市・高柳市)
   *一ノ森の神社さん (四国、剣山の東側、一ノ森)
   *金桜神社に導かれて二つ山(長野県−岡谷市)

e
   *天女伝説の磯砂山 (京都府・丹後--峰山町・大宮町)
   *黄金伝説と信仰ゆかりの宝珠山の仙人地蔵 (新潟県-安田町)
   *今はなき杁差岳の避難小屋 (飯豊連峰-新潟県)
   *皇踏山への松茸岩 (四国、小豆島)
   *古峰原の縁起を呼ぶ龍神像 (栃木県−鹿沼市)


   *釈迦如来の見つめる鉄石水 (栃木県-塩原町・藤原町)
   *天山の自然を守り続ける[郷土神守] (九州−佐賀県)
   *大沼池の祠さま (志賀高原、大沼池)
   *あー大平峠(木曽峠)よ!(信州−南木曽町)
   *時雨れ霞む駒神社よ (愛知県−旭町)

f
  *冬春の雁坂峠よ (山梨県-奥秩父)
  *神と仏の宿る三徳山 (鳥取県、三朝町)
  *鳳凰のお地蔵様 (南アルプス、鳳凰三山)
  *御神体の御塔石 (四国、徳島県、白滝山石堂山)
  *常念岳、山頂の神社 (北アルプス、常念岳)


  *御嶽山の不思議な お石様 (木曽の御嶽山)2006-10-15
  *思索の修那羅石仏に (信州筑北村の修那羅石仏)2008-05-01
  *金ケ岳への岩門潜り (山梨県、茅ヶ岳)




沢から山へ山から山へ
山間で谷間で出会う  
   草木に埋もれ茂る峠
    古の時代を漂わせて
懐かしく詩歌が響く
」  
                 ・・・服神院



 人間の古い歴史が踏み固められた山越えをするところだろうか。さまざまな人々が行き交い、石仏に安全を祈って通過して行った。 小生も多くの登山で、峠を超えて昔の街道の片隅や峠に安置されている石仏を祈って登頂したことは、幾度となくある。

 登山は、峠・石仏・街道・神社・寺院と人間の歴史の重さを感じながら登頂すると、天から地からまぶしい程の感激が、体全体に受け止められる。