トップページに戻ります
詩歌の森
 
[山・岩峰・自然−1]   12-10 


 ★岩と花木達の調和が時間の流れによって 大自然をよりいっそう引き立たせてくれる。 山に登って自然に接していると、話しかけてしまうことがある。 岩や花木が、こたえてくれているような気がする。いつのまにか山の文学が生まれる。

山は、英知の源なり          
 心を豊かにするところなり

                                   ・・・服神院
「山は遠くて近きもの」・・・服神院

  山、自然の詩歌

a
  *御前岳に輝く青い海原 (岐阜県、清見村)
  *博士山のシャクナゲ洞門 (福島県−柳津町)
  *常念岳の個性的な岩よ、オッス! (長野県−北アルプス−堀金村)
  *夕張の主のようなガマ岩 (北海道−夕張市)
  *谷川岳の雲海 (新潟県-湯沢町・群馬県-水上町)

  *小紫陽花の黄葉 (群馬県、中之条町、四万登山道)
  *人を寄せつけない神苑の笈ケ岳 (富山県・岐阜県)
  *笈ヶ岳近し大笠山 (富山県・石川県)
  *夢を誘うオベリスク (山梨県、鳳凰三山オベリスク)
  *八甲田大岳より、日の出 (青森県      )


b
  *雲海と富士山 (山梨県、駒ヶ岳から)
  *霧ヶ峰高原にそよ風ふく車山 (長野県−霧ヶ峰)
  *小鳥達が我を呼ぶ真夏の林 (岐阜県-森茂林道)森林浴
  *美しき光苔と自然林を未来に残そう (岐阜県-恵那市)森林浴
  *雪の富士山 (静岡県、竜ヶ岳より)

  *雪原の尾瀬沼よ歩かせてくれ (栃木群馬新潟)
  *永遠の山へ (信州、戸倉山から宝剣岳)
  *雪の十枚山への道 (静岡・山梨県境)
  *どこまでも霞む鹿の平 (南アルプス深南部、不動岳)
  *富士山よ誰を呼んでいる (八ヶ岳から・)16-08-04富士山頂へ鳥居伝統担ぐ


c
  *依遅ケ尾山の朝 (京都府、丹後半島)2003
  *高千穂峰を見つめて (九州、高千穂峰)
  *輝きの苔よ誰を誘うのか (北海道、駒ヶ岳・砂原岳)
  *塩見岳の朝  (南アルプス、塩見岳の朝)
  *一つの山が私の中に (写真:涸沢岳より奥穂高岳)

  *山の幸福な魂 (北アルプス涸沢の紅葉)
  *浜石岳の富士のお山 (山梨県・静岡県)
  *山の山頂よ (南アルプス、荒川中岳)
  *雲海の流れ (新潟県、仙の倉山)
  *愛鷹山の富士 (静岡県、愛鷹山)


d
  *岩峰を見つめていたいな (北アルプス穂高連峰)
  *あー槍ヶ岳の恵みよ (北アルプス・槍ヶ岳)
  *素敵な赤岳さん (ちらっと白き八ヶ岳)
  *雲海の光明 (八ヶ岳連峰)
  *白峰の富士山 (静岡県、鬼ヶ岳から)

  *天狗ノ森の雲海 (四国、高知愛知県境)
  *富士山の御来光 (富士山の日の出)
  *噴煙あげる樽前山 (北海道)
  *二ツ石さん (近畿、釈迦ヶ岳の二ツ石)
  *鮒平の実さん (雨飾山、秋のブナ平)


e
  * 戸塚山(小岳)の雪花(静岡県、伊豆 天城山山系)
  *朝日岳の朝 (福島県、那須、那須岳連山)




山に登れば危険多し」・・・服神院
純潔で情念もなく山に登れば、              
                その山の愛がやってくる
」・・・服神院


お星様が綺麗だね        
お山の石は冷たいかな
どれどれ本当かな       
  ふうふう・・・はあはあ
   むー・・・いや温かいぞ
疲れを癒すために     
お日様が温めたのさ

                    ・・・服神院











岩の間でも、チョロチョロ歩くかな