トップページに戻ります
北アルプス、写真・詩抄館の森[T]
 
 12-10
ページの下へ行きます
山でのんびりしたいね( ̄〜 ̄)ムニャムニャ

北アルプス、どこまでも峰々が続く尾根に見せられて山旅に出かける・・・・・得るものは大自然の恵み


  *北アルプスのページ区分項目(★***)は目安です

  *俳句は季語に拘らずに、歴語・仏語・山語・格語・夢語・論語・思想語・未来語・神話・民話・等をとり入れて詠んでいます。但しユダヤ教・キリスト教・異教徒等には違和感を避ける為に極力とりいれて読まないようにしています。

アルプスは 無為まほろばの 花の嶺」・・・雲劉
北アルプスは、千山万水に満ちる宝の里なり・・・服神院 

夏の針ノ木岳 冬の針ノ木岳

    ★槍ヶ岳・穂高岳方面

 a01夏の槍・穂高連峰-1  
 a02夏の槍・穂高連峰-2   
 a03夏の槍・穂高連峰-3   
 a04夏の槍・穂高連峰-4   
 a05夏の槍・穂高連峰-5   

 a06夏の槍・穂高連峰-6   
 a07夏の槍・穂高連峰-7   
 a08夏の槍・穂高連峰-8   
  
 a10秋の槍・穂高連峰-10   東鎌尾根(赤沢山)からの槍ヶ岳 10-11-03

 a11秋の槍・穂高連峰-11  槍・南岳方面からの槍ヶ岳 10-11-03
 a12秋の槍・穂高連峰-12  赤沢山からの槍・穂高岳 10-11-03



    ★秋の涸沢周辺、紅葉と山々

 b01秋の涸沢、紅葉と山々-1  
 b02秋の涸沢、紅葉と山々-2  
 b03秋の涸沢、紅葉と山々-3  
 b04秋の涸沢、紅葉と山々-4   
 b05秋の涸沢、紅葉と山々-5   

 c06秋の涸沢、紅葉と山々-6   
 c07秋の涸沢、紅葉と山々-7   
 c08秋の涸沢、紅葉と山々-8   
 c09秋の涸沢、紅葉と山々-9   
 c10秋の涸沢、紅葉と山々-10  



    ★鑓ヶ岳・白馬岳・旭岳方面

 e01白馬岳−01  
 e02白馬岳−02  
 e03白馬岳−03   
 e04白馬岳−04   
 e05白馬岳−05   

 e06白馬岳−06   
 e07白馬岳−07  
 e08白馬岳−08   
 e09白馬岳−09  
 e10白馬岳−10   

 e11白馬岳−11  
 e12白馬岳−12  
 e13白馬岳−13  
 e14白馬岳−14  
 e15白馬岳−15  



 e31白馬大池−31  12-08-12
 e32中ノ原・天狗原、景色−32   12-08-12
 e33小桜ケ原−33   12-08-12
 e34白馬大池&乗鞍岳−34   12-08-13
 e35風吹天狗原&池−35   12-08-13

 e51鑓ヶ岳&杓子岳の朝を迎えて−51 12-08-16






知識も想像力もなくても良い
忍耐で無心で歩いて登れ  
 北アルプスは教えてくれる
素晴らしき山人の里だと

                       ・・・服神院


知者は山を楽しむ
                         ・・・服神院

    ★雪の北アルプスの峰々

 k01雪の槍ヶ岳−1 
 k02雪の槍ヶ岳−2 
 k03雪の槍ヶ岳−3 
 k04雪の槍ヶ岳−4 
 k05雪の槍ヶ岳−5 



 k51雪の穂高連峰−51  
 k52雪の穂高連峰−52  
 k53雪の穂高連峰−53  



 m01雪の霞沢岳 



 n01大滝・蝶・常念・大天井方面−1  
 n02大滝・蝶・常念・大天井方面−2  



 p01五竜・鹿島・針ノ木−1  
 p02五竜・鹿島・針ノ木−2  
 p03五竜・鹿島・針ノ木−3  
 p04五竜・鹿島・針ノ木−4  
 p05五竜・鹿島・針ノ木−5  

 p06五竜・鹿島・針ノ木−6  
 p07五竜・鹿島・針ノ木−7  
 p08五竜・鹿島・針ノ木−8  
 p09五竜・鹿島・針ノ木−9  
 p10五竜・鹿島・針ノ木−10  



 r01雪の白馬岳付近−1 
 r02雪の白馬岳付近−2  
 r03雪の白馬岳付近−3  



    ★剱岳・立山・奥大日岳・室堂方面

 t01剱岳・立山−01  
 t02剱岳・立山−02  
 t03剱岳・立山−03  
 t04剱岳・立山−04  
 t05剱岳・立山−05  

 t06剱岳・立山-06 
 t07剱岳・立山-07 
 t08剱岳・立山-08 
 t09剱岳・立山-09 立山連山 10-09-13
 t10剱岳・立山-10 針ノ木岳〜鹿島槍ヶ岳からの剱岳 10-09-14

 t11剱岳・立山-11  剱沢付近 10-09-18
 t12剱岳・立山-12  剱岳へ 10-09-19



    ★毛勝三山・赤谷山・池ノ平方面

 u01


    ★五色ヶ原・薬師岳・黒部五郎岳方面

 v01


    ★笠ケ岳・奥丸山方面

 w01奥丸山  10-11/**



    ★焼岳・西穂高岳方面

 x01焼岳-01  12-09-20



北アルプスに踏み入れ           
私の心身に聴こえるは         
自然から発せられる             
名言 名歌 名句の                
詠みの微風かな
」・・・服神院
北アルプスの自然が     
最良の友でも己の命を
捨ててはいけない       
   生きてこそ自然が美しい

                      ・・・服神院


自然は山の心なり、山道は人を誘う路なり」・・・服神院
北アルプスの自然は、山人の正義なり」・・・服神院

 沢や谷・尾根・滝などを通って歩いて登って登頂した感動をいつまでも、いつまでも、思い出として残しておきたいが、いつしか色あせてしまう。
 写真に撮っておいて、見た時、そのころの感動が蘇った来る。


 自然に溶けこんでカメラを持って、小生の自然観を表現した写真を撮っているうちに、数々の写真が見てほしいと叫んでいるような気がした。写真の心を、訪問してくれた人に、山の感動と自然の素晴らしさを、を与えたい。